健康志向の高まりによって注目度がアップしている「スロージューサー」。スロージューサーで作ったジュースは「コールドプレスジュース」とも呼ばれており、従来のミキサーやジューサーに比べて上質な100%ジュースを作れるのが特徴です。さらに、栄養素を豊富に摂取できるので、健康志向のユーザーからも支持されています。

そこで今回は、スロージューサーのおすすめモデルをご紹介。クビンスやヒューロムなど人気のメーカーを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーとは?

By: huromjapan.com

スロージューサーとは、従来のミキサーよりも低速で食材を搾れる家電製品です。ミキサーは金属製のブレードが高速回転することで、食材を一気に細かく砕きます。

一方、スロージューサーはスクリューの回転数が1分間のうちに40~60回とゆっくりと回転することで、食材を圧縮しながらすり潰す仕組みです。

スロージューサーのメリット

野菜や果物の栄養素を壊しにくい

By: amazon.co.jp

スロージューサーのメリットは、野菜や果物の栄養素をあまり壊さずに摂取できる点です。ブレードを高速で回転させ、遠心力で搾りカスを分離させていく「高速式」では、回転時に発生する摩擦熱によって熱に弱い栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

一方、じっくりと搾り出されるスロージューサーは、熱の発生量が少ないぶん栄養素の破壊も少なく、生きたままの酵素を残しやすいのが特徴。野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素を高速式で作ったジュースよりも摂取しやすくなるのが魅力です。

味がよくて飲みやすい

By: siroca.co.jp

スロージューサーは稼働時における空気のかくはんが抑えられるので、食材の酸化予防にも効果的です。そのため、食材の旨味や甘味をより感じやすくなるのがポイント。

また、野菜や果物のポテンシャルを十分に引き出せるので、美味しく味わえます。さらに、搾りカスと水分を分離して繊維質が取り除かれるため、なめらかでサラっとしたのどごしになるのも特徴です。

動作音が静か

By: huromjapan.com

ジューサーやミキサーはある程度の動作音が発生するため、時間帯によっては迷惑になる恐れがあります。

一方、スロージューサーは低速回転のため、あまり動作音が発生しません。時間帯にかかわらず、気兼ねなく使えるのもスロージューサーのメリットです。

スロージューサーのデメリット

面倒なことが多い

By: rakuten.co.jp

スロージューサーのデメリットは、部品が多くお手入れがしにくい機種が多い点。お手入れの度にパーツの分解や洗浄、組み立てなどが必要なモノもあります。使用後きちんとお手入れをしないと、材料が詰まって動作が止まってしまうこともあるため、使う頻度や洗浄の手間などを購入前に検討しておきましょう。

また、搾り終えるのに時間がかかるため、すぐに飲みたい場合には不向きです。さらに、材料の下準備も必要で、にんじん1本をそのまま入れるといったことは、一部の例外機を除いてできません。ある程度の大きさにカットしてからスロージューサーにかける必要があります。

高価かつサイズも大きめ

By: amazon.co.jp

スロージューサーは高速式のジューサーやミキサーに比べて高価なのもデメリット。安いモノでも1万円以上する製品がほとんどです。また、機種によって搾れる材料が異なるので、価格だけで選ぶのはおすすめしません。

加えて、複雑な機構ゆえにサイズも大きく場所を取りがち。そのため、設置スペースを確保しておく必要があります。

搾れない食材もある

高速式なら搾れる食材でもスロージューサーでは使用できないモノがあります。具体的には、山芋や納豆などの粘り気の強い食材や、氷や冷凍品といった硬い食材です。機種によっても異なるので、自分が使用したい食材に対応しているかを事前に調べておきましょう。

なお、なんとか搾れたと思っても、上手く水分と搾りカスに分離できていない場合もあります。ジュースの美味しさや故障の原因にも影響してくるので、機種に合わない材料は無理に入れないようにしましょう。

