ジェットボイルは、登山やキャンプに持っていきたいアイテムのひとつです。大自然に囲まれながらカップ麺を食べるのに使用したり、山頂でコーヒーを飲んだりするのに便利なアイテム。すべてのパーツをひとまとめにして持ち運べるため、荷物になりにくいのも魅力です。

今回はジェットボイルのおすすめ製品をピックアップ。他バーナーとの比較もしているので、ぜひ参考にしてみてください。

ジェットボイルとは?

By: jetboil.jp

ジェットボイルとは、2001年にドワイト・アスピンウォールとペリー・ドウストが立ち上げたアメリカの調理器具ブランドです。バーナーとクッカーが一体型になっているのが特徴で、お湯を沸かすのに適しています。

クッカー下部にある「フラックスリング」がバーナーの外に熱を逃がさずクッカーに伝えるので、火力が小さくても沸騰までの時間が早いのが魅力のひとつ。また、クッカー中部にすべてのパーツが収納できるため、荷物がかさばらなくて済むこともポイントです。

ジェットボイルと他バーナーのスペック比較

ジェットボイル(JETBOIL)

By: rakuten.co.jp

ジェットボイルはクッカーの底、バーナーの上に金属製のパーツが用意されているのが特徴。これによって、横からの風を抑えてくれるのがポイントです。

火が安定し、効率よく熱を伝えてくれるので、素早い調理が可能。湯沸かしがスピーディーにできるほか、一人分のフリーズドライやカップ麺を作る際に便利です。

イワタニプリムス(IWATANI-PRIMUS)

By: rakuten.co.jp

ジェットボイルはクッカーとバーナーが一体型になっているのが特徴ですが、ジャンルとしてはシングルバーナーに分類されます。

同種のアイテムとしてはイワタニプリムスの「153ウルトラバーナー」などがありますが、バーナー部分単体での販売がほどんど。セット販売されている場合もありますが、ジェットボイルと同等の用途を求める際にはガスカートリッジはもちろん、専用のクッカーやカートリッジホルダーも必要となるので、その点は留意しておきましょう。

ジェットボイルのおすすめモデル

ジェットボイル(JETBOIL) バーナー ZIP 1824325

機能を必要最小限に絞り、シンプルで持ち運びに便利なモデルです。重量400gでサイズは直径10.4×高さ16.5cmと、軽量かつコンパクトなアイテムながら、ジェットボイルの魅力である熱効率の高さはしっかりと備えているのが特徴。0.5Lのお湯を、約2分30秒で沸かせます。

クッカーの側面には、伸縮性や防水性に優れた合成ゴム「クロロプレンゴム」製の素材の断熱カバーを搭載。ヒートロスを防いでくれるうえ、調理中に素手でクッカーを扱えます。

また、カバー部分のカーゴコジ―にスプーンやフォークなどが収納できるポケットも付いており、使い勝手がよいのも魅力。手軽で高性能なキャンプ用バーナーを探している方におすすめです。

ジェットボイル(JETBOIL) SUMO 1824382

1.8Lと大容量の水が沸かせる、ジェットボイルのクッキングシステムでは最大容量のモデル。調理容量も1.25Lのため、キャンプで料理を楽しむのにも適しています。

低温環境で使用しても火力が安定する「サーモレギュレーター」の搭載により、容量が大きくても高い熱効率で調理が可能。また、「クロロプレンゴム」の断熱カバーやカトラリーが収納できるポケットが付いており、利便性に優れているのもポイントです。

さらに、カートリッジに装着することで転倒を防いでくれる「スタビライザー」や、専用のクッカー以外にも対応できる五徳も付属しています。家族や友人など、グループでのキャンプで料理を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ジェットボイル(JETBOIL) MiniMo 1824381

とろ火から強火までの本格調理が可能なモデル。カップの口が広く、火加減の調節もできるため煮込み系やスープ類の調理に適しています。

-6℃の環境でも火力が安定する「サーモレギュレーター」も搭載。ガスが気化しにくいような場合でも火力低下も防ぎ、本格的な料理が楽しめます。また、ボンベ内で圧力が低下しても自動的に一定した火力を保ってくれるので、長時間の調理に適しているのもポイントです。

さらに、クッカーにはハンドルが付いており、内容物を取り分ける際などに楽に持ち上げ可能。ハンドルは折り畳み式で、収納や持ち運びにも便利です。使い勝手のいいバーナーを探している方はチェックしてみてください。

ジェットボイル(JETBOIL) マイクロモ 1824380

ソロキャンプで素早くお湯を沸かすのに便利なモデル。容量は0.8Lで、一人分のお湯を沸かしたり調理をしたりするのに適しています。また、重量は400gと軽量で、収納時のサイズが直径10.4×高さ16.5cmとコンパクト。登山などのアウトドアやキャンプへの持ち運びの際も便利です。

