音楽を聴きたいけどスピーカーで大きな音を鳴らせない…。そんな方には気兼ねなく音楽鑑賞できるイヤホン、ヘッドホン使用をおすすめします。イヤホン、ヘッドホンの特徴から、用途、目的別の選び方、おすすめ製品までご紹介。

アウトドアでのお供にもなるイヤホン、ヘッドホンをいつも側から離せなくほどの魅力を知ってください!

イヤホンの特徴

41vr84KMuML

By: amazon.co.jp

イヤホンは、耳の穴(耳孔)付近に小型のスピーカーを設置して、鼓膜に近い場所から直接、音を出すことで音楽を聴くことができるオーディオ機器。

ヘッドホンに比べても装着の負担も少なく、小型で携帯しやすいのもメリットです。近年はスマホや、ポータブルオーディオプレーヤーの普及によりイヤホンを愛用する方が増加中。幅広い価格帯に、膨大な製品が販売されています。

イヤホンの種類1 装着方式の違いによる分類

41Xl7ZIVeaL

By: amazon.co.jp

イヤホンの種類は、基本的な装着方式の違いによるものと、スピーカーの発音方式による分類が存在。

装着方法では、インナーイヤー型と、カナル型に分かれます。インナーイヤー型は耳の入り口にはめるように装着するタイプ。軽い装着感で長時間使用時も疲れにくいのがメリットです。

開放感のある音質が特徴。半面、外部からの騒音の侵入、外部への音漏れが多く、人前で、とくに大音量で聴くには向きません。かつては携帯音楽プレーヤーの付属品として広く普及していましたが、カナル型の普及により製品数は年々減少。

カナル型はシリコンなどの柔軟な素材でできたイヤーピースを、耳栓のように耳穴に差し込むイヤホンです。密閉性が高いため、人前での使用も気になりません。低音が充実した、細かい部分まで聴き取りやすい音質が特徴です。

半面、耳に合わないイヤーピースを選んでしまうと、長時間使用で耳が痛くなることがあります。現在主流の方式で、安価な価格から相当高価な製品まで非常に多くの製品が発売されています。

イヤホンの種類2 スピーカーの発音方式による分類

310pJDHSA5L

By: amazon.co.jp

スピーカーの発音方式による分類では、ダイナミック型。バランスド・アーマチュア型、コンデンサー型、複数方式のハイブリッド(混在)型があります。

ダイナミック型は一般的なスピーカーと同じ、丸い発音部(振動板)をコイルで動かす方式。非常に普及している方式で、極めて安価な製品から高価な製品まで使われる最も一般的な方式です。幅広い音域を安定した音質で再生可能。また、アンプへの負担も少ないなどメリットは多いです。

補聴器用の発音器をイヤホン用に改良したのがバランスド・アーマチュア型。ダイナミック型では得難い細かい音の繊細な再現力を持つことから、数万円以上の高級機を中心に採用が拡大しています。

欠点があるとすれば、幅広い音域をひとつのユニットで再生することが難しい。それを補うため複数ユニットを採用する高級機もありますが、大型化、高額化につながります。

繊細な音質への注目は高く、大手メーカーが低価格化に成功したことから、現在では数千円程度から購入可能です。現在のイヤホンブームの中心にある存在でもあります。

ダイナミック型とバランスド・アーマチュア型を両方採用するハイブリッド型もあります。両方のいいとこ取りの音質を狙う方式です。設計が難しく、価格も1万円以上はしますが、うまく作られた機種では高音質が望めます。

多彩な用途に対応する機能性と形状を持つ現在のイヤホン

41PZG2atZOL

By: amazon.co.jp

幅広い用途や利用シーンで活躍するようになった現在のイヤホン。用途に応じた機能性、使いやすい形状など、多様な製品が販売されています。

イヤホンを使用する際、邪魔になりがちなコード。ワイヤレスイヤホンならコードのわずらわしさから解放されます。外で音楽を聴くのに便利なイヤホン。でも、雑踏のなかでは騒音がうるさくて、音楽がよく聴こえない…。そんなときには、外部からの騒音だけを減少して音楽に集中できるノイズキャンセリングイヤホンがあります。

ランニングなどのスポーツのお供にも役立つイヤホン。耳かけ型やネックバンド型なら、動いてもずれにくく、快適に装着し続けられますよ。汗や多少の雨にも耐える防水タイプもあります。

