自宅やオフィスでインターネットを繋ぐ際に欠かせない「LANケーブル」。ネット通販や家電量販店などで探してみると種類がたくさんあり、正直どれを選べばいいか分からないものです。

そこで今回はおすすめのLANケーブルをご紹介。LANケーブル用の延長コードやハブもピックアップしたので、必要な方は併せてチェックしてみてください。

LANケーブルとは?

By: amazon.co.jp

LANケーブルとはインターネットに接続する際に欠かせない通信ケーブルのこと。どれも似たように見えますが、製品によってカテゴリや素材、形状などが異なり、通信速度や使い勝手などにも違いがあります。

それぞれの特徴を把握し、自身の用途に合うアイテムを選ぶことがポイントとなるので、快適なネット環境を整えたい方はしっかりと確認しておきましょう。

LANケーブルの種類は大きく分けて2つ

LANケーブルのなかには複数の線が使用されており、結線方法が「ストレート」と「クロス」の2種類に分かれます。以前は用途によって「ストレート」と「クロス」を分けて使う必要がありましたが、最近ではその種類を自動で判別し、調整する「自動判別機能(AutoMDI/MDI-X)」搭載のPCやルーターなどの機器が大半のため、購入する際はケーブルの種類をそこまで気にする必要はありません。

LANケーブルは速度にも違いが!

LANケーブルはカテゴリごとに分けられており、その違いは「CA6」や「CA7」のように数字で判別することができます。数字の値が大きいほど通信は高速で、快適なインターネット環境を整えることができます。

ただし、自宅やオフィスに設置されているLANポートと購入を検討しているLANケーブルが合わないと対応できないので、購入する前に必ず確認しましょう。

ゲーマーにおすすめの「7シリーズ」

一般的なLANケーブルのカテゴリは現在、CAT5~CAT8(カテゴリ5〜8)まであります。なかでも、7シリーズの「CAT7A」と「CAT7」は次世代10ギガビット・イーサネットである「10GBASE-T」に対応。平均的な一般家庭での使用であれば7シリーズでなくても十分ですが、通信のタイムラグが気になる方、特にPingの品質を重視するゲーマーなどにはおすすめです。

なお、現在のカテゴリで最も大きなものは、次世代40ギガビット・イーサネットである「40GBASE-T」に対応する「CAT8」となっています。

一般家庭やオフィスにおすすめの「6シリーズ」

LANケーブルの6シリーズには「CAT6」と「CAT6A(e)」の2種類があります。CAT6はギガビットLANの規格に適しており、カテゴリがひとつ小さい「5e」に比べると速度は変わりませんが、周波数は2倍以上。自宅でより多くのデーター転送などをする際に便利なので、頻繁にネットで情報収集や買い物などをする方や快適なネット環境が欲しいという方におすすめです。

CAT6A(e)は次世代10ギガビット・イーサネット「10GBASE-T」に対応。CAT6に比べると、通信速度は約10倍で周波数も高いため、ネットワークを活用してのテレビ視聴や動画視聴などをする方におすすめです。

LANケーブルの選び方

1.長さで選ぶ

LANケーブルを選ぶ際はケーブルの長さを確認することも大切。約1m以下のモノから約300mと業務用に適したモノもありますが、家庭用のモノであれば、1m程度で十分。使用する場所に合った長さの製品を選びましょう。

また、LANケーブルに使用されている銅線の種類で選ぶのもアリ。銅線には「単線」と「より線」の2種類があり、「単線」は1本の太い銅線、「より線」は7本の細い銅線で構成されています。

「単線」は線が太くて硬いため、ノイズを受けにくく通信が安定しているのが特徴。一方で「より線」は線の細い7本の銅線で構成されているため柔らかく、ケーブルを折り曲げて使うことができます。なお、ケーブルの長さが20m以上欲しい場合は「単線」、20m未満の場合は「より線」を選ぶのがおすすめです。

2.形状で選ぶ

LANケーブルの形状は主に3種類。スタンダード・フラット・極細に分けられ、使用する場所や環境などによっておすすめの形状が異なります。LANケーブルの購入を検討している方は形状もチェックしましょう。

スタンダード

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプのLANケーブルには、比較的太い銅線が使用されており、長距離の配線におすすめです。ただし、他の形状と比較すると曲げにくいため、ゆとりのあるスペースで使うのが理想的です。

フラット

By: amazon.co.jp

フラットタイプは形状が平たく薄いため、カーペットやドアの下など通す際にも便利。部屋の外観を損なわずに使えるところが魅力です。ただし、スタンダードタイプのLANケーブルに比べると引っ張り強度は劣るので、その点は留意しておきましょう。

