最近ブームにもなっている燻製料理。手軽に使える「燻製器」が注目を集めています。肉や魚、チーズなどいつもの食材に香ばしさをプラスして、より美味しく食べられるのが魅力。キャンプやアウトドアだけでなく、自宅でも本格的な燻製が作れる燻製器が各メーカーから続々と発売されています。

そこで今回は、燻製器の選び方をはじめ、おすすめメーカーや人気モデルをご紹介。初心者向けやIH対応モデルなどもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

燻製器の選び方

直火式かIH対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

直火調理のイメージが強いスモーク料理ですが、IH対応の燻製器もラインナップされています。直火式に比べて種類は少ないですが、IHコンロを使用している方やオール家電の家庭でも燻製を作ることが可能です。

また、直火とIHの両方に対応したモデルであれば、幅広いシーンで活躍するのでおすすめ。燻製器を選ぶ際は熱源をしっかりチェックしておきましょう。

素材で選ぶ

鉄・ステンレス

By: amazon.co.jp

鉄製の燻製器は熱伝導率が高く、高火力にも耐えられるタフさを備えているのが特徴。サビやすい素材のためメンテナンスは必要ですが、使い込むほど味が出てくるので、長く愛用したい方におすすめです。

ステンレス製の燻製器はサビにくく丈夫で、壊れにくいのが特徴。焦げ付きやすいのが難点ですが、扱いやすいので、初心者や使用頻度が高い方におすすめです。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器製の燻製器は保温性に優れており、遠赤外線効果で食材の旨みを引き出しやすいのが特徴。ほかの素材に比べて重量があり、衝撃や落下で割れやすいため、キャンプやアウトドアへ持ち出すよりも家庭で使う場合に適しています。

土鍋タイプのモデルが多く、サイズやデザインが豊富でキッチンのインテリアや好みに合わせて選べるのもポイント。また、安価な製品が多く、購入しやすいといったメリットもあります。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローは鉄やアルミなどの金属に、ガラス質の釉薬を焼き付けてコーティングしたモノです。ホーロー製の燻製器は密閉度が高いため、煙が漏れにくく、熱を逃しにくいのが特徴。また、焦げ付きにくいといったメリットもあり、簡単にお手入れできるのも魅力です。

ただし、ホーロー製の燻製器は重たく、衝撃に弱いのが懸念点。落下によって破損してしまう場合があるので、その点は注意が必要です。

使用シーンで選ぶ

アウトドア・キャンプ

By: amazon.co.jp

アウトドアやキャンプ用の燻製器を選ぶ際は、重量を確認しておきましょう。車以外の移動時や駐車場から距離のあるキャンプサイトの場合、重いモノは負担が大きく持ち運びに不便です。オートキャンプであれば重視する必要もありませんが、軽いモノなら組み立てやお手入れが楽になり、扱いやすくなります。

また、耐久性が高い鉄やステンレス製のモデルを選ぶのもおすすめ。グループキャンプやファミリーキャンプなど人数が多いアウトドアなら、サイズが大きくたっぷり食材が入れられる燻製器を選びましょう。

自宅

By: amazon.co.jp

自宅用の燻製器を選ぶ場合、特に重要視したいがの密閉性です。燻製を美味しく作るためには、煙をしっかり食材に当てることが大切。煙が漏れてしまっては意味がないので、フタと本体がぴったり合う密閉度の高い燻製器を選びましょう。

粘土を原料とする陶器製はその性質上、金属製ほど密封性は高くはありませんが、溝が付いているモデルであれば、フタと本体の間に水を張ることで煙が漏れるのを防げます。

また、自宅用の燻製器はアウトドア用に比べて小型なので、できるだけ深さのあるモデルを選びましょう。煙をムラなく全体に循環させることで、香り高く美味しい燻製が仕上がります。

燻製器のおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

「ソト(SOTO)」は工業用バーナーを主軸に製造・販売を行っていた新富士バーナーが、アウトドア市場で立ち上げたブランドです。国内生産にこだわり、バーナーやトーチをはじめ、ランタンや調理器具など品質の高いアウトドア製品を幅広く手がけています。

本格的な燻製作りが行えるアルミ製の大型タイプや自宅で楽しめる陶器製の鍋型タイプ、初心者向けの段ボール製など燻製器のラインナップも豊富。高品質ながらリーズナブルな価格のモデルが多く、購入しやすいのも魅力です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

世界中で絶大な知名度があるアメリカの総合アウトドアメーカー「コールマン」。品質や機能性、デザイン性が高く、初心者からベテランキャンパーまで手軽に使えるキャンプアイテムを展開しているのが特徴です。

