最近はスモーク料理が静かなブームとなっており、燻製器が注目を集めています。肉や魚、チーズなどいつもの食材に香ばしさをプラスして、より美味しく食べられるのが魅力です。キャンプやアウトドアだけでなく、自宅でも本格的な燻製が作れる燻製器が各メーカーから続々とリリースされています。

そこで今回は、燻製器の選び方をはじめ、おすすめメーカーや人気モデルをご紹介。初心者向けやIH対応モデルなどもピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

燻製器の選び方

直火式かIH対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

直火調理のイメージが強いスモーク料理ですが、IH対応の燻製器もリリースされています。直火式に比べて種類は少ないですが、IHコンロを使用している方やオール家電のご家庭でも燻製を作ることが可能です。

また、直火とIHの両方に対応したモデルであれば、幅広いシーンで活躍するのでおすすめ。燻製器を選ぶ際は熱源をしっかりチェックしておきましょう。

素材で選ぶ

鉄・ステンレス

By: amazon.co.jp

鉄製の燻製器は熱伝導率が高く、高火力にも耐えられるタフさを備えているのが特徴。ビやすい素材のためメンテンナスは必要ですが、使い込むほど味が出てくるので、長く愛用したい方におすすめです。

ステンレス製の燻製器はサビにくく丈夫で、壊れにくいのが特徴。焦げ付きやすいのが難点ですが、扱いやすいので、初心者や使用頻度が高い方におすすめです。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器製の燻製器は保温性に優れており、遠赤外線効果で食材の旨みを引き出せるのが特徴。ほかの素材に比べて重量があり、衝撃や落下で割れやすいため、キャンプやアウトドアへ持ち出すよりも家庭で使う場合に向いています。

土鍋タイプのモデルが多く、サイズやデザインが豊富でキッチンのインテリアや好みに合わせて選べるのもポイントです。また、安価な製品が多く、購入しやすいといったメリットもあります。

ホーロー

By: amazon.co.jp

ホーローは鉄やアルミなどの金属に、ガラス質の釉薬を焼き付けてコーティングしたモノです。ホーロー製の燻製器は密閉度が高いため、煙が漏れにくく、熱を逃しにくいのが特徴。また、焦げ付きにくいといったメリットもあり、簡単にお手入れできるのも魅力です。

ただし、ホーロー製の燻製器は重たく、衝撃に弱いのが懸念点。落下によって破損してしまう場合があるので、その点は注意が必要です。

使用シーンで選ぶ

アウトドア・キャンプ

By: amazon.co.jp

アウトドアやキャンプ用の燻製器を選ぶ際は、重量を確認しておきましょう。車以外の移動時や駐車場から距離のあるキャンプサイトの場合、重いモノは負担が大きく持ち運びに不便です。オートキャンプであれば重視する必要もありませんが、軽いモノなら組み立てやお手入れが楽になり、扱いやすくなります。

また、耐久性が高い鉄やステンレス製のモデルを選ぶのもおすすめ。グループキャンプやファミリーキャンプなど人数が多いアウトドアなら、サイズが大きくたっぷり食材が入れられる燻製器を選びましょう。

自宅

By: amazon.co.jp

自宅用の燻製器を選ぶ場合、特に重要視したいがの密閉性です。燻製を美味しく作るためには、煙をしっかり食材に当てることが大切。煙が漏れてしまっては意味がないので、フタと本体がぴったり合う密閉度の高い燻製器を選びましょう。

粘土を原料とする陶器製はその性質上、金属製ほど密封性は高くはありませんが、溝が付いているモデルであれば、フタと本体の間に水を張ることで煙が漏れるのを防げます。

また、自宅用の燻製器はアウトドア用に比べて小型なので、できるだけ深さのあるモデルを選びましょう。煙をムラなく全体に循環させることで、香り高く美味しい燻製が仕上がります。

燻製器のおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

「ソト(SOTO)」は工業用バーナーを主軸に製造・販売を行っていた新富士バーナーが、アウトドア市場で立ち上げたブランドです。国内生産にこだわり、バーナーやトーチをはじめ、ランタンや調理器具など品質の高いアウトドア製品を幅広く手がけています。

