毎朝のヒゲ剃りやムダ毛の処理は、手間がかかるもの。カミソリ負けなどの肌トラブルを引き起こすこともあり、ムダ毛のお手入れに手を焼いている男性も少なくありません。

清潔感を保つためにムダ毛のケアに力を入れている男性には、メンズ向け脱毛器の導入がおすすめ。今回は、定期的なムダ毛ケアに適したモデルをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

男性の脱毛、一番の悩みは「ヒゲ脱毛」

By: ya-man.com

鼻下から顎周り、首まで生えるヒゲ。ヒゲの伸びる速さは人によって異なりますが、1日に1回、外出する前にヒゲ剃り用のカミソリや電動カミソリでお手入れをする方が多くいます。

カミソリや電動カミソリを使ったヒゲ剃りは、カミソリ負けを起こしたり肌を切ってしまったりと、トラブルがつきもの。また、伸びるのが速いという悩みのほか、ヒゲを剃ると青く目立ってしまうのが悩みの方もいます。

そんな男性におすすめなのが、メンズ向けの家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器はフラッシュやレーザーなどの光の波長を使って、ムダ毛のお手入れを自宅で行える機器。ヒゲを剃ったり抜いたりするよりも、毎日のヒゲのお手入れが楽になります。

メンズにおすすめの脱毛器とは?

レーザー式・フラッシュ式のモデルが人気

レーザー式脱毛器の特徴

By: triabeauty.co.jp

男性向け・男女兼用タイプとして販売されている家庭用脱毛器のなかでも、特に男性におすすめなのが「レーザー式」のモデルです。レーザー式は、医療脱毛と同様にレーザーを使用する方式。「フラッシュ式」よりも毛の色素にダメージを与えやすいため、脱毛効果を実感しやすい傾向があります。

レーザー式はピンポイントで照射を行うタイプなので、広範囲よりも狭い範囲をケアしたい方にぴったり。ヒゲや指などといった目につきやすい部位を効率的に処理できます。

ただし、医療脱毛と同様の方式といっても、医療脱毛レベルのパワーでお手入れできるわけではありません。家庭用として市場に流通しているレーザー式脱毛器は、自宅でも安心して使えるようにパワー出力が抑えられています。医療脱毛のような永久脱毛効果は見込めないので、注意が必要です。

また、フラッシュ式に比べて強い力で照射できるため、痛みや赤みが出やすいことも留意しておきましょう。太く濃い体毛に悩む男性は、レーザー式の脱毛器の導入を検討してみてください。

フラッシュ式脱毛器の特徴

By: philips.co.jp

家庭用脱毛器のなかで主流のタイプで、人気も高いのが「フラッシュ式」。レーザー式に比べて市場での流通も多く、安いものなら約1万円程度から手に入るモデルもあります。

フラッシュ式は、一般的に毛のメラニン色素に働きかける「IPL」方式を採用。太くて濃い毛には反応しやすく、細く薄い毛には反応しにくい特徴があります。一時的な脱毛効果が見込めますが、レーザー式脱毛器と同様に永久的な脱毛効果はないことを念頭に置いておきましょう。

照射範囲も広いものが多く、一度に広範囲をお手入れしたい方にもおすすめ。腕や脚まで効率的にしっかりとムダ毛ケアをしたい方は、フラッシュ式脱毛器を選んでみてください。

ヒゲ(顔付近)・VIOへの使用ができるか

By: ya-man.com

家庭用脱毛器は、モデルによって使用可能範囲が異なります。腕や脚などに比べてデリケートな顔やVIOラインをケアしたい場合は、顔周りやVIOに対応しているか確認してみてください。

顔周りへの使用ができないタイプは、ヒゲの処理も不可能です。使用不可とされている部位に照射すると、肌荒れなどのトラブルを引き起こしかねません。正しい使い方を守ってお手入れを行いましょう。

広範囲の部位を脱毛するなら照射面積の広さもチェック

By: ya-man-tokyo-japan.com

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、モデルによって照射面積が異なります。腕・脚・お腹・背中などといった部位のムダ毛を処理したい方は、照射面積が広いアタッチメントを搭載している家庭用脱毛器を選んでみてください。

フラッシュ式家庭用脱毛器のなかで、照射面積が広いものを選びたい場合は、7cm²以上の照射面積を有したアタッチメント搭載のモデルがおすすめ。照射面積が広ければ広いほど、一度に広範囲のムダ毛に照射できるため、より効率的にケアできます。