極細

By: amazon.co.jp

極細タイプは狭い場所でも配線しやすいLANケーブル。ケーブルが混雑している環境でも扱いやすのが特徴です。また、ケーブルが比較的柔らかいため、曲げやすいところもポイント。見た目もスッキリしており、線の太いモデルに比べると外観を損なわないのも魅力です。

3.コネクタ部分の加工方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

LANケーブルのコネクタ部分にはツメ折れを防ぐための「保護カバー」が施されたモノや、サビに強い「金メッキ加工」が施されたモノなどがあります。その他、LANケーブルのコネクタ部分には奥行が短い「ショートコネクタ」や、コネクタの幅が小さくスリムな「スリムコネクタ」など、狭い場所でも使いやすい仕様になっているモノもあるので、ぜひチェックしてみてださい。

LANケーブルのおすすめメーカー

サンワサプライ

PC周辺機器を展開する「サンワサプライ」。LANケーブルを発売する国内メーカーのなかでも製品数が多く、フラットタイプのケーブルやPoE対応のケーブル、STPケーブルなど、製品のバリエーションも豊富。多くの製品から選びたい方におすすめのメーカーです。

エレコム

コンピュータ周辺機器メーカーである「エレコム」。マウスやキーボードなどのパソコン周辺機器をはじめ、無線LANケーブルなどのネットワーク関連の機器も展開。ケーブル関連の製品ではLANケーブルのほか、USBケーブルやHDMIケーブルなど、さまざまなアイテムが発売されています。LANケーブルに関しては「CAT8」にも対応。製品ラインナップが多いところも魅力です。

LANケーブルのおすすめモデル|スタンダードタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリー7LANケーブル0.6m KB-T7-006

伝送帯域が広く、高速伝送が可能な超高性能LANケーブルです。外部から侵入するさまざまな妨害電波も防ぎます。また、ケーブルを複数束ねた状態で使用する際に便利な「二重シールド構造」を採用。LANケーブルが混雑している環境でも快適に使えます。

プラグにはサビなどの発生を抑える「金メッキシールドプラグ」を採用。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線です。

ケーブルの長さは0.6m、ケーブルの太さは5.7mm。コンピュータなどの電子機器において、環境に有害な化学物質の使用を禁止する「RoHS(ローズ)指令」に対応しているのもポイント。独特のワインレッドカラーも魅力的なおすすめのLANケーブルです。

エレコム(ELECOM)LANケーブル LD-GPAT/BU05

ツメ折れを防止するプロテクタと屈曲に強い素材をコネクタに採用したLANケーブル。高速光通信を実現する次世代10ギガビット・10GBASE-T対応の「カテゴリー6」のモデルです。一般家庭での使用であれば安定したネットワーク環境を作れます。

また、同社の検証で1000回の屈曲検査に合格しているところも魅力。スタンダードタイプのLANケーブルのなかでは屈曲性に優れたおすすめのLANケーブルです。

結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線。ケーブルの長さは0.5m、太さは6.5mmです。

エレコム(ELECOM) LANケーブル LD-TWST/BM05

「二重シールド構造」を採用することによって安定した通信が可能なLANケーブル。電磁妨害対策が必要な機械室などでの使用にもおすすめのモデルです。

プラグにはサビに強く信号の劣化を抑える「金メッキシールドプラグ」を採用。ツメ折れによるケーブルの脱落が防げるため、長期間の使用でもしっかりとポートに固定できます。さらにツメ折れを防止するプロテクタによって耐久性が高いのもポイントです。

また、一般的なLANケーブルに比べて、屈曲に対する強度に優れているところも特徴。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線。ケーブルの長さは0.5m、ケーブル太さは5.7mmです。10G BASE-Tに完全対応した「カテゴリー7」のモデルなので、高速通信のLANケーブルを探している方におすすめです。

バッファロー(BUFFALO) カテゴリー7 LANケーブル スタンダード BCLS7N05

180°曲げても折れない素材をツメに採用したLANケーブル。不意に起こる破損を防ぐことができるので、ケーブルの挿し抜きをよく行う場面でも活躍してくれるのが特徴です。カテゴリー7に対応するため、高速伝送が可能。データーエラーを防げるおすすめの製品です。

また「二重シールド構造」が採用されているところもポイント。これにより、複数本のケーブルを束ねた状態で使用した際に発生する通信エラーを防げます。

コネクタ-部分には、サビなどの発生を抑える「金メッキシールドプラグ」を採用。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線。ケーブルの長さは0.5m、ケーブルの太さは5.7mmです。環境に有害な化学物質の使用を禁止する「RoHS(ローズ)指令」にも対応。安全性の高いおすすめのLANケーブルです。

LANケーブルのおすすめモデル|フラットタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) LANケーブル KB-FL6A-02