本格的な燻製作りが行えるアルミ製の大型タイプや自宅で楽しめる陶器製の鍋型タイプ、初心者向けの段ボール製など燻製器のラインナップも豊富。高品質ながらリーズナブルな価格のモデルが多く、購入しやすいのも魅力です。

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

世界中で絶大な知名度があるアメリカの総合アウトドアメーカー「コールマン」。品質や機能性、デザイン性が高く、初心者からベテランキャンパーまで手軽に使えるキャンプアイテムを展開しているのが特徴です。

コールマンの燻製器はステンレスを採用したモデルが多く、サビにくく耐久性に優れています。お手入れが簡単で扱いやすいので、初めての燻製器選びに迷っている方には特におすすめ。いずれも安価で手が出しやすく長く使用できるため、コストパフォーマンスも抜群です。

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

保冷・保温性に優れた水筒やタンブラーで人気を集めている「サーモス」。世界で初めてステンレス製の真空断熱魔法瓶を開発したメーカーです。調理器具やコーヒーメーカーのほか、ランチグッズやアイスコンテナーなどの製造や販売も行っています。

サーモスの燻製器は独自の「真空断熱技術」を採用した保温容器と、セラミックス鍋の2重構造。煙がほとんど漏れないので、自宅のキッチンでも気兼ねなく燻製作りが楽しめます。スモークチップやレシピ付きで、食材を用意すればすぐに燻製が作れる手軽さもおすすめポイントです。

燻製器のおすすめモデル

ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124

ソト(SOTO) いぶし処 お手軽香房 ST-124
手軽に燻製作りが楽しめる初心者におすすめの燻製器です。重量約2kg、約22.2×19.4×41.5cmの軽量・コンパクトサイズ。扉がフルオープンするので、食材の出し入れが簡単です。付属のフックを使用すれば、魚やソーセージなど長い食材も吊るせます。熱燻・温燻ともに楽しめるのも魅力です。

また、本体が展開できるので、内部まで洗いやすく清潔に保てます。使用後は厚さ約4cmに薄く折りたためるため、持ち運びやすく場所を取らずに収納できるのもポイントです。

ソト(SOTO) いぶし処 おかもち香房 ST-123

ソト(SOTO) いぶし処 おかもち香房 ST-123

本格的な燻製作りにチャレンジしたい方におすすめの燻製器です。温度計が付属しているのに加え、本体側面には通気口が設けられているので、内部の温度を確認しながら温度を調節することが可能。たっぷり食材が置ける3段式で、食材の大きさや目的に合わせて、網とフックの高さを自在にレイアウトできるのも魅力です。

おかもち型のデザインも特徴的で、燻製に必要な道具が本体内に収納できます。アルミ製で約2.5kgと軽く、本体が高温時でも触れられる木製の持ち手のため持ち運びも快適。フタは取り外せるので、食材や燻煙材の出し入れも容易です。

ソト(SOTO) スモークポットIH 温度計付き ST-128

ソト(SOTO) スモークポットIH 温度計付き ST-128

家庭用のガスコンロはもちろん、IH調理器にも対応した鍋型の燻製器。保温性に優れた耐熱陶器製のため、食材をじっくり加熱でき、遠赤外線効果でジューシーに仕上がります。燻製作りは温度管理がポイントですが、本製品には温度計が付属しているので安心です。

重量約2.28kg、本体サイズ約26×14cmと軽量でコンパクト。密閉度が高く煙が少ないので、室内でも気兼ねなく燻製作りが楽しめます。

コールマン(Coleman) ステンレススモーカーⅡ 2000026791

コールマン(Coleman) ステンレススモーカーⅡ 2000026791

本格燻製料理が楽しめるコールマンの燻製器。温度計を標準装備しているため温度管理しやすく、熱燻・温燻ともに対応できます。2段棚式の内部は一度にたくさんの食材をスモークすることが可能。グループやファミリーなど大人数で行うキャンプにおすすめです。