一方、レーザー式の家庭用脱毛器は製品の特性上、ピンポイントでの照射しかできません。範囲の広い部位への照射にはフラッシュ式、ヒゲ・指・ワキなどの狭い範囲の部位にはレーザー式を使うなど、使い分けるのがおすすめです。

メンズ脱毛器のおすすめメーカー

エムテック ケノン(KE-NON)

By: amazon.co.jp

国内で高い販売実績のある「ケノン」を展開しているエムテック。同メーカーは、品質にこだわり抜いた製造ラインを持っているのが魅力です。国内で製造しているため、日本製のものを選びたい方にも適しています。ケノンは男女問わず使えるタイプなので、家族と共用したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: rakuten.co.jp

「パナソニック」は、日本の大手家電メーカー。白物家電から美容家電まで、幅広く取り揃えています。同ブランドはフラッシュ式の光美容器のほか、生えている毛を引き抜くローラー式脱毛器をラインナップ。ハイパワーながら肌に負担をかけにくい光美容器と、コスパのよいローラー式脱毛器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ブラウン(Braun)

By: rakuten.co.jp

ドイツに拠点を置く電気器具メーカーの「ブラウン」。男性用の電動シェーバーや女性用脱毛器、ヘアケア機器などをラインナップしています。機能性はもちろんのこと、デザイン性の高さも兼ね備えているのが同メーカーの特徴。光脱毛器は、ヒゲには使用できませんが、男女兼用で使えるタイプです。

メーカーのおすすめモデル

D2C ホームクリア

最大出力が10.8Jとハイパワーで、濃く太い男性の体毛にも対応できるメンズ向け脱毛器です。腕・脚・ワキなどはもちろんのこと、顔のヒゲやVIOまで全身に対応しています。

本製品には特殊冷却機能を搭載しており、熱による肌負担を軽減可能。さらに、肌に触れたときのみ照射される高性能センサーを採用しているため、誤照射を防げるなど、安全面にも配慮しています。

最大照射数は100万発と多く、1照射あたりのコストを抑えながら使用できるのもポイント。パワーは5段階から調節でき、全身最短15分でムダ毛ケアが可能です。自宅で手軽にムダ毛のお手入れを始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。


メンズ脱毛器のおすすめモデル

エムテック 家庭用脱毛器 ケノン

太くて濃い男性のヒゲやVラインまで対応している家庭用光脱毛器です。独自の「極短発光テクノロジー」を採用しているため、熱によって起こる肌への負担を軽減。さらに、ケノン専用特殊フィルターによって、刺激になりにくい光のみが届きます。

また、肌の状態に応じて全部で30通りのオート設定ができるのもポイント。デリケートな日本人の肌向けにつくられており、センサーに肌が触れない限りは照射されない設計なので、より安心して使用可能です。

美顔器スキンケアカートリッジに交換すると、光美容機器としても活躍。スーパープレミアムモードのレベル1で照射した場合、300万発も照射できるので、全身のムダ毛をしっかりとケアしたい方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) 光エステ ES-WP98

太く濃い毛にも対応するハイパワー照射モードを搭載しているため、剛毛に悩む方や男性のムダ毛ケアにおすすめの家庭用脱毛器です。アタッチメントの内部に反射率の高い集光ミラーを搭載しているのもポイント。均一に光を放つため、効率的なムダ毛ケアを叶えます。

本製品には、フェイス用、ボディ・Vゾーン用、I・Oゾーン用のアタッチメントが付属。使用部位に適した大きさのアタッチメントで、細やかに照射できます。ボディ・Vゾーン用は、7.2cm²の大きな照射面を採用しているので、脚や腕などの広い範囲をスピーディに照射できるのも魅力です。

また、ダブルランプ設計と肌刺激カットフィルターによって、ハイパワーながら肌にやさしい光ケアを実現。肌検知センサーが肌色に合わせて出力レベルを自動検知するため、家庭用脱毛器を初めて使う方にも扱いやすいおすすめのモデルです。

ブラウン(Braun) 光美容器 シルクエキスパート PL-5137

男女兼用のフラッシュ式脱毛器です。男性はヒゲなどを含む顔周りには使用できませんが、鎖骨から下の部位には照射可能。最大6Jの照射パワーを有しているため、太く濃い男性の毛もしっかりとお手入れできます。

フラッシュスピードが、最大0.5秒ごとと短いのもポイント。照射漏れが少ないので、効率的に全身のムダ毛をケアします。また、フラッシュパワーも肌色に応じて自動で調節されるため、初めて使う方でも使いやすい設計です。コンパクトヘッドのアタッチメントと、照射前のお手入れに便利なカミソリも付属しています。

