「白シャツ」は、シンプルコーデに欠かせない定番アイテム。トップスとしてもインナーとしても着まわしやすいのが魅力です。

そこで今回は、白シャツのおすすめブランドと人気アイテムを厳選してご紹介。ベーシックなアイテムで基本を押さえたい方は、ぜひチェックしてみてください。

白シャツの選び方

襟の種類で選ぶ

レギュラーカラー

By: rakuten.co.jp

レギュラーカラーは、ボタンなどが付いていない一般的な形の襟です。ほかのタイプに比べて、ドレッシーな雰囲気を演出しやすいのが特徴。キレイめのコーディネートをしたい方にもおすすめです。

ただし、ネクタイをつけない場合、襟元が広がりすぎるとルーズに見えてしまうため要注意。小さめの襟を選べば重みが少ないので、襟元が広がりすぎずキレイに見せられます。

ボタンダウン

By: rakuten.co.jp

ボタンダウンは先端をボタンで留めるタイプの襟。もともとは、スポーツをしているときに襟が動かないよう、工夫してデザインされたのが始まりです。ネクタイをしなくても襟元が広がりにくく、コンパクトに見えます。

ボタンが付いているので、レギュラーカラーよりもややカジュアルよりのコーディネートをしたいときにおすすめです。

バンドカラー

By: amazon.co.jp

バンドカラーは、首周りに帯状の襟が付いたデザイン。白シャツの上品な印象と、首周りのスッキリしたカジュアルな雰囲気が合わさった、ほどよい抜け感が特徴です。

襟が付いているので、厳密にはノーカラーシャツとは異なりますが、コーディネートの仕方はほとんど同じように楽しめます。

サイズ感をしっかりチェック

By: amazon.co.jp

白シャツを選ぶ際に重要なのが、サイズ感。袖丈や首周り、肩幅をチェックして、自分の体にフィットするかを確かめましょう。

着丈が短い白シャツは、パンツアウトでの気軽な着用を楽しみたい方におすすめ。インナーとしても着まわしたい場合は、タイトシルエットの白シャツが適しています。

白シャツの印象を大きく左右する生地感

By: rakuten.co.jp

シンプルなデザインの白シャツは、生地感によって大きく印象が左右されます。生地に「オックスフォード」を採用したモノは、カジュアルな雰囲気で気軽に着用しやすいのが特徴。肉厚で丈夫なため、デイリーユースにぴったりです。

生地に「リネン」を採用した白シャツは、春夏のトップスにおすすめ。コーデを涼しげに彩ってくれます。好みに合わせて、検討してみてください。

ディテールに注目する

By: rakuten.co.jp

各ブランドのこだわりが反映されたディテールは見逃せないポイント。白シャツはシンプルなアイテムだけに、細部の仕様で周りと差が付きます。

例えば、襟が小さいボタンで留められたボタンダウンシャツは、スポーティなアイテムが好みの方におすすめ。襟元のデザインは特に多種多様なので、しっかりチェックしてみてください。

白シャツの定番メンズブランド

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS)

“精神的な美、永続的な若さ”をコンセプトに、さまざまなファッションアイテムを展開するブランド。「ユナイテッドアローズ」よりもスポーティでカジュアルな服を取り揃えています。同ブランドのアイテムは、トラディショナルをベースに、遊び心をプラスした自由なスタイルが特徴です。

ビューティアンドユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS) BYソフトオックスフォードボタンダウンスリムシャツ MADEINJAPAN

オーソドックスなボタンダウンタイプの白シャツです。大人カジュアルコーデの軸として、1枚持っておきたいアイテム。スッキリと着こなせて、かつタイトすぎない絶妙なサイズ感がポイントです。

左胸に配置したポケットが、さりげないアクセント。素材には、肌触りのよいオックスフォード生地を採用しています。

シンプルに徹したデザインのため、合わせるアイテムを選ばず幅広いスタイリングに使いやすいのも魅力。着こなし方次第で、さまざまな表情を楽しめるおすすめの白シャツです。

