登山や釣りなどのアウトドアで料理をされる方は“ジェットボイル”をご存知でしょうか? 「外でコーヒーを飲みたいのに、なかなかお湯が沸かない……」などの悩みを抱えている方におすすめなのが、一瞬でお湯を沸かせるバーナー「ジェットボイル」です。

そこで今回は、便利なジェットボイルのおすすめモデルをご紹介。他のバーナーとのスペック比較やジェットボイルの魅力についても解説しますので、気になる方は合わせてチェックしてみてください。

ジェットボイルとは?

ジェットボイル(JETBOIL)は2001年にアメリカで生まれたアウトドア調理器具専門のブランド。設立者のふたりは、アウトドアでいつも重い魔法瓶ボトルやかさばるバーナーを持ち運ぶことにうんざりしたことから、ジェットボイルの開発に着手しました。

コンパクトかつ素早く水を沸騰させることができるので、近年日本でもジェットボイルを見かける機会が増加。種類もいくつかあり、ユーザーのニーズや用途に合わせて使い分けることができます。

ジェットボイルと他バーナーのスペック比較

ジェットボイルと従来からあるバーナーとを比較し、どこが違うのかを解説します。対象となる製品は、登山で一般的に使われる「ガスストーブ」です。

ジェットボイル ZIP

By: amazon.co.jp

重量: 407g(ゴトク、スタビライザーを含む)
出力: 1134kcal/h
収納時サイズ: 直径104×高さ165mm
ガス消費量: 100g/h

イワタニプリムス P-153 ウルトラバーナー

By: amazon.co.jp

重量: 110g
出力: 3600kcal/h
収納時サイズ: 75×88×30mm
ガス消費量: 245g/h

イーピーアイ BPS-III STOVE

By: amazon.co.jp

重量: 165g
出力: 3200kcal/h
収納時サイズ: 94×52×83mm
ガス消費量: 265g/h

ジェットボイルはガス消費量が圧倒的に少ないものの、お湯を沸かすスピードが速く、0.5Lをわずか2分30秒で沸騰させることができます。
また、重量や収納サイズがクッカー込みというのもポイント。比較したバーナーにはクッカーが付属していないので、別途用意して別々に持ち運ぶ必要があります。「コンパクトに持ち運べて、素早くお湯を沸かせるバーナーが欲しい」という方には、ジェットボイルがおすすめです。

ジェットボイルの魅力

ジェットボイルの具体的な魅力について、詳しくご紹介します。

フラックスリング

By: jetboil.jp

沸騰の速さはジェットボイルの“フラックスリング”と呼ばれる構造がポイント。フィン状のリングがバーナーの熱を効率よく吸収することによって、小さな火力でも素早く加熱することができます。

オール・イン・ワン設計

By: jetboil.jp

ジェットボイルの中には、ゴトクやガスカートリッジ、バーナー、スタビライザーがすべてセットになっています。それらをクッカーの中に収納することで、バックパックにも簡単に収納することが可能です。

サーモレギュレート・テクノロジー

By: jetboil.jp

サーモレギュレーターを搭載したモデルでは、低温環境の中で長時間加熱できるように火力を自動で一定に保ちます。-6度の環境でも常温時と同等の火力を発揮するという点が大きなメリットです。

ジェットボイルのおすすめモデル

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイル マイクロモ 1824380

商品価格 ¥ 19,260

ジェットボイルのハイエンドモデル。-6度でも安定した加熱力を発揮するサーモレギュレーターを搭載しています。火力を細かく調節できるので、とろ火での調理も可能。お湯を沸かすだけでなく、料理にも使えるアイテムです。沸騰到達時間は0.5Lの場合で2分15秒。容量は0.8Lです。

特にソロキャンプをされる方や低温環境での使用を想定している方におすすめ。コンパクトな収納が可能になるので、本格的な登山をする方にも使い勝手良好なバーナーです。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイル ZIP 1824325

