PCでゲームや音楽を楽しむ方も多いのではないでしょうか。特に最近人気のFPSゲームでは音の情報が重要なだけに、より高音質な環境にこだわりたいところ。そこでチェックしたいのが「サウンドカード」です。

サウンドカードを使えば再生音質の向上・マイク品位の向上などの効果が期待できるので、音にこだわりたい方に最適。そこで今回は、おすすめのサウンドカードを選び方と共にご紹介します。

サウンドカードとは?

By: amazon.co.jp

サウンドカードはPCとUSBポート、もしくは内蔵PCIスロットを繋げてPC内で再生される各種音源を出力するパーツのこと。もともとPCには音を出力する機能が内蔵されていますが、サウンドカードはさらなる音質の向上や入出力の増設などを目的としているアイテムです。価格は1000円程度から高いモノでは20000円程度になります。

サウンドカードの必要性

By: amazon.co.jp

音質面

PCにも内蔵されているのに、なぜわざわざ別にサウンドカードを用意するのでしょうか。それには大きく2つの理由があります。

まず1つは音質向上のためです。PCにもともと内蔵されているオンボードのサウンドカードは実用的に問題のないレベルですが、音質にこだわる方だと物足りなさを感じてしまうことも。その理由としてコスト面・スペース面の制約から音質のよい部品や設計を採れないことが挙げられます。

特に音質に重要な回路は、PC内を飛び交う信号や電源回路の不安定さに大変弱い部分なので、内蔵サウンドはこの影響を受けてノイズが多くなり音の情報量も限られてしまうのが一般的です。サウンドカードはこの点を考慮した設計が採用されているため、ノイズの少ないクリアなサウンドになります。

性能面・機能面

もう1つは性能面・機能面。たとえばハイレゾなどの高音質をPCで再生するためには、24bit/96kHz以上のDA変換能力が必要です。ノイズの少なさを示す指標であるSN比も100dB以上は欲しいところ。これらのスペックはオンボードのサウンドカードでは困難ですが、増設したサウンドカードなら実現可能です。

さらに、近年流行している一人称視点のシューティングゲーム「FPS」もサウンドカードの必要性を高めています。FPSゲームでは、乗り物の音・足音・会話などの幅広い音情報がプレイの質に直結するため、単にクリアに聴こえるというだけでなく前後や上下の立体感があるほど有利になるのがポイントです。

音の立体感を高めるバーチャルサラウンド機能が搭載されたサウンドカードもあるので、FPSを存分に楽しみたい方に適しています。また、チャットやゲーム実況に必要なマイク性能も高いことが多いのも特徴です。

サウンドカードの選び方

外付けタイプか内蔵タイプかをチェック

By: amazon.co.jp

サウンドカードの種類は主に内蔵タイプと外付けタイプに分かれます。内蔵タイプは「PCI Express」と呼ばれる規格で接続するのが特徴。この規格はかつてサウンドカードの主流でしたが、デスクトップPC自体の減少などからモデル数が減っています。どちらかというとFPSゲーム向けの設計の製品を多く揃えているのがポイントです。

一方、USBで接続する外付けのサウンドカードは接続を簡単に行えるのが魅力。コンパクトなサイズのモノが多いほか、バッテリー駆動に対応しているモデルならノートPCの電力を消費しないというメリットもあります。手軽にゲームを楽しんだり、音楽や映画など幅広い用途に使ったりしたい方におすすめのタイプです。

入出力をチェック

By: amazon.co.jp

PCへのデジタル入力、PCへのマイク入力、ヘッドホン出力の3つはPC用サウンドカードなら搭載されています。マイク入力については、PC内のサウンドとミックスできる「再生リダイレクト(ステレオミキサー)」に対応しているとゲームを実況したいときに便利。マイク入力が複数あれば切り替えて使用できます。

光デジタルやアナログ入力があればPC以外の機器でも使えるのが特徴。特にPS4での使用を考えている場合におすすめです。最近のPCには搭載されていない光デジタル音声出力や、さらにはアナログサラウンド出力の有無もポイントとなります。

マイクの使用とサラウンド機能にこだわらず、主に音楽の高音質再生用に探しているのであれば、USB接続型の各種「USB-DAC」もサウンドカードとして使えるのでぜひチェックしてみてください。

