タイヤが適正な空気圧に保たれているかを測定できる「車用エアゲージ」。展開されているタイプや、備わっている機能などによって使い勝手が異なるため、用途に適したモデルを選ぶのがポイントです。

そこで今回は、車用エアゲージの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合った車用エアゲージを選ぶための参考にしてみてください。

エアゲージとは?

By: monster-sport.com

車両のメンテナンスを行うための道具で、タイヤの空気圧チェックに使用するのがエアゲージです。タイヤの空気圧が保たれているかを測定するために用いられます。

愛車をメンテナンスするうえでタイヤの空気圧チェックは非常に重要なポイント。空気圧が低すぎたり高すぎたりといった、適切な数値に保たれていない状態では、タイヤが早く劣化しやすく、走行性能に悪影響を及ぼす可能性もあります。

自分専用のエアゲージがあれば、日常的にこまめな空気圧チェックを手軽に行えるのがメリットです。

エアゲージの選び方

タイプをチェック

乗車前に空気圧を確認するタイプ

By: amazon.co.jp

車両を停車させている状態で使用するのが、乗車前に空気圧を確認するタイプ。一般に比較的普及しているタイプの車用エアゲージです。タイヤに設置されているバルブのキャップを取り外してエアゲージの口を押し当てると、メーターが示す数値で簡単に空気圧が測定できます。

価格が安い製品が多く展開されており、手軽に使いやすいのも魅力。また、コンプレッサーに接続して空気が充填できるモデルもラインナップされています。コンプレッサーに接続できるタイプは、測定時に空気圧が足りない場合にすぐに空気充填ができて便利です。

乗車中に空気圧を確認するタイプ

By: amazon.co.jp

乗車中でも空気圧が確認できる車用エアゲージ(空気圧モニタータイプ)も展開しています。センサーを搭載したバルブキャップをタイヤに取り付け、受信機によって車内から空気圧を確認する仕組みです。

走行中でも常にタイヤの空気圧がチェックできるため、状態の変化に気づきやすいのがメリット。急な空気圧の低下など、トラブルが起こった際にもスムーズに対応できます。乗車前に直接タイヤの空気圧をチェックする作業の手間を省きたい方にもおすすめのタイプです。

タイヤ内の温度がチェックできるモデルも

By: amazon.co.jp

タイヤの空気圧は、内部の温度によっても影響されます。温度が上昇すると空気の膨張により空気圧は高くなり、温度が低下すると空気の収縮により空気圧は低くなるのが特徴です。

そこでおすすめなのが、タイヤ内の温度がチェックできるタイプのエアゲージ。乗車中に空気圧を確認する空気圧モニタータイプには、タイヤ内の温度がチェックできる機能も搭載されています。気温変化や摩擦などに左右されるタイヤ内の温度を、走行中にしっかりと管理するのに有効です。

エアゲージのおすすめ

エーモン(amon) エアゲージ プレミアムグレード 8820

実用的なカーアイテムを豊富に取り扱うメーカー「エーモン」が展開する車用エアゲージ。口金にエア漏れ防止機構を採用し、正確な空気圧の測定が行いやすいモデルです。ホース付きなので、バルブの位置に関係なくメーターを手元で確認でき、乗車前の空気圧チェックもスムーズに行えます。

本体はダイヤフラム式を採用。高い耐衝撃性を備えており、落下などによる狂いが少なく高精度な空気圧測定を実現します。また、盤面サイズは直径78.5mmと大型で、目盛りが見やすいのもポイントです。

さらに、エアゲージが収納できるハードケースも付属。内部にはスポンジ材が備わっているため、さまざまな衝撃から本体を守ります。高い精度での測定や、保管のしやすさにこだわって選びたい方におすすめの車用エアゲージです。

エーモン(amon) エアゲージ(ペンシル)A58

ペンシル型で携帯しての使用にもおすすめの車用エアゲージ。非常にコンパクトなので使いやすく、乗車前の空気圧チェックが簡単に行えるのが魅力のモデルです。バルブに口金を押し付けると、本体下部よりゲージスティックが出てきて空気圧の確認が行えます。

測定値は最大で350kPaまでに対応。幅広い車種の空気圧を素早く手軽に測定できます。コンパクトな車用エアゲージを探している方は、チェックしてみてください。

モンスタースポーツ(MONSTER SPORT) エアゲージ 993121

本体にラバープロテクターが搭載されたエアゲージ。車両に常備する場合や、ツールボックスなどに収納して移動する場合の振動対策に有効です。長距離移動においても振動や衝撃を抑え、本体をしっかりとカバーします。

また、長さ45cmのホースも付いているので、バルブの角度など位置にも関係なくメーターの確認がしやすいのも特徴。スムーズな乗車前の空気圧チェックをサポートし、作業効率を高めます。

