健康志向の高まりによって注目度がアップしている「スロージューサー」。スロージューサーで作ったジュースは「コールドプレスジュース」とも呼ばれており、従来のミキサーやジューサーに比べて上質な100%ジュースを作れるのが特徴です。さらに、栄養素を豊富に摂取できるので、健康志向のユーザーからも支持されています。

そこで今回は、スロージューサーのおすすめモデルをご紹介。クビンスやヒューロムなど人気のメーカーを中心にピックアップしたので、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーとは?

By: huromjapan.com

スロージューサーとは、従来のミキサーよりも低速で食材を搾れる家電製品です。ミキサーは金属製のブレードが高速回転することで、食材を一気に細かく砕きます。

一方、スロージューサーは、スクリューによって食材を圧縮しながらすり潰す仕組みです。スクリューの回転数が1分間のうちに40~60回とゆっくりと回転し、ジュースを絞り出します。

スロージューサーのメリット

野菜や果物の栄養素を壊しにくい

By: huromjapan.com

スロージューサーのメリットは、野菜や果物の栄養素をあまり壊さずに摂取できる点です。ブレードを高速で回転させ、遠心力で搾りカスを分離させていく「高速式」では、回転時に発生する摩擦熱によって熱に弱い栄養素や酵素が破壊されてしまいます。

一方、じっくりと搾り出されるスロージューサーは、熱の発生量が少ない分栄養素の破壊も少なく、生きたままの酵素を残しやすいのが特徴。野菜や果物に含まれるビタミンなどの栄養素を高速式で作ったジュースよりも摂取しやすくなるのが魅力です。

味がよくて飲みやすい

By: kuvings.jp

スロージューサーは稼働時における空気のかくはんが抑えられるので、食材の酸化予防にも効果が期待できます。そのため、食材の旨味や甘味をより感じやすくなるのがポイントです。

また、野菜や果物のポテンシャルを十分に引き出せるので、おいしく味わえます。さらに、搾りカスと水分を分離して繊維質が取り除かれるため、なめらかでサラっとしたのどごしになるのも特徴です。

動作音が静か

By: huromjapan.com

ジューサーやミキサーはある程度の動作音が発生するので、時間帯によっては迷惑になる恐れがあります。

一方、スロージューサーは低速回転のため、あまり動作音が発生しません。時間帯にかかわらず、気兼ねなく使えるのもスロージューサーのメリットです。

スロージューサーのデメリット

面倒なことが多い

スロージューサーのデメリットは、部品が多くお手入れがしにくい機種が多い点。お手入れの度にパーツの分解や洗浄、組み立てなどが必要なモノもあります。使用後きちんとお手入れをしないと、材料が詰まって動作が止まってしまうこともあるため、使う頻度や洗浄の手間などを購入前に検討しておきましょう。

また、搾り終えるのに時間がかかるので、すぐに飲みたい場合には不向きです。さらに、材料の下準備も必要で、にんじん1本をそのまま入れるといったことは、一部のモデルを除いてできません。ある程度の大きさにカットしてからスロージューサーにかけるようにしましょう。

高価かつサイズも大きめ

By: kuvings.jp

スロージューサーは高速式のジューサーやミキサーに比べて高価なのもデメリット。安いモノでも1万円以上する製品がほとんどです。また、機種によって搾れる材料が異なるので、価格だけで選ぶのはおすすめしません。

加えて、複雑な機構ゆえにサイズも大きく場所を取りがち。そのため、設置スペースをしっかりと確保しておく必要があります。

搾れない食材もある

高速式なら搾れる食材でもスロージューサーでは使用できないモノがあります。具体的には、山芋や納豆などの粘り気の強い食材や、氷や冷凍品といった硬い食材です。機種によっても異なるので、自分が使用したい食材に対応しているかを事前に調べておきましょう。

使用できないとされる食材を無理に絞っても、上手く水分と搾りカスに分離できない場合があります。ジュースのおいしさや故障の原因にも影響してくるため、機種に合わない材料は入れないようにしましょう。

スロージューサーの選び方

形状をチェック

縦型

By: amazon.co.jp

縦型のスロージューサーは、スリムで場所を取らないのが魅力です。横型に比べると軽量で、収納時や持ち運びもスムーズ。コンパクトなキッチンやカウンターでも気軽に使用できるので、一人暮らしの方におすすめです。

