暗い場所を明るく照らせる「LED懐中電灯」。夜間のキャンプ場や災害時には、貴重な光源として活用できます。ただし、LED懐中電灯にはバッテリー式や乾電池式など複数の種類があるため、どれを選んだらよいか分からない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、LED懐中電灯のおすすめモデルをご紹介します。選び方も詳しく解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

LED懐中電灯の選び方

明るさをチェック

明るさをチェック

By: amazon.co.jp

LED懐中電灯はモデルによって明るさが異なり、光の量は「ルーメン(lm)」という単位で表記されるのが一般的。ルーメンの数値が大きいほど明るく、遠くまで照らせます。ただし、光源近くの光量が多すぎると、視界のフラッシュ効果により足元や手元が見えにくくなる場合もあるため注意が必要です。

手元や足元を照らすだけの目的なら、50~100ルーメン程度の明るさを備えたモノで十分。防災用や普段使い用としておすすめです。50m以上先を明るく照らしたい場合は、200ルーメン以上の強力な照射力が必要。普段使いはもちろん、キャンプや登山など本格的なアウトドアを楽しむ際にも活躍します。

電源の種類をチェック

電池式

電池式のLED懐中電灯は、単1~4形乾電池を電力として使用するタイプです。電池切れの際は交換が必要でコストがかかる一方、常備しておけばすぐに点灯できて便利。また、仮に備蓄がない場合でも、コンビニやドラッグストアで手軽に入手しやすいのがメリットです。

ただし、乾電池には使用期限があるので要注意。特に、古い乾電池を機器本体に入れたままにしておくと、液漏れで故障の原因にもつながるため気をつけましょう。なかには、「10年後でも使える」と謳われる長期保存が可能な電池もあるので、チェックしてみてください。

そのほか、充電して繰り返し使える充電式乾電池「エネループ」などに対応しているモデルなら、コストを抑えて節約できます。

充電式

充電式

By: gentos.jp

USB端子を搭載し、パソコンやモバイルバッテリーと接続して充電できるタイプです。製品によっては、ソーラー発電や手回しで充電できるモデルもあります。乾電池と異なり、交換する手間を省けるのがメリット。購入後のコストをなるべく減らしたい場合にも重宝します。

ただし、時間の経過により少しずつ放電してしまうのは懸念点。満充電しても、しばらく使用しない間に充電がなくなる場合もあります。防災用として備えるのであれば、定期的に充電しておくのがおすすめです。

なお、キャンプなどアウトドアで使用する場合は、モバイルバッテリーを用意しておくと突然の充電切れにも対応できて便利。手回しで充電するタイプなら、災害時などで電源を確保できないときに役立ちます。

あると便利な機能

屋外でも役立つ防水機能

アウトドアでの使用が前提なら、防水・防塵機能を備えているかも確認しておきましょう。防水性能は「IP」で表示されるのが一般的。例えば、「IP68」と記載されていれば左の「6」が防塵性能を、右の「8」が防水性能を表し、数値が大きいほど防水性や防塵性も高いと判断できます。

キャンプや釣り、登山など天候の急激な悪化が心配な状況では、IP56以上の防水・防塵性を備えたモデルがおすすめ。IP68の性能を備えたモノなら、水没しても故障しにくく安心です。メーカーによっては、「防滴仕様」などの簡易な表現で防水性能を表している場合もあります。

災害時に便利なラジオ機能

LED懐中電灯のなかには、ラジオ機能を搭載したモデルもあります。災害時用として備えるなら、被害状況や地域の防災情報などをリアルタイムに入手できるので、欠かせない機能です。

スマホやタブレットでは、被災状況によってインターネット回線が混み合って接続できなかったり、安定した通信ができたかったりする場合もあるため要注意。ラジオは安定した受信状態を確保しやすく、災害時に役立ちます。

なかには、ラジオ機能のほかスマホに給電できる機能を備えたモノなど、防災用として便利な多機能モデルも存在するのでチェックしてみてください。

自分の居場所を伝える点滅機能

By: amazon.co.jp

点滅機能を備えたLED懐中電灯なら、自分の居場所を周囲に伝えられて便利です。点滅を繰り返すことにより、遠くからでも目立ちやすいのが特徴。特に、夜間の散歩やジョギングを楽しむ際、車や自転車との接触を防ぐのに役立つ機能です。

点滅機能は、災害時のSOS緊急信号としても活躍可能。万が一身動きできなくなった場合や孤立したときに、すばやく発見してもらえる可能性が高まります。赤色LEDの点滅で、より高い視認性で自分の位置をアピールできるモデルも存在するのでチェックしてみてください。

LED懐中電灯のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、主に家庭周辺で便利に使えるLED懐中電灯を多数ラインナップしている国内大手電機メーカー。リーズナブルな懐中電灯や非常時の常備灯、ランタンとして使えるモデルなども扱っており、自宅で使いやすいLED懐中電灯を探している方におすすめのメーカーです。

東芝(TOSHIBA)