スロージューサーの選び方

形状をチェック

縦型

By: amazon.co.jp

縦型のスロージューサーは、スリムで場所を取らないのが魅力です。横型に比べると軽量で、収納時や持ち運びもスムーズ。コンパクトなキッチンやカウンターでも気軽に使用できるので、一人暮らしの方におすすめです。

ただし、なかには繊維の多い野菜は小さく切ってから入れることが必須のモデルもラインナップされています。果物や繊維の少ない野菜を使ってフレッシュなジュースを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

横型

By: amazon.co.jp

横型のスロージューサーは、一度にたくさんのフレッシュなジュースを作れるのがポイント。縦型に比べるとサイズが大きめなので、事前に置き場所を確保しておきましょう。

ケールやセロリなど繊維の多い野菜にも対応するため、食材を下ごしらえする手間を省けるのが魅力。健康に配慮して毎朝青汁などを楽しみたい方に適しています。

投入口は大きいものが便利

By: amazon.co.jp

食材の投入口のサイズも要チェック。投入口が小さいと、サイズに合わせて食材をカットする必要があり、手間がかかります。直径6cm以上の投入口を採用しているタイプがおすすめです。

きゅうりやバナナなどスティックタイプの素材なら、そのまま投入できます。りんごなどの大きな果物は、6等分程度にすればジュースを作ることが可能。

また、お手入れのしやすさにも繋がるので、スムーズに後片付けしたい方は投入口が大きいタイプを選んでみてください。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: kuvings.jp

スロージューサーを選ぶときは、お手入れのしやすさも重要。素材の繊維やカスが詰まりやすいため、しっかり洗浄する必要があります。そのため、パーツを取り外しやすいタイプが便利。さらに、パーツが少ないと洗う手間が軽減できます。

食洗器に対応しているタイプなら、分解したパーツをそのまま食洗器に入れられるので後片付けがスムーズ。スロージューサーを頻繁に使う方は、お手入れのしやすさも考慮して選んでみてください。

スロージューサーのおすすめ

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー 低温圧搾方式 サイレントジューサー EVO-800

8.2cmのワイドな投入口とロングスクリュー設計が特徴のスロージューサー。投入口が大きく、食材を細かく切る手間を短縮できるため、朝の忙しい時間にも手軽に使えます。また、スクリュー部分にブレードを搭載していないため、食材を加工する際に摩擦熱が発生せず、栄養素の損失を最小限に抑えられるのも魅力です。

お手入れの簡単さもポイント。ジュースの排出キャップを閉じて水を注ぎ、1分間作動させるだけで簡単に洗浄できます。搾りカスの排出口も広く、隙間に残る繊維質の量を削減。こちらも簡単に洗えるので、いつでも清潔に使えます。

また、スロージューサーを用いたメニューや、ジュースを絞った後の搾りカスを用い料理の作り方を収録したレシピブックも付属。食材を余すことなく料理に使えるので、生ごみの削減にも役立ちます。初めてスロージューサーを使う方にもおすすめの製品です。

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

シンプルな設計で直感的に組み立てられるスロージューサー。シンプルで使いやすいため、初めて使用する方にもおすすめです。

一般的なスロージューサーは、フィルターにメッシュを採用していますが、本製品は2つの樹脂製フィルターを使用する「分離搾汁方式」を採用。それぞれのフィルターは隙間が大きく開いているため、メッシュのように搾りカスが詰まる心配がなく、水でサッと洗い流すだけで簡単に汚れが取れます。

さらに、食材の水分を最後まで搾り切れる「リフトレバー」を搭載しており、フィルターが変わっても搾汁量は変わりません。リフトレバーを上げれば搾りカスも簡単に掃除できます。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

ワイドな投入口が特徴のスロージューサーです。独自の特許技術による投入口を搭載しているため、野菜や果物を丸ごと投入しやすく、食材をカットする手間を省けるのが魅力。低速回転で石臼のように圧力をかけてゆっくりとすり潰すので、栄養素をキープしながらフレッシュなジュースが作れます。

