自宅やオフィスでインターネットを繋ぐ際に欠かせない「LANケーブル」。通販や家電量販店などで探してみると種類がたくさんあり、どれを選べばいいか分からないものです。

そこで今回は、おすすめのLANケーブルをご紹介。LANケーブル用の延長コードやハブもピックアップしたので、必要な方は併せてチェックしてみてください。

LANケーブルとは?

By: amazon.co.jp

LANケーブルとはインターネットに有線で接続する際に必要なケーブルのこと。どれも似たように見えますが、製品によってカテゴリや素材、形状などが異なり、通信速度や使い勝手などにも違いがあります。

それぞれの特徴を把握し、自身の用途に合うアイテムを選ぶことがポイント。快適なネット環境を整えたい方はしっかりと確認しておきましょう。

LANケーブルの種類は大きく分けて2つ

By: amazon.co.jp

LANケーブルのなかには複数の線が使用されており、結線方法が「ストレート」と「クロス」の2種類に分かれます。以前は用途によって「ストレート」と「クロス」を分けて使う必要がありましたが、最近ではその種類を自動で判別し、調整する「自動判別機能(AutoMDI/MDI-X)」搭載のPCやルーターなどの機器が大半のため、購入する際はケーブルの種類をそこまで気にする必要はありません。

LANケーブルは速度にも違いが!

LANケーブルはカテゴリごとに分けられており、その違いは「CA6」や「CA7」のように数字で判別することができます。数字の値が大きいほど通信は高速で、快適なインターネット環境を整えることができます。

ただし、自宅やオフィスに設置されているLANポートと購入を検討しているLANケーブルが合わないと対応できないので、購入する前に必ず確認しましょう。

ゲーマーにおすすめの「7シリーズ」

一般的なLANケーブルのカテゴリは現在、CAT5~CAT8(カテゴリ5〜8)まであります。なかでも、7シリーズの「CAT7A」と「CAT7」は次世代10ギガビットのイーサネットである「10GBASE-T」に対応。特にゲームをプレイする方で遅延が気になる方はチェックしておきましょう。

一般家庭やオフィスにおすすめの「6シリーズ」

LANケーブルの6シリーズには「CAT6」と「CAT6A(e)」の2種類があります。CAT6はギガビットLANの規格に適しており、カテゴリがひとつ小さい「5e」に比べると速度は変わりませんが、周波数は2倍以上。自宅でより多くのデータ転送などをする際に便利なので、頻繁にネットで情報収集や買い物などをする方や快適なネット環境が欲しいという方におすすめです。

CAT6A(e)は次世代10ギガビットのイーサネット「10GBASE-T」に対応。CAT6に比べると、通信速度は約10倍で周波数も高いため、ネットワークを活用してのテレビ視聴や動画視聴などをする方におすすめです。

LANケーブルの選び方

長さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

LANケーブルを選ぶ際はケーブルの長さを確認することも大切。約1m以下のモノから約300mと業務用に適したモノもありますが、家庭用のモノであれば、1m程度で十分。使用する場所に合った長さの製品を選びましょう。

また、LANケーブルに使用されている銅線の種類で選ぶのもアリ。銅線には「単線」と「より線」の2種類があり、「単線」は1本の太い銅線、「より線」は7本の細い銅線で構成されています。

「単線」は線が太くて硬いため、ノイズを受けにくく通信が安定しているのが特徴。一方で「より線」は線の細い7本の銅線で構成されているため柔らかく、ケーブルを折り曲げて使うことができます。なお、ケーブルの長さが20m以上欲しい場合は「単線」、20m未満の場合は「より線」を選ぶのがおすすめです。

形状で選ぶ

スタンダード

By: amazon.co.jp

スタンダードタイプのLANケーブルには、比較的太い銅線が使用されており、長距離の配線におすすめです。ただし、他の形状と比較すると曲げにくいため、ゆとりのあるスペースで使うのが理想的です。

フラット

By: amazon.co.jp

フラットタイプは形状が平たく薄いため、カーペットやドアの下など通す際にも便利。部屋の外観を損なわずに使えるところが魅力です。ただし、スタンダードタイプのLANケーブルに比べると引っ張り強度は劣るので、その点は留意しておきましょう。

