健康志向の高まりによって、注目度がアップしている「スロージューサー」。スロージューサーで作ったジュースはコールドプレスジュースとも呼ばれており、従来のミキサーやジューサーに比べて上質な100%ジュースを作れるのが特徴です。さらに、栄養素を豊富に摂取することができるので、健康志向のユーザーからも支持されています。

そこで今回は、スロージューサーのおすすめ機種をご紹介。ヒューロムやクビンスなどの有名ブランドを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーとは?

51gw7hv45ul

By: amazon.co.jp

スロージューサーとは、従来のミキサーよりも低速で食材を搾ることができる家電製品です。ミキサーは金属でできたブレードが高速回転することで、食材を一気に細かく砕きます。一方、スロージューサーはスクリューが1分間のうちに40~60回程度ゆっくりと回転することで、食材を圧縮しながらすり潰していくという仕組みです。

スロージューサーのメリット

野菜や果物の栄養素を壊しにくい

By: amazon.co.jp

スロージューサーのメリットは、野菜や果物の栄養素をあまり壊さずに摂取できることです。

金属製の刃を高速で回転させ遠心力で搾りカスを分離させていく「高速式」では、回転時に発生する摩擦熱によって、熱に弱い栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

一方、じっくりと搾り出されるスロージューサーは、熱の発生量が少ない分栄養素の破壊も少なく、生きたままの酵素を残せるのが特徴です。野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素は、美容・健康にも効果があります。

味がよくて飲みやすい

By: siroca.co.jp

スロージューサーは稼働時における空気のかくはんが抑えられるので、食材の酸化防止にも効果的。そのため、食材の旨味や甘味をより感じることが可能です。

また、野菜や果物のポテンシャルを十分に引き出せるので、より健康を意識したジュースに仕上がります。さらに、搾りカスと水分を分離し、繊維質が取り除かれるため、なめらかでサラっとした喉ごしになるのも特徴です。

動作音が静か

By: amazon.co.jp

ジューサーやミキサーはある程度動作音が発生します。集合住宅に住んでいる方など、時間帯によっては迷惑になる恐れがあるため注意が必要です。

一方、スロージューサーは低速回転のためあまり動作音が発生しません。時間帯や住居の形態にかかわらず、気兼ねなく使えるのもスロージューサーのメリットです。

スロージューサーのデメリット

面倒なことが多い

51hcu6dkibl

By: amazon.co.jp

スロージューサーのデメリットは、部品が多く手入れしにくい機種が多いことです。手入れの度にパーツの分解、洗浄、組み立てが必要なモノもあります。使用するごとにきちんと手入れをしないと、材料が詰まって動作が止まってしまうこともあるため、注意しましょう。

また、搾り終えるのに時間がかかるため、すぐに飲みたい時には不向きです。さらに、材料の下準備も必要で、にんじん1本をそのまま入れるといったことは、一部の例外機を除いてできません。ある程度の大きさにカットしてからスロージューサーに掛ける必要があります。

高価かつサイズも大きめ

By: amazon.co.jp

スロージューサーは高速式のジューサーやミキサーに比べて高価なのもデメリット。安いモノでも1万円以上する製品がほとんどです。ただし、機種によって搾れる材料が異なるので、価格だけで選ぶのはおすすめしません。

また、複雑な機構ゆえにサイズも大きく場所を取りがち。そのため、設置スペースを確保しておく必要があります。

搾れない食材もある

41wy7uxvhhl

By: amazon.co.jp

高速式なら搾れる食材でもスロージューサーでは使用できないモノがあります。具体的には、山芋や納豆などの粘り気の強い食材や、氷や冷凍品といった固い食材です。機種によっても異なるので、自分が使用したい食材に対応しているかを事前に調べておきましょう。

なお、なんとか搾れたと思っても、上手く水分と搾りカスに分離できていない場合もあります。ジュースの美味しさや故障の原因にも影響してくるので、機種に合わない材料は無理に入れないようにしましょう。

スロージューサーのおすすめ

ティファール(T-fal) インフィニープレスレボリューション ZC500HJP

ティファール(T-fal) インフィニープレスレボリューション ZC500HJP

3つの投入口を搭載した、1分間あたり80回転するスロージューサーです。より多くの食材を1回で入れられるため、投入の待ち時間を短縮できます。また、果汁が分離しにくいためさらさらとして飲みやすいのが魅力です。

本製品は、網目の粗さに違いがある2種類のフィルターが付属しています。スープなどに食感を残したい時やジュースなどを飲みやすくしたい時など、フィルターをシーンごとに使い分けることが可能です。

