健康志向の高まりによって、注目度がアップしている「スロージューサー」。スロージューサーで作ったジュースはコールドプレスジュースとも呼ばれており、従来のミキサーやジューサーに比べて上質な100%ジュースを作れるのが特徴です。さらに、栄養素を豊富に摂取できるので、健康志向のユーザーからも支持されています。

そこで今回は、スロージューサーのおすすめ機種をご紹介。クビンスやヒューロムなどの有名ブランドを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーとは?

51gw7hv45ul

By: amazon.co.jp

スロージューサーとは、従来のミキサーよりも低速で食材を搾れる家電製品です。ミキサーは金属製のブレードが高速回転することで、食材を一気に細かく砕きます。一方、スロージューサーはスクリューの回転数が1分間のうちに40~60回と、ゆっくりと回転することで食材を圧縮しながらすり潰す仕組みです。

スロージューサーのメリット

野菜や果物の栄養素を壊しにくい

By: amazon.co.jp

スロージューサーのメリットは、野菜や果物の栄養素をあまり壊さずに摂取できる点です。ブレードを高速で回転させ遠心力で搾りカスを分離させていく「高速式」では、回転時に発生する摩擦熱によって、熱に弱い栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

一方、じっくりと搾り出されるスロージューサーは、熱の発生量が少ないぶん栄養素の破壊も少なく、生きたままの酵素を残しやすいのが特徴。野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素を高速式で作ったジュースよりも摂取しやすくなるのが魅力です。

味がよくて飲みやすい

By: siroca.co.jp

スロージューサーは稼働時における空気のかくはんが抑えられるので、食材の酸化予防にも効果的です。そのため、食材の旨味や甘味をより感じやすくなるのがポイント。

また、野菜や果物のポテンシャルを十分に引き出せるので、美味しく楽しめます。さらに、搾りカスと水分を分離し、繊維質が取り除かれるため、なめらかでサラっとした喉ごしになるのも特徴です。

動作音が静か

By: amazon.co.jp

ジューサーやミキサーはある程度動作音が発生します。集合住宅に住んでいる方など、時間帯によっては迷惑になる恐れがあるため注意が必要です。

一方、スロージューサーは低速回転のためあまり動作音が発生しません。時間帯や住居の形態にかかわらず、気兼ねなく使えるのもスロージューサーのメリットです。

スロージューサーのデメリット

面倒なことが多い

51hcu6dkibl

By: amazon.co.jp

スロージューサーのデメリットは、部品が多くお手入れがしにくい機種が多い点。お手入れの度にパーツの分解、洗浄、組み立てなどが必要なモノもあります。使用後きちんとお手入れをしないと、材料が詰まって動作が止まってしまうこともあるため、使う頻度や洗浄の手間などを購入前に検討しておきましょう。

また、搾り終えるのに時間がかかるため、すぐに飲みたい場合には不向きです。さらに、材料の下準備も必要で、にんじん1本をそのまま入れるといったことは、一部の例外機を除いてできません。ある程度の大きさにカットしてからスロージューサーにかける必要があります。

高価かつサイズも大きめ

By: amazon.co.jp

スロージューサーは高速式のジューサーやミキサーに比べて高価なのもデメリット。安いモノでも1万円以上する製品がほとんどです。また、機種によって搾れる材料が異なるので、価格だけで選ぶのはおすすめしません。

加えて、複雑な機構ゆえにサイズも大きく場所を取りがち。そのため、設置スペースを確保しておく必要があります。

搾れない食材もある

41wy7uxvhhl

By: amazon.co.jp

高速式なら搾れる食材でもスロージューサーでは使用できないモノがあります。具体的には、山芋や納豆などの粘り気の強い食材や、氷や冷凍品といった硬い食材です。機種によっても異なるので、自分が使用したい食材に対応しているかを事前に調べておきましょう。

なお、なんとか搾れたと思っても、上手く水分と搾りカスに分離できていない場合もあります。ジュースの美味しさや故障の原因にも影響してくるので、機種に合わない材料は無理に入れないようにしましょう。

スロージューサーのおすすめ

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー 低温圧搾方式 サイレントジューサー EVO-800

8.2cmのワイドな投入口とロングスクリュー設計が特徴のスロージューサー。投入口が大きく、食材を細かく切る手間を短縮できるため、朝の忙しい時間にも手軽に使えます。また、スクリュー部分にブレードを搭載していないため、食材を加工する際に摩擦熱が発生せず、栄養素の損失を最小限に抑えられるのも魅力です。

お手入れの簡単さもポイント。ジュースの排出キャップを閉じて水を注ぎ、1分間作動させるだけで簡単に洗浄できます。搾りカスの排出口も広く、隙間に残る繊維質の量を削減。こちらも簡単に洗えるので、いつでも清潔に使えます。