商品価格 ¥ 10,295

高い熱効率は保ちつつ、機能を最小限に絞ったコスパ良好なモデルです。クッカーに断熱カバーがついており、調理中でも素手で取り扱うことができます。子どもがいる時でも安心して使うことができるので、ファミリーキャンプにもおすすめです。

もちろん、他のジェットボイルシリーズと同じオールインワンタイプなので、バックパックにラクラク収納できます。沸騰到達時間は0.5Lで2分30秒。容量は0.8Lです。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイル PCS FLASH 1824329

商品価格 ¥ 14,900

大きめの火力調節つまみや自動点火装置など、使いやすさを重視したジェットボイルのスタンダードモデルです。本体にカトラリー類が収納できるポケットが付いているので便利。コーヒーやスープ、ラーメンなどの調理におすすめです。

水が沸騰するとクッカーのゲージがオレンジ色に変わるので、視認性良好なのが本モデルの特長。アウトドアシーンはもちろん、災害時にも活躍してくれるおすすめモデルです。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイル ミニモ 1824381

商品価格 ¥ 20,385

クッカーが広口で高さも低く設計された、料理におすすめのモデル。低重心なので倒れにくく、かき混ぜたり取り分けたりといった動作が片手でも容易に行えます。

火力を細かく調節できるのも大きなメリット。弱めの火力で安定的に加熱する必要がある煮込み料理にも十分対応します。寒冷地や高地に強いサーモレギュレーターが付いているのもポイントです。

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットボイル SUMO 1824382

商品価格 ¥ 21,600

1.8Lと大容量タイプのジェットボイル。数人分のスープやコーヒーなどを作るに最適のアイテムです。沸騰到達時間は1Lの場合で約4分15秒と十分許容範囲です。

これだけ大容量でもしっかりとコンパクトにバックパックの中に収まるのもポイント。重さもわずかに約500gなので、何人かでアウトドアを楽しみたいけれど、できるだけ軽装で動きたいという方におすすめです。

ジェットボイルのオプションパーツ&アクセサリー

ジェットボイル(JETBOIL) ジェットパワー100G

商品価格 ¥ 480

ジェットボイル専用のガスカートリッジ。本体とは別に購入する必要がありますが、持ち運びの際はジェットボイル内に収納可能です。大容量タイプのSUMO以外は、この100gのガスカートリッジを使用します。

使用する環境にもよりますが、このガスカートリッジひとつでなんと約10Lのお湯を沸かすことが可能。数人で1泊2日のキャンプをするのであれば、この1缶だけで十分対応できます。

ジェットボイル(JETBOIL) 1.5Lクッキングポット

ジェットボイル専用の1.5Lポットです。広口でさまざまな料理に適しています。ジェットボイルと合わせて揃えておきたいおすすめアイテムです。底の部分にはフラックスリングが付いており、じゃばら型の吸熱フィンが熱吸収率を高めています。

ジェットボイル(JETBOIL) クランチット

商品価格 ¥ 540

ガス抜き用のクランチットです。使用後のガスカートリッジのネジに固定させ、テコの原理で簡単にガスを抜くことができます。ジェットボイルのバーナーやクッカーと一緒に持ち運びましょう。

使用済みのガスカートリッジを適切に処分するのは最低限のマナーなので、ジェットボイル購入時に合わせて用意しておきたいアイテムです。

JETBOIL(ジェットボイル) SUMO コンパニオンボウルセット 1824373

商品価格 ¥ 2,700

675mlのサイズが2個、450mlのサイズが1個付いたお得なボウルセットです。ジェットボイルシリーズのSUMOの中にスタビライザーやゴトクと一緒に収納可能。例えば数人でのアウトドアシーンで食事をする際などに重宝します。

ちなみに1.8L分をこのボウルに均等に分けることが可能。熱くなりすぎないように、防熱のカバーが付いているのもおすすめポイントです。