イヤホンの選び方

好きな音楽ジャンル向けや音質のイヤホンを選ぶには

513rDr8E+ZL

By: amazon.co.jp

幅広い製品が販売されているイヤホン。どれでも、どの音楽ジャンルも音域も満遍なく再生できればいいですよね。現実にはそうではなく、意図的あるいは結果的に得意な音楽ジャンルや音域があるものです。逆にそうした傾向を活用して自分に向いたイヤホンを探すこともできます。

人気のバランスド・アーマチュア型は、ドライバー数が少なければ、繊細な音は出せても低音は苦手、多ければ繊細さに低音の力感も加わる、といった傾向。クラシックやアコースティック系に向くと言えます。

ボーカルを繊細に聴きたい方に最適。ダイナミック型は概して低音が得意で、ロックやポップス向きと言えます。ハイブリッド型は万能型の傾向です。

用途による音質傾向の違いもあります。プロ用のモニター用イヤホンは、素直で自然な音質を意図的に設計しているので、ダイナミック型であっても、クラシックにも向きますよ。重低音イヤホンを標榜する機種が大手メーカーから多数販売されています。もちろんこれらは低音を重視した音楽を得意にします。

機能、性能面でのポイント

41E1LWMGLiL

By: amazon.co.jp

最近はイヤホンに各種付属機能を求めるユーザーも増えています。コードが邪魔ならワイヤレスイヤホンです。現在のワイヤレスイヤホンはほとんど、Bluetoothに対応しています。送信側もBluetoothに対応したスマホなどプレーヤーを用意しましょう。Bluetoothを使用すると、音質は優先接続に比べて原理的に劣ることは付記します。

外部の騒音を減らして聴きたいならノイズキャンセリングイヤホン。しっかりした騒音低減性を求めるなら大手メーカー製の一定以上の機種をおすすめします。

イヤホンの性能面でのトレンドはハイレゾ対応です。ハイレゾは、CDを超える情報量と音域を持つ高音質音源のこと。イヤホンでのハイレゾ対応とは、高域の再生周波数特性が40kHzをクリアするものです。実際にはハイレゾ非対応のイヤホンでもハイレゾ音源の音が聴こえないわけではありませんので、ことさら気にすることはありません。

接続面にも選び方のポイントがあります。イヤホンの泣き所は本体とケーブルの接合部分での断線のしやすさにありました。着脱可能な機種が登場することで克服。現在は「リケーブル」と呼ばれるコード交換による音質変化を楽しむ文化も生まれています。断線を回避して末永く使うためにはおすすめの装備です。

装着感も重要

41rMxU-0QoL

By: amazon.co.jp

イヤホンの選び方の重要ポイントは、音質だけでなく、装着感ももちろん重要です。長時間、直接耳孔内に着ける可能性のあるイヤホンではヘッドホンよりも重要になります。イヤホンの装着感を左右するのはとくにカナル型でのイヤーピースの選択です。自分の耳孔の大きさに合った選択は、疲れないためにも重要ですよ。

イヤーピースには一般的なシリコンと耳の形状に合わせてフィットするフォームタイプがあります。実際に着けてみて確認するのが一番です。別売りで交換もできるので、後からでも対応可能。イヤホンとのジョイント部が合致するイヤーピースを選びましょう。

おすすめのイヤホン7選

エティモティック・リサーチ(Etymotic Research) イヤホン ER-4S

71bxTc2qzlL._SL1500_

商品価格 ¥ 24,580

バランスド・アーマチュア型イヤホンの元祖にして現役の名機。それまで補聴器用に使われていたバランスド・アーマチュア型を世界で初めてイヤホンに採用した記念碑的機種です。3段フランジ型という独特な形状のイヤーピースによる遮音性の高い装着感も特徴。

シングルドライバーとは思えないほどのスケール感のある再生音。今なお、方式と価格を超えて全てのイヤホンを代表する名機と言われます。アンプの出力を要求することと装着感が気にならなければ、高音質イヤホンとして真っ先におすすめ!