コールマンの燻製器はステンレスを採用したモデルが多く、サビにくく耐久性に優れています。お手入れが簡単で扱いやすいので、初めての燻製器選びに迷っている方には特におすすめ。いずれも安価で手が出しやすく長く使用できるため、コストパフォーマンスも良好です。

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

保冷・保温性に優れた水筒やタンブラーで人気を集めている「サーモス」。世界で初めてステンレス製の真空断熱魔法瓶を開発したメーカーです。調理器具やコーヒーメーカーのほか、ランチグッズやアイスコンテナーなどの製造や販売も行っています。

サーモスの燻製器は独自の「真空断熱技術」を採用した保温容器と、セラミックス鍋の2重構造。煙がほとんど漏れないので、自宅のキッチンでも気兼ねなく燻製作りが楽しめます。スモークチップやレシピ付きで、食材を用意すればすぐに燻製が作れる手軽さもおすすめポイントです。

燻製器のおすすめモデル

ドウシシャ(DOSHISHA) Live もくもくクイックスモーカー S LCQS-S-02

「ニッチNo.1」をテーマに掲げ、個性的なアイテムを生み出し続ける「ドウシシャ」の家庭用燻製器「もくもくクイックスモーカーS」。調理皿の直径は約12cmと非常にコンパクトで、食卓に置いても邪魔になりにくいのが魅力です。

取り扱いが容易な上、室内でも使用可能な卓上用固形燃料を熱源として使用。ガラス製のフタを採用しており、煙やニオイを閉じ込めながら効率よくスモークできます。フタが透明なため、食材が燻される様子を目で見て楽しめるのもポイント。アウトドアで作るイメージの強い燻製を自宅でも手軽に楽しめるおすすめの燻製器です。

ソト(SOTO) ダンボールスモーカー モクモグ ST-116

本製品はダンボール製の燻製器で、手軽に燻製料理を作れるのが特徴。親子で楽しみながら組み立てができるのもポイントです。かわいいシール付きで子供達がオリジナルの燻製器を作れるので、ちょっとした工作としても楽しむことが可能。ログハウスのデザインでアウトドア感があるため、自宅の庭で燻製を作るとキャンプ場にいるような雰囲気を味わえます。

本体サイズは幅23×奥行23×高さ42cmで、3~4人分の燻製料理を作るのに最適です。ダンボールが傷まなければ繰り返して何度も使用できるので、コスパがよいのも魅力。価格が安いため、初めて燻製を作る方やアウトドア初心者の方にもおすすめです。使用後は折りたためるため、収納場所も取らずコンパクトに携帯できます。

コールマン(Coleman) ステンレススモーカー2 2000026791

本格的な熱燻製も可能なステンレス製の燻製器。温度計が付いているため、熱燻製の温度調節がしやすく失敗しにくいのが魅力です。スモークウッドを入れて煙燻製も作れるため、1台でさまざまな味を楽しめます。内部は2段式で一度にたっぷりの燻製料理を作れるので、家族の人数が多い方におすすめです。

フタの裏にはフックが付いており、魚やロングソーセージなどの長い食材を吊るして燻製にできます。本体には空気口があるため、食品の仕上がり状態を確認しながら空気量の調節をすることが可能。本体下部に窓があり、スモークウッドの追加や取り出しが楽にできます。キャンプやアウトドアで本格的な燻製料理に挑戦したい方におすすめの製品です。

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 ファミリースモーカー 81066040

熱源がなくても燻製が作れる便利な製品。本体下部に別売のスモークウッドを入れて着火することで温燻ができるため、手軽に燻製料理が作れます。アウトドアやキャンプで熱源がない場合や、自宅の庭先で安全に燻製を作りたいときに便利です。内部は2段式のため、3~4人分の燻製を一度に作れます。

カセットコンロやバーナーの上に載せれば、本格的な熱燻で魚や肉を燻製にすることが可能。使うシチュエーションに合わせて温燻にしたり熱燻にしたりできるので、1つ持っていると便利です。円筒状の本体は中央から半分に分解できるため、汚れても内部まできれいに洗えます。キャンプでも自宅でも手軽に燻製を作りたい方におすすめです。

キャメロンズ(CAMERONS) ミニスモーカー

本製品は弁当箱のようなデザインがユニークな燻製器。薄型タイプなので高さがない燻製器を探している方にぴったりです。バーベキューコンロやカセットコンロの直火だけでなくIHにも対応しているため、家庭用の燻製器としても使えるのが魅力。3~4人分の魚の切り身やウインナーを燻製にできるので、夕飯の一品として作るのもおすすめです。