東芝は、リーズナブルな価格のLED懐中電灯を数多く取り揃えている国内大手電機メーカー。ペン型モデルや水中モデル、ヘッドライトモデルなど、用途に合わせて使えるモノを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ジェントス(GENTOS)

ジェントス(GENTOS)

By: amazon.co.jp

ジェントスは、日本でトップクラスのシェアを占めるLEDライトメーカー。電機メーカーの製品とは異なり、主にアウトドアや災害時に活用するモデルを展開しているのが特徴です。

ほとんどのモデルが、高性能の照射能力や防塵・防水性能、耐久性などを備えているのもポイント。高性能なLED懐中電灯を探している方におすすめのメーカーです。

LED懐中電灯のおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) エボルタ付きLED強力ライト F-KJWBS01

パナソニック(Panasonic) エボルタ付きLED強力ライト F-KJWBS01

直径7.5mmのスタンダードLEDを4個搭載したLED懐中電灯です。ワイドな照射により、周辺を明るく照らせるおすすめモデル。大きな持ち手に操作しやすい大型スライドスイッチを搭載しており、使い勝手にも優れています。

本製品は、単1形乾電池を4本使用するタイプ。独自のテクノロジーを駆使して開発した「乾電池エボルタ」が付属しています。連続使用60時間と長持ちするほか、長期保存が可能なのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) 電池がどれでもライト BF-BM10

パナソニック(Panasonic) 電池がどれでもライト BF-BM10

乾電池のサイズを選ばず、単1~単4形のどれでも使えるLED懐中電灯。特殊な電池ケースの搭載により、身近にある電池1本で使用できる便利なモデルです。アルカリ乾電池やマンガン乾電池はもちろん、リチウム乾電池やニッケル水素電池も使用できます。

単1形の乾電池エボルタを使用した場合は、約86時間の連続使用が可能。フードを回転させてスイッチを切り替えるタイプで、操作も簡単です。ランタンとしても使えるシェードを採用しており、停電時の明かりとしても役立ちます。

パナソニック(Panasonic) LEDネックライト ブラック BF-AF10P

パナソニック(Panasonic) LEDネックライト ブラック BF-AF10P

ネックストラップのように首にかけて使用するLED懐中電灯。両手が使えるため、暗い場所での作業や夜間の散歩、ジョギングなどの用途におすすめのモデルです。ラバー素材の採用により重さは約40gと軽く、長時間でも快適な使用感を実現。長さは調節できるので、大人から子供まで使えます。

リチウム電池を使用するタイプで、連続照射は約15時間。カラーが4色ラインナップされているのもポイントです。

東芝(TOSHIBA) LEDランタン付懐中電灯電池 KFL-304L

東芝(TOSHIBA) LEDランタン付懐中電灯電池 KFL-304L

ランタン機能を備えたLED懐中電灯です。ライト部に直径5mmの高輝度LEDを搭載しているほか、持ち手部分には白色チップタイプLEDが10個内蔵されたランタンを搭載。また、雨中でも使える防滴構造を採用しているなど、さまざまなシチュエーションで活躍するおすすめモデルです。

湾曲したレンズの採用により、テーブル上に立て置きした際に横から光が見える仕様。消し忘れを防げて便利です。転がりにくい楕円形ボディでテーブルから落下しにくいほか、付属のハンドストラップを手首にかけておけば、持ち運び時の落下も防げます。

東芝(TOSHIBA) LED常備灯 KFL-321

東芝(TOSHIBA) LED常備灯 KFL-321

壁や柱に取り付けて、外すと自動的に点灯するLED懐中電灯。蓄光リングにより、消灯後でも位置を把握しやすいのが特徴です。本体を引き抜くと自動的に点灯し、再び取り付け台に差し込むと消灯する仕組みで、難しい操作は一切不要。価格が安いので、停電時の常備灯として数か所に設置しておくのもおすすめです。

単3形アルカリ乾電池2本で、連続約30時間の使用が可能。直径5mmの高輝度白色LEDは寿命約4万時間と、長期間使用できます。

ジェントス(GENTOS) MAGNUMシリーズ MG-843D

ジェントス(GENTOS) MAGNUMシリーズ MG-843D

P66準拠の防水・耐塵性を備えているLED懐中電灯です。ハイモード時は240ルーメンの優れた明るさを実現。また、2m上からの落下耐久性も備えています。単4形乾電池を3本使用するタイプで、モードによって5~32時間使用可能です。

アンチローテートデザインの採用により転がりにくく、テーブルから落下しにくい仕様。さらに、「スライドフォーカスコントロール機能」の搭載により、スポットビームからワイドサークルビームまで照射範囲を自在に切り替えられるのも便利なポイントです。

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ SG-400

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ SG-400

200ルーメンの明るさを備え、遠くまでしっかり照らしやすいLED懐中電灯です。照射角度を無段階で調節できる「ツイストフォーカルコントロール機能」を搭載。ヘッド部をツイストさせれば、スポットビームからワイドビームまでシーンに応じて照射範囲を調節できます。