ナノ・ユニバース(nano・universe)

「ナノ・ユニバース」は、クラシカルのなかにトレンドを取り入れたファッションブランド。セレクトショップとしても有名です。

同ブランドのアイテムは、洗練されたキレイめカジュアルスタイルにマッチしやすいのが特徴。20代を中心に、世代を超えて人気を集めています。

ナノ・ユニバース(nano・universe) FLOWLINENカッタウェイシャツ

ラフな着こなしが多くなる夏でも、清潔感のあるキリッとしたスタイルが叶う白シャツです。素材には、ポリエステルや麻、キュプラなどが混紡されたオリジナル生地を採用。麻の清涼感溢れる表情を活かしつつ、キュプラを加えることで吸汗速乾性もプラスしています。

また、「カッタウェイ」と呼ばれる襟の開きが大きいデザインを採用しているのもポイント。第一ボタンを省くことで、よりスッキリとした爽やかなルックスに仕上げています。

ナノ・ユニバース(nano・universe) エントリーワイドBDシャツ

白シャツ×デニムのシンプルスタイルがおしゃれにキマる、おすすめのアイテム。ややワイドなシルエットにより、トレンド感のある着こなしが簡単に実現します。ボタンを閉めてキレイめに着こなすのはもちろん、Tシャツの上にサッと羽織ってラフに仕上げてもおしゃれです。

生地には、ポリエステルとレーヨンが混紡された素材を採用。シワになりにくく、洗濯を繰り返しても劣化しにくいのがメリットです。また、光沢感のある上品な表情も魅力で、大人っぽい雰囲気を演出できます。

インディビジュアライズドシャツ(INDIVIDUALIZED SHIRTS)

「インディビジュアライズドシャツ」は、カスタムメイド専門メーカーとして1961年にアメリカのニュージャージー州で創業しました。長年「ブルックスブラザーズ」のカスタムシャツを生産してきたノウハウで、仕立て屋が作る本物のシャツを提供し続けています。

アメリカ国内のカスタムシャツにおいてトップクラスのシェアを占めているのも特徴。歴代のアメリカ大統領やセレブたちにも愛される、信頼のあるブランドです。

インディビジュアライズドシャツ(INDIVIDUALIZED SHIRTS) Standard Fit B.D. Cambridge Oxford

日本人の体型に合うスタンダードフィットの白シャツ。ウエストがほどよくシェイプされた、美しいシルエットに仕上げられています。

素材に採用されているのは「ケンブリッジオックスフォード」。同ブランドの定番として知られる3タイプのオックスフォード生地のなかでも薄手で、インナーとしても活躍します。

台襟がやや高めに設計されているのもポイント。ジャケットの下に着用する際も襟の存在感が失われず、キレイな首周りのシルエットをキープ。また、ヨーク部分の縫い目が見えないように縫製されているため、後ろ姿まで美しくキマリます。

インディビジュアライズドシャツ(INDIVIDUALIZED SHIRTS) Standard Fit Low Band Shirts

こなれ感のあるリラックススタイルが叶う、おすすめの白シャツです。かっちりしすぎない雰囲気が魅力のバンドカラータイプで、チノパンやデニムなどカジュアルなボトムスと好相性。タイトすぎずルーズすぎない、絶妙なサイズ感もポイントです。

素材はリネン100%。涼やかな着心地で、春夏の着こなしにぴったりです。また、リネンならではの素朴な表情も魅力で、飾らないシンプルなおしゃれが楽しめます。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren)

アメリカントラディショナルの代表的なブランドとして知られる「ポロラルフローレン」。メンズ・レディース・キッズの幅広いアイテムを展開しており、世代を超えて愛されています。

