栄養価が高く注目されている「オートミール」。最近では、オートミールを使った料理やお菓子などのアレンジレシピも多く紹介されています。しかし、オートミールには多くの種類があるため、選ぶのが難しいという方もいるはずです。

そこで今回は、オートミールのおすすめの商品をご紹介。オートミールの種類や選び方もあわせて解説するので、ぜひ自分に合ったオートミールを選んでみてください。

オートミールとは?

オートミールは、オーツ麦(燕麦)を食べやすく加工した食品。オーツ麦を蒸したり挽いたり、ローラーで引き伸ばしたりしたモノです。外皮を残したまま加工するため、栄養価が高いとされています。

白米と比べて、約20倍もの食物繊維を含んでいるのが特徴。アメリカや欧米諸国では古くから親しまれていますが、日本でも美容・ダイエット・離乳食などの分野で注目されており、オートミールを選ぶ方が増えつつあります。

オートミールの種類

スティールカットオーツ

By: amazon.co.jp

外側の皮を剥いてカットをした状態のオートミールで、「カットオーツ」とも呼ばれます。あまり加工をしていないので調理に手間がかかりますが、栄養価が高いのが特徴。粒がかためで食感があり、食べ応えがあります。

かたくてそのままでは食べにくいので、水に浸して柔らかくする手間が必要。また、パンに混ぜることも多い種類です。

ロールドオーツ

By: myprotein.jp

オーツ麦を蒸してローラーで平たくし、さらにローストしたモノ。「テーブルオーツ」とも呼ばれます。調理にあまり時間がかからないのがメリット。手軽に食べられるうえ、食べ応えがあるため、ご飯の代わりに使えます。

そのままでも食べられるので、グラノーラやミューズリーの原料としても使われるのが特徴。ひと粒ひと粒の食感がしっかりしているのもポイントです。

クイックオーツ

By: amazon.co.jp

ロールドオーツをカットして、食べやすくしたモノ。加工段階で蒸したりローストしたりしているため、調理時間を短縮できるのがポイントです。

牛乳やヨーグルトに浸してそのまま食べることが可能。また、ひと粒ひと粒の食感があるので、グラノーラやクッキーなどのアレンジ料理にも向いています。

インスタントオーツ

By: amazon.co.jp

クイックオーツをさらに薄く加工したのが、インスタントオーツです。クイックオーツよりも、さらに短時間で調理が可能。水を含ませると粘り気が出るのが特徴で、離乳食や介護食にも活用されています。

スムージーやヨーグルトなどとあわせて、そのまま食べられるのが便利。アレンジレシピも豊富で、使い勝手のよいオートミールです。

オートミール選び方

内容量をチェック

オートミールは、内容量を確認して選ぶのが大切です。200~300gほどのモノから、1~2kgの大容量のモノまで、さまざまな商品があります。なお、1回で食べる量はおよそ20〜50gほどなので、食べるペースも考慮して選んでみてください。

未開封時の賞味期限が長いモノも多くありますが、開封後は品質が劣化する前に食べるようにしましょう。頻繁にオートミールを食べない方には、少量ずつ小分けにされた商品もあるので、あわせてチェックしてみてください。

容器をチェック

オートミールの容器は、チャックの付いた袋タイプが多い傾向にあります。手軽で使いやすく、しっかりと密閉が可能。外蓋の付いたプラスチック缶の商品も保存に便利です。

袋にチャックが付いていない商品の場合は、袋をしっかり閉じるためのクリップなどが必要。別の容器に移して、ラップで密封する方法もあります。ただし、中身を劣化させないため、湿気のない場所に保存することが大切です。

コスパをチェック

内容量300gで1,000円のオートミールを1回30gずつ食べると、1食あたりにかかる価格は100円です。内容量や価格を見るだけでなく、1食あたりの価格からコストパフォーマンスを比較してみてください。

また、安価で大容量の商品を購入しても、早めに食べ切れないと品質が劣化してしまいます。頻繁に食べない場合は、300g程度の少量サイズを多めに購入するのもおすすめです。

オートミールのおすすめ

オドラムズ(Odlums) 挽き割りオートミール

160年以上の歴史を持つアイルランドの製粉メーカーが作った、スティールカットタイプのオートミール。風味が豊かなアイルランド産オーツ麦を使用しています。食感がよく、歯応えがあるのが特徴です。