ハンドルは取り外しができるため、コンパクトにまとめて収納することが可能。ステンレス製のデザインもおしゃれなので、燻製料理が完成したらそのまま食卓に出せます。パーツは全て取り外しでき、きれいに洗って保管することが可能。コンパクトで手軽に使える燻製器です。

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS-600

熱源を選ばずに使える便利な燻製器。本体下部にある脚を取り外しできるため、焚き火や炭火だけでなくシングルバーナーやツーバーナーでも使用できます。本体内部は3段で上部には魚などを吊り下げられるフックが付いているので、一度にたっぷりの燻製料理を作ることが可能。大人数でのキャンプやアウトドアにおすすめです。

温度計用孔に別売の温度計をセットして使うことが可能。温度計をセットしたままでもフタをずらせば温度調節ができるので、食材に合わせた温度で燻製を作れます。本体とパーツ類を分けて折りたたむと厚さ4.5cmのコンパクトサイズになるため、収納にも手間がかかりません。燻製料理をたくさん作れる本格仕様の燻製器です。

スノーピーク(snow peak) スモークマイスター モクーモ CS-095

本製品はスモークチップとスモークウッドの両方を使用できるのが特徴。食材に合う燻製材を選べるので、味も香りもよい燻製料理が作れます。外筒の側部には穴がなく空気の吸気と排気を本体上部で行う2重構造を採用しているため、煙の排出量を最低限に抑えることが可能です。自宅の庭で使用しても周りに煙が広がりにくいので安心して使えます。

網は自立する構造で、乾燥専用の網に食材をひとつひとつ移す必要がなく、手軽に燻製を作れるのがポイント。完成した燻製料理を素早く取り出せるので、できたての美味しさを堪能できます。本体上部にはハンドルが付いているため、キャンプ場での移動や車からの出し入れをする際に便利。デザインもスタイリッシュでおしゃれな燻製器です。

バンドック(BUNDOK) ミニグリル BD-416

キャンプやアウトドアで役立つ、燻製も作れるバーベキューコンロです。肉や野菜を焼く際は炭を入れて調理ができ、燻製を作る際はスモークチップに入れ替えて使えるので1台2役で便利に使えます。アウトドア初心者の方でバーベキューコンロと燻製器の両方を購入したいと考えている方におすすめです。

蓋には温度計と風窓が付いているため、燻製を調理している最中に空気の出し入れをして温度調節ができます。本体と脚は分解できるので、コンパクトにまとめて収納することが可能です。グリーンのポップなカラーと丸くてかわいいデザインもおしゃれ。燻製が作れるバーベキューコンロを探している方におすすめの製品です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ミニ燻製鍋 UG-1054

コンパクトサイズの燻製器で手軽に燻製料理を作りたい方におすすめの製品。サイズが小さいので車に積むのも移動するのも楽にできます。ガスコンロやカセットコンロでも使用できるため、キャンプ場だけでなく自宅の庭でも燻製を作ることが可能。肉や魚と一緒に卵やチーズの燻製も作れるため、夜のおつまみを手作りしたい方におすすめです。

蓋をしたまま網を持ち上げられるので、スモークチップの出し入れが簡単にできます。下鍋と網には大きな取っ手が付いており、楽に移動することが可能。フタには木製のツマミがあり、熱くてもやけどをすることなく持ち上げられます。シンプルなデザインでおしゃれに見えるのもポイントです。

ホンマ製作所 スモークキュート IH-240P

本製品はガスコンロなどの直火だけでなく、IHにも対応しているのがポイント。キャンプやアウトドアでは直火で使用し、自宅ではキッチンのIHで燻製料理を作りたい方におすすめです。本体サイズは幅24.8×奥行24.8×高さ20.7cmで、一度に2~3人分の燻製料理を作るのにぴったり。魚や肉と共にチーズを燻製にすれば、美味しいおつまみが完成します。

スモークチップとレシピブックが付属しているため、燻製料理初心者の方でも迷うことなく扱えるのがポイント。本体カラーはブルー・グレー・グリーン・ピンクの4色が揃っており、デザインもおしゃれなので楽しく燻製作りができます。価格も手頃で購入しやすいのが魅力。さまざまな熱源に対応している使いやすい製品です。

