既存のPCサウンドを高音質化したい際に有効なのが「サウンドカード」の増設。パソコンでクオリティの高い音楽を聴きたい方や臨場感のある映画を観たい方、満足度の高いゲーミングを堪能したい方にとっては便利なアイテムです。

そこで今回はサウンドカードのおすすめモデルをピックアップ。外付けモデルと内蔵モデルに分けてご紹介するので、興味がある方はぜひ購入を検討してみてください。

サウンドカードとは?

By: amazon.co.jp

「サウンドカード」とは、PCのUSBポートやPCIスロットに別途取り付けることで、PCから聞こえる音を向上できる増設パーツ。既製のPCにもオンボードサウンド機能は搭載されていますが、広い音域や細かい音の出力までは対応しきれないという問題があります。

しかし、その問題は独立型のサウンドカードをPCに搭載することで解決可能。音質が劇的に向上するので、音楽や映画サウンドのクオリティをアップさせたい場合や、ゲームの臨場感を上げたい場合に有効です。

また、音声の入力および出力の方法が充実するのもポイント。光デジタル端子を搭載する機種では、外部スピーカーなどのオーディオ機器やPS4などのゲーム機に接続できます。さらに、マイク端子を搭載する機種ではゲームのプレイ中に音声をミックスもできるので、ゲーム実況を行う際にも便利です。

サウンドカードの必要性

音質面

By: amazon.co.jp

サウンドカードを別途用意する理由のひとつは音質向上。オンボードサウンド機能は実用としては問題ありませんが、音質にこだわる方だと物足りなく感じてしまうことも。理由としてはコスト・スペース面の制約から音質のよい部品や設計が採れないことが挙げられます。

特に音質に重要な回路は、PC内を飛び交う信号や電源回路の不安定さに大変弱い部分なので、オンボードサウンド機能ではこの影響を受けてノイズが多くなり、音の情報量も限られてしまうのが一般的です。サウンドカードはこの点を考慮した設計が採用されているため、ノイズの少ないクリアなサウンドになります。

性能面・機能面

By: amazon.co.jp

サウンドカードを取り付けると、性能面と機能面の向上を図れるのも魅力。例えば、ハイレゾなどの高音質をPCで再生するためには、24bit/96kHz以上のD/A変換能力が必要です。ノイズの少なさを示す指標であるSN比も100dB以上は欲しいところ。これらのスペックはオンボードサウンド機能では困難ですが、増設したサウンドカードなら実現可能です。

さらに、一人称視点のシューティングゲーム「FPS」もサウンドカードの必要性を高めています。FPSゲームでは、乗り物の音や足音、会話などの幅広い音情報がプレイの質に直結するため、単にクリアに聴こえるというだけでなく前後や上下の立体感があるほど有利になるのがポイントです。

音の立体感を高める「バーチャルサラウンド機能」が搭載されたサウンドカードもあるので、FPSを存分に楽しみたい方に適しています。また、チャットやゲーム実況に必要なマイク性能が高いモデルが多いのも特徴です。

サウンドカードの選び方

用途で選ぶ

ゲーミング

サウンドカードを別途搭載するとゲーム中のBGMや銃声、敵の足音などの効果音がはっきりと聞こえるようになるので、ゲームコンテンツのクオリティをより引き出せます。

なお、イコライザ設定に対応していれば、設定によって聞きたい音だけを強調することも可能。例えば、低音を強調して臨場感や迫力を向上させたり、敵の足音や弾のリロード音がはっきりと聞き取れるようにして、FPSなど音の判断が重要なゲームを有利に進めたりできます。

また、サラウンド設定に対応しているのも重要。手持ちのスピーカーやヘッドセットが5.1chや7.1chなどのサラウンド機能に対応していても、サウンドカード側で設定をサポートしていないと使用できないので注意が必要です。

さらに、ゲーム実況を行いたい場合はステレオミキサーやマイク入力にも対応しているか確認しておきましょう。PC画面のゲーム音声を録音したり、プレイ中の実況音声をミックスしたりできるので、ゲーム実況を楽しみたい方はぜひチェックしてみてください。

音楽鑑賞

By: amazon.co.jp

PC内蔵のスピーカーは本体サイズの都合上、オーディオスピーカーと比べるとスペックが限られるので、ハイレゾ音源を楽しみたい方は対応する独立型のサウンドカードを用意する必要があります。