フィルターなど食材に触れるパーツは取り外しできるほか、食洗器にも対応しているため手入れが簡単。搾りかすを利用できるレシピ本も付いており、食材を無駄にしません。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー 低温圧搾方式 サイレントジューサー EVO-800

8.2cmのワイドな投入口とロングスクリュー設計が特徴のスロージューサー。食材を細かく切る手間を短縮できるため、朝の忙しい時間にも手軽に使えます。また、スクリュー部分に刃を搭載していないため、食材を加工する際に摩擦熱が発生せず、栄養素の損失を最小限に抑えられるのも魅力です。

お手入れの簡単さもポイント。ジュースの排出キャップを閉じて水を注ぎ、マシーンを作動させるだけで簡単に洗浄できます。搾りカスの排出口も広く、隙間に残ってしまう繊維質の量を削減。こちらも簡単に洗えるので、いつでも清潔に使えます。

また、スロージューサーを用いたレシピや、ジュースを絞った後の搾りカスを用いたレシピを収録したレシピブックも付属。食材を余すことなく料理に使えるので、生ごみの削減にも役立ちます。初めてスロージューサーを使う方にもおすすめの製品です。

ヒューロム(HUROM) ジューサー H2Y

円柱型を採用したスロージューサー。設置が安定しているので、ブレることなくしっかりと野菜や果物を擦り下ろしてくれるのが特徴です。

材料は製品の上部から投入する仕様で、小分けするのがコツ。固い食材と柔らかい食材をミックスさせる場合は、それぞれ交互に入れていくとスムーズに対応できます。

搾りカスと水分は分離され、なめらかでサラっとしたジュースに仕上がるのもポイント。それぞれ専用のカップが用意されているので、お手入れも簡単です。

サイズは198×401×180mmで、重さは4.6kg。専用のスタンドは同梱されているので、洗い終わった部品を乾燥させる際にも便利です。気軽に扱えるおすすめモデルなので、スロージューサーの使用を習慣化したいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

シンプルな設計で直感的に組み立てられるのが特徴のスロージューサー。シンプルで使いやすいため、初めて使用する方にもおすすめです。

一般的なスロージューサーは、フィルターにメッシュを採用していますが、本製品は2つの樹脂製フィルターを使用。隙間が大きく開いているためメッシュのように搾りカスが詰まる心配がなく、水でサッと洗い流すだけで簡単に汚れが取れます。

さらに、食材の水分を最後まで搾り切れる「リフトレバー」を搭載しており、フィルターが変わっても搾汁量は変わりません。リフトレバーを上げれば搾りカスも簡単に掃除できます。

シャープ(SHARP) ヘルシオジュースプレッソ EJ-CP1

シャープ(SHARP) ヘルシオジュースプレッソ EJ-CP1

1分間あたり32回転するスロージューサーです。ほかの製品よりもより低速で圧縮するため、素材の味をそのままにさらさらとした味わいが楽しめます。

また、便利なアタッチメントの多さも魅力。フローズン用のアタッチメントが付属するため、フローズンデザートやフローズンサラダなど料理の幅が広がります。さらにジュースキャップも付属。コップを取り換える際も漏れる心配がありません。

加えて、タンククリーナーのないシンプルな設計もポイント。本体とプッシャー以外は食洗器で丸洗いでき、金属刃を使っていないため手洗いの際も安全です。スクリューやフィルターは取り外しでき、隅々まで手軽に手入れできます。

ヒューロム(HUROM) H2Hスーペリア

ヒューロム(HUROM) H2Hスーペリア

ドイツやアメリカで人気を博しているヒューロムのスロージューサーです。デザイン賞を多数受賞しており、世界85か国で使用されています。本製品は、ヒューロムのなかでもロングセラーの定番モデル。1分間に40回転と低速で圧縮するため、素材本来の栄養分とおいしさをそのままにできます。

また、アクセサリーも豊富で網目の大きさが異なる2種類のフィルターが付属するため、料理や好みの食感に合わせて使い分けることが可能。さらに、果実を本体のモーターに装着することで簡単に搾れるスクイーザーや洗浄後に便利な乾燥用スタンドが付属しています。

パナソニック(Panasonic) 低速ジューサー MJ-L600

パナソニック(Panasonic) 低速ジューサー MJ-L600

1分間で45回転するスロージューサーです。3種類のフィルターを使い分けられるのが魅力。飲みやすい食感に仕上がる「さらさらフィルター」やとろみのある仕上がりの「あらごしフィルター」のほか、フローズンアタッチメントも付属します。

例えば「あらごしフィルター」はとろみのあるドレッシングを作るのに便利。そのほかにもスープや豆乳など、幅広い料理を楽しめます。食感が多彩なのでジュース以外の調理にもおすすめです。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