脱毛ラボ(Datsumo Labo) 脱毛ラボ ホームエディション 2nd

男性女性問わず使いやすい家庭用脱毛器を探している方におすすめのアイテムです。搭載されているボタンは2つのみで、操作も簡単。ボタンの押し心地は軽いため、長時間使い続けていても指が疲れにくいのがポイントです。

照射口自体が直接冷えるタイプなので、肌をいたわりながら照射可能。男性の濃いヒゲや体毛に照射したあとのデリケートに傾いた肌を、しっかりとクールダウンします。粘膜部を避ければ、おでこ・こめかみ・もみあげを含んだ顔全体にも使えるため、フェイシャルケアを重点的にしたい方におすすめです。

ヤーマン(YA-MAN) レイボーテメンズフラッシュZERO STA-203B

男性向けにつくられている、人気美容機器メーカー「ヤーマン」の光脱毛器です。ヒゲや胸毛、腕毛などの気になりやすい部分を、サロンでも使われる「キセノンフラッシュ」でしっかりとケア。日本人の肌に合わせて開発されており、ムダ毛ケアと同時に美肌ケアもできるのが魅力です。

搭載されているモードは、「シングルモード」「ローラーモード」「肌色センサーモード」の3つ。シングルモードは顔やビキニラインなどといったピンポイントな部位に適しています。ローラーモードは、腕や脚などの広範囲のケアにぴったりな連続照射ができて便利です。

肌色センサーモードに切り替えて使うと、肌色に応じてフラッシュのレベルを自動で制限可能。光脱毛器を初めて使う男性でも、安心して使えるよう設計されています。顔からビキニラインまで、全身しっかりとムダ毛のお手入れをしたい方におすすめのモデルです。

トリア(TRIA) パーソナルレーザー脱毛器 4X

最大22Jのパワーを有しており、高い脱毛効果を見込めるメンズ向けのレーザー式脱毛器。太くて濃い剛毛に悩まされてきた男性に、特におすすめのモデルです。

照射口は直径1cmと狭いタイプ。ピンポイントでレーザーを当てられるため、ヒゲの形を整えるのに使うことも可能です。アメリカの政府機関「FDA(食品医薬品局)」の認可を受けているので、安全性も良好。脱毛サロンレベルの効果を実感できる脱毛器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 家庭用光脱毛器 エピレタ EP-0115

220gと軽量で扱いやすい家庭用脱毛器です。軽量なだけでなく、手のひらにおさまるほどのコンパクトサイズで扱いやすいのが魅力。照射しにくい首筋やもも裏などにもお手入れが行き届きやすいモデルです。

本製品は男女兼用タイプで、Vラインを含む全身に使えるほか、ヒゲのお手入れにも対応しています。自宅で空いた時間を使ってケアできるので、脱毛サロンに行くのが面倒な方にもぴったりです。

照射レベルは5段階から設定可能。肌色センサーが搭載されており、日焼けした部分や色素沈着を起こしているデリケートな部分には照射が制限されます。フラッシュ式脱毛器のなかでも特に価格が安いので、コスパのよいものを探している方におすすめです。

ノータイム アイスレディ(Notime icelady) ムダ毛ケア用IPL光美容器 アイスレディ

フォトフェイシャルでも使われる光技術を採用している光脱毛器です。男性のヒゲのお手入れにも適した、最大6Jのパワーで照射可能。週3回のケアで気になるムダ毛のお手入れができます。

使用できる部位は頬からVIOラインまでと広範囲。部位ごとに大きさの異なるアタッチメントが付属しているため、適材適所で使えます。照射回数も約30万回と、全身に使っても約5人分はケアできるアイテムです。

フィリップス(Philips) ルメア プレステージ BRI948/70

皮膚科医と共同開発された光美容器。さまざまな毛色や肌色に対応しているのが魅力です。女性向けとしてつくられていますが、ヒゲやVIOラインを除けば男性も使用できます。

スマートスキンセンサーを搭載しているため、肌の色に適した照射レベルを選択可能。肌に負担をかけにくいのもおすすめポイントです。

また、アタッチメントは身体の曲線にフィットする形状。すね毛やワキ毛などのカーブした部位の照射漏れを抑えられ、ムダなく効率的にお手入れできます。コードも1.95mと長く、取り回しやすさも良好なモデルです。

Sarlisi 家庭用脱毛器

男女兼用の家庭用脱毛器を探している方におすすめのモデル。ヒゲを含む顔周りからVIOラインまで対応しています。照射レベルを9段階から調節できるため、肌の状態や部位に合わせて適した強さでムダ毛のお手入れが可能です。