「多機能スマートキャップ」により、複数の食材を混ぜ合わせたミックスジュースを手軽に作れるのもポイント。標準のストレーナー以外にも、冷凍フルーツに使える「フローズンデザートストレーナー」が付属しています。さらに、80種類以上のレシピが掲載されたオリジナルレシピブック付き。ジュースはもちろん、フローズンデザートなど豊富なメニューが楽しめます。

安全性にも配慮されており、各パーツが正しくセットできていないと電源が入らない設計を採用。ストレーナーをスムーズに洗浄できるブラシも付属しています。使い勝手のよいスロージューサーを探している方におすすめのモデルです。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー EVO-820

スタイリッシュなデザインで人気のスロージューサー。高級感のあるレザーパターンとマットカラーを採用し、キッチン周りを華やかに彩ります。投入口は8.2cmと広く、小さめのりんごならそのまま投入可能。食材を細かくカットする手間を軽減し、栄養素の損失を最小限に抑えます。

さらに、食材を投入する際の安全性に配慮された「デュアルフラップゲート」を搭載。丸い食材を投入するときは「フラップゲート」、細長い食材や葉物野菜を投入するときは「ダイレクト投入口」を使用するなど、食材に合わせて使い分けられます。

ドラム部分にはトライタン素材を、スクリューとストレーナーには耐久性に優れたウルテム素材を採用。各パーツが正しくセットできていないと電源が入らない設計で、安全性にも配慮されています。おしゃれで使いやすいスロージューサーを探している方は、チェックしてみてください。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー・プロ CS520SM

長時間の連続使用ができるスロージューサーです。投入口の直径は8.8cmと広く、りんごや皮を剥いたオレンジなど丸ごと投入可能。食材をカットする手間を省き、栄養素の損失を最小限に抑えます。

クビンス独自のハイパワーモーターを搭載し、24時間連続使用できるのもポイント。たっぷり搾汁できる500mlの大容量ドラムを採用しているため、ホームパーティーなどでも活躍します。

各パーツが正しくセットできていないと電源が入らないので、安心して使用可能。さらに、低速でゆっくりと回転するオリジナルモーターを搭載し、音にも配慮されています。一度にたくさんのフレッシュジュースを作りたい方におすすめの製品です。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-AA

450mlのジュースが作れる、ヒューロムのスタンダードモデルです。幅18cmのスリム仕様で、キッチン周りやカウンターなどに収まりやすいのが魅力。

独自のひねりが刻まれた「ダブルスクリュー」が、1分間に40回の低速回転で手搾りを再現。栄養素をキープしながら、フレッシュで濃厚なジュースを作れます。静音性にも優れているので、時間を問わず使用可能。細目のストレーナーと粗目のスムージーストレーナー、凍った食材用のフローズンストレーナーが付属しており、食感の違うドリンクを楽しめます。

ボディには汚れを拭き取りやすい素材を採用。パーツは取り外して洗浄でき、ほとんどが食洗器に対応しています。二人暮らしや家族で利用したい方、お手入れの簡単なスロージューサーを探している方におすすめです。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-200

大きな投入口を採用し、1度にたくさんのジュースが作れるスロージューサー。ホッパーの内径は13.6cmと大きいため、りんごやトマトなどの食材を丸ごと入れられます。

新設計の回転刃がホッパー内部の材料を切断し、ドラム部分へ押し出す仕組みを採用。食材を入れてキャップを閉じ、スイッチを押すだけで簡単にフレッシュなジュースが作れます。1分間に50回の低速で回転するスクリューにより、摩擦熱の発生を軽減し、栄養素の損失を最小限に抑えられるのも魅力。

低ノイズモーターを搭載しているので、早朝や夜遅い時間でも周囲を気にせず使用できます。独自に設計されたフィルターは水でサッと洗い流せるため、お手入れも簡単。パーツは食洗器に対応しています。