付属のフックをフタの裏に装着すれば、肉や魚などの大きな食材を吊るしてスモークできます。本体下部には窓が設けられており、スモークウッドの追加や取り出しにも容易。サビにくく丈夫なステンレス製で長く使えるのもポイントです。

コールマン(Coleman) コンパクトスモーカー 2000031269

コールマン(Coleman) コンパクトスモーカー 2000031269

軽量・コンパクトで使いやすい熱燻製専用のポット型燻製器。直径約23.5×20cmと小型ながら網を2段セットできるため、一度にたくさんの燻製が作れます。フタを閉めたあと溝に水を注げば、煙を中に閉じ込めることができるので、自宅で使用するのにおすすめです。

また、ステンレス製で約835gと軽く、お手入れも簡単。リーズナブルな価格で購入しやすく、丈夫で長く使えるのでコスパも良好です。

サーモス(THERMOS) 保温燻製器イージースモーカー RPD-13

サーモス(THERMOS) 保温燻製器イージースモーカー RPD-13

耐熱温度差400℃以上のセラミックス鍋と、真空断熱構造の保温容器を組み合わせた燻製器。はじめに直火で食材を燻し、あとは高い保温性能を利用してじっくり燻し続けるので、短い加熱時間で燻製が作れます。煙の量が少なく室内での使用に適しているので、家庭用の燻製器を求めている方におすすめです。

網やスモーキングチップのほか、焼きいも用の焼き石やレシピブックが付属しているのもポイント。燻製作りに慣れていない方でも購入後すぐにチャレンジできます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アドバンス 折りたたみスモーカー M-6547

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アドバンス 折りたたみスモーカー M-6547

収納時約25×40×7cmとコンパクトに折りたためる燻製器。省スペースに収納でき、持ち運びにも便利です。使用時は約24×25.5×40cmと大きく、魚やソーセージを吊るしてスモークできます。前面がフルオープンするため食材の出し入れも容易です。

フタをスライドさせれば温度調節も可能。シンプルな構造で扱いやすく、初心者でも手軽に本格的な燻製が楽しめるおすすめアイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 燻製 ビギナーセット UG-1051

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 燻製 ビギナーセット UG-1051

キャンプ初心者におすすめのビギナーセット。燻製器の本体ほか・スモークウッド・クイックチャッカー(ミニ)・温度計・軍手・レシピ本と燻製作りに必要な道具が一式揃っているので、購入後すぐに使用できます。

熱燻・温燻・冷燻に対応しており、さまざまな調理方法で燻製を楽しむことが可能。本体と底板が外れるのでチップの追加も容易です。フックを使用すれば、魚を丸ごと吊るしてスモークできます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ログハウス スモーカー・ブロックセット UG-1052

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ログハウス スモーカー・ブロックセット UG-1052

気軽にスモークを試してみたい方におすすめの燻製器です。段ボール製の簡易タイプながら大きな食材もスモーク可能。網やフック、スモークウッドが付属しているため、食材さえ用意すればすぐに本格燻製料理が作れます。

本体2箇所に窓が設けられており、仕上がりの確認やチップの追加も可能。安価で手が出しやすいのも魅力です。軽量で重量を気にせず持ち運べるので、ソロキャンプやテント泊登山などにも便利。燻製に初めてトライしてみたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) インスタントスモーカー 665930

ユニフレーム(UNIFLAME) インスタントスモーカー 665930

品質の高さで多くのキャンパーから支持を得ているユニフレームの燻製器です。素材に家屋の外壁や屋根にも使用されている「ガルバリウム鋼板」を採用。サビに強く、耐久性や耐熱性にも優れており、変形しにくいのが特徴です。

約25×25×28cmのコンパクトタイプの燻製器のため、少人数分を作るのに向いています。本体を開いて網をセットするだけと簡単に組み立てられるので、初めての方にもおすすめです。ほかの製品にはない三角形のデザインも魅力。約1.7kgと軽量で、厚さ約4.5cmに薄く折りたためるので携行性も良好です。