ちなみに「ハイレゾ」とは従来からあるCDよりも高品位の音源のこと。PCM信号で24bit/96kHz以上、DSD規格で2.8MHz以上の音源を指します。

CDを上回る広帯域とダイナミックレンジ(音の強弱幅)を持つため、より自然に近いリアルな音を体感できるのが特徴。この音源を再生するには、デジタル入力部がハイレゾ信号に対応しているか、スピーカーの再生周波数範囲が40kHz以上をクリアしているのが条件となります。

内蔵型か外付けタイプかをチェック

By: amazon.co.jp

サウンドカードの種類は主に内蔵型と外付けタイプに分かれます。内蔵型では主に「PCI Express」と呼ばれる規格を採用。同規格は従来からあるサウンドカードの主流でしたが、デスクトップPC自体の減少などからモデル数が減っています。どちらかというとFPSゲーム向けの設計の製品を多く揃えているのが特徴です。

一方、USBで接続する外付けのサウンドカードは接続を簡単に行えるのが魅力。コンパクトな製品が多いほか、バッテリー駆動に対応しているモデルもあり、使い勝手が良好です。

入出力をチェック

By: amazon.co.jp

PCへのデジタル入力、PCへのマイク入力、ヘッドホン出力の3つは、PC用のサウンドカードに標準搭載されています。マイク入力については、PC内のサウンドとミックスできる「再生リダイレクト(ステレオミキサー)」に対応しているとゲームを実況したいときに便利。マイク入力が複数あれば切り替えて使用できます。

光デジタルやアナログ入力があればPC以外の機器でも使えるのが特徴。特にPS4での使用を考えている場合におすすめです。最近のPCには搭載されていない光デジタル音声出力や、アナログサラウンド出力の有無もポイントです。

主に音楽の高音質再生用に探しているのであれば、USB接続型の各種「USB-DAC」もサウンドカードとして使用可能。マイクの使用とサラウンド機能にこだわらない場合にはチェックしてみてください。

サウンドカードのおすすめメーカー

クリエイティブ・メディア(Creative)

By: amazon.co.jp

「クリエイティブ・メディア」はシンガポールに本社を置く、1981年創業のマルチメディア機器メーカー。スピーカーやゲーミングヘッドセットなど音響機器を豊富に取り揃えており、特にサウンドカードにおいては高い市場シェアを有しています。

同社のサウンドカードブランドである「Sound Blaster」は世界で多くのユーザーから支持されており、ラインナップも豊富。ゲーミング用から音楽鑑賞用まで多岐にわたるので、パソコン初心者からサウンドにこだわりたい上級者まで、幅広いユーザーニーズに応えているのが魅力です。

また、機能面に優れているのもポイント。より高い次元で臨場感のある3Dオーディオが可能となる「SVX Pro Studioテクノロジー」や、通話やボイスチャットの音声がクリアになる「Crystal Voiceテクノロジー」などの機能も搭載されています。

エイスース(ASUS)

By: amazon.co.jp

エイスースは台湾の台北に本社を置く、1989年創業の総合エレクトロニクスメーカー。Androidスマホの「Zenfone」やノートPCの「ZenBook」が人気ですが、PC本体だけではなくマザーボードなどのPCパーツも取り扱っており、サウンドカードもラインナップしています。

ゲーミングPCの「ROG」を発売していることもあり、サウンドカードでも主にゲーミング用途向けとなる内蔵型の機種を「STRIX」というブランドで発売。ノイズのないよりクリアな音声環境でゲームを楽しめます。

サウンドカードのおすすめ人気モデル|内蔵型

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound Blaster Z SB-Z

自作ユーザーから高い人気を得ているロングセラーモデルの内蔵型サウンドカードです。高品位なDAコンバーターを搭載することにより、SN比116dBの低ノイズなオーディオ環境を実現。「ステレオダイレクト出力モード」を選択すれば、24bit/192kHzのハイレゾ音源の再生も可能です。

高性能な「Sound Blaster Beamformingマイクロフォン」が付属するのもメリット。集音範囲外の音を遮断したり、チャットの音声を変化したりできる合計5つの機能を搭載した「CrystalVoiceテクノロジー」が採用されているので、クリアな音質で快適なボイスチャットが楽しめます。

対応しているスピーカーなどと組み合わせることで、5.1chサラウンド環境を構築することも可能。より臨場感のあるサウンドを体験できます。そのほか、ゲーム内の足音や銃声をハイライト表示する「スカウトモード」も搭載。活用すれば、FPSゲームなどをより有利に進められます。音楽や映画の鑑賞からゲーミング用途まで幅広く使用できるおすすめのモデルです。

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound BlasterX AE-5 SBX-AE5-BK