シンプルな設計で組み立てもスムーズ。一度に作る量の多い方や、事前の手間を省きたい方におすすめのスロージューサーです。

パナソニック(Panasonic) ビタミンサーバー 低速ジューサー MJ-L600

3種類のアタッチメントにより、口当たりの異なる食感を楽しめるスロージューサー。「さらさらフィルター」なら栄養満点のコールドプレスジュース、「あらごしフィルター」なら濃厚なとろみのあるジュースを作れます。

さらに、「フローズンアタッチメント」を使えば、凍らせた食材からフローズンスイーツを楽しめるのも魅力。ドレッシング作りやポタージュ作りなど、幅広く活用できます。

本製品は「低速圧縮絞り方式」を採用し、スクリューを1分間に45回ゆっくり回転させて、食材を圧縮しながらすりつぶす仕組み。空気を含みにくいため、栄養素たっぷりのなめらかな仕上がりが魅力です。

便利なレシピブックが付属しており、絞りカスを使ったアレンジ料理にも挑戦できます。好みに合わせて食感を変えたい方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) ヘルシオグリーンプレッソ スロージューサー EJ-GP1

葉物野菜を刻まず絞れるのが魅力のスロージューサーです。水分が少なく、繊維質の多い小松菜やほうれん草、セロリなども葉物野菜に適したモードを選べば刻まずに搾れ、自宅で簡単に青汁が作れます。

「低速圧縮絞り」を採用しているため、空気の混入が少なく酸化を抑え、食材の栄養素を活かせるのもポイント。
コールドプレスジュースやスムージー、さらには「フローズン用アタッチメント」に付け替えればフローズンデザートも楽しめます。

違う食材を続けて搾るときには、タンクを本体にセットした状態で水を注いで搾りカスを洗浄できて便利。ジュースのしずく垂れを防ぐジュースストッパーも付いています。

本体サイズは幅12.7×奥行19.5×高さ46cmとスリムで、コンパクトなキッチンやテーブルにも設置可能。金属刃を使用していないためお手入れが簡単で、パーツは食洗器にも対応しています。青汁を楽しみたい方はチェックしてみてください。

シャープ(SHARP) ヘルシオジュースプレッソ スロージューサー EJ-CF10A

フローズンも楽しめるシャープのスタンダードモデル。「低速圧縮絞り」を採用し、食材の味や栄養素をそのままに濃厚でなめらかなジュースを作れます。さらに、「フローズン用アタッチメント」に付け替えることで、凍った食材を使ったフローズンデザート作りも可能。大根おろしやすりごま、おろし生姜など薬味作りにも活用できます。

金属の刃を使用しない分離型スクリューを採用しているため、お手入れや調理時に手を切る心配がないのも魅力。メッシュフィルターは取り外して丸洗いでき、食洗気にも対応しています。

ジュースキャップが付属し、注ぎ口に取り付けることでジュースのしずくが垂れにくい設計。シンプルでお手入れしやすいスロージューサーを探している方におすすめです。

ゼンケン ベジフル ZJ-D1

静音性に優れた横型タイプのスロージューサーです。「低速回転スクリュー方式」を採用しているため、栄養素を損なわずにフレッシュなジュースを作れます。搾りカスは、内部で詰まることなく専用カップに収納され、料理にも活用可能。

スクリュー・ノズル・ストレーナーは簡単に分解でき、専用ブラシで水洗いできます。刃がないので、安全にお手入れできるのも魅力です。

ジュースだけでなく、おろす・挽く・練る・混ぜる機能を搭載。うどんやアイスも作れます。各種ノズルとストレーナーを組み合わせることで、料理の下ごしらえをサポート。ジュース以外にも多彩な調理に挑戦したい方はチェックしてみてください。