サウンドカードのおすすめ人気モデル|外付けモデル

クリエイティブ(Creative) ゲーミングUSBオーディオ Sound BlasterX G5 SBX-G5

PCはもちろんPS4にも使えるゲーム向けのおすすめUSB接続サウンドカード。ハイレゾ音源の再生ができるUSB-DAC機能を搭載しているのがポイントです。

Windows用ソフト「BlasterX Acoustic Engine Pro」を使えば、バーチャル7.1chサラウンドを楽しめます。音質調整機能のひとつである「Scout mode」を使えば、敵の足音などをクリアに表現できるためFPSで活躍。光デジタル入力・ライン入力・マイク入力ができるほか、ヘッドセットにも対応しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ゲーミング&PC用オーディオアンプ 7.1ch GSX 1000

世界的な音響機器メーカーとして知られるゼンハイザーのサウンドカード。ゲーム用としてはもちろん、音楽観賞用・映画観賞用としても使えます。不自然さを感じないナチュラルなサウンドを鳴らせるのが特徴です。

バーチャル7.1chサラウンドに対応しているほか、ゲーム・音楽・映画など用途に応じてサウンドが変えられるイコライザーも内蔵しており、自分好みの音でコンテンツを楽しみたい方に適しています。

Astro Gaming MixAmp Pro TR for PS4

USB入力に加えて、光デジタル入力にも対応しているUSB接続サウンドカード。これによりPCはもちろん、光デジタル出力に対応しているPS4でもヘッドセットの利用ができるため、PCとPS4の両方でゲームを楽しみたい方におすすめです。そのほか、ゲーム音とチャットのボリュームバランスが調整できたり、イコライザーを搭載していたりと役立つ機能を搭載しています。

クリエイティブ(Creative) Sound Blaster Play! 3 SB-PLAY3

コンパクトかつリーズナブルなUSB接続サウンドカード。独自の「SBX Pro Studio」テクノロジーによりさまざまなサウンド設定が可能で、ゲームはもちろん音楽鑑賞や映画鑑賞にも適しています。USBメモリサイズながらハイレゾに対応していたり、ヘッドセットに対応していたりと機能が充実しているおすすめモデルです。

クリエイティブ(Creative) ポータブルゲーミングUSBオーディオ Sound BlasterX G1 SBX-G1

コスパのよいUSB接続サウンドカードを探している方におすすめのモデル。Windows用ソフト「BlasterX Acoustic Engine Pro」を使えば、バーチャル7.1chサラウンドサウンドが楽しめます。FPSに最適な音質モードを搭載しているのも魅力です。

「X-Plus コンフィグレーター」機能もポイント。一度設定しておけば、専用のソフトがインストールできないPCでもサウンド環境を再現できるため、友人宅でゲームをしたいときやゲーム大会などで役に立ちます。

Micolindun USB ゲーミングヘッドセット

リーズナブルなUSB接続サウンドカードを探している方におすすめのモデル。2系統のUSB入力に対応しているほか、3.5mmジャックでのヘッドセット入出力も2系統で端子が充実しています。ドライバーのインストールが必要ないため簡単に使えるのがメリット。コンパクトなので持ち運びたい方にもおすすめです。

XROUND 世界最小ホームシアター XPUMP XRD-XP02

高音質なバーチャルサラウンドが特徴のUSB接続サウンドカード。特許を取得している演算技術「XROUND」により、あらゆる音源を3次元の立体音響としてヘッドホンに出力してくれます。

ゲーム・音楽・映画とそれぞれシチュエーションに合ったサラウンドを自動的に構築するのが特徴。サラウンド効果はスピーカーで再生をした場合にも有効です。

バッテリーが内蔵されているため、接続したスマホや携帯ゲーム機の電池を消耗しないで済みます。ただし、ヘッドセットに対応していないほか、入力がmicroUSB端子なので使用時はご注意ください。

エイスース(ASUS) USBサウンドカード 7.1ch HDサラウンド Xonar U7 MKII

高音質にこだわったUSB接続サウンドカード。ハイレゾ再生と7.1chのサラウンドに対応しています。イコライザー調整が行なえるソフト「Sonic Studio」を同梱しており、自分好みのサウンドにカスタマイズできるのが魅力です。

また、音の方向を画面上で表示してくれる「Sonic Radar Pro」に対応しているため、FPSゲームなどで対戦相手の位置を素早く把握したいときに適しています。