さらに、ホース接続部に設置されている減圧ボタンにより、空気圧の測定をしながらの減圧調節も可能。作業と携帯のしやすさを重視する方におすすめの車用エアゲージです。

AstroAI エアゲージ

45°の角度に加え、360°回転する口金を採用したエアゲージ。接続しにくいバルブの位置でも、スムーズな空気圧の測定が可能です。ホースも搭載されているため、口金をバルブに接続した状態のままメーターが見やすく、効率のよい作業をサポートします。

また、「リセット減圧ボタン」により、減圧の調節が可能。測定値の保持もできるので、バルブから外した状態でも数値が確認できて便利です。さらに、メーターのディスプレイは5.1インチと大型で数値が読み取りやすいのも特徴。バックライトも付いており、夜間でもメーターが確認できます。

空気圧測定作業に対する利便性の高い、おすすめの車用エアゲージです。

AstroAI デジタルエアゲージ

ウェアのポケットにも収まりやすいコンパクトサイズで、手軽に使いやすい車用エアゲージ。測定の数値はデジタル表記でわかりやすく、一目で読み取りやすいのが特徴です。ディスプレイにはバックライトも搭載されているので、夜間などの暗い環境でも使えます。

また、ノズルのヘッドをバルブに当てると迅速にチェックでき、数値の表記は0.5単位で高精度な測定が可能です。さらに、人間工学に基づいたハンドル形状で、手にフィットして握りやすいのも魅力。取り扱いがしやすく、効率よく作業が行えます。

測定後には、電源が30~40秒で自動的にOFFとなる仕様なので、電力ロスを抑えて使えるのもポイント。小型で使いやすく、効率のよさを追求する方におすすめの車用エアゲージです。

サミットツール(Summit Tools) エアゲージ ST-TIRE-PRES-1

コンパクトな車用エアゲージ。日常的なメンテナンスで手軽に使いたい方におすすめのモデルです。メーターにはゴムカバーが備わっているので、耐久性にも優れているのも特徴。落下などによる衝撃も軽減し、しっかりと本体を保護します。

また、測定値が保持できる仕様となっており、バルブから取り外してメーターの確認が可能。見にくい位置にバルブがある場合にも、スムーズな作業をサポートします。リリースボタンも搭載されているため、減圧調節も可能です。

アストロプロダクツ(ASTRO PRODUCTS) エアタイヤゲージ蓄光タイプ TG102

蓄光塗料が針と目盛りに施された車用エアゲージ。暗い場所での作業でもメーターの数値が読み取りやすいのが特徴です。メーターの直径は6.3cmと比較的大型なので測定値が見やすいのもポイント。ハンドルもトリガー式で操作がしやすく、作業の効率を高めています。

また、コンプレッサーとの接続により、空気の補填にも対応。口金部分にはバルブとの固定用のクリップも搭載されているため、手を放して作業が行えます。使いやすさと作業のしやすさにおいて、おすすめの車用エアゲージです。

プロテクタ(PRO-TECTA) Airmoni X

乗車中にリアルタイムでタイヤ内の空気圧と温度が計測できる、空気圧モニタータイプの車用エアゲージ。空気圧や温度に異常を検知した場合には、車内に設置するレシーバー本体に知らされます。

また、モニターはスマートですっきりとしたフォルムのボディでスタイリッシュ。車内のインテリアとして、おしゃれに使用できるのもポイントです。レシーバーはマグネットベースを採用しているため、簡単に脱着できます。

タイヤの異常を察知できるほか、デザイン性の高さも兼ね備えた車用エアゲージを取り付けたい方におすすめのモデルです。

Jelkuz タイヤ空気圧監視システム TY588

ディスプレイをフロントガラスに取り付けて使用できる、空気圧モニタータイプの車用エアゲージ。運転中に目線を下げる必要がなく、視認性に優れているのが特徴です。タイヤの空気圧や温度などの異常があれば、アラームによってドライバーに知らせます。

また、モニター本体にはソーラーパネルが搭載されており、USBポートと併用しての充電が可能。シガーソケットを独占せずに使えて便利です。さらに、車のドアが開く振動を感知すると電源がONになり、3分間の停車でOFFになる機能も備わっています。

走行中にディスプレイが見やすく使い勝手がよいのも魅力。初めて空気圧モニタータイプを取り付ける方にもおすすめの車用エアゲージです。

GreenGee タイヤ空気圧モニター

音声アラームによってタイヤの異常を知らせる、空気圧モニタータイプの車用エアゲージ。タイヤの空気圧や温度の異常だけでなく、センサーの不具合やバッテリー残量不足などもわかりやすく警告します。また、ソーラーとUSBによる充電が可能なので、シーンに応じて使い分けができるのもポイントです。

エンジンが起動すれば振動をセンサーが感知し、自動で電源がONになるのも特徴。振動が止まればディスプレイはスリープモードとなり、電力の節約にも貢献します。多機能搭載で利便性の高いおすすめの車用エアゲージです。

エアゲージのAmazonランキングをチェック

エアゲージのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。