極細

By: amazon.co.jp

極細タイプは、狭い場所でも配線しやすいのが特徴のLANケーブル。ケーブルが混雑している環境でも扱いやすいのが魅力です。また、ケーブルが比較的柔らかいため、曲げやすいところもポイント。線の太いモデルに比べると外観を損なわないため、配線周りをすっきりさせたい方におすすめです。

コネクター部分の加工方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

LANケーブルのコネクター部分にはツメ折れを防ぐための「保護カバー」が施されたモノや、サビに強い「金メッキ加工」が施されたモノなどがあります。その他、LANケーブルのコネクター部分には奥行きが短い「ショートコネクター」や、コネクターの幅が小さくスリムな「スリムコネクター」など、狭い場所でも使いやすい仕様になっているモノもあるので、ぜひチェックしてみてださい。

LANケーブルのおすすめメーカー

サンワサプライ

By: amazon.co.jp

PC周辺機器を展開する「サンワサプライ」。LANケーブルを発売する国内メーカーのなかでも製品数が多く、フラットタイプのケーブルやPoE対応のケーブル、STPケーブルなど、製品のバリエーションも豊富。幅広いラインナップから好みの製品を選びたい方におすすめのメーカーです。

エレコム

By: amazon.co.jp

コンピュータ周辺機器メーカーである「エレコム」。マウスやキーボードなどのパソコン周辺機器をはじめ、無線LANケーブルなどのネットワーク関連の機器も展開。ケーブル関連の製品ではLANケーブルのほか、USBケーブルやHDMIケーブルなど、さまざまなアイテムが発売されています。LANケーブルに関しては「CAT8」にも対応。製品ラインナップが多いところも魅力です。

LANケーブルのおすすめモデル|スタンダードタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ8 LANケーブル 1m KB-T8-01BL

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ8 LANケーブル 1m KB-T8-01BL

LANケーブルの最高規格カテゴリ8に対応した、サンワサプライのハイエンドモデルです。カテゴリ6に比べ8倍の伝送帯域を実現しており、通信速度は次世代のイーサネットと呼ばれる40Gbpsに対応しています。

ケーブルに「二重シールド」構造を採用。複数本束ねて使用しても、性能低下や通信エラーが起こりにくいのが魅力です。また、難燃性規格であるCMRをパスしており、火災発生の危険も軽減されています。さらに、弾力性の高いPVC製ツメ折れ防止カバーを使用しているため、コネクター部のツメが折れにくいのもメリット。高速なLANケーブルを探している方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ7A LANケーブル 0.6m KB-T7A-006BL

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ7A LANケーブル 0.6m KB-T7A-006BL

伝送帯域600MHzのカテゴリ7に対して、1000MHzという幅広い伝送帯域を有するのがカテゴリ7Aです 。本モデルはサンワサプライのカテゴリ7Aケーブル。そのため、単位時間あたりに伝達される情報量が多いのがメリットです。

伝送速度は10Gbpsと高速。プラグには金メッキシールドを施しているため、通信速度が安定しているほか、サビや酸化被膜の発生も軽減されています。コネクターにはPVC製ツメ折れ防止カバーを採用しており、ツメが折れにくいのも魅力。価格もリーズナブルなので、コスパ重視の方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6 PoE対応LANケーブル 7m KB-T6POE-07

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6 PoE対応LANケーブル 7m KB-T6POE-07

パワーオーバーイーサネット(PoE)に対応した、サンワサプライのLANケーブルです。ケーブルだけで、接続した機器への信号通信と電力供給が可能。電源を確保しにくい場所に設置した、PoE対応無線LANアクセスポイントなどへ電力を供給できるのがメリットです。

カテゴリ6に適合しており、伝送速度1Gbpsのギガビットイーサネットに対応。コネクターにはツメ折れ防止カバーが付いています。電源ケーブルで雑然となりやすい狭い場所などにおすすめのLANケーブルです。

LANケーブルのおすすめモデル|フラットタイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6e LANケーブル 1m KB-FL6E-05LBN