ゼロ・オーディオ(ZERO AUDIO) インナーイヤーステレオヘッドホン ZH-BX500

41djaGwG6YL

商品価格 ¥ 5,233

ZH-BX500は、バランスド・アーマチュア型イヤホンを身近にした先駆けとも言えるモデル。1万円以上の高額機が中心だったバランスド・アーマチュア型イヤホン。本機は一気に低価格化を実現し、業界を驚かせました。しかも、高級感のあるアルミニウムハウジングを使用。価格が信じられない高音質で、驚きの高コスパ機です。

本機のあと、低価格バランスド・アーマチュア型機の追随が現れましたが、登場6年を経て、いまだにコスパ面で凌駕するものはありません。コンパクトでシンプルなデザインもおすすめポイント。

アールエイチエー(RHA) 英国発ハイエンドイヤホン MA750

412owKJATJL

商品価格 ¥ 15,207

ダイナミック型の高コスパ機として人気のMA750です。RHAはイギリスの新興メーカー。しかしながら、卓越した技術と音質調整能力により、次々と高評価モデルを発売し、話題の的となっています。中でも本機は人気機種。

特別設計によるハンドメイドの「560.1ドライバーユニット」を採用し、クリアで自然な高音質を実現しています。

精密さと力感、空間性と密度感といった高音質に必要な相反する要素をバランスよく高度に備えているのにもかかわらず、この価格です。驚異の高コスパ機。幅広いジャンルを聴く方におすすめします。

DUNU ハイブリッドドライバー イヤホン DN-1000

41CpZQU3C1L

商品価格 ¥ 19,410

ハイブリッド型イヤホンの定番機としておすすめのDN-1000。バランスド・アーマチュア型2基とダイナミック型ユニットを1基採用。高額機しかなかったハイブリッド型イヤホンとして驚きの価格で登場し、話題になりました。

銅製ハウジングによる重みのある外観デザインは厳かな印象。卓越したネットワーク調整により、2つの方式のよいところだけを抽出した繊細さと広帯域を両立した明瞭な高音質が魅力です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応カナルイヤホン Sound Reality ATH-CKR90

41nRzKCy-LL

商品価格 ¥ 21,470

国内屈指のイヤホンメーカーによる独自技術満載の最新機です。ふたつのダイナミック型ドライバーを向かい合わせに配置DUAL PHASE PUSH-PULLDRIVERS機構を採用するのが最大の特徴。

これは世界でオーディオテクニカだけが採用する方式です。振動板に重要な理想的な前後直進運動が実現。広帯域で歪みの少ない、伸びやかな高音質が魅力です。

ハイレゾにも対応。リケーブルにも対応します。大手メーカーならではの高性能と、先進的な挑戦精神が同居する注目の最新機です。他にはない音質を求める方にもおすすめします。

ソニー(SONY) カナル型イヤホン ハイレゾ音源対応 XBA-Z5

41Fg68m3YKL

商品価格 ¥ 56,781

高性能、高機能が売りのソニーのイヤホン最高級機。バランスド・アーマチュア型2基とダイナミック型ユニットを1基採用するハイブリッド構成です。大口径の16mm径ダイナミック型ユニットによるイヤホン離れした低音と新開発のバランスド・アーマチュア型ユニットによるハイレゾ対応の高域が魅力。

加えて、リケーブル対応と話題のバランス接続に対応する多機能性もポイントですね。あれこれ考えなくていい万能的な高音質といろいろ遊べる拡張性を備えます。ソニー最高のイヤホンとしておすすめ!

シュア(SHURE) カナル型 高遮音性イヤホン SE846

41OZVhXxpUL

商品価格 ¥ 101,800

複数ドライバー搭載型のバランスド・アーマチュア型機の名機です。シュアは他社に先駆けて多ドライバー機を開発。バランスド・アーマチュア型の欠点を克服し、長所のみを伸ばすことに成功しました。

本機はシュアによる多ドライバー型の最上級機。4ドライバー使用により、繊細な高音質を最大限生かしつつ、低音域への伸びも実現。同一方式による全帯域での自然な音質もメリットです。

バランスド・アーマチュア型による繊細な高音質とワイドレンジの両立にこだわる方におすすめ。

ヘッドホンの特徴

ヘッドホンの特徴と現在の製品動向

51ZSzs14zZL

By: amazon.co.jp

ヘッドホンは耳の近くに小さなスピーカーを両方に設置し、聴いている本人だけで楽しむオーディオ機器です。スピーカーからの大音量が出せないような場面でも音を存分に楽しめるのが魅力。

