かつて男性は荷物が少なく、手ぶらなど身軽な状態で出かけるスタイルが一般的でした。しかし、最近では男性も持ち歩く荷物が増えている傾向にあり、バッグを持ち歩く人がほとんどです。

ショルダーバッグだと荷物が入りきらないという方には、たくさん入れられるメッセンジャーバッグがおすすめ。そこで今回は、機能的でおしゃれなメッセンジャーバッグの定番ブランドをご紹介します。

メッセンジャーバッグとは?

By: zozo.jp

メッセンジャーバッグは、自転車に乗るときに持つバッグとして作られたアイテム。安定感のある太いストラップを斜めにかけて背負うスタイルが特徴です。

「ナイロン」などの耐久性に優れた素材を採用しているのが一般的で、撥水加工や防汚加工を施したモデルもラインナップしています。ハードに使うシーンを想定しているため、比較的タフに作られているのもポイント。気を遣わずに使用できるのが人気の理由です。

ショルダーバッグとの違い

By: zozo.jp

メッセンジャーバッグは、接地面が広い平らな作りが一般的。背面がしっかりとフィットする形なので、バッグがあまり左右に動くことなく安定した状態を保てます。また、肩の負担が少ない太めのストラップを採用しているのも特長です。

一方、ショルダーバッグもストラップを斜めに掛けて使用しますが、メッセンジャーバッグのような安定感は少なめ。なお、バリエーションは比較的豊富で、小ぶりなモノから容量の大きいモノまで用途に応じて使い分けられます。

ちなみに、最近はメッセンジャーバッグをショルダーバッグとして使用する人もいるなど、その境界線がやや曖昧。双方の要素を持ち合わせた小ぶりのメッセンジャーバッグも人気です。

メッセンジャーバッグの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

メッセンジャーバッグは、荷物がたくさん入る大容量なモデルから、ショルダーバッグに近いコンパクトなモデルまでサイズやバリエーションが豊富。自分に必要な大きさはどれくらいなのかをしっかり考えて選ぶのがポイントです。

通勤や通学に使うのであれば、参考書やパソコンなどの荷物がスムーズに出し入れできる大容量モデルがおすすめ。耐久性や撥水性を備えた高機能なメッセンジャーバッグだと、使い勝手がよいです。なお、休日のお出かけに使用する場合は、動きやすさを重視した軽量コンパクトなモデルがおすすめです。

ブランドで選ぶ

By: zozo.jp

メッセンジャーバッグを「ブランド」で選ぶ場合は、機能性に特化したモデルを取り扱うブランドやデザイン性を重視したブランドなど、その特性を把握した上で、自身のニーズに合ったメッセンジャーバッグを探しましょう。

メッセンジャーバッグのおすすめ
クローム(CHROME)

1995年にコロラド州で誕生した「クローム」。現在はサンフランシスコを拠点としています。頑丈な素材を採用した実用的な製品は、日本でも高い支持を得ています。バッグのほかウェアからシューズまで幅広く展開しているブランドです。

クローム(CHROME) メッセンジャーバッグ ミニメトロ

クロームの定番モデル「ミニメトロ」。高い強度を誇るコーデュラナイロンを採用しているので、ハードに使いこなせます。全天候型タイプで、雨にもしっかり対応できるのがおすすめポイントです。

A4サイズの書類がしっかり収まる余裕の容量や筆記用具や小物などを入れられるポケットなど、機能面も充実しています。「EVAフォームショルダーパッド」を採用しているため肩の負担は少なめ。通勤や通学におすすめのメッセンジャーバッグです。

メッセンジャーバッグのおすすめ
ポーター(PORTER)

言わずと知れた日本のカバンメーカー"吉田カバン"のメインブランド「ポーター」。カジュアル感の強い「タンカー」や「フリースタイル」をはじめ、さまざまなシリーズを揃えており、幅広い年代から人気です。“一針入魂”という社是のもと、日本製にこだわった質の高い製品を作り続けています。ほかのブランドとのコラボも積極的に行う話題性の高いブランドです。

ポーター(PORTER) リフレクト メッセンジャーバッグ

「ポーター」のリフレクトシリーズは、アメリカの消防服の配色にインスパイアされたデザインが特徴。消防士に欠かせない“リフレクターテープ”をモチーフにしたネームタグを採用しています。また、「液流染め」という方法で染めたナイロン素材もポイント。生地本来の風合いが楽しめるおしゃれなアイテムです。

なお、表面の撥水加工と裏面のPVC加工によって防水性も良好。B4サイズの大きい荷物でもスムーズに入れられるので、ちょっとした旅行の際にも活躍してくれます。

メッセンジャーバッグのおすすめ
マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

1983年にニューヨークで誕生したブランド「マンハッタンポーテージ」。誰でも気軽に使えるシンプルなデザインの製品が多く、日本でもカジュアルバッグとして人気です。また、耐久性に優れたコーデュラナイロンを使用しているのが特長。洗練されたおしゃれなデザインも人気の理由です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) メッセンジャーバッグ

「マンハッタンポーテージ」らしいシンプルなデザインで、気軽に使えるのが魅力。「コーデュラナイロン」を採用しているので、耐久性に優れているのもポイントです。サイズもコンパクトなので、休日のお出かけにぴったりのアイテムとしておすすめです。

メッセンジャーバッグのおすすめ
ワームデザインラボ(worm design lab)

メッセンジャーバッグやバックパックなど、本格的なバッグを作り続けているバッグブランドの「ワームデザインラボ」。シンプルながら味のあるデザインが魅力のほか、ショルダーベルトが広くてクッション性が非常によいのもポイントです。

ワームデザインラボ(worm design lab) CITY COMMUTER MESSENGER

「ワームデザインラボ」がリリースしているメッセンジャーバッグの中でも、比較的コンパクトなモデル。メインの収納部や前面のフラップに小物収納ポケットが数多く備えられていて、荷物をラクに整理できます。

クッション性が高い太めのショルダーベルトを採用しており、長時間掛けていても疲れにくいのが特長。コンパクトなサイズでも、機能面で手を抜かない作りの良さが魅力です。