じっくりと煮込んでおかゆにして食べるのがおすすめ。おしゃれなデザインが施された箱に入っており、キッチンやテーブルを華やかに彩ります。

ボブズレッドミル(Bob’s Red Mill) オーガニック スティールカットオーツ

USDAや有機JASなどの認証を受けた、有機オーツ麦を使用しているオートミール。スコットランドで毎年開催される、オートミールの世界大会でチャンピオンに選ばれた実績のある商品です。

加工段階で加熱調理されていないスティールカットタイプ。塩や水などと一緒に10~20分ほど煮込んで食べるのがおすすめです。牛乳やはちみつなどを加えると、さらに味わいが増します。

こめたつ オートミール 自然の蔵

有機JAS認証を受けた原材料を使用しているオートミールです。化学肥料や化学農薬を使わずに有機栽培したアメリカのオーツ麦を100%使用。粒に厚みが出るように仕上がっており、砕けにくく食べ応えがあります。

グラノーラのほか、クッキーやパンを作るのにもおすすめ。厚みがあって粒がしっかりしているので、お米の代わりにも使えます。チャック付きの袋に入っており、内容量は800g。コストパフォーマンスがよいのも魅力です。

マイプロテイン(MY PROTEIN) ロールドオーツ オートミール

By: myprotein.jp

シンプルなパッケージデザインが特徴的なオートミールです。マイプロテインはイギリスのスポーツ栄養ブランド。自社の厳しい検査に加え、第三者品質認証機関で徹底した品質管理を行っています。

水や牛乳と混ぜ、おかゆにして食べるのがおすすめ。また、筋トレの後にプロテインに混ぜても楽しめます。内容量は2.5kgと5kgの2種類。同メーカーのシュガーフリーシロップを使うと、糖分を抑えつつ甘みを加えることが可能です。

ライスアイランド オートミール

オーストラリア産のオーツ麦を使用したオートミール。皮ごと食べられる柔らかいオーツ麦で、グラノーラやサラダなどに向いています。また、砂糖を含む甘味料を使っておらず、素材そのものの味を楽しめるのが特徴です。

1kgの大容量で、コストパフォーマンスのよい商品。未開封時の賞味期限は180日です。開封後は直射日光や高温多湿を避けて保管し、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。

光生 オートミール

オーガニック認定を受けたオーツ麦を使用している、ロールドオーツタイプのオートミール。食感がしっかりしており、食べ応えがあって腹持ちがよいのが特徴です。ヨーグルトと混ぜたり、水を加えてあたためたりして食べるのに適しています。

900gの大容量で、コストパフォーマンスにすぐれた商品。遮光性のあるアルミ素材を使用したチャック付きの袋を使用しており、保存しやすいのも嬉しいポイントです。

アリサン(ALISHAN) 有機 オートミール

アメリカの有機オーツ麦を100%使用したオートミール。オーガニック食品を中心に扱うメーカーの商品です。牛乳や豆乳をかけてそのまま食べたり、クッキーやグラノーラを作ったりするのに向いています。

内容量は500gと1kgの2種類をラインナップ。袋にチャックが付いていないので、開封後はクリップなどで密封するか、小さな容器に移してラップで密閉するようにしましょう。

アララ(ALARA) オーガニック ジャンボオーツ

有機JAS認証を取得したイギリスのシリアルブランドが作ったオートミール。食べ応えのある粒の大きさが特徴です。スープにそのまま入れて楽しめるほか、クッキーを作るときに入れると、しっかりとした食感になります。

砂糖・食塩・油分を使っていないので、素材本来の味を楽しめるのが魅力。内容量は800gで、チャック付きの透明な袋に入っています。

日本食品製造(Nisshoku’s) 日食オーツクイッククッキングタイプ

レトロなパッケージが印象的なクイックオーツタイプのオートミールです。日本食品製造は10年以上北海道でオートミールを製造しているメーカー。特殊焙煎により、日本の食文化に合ったクセのない商品に仕上げています。

遺伝子組み換えをしていないオーツ麦を使用。厚みがあり粒の食感を感じられるので、グラノーラやクッキーを作るのに使えます。食べやすく、オートミールを初めて食べる方におすすめです。

・2袋セット

・3袋セット

ニチガ(NICHIGA) オートミール クイックオーツ

日本人に合わせて食べやすく加工されたオートミール。フレーク状なので、スープや牛乳などに浸してそのまま食べたり、サラダのトッピングにしたりするのに便利です。内容量500gでチャック付きの袋に入っています。

アメリカ・オーストラリア・フィンランド産のオーツ麦を使用。遺伝子組み換えでなく、農薬も一定量以上含んでいません。また、保存料や着色料を使用せず、国内の工場で加工されています。