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6e LANケーブル 1m KB-FL6E-05LBN

厚さ1.4mm×幅8mmと薄いのが特徴のLANケーブルです。カテゴリーは、6e(エンハンスドカテゴリ6)。カテゴリ6の2倍にあたる伝送帯域500MHzを実現しています。一度に送れるデータ量が大きく、エラーが起こりにくいのがメリットです。

また、現在普及しつつある10ギガビットのイーサネットに対応しているので、速度重視の方に最適。ケーブルの幅が薄く取り回ししやすいので、カーペットなどの下に通すケーブルを探している方におすすめのモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6 高屈曲フラットLANケーブル 3m KB-FL6FA-03BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6 高屈曲フラットLANケーブル 3m KB-FL6FA-03BK

厚さ1.4×幅6.0mmのフラットタイプLANケーブルです。1.4mmと超薄型ながら、屈曲試験30万回をクリアしており、曲げに強く耐久性が高いのがメリット。ケーブル表面には、弾力性の高いPVCを採用しています。

カテゴリ6に適合しており、伝送速度は1Gbpsです。取り回ししやすく、壁や柱に沿わせても目立ちにくいのがメリット。配線をすっきりさせたい方におすすめのLANケーブルです。

バッファロー(BUFFALO) カテゴリー6 LANケーブル 5m BSLS6FU50GR2

バッファロー(BUFFALO) カテゴリー6 LANケーブル 5m BSLS6FU50GR2

「180°曲げても折れない」と謳うツメを備えた、カテゴリ6のフラットタイプLANケーブルです。ケーブルなどがツメに引っ掛かった場合や、挿したまま引っ張っても折れません。耐久性が高いことに加え、軽い力でツメを押せるのもメリットです。

コネクターは従来モデルに比べて、約40%薄いスリムタイプ。スイッチングハブに挿した時、隣のケーブルと干渉しにくいのがポイントです。また、コネクターには傾斜がついたデザインを採用しており、手探りでも簡単に抜き差しできるようになっています。ケーブルを抜き差しすることの多い方におすすめのLANケーブルです。

LANケーブルのおすすめモデル|極細タイプ

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6A 極細メッシュLANケーブル10m KB-T6AME-10BKR

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) カテゴリ6A 極細メッシュLANケーブル10m KB-T6AME-10BKR

ブラック&レッドの色使いが印象的な、サンワサプライの極細LANケーブルです。ケーブル素材はメッシュ仕様。従来モデルに比べて、200%の引張強度を実現しており、丈夫なのがメリットです。

高速な10ギガビットのイーサネットに対応した、カテゴリ6Aに対応しているので通信速度を重視する方におすすめ。また、カテゴリ6の2倍の伝送帯域500MHzを実現しているため、単位時間あたりのデータ伝送量が大きく、エラー抑止効果が高いのもポイントです。

そのほか、折れにくいナイロン製のツメと、弾力性が高いPVC製ツメ折れ防止カバーを採用。ケーブルは10mと長いので、8〜10畳の広い部屋で使用するのにおすすめです。

エレコム(ELECOM) カテゴリ8 極細LANケーブル 5m LD-OCTST/BM50

エレコム(ELECOM) カテゴリ8 極細LANケーブル 5m LD-OCTST/BM50

直径わずか4.1mmというスリムなケーブルです。一番のポイントは極細タイプながら、40ギガビットのイーサネットを利用できるカテゴリ8に適合している点。カテゴリー6の8倍にあたる2000MHzの周波帯域まで対応しているため、複数の機器を接続した時に起こりやすい伝送速度の低下を軽減できるのもメリットです。

ケーブルは2重シールド構造を採用しており、ケーブル間でのノイズ干渉を防止。通信エラーが起こりにくいのもポイントです。従来モデルに比べてノイズ遮蔽効果が高いため、電磁妨害対策が必要なOAルームなどで使用しても安心です。

柔らかい素材のツメを使用しているとともに、ツメ折れ防止用プロテクターを採用。また、1000回の屈曲検査をクリアしており、耐久性も良好です。ケーブルが柔らかいので取り回しがラクラク。狭い場所で使用におすすめのLANケーブルです。