大きな投入口が特徴のスロージューサーです。食材を細かく切る手間が省けるため、栄養素や旨味がより凝縮されやすくなります。

また、独自モーターが低速で回転するため静音性が高く、早朝や深夜も気兼ねなく使用できます。さらに、3種類のフィルターが付属し、好みの食感に合わせて調理できるのが魅力です。注ぎ口にはスマートキャップが装備されているため、移動時や注ぐ際の漏れを防げます。

そのほか、ドラムとシリコンキャップが一体化しているため、洗浄時には丸ごと水洗いが可能。静音性に優れた、お手入れが簡単なモデルを探している方におすすめです。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H-AA-RBA17

ヒューロム(HUROM)

1分間に43~48回転するスロージューサーです。スクリューとは別に、回転ブラシはさらに遅い17回転/分なので、より栄養素や旨味を維持したまま滑らかな食感で抽出できます。

本製品は、フローズントレーナーも付属しており、コールドプレスジュースや冷凍フルーツ・ジュースなど幅広い調理が可能。付属の専用レシピブックを参考に、シェイクやアイスクリームを作るのもおすすめです。

ドラムキャップは、半透明なので投入状況が確認でき食材の詰まりも防止できます。さらに、繊維排出口が広いため、使用後は洗いやすく繊維も簡単に取り出すことが可能。幅広い調理に対応したモデルを探している方におすすめのモデルです。

ゼンケン(ZENKEN) ベジフルⅡ ZJ-VC1

ゼンケン(ZENKEN) ベジフルⅡ ZJ-VC1

静音性が高く、早朝や深夜にも周囲を気にせず使用できるスロージューサーです。本製品は、連続して搾れるのが魅力で、食材の繊維が内部に貯まらず、搾る度細かくなって外へ出るため、連続して新たな調理を始められます。

また、投入口から水を入れれば内部を簡易的に洗浄できるのもポイント。別の食材を使って連続調理する時も味が混ざりません。フィルターは1種類付属し、さらさらとした飲みやすいジュースが搾れます。

さらに、ジュース出口にはキャップが付いているためジュースの垂れも防止。コップを入れ替える時もジュースが無駄になりません。シンプルで使いやすいため入門機としてもおすすめです。

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

14.5×18.0cmとB5用紙ほどの面積に収納できる省スペースなデザインが特徴のスロージューサーです。すっきりとした光沢のあるデザインでインテリア家電としても映えます。

使用する時はタンクとフィルター、スクリューをセットするだけのシンプルな設計で初心者の方にも使いやすいのが魅力。フローズン用のフィルターが付属しているため、フロートなどの調理にも役立ちます。レシピブックも付属するため、調理の幅を広げたい方にもおすすめです。

また、フラット型フィルターを採用しているのもポイント。一般的なサークル型フィルターより面積が狭いため、より楽にフィルターを掃除できます。スクリューとフィルターは食洗器にも対応しており、手入れを簡単に済ませたい方におすすめです。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H15-WH12

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H15-WH12

1分間に43~48回転するスロージューサーです。約17×19cmとA4用紙に収まるほど小型なので収納しやすく、丸みを帯びた親しみやすいデザインでインテリア家電としても映えます。

300ml のジュースが搾れるため1~2人用としておすすめ。フローズンに対応していないのがネックですが、ジュースキャップや簡易洗浄など便利な機能を搭載しています。シンプルで使いやすいため、スロージューサー入門機としてもおすすめです。

スロージューサーのおすすめレシピ

小松菜・リンゴ・レモンジュース

免疫力を高めたい冬場におすすめのレシピです。りんごに小松菜とレモンを加えることで、ビタミン・βカロテン・カルシウムなどを豊富に摂取できます。

作り方としては、まずリンゴの種と芯を取り除いてスロージューサーに入れられるサイズにカット。同様に小松菜も3cm程度にカットし、レモンは皮と種を取り除いてスライスします。そして、りんごと小松菜を交互に入れていき、ジュースが絞れたら最後にレモンを入れて完成です。

オレンジマーマレード

スロージューサーを使う際に必ず生じる搾りカスは、アイデア次第で貴重な食材として活用できます。オレンジジュースの搾りカスを活用するオレンジマーマレードはその定番。

作り方は非常に簡単。まずオレンジの皮を3~4cm程度の長さに薄切りにし、鍋で10分程度茹でてアクを抜きます。そこに、スロージューサーで出たオレンジジュースの搾りカスとオレンジジュース、砂糖、はちみつ、レモン汁、水を加えて煮詰めれば完成です。