ただし、なかには繊維の多い野菜は小さく切ってから入れる必要があるモデルもラインナップされています。果物や繊維の少ない野菜を使ってフレッシュなジュースを作りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

横型

By: amazon.co.jp

横型のスロージューサーは、一度にたくさんのフレッシュなジュースを作れるのがポイント。縦型に比べると幅が広めなので、事前に置き場所を確保しておきましょう。

ケールやセロリなど繊維の多い野菜にも対応するため、食材を下ごしらえする手間を省けるのが魅力。健康に配慮して毎朝青汁などを楽しみたい方に適しています。

投入口は大きいモノが便利

By: huromjapan.com

食材の投入口のサイズも要チェック。投入口が小さいと、サイズに合わせて食材をカットする必要があり、手間がかかります。

そのため、選ぶときは直径6cm以上の投入口を採用しているタイプがおすすめ。きゅうりやバナナなどスティックタイプの素材なら、そのまま投入できます。りんごなどの大きな果物は、6等分程度にすればジュースを作ることが可能です。

安全性をチェック

By: jp.sharp

スロージューサーは食材をすり潰すアイテム。刃の鋭さは一般的なジューサーよりも劣るので、注意して使用すれば比較的安全です。ただし、子供と一緒に使用する場合などは、万が一のケガのリスクも考慮して、金属を使用していないスクリューを搭載したモデルも検討してみてください。

また、漏電防止や過熱防止の安全機能が搭載されているモデルも要チェック。電源を切り忘れた場合などでも、故障のリスクや電力の無駄を抑えられます。

調理可能なメニューをチェック

By: panasonic.jp

スロージューサーのなかには、アタッチメントを交換して幅広い食材に対応できるモデルも存在します。シャーベットやジェラートなどのデザートを作りたい場合には、フローズンメニューに対応したスロージューサーがおすすめです。

なかには、専用アタッチメントでスムージーを作れるモノもラインナップ。さまざまな場面で活用したい方は、ぜひチェックしてみてください。

お手入れしやすいモデルを選ぼう

By: kuvings.jp

スロージューサーを選ぶときは、お手入れのしやすさも重要。使い勝手を重視する方は、パーツを取り外しやすいタイプを要チェック。また、パーツが少ないモノだと、洗う手間を軽減できるのでおすすめです。

さらに、食洗機に対応しているタイプなら、分解したパーツをそのまま食洗機に入れられるため後片付けがスムーズ。スロージューサーを頻繁に使う方は、ぜひチェックしてみてください。

スロージューサーのおすすめメーカー

ヒューロム(HUROM)

By: huromjapan.com

1974年に創業され、スロージューサーの専業メーカーとして活躍してきた「ヒューロム」。独自に開発された「低速搾汁方式」により、栄養や食感など、ジュースの質を向上するスロージューサーを製造しています。最後の1滴まで無駄なく注ぎ切れるドラム構造も魅力です。

組み立てや洗浄が簡単なモデル、使い勝手に優れたモデル、スタイリッシュなデザインのモデルなど、ラインナップも豊富。好みやニーズに合わせて選択できる、おすすめのメーカーです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

日本の家電メーカー「テスコム」。デザイン性やコスパに優れた家電を多数製造していることで人気を集めています。テスコムのスロージューサーは、フローズン対応モデルや高速でスクリューを回転させるモデルが人気。ラインナップは少なめですが、それぞれに特徴をもったスロージューサーを製造しています。

なかには、スリムでスタイリッシュな製品もラインナップ。設置スペースや収納スペースが限られている場合にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: irisohyama.co.jp

家電をはじめ、寝具やインテリアなど幅広い製品を展開しているメーカー。低価格ながらシンプルで使い勝手のよい製品が多く、コスパを重視する方に人気です。

スロージューサーは使いやすいスタンダードな形状のモデルを展開しており、初めて使う方にも適しています。ジュースだけでなく、スムージーやフローズンデザート作りにも対応しているので、用途が広いスロージューサーを低予算で購入したい場合におすすめです。

スロージューサーのおすすめ

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー 低温圧搾方式 サイレントジューサー EVO-800

8.2cmのワイドな投入口とロングスクリュー設計が特徴のスロージューサー。投入口が大きく、食材を細かく切る手間を短縮できるため、朝の忙しい時間にも手軽に使えます。

