床や家具、棚の上の小物まわりなど、さまざまな場所の掃除に便利な「ハンディモップ」。一家に1本あると重宝しますが、選ぶなら用途に合った使い勝手のよいものがおすすめです。

今回は、ハンディモップの種類や性能に着目しながら選び方を解説します。おしゃれなデザインのモノや使いやすいおすすめのモノについてもご紹介するので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ハンディモップの選び方

用途に合ったサイズをチェック

使い捨てタイプ

By: amazon.co.jp

使い捨てのモップを取り替えられるタイプは、お手入れする手間がかかりにくく、使ったあとの後処理が楽なのが魅力。また、モップをすぐに取り替えられるため、さまざまな場所を一気に掃除したり、広い範囲の掃除をしたりするときに便利です。

使い捨てのモップ部分は、製品によって形状やサイズが異なります。抗菌作用が謳われているモノや乾拭きに特化したモノなど、さまざまな製品が展開されているため、使いたい場所に適したタイプを選ぶことはもちろん、複数のハンディモップを用途別に用意するのもおすすめです。

洗えるタイプ

By: rakuten.co.jp

洗えるタイプは、頻繁にモップを買い足す必要がないため、ランニングコストがかかりにくいのが魅力。ホコリが気になる箇所を毎日少しずつ掃除したい方などにおすすめです。ホコリの吸着力が気になる方は、羊毛やマイクロファイバーなど、モップ部分に使われている素材をチェックしておくと安心です。

また、モップ部分のボリュームが多いと場所を取るため、収納スペースが気になる方は、壁にかけられるタイプや収納ケースに入れられるタイプのモノを選んでみてください。

機能をチェック

高い場所の掃除に便利な「伸縮タイプ」

By: amazon.co.jp

ハンディモップの取っ手部分が伸縮するタイプは、棚の上や照明、目では見えない高い場所の掃除をする際に活躍します。特に、100cm前後伸縮できるタイプのモノなら、エアコンの上側などの高いところの掃除にも使えて便利です。

使いたい場所の高さに合わせて掃除できるよう、「無段階調節」「伸縮」などを謳っているハンディモップは、伸ばしたときの最大の長さをチェックしておきましょう。

物に合わせて形を変えられる「変形タイプ」

By: rakuten.co.jp

狭くて深い隙間や角度のついた高所の棚、凹凸のあるモノなどの拭き掃除がしたいときには、掃除したい場所にフィットしやすい変形タイプがおすすめです。モップ部分自体の形が変わるモノや、本体部分の首振りの構造やヘッドのしなやかさを活かして掃除できるタイプもあります。

グリップ部分が回転するタイプなら、並んだ本の上など凹凸に合わせてスムーズに掃除できるため便利です。

「折りたたみタイプ」なら収納しやすい

By: rakuten.co.jp

掃除道具をすっきり片付けたい方はハンディモップの構造にも注目してみてください。取っ手部分が折りたためるタイプは、収納時にしまいやすいため便利です。さらに、本体自体がコンパクトな設計のモノであれば、棚の上や車のなかなどちょっとしたスペースにも収納できます。

折りたたみタイプ以外にも、取っ手とヘッド部分が組み立てられるタイプもあるため合わせてチェックしてみてください。

デザインも重要

By: rakuten.co.jp

気になったときに素早く掃除ができるよう、見えるところにハンディモップを準備したい場合には、自宅のインテリアに映えるようなデザインのモノを選びましょう。おしゃれなハンディモップを探している方は、シンプルな羊毛のタイプがおすすめ。なかには、モップ部分にモチーフや柄があるかわいいハンディモップもあります。

見栄えが気になる方は、収納ケース付きのモノにも注目してみてください。デザイン性に優れたモノやシックなカラーのモノなど、空間にも馴染みやすいケースがセットになっている場合もあるため、気兼ねなく置いておけます。

ハンディモップのおすすめ

花王(kao) クイックルハンディ本体伸び縮みタイプ

両面に吸着繊維が付いている、使い捨てタイプのハンディモップです。汚れたらすぐに取り替えられ、使い勝手がよいのが特徴。ホコリが吸い付きやすい柔らかな繊維を有し、花粉、ハウスダストも絡め取ると謳われています。

約100cmまで伸縮ができるうえ、ヘッドの角度を4段階で変えられるのも特徴。高い位置や隙間の奥、凹凸のある場所など、手の届きにくいさまざまな掃除に使うのにおすすめです。

アズマ(Azuma) ふわーとモップハンディー AZ631

手軽に身の回りの物を掃除できる扱いやすいハンディモップです。優れた吸着力の秘密は、厳選された上質な薬剤とモップ糸の素材。べたつき感や薬剤特有のニオイが少ないのが魅力です。ボリュームのあるモップの糸は繊維が細かく、素材自体の吸着力でホコリをキャッチします。