Windows 10を搭載したパソコンで「ダイレクト出力モード」を選択することにより、最大32bit/384kHzのハイレゾ再生が可能。ヘッドホンアンプには、左右チャンネルのアンプを独立して駆動させる高音質な「Xamp」が搭載されています。

ダイレクトヘッドホン出力にも対応しているので、ハイレゾをさらに高音質で楽しむことが可能。オーディオプロセッサーには同社独自開発の「Sound Core3D」が搭載されており、Windows用の専用ソフト「Sound Blaster Connect」を使用することで、オーディオ設定のカスタマイズなどの操作が行えます。

1680万色から本体のロゴをライトアップできる「Aurora ReactiveライティングシステムLED」が搭載されているのもポイント。また、カード上部に搭載された「外部LED用コントローラー」で付属のLEDテープをライティングさせることもできます。そのほか、ゲーム内の音をビジュアルで表示できる「Scout Mode」機能なども搭載。FPSゲームをより有利に進めたい方にもおすすめです。

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound Blaster Audigy Fx SB-AGY-FX

比較的リーズナブルなエントリーモデルのサウンドカードながらも、5.1chのサラウンド出力と最大24bit/192kHzのハイレゾ再生に対応。コスパに優れたモデルなので、なるべく予算を抑えたい方にもおすすめです。

ゲーミング用途から音楽鑑賞まで、幅広いシーンで迫力のあるサウンドが楽しめます。ヘッドホン出力には、最大600Ωインピーダンスのヘッドホンでも駆動可能なヘッドホンアンプを搭載。直接ヘッドホンを接続して音楽を楽しみたい方にもぴったりです。

それぞれ独立したライン入力端子とマイク入力端子が搭載されているのも特徴のひとつ。また、ロープロファイルブラケットが付属するので、スリムケースなどを使用した小型のパソコンへの取り付けができるのもメリットです。慣れていない方でも扱いやすい製品なので、サウンドカードを初めて導入する方もぜひチェックしてみてください。

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound Blaster Audigy Rx SB-AGY-RX

ミドルクラスながらもSN比106dBとノイズの少ない高品質再生が実現されています。最大24bit/192kHzのハイレゾ再生と最大7.1chのアナログ出力に対応。ノイズの少ないデジタル伝送を可能にする光デジタル出力も備えています。

マイク入力端子を2つ搭載しているのも本製品ならではの魅力です。マイクを2本用意すれば、友人と二人で一緒に歌ったり、トークしたりできるので幅広い用途で活用できます。また、パソコン内のサウンドとマイク入力の音声をミックスして同時録音できる「再生リダイレクト(ステレオミックス)」機能にも対応。専用ソフトも用意されており、パソコンにインストールすれば、マイクエフェクトのコントロールやモードの切り替えなどさまざまな操作や設定の変更が行えます。

Windows XPやWindows Vistaなどの古いOSに対応しているのもポイント。比較的リーズナブルなモデルなので、初心者の方やサブマシンへの搭載を検討している方などにもおすすめです。

エイスース(ASUS) ゲーム用サウンドカード Xonar SE

ゲーム用に最適化された内蔵型サウンドカードで、最大5.1chのサラウンド出力と24bit/192kHzのハイレゾ出力に対応。高音質かつ臨場感のあるサウンドでゲームが楽しめます。オーディオプロセッサーには「C-Media USB2.0 6620A」を搭載し、DACには「Realtek S1220A」を採用。明確な低音で没入感のあるサウンドを実現する高品質な300Ωヘッドフォンアンプが内蔵されているのも特徴です。

SN比は最大116dBなので、ノイズの少ない明瞭感のある音質が実現されています。入出力端子には、3.5mmアナログ出力×3・3.5mmアナログ入力×1・光デジタル出力×1・フロントピンヘッダ×1を搭載。光デジタル入力端子を備えたデバイスと組み合わせれば、よりノイズの少ないクリアな音質でデジタル伝送が可能です。

専用ソフト「Xonar Audio Center」をパソコンにインストールすれば、イコライザーの使用や5.1chスピーカーのレベルバランス調節などサウンドに関するあらゆる詳細な設定が行えます。また、比較的リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力。予算を抑えつつ、ハイレゾ音源の再生やサラウンドサウンドを楽しみたい方は、本製品をチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ハイレゾ対応ゲーム向けサウンドカード Xonar AE

最大7.1chのサラウンド出力に対応したゲーム向けの内蔵型サウンドカードです。外部スピーカーなどの7.1chサラウンドに対応したデバイスと組み合わせることで、ワンランク上のサウンドが楽しめます。