オーディオ黎明期から存在する歴史の長い機器で、業務用など幅広い用途の製品があります。スピーカーと比べて、絶対的に小型で小さい音でも、結果的に耳元では十分な音質が得られることがメリット。

スピーカーに比べて安価で、簡単に十分な音質が得られるのも見逃せない特徴です。特にスピーカーでは再生することが物量的にもコスト的にも難しい40Hz以下の超低音をヘッドホンでは安価かつ容易に実現できます。

似たような製品にイヤホンがありますが、ヘッドホンのほうが本体が大きい分、余裕のあるレンジ感やスケール感など、あらゆる音質面で上回る部分がメリットです。

ヘッドホンの弱点としては、スピーカーとは異なる空間再現性に違和感を感じる場合があるかもしれないということ。身に着ける装着感が長時間の場合、疲労感につながる場合もあります。また、人前での使用は音漏れで迷惑になることもあるのも注意です。

最近では、ポータブルオーディオの普及により、外でもヘッドホンを使う方も増えています。また、デスクトップタイプのPCオーディオの隆盛により、室内でもヘッドホンを使う方も多くなっています。こうしたことから現在、ヘッドホン製品市場は目覚ましい拡大に伴って、熾烈な技術開発とコスパ競争が繰り広げられています。

ヘッドホンは今が買いどき! なんです。

ヘッドホンの2つの形式

41bFuPdkHJL

By: amazon.co.jp

ヘッドホンの基本的な分類は密閉型と開放型の2つです。

密閉型は、発音ユニットと外界との密閉性を保つことからこう呼ばれます。外部への音漏れ、外部からの騒音の侵入が少ないために、音楽に没頭できるのがメリット。音質は、密閉度が高いほど有利になる低音域の再現力に優れ、相対的な静かさの向上による細部の再生能力の高さもあります。

その半面、空間の広がりを感じにくい音質傾向とこもり感の違和感がある場合もありますね。また、装着時に閉塞感を感じやすい場合も考えられます。ヘッドホン誕生以来の基本形であり、製品数が多いのが特徴。

開放型は外界との開放性を確保した方式。音漏れ、騒音の侵入ともにそれなりにあります。こもり感を払拭した開放的な音質傾向が大きな特徴です。軽量な製品も多く、装着性の閉塞感も感じにくい傾向があります。

その反面、人前での使用は向きません。用途が限られることもあり、製品数は密閉型より少ないです。

ヘッドホンの選び方

使用場所で選ぶ

51zh8vbXb9L

By: amazon.co.jp

ポータブルオーディオで、屋外の人前でヘッドホン使う方も多いでしょう。人前で使用する場合は、密閉型から選ぶのが基本ですよ。これは外部への音漏れを防ぐためで、音質云々の問題とは別で、エチケットに関わる部分ですね。

そのうえで、ポータブル使用に適したヘッドホンとして、携帯性を重視した小型で折り畳み可能なモデルを選ぶことをおすすめします。

自宅で使用する場合は開放型もおすすめ。空間性の広いまるでスピーカーを聴いているような自然な雰囲気が魅力です。

聴きたい音楽ジャンルで選ぶ

41WKB79mj-L

By: amazon.co.jp

音楽ジャンルに合ったヘッドホンの選び方です。ある程度、ヘッドホンによって、得意な音楽ジャンルが見えてくるので、選び分けは可能です。

密閉型の業務用モニタータイプは、ポップス系の録音現場で多用されるだけに、人の声の領域の再現性はことに得意。ボーカル中心に聴きたい方におすすめします。

業務用でもDJプレイ向けのヘッドホンは低音を重視した音楽がメイン。DJの現場向けの重低音再生が得意です。低音が重要なジャンルにはこDJ用ヘッドホンをおすすめします。

低音重視ヘッドホンとして、大手メーカーが意図的に低音を重視したヘッドホンもおすすめ。製品名、シリーズ名に「BASS」、「STREET」などと銘打ってある機種です。かなりの種類があるので、すぐわかります。

クラシック音楽などのアコースティック系は、開放型ヘッドホンがおすすめ。とくにコンサートホールで生楽器だけを演奏して録音された素材などで、密閉型では難しい自然さで再現可能です。