また、スロージューサーを用いたレシピや、ジュースを絞った後の搾りカスを用いたレシピを収録したレシピブックも付属。食材を余すことなく料理に使えるので、生ごみの削減にも役立ちます。初めてスロージューサーを使う方にもおすすめの製品です。

ヒューロム(HUROM) ジューサー H2Y

円柱型を採用したコンパクトなスロージューサー。円柱形で安定しているので、ブレることなくしっかりと野菜や果物を擦りおろせるのが特徴です。

材料は製品上部から投入する仕様で、小分けするのがコツ。硬い食材と柔らかい食材をミックスさせる場合は、それぞれ交互に入れていくとスムーズに対応できます。

搾りカスと水分は分離され、なめらかでサラっとしたジュースに仕上がるのもポイント。それぞれ専用のカップが用意されているので、お手入れも簡単です。

サイズは198×401×180mmで、重さは4.6kg。専用のスタンドは同梱されているので、洗い終わった部品を乾燥させる際にも便利です。気軽に扱えるモデルなので、スロージューサーの使用を習慣化したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

シンプルな設計で直感的に組み立てられるスロージューサー。シンプルで使いやすいため、初めて使用する方にもおすすめです。

一般的なスロージューサーは、フィルターにメッシュを採用していますが、本製品は2つの樹脂製フィルターを使用する「分離搾汁方式」を採用。それぞれのフィルターは隙間が大きく開いているため、メッシュのように搾りカスが詰まる心配がなく、水でサッと洗い流すだけで簡単に汚れが取れます。

さらに、食材の水分を最後まで搾り切れる「リフトレバー」を搭載しており、フィルターが変わっても搾汁量は変わりません。リフトレバーを上げれば搾りカスも簡単に掃除できます。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

1台で3役こなせる人気のスロージューサーです。新鮮なコールドプレスジュースはもちろん、付属の「フローズンデザートストレーナー」を使用することでフローズンデザートも手軽に作れます。また、別売りの「スムージーストレーナー」を使用するとおいしいスムージーも楽しめるのも魅力です。

食材の投入口が広い設計なので、果物や野菜を丸ごと投入しやすいのもメリット。食材をカットする手間が省けるため気軽に使えます。

また、ジュースの注ぎ口に独自の「多機能スマートキャップ」を採用しているのもポイントです。直接グラスへジュースを1杯ずつ注いだり、閉めたまま複数の食材を組み合わせてミックスジュースを作ったりと便利に使えます。

さらに、オリジナルのレシピブックも付属。ジュースだけでなくさまざまなメニューを作りたい方におすすめの製品です。

クビンス(Kuvings) サイレントジューサー JSG-620

クビンス(Kuvings) サイレントジューサー JSG-620

コストを抑えてクビンスのスロージューサーを試してみたい方におすすめのモデルです。ほかのモデルと異なり食材の投入口が狭く、食材を丸ごと投入できないぶんリーズナブルなのが魅力。食材をカットする手間が気にならない方におすすめです。

投入口には取り外し可能な漏斗状のホッパーが付いており、食材を置いて準備しておくことが可能。注ぎ口には「多機能スマートキャップ」を採用しているため、作ったジュースを直接1杯ずつ注げるうえミックスジュースも作れます。

また、誤作動防止機能を搭載しており、安全に配慮されているのもポイント。各パーツを正しくセットしないと電源が入らない仕様なので安心して使えます。エントリーモデルとしてもおすすめのスロージューサーです。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー・プロ CS520SM

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー・プロ CS520SM

頻繁にスロージューサーを使いたい方におすすめのハイスペックモデルです。長時間の使用に耐えうる高性能なモーターを搭載しており、24時間連続で使用できるのが特徴。パーティーやお祭りなどのイベントにもおすすめです。

食材の投入口には直径8.8cmの「ワイドフラップゲート」を採用。野菜や果物をそのまま投入できるので、簡単に上質なジュースを作れます。また、葉物野菜用の「チューブ投入口」も搭載しており、食材の形状に合わせて2つの投入口を使い分けられるため便利です。

ジュースをためるドラムの容量が500mlと大きいのもメリット。一度にまとまった量の野菜や果物を搾汁できます。リンゴなら1時間あたり約300個搾れるので、大量調理の用途にもおすすめです。パワフルなスロージューサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-AA-BBA17

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-AA

コールドプレスジュースだけでなく幅広いメニューを作れるスロージューサーです。搾りカスをこすストレーナーが3種類付属しており、おいしいスムージーやフローズンデザートも手軽に作れるのが特徴。ほかにはスープやディップ、ソースなども作れるので、スロージューサーを多彩な調理へ活用したい方におすすめです。

独自の「ダブルスクリュー」が毎分40回転し、食材の細胞を壊すことなく手搾りのように搾汁できるのもポイント。本体サイズは幅18×奥行22.3×高さ40.7cmで、重量は4.8kgであり、比較的スリムかつ軽量なのも魅力です。