単3形乾電池2本使用して約11時間連続使用できるほか、エネループの使用も可能。IP64準拠の防水・防塵性能と、2m上からの落下にも耐えられる耐久性を備えており、過酷な状況で使用したい場合におすすめのモデルです。

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ SG-409R

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ SG-409R

2000mAhの専用リチウムイオン充電池を内蔵した、充電式のLED懐中電灯。約3.5時間の充電で4~11時間使用できるモデルです。USBケーブルを使って充電するタイプで、パソコンやモバイルバッテリーから給電可能。車内の装備によっては車でも充電できるため、AC電源を確保できないときにおすすめです。

ツイストフォーカスコントロール機能を搭載しており、スポットビームからワイドビームまで無段階調節ができるのも便利。最大480ルーメンの優れた明るさを確保できるほか、IP64準拠の高い防水・防塵性能も備えています。

レッドレンザー(LED-LENSER) フラッシュライト MTシリーズ MT10 500843

レッドレンザー(LED-LENSER) フラッシュライト MTシリーズ MT10 500843

リフレクターとレンズを組み合わせた「アドバンスフォーカスシステム」を採用したLED懐中電灯。広範囲にムラなく配光し、隅々まで明るく照らします。明るさ最大1000ルーメンの優れた光量が魅力。最大クラスの明るさを求めている方におすすめです。

繰り返して使える専用充電池を使用し、約6時間の充電で最大144時間の長時間使用が可能。片手でヘッドをスライドさせてビームパターンを調節できる、高い操作性もおすすめポイントです。

レッドレンザー(LED-LENSER) フラッシュライト Pシリーズ P7 501046

レッドレンザー(LED-LENSER) フラッシュライト Pシリーズ P7 501046

遠方照射性に優れたLED懐中電灯です。37mmのフォーカスレンズを搭載しているのが特徴。遠距離照射に適したリフレクターと近距離照射に適したレンズを一体化する独自技術「アドバンスフォーカス」により、分散ロスを抑えた効率のよい集光を実現しています。

ボディの素材に、航空機にも使用されるアルミ合金を採用しているのもポイント。耐久性に優れているほか、高級感のある表面仕上げも魅力です。腰に装着して持ち運べる丈夫なポリアミド製ポーチも付属しており、擦り傷などからしっかり守れます。

レッドレンザー(LED-LENSER) ヘッドライト Hシリーズ H14R.2 7299-R

レッドレンザー(LED-LENSER) ヘッドライト Hシリーズ H14R.2 7299-R

ドイツのポータブルライト專門ブランド「レッドレンザー」が販売する、ヘッドライトタイプのLED懐中電灯。頭部に装着して両手が使えるため、作業や釣り、登山などにおすすめのモデルです。USBケーブルで充電できるほか、単3形アルカリ乾電池4本でも使用できます。

大口径フォーカスレンズの搭載により、最大300mの距離まで照らせる優れた明るさを実現。また、自分の居場所を知らせる赤色灯としても使えるレバースイッチを備えているほか、ヘッドを前後にスライドさせるだけで無段階にビームパターンを調節できるのも便利なポイントです。

ライテックス(RITEX) 懐中電灯付 LEDセンサーライト ASL-030

ライテックス(RITEX) 懐中電灯付 LEDセンサーライト ASL-030

人感センサーライト・懐中電灯・卓上ライトの1台3役で使えるLED懐中電灯です。着脱式ホルダーが付属しており、玄関や廊下などに設置すれば、人を感知したときに自動で点灯する仕様。人がいなくなると約20秒後に自動で消灯するため、無駄な電力消費を抑えられます。

小型ながら、センサーモードで約300日、連続点灯で約35時間の長期使用が可能で、乾電池の消費をなるべく節約したい方にもおすすめです。着脱式ホルダーから外せば、そのまま夜間の散歩や停電時のライトとして使用可能。スポットLEDライトで特定方向を照らすのにも適しています。

Phyismor ラジオライト

Phyismor ラジオライト

FM・AMラジオを受信できるLED懐中電灯です。電源は単4形乾電池のほか、USB充電・手回し充電・ソーラー充電に対応。スマホへの充電も可能で、災害時の備えとしておすすめのモデルです。また、スマホをAUX端子に接続すれば、音楽を再生するモバイルスピーカーとしても活躍します。

満充電状態でLEDライトとラジオを18~20時間、AUX接続では30~35時間の音楽再生が可能です。充電時間はUSBで6~7時間、手回し充電で7時間、ソーラー充電で50時間。手回しで1分間充電した場合の使用目安はLED15~20分間、ラジオは5~10分間と、突然の充電切れにも対応できます。

VADIV 手回し充電ライト

VADIV 手回し充電ライト

手回し充電とソーラー充電に対応したLED懐中電灯。約1分間の手回しで、10分程度のLEDライトの使用が可能です。また、ソーラーパネル面を直接太陽光に当てれば、自動的に充電を開始します。超小型設計で持ち運びがしやすく、災害発生時の防災グッズとして備えておきたいおすすめモデルです。

カラビナを搭載しているのもポイント。キーホルダーで腰にぶら下げたり、リュックに付けたりできるなど携帯性にも優れています。