機能性で選ぶ

41J4gLZ04-L

By: amazon.co.jp

ヘッドホンもイヤホン同様、多機能化しています。Bluetoothワイヤレス対応、ノイズキャンセリング対応などです。室内での映画鑑賞向けのサラウンドヘッドホンもあります。

これらは付加機能の分、一般のヘッドホンに比べて割高となっている傾向にあります。また、機械部の装備による本体の重量増もあります。音楽を高音質でなおかつ、コスパよく聴きたいのでしたら、付属機能のないヘッドホンがおすすめの選び方です。

装着感で選ぶ

41QkU-8PNRL

By: amazon.co.jp

直接身に着ける点で、ほかのオーディオ機器とは違うヘッドホン。装着感は音質、機能以上に重要な選び方のポイントです。

個人の頭の形に合ったフィット性はもちろんのこと、装着による疲れ、違和感を重視しましょう。音がよくても、装着によって疲れてしまうなら、よいヘッドホンとは言えません。

装着感のよさを優先するなら、開放型ヘッドホンがおすすめ。開放型は、本体に穴が開いていることにより軽量な傾向。ヘッドホンの装着感を左右する重量面で有利です。

一般用と業務用では、一般用のほうが、装着性では有利な傾向です。モニターやDJなどのプロ用は音質確認を優先する関係で、装着感の工夫があまりされません。今ほどヘッドホンの装着性を重視されない20年以上前のロングセラー機が多いことも関係しています。より新しい設計の一般用ヘッドホンが装着性においてはリードです。

イヤーパッドが耳を覆うか、覆わないかも重要なポイントです。耳を覆うオーバーイヤータイプがヘッドホンの基本的な型。大きめで重めな製品が多いですが、耳回りの装着感としては楽な傾向です。

イヤーパッドが耳を覆わず、耳に載せるオンイヤータイプは携帯利用に便利な小型ヘッドホンで多用されます。耳たぶへの圧迫が長時間使用で痛さ、疲労感につながる方もいるので、便利さだけで見ないで選びましょう。

全体的に、長時間装着でどれくらい疲れるかを見極めることが大事です。フィット性の確認に関しては特に量販店などで実際に装着して試すことを強くおすすめします。

インピーダンスに注意

51TXee3-LIL

By: amazon.co.jp

特にポータブルで使用する方はヘッドホンのインピーダンス値に注意してください。インピーダンスとは電気抵抗値のこと。単位はΩ(オーム)。電気を流したときの音を大きさの出しやすさと関係があります。普通のヘッドホンは50Ω以下です。一部の海外メーカー製機種では50Ω以上の機種がありますので、要確認。

一般に、50Ω以上のヘッドホンはスマホやDAPなどのポータブルオーディオ機器の内蔵アンプでは出力が不足気味です。音が出ないことはありませんが、最大ボリューム近くでやっと普通の音量ということもあります。ポータブル機器では高インピーダンスのヘッドホンを避けるのが無難です。

ケーブル着脱とバランス接続が可能か

31rL5BAzC1L

By: amazon.co.jp

ヘッドホンに多い事例として断線トラブルがあげられます。本体とケーブル部分が着脱できると断線防ぐことが可能。また、ケーブル着脱可能機は話題のヘッドホン・バランス接続に対応した別売りケーブルに対応する機種もありますよ。

一層の高音質が望める接続方式で、高級据え置き機と一部のDAPでも採用が広がっています。末永く使いたい方や発展性に興味のある方は注目したい選び方のポイントです。

おすすめのヘッドホン7選

ソニー(SONY) ステレオヘッドホン MDR-7506

51DCPnqbdjL

商品価格 ¥ 11,588

MDR-CD900STとともに、業務用モニターヘッドホンの標準機としてロングセラーを続ける名機。大口径40mmドライバーユニット採用のオーバーイヤー密閉型機。全音域でのバランスのよい高音質と情報量の多さが魅力です。

本格的な大型ヘッドホンながら折り畳み機能を備え、ポータブル用途にも対応します。

音量の取りやすい設計により接続機器も選びません。自宅用から携帯用まで、音楽ジャンルを問わず、幅広く使えるヘッドホン。部品交換が容易なのも長期間使用向けのメリットとなりますね。