メンズでは特に、ポロシャツやワイシャツ、チノパンなどが人気。上品なカジュアルスタイルを目指す方は、要チェックのブランドです。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) スタンダードフィット メンズ 半袖シャツ

左胸にポロラルフローレンの象徴であるポニー刺繍をあしらった白シャツ。全体的に余裕のある作りで、ガッチリした体型の方や、ゆったり着こなしたい方におすすめです。ワードローブに加えれば、夏コーデの主役として活躍します。

素材に採用されているのは、コットン100%のブロード生地。「ポプリン」とも呼ばれる生地で適度なハリと上品な光沢感があり、カジュアルな着こなしでも自然と大人顔に仕上がります。

ポロラルフローレン(Polo Ralph Lauren) メンズ ボタンダウン 長袖シャツ 鹿の子コットン

やや細身にサイジングされた、ボタンダウンタイプの白シャツ。左胸に刺繍を施した定番のデザインで、白シャツ×デニムのようなシンプルコーデも様になります。

ポロシャツに用いられることの多い「鹿の子生地」を採用しているのも特徴です。生地の表面に凹凸があるため、肌に触れる面積が少なく、サラリとした着心地。通気性もよく、快適な着用感が持続します。

型崩れしにくく、気軽に着用できるのも嬉しいポイント。ワードローブの一軍として活躍する、おすすめの1着です。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’)

「アダムエロペ」は1990年に設立された人気セレクトショップです。厳選されたインポートアイテムのほか、こだわりのオリジナルアイテムも展開。トレンドをほどよく取り入れた、シンプルなデザインのモノが揃っています。白シャツにおいては、独特の素材が採用されたモノを多数ラインナップしており、素材感にこだわりたい方にもおすすめです。

アダムエロペ(ADAM ET ROPE’) バンブー素材 オーバーサイズレギュラーカラー7分袖シャツ

春夏に活躍する、軽やかな七分袖の白シャツです。ゆったりとしたオーバーサイズシルエットに仕上げられており、デニムと合わせた定番コーデも新鮮な印象に。気負わずに着用できるので、リラックスして過ごしたい休日にもぴったりです。

素材に、コットンとバンブー(竹)の混紡生地を採用しているのも特徴。竹を混ぜることでリネンのような風合いがプラスされ、ニオイ対策としても期待できます。

合わせられるボトムスの幅が広く、ワイドパンツとも好相性。着まわし力にも優れたおすすめアイテムです。

アーバンリサーチ サニーレーベル(URBAN RESEARCH Sonny Label)

「アーバンリサーチサニーレーベル」は、アメリカ西海岸のテイストを軸に展開するファッションブランド。「トレンド・ベーシック・リラックス」をキーワードに、機能性と着心地のよさを兼ね備えたリアルクロージングを提案しています。気負わずに着用できる、ナチュラルな雰囲気の白シャツが豊富です。

アーバンリサーチ サニーレーベル(URBAN RESEARCH Sonny Label) クールリネン長袖シャツ

春夏にガシガシ着まわせる、コスパのよい白シャツです。メイン素材のリネンに、吸汗速乾性に優れた機能糸をプラス。汗ばむ日も快適な着心地が持続します。また、洗濯をしても乾きやすいため、デイリーユースにぴったりです。

サイズ感、デザインともにオーソドックスな作りでコーデに取り入れやすいのも魅力。長袖なので、冷房の効いた室内での羽織りものとしても重宝します。あたたかい季節に向けて、ワードローブに1着揃えておきたい便利なアイテムです。

アーバンリサーチ サニーレーベル(URBAN RESEARCH Sonny Label) イージーケアボタンダウンオックスシャツ

デイリーに着まわせる汎用性の高さと、扱いやすさにこだわった白シャツ。素材はイージーケア加工を施したオックスフォード生地でシワになりにくく、お手入れの手間を省けるのが魅力です。

