注目のランニング分析ガジェット

runScribeは、9軸センサー搭載のウェアラブル・ガジェット。軽量なrunScribeをシューズの後ろに装着するだけであなたの走りの全てを読み取り、分析してくれます。

運動学に基づいたエンジンがあらゆる角度から分析してくれるので、1人で走っていながら、研究所の専門家のバックアップを受けているような心強さです。すでに多くのメディアで取り上げられているうえ、専門家からも高い評価を得ています。

従来のランニング用のガジェットは、歩数や距離、スピードだけのデータ収集が主だったのに対し、runScribeはあらゆるデータから膨大な計算を施し、13もの詳細データをフィードバックしてくれます。

フィールドの状況、ランニングシューズのタイプ、走行距離などの主要なキーを基に、runScribeユーザーのデータから割り出した平均値と自分のデータを比べることも可能。

スマホでデータ確認

小型で軽量なrunScribeは靴への装着も簡単。いろいろなシューズで試すことができます。取り込んだデータはスマホで確認できるので、いつでもランニングの復習が可能です。

走り過ぎや足への衝撃の強さ、間違ったシューズ選びなど数多くの要因が怪我のもととなります。しかし未だに、研究者の間でも怪我の要因の中から確実なものを割り出せていない状況です。

そこでrunScribeの開発者は、runScribeユーザーからの膨大なデータを分析することで、ランナーの怪我や足への負担を少しでも減らそうと考えています。

ランナーをはじめ、そのコーチやトレーニングチームのために開発されたrunScribe。そんなプロフェッショナルなガジェットで、あなたのランニングを改善させてみてはいかがでしょうか?