高品質なESS製のDACチップを搭載することにより、SN比110dBの低ノイズと24bit/192kHzのハイレゾ音源の再生にも対応。ゲーム向けの製品ではありますが、映画や音楽を迫力のあるサウンドを楽しみたい方にもおすすめです。

また、本体にはバックグラウンドノイズの除去に役立つ独自の「EMI バックプレート」が搭載されています。専用ソフト「Sonic Studio」を使用すれば、サラウンドや音質などに関するさまざまなカスタマイズを行うことが可能。プレイするゲームやシーンに合わせて設定を個別に保存しておくこともできるので便利です。

エイスース(ASUS) ゲーム向けサウンドカード STRIX RAID DLX

高性能なD/Aコンバーター「ES9016 SABRE32 Ultra DAC」を搭載し、SN比124dBの徹底したノイズ対策を行うことで、クリアで高音質なサウンドを実現。ヘッドホンアンプには高品質な「LME49600」を搭載し、オーディオ用のハイインピーダンスヘッドホンも問題なく使用できます。

ゲーム中に音量などの各種設定が行えるコントロールボックスが付属するのもメリットです。また、コントロールボックスに搭載された「RAID MODEボタン」を活用すれば、低音の強調度合いや仮想サラウンドの調節なども行えます。

音の鳴った方向を画面上に視覚的に表示する「Sonic Radar Pro」も搭載。FPSゲームなどで敵の足音や銃声の鳴った場所を画面上に表示できるので、壁の向こう側にいる敵も素早く把握でき、より有利にゲームを進められます。専用ソフト「Sonic Studio」を使用すれば、サウンド周りのさまざまな設定を行うことができ、自分好みの音に調節することも可能です。

サウンドカードのおすすめ人気モデル|外付けタイプ

クリエイティブ・メディア(Creative) USB Sound Blaster Digital Music Premium HD r2 SB-DM-PHDR2

高品質なDA/ADコンバーターやコンデンサー、オペアンプなどを搭載することで、SN比114dBの低ノイズと高音質なサウンドを実現。レコードプレーヤーと直接接続できる「フォノイコライザー」が搭載されているのも本製品ならではの特徴です。

USBバスパワーによる駆動なので、パソコンとUSB接続するだけで電源が供給されます。正面にはボリュームダイヤルと6.35mmのヘッドホン出力・マイク入力を搭載。そのほか、RCA入出力や光デジタル入出力、アースなどが搭載されています。

ゲーム実況などの動画配信を行いたい方にも便利な「再生リダイレクト」機能にも対応。専用ソフト「Creative Media Toolbox」を使用すれば、音楽の録音や編集を行う際に役立ちます。幅139×奥行き99×高さ25mmの比較的コンパクトなサイズをしているので、デスク周りの限られたスペースにも問題なく設置可能です。

クリエイティブ・メディア(Creative) SOUND BLASTER G3 SB-G-3

光デジタル出力に対応した外付けタイプのサウンドカードです。PS4やPS4 Proと光デジタル接続をして、高音質かつクリアなサウンドでゲームが楽しめます。

本製品には、USB Type-Cが採用されており、Type-Aへの変換アダプターも付属。PS4だけでなく、Nintendo Switchやモバイルノートパソコン、デスクトップパソコンなど幅広いデバイスで使用できるのがメリットです。ゲームの音と相手のボイスチャット音声をミックスしてバランスを調節できる便利な「GameVoice Mix機能」を搭載。本体側面のダイヤルから片手で素早く調節できます。

FPSゲームなどで敵の足音を聞こえやすくする「フットステップ エンハンサー」が搭載されているのも魅力のひとつ。機能のオンオフや音量の調節、ミュートなどのさまざまな操作が行えるスマホ用アプリ「SOUND BLASTER COMMAND」も用意されています。

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound BlasterX G6 SBX-G6

汎用性が高く、人気の外付けサウンドカード。ダイナミックレンジ130dBの高音質なDACと左右チャンネルを独立したアンプで駆動可能なヘッドホンアンプ「Xamp」が搭載されています。ハイレゾ音源の再生にも対応しており、PS4との接続の際に役立つ光デジタル出力も搭載。

ゲームの再生音とボイスチャットの音声をミックスし、好みのバランスに調節できる「GameVoice Mix機能」にも対応しています。操作は本体前面に搭載されたノブから素早く簡単に行うことが可能。また、WindowsパソコンとのUSB接続時には、7.1chバーチャルサラウンド再生を楽しむこともできます。