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

比較的安い価格で購入できる使い勝手のよいスロージューサーです。本体にタンク・フィルター・スクリューを順番にセットするだけで使用できます。低速で圧搾するため栄養素や酵素をキープしやすく、分離しにくい濃厚なジュースを作れるのが魅力。フローズン用フィルターに付け替えれば、凍った食材も使用でき、フローズンデザートも楽しめます。

フィルターは扱いやすいフラット型を採用。網目に詰まった食物繊維の掃除が簡単なのもポイントです。なお、フィルターとスクリューは食洗機にも対応。本体サイズは約幅14.5×奥行18×高さ41.5cmとスリムかつコンパクトなので、置き場所に困りません。重量はわずか3.3kgと軽量で、場所の移動もスムーズ。

専用のレシピブックが付属し、多彩なメニューを楽しめます。シンプル設計で使いやすいスロージューサーを探している方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRISOHYAMA) スロージューサー ISJ-56

1台で3種類の楽しみ方ができるリーズナブルなスロージューサーです。「低速圧縮絞り方式」を採用し、石臼用のスクリューでゆっくりと回転させながら潰すので、手で絞ったようなジュースに仕上がるのが魅力。

「細メッシュフィルター」を使えば食材の繊維質を取り除いたフレッシュジュース、「粗メッシュフィルター」を使えば食材の繊維質も丸ごと摂れるスムージー、「フローズンデザート用アタッチメント」を使えば、凍らせた果物で手軽にフローズンデザートを作れます。

フタをロックしていないと作動しないなど、安全面にも配慮。パーツはすべて丸洗いでき、果汁の注ぎ口はパッキンまで取り外して洗えるので清潔に使えます。安い価格帯でお手入れしやすく、スロージューサーを初めて購入する方にもおすすめです。

AMZCHEF コールドプレスジューサー

静音性に配慮された横型タイプのスロージューサーです。低速モーターを使用し、果物や野菜の栄養価をキープしながらフレッシュなジュースを作れます。シルバーグレーのスタイリッシュなデザインも魅力。

パーツは取り外して丸洗いでき、食洗器にも対応しているのでお手入れも簡単です。専用のクリーニングブラシも付属しています。使いやすい静音タイプのスロージューサーを探している方はチェックしてみてください。

CalmDo ポータブルスロージューサー

コードレスで使えるコンパクトなスロージューサーです。USB充電式のため、電源がない場所やコードが届かない場所でも利用でき、アウトドアやオフィスでも活躍。ゆっくり回転させながら擦りつぶす「低速圧縮絞り」を採用し、さらさらとした食感のコールドプレスジュースが作れます。

パーツは簡単に取り外せて丸洗いできるので、お手入れもスムーズ。本体サイズは、幅9.6×奥行9.6×高さ27.9cmとコンパクトで置き場所にも困りません。重量はわずか0.95kgと軽く、持ち運びにも便利。自宅以外でも使える、リーズナブルなスロージューサーです。

スロージューサーのおすすめレシピ

小松菜・リンゴ・レモンジュース

免疫力を高めたい冬場におすすめのレシピです。りんごに小松菜とレモンを加えることで、ビタミン・βカロテン・カルシウムなどを豊富に摂取できます。

作り方としては、まずリンゴの種と芯を取り除いてスロージューサーに入れられるサイズにカット。同様に小松菜も3cm程度にカットし、レモンは皮と種を取り除いてスライスします。そして、りんごと小松菜を交互に入れていき、ジュースが絞れたら最後にレモンを入れて完成です。

オレンジマーマレード

スロージューサーを使う際に必ず生じる搾りカスは、アイデア次第で貴重な食材としても活用できます。オレンジジュースの搾りカスを活用するオレンジマーマレードはその定番。

作り方は非常に簡単。まずオレンジの皮を3~4cm程度の長さに薄切りにし、鍋で10分程度茹でてアクを抜きます。そこに、スロージューサーで出たオレンジジュースの搾りカス・オレンジジュース・砂糖・はちみつ・レモン汁・水を加えて煮詰めれば完成です。