ソト(SOTO) スモークポットCoro(コロ) つばき ST-126TB

自宅のキッチンで手軽に燻製料理を作れる陶器製の燻製器。陶器の特性を活かして食材に熱をしっかり伝えるため、短時間で美味しい燻製料理を作れるのがポイントです。温度調節に便利な温度計も付いているので、初心者でも使いこなすことが可能。煙が出にくい設計なので、家の中でも安心して使えます。

丸みを帯びたかわいいデザインで、楽しく燻製を作れるのが魅力のひとつ。誕生日やお祝いなどのプレゼントとして選ぶのもおすすめです。本体カラーはレッドのほかにブルーとグリーンもあるので好みで選べます。IHでは使用不可能ですが、カセットコンロでも使用できるため庭やテラスで燻製を楽しむことも可能です。

サーモス(THERMOS) 保温燻製器 イージースモーカー ROP-002

本製品は超耐熱セラミックス鍋と魔法瓶構造のステンレス鋼が2重になっているのが特徴。所定時間の加熱が終わったら火を止め、真空断熱技術によって超耐熱セラミックスを保温して食材をじっくり燻します。加熱時間が短いためガスが無駄にならず、煙の量も少ないのが魅力です。自宅でもアウトドアでも手軽に燻製料理を楽しめます。

鍋の中であらかじめスモークを炊いておくことにより、保温だけで食材を燻製にできるのがポイント。スモークチップも付属しているので、購入後すぐに燻製が作れます。専用バッグは肩から掛けられるデザインで移動や持ち運びに便利です。本体とパーツは全て分解してきれいに洗えます。燻製を時短料理できる製品です。

竜清窯 燻製鍋

萬古焼の重厚なデザインで存在感がある燻製器。土鍋ならではの蓄熱性で燻製を調理できるため、食材の中まで熱が通りふっくら美味しく仕上がるのが魅力です。煙がほとんど出ないため、庭やベランダで燻製を作っても近所の迷惑になりません。IHには対応していませんが、ガスコンロやバーナーで使用できるのでアウトドアにもおすすめです。

本体サイズは幅22.5×高さ14cmで、2~3人分の燻製料理を作ることが可能。一回り大きいLサイズもあるので、家族の人数に合わせて選べます。サクラチップと燻製料理のレシピブックが付属しているため、初心者でも購入してすぐに使えるのがポイント。土鍋は燻製料理以外の鍋料理にも使えるので便利です。

ツヴィリング(Zwilling) ツヴィリングプラススモーカーセット 40999-028

フライパンやナイフで有名なツヴィリングの燻製器。オール熱源に対応しているため、自宅でもキャンプ場でも仕様できます。高品質なステンレスを採用しており、食材にしっかり熱を通すことが可能。燻製調理用の網を外せば鍋としても使えるので便利です。汚れが付いてもきれいに落とせるため、手入れも簡単にできます。

スタイリッシュなデザインとステンレスの光沢のバランスがよく、見た目もおしゃれ。鍋ごと食卓に出すと華やかな雰囲気になります。3~4人分の料理を作るのに適したサイズなので、ホームパーティで使うのもおすすめ。品質のよさとデザイン性を兼ね備えたおしゃれな燻製器です。

Oster 燻製ロースターオーブン CKSTROSMK18

本製品はスモークチップと食材を本体に入れて、電源スイッチをオンにするだけで簡単に燻製を作れるのがポイント。火を使わずに電気を使用するため、安全に使用できます。自宅の庭やテラスで燻製を作るのにもぴったり。煙もほとんど出ない構造のため、周囲を気にすることなくさまざまな食材を燻製にできます。

本体にあるつまみを動かすだけで温度調節が可能なため、食材に合った最適な温度で美味しい燻製を作ることが可能。電源コンセントがあればキャンプ場でも使用できます。本体に深さがあるため、肉の塊や丸鶏を燻製にできるのが魅力。電気で手軽に使用できる燻製器を探している方におすすめの製品です。

アピックス(APIX) 燻製スモークロースター ASR-240

トースターのようなデザインがおしゃれな家庭用の燻製器。下部のトレーにスモークチップを入れ、網に好みの食材をのせて簡単に燻製が作れます。燻製料理を作るときに出るニオイや煙を抑制する構造なので、家の中でも安心して使えるのがポイント。魚やチーズを燻製にすれば、ワインのおつまみとして美味しくいただけます。

本体サイズは幅42.6×奥行35.5×高さ28.2cmで、コンパクトサイズの電子レンジとほぼ同等です。2種類のスモークチップとレシピブックが付属しているので、購入したその日から燻製料理にチャレンジすることが可能。ミトンも付いており安全に調理できます。庫内の容量が大きいため、丸鶏なども燻製にできるのが魅力です。