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS-600 665916

ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS-600 665916
グループキャンプやファミリーキャンプなど大人数での使用におすすめの燻製器です。約26×25×60cmの大型タイプで、一度に多くの食材がスモークでき、ブロック肉や魚など大きな食材を豪快に吊るせます。

スモーク材の立ち消えを防ぐメッシュロストルや、食材に水滴が落ちるのを防止するフタ裏のペーパーホルダーなど、燻製を美味しく仕上げるための工夫が施されいるのもポイントです。シングルバーナーはもちろん、スタンドが取り外し可能なのでツーバーナーでも使用できます。

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 スモークタワー

ロゴス(LOGOS) LOGOSの森林 スモークタワー

手軽に本格スモークが楽しめる円筒形燻製器。熱源を利用した熱燻作りはもちろん、発熱したスモークウッドを入れるだけで、熱源を使わずに温燻が作れます。扉が180°開くので大きな食材の出し入れもスムーズ。温度計付きで、ひと目で温度が確認できるのもポイントです。

下部には引き出し式のスモークケースを装備しており、深底でこぼれにくく、スモーク材の出し入れや追加が片手で容易に行えます。素材は丈夫でサビにくいステンレス製。本体が分離できるので、内部までお手入れしやすく清潔に保てます。初心者向けの燻製器からステップアップしたい方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) コンパクトスモーカー CS-092

スノーピーク(snow peak) コンパクトスモーカー CS-092

約31.5×22×16.5cmとコンパクトながら、2段式で一度に多くの燻製が作れる燻製器です。高さがないので食材は吊るせませんが、横長のボックス型のため魚やブロック肉など長さのある食材を丸ごとスモークすることが可能。食材の脂がスモーク材に落ちるのを防ぐ受け皿付きです。

素材はサビに強く耐久性に優れたステンレス製。お手入れが簡単で長く使えるのもポイントです。持ち運びに便利な折りたたみ式のハンドルも付属。温度計をセットする穴がなく温度管理ができないので、初心者より燻製作りに慣れている方におすすめです。

ホンマ製作所 スモークシェフ スモーカー F-240

ホンマ製作所 スモークシェフ スモーカー F-240
食材の大きさや量に合わせて、大きくも小さくも使える2段式の円筒形燻製器。本体は上下2段に分かれており、チーズや卵など小さな食材を燻すなら1段に、ブロック肉や魚など大きな食材を吊るしたいときは2段にして使えます。

素材にガルバリウム鋼板を採用しており、直径約24.8x44cmの大きめサイズながら重さは約2.1kgと軽量。サビや熱に強く耐久性も良好です。使用後は高さ約27cmとコンパクトに収納できるので持ち運びにも便利。長く付き合える1台を求めている方におすすめの燻製器です。

長谷園 いぶしぎん 燻製土鍋 ミニ

長谷園 いぶしぎん 燻製土鍋 ミニ

180年以上に渡り伊賀焼の伝統と技術を継承し続けている「長谷園」の土鍋タイプの燻製器です。本製品は直径約17.5×15cmのミニサイズながら、2段式で多くの食材を置くことが可能。一品料理やちょっとしたおつまみを作るのに最適で、一人暮らしの方にもおすすめです。

陶器ならではの遠赤外線効果により、ふっくらジューシーな燻製が短時間で仕上がるのが魅力。本体とフタの間に水を張れば、煙をしっかりと内部に閉じ込められます。金網2枚・鍋敷き・スモークチップ・レシピブックが付属しているのもポイント。ミニのほか、大・小サイズも展開しているので、使用人数に合わせて選べます。

アピックス(APIX) 燻製スモークロースター ASR-240

アピックス(APIX) 燻製スモークロースター ASR-240

誰でも簡単に自宅で本格スモークが楽しめる燻製専用のロースター。フタ付きのホーロー製容器に食材を入れて燻す仕様で、丸鶏やブロックベーコンなど大きな食材の燻製も可能です。

スモークチップやミトン、50種類のメニューが掲載されたレシピブックが付属しているのも嬉しいポイント。温度・タイマー・換気の切り替えはダイヤルを回すだけで設定できるので、自分で管理して作るのは難しいという方におすすめの燻製器です。