また、羽織りものとしても、インナーとしても使いやすいシルエットにもこだわっています。幅広いアイテムと合わせやすく、白シャツに初めてトライする方にもおすすめです。

あたたかみのあるオフホワイトの色味もポイント。真っ白なアイテムに比べて、ナチュラルな雰囲気で着こなせます。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI)

「タケオキクチ」は、1984年にデザイナーの菊池武夫によって設立されたメンズファッションブランドです。英国風のトラディショナルなデザインをベースに、ほどよくトレンドをミックスしたアイテムが多数ラインナップ。日本ブランドならではの、品質の高さにも定評があります。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) TRバンドカラーシャツ 5分袖

帯のようなバンドカラーが特徴の白シャツ。カジュアル感がありつつ、首元がスッキリ見えるので清潔な印象を与えられます。襟周りに厚みがないため、レイヤードスタイルにも使いやすいアイテムです。

本アイテムは5分袖なので、暑い夏に1枚で着こなしたり、気温が下がってくる秋にジャケットと合わせたりするのがおすすめ。シルエットはゆったりしており、こなれた雰囲気のコーデに仕上がります。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) リネンシャツ

コンフォートリネンを採用した白シャツ。リネン本来の質感がありながら、機能的かつ取り扱いしやすいのが特徴です。涼しげなリネン素材は、夏の暑い時期にもぴったり。また、爽やかでナチュラルに着こなせるため、大人の垢抜けたコーデに仕上がります。

本アイテムは、タイトすぎずゆるすぎないレギュラーなサイズ感が魅力。1枚でさらりと着たり、Tシャツをインした羽織りスタイルで着たりとさまざまなコーデを楽しめます。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ドビーワッフルプルオーバーシャツ

リラックスした雰囲気で着こなせる、プルオーバータイプの白シャツ。裾は「ラウンドヘム」と呼ばれる丸みを帯びたカットで仕上げられており、タックアウトしてもおしゃれにキマります。ジャケットのインナーとして着用する際も、さりげない個性のある着こなしが可能です。

また、素材にはコットン100%の「ドビー生地」を採用。ドビーは変わり織りの1種で、さまざまな織り柄を表現できるのが特徴です。本アイテムは、ワッフルのような立体感のある織り柄に仕上げられています。

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)

「ブルックスブラザーズ」は1818年に設立された、長い歴史のあるブランド。現在は「ポロラルフローレン」とともに、アメリカントラッドを代表するブランドとして広く知られており、ボタンダウンシャツを初めて世に送り出したことでも有名です。上質な素材感や着心地のよさに加え、ディテールの美しさを備えた完成度の高いアイテムが揃います。

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) Red Fleece リネン コットン ガーメントダイ スポーツシャツ

同ブランドのカジュアルライン「レッドフリース」で展開されている、スタイリッシュな白シャツです。ほどよい着丈で、タックインとタックアウトの両方でバランスよく着こなせます。

生地と同じカラーであしらわれた、左胸のロゴがさりげないアクセント。裾と袖先部分の2箇所のみに赤いボタン糸を採用した、遊び心のあるデザインもポイントです。

素材には、リネンとコットンが混紡されたポプリン生地を採用。柔らかい着心地と、ナチュラルであたたかみのある風合いが魅力です。

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) ノンアイロン GF ストレッチコットン ショートスリーブ スポーツシャツ Regent Fit

上質な肌触りとイージーケアを実現した、おすすめの白シャツです。独自の形態安定加工を施した生地でシワになりにくく、洗濯機にも対応可能。上質な「スーピマコットン」を採用しており、柔らかく滑らかな生地感を楽しめます。

同社の従来製品よりも胸と腕周りが細く、着丈がやや短めの「リージェントフィット」設計もポイント。スマートに着こなせます。キレイめカジュアルはもちろん、ビジカジスタイルにもぴったりのアイテムです。

フレッドペリー(FRED PERRY)