ガンタイプのモデルなので、持ち手が握りやすく、長時間使用しても腕に負担がかかりにくいのが特徴。オン・オフボタンを一度長押しすると、連続照射モードに切り替わるため、照射している間ボタンを押し続ける必要がないのもうれしいポイントです。

全身に使用しても約15分でお手入れ完了。照射回数は60万発と多いので、気になるところをしっかりケアできる脱毛器です。

BLACKRAVE BR4011

全身に対応している男性向けの家庭用脱毛器。ボディや頬から下の顔のほか、VIOまで使用可能なので、デリケートゾーンをサロンでムダ毛ケアするのに抵抗がある方におすすめです。

照射パワーは、最大13.8Jと強力。男性の濃く太いムダ毛にもしっかりと反応します。また、照射レベルは全6段階から調節可能です。最大パワーで照射しても、100万回分使えるといわれているのもうれしいポイント。1人で繰り返し使いたい場合はもちろん、友人や家族とシェアしたい方にも適しています。

オーパスビューティ(OPUS BEAUTY) OPUS BEAUTY03 Power Pro

男性の剛毛や太く濃いヒゲに対応する「パワーモード」を搭載している家庭用脱毛器。「ノーマルモード」「ジュニアモード」にも切り替え可能なので、家族と共用したい場合にもおすすめです。

また、本モデルはやさしい光を重ねて拡散することで、肌をいたわりながら照射できるTHRシステムを採用。太い毛はもちろん、産毛や細い毛にもしっかりと反応します。VIOゾーンを含む全身と、顔への使用ができる便利なアイテムです。

最大18Jの強い照射パワーを有しているのもポイント。照射部分と冷却パネルが一体になっているタイプなので、保冷剤を別途用意することなくクールダウンのアフターケアができます。

脱毛ラボ(Datsumo Labo) 脱毛ラボ ホームエディション

男性の濃いヒゲやムダ毛も、全身まとめて最短15分でお手入れ可能なフラッシュ式脱毛器です。顔からVIOラインまでほぼすべての部位に対応しているのが特徴。最大レベルに設定すると、脱毛サロンと同程度の1照射あたり約10Jというハイパワーで照射できます。

本モデルは、使用前後の保冷剤での冷却やジェルの塗布などが不要なタイプ。ひんやりとした冷感を肌に与える冷却機能を搭載しているため、効率的にムダ毛ケアができるのがポイントです。

どのレベルで使っても、全身脱毛約300回分に相当する30万発の照射回数が変わらないのも魅力。残ショット数が分かるカウントディスプレイつきなので、家族や恋人とシェアしながら計画的に使いたい方におすすめです。

オールブラックカラーのモデルは、男女問わず使いやすいため、共用を考えている方はぜひチェックしてみてください。

番外編|脱毛器を使用する際の注意点

カミソリなどを使いムダ毛を剃る

家庭用脱毛器を使ってムダ毛のお手入れをする前には、カミソリや電動シェーバーを使って長い毛を剃っておきましょう。毛の黒色に反応する家庭用脱毛器の光は、毛が長い状態で照射すると、光が反応する範囲が広くなるため、刺激を感じやすくなる恐れがあります。

前日までの剃毛を推奨しているものもあれば、照射直前の剃毛でも問題ないとしているモデルもあり、説明書に沿って適切に事前処理をするのが、肌をいたわりながら使うための大切なポイントです。

メーカーが推奨する頻度や照射出力で使用する

By: braun.jp

家庭用脱毛器は、モデルごとに推奨されている使用頻度や照射出力が異なるため、使用前に説明書をチェックしましょう。ムダ毛はすぐにでもなくしたいものですが、推奨されている使用頻度を超えて使うと肌に負担をかける可能性もあるので、注意が必要です。

また、照射出力も部位ごとや肌の状態に合わせて、適切なレベルに調節して使いましょう。顔やVIOゾーンなどのデリケートな部位は、低めの出力に設定して使用するのがおすすめ。肌に過度な刺激を感じたら、さらにレベルを低くしてみてください。

照射後は保冷剤などで冷やし、保湿する

照射した後の肌は、光による刺激などを受けてデリケートな状態に傾いています。照射した部位は、必ずタオルやガーゼで包んだ保冷剤などで冷却しましょう。脱毛器本体に冷却機能がついているタイプのモデルを選べば、保冷剤を使用したクールダウンをおこなう必要がないので便利です。

加えて、保湿をするのも家庭用脱毛器を使用した後の肌に必要なステップです。照射後の肌は乾燥を引き起こしやすい状態におちいっています。ジェルやローション、クリームなど、好みの使用感のスキンケアアイテムを使って保湿をしてみてください。