両面を無駄なく使えるように、グリップが回転する構造に設計されているのも特徴。凹凸のある場所でもフィットするよう、プレートがソフトタッチで程よくしなるのがポイントです。

ユニ・チャーム(unicharm) ウェーブハンディワイパー

凹凸のある場所や手の届かない隙間、照明などの家中の掃除におすすめのハンディモップです。抗菌加工を施した「抗菌EXファイバー」を採用しています。

同メーカーの従来品と比べて吸着力が150%も向上しているのも特徴。「からめる密着ファイバー」により、ホコリやゴミ、髪の毛などの細かな汚れも絡め取りやすく、逃しにくいのが魅力です。シートがソフトに広がることでより効率的にゴミを集めやすくしているうえに、表面はホコリが舞い上がりにくく設計されています。

セイエイ(Seiei) 取り替え式あみ戸びっクリーン ハンディタイプ 17640

あみ戸掃除におすすめのハンディモップです。特殊な断面形状を持つ繊維を採用しており、水に濡らして擦るだけと簡単に使えるのがポイント。中芯が入っているのでしなやかに曲げられて、掃除しにくいあみ戸の枠の際やサッシの溝も綺麗にできます。

また、程よい柄の長さで、掃除したい場所の高さにかかわらず使いやすいのがメリット。ブラシが汚れたらヘッドだけワンタッチで交換できる手軽さも魅力です。

レック(LEC) 激落ちほこりが取れるケース付ほこりモップ S00648

凹凸のある場所でも、しなるブラシがフィットし、ホコリをしっかり絡め取るハンディモップです。モップには高密度のブラシを採用しており、家具や小物の隙間のホコリやゴミをキャッチします。

モップに付いた汚れを落とせる「モップキレイケース」が付属しているのも特徴。ケースの内側にはクリーニングスポンジが設けられており、モップを抜き差しするだけでホコリが底に落ちる仕組みです。掃除からお手入れまで素早くできるため、時短で家事をこなしたい方はチェックしてみてください。

ティディ(tidy) コップ・ハンディモップ CL-665-200

コップのようなおしゃれな専用ケースが付属するハンディモップです。ケースに入った姿は室内のインテリアに馴染み、リビングや卓上などの人目につくようなところにも気兼ねなく置けます。木製のグリップを採用したデザイン性の高さもポイントです。

薬品を使わずに作られたモップ糸は、繰り返し洗って使えるタイプ。細かいモップ糸が細部のホコリをキャッチします。モップ部分のみ別売りもしているため、汚れが目立ってきたら交換することが可能です。

レック(LEC) ささっとハンディNEO

超極細繊維のマイクロファイバーで作られたハンディモップです。薬剤不使用でテレビ周りなどの電化製品の掃除にもおすすめ。細長い毛が溝や凹凸に入り込み、隙間などのホコリを素早く取れます。

モップ部分がしなりやすく、楽に掃除できるのも魅力のひとつ。汚れたら柄から外して洗濯できるので、繰り返し使えて経済的です。

ダスキン(DUSKIN) エレクトロン-E

掃除用具を数々手掛けているダスキンのハンディモップです。静電気の発生を抑える効果が期待できる導電性繊維を使用。特殊な独自技術により開発した「固定電荷」で、静電気を発生させずにホコリをキャッチすると謳っています。吸着したホコリを落としにくいのも魅力です。

パソコンやオーディオなど精密機械の掃除などにもおすすめ。また、障子や壁紙などのホコリ取りにも適しています。伸縮ハンドルとの付け替えも可能で、エアコンや照明器具などの高い場所の掃除にも活躍する汎用性の高い製品です。

ニトリ ロングモップから拭き用 8580489

高所や隙間など手の届きにくい場所の掃除におすすめのハンディモップです。特徴は、自在に曲がり変形するヘッド部分。好みの角度に曲げて、滑らすように使うだけで、物に沿うようにモップを当てられます。

乾拭きに適した柔らかなモール糸が、360度の汚れを吸着すると謳っているのがポイント。洗って何度でも使えるのも魅力のひとつです。

山崎産業 ムーンダスター F-EX

静電気の力でホコリをキャッチするハンディモップです。ビルメンテナンスをおこなうプロ向けから家庭向けの製品まで取り扱っている、山崎産業の「2989.jp」が展開する製品のひとつ。機能性や耐久性に優れているうえ、使いやすいデザインに仕上げられているのが特徴です。

優しい色味の本体とモップ部分の美しいカラーもこだわりポイント。ヘッドの角度は変えられるので、掃除場所にしっかりフィットしホコリを取ります。

インテリアカンパニー(INTERIORCOMPANY) ハンディモップ

かわいい動物のモチーフで掃除時間を楽しめるハンディモップ。毎日を楽しく演出するオリジナルデザインのアイテムを製作する、インテリアカンパニーの製品です。デザインは、カピバラ・オオカミ・ナマケモノ・ハリネズミなど幅広く展開されています。