薄さ1.4mmのフラットタイプのLANケーブル。カーペットやドアの下に配線する際におすすめです。ケーブルには屈曲性に優れた「高弾力PVC製ケーブル」が採用されており、断線しにくい仕様になっています。

プラグのツメにはツメ折れカバーを搭載。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線です。カラーはホワイトのほか、ブルーが展開されています。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) CAT7ウルトラフラットLANケーブル KB-FLU7-01

ノイズへの耐久性が高い上に1.9mmと薄いLANケーブル。次世代10ギガビット・イーサネットである「10GBASE-T」に対応するモデルです。プラグにはサビなどの発生を抑える「金メッキシールドプラグ」が採用されています。

結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線です。また、コンピュータや家電などの製品に対し、環境に有害な化学物質の使用を禁止する「RoHS(ローズ)指令」にも対応。カラーはホワイトとブラックの2色展開です。

エレコム(ELECOM) LANケーブル CAT6A Gigabit LD-GFA/BM03

薄さ約1.4mmと設置場所を選ばずに使えるLANケーブルです。「カテゴリー6A準拠」のモデルで、次世代10ギガビット・イーサネットに対応。伝送帯域はカテゴリー5eの5倍の広さでノイズ干渉に強く、安定した高速データー通信が可能です。

コネクタ部分のツメ折れを防止する「ツメ折れカバー」を搭載。また、コネクタ部分には断線しにくい「モールド一体加工」が施されています。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線です。使い勝手のよいLANケーブルを探している方はぜひチェックしておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) LANケーブル UTP Cat6a ストレート BSLS6AFU20

180°曲げても折れないツメが採用されたLANケーブル。コネクタ着脱がしやすいデザインになっているので、手探りで抜き挿しをするような狭い場所での使用に便利です。

ケーブルの厚さは1.5mmと薄く、カーペットの下に通しても邪魔にならないところも魅力。カテゴリーは従来のケーブルに比べ安定性の高い6a、結線方法はストレート。ツメ折れが心配な方におすすめのLANケーブルです。

LANケーブルのおすすめモデル|極細タイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6 極細LANケーブル 0.5m KB-SL6-005

太さわずか3.2mmと極細タイプのLANケーブルです。取回しがよいため、狭い場所での使用に便利。ギガビットイーサネットに対応する「カテゴリー6」で高速通信をサポートします。

コネクタのツメ折れを防ぐ「ツメ折れ防止カバー」が付いているのもポイント。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線。スッキリした見た目も魅力的なおすすめのLANケーブルです。

エレコム(ELECOM) LANケーブル CAT5e LD-CTT/BU05

同社テストで1000回の屈曲検査に合格したツメの折れにくいLANケーブル。ツメ折れ防止プロテクタに加え、屈曲への耐久性に優れたコネクタが採用されているのが特徴です。

ツメ折れが原因で起こるケーブルの脱落が防げるので、長期間にわたりLANポートを固定できるところも魅力。結線方法はストレート、ケーブルの仕様はヨリ線。カテゴリー5Eに対応の製品です。

番外編:LANケーブル用延長コード・ハブのおすすめモデル

UGREEN LAN 延長ケーブル RJ45 CAT6

ギガビット・イーサネットの高速通信に適した「カテゴリー6」準拠のLANケーブル延長アダプター。家庭用としてはもちろん、事務所などでLANケーブルを延長する際にも便利なアイテムです。

ADSL回線やISDN回線に対応おり、無線接続と比べて遮断のストレスがなく、通信速度が安定しているのもポイント。また、信号劣化を抑える金メッキRJ45コネクタを採用しているほか、ツメ折れ防止にも配慮されているので、耐久性の高さもあるおすすめのアイテムです。

バッファロー(BUFFALO) スイッチングHUB 8ポート LSW5-GT-8NS

スリムでコンパクトなボディが特徴のスイッチングハブです。本体サイズは約高さ30×幅185mmでテレビボードのような狭いスペースでもスッキリと収まります。

マグネットが付いているため、金属製の壁面に取り付けることも可能。また、別途ネジを用意すればマグネットが使えない壁面への取り付けもできます。

全部で8ポート搭載されており、すべてギガビット・イーサネットに対応。カラーはブラックとホワイトの2色です。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ギガビット対応 薄型PoEハブ LAN-GIGAPOES5

PoE給電対応のスイッチングハブです。ポートは全部で5ポート、その内1ポートはPoE出力非対応のアップリンク専用ポートになっています。

本体は金属製のため、放熱性に優れているところもポイント。本体サイズは幅141×奥行き95×高さ28mm、重量は370g。比較的小型サイズなので、置き場所に困らないおすすめのアイテムです。