富澤商店(TOMIZ) オートミール

食感や風味にすぐれたオートミールです。1919年からパンやお菓子の材料を販売している富沢商店の商品。クッキー作りやパン作りなど、さまざまな用途に活用できます。

オーストラリア産のオーツ麦を使用。内容量は150gと1kgのほか、20kgのモノもラインナップされています。未開封時の賞味期限は製造日から240日間です。

ビオルグ(BjoRG) オートミール

1988年にフランスで創立されたブランド「ビオルグ」のオートミール。ドイツの有機オーツ麦を使用しているのが特徴です。有機JAS認定を受けています。

砂糖不使用で、オーツ麦の素材の甘さを楽しめるのも魅力。ヨーグルトやサラダのトッピングに適しています。袋入りで容量は500gです。

クエーカー(QUAKER) インスタントオートミール メープルブラウンシュガー

ほんのりと甘い味が付いているオートミールです。1袋につき約43gずつ小分けになっており、計量する必要がないのが嬉しいポイント。旅行先や職場などに携帯して手軽に使えます。

メープルブラウンシュガーの風味を加えた、ほんのりとした甘さが特徴。オートミールの風味が苦手な方でも楽しめます。水を加えてあたためるだけで、すぐに食べられるオートミールです。

・1箱

・3箱セット

ケロッグ(kellogg’s) オートミール

毎日の食事で手軽に使えるオートミール。発酵性食物繊維入りで、糖質は控えめなのが特徴です。インスタントタイプのオートミールで調理が簡単。30gのオートミールを水に入れて、レンジで1分間あたためるだけで、お米の代わりになる主食が作れます。

熱を加えることでオートミールの香ばしさが引き立つのがポイント。内容量は使い切りやすい330gで、チャック付きの袋に入っています。商品の裏に、レンジで作れる簡単主食レシピが掲載されているのも便利です。

日本食品製造(Nisshoku’s) プレミアムピュア オートミール

薄くて柔らかい、なめらかな食感のオートミールです。和風出汁を入れたおかゆなどを作るのにおすすめ。内容量は使い切りやすい300gで、チャック付きの袋に入っています。コンパクトで価格が手頃なので、ストックするのに便利です。

乳児用規格適用食品の許可を受けた商品。水を加えるだけでかたさを調節でき、短時間で離乳食や介護食が作れます。また、日本人に合わせて加工されているのもポイントです。

・1袋

・2袋セット

エルサンク・ジャポン 有機オートミール

フランスの有機オート麦を使用したオートミール。フランスの提携工場から仕入れ、日本の有機認定工場で小分けをしています。噛めば噛むほど風味が広がり、素材の味を楽しめるオートミールです。

小粒タイプで、牛乳などをかけたりスープに加えたりして楽しめるのがポイント。クッキーやケーキを作るのにも活用できます。内容量は使い切りやすい250gです。

・1袋

・6袋セット

クエーカー(QUAKER) インスタントオートミール

繊細でなめらかな食感を楽しめるオートミールです。薄く伸ばして加工されており、調理に時間がかからないのが嬉しいポイント。熱湯やホットミルクを注いでかき混ぜれば、すぐに食べられます。

オーストラリア産の全粒オーツ麦を使用。内容量は1kgで、プラスチックのボトルに入っています。開封後はしっかりと蓋を閉めて、涼しい場所に保管してみてください。

ネイチャーズパース(Nature’s Path) オーガニック ホットオートミール オリジナル

砂糖や塩を使わず、オーツ麦の自然な甘さを楽しめるオートミールです。オーガニック認証を受けた、遺伝子組み換えでない有機オーツ麦を使用。素材そのもののほのかな甘さを楽しめます。

内容量は400gで、50gずつ8袋に小分けされているのが特徴です。熱湯をかけたり、水を注いでレンジであたためたりして食べるのがおすすめ。はちみつや牛乳などを加えて、甘さを足しても楽しめます。

日本食品製造(Nisshoku’s) フィンランド産オーガニックオートミール

フィンランド産の有機オーツ麦を100%使用したオートミール。オーツ麦の栽培に適した気候のフィンランドで土にまでこだわって作られており、ほんのりとした素材の甘みを感じられる味わいが特徴です。

内容量は使い切りやすい330g。容器の口部分が広く、中身を取り出しやすいのも嬉しいポイントです。

・1袋

・4袋セット

オートミールのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

オートミールのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。