お手入れが簡単なのもポイント。ジュースの排出キャップを閉じて水を注ぎ、1分間作動させるだけで簡単に洗浄できます。

また、スロージューサーを用いたメニューや、ジュースを絞った後の搾りカスを用い料理の作り方を収録したレシピブックも付属。食材を余すことなく料理に使えます。初めてスロージューサーを使う方にもおすすめの製品です。

ヒューロム(HUROM) アドバンスド100

シンプルな設計で直感的に組み立てられるスロージューサー。シンプルで使いやすいため、初めて使用する方にもおすすめです。

一般的なスロージューサーは、フィルターにメッシュを採用していますが、本製品は2つの樹脂製フィルターを使用する「分離搾汁方式」を採用。それぞれのフィルターは隙間が大きく開いているので、メッシュのように搾りカスが詰まる心配がなく、水でサッと洗い流すだけで簡単に汚れが取れます。

さらに、食材の水分を最後まで搾り切れる「リフトレバー」を搭載しているのもポイント。リフトレバーを上げれば、搾りカスも簡単に掃除できます。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー H200

野菜や果物の栄養をしっかり抽出できる

食材貯蔵ドラムを搭載したスロージューサーです。「メガホッパー」と呼ばれる内径約13.6cmのドラムが採用されており、食材を細かくカットしなくても投入が可能。搾汁を中断せずに食材を追加できる「追加投入口」が付いているのもポイントです。

スクリューと2種類の樹脂製フィルターにより、食材を搾汁する「分離搾汁方式」を採用。ゆっくりとスクリューが回転するので、摩擦熱や食材の酸化を抑えられます。また、野菜や果物の栄養をしっかりと抽出できるのも魅力です。

本製品には特別に設計されたフィルターが搭載されており、洗浄も簡単。水で洗い流すだけでキレイになります。

ヒューロム(HUROM) スロージューサー HZ

インテリアにも溶け込みやすいスタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザインが人気のスロージューサーです。美しく輝くステンレス製のボディを採用。インテリアや部屋にも溶け込みやすい外観です。本製品には細目と粗目のストレーナーのほか、「フローズンストレーナー」も付属。フローズンデザートやフローズンサラダも作れます。

ヒューロム独自の「ひねり」を採用した「ダブルスクリュー」は、1分間に40回転する仕様。食材に含まれる栄養素を壊しにくいので、手で絞ったような自然なジュースを楽しめます。専用のレシピブックや柑橘類を手軽に絞れるスクイーザー、お手入れ後に使用する乾燥スタンドなど、付属品が充実している点もおすすめです。

テスコム(TESCOM) スロージューサー TSJ800

冷凍果実や冷凍野菜などの食材にも対応

比較的リーズナブルな価格で購入できるスロージューサーです。低速で圧搾することで栄養素や酵素を保護。分離しにくい濃厚なジュースが作れます。サークル型のフィルターに比べて、面積の小さい「フラット型フィルター」を採用。平らで扱いやすく、網目に詰まった食材のカスを取り除きやすいのがメリットです。

本製品には「フローズン用フィルター」が付属。冷凍果実や冷凍野菜などの食材にも対応できます。ボディ幅は約14.5cm。スリムなデザインでスッキリと設置できる点も魅力です。組み立てが簡単なので、初めてスロージューサーを購入する方にも適しています。

また、スクリューやフィルターは食洗機で洗浄可能。メンテナンスに手間をかけたくない方にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) スロージューサー ISJ-56

収納やお手入れが簡単にできる

コスパに優れたスロージューサーです。「細メッシュフィルター」を利用すれば、食材の繊維質を取り除いたフレッシュなジュースを作れます。手軽に栄養を摂取したい方におすすめです。一方で「粗メッシュフィルター」を使用すれば、食材そのものの食感が楽しめるスムージーも作れます。

リーズナブルな価格ながら、「フローズンデザート用アタッチメント」も付属。独特の食感が味わえるフローズンデザートは、暑い季節にぴったりです。

また、石臼式を採用しており、手で持ってもケガをしにくく、安心してお手入れができます。さらに、各パーツはすべて丸洗いが可能。重量は3.6kgほどで、収納やお手入れ時の負担が軽いのもポイントです。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー JSG-721