「フレッドペリー」は、オーセンティックなスタイルを展開する英国のファッションブランド。月桂樹のマークをあしらったポロシャツが有名で、ファッションシーンの定番アイテムとして定着しています。2016年には、大規模なフラッグシップショップを東京にオープン。日本でも人気を集めています。

フレッドペリー(FRED PERRY) FLAT KNIT COLLAR SHIRT

定番デザインとして人気の「ティップライン」を襟裏にあしらった、おしゃれな白シャツ。ティップラインにはニット素材が採用されており、素材感のコントラストが際立ちます。

最大の魅力は、襟のデザインを活かしたコーディネートが楽しめること。カーディガンやブルゾンなどのインナーとして着用する際もアクセントとなり、一味違う着こなしを楽しめます。

左胸の「ローレル刺繍」も、同ブランドのアイコンとして知られるディテール。ブランドの魅力が詰まった、おすすめアイテムです。

フレッドペリー(FRED PERRY) MIX STRIPED OXFORD SHIRT

コーデの主役として活躍する白シャツです。袖下にドビーストライプ柄をあしらった、大胆な切り替えデザインが目を引きます。

デニムやチノパンなどのベーシックなボトムスに合わせるだけで、ひねりの効いたメンズコーディネートが完成。クセを抑えたレギュラーシルエットに仕上げられており、スマートに着こなせます。

コットン100%の上質なオックスフォード生地を採用しているため、着心地も良好。オーソドックスな白シャツを既に持っている方にもおすすめの、遊び心溢れる1着です。

白シャツのおすすめコーデ

バンドカラーシャツで作るシンプルカジュアルスタイル

By: wear.jp

綿麻素材を採用した白シャツと、ワイドパンツを組み合わせた夏コーデです。飾らない雰囲気のバンドカラーシャツはカジュアルな着こなしとも好相性。七分袖のアイテムをチョイスすることで、より軽快な印象に仕上がっています。

サコッシュを使ったトレンド感溢れるスタイリングもおしゃれ。全体的にリラックスした雰囲気の着こなしですが、白・黒・ネイビーのシックなカラーリングにより、大人っぽくまとまっています。

白シャツをサッと羽織って軽快さをプラス

By: wear.jp

バンドカラータイプの白シャツを羽織りものとして投入した、軽やかなコーディネートです。プルオーバー×ベイカーパンツ×スニーカーのカジュアルコーデも、白シャツをプラスするだけでグッとキレイめな印象に仕上がります。

インナーのピンクが効いた、優しく柔らかい雰囲気のカラーリングもポイント。色物を1点入れることで、シンプルコーデにありがちな地味さを回避しています。いつものコーデが無難なカラーリングに落ち着いてしまう方も、ぜひ参考にしてみてください。

遊び心溢れる大人白シャツコーデ

By: wear.jp

キレイめアイテムとカジュアルアイテムのバランスが良好なお手本コーディネートです。白シャツのクリーンな雰囲気によって、カーゴパンツのミリタリー感が和らいでいます。ネックレスを加えた、おしゃれなスタイリングもポイントです。

足元は、ドレスシューズにカラーソックスを合わせてカジュアルダウン。また、パンツの丈感とカラーソックスの組み合わせも絶妙で、定番から一歩進んだスタイルに仕上がっています。

センスが光る白シャツレイヤードコーデ

By: wear.jp

白シャツをインナーとして取り入れた、おしゃれなレイヤードコーデです。トップスのプルオーバーには黒をチョイスして、メリハリの効いたカラーリングに。襟元だけでなく、袖口や裾部分から覗く白シャツの見せ方も参考にしたいポイントです。

ルーズな印象になりすぎないよう、ボトムスには落ち着いた印象のトラウザーパンツをセレクト。カジュアルながら子供っぽくならない、大人の休日にぴったりのコーディネートに仕上がっています。白シャツコーデの幅を広げたい方は、ぜひ参考にしてみてください。