エレコム(ELECOM) カテゴリ6A 極細LANケーブル 7m LD-GPASST/BU70

エレコム(ELECOM) カテゴリ6A 極細LANケーブル 7m LD-GPASST/BU70

高速の10ギガビットのイーサネットに対応した、カテゴリ6A極細LANケーブルです。カテゴリ6の2倍にあたる伝送帯域500MHzまでの高周波領域までカバーしており、高速かつ安定したネットワーク環境を構築できます。

ケーブルの直径は3.0mmとスリム。ケーブルは柔らかいヨリ対線仕様なため、取り回しが簡単なのもメリットです。コネクターは従来比40%のスリムな設計を採用しており、ポートに挿しても出っ張りが気になりません。

さらに、コネクターには屈曲に対する耐久性が高い素材を使用。1000回の屈曲検査をクリアしており、「通常の使用環境では絶対にツメが折れない」と謳われています。7mという長いケーブルでありながら、1000円前後と安い価格も魅力のLANケーブルです。

番外編:LANケーブル用延長コード・ハブのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ギガビット対応スイッチングハブ 5ポート LAN-GIGAP501BK

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ギガビット対応スイッチングハブ 5ポート LAN-GIGAP501BK

1000BASE-Tのギガビットのイーサネットに対応した、サンワサプライの5ポートスイッチングハブです。ストレート・クロスケーブルを自動で判別する「Auto MDI/MDI-X」機能を搭載しているのがポイント。ケーブル配線ミスが原因の通信トラブルを防止可能です。さらに、ネットワーク内における、通信の断絶・遅延の原因となるループ状態を知らせる「ループ検知」機能を搭載しています。

本体サイズは幅99.1×奥行き66.0×高さ25.5mmで、重量105gの軽量コンパクトタイプ。壁掛け用ホールを備えており、壁掛けにも対応しています。また、マグネットが付いているのでスチールデスクやキャビネットなどへの固定も可能。狭い場所でも設置しやすい、5ポートスイッチングハブです。

エレコム(ELECOM) ギガビット対応スイッチングハブ 8ポート EHC-G08MN2-HJW

エレコム(ELECOM) ギガビット対応スイッチングハブ 8ポート EHC-G08MN2-HJW

エレコムの8ポートを搭載した、ギガビットのイーサネット対応スイッチングハブ。メタル製ボディを採用しており、放熱効果に優れているのがメリットです。また、ファンレス仕様なので静音性が高く、静かな部屋で使用しても稼動音が気になりません。

ネットワークを正常に運営するための機能も充実。ネットワークに障害を及ぼすループの発生を知らせる「ループ検知」機能を備えています。さらに、「Auto MDI/MDI-X」機能を、8ポートすべてに搭載。ケーブルの接続ミスを防止します。

さらに、メイン基板に電解コンデンサを使用していないため、耐久性が高く長寿命なのがポイントです。そのほか、節電機能を搭載しており、リンクしていないポートを自動判別することによって電力消費を抑制。最大76%の電力消費を削減できます。多くの機器を接続する方におすすめの、8ポートスイッチングハブです。

バッファロー(BUFFALO) ギガビット対応スイッチングハブ 8ポート LSW6-GT-8EPL/WH

バッファロー(BUFFALO) ギガビット対応スイッチングハブ 8ポート LSW6-GT-8EPL/WH

エレコムの8ポートスイッチングハブです。角を丸めたデザインを採用しており、コードなどが引っ掛かりやすい狭いスペースにもすっきりと設置可能。また、底面四隅にあるゴムの底面積が大きいので、ケーブル引っ張りによるボディの浮きを軽減しています。

節電機能が充実しているのが、本モデルのポイントです。未使用ポートの機能を制限することによって、大幅な節電を実現。全ポート未使用時の消費電力は全ポート通信時に比べて、最大約87%節約しています。LANケーブルのストレート・クロスを判別する「Auto MDI/MDI-X」機能のほか、「ループ検知」機能も備えたスイッチングハブです。