静音性に優れたスロージューサー

大きな投入口を採用したスロージューサーです。食材を細かくカットする手間を短縮可能。材料の酸化を抑えられるので、自然のおいしさや栄養がそのまま味わえます。スクリューと排出口には改良が加えられており、繊維質の排出力をアップ。搾汁にかかる負担を軽減しています。

ドラムとシリコンキャップが一体型なので、洗浄や組み立ても簡単。付属の「洗浄回転ブラシ」を利用すれば、ストレーナーの洗浄も簡単です。ドラム部素材はトライタン樹脂を採用。スクリューとストレーナーには耐久性に優れたウルテム樹脂が採用されており、安心して使用できます。

低速でゆっくりと回転するクビンス独自のオリジナルモーターが採用されており、静音性に優れている点もおすすめです。

クビンス(Kuvings) ホールスロージューサー CS700SM

頻繁にジューサーを使用する方におすすめのモデル

プロの現場での使用を想定して設計されたハイスペックなスロージューサーです。本体ボディとドラム部にはステンレス素材を採用。大容量かつ耐久性に優れているだけでなく、高級感あふれるデザインも魅力です。

国際的な安全衛生規格である「NSF認証」も取得。衛生的に使用できる点もおすすめです。特許を取得しているワイド投入口は、直径約8.8cm。リンゴや皮をむいたオレンジをそのまま投入できるので、食材をカットする手間が省けて便利です。

クビンス独自開発の静音性に優れたオリジナルモーターや、メンテナンスのしやすさを考慮した洗浄しやすい構造も魅力。価格は高めですが、使用する頻度の高い方におすすめです。

シャープ(SHARP) HEALSiO スロージューサー EJ-GP1

手作りの青汁が作れるスロージューサーです。一般的なジューサーでは絞りにくい小松菜やセロリなどの葉物野菜にぴったり。繊維質の多い食材でも手軽に絞れるのがポイントです。低速圧縮で食材を絞るので、濃厚でなめらかな食感のジュースを作れます。

高速ジューサーでは絞れない、硬い食材や果肉の多い食材にも対応。手作り豆乳やしょうがの絞り汁も手軽に作れます。また、本製品には「フローズン用アタッチメント」が付属しているため、凍った食材にも対応可能。フローズンデザートやフローズンサラダも楽しめます。

スクリューには金属を使用しておらず、より安全にお手入れが可能。食洗機を使っての洗浄もできます。駆動音が静かなので、夜間や早朝の利用にもおすすめです。

シャープ(SHARP) HEALSiO スロージューサー EJ-CF10A

お手入れが簡単な使いやすいスロージューサーです。洗浄するパーツは少量かつコンパクト。メッシュ部分のフィルターは取り外せるので、網目に詰まった食材のカスが取りやすいのもポイントです。また、食洗機にも対応しているため、メンテナンスの手間も減らせます。

スクリューには金属を使用していないので、子供のいる家庭にもおすすめです。本製品には「フローズン用アタッチメント」も付属。暑い季節にぴったりなフローズンデザートやフローズンサラダを作れます。

パナソニック(Panasonic) VITAMINSERVER 低速ジューサー MJ-L600

栄養たっぷりのジュースが作れるスロージューサーです。2種類のフィルターと1種類のアタッチメントが付属しており、多彩な食材に対応。「さらさらフィルター」を使用すれば、ニンジンジュースやマンゴージュースなど、栄養豊富なコールドプレスジュースが作れます。

濃厚でとろみのあるジュースを作りたい場合には「あらごしフィルター」がおすすめ。食材の食感を楽しめるジュースが作れます。また、冷凍食材からフローズンデザートが作れる「フローズンアタッチメント」は、暑い季節におすすめです。

スクリューの回転速度が遅く、食材を圧縮しながらすり潰すので、栄養素を豊富に残したジュースを楽しめます。スリムなボディデザインを採用しているのも魅力。設置場所や収納場所が少ない方にもぴったりです。

ピカイチ野菜くん エンジェルジューサー AG7500

食材を絞る力に優れた横型タイプのスロージューサーです。低速で回転する円錐形のスクリューを採用。圧力を3段階に分断させる「多段圧縮絞り技術」により、食材からより多くの栄養素と水分を絞れます。

本体の素材には抗菌ステンレスを使用。食洗機でも洗浄できるため、手間をかけずにお手入れできます。モーターの損傷を抑える「モーター保護装置」や漏電防止のための「防水スイッチ」、モーター内の過熱を感知する「過熱防止センサー」なども搭載。安全面にも優れた仕様です。