「サーモレギュレーター」を搭載しているのもポイント。氷点下の環境でも安定した火力で使用でき、とろ火から強火まで火力を細かく調節可能です。さらに、自動点火装置も付いており、点火が簡単なのも魅力。登山の休憩時など、すぐにお湯を沸かしたい場合などで重宝します。気軽に使えて高性能なキャンプ用バーナーを探している方におすすめです。

ジェットボイル(JETBOIL) フラッシュ 1824393

0.5Lのお湯を100秒で沸かせる高火力が特徴のモデル。出力が2269kcal/hと高く、キャンプの朝や登山などの休憩時にすぐにコーヒーを淹れたい場合などで重宝します。

クッカーの内部に熱を閉じ込める吸熱フィン「フラックスリング」により、熱の拡散を防ぎ優れたエネルギー効率を発揮。また、付属の五徳を使うことで、鍋やフライパンでの調理もできます。ソロキャンプや2人でのキャンプで使える、手軽でハイパワーなバーナーを探している方におすすめです。

番外編:ジェットボイルのオプションパーツ&アクセサリー

ジェットボイル(JETBOIL) 1.5Lクッキングポット 1824309

1500mlもの大容量クッキングポットです。複数人数で使用する場合におすすめで、グループでのキャンプや登山で活躍します。口が広いため、アウトドアでの調理がしやすいのもポイント。調理の際には食材が投入しやすく、食事の際には料理が取りやすいので大人数でも快適に使えます。

重さは340gで、収納時サイズは直径175×高さ110mm。ハンドル部分はクッキングポットの曲線に沿って折りたためるので、持ち運びの際にかさばりません。ジェットボイルのクッキングシステムに付属している五徳と併用することによって、高い熱効率を発揮するのもポイントです。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットパワー230 1824379

ジェットボイル専用のガスカートリッジです。NET230gの大容量タイプで、平均して23Lほどのお湯を沸かすことが可能。キャンプや登山で宿泊するという場合におすすめです。

沸点の異なるプロパン・イソブタン・ブタンの3種類のガスを混合しているのが特徴。一気にガスを気化して燃料を無駄なく消費するため、短時間で調理できるのもポイントです。また、低温下でも強力な火力を供給してくれるので、冬場のキャンプや登山でも活躍します。

ジェットボイル(JETBOIL) アクセサリーコジー 1824383

クッキングポットのカバーを着せ替えできるオプションアクセサリーです。カバーが汚れてしまった場合や、純正のデザインでは物足りない場合におすすめ。材質は、耐熱性に優れたネオプレーン製。デザインのみならず、あたあかい食べ物を保温できるのもポイントです。

また、クッキングポットに装着したまま収納できるほか、着脱して丸洗いもできるのでお手入れも簡単。なお本製品は、「MiniMo 」専用アイテムのため注意が必要です。そのほかのジェットボイルに関しても、それぞれ専用品がラインナップされているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ジェットボイル(JETBOIL) コーヒープレス 1824390

ジェットボイルクッキングシステムをコーヒープレスとして使用できるオプションアクセサリーです。紅茶や日本茶も抽出可能。コーヒー豆本来の風味を最大限に味わえる「フレンチプレス方式」を採用しており、短時間かつ簡単においしいコーヒーを楽しめる一品です。

サイズは直径118mmで、重さは22gとコンパクトなサイズ。3つに分解できるため、クッカー内にスマートに収納できます。おいしいコーヒーにこだわりたい方はチェックしてみてください。

ジェットボイル(JETBOIL) サミットスキレット 1824396

耐久性と耐熱性を兼ね備えたスキレットと、ターナー(フライ返し)をセットにしたオプションアクセサリーです。スキレットには焦げ付きにくいセラミックコーティングを施しているのが特徴。また、底面を厚くすることによって熱が均一に伝わるため、食材をムラなくおいしく調理できるのもポイントです。

ハンドルは折りたたみ可能で、収納時のサイズは203×216×48mmとコンパクト。ターナーはハンドルにはめこんで収納できるので、持ち運びがしやすく紛失防止にもなるおすすめアイテムです。

ジェットボイル(JETBOIL) クランチット 1824371

空になったガスカートリッジの処理ができるクランチットです。使用済みのカートリッジをリサイクルに出すときの穴あけが簡単にできるのが特徴。同タイプのガスカートリッジであれば、ほかのメーカーのガスカートリッジにも使用できます。

使い方は、バーナーに取り付ける要領でガスカートリッジのネジに取り付けるだけと簡単。装着するだけでほとんどのガスが抜ける仕組みで、てこの原理によって穴をあけることで完全にガスを放出できます。なお、空のカートリッジの処理については、自治体によってガス抜き・廃棄方法が異なる場合があるので注意しておきましょう。