ゲーム内の足音やリロード音をハイライト表示する「Scout Mode」が搭載されているので、FPSゲームをより有利に進められるのもメリット。音楽鑑賞からゲームのプレイまで、幅広い用途で使用できるおすすめの1台です。

クリエイティブ・メディア(Creative) Sound Blaster PLAY! 3 SB-PLAY3

パソコンのサウンドを気軽に向上できる軽量コンパクトなUSBサウンドカード。エントリーモデルに位置する製品なので、リーズナブルな価格で購入できるコスパのよさも魅力のひとつです。

入出力端子には、3.5mmステレオミニジャックのヘッドセット端子とマイク端子を搭載。ヘッドセット端子は4極仕様なので、この端子のみでもボイスチャットが楽しめます。24bit/96kHzのハイレゾ再生に対応しているのも嬉しいポイントです。

また、パソコンに専用ソフトの「Sound Blaster Play! 3 コントロール パネル」をインストールすれば、さまざまなサウンドの設定が行えます。予算をかけず、気軽に音質の向上を楽しみたい方は、本製品をチェックしてみてください。

プリンストン(PRINCETON) ゲーミングサウンドコントローラー ULTRA PLUS UP-USC

ゲームのジャンルに合わせて変更できる3つのイコライザーを搭載しているのが特徴。「3Dモード」を選択すれば、7.1chバーチャルサラウンドに対応するFPSゲームに適したサウンドに設定可能です。

「RPGモード」は低音がより強調されているので、臨場感のあるサウンドが楽しめます。ムービーシーンが多いゲームや壮大なRPGゲームのプレイに適したモードです。3つ目の「VCモード」は、通話中の音声を聞き取りやすくするので、友人などとボイスチャットをしながらゲームをプレイしたい方におすすめ。

入力端子にはUSB Type-A端子を搭載し、出力端子には4極3.5mmステレオミニジャックが搭載されています。パソコンだけでなく、PS4での使用にもぴったりです。本体には、マイクスイッチ・ボリューム調節ボタン・イコライザー切替ボタンを搭載。ゲーム中でも手元で素早く操作できます。

キングストン(Kingston) HyperX AMP USBサウンドカード HX-USCCAMSS-BK

カスタムチューニングされた7.1chバーチャルサラウンドに対応した外付けタイプのサウンドカード。USB端子をパソコンやPS4に接続するだけで、気軽にオーディオのアップグレードができます。

デジタル信号カードにより、ノイズキャンセリング効果が強化されているのもポイントで、よりクリアな音声でボイスチャットを楽しむことが可能。本体のコントロールボックスにはボタン類が搭載されており、音量の調節やマイクのミュートなどの操作が行えます。

また、コントロールボックスの裏側にはクリップを搭載。服やヘッドセットのケーブルなどに挟んで固定できるので便利です。ケーブルの長さは約2m。パソコンやPS4がデスクから離れた位置にあっても問題なく操作しやすい位置にも設置が可能です。ケーブルは布巻タイプなので、絡みにくく、耐久性にも優れています。

エクストリファイ(Xtrfy) 外付けUSBサウンドカード SC1 701092

スウェーデンのゲーミング機器メーカーから発売されている軽量コンパクトな外付けサウンドカードです。カバンなどに入れて持ち運びやすいサイズなので、外出先などでも気軽に高音質なサウンドが楽しめます。

ソフトのインストールや面倒な設定などをすることなく、パソコンやPS4などのデバイスと接続するだけですぐに使い始められるのもメリット。サウンドカードの取り扱いに慣れていない初心者の方にもおすすめのアイテムです。

開発にはスウェーデンの有名なプロフェッショナルeスポーツチームが関わっており、コンパクトかつ比較的リーズナブルながらも、優れた性能を有しています。7.1chバーチャルサラウンドに対応しているのもポイント。コスパに優れ、手軽に使用できるサウンドカードを探している方は、チェックしてみてください。

XROUND コンパクト3Dホームシアター XPUMP XRD-XPAZ

手のひらサイズのコンパクトな外付けサウンドカードで、同社独自の音声信号処理技術「XROUND」が搭載されています。本体のボタンから「スピーカーモード」と「ヘッドホンモード」を切り替えられ、それぞれに最適なサウンドで音声を楽しむことが可能。

音源との接続は、3.5mmステレオミニジャックによるアナログ接続とmicroUSBによるデジタル接続に対応しています。パソコンやPS4だけでなく、スマホなどのモバイル端末との接続にもぴったりです。

また、本体にはバッテリーが内蔵されており、フル充電状態で最大約7時間の連続使用が可能。移動中や旅先など、しばらく電源がとれないような環境でも使用できるのがメリットです。