また、本製品には特殊なセンサーも搭載されているので、ハウジングを外した状態では動作しません。子供のいる家庭にもおすすめです。

トフィー(Toffy) ミニスロージューサー K-BD4

コンパクトで使いやすいスロージューサーです。シンプルなデザインで圧迫感がなく、すっきりと収納できます。また、石臼式の低速スクリューで野菜や果物をゆっくり圧搾するため、栄養素が壊れにくいのが特徴です。

パーツを細かく分解して水洗いできるので、清潔さをキープできるのもメリット。さらに、完成したジュースが出てくる注ぎ口のほかに「搾りカス排出口」が搭載されており、料理やお菓子作りに使えます。素材を余すことなく使えるおすすめのモデルです。

プレマ(Prema) グリーンパワージューサー 2380

軟らかい葉類の搾汁ができるスロージューサー。メーカー独自の「ツインギア」が搭載されており、シングルギアでは難しかったスプラウトや麦若葉、ドクダミなどの軟らかい葉類の搾汁ができるのが特徴です。

また、搾汁率が非常に高く、野菜や果物を無駄なく使えるのも魅力。ツインギア内部には、遠赤外線を放射する「バイオセラミックパウダー」と「磁力線」が内蔵されており、搾った圧搾青汁のビタミンや酵素、ミネラルを活性化させる効果があると謳われています。

さらに、1分間に160回転と低速回転のギアで、野菜や果物に含まれるビタミンや酵素などの栄養素が破壊されにくいのもメリット。稼働音の静音性に優れているほか、ジューサーを運転したままにしても自動で運転が切れる「過熱防止装置」など、小さい子供がいる家庭に嬉しい機能も充実しています。

オメガ(OMEGA) ジュースキューブ 300

スロージューサーとしてだけでなく、調理にも使えるジューサー。1分間に66回転の低速で熱を加えることなく食材を絞り、ジュースを作れます。

モーターのパワーが強力なので、硬い食材にも対応するのがポイント。調理のレパートリーを広げられます。アタッチメントを変えることで、パスタやナッツバター、ベビーフードなどを作れるのも魅力です。

本体にパーツをすっきり収納できるため、コンパクトに使いたい方にぴったり。業務用を家庭用にモデルチェンジしたモーターは耐久性に優れているため、本格的なスロージューサーをできるただけ長期間使いたい方にもおすすめです。

サンコー(THANKO) 充電式フレッシュスロージューサーSlim SUSBPSJR

コンパクトサイズで手軽に使えるスロージューサーです。USB充電式で、卓上でも使用しやすい設計。カップの底には滑り止めが付いており、作業がしやすいのも魅力です。

熱を加えないため、栄養素が壊れにくいのがメリット。ジュースを絞った後はそのままカップとして活用でき、すぐにおいしいジュースが楽しめます。洗い物が増えず、忙しいときにも便利です。

食材の搾りカスは「しぼりかすカップ」に溜まるため、後片付けは中身を捨てるだけの簡単仕様。付属の専用ブラシで、お手入れしやすいのも特徴です。小型で使いやすいスロージューサーを探している方はぜひチェックしてみてください。

スロージューサーのおすすめレシピ

小松菜・リンゴ・レモンジュース

おすすめのジュースレシピです。りんごに小松菜とレモンを加えることで、ビタミン・βカロテン・カルシウムなどを豊富に摂取できます。

作り方は、まずリンゴの種と芯を取り除いてスロージューサーに入れられるサイズにカット。同様に小松菜も3cm程度にカットし、レモンは皮と種を取り除いてスライスします。そして、りんごと小松菜を交互に入れていき、ジュースが絞れたら最後にレモンを入れて完成です。

オレンジマーマレード

スロージューサーを使う際に必ず生じる搾りカスは、アイデア次第で貴重な食材としても活用できます。なかでも、オレンジジュースの搾りカスを活用するオレンジマーマレードは定番です。

作り方は簡単。まず、オレンジの皮を3~4cm程度の長さに薄切りにし、鍋で10分程度茹でてアクを抜きます。そこに、スロージューサーで出たオレンジジュースの搾りカス・オレンジジュース・砂糖・はちみつ・レモン汁・水を加えて煮詰めれば完成です。