ゼンハイザー(SENNHEISER) ゲーミング&PC用オーディオアンプ 7.1ch GSX 1200 Pro

海外で人気を誇るゲーム競技「e-Sports」での使用を意識したUSB接続サウンドカード。本機は最大8台まで同時接続ができます。サラウンド機能を有効化したまま、チーム内でボイスチャットができるのも特徴です。

独自のバーチャル7.1chサラウンド機能「Sennheiser Binaural Rendering Engine」を搭載しており、臨場感のあるサウンドを楽しめます。

サウンドカードのおすすめ人気モデル|内蔵モデル

クリエイティブ(Creative) ハイレゾ対応 サウンドカード PCIe Sound Blaster Z SB-Z

PCI Express接続による内蔵タイプサウンドカードの定番ロングセラーモデル。高品位なハイレゾ再生に対応しているのが特徴です。

高性能な「Sound Blaster Beamformingマイクロフォン」が付属しているほか、周囲の騒音を低減する「CrystalVoice Noise Reduction」や、集音した音声の大きさを均一化する「CrystalVoice Smart Volume」機能も搭載しています。

クリエイティブ(Creative) ゲーミングサウンドカード Sound BlasterX AE-5 SBX-AE5-BK

多くの音楽専用DACに劣らないスペックの高さで良質なハイレゾ音源を鳴らしてくれるサウンドカード。自社開発のオーディオプロセッサー「Sound Core3D」が搭載されており、多彩な音質エフェクトに対応しています。

サラウンド再生に関しては、主要ゲーム別のモードが用意されており、充実したサウンドでゲームを楽しめるのが特徴です。

「Aurora ReactiveライティングシステムLED」により、サウンドカード本体がライトアップされるため、機能はもちろん見た目にもこだわりたい方に適しています。

エイスース(ASUS) ゲーミング サウンドカード STRIX RAID DLX

高性能・高音質が特徴で、ゲームはもちろん音楽鑑賞にもおすすめのサウンドカード。高性能なオーディオ用DAC「ES9016 SABRE32 Ultra DAC」を搭載しています。

音の再現性に優れており、敵の足音をいち早く聞き取れるのがポイントです。また、7.1chバーチャルサラウンド再生にも対応しています。

クリエイティブ(Creative) ハイレゾ対応サウンドカード Sound Blaster Audigy Fx PCI-e SB-AGY-FX

リーズナブルでありながらも十分な機能性を備えているサウンドカード。「SBX Pro Studioテクノロジー」搭載により、ヘッドホンでもスピーカーでもバーチャルサラウンド再生ができます。マイク入力に対応しているため、ゲーム実況にも使えるのが特徴です。定評メーカーなので動作も安定しています。

エイスース(ASUS) ゲーミングサウンドカード STRIX RAID PRO

FPSゲームに役立つ機能が豊富に搭載されているサウンドカード。ゲーム内で聞こえた音の方向を画面上に表示する「Sonic Radar Pro」機能に対応しています。足音や銃声がする方向をすぐに確認できるため、敵の位置を把握しやすいのが特徴です。

付属のコントロールボックスを使えば、手元で音量・音質・サラウンド調節ができます。専用のソフト「Sonic Studio」でサウンドを細かく設定できるのも魅力です。

クリエイティブ(Creative) ハイレゾ対応サウンドカード Sound Blaster Audigy Rx PCI-e SB-AGY-RX

ゲーム実況をしたい方におすすめのサウンドカード。PC内のサウンドとマイクの音声をミックスさせて同時録音する「ステレオミックス機能」が搭載されています。マイクで録音した音声には、専用ソフトでリバーブやピッチシフトなどのエフェクトをかけることが可能です。

2系統のマイク入力が搭載されているため、友だちと2人でゲーム実況をしたいときに最適。サウンドカードとしてのスペックも高いので、ゲームはもちろん音楽鑑賞や映画鑑賞も楽しみたい場合はぜひチェックしてみてください。

エイスース(ASUS) ハイレゾ対応ゲーマー向けPCIeサウンドカード Xonar AE

コスパが高いゲーム用のサウンドカード。専用ソフト「Sonic Studio」を使えば、サラウンド調節・再生音質調節・マイク音質調節ができます。設定を個別に保存できるため、ゲームに合わせたサウンドをすぐに呼び出せて便利です。ハイレゾ再生にも対応しています。

サウンドカードのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サウンドカードのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。