また、外装はモダンな印象を与えるマットなブラック仕上げで、スタイリッシュにキッチンへ設置することが可能。さらに、多くのパーツが低温での食洗機洗浄に対応しており、手軽にお手入れを行えます。多機能タイプの人気モデルとして、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L400

パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L400

手軽に使えるシンプルなスロージューサーとしておすすめの製品です。毎分45回転の「低速圧縮絞り方式」によって、栄養たっぷりのコールドプレスジュースを簡単に作れます。また、「分散型圧縮構造」を採用しており、硬い食材も最後まで搾り切れるよう設計されているのもポイントです。

ストレーナーには独自の「さらさらフィルター」が付属しており、舌触りのよいジュースを作ることが可能。本体サイズは約幅19×奥行18×高さ43cm、重量は約4kgと比較的キッチンに設置しやすいのも魅力です。

また、便利なレシピブックも付属しています。スロージューサーのエントリー機としてもおすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L600

パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L600

3種類のアタッチメントが付属している汎用性の高いスロージューサーです。「さらさらフィルター」のほかに「あらごしフィルター」と「フローズンアタッチメント」が同梱されています。コールドプレスジュースだけでなく、とろりとした濃厚なジュースやフローズンデザートなども気軽に楽しめるのが魅力です。

レパートリーが広がるレシピブックも付属。本体サイズは約幅19×奥行18×高さ43cmと比較的スリムであり、キッチンやダイニングテーブルの設置スペースが気になる方にもおすすめです。大手国内メーカーによる多機能タイプのスロージューサーとして、ぜひ検討してみてください。

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

リーズナブルで使いやすいスロージューサーです。シンプルな構造に設計されており、本体にタンク・フィルター・スクリューを順にセットするだけで使用できます。スクリューと各フィルターは食洗機で簡単に洗浄できるので、組み立てやお手入れが簡単なモデルを探している方におすすめです。

本体サイズは約幅15×奥行18×高さ42cmで、重量はわずか約3.3kg。コンパクトかつ軽量なので、場所を取らずに収納や設置を行えます。また、ジュース用フィルターをフローズン用フィルターに付け替えると、フローズンデザートも調理可能。日本の住宅に適したコスパの高いスロージューサーです。

シャープ(SHARP) ヘルシオグリーンプレッソ スロージューサー EJ-GP1

シャープ(SHARP) ヘルシオグリーンプレッソ スロージューサー EJ-GP1

葉物野菜も搾れるシャープのスロージューサーです。繊維質が多い小松菜やセロリなどの野菜も刻まずに搾れるので、青汁を手作りできるのが魅力。生姜などのやや硬い食材や大豆などの小さくて搾りにくい食材もしっかりと搾汁できるため、生姜の絞り汁や豆乳など、幅広いメニューを作れて便利です。

濃厚でなめらかなコールドプレスジュースはもちろん、フローズンデザートも調理可能。また、多くのパーツが食洗機で洗浄できるので、お手入れも容易です。

本体サイズは約幅13×奥行20×高さ46cmとスリムであり、キッチンに設置しやすいのもメリット。さまざまな食材に対応できるスロージューサーとしておすすめです。

ゼンケン(ZENKEN) マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-D1

ゼンケン(ZENKEN) マルチジューサー&クッカー ベジフル ZJ-D1

クッカー機能を搭載した便利なスロージューサーです。食材を搾るほかに、おろす・挽く・練る・混ぜるの調理機能を搭載しているのが特徴。多彩なノズルとストレーナーを使い分けることで、大根おろしやふりかけ、うどん、アイスクリームなども作れます。

また、ジュース作りの際は搾汁と同時にできあがったジュースと搾りカスが放出されるので、連続で搾汁できるのもポイント。一度に大量のジュースを作りたい方にもおすすめです。1台でさまざまな調理を行えるスロージューサーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーのおすすめレシピ

小松菜・リンゴ・レモンジュース

免疫力を高めたい冬場におすすめのレシピです。りんごに小松菜とレモンを加えることで、ビタミン・βカロテン・カルシウムなどを豊富に摂取できます。

作り方としては、まずリンゴの種と芯を取り除いてスロージューサーに入れられるサイズにカット。同様に小松菜も3cm程度にカットし、レモンは皮と種を取り除いてスライスします。そして、りんごと小松菜を交互に入れていき、ジュースが絞れたら最後にレモンを入れて完成です。

オレンジマーマレード

スロージューサーを使う際に必ず生じる搾りカスは、アイデア次第で貴重な食材としても活用できます。オレンジジュースの搾りカスを活用するオレンジマーマレードはその定番。

作り方は非常に簡単。まずオレンジの皮を3~4cm程度の長さに薄切りにし、鍋で10分程度茹でてアクを抜きます。そこに、スロージューサーで出たオレンジジュースの搾りカス・オレンジジュース・砂糖・はちみつ・レモン汁・水を加えて煮詰めれば完成です。