モップ部分はマイクロファイバーでできており、細かいゴミもキャッチできるのが特徴です。片手で手軽に使えるサイズも魅力。洗って繰り返し使えるため、経済的なのもポイントです。

シェアスタイル(Share Style) ウィンドウモップ

車のフロントガラスに使えるハンディモップ。マイクロファイバーを採用したモップ部分がホコリやチリを吸着します。本体に加えて、モップ2つとスプレーボトルがセットになっている製品。モップの1つは水を吹きかけてガラスの汚れや曇りを落とす水拭き用として、もう1つは乾拭き用にと分けて使えます。モップは取り外して洗濯できるので衛生的です。

本体はナチュラルに手に馴染み効率的に使えるよう、人間工学に基づいて設計されたエルゴノミックデザインを採用。柄の部分を小さく分解できるので、車のグローブボックス内にも収納できます。車の窓はもちろん、家の窓を拭く際に使うのもおすすめです。

藤栄 ウールダスターS

インテリアとしてもおしゃれなウールのハンディモップ。ソフトタッチの羊毛は、紙ボコリや綿ボコリなども優しくしっかり絡め取るので、家具や床はもちろん、テレビやパソコンなどの電化製品といったデリケートな場所の掃除におすすめです。

ハンドル部分は趣のある天然木を使用。軽くて丈夫なうえ、握りやすさにこだわった形状で、扱いやすいのが魅力です。壁掛け収納できるように革紐が付いています。

むろの屋 ハンディモップ木製ハンドル

モップ専門店が作る品質の高いハンディモップです。糸にはむろの屋オリジナルの高級マイクロファイバーを使用しています。性能を追求し独自の研究を重ね生まれた、ホコリを絡め取りやすい素材を採用。細い繊維のため、汚れを研磨しキャッチしたホコリを逃しにくいのが魅力です。

長めの外糸がほうきのようにホコリをかき集める役割を果たし、中糸がキャッチ。糸はわざと毛先をほぐしてゴミを絡めやすいように作られています。おしゃれな色柄やオリジナルの木製ハンドルなど、デザイン性も兼ね備えたハンディモップです。

MIクリエーションズ マイクロファイバーモップ LALA-20

小さくたためて置き場所を選ばないハンディモップ。ケース付きで縦置き、横置きにも対応しているので、車内のカップホルダーやパソコン横、卓上などの省スペースでも収納できます。吊り下げ穴付きでかけることも可能です。

素材には、超極細繊維であるマイクロファイバーを使用。細かいホコリを絡め取るうえ、ホコリを舞い上げにくく設計されているのも魅力です。テレビ画面などには乾拭き、本棚などには水拭きなど、どちらの掃除方法にも対応できます。洗って繰り返し使える、環境や財布に優しいハンディモップです。

アマゾンベーシック(AmazonBasics) ハンディモップクリーニングダスター

マイクロファイバー製のダスターが3個とプラスチックハンドルがセットになった、室内用のハンディモップです。ボリュームのあるマイクロファイバーモップは、ホコリを効果的に吸着しながら、空気中へホコリを逃しにくい素材。柔軟性のあるゴムでセットできるのでハンドルからの着脱も簡単です。洗濯機で洗えるため繰り返し使えます。

楕円形の形状で隅々まで拭きやすく、棚やカウンター、電子機器、車内のインテリアといったさまざまな場所の掃除におすすめ。自宅はもちろんオフィスでも活躍します。表面はソフトな質感で、擦らず優しく掃除できるのも魅力です。

エレコム(ELECOM) クリーニングブラシ 多機能タイプ 収納ケース付き KBR-011

手の届きにくい高所や不快隙間の掃除がしやすい、多機能タイプのハンディモップです。柄の部分は、Pushボタンを押しながら回転させて9段階もの角度調節が可能。長さは最長48.5cmまで無段階調節ができます。掃除したい場所に合わせて設定できるため、さまざまな場所を掃除したい方におすすめです。

インテリアを損なわない、シンプルなカラーリングも魅力。ケース付きで使っていないときも清潔に保てるうえ、見た目も綺麗にしまっておけます。毛の部分は汚れが気になったら別売のモノに交換可能です。

トレードワン(TRADEONE) スマートロングモップ

天井が高く、照明・窓・ファン・エアコンなどの掃除が大変という方におすすめのハンディモップです。本体は、最長280cmまで伸ばせるうえ、先端のモップ部分が曲がるため、見えない位置の掃除も楽にできます。

本体の素材には、丈夫なステンレスを採用。軽量設計なのもこだわりのひとつです。長く伸ばせてスリムなハンディモップは、動かせない家具や家電製品の隙間の汚れ取りにも活躍します。モップは比較的ランニングコストがかからない洗えるタイプなので、繰り返し使えるのも魅力です。