オーディオテクニカ(audio-technica) ハイレゾ対応ヘッドホン ATH-ESW950

31EHwUirE+L

商品価格 ¥ 40,185

ポータブル向け小型ヘッドホンとして最高の音質を狙った意欲作。携帯性に配慮したヘッドホンは本体の小型化と高音質の維持の両立が困難です。本機は数少ない成功作のうちの1つになります。

ポータブル向けとしては異例の大口径42mm径ダイナミックドライバーを搭載したオンイヤーの密閉型。スケール感のある音を再現します。

また、楽器にも使われているシカモア材によるハウジングで芳醇な響きを得ているんです。据え置き高級機同等の音質ながら、驚異の160gの軽量。もちろん折り畳み可能です。自宅用にも十二分な性能なので、家でもそのまま楽しめます。

JVC 密閉型ヘッドホン HA-RZ910

31VDV+zC8zL

商品価格 ¥ 5,620

本格的な大型ヘッドホンの魅力を存分に味わえるハイコスパ機。大口径50mm高磁力ネオジウム採用ドライバーと大型ハウジングによるスケール感に加え、バランスのよさを併せ持つ臨場感あふれる高音質ヘッドホン。

ゆったりとした装着感を生む低反発イヤーパッドもうれしいポイントです。ポータブルにも使いやすい1.2m長のコードを採用。延長コード付きで家でも不便はありません。オーバーイヤー密閉型による高音質をリーズナブルに味わえる機種としておすすめします。

アーカーゲー(AKG) リファレンスヘッドホン K701

41rU1uZReeL

商品価格 ¥ 18,280

オーバーイヤー開放型ヘッドホンの定番機。業務用ヘッドホンを多数手がけるAKGのロングセラー機にして最大の代表機がこちら。「バリモーション・テクノロジー」と「TWO-LAYERダイヤフラム」によってスピーカーに近い開放的な音を楽器のリアルな質感を伴って再現します。繊細さを伴った高音質も人気の秘密。「3D-Form」イヤーパッドとセルフアジャスト機能による快適な装着性も魅力です。

開放型であり、62Ωの高めのインピーダンス。屋外でのポータブル機での使用には向きません。家でじっくり開放型ヘッドホンの音を楽しむ方におすすめ。

フォステクス(FOSTEX) ヘッドホン T50RPmk3n

41NfOo5e-4L

商品価格 ¥ 18,900

平面型ヘッドホンの代表機。平面型は一般的なダイナミック型に比べて音質面で優れる点が多々ありますが、ノウハウの困難さから、生産するメーカーはわずかしかありません。

本機は独自開発のRP(Regular Phase)振動板を搭載。平面型ならではの中音域のリアリティーと情報量の多さを備えた高音質を実現しています。モニター用途も意識した半開放型のオーバーイヤー型。低反発高級イヤーパッドで装着感も快適に音を楽しめます。一味違うヘッドホンを求める方にもおすすめ。

ゼンハイザー(SENNHEISER) オープン型ヘッドホン HD800 S

41dYArMyXvL

商品価格 ¥ 216,000

高級ヘッドホンの代名詞的存在の最新バージョン。世界初の開放型ヘッドホンを開発したゼンハイザーはヘッドホンの世界をリードするブランドとして、現在も高い人気があります。

HD 800 Sはゼンハイザーのダイナミック型開放型ヘッドホンの最上級機。大口径56mmのリング状トランスデューサーとステンレスメッシュ加工の曲線状アコースティックバッフルを採用したハウジングにより、まるでコンサート会場にいるような卓越した臨場感を味わうことができる名機です。

最高の音楽でLIVEにいるかのようなリアル体験をしたい方におすすめ。

スタックス(STAX) コンデンサー式イヤースピーカーシステム SRS-3100

41bFUXBgTzL

商品価格 ¥ 65,610

SRS-3100は手ごろなコンデンサー型機であることが魅力。ダイナミック型では得難い繊細な音質を感じることができます。本機は世界に誇る日本のコンデンサー型ヘッドホンメーカー・STAXによるエントリーモデル。専用アンプもセットで付属しています。

厳選した高品質振動膜と共振を抑えた電極を使用したプッシュプル・エレクトロスタティック型長円形発音体により、コンデンサー型ならではの高音質を存分に堪能可能。

コンデンサー型ヘッドホンがあればスピーカーもいらないという方もいるほど…。魅惑の世界の虜になってみませんか?