ドレスシャツとは、結婚式などのフォーマルシーンやビジネスシーンで着用するシャツのこと。日本では、プライベートシーンで着用する「カジュアルシャツ」というモノが存在し、ドレスシャツとは区別されます。オフィシャルなシーンで着用するシャツはさまざまな規則があるので選ぶ際には注意が必要です。

そこで今回は、ドレスシャツの選び方とともにおすすめのモデルをご紹介します。着こなし方も解説しているのでぜひチェックしてみてください。

ドレスシャツとは?

ドレスシャツとワイシャツの違い

ドレスシャツは、日本語で「ワイシャツ」とほぼ同じ意味です。しかし、日本では基本的に礼装用のシャツを「ドレスシャツ」の意味で使っています。

例えば、襟の端にボタンが付いた「ボタンダウンカラー」などカジュアル感の強いシャツは、厳密にはドレスシャツではありません。ネクタイと合わせて着る、無地の白いシャツがドレスシャツにあたります。

一方最近では、ドレスシャツをカジュアルコーデに取り入れるなどファッションが多様化しているのが現状です。フォーマルスタイルだけでなくカジュアルスタイルにも取り入れられる様に工夫が凝らされたドレスシャツもリリースされています。

ドレスシャツの選び方

生地の種類で選ぶ

ブロード

By: amazon.co.jp

ドレスシャツのなかでも定番の生地であるブロードは、なめらかな質感で美しい光沢が特徴。生地に用いられている糸が細いほど、光沢が増した上質なシャツが仕上がります。

ロイヤルオックスフォード

By: amazon.co.jp

ロイヤルオックスフォードには細い糸が採用されており、薄手でやわらかいのが特徴。通気性と吸湿性に優れているため暑い時期の着用にぴったりです。また、艶やかな光沢を有しているので品よく着こなしたいという方にも向いています。

ツイル

By: rakuten.co.jp

ツイルは「綾織り」とも呼ばれており、斜めのうね状に見える織り柄が特徴。厚みがある生地で、ブロードなどの平織り生地に比べてシワになりにくいのも魅力です。

ドビー

By: amazon.co.jp

ドビーは平織りまたは綾織りの生地に、小さなドットなどの模様を織り込んでいるのが特徴。近くでしか柄が見えないので、遠くからだと無地に見えます。また、専用の織機で模様を織っているため高級感があり、カジュアルシーンやフォーマルシーンでも活躍するのも魅力です。

ヘリンボーン

By: amazon.co.jp

ヘリンボーンは、ニシンの骨のようなジグザグの織り柄が特徴。ドレスシャツに適したやわらかな風合いと高級感があり、大人の渋い魅力を演出してくれるのが魅力です。

襟の形で選ぶ

レギュラーカラー

By: amazon.co.jp

レギュラーカラーは、標準的な襟の形のことを指します。時代によって襟の開き具合が変わるのが特徴。現在の定義では襟羽開きが75〜90°、台襟幅が30〜38mm、襟羽長さが70〜75mmです。ドレスシャツのなかでも定番の形で、どんなジャケットにも合わせやすいため迷ったらこの形を選んでみてください。

ワイドカラー

By: amazon.co.jp

ワイドカラーは、襟の開きが100~120°とレギュラーカラーよりもやや広いのが特徴。首元をスッキリ見せることができ、ネクタイの結び目を大きく作ることで華やかな印象を与えられます。レギュラーカラーと同じくらい定番の形で、ビジネスシーンはもちろんフォーマルシーンでも着用可能です。

ウィングカラー

By: amazon.co.jp

襟の先が折り返されており鳥の翼のように見えることから「ウィングカラー」と呼ばれています。蝶ネクタイやアスコットタイ、タキシードスーツに合わせやすく結婚式などのフォーマルシーンにぴったりな襟の形です。

サイズで選ぶ

首回り

By: amazon.co.jp

シャツの首回りが大きすぎると、ダボっとしてしまいだらしない印象を与えてしまいます。逆に小さすぎると首が詰まってキツくなってしまうので注意しましょう。首回りは、一番上にあるシャツのボタンをとめ、襟の隙間に指が2本入る程度のサイズがおすすめです。

裄丈

By: amazon.co.jp

裄丈は、首の付け根から手首の出っ張った骨部分までの長さです。測り方は、首の付け根から肩の先の方までを測り、メジャーを押さえたまま手首の骨部分までを測ります。

ベストな裄丈を選ぶポイントとして、測った長さから2~4cmほど大きめなモノを選ぶようにするのがおすすめです。腕の部分が突っ張らずスムーズに動かすことができ、ジャケットからシャツの袖を少しのぞかせた見栄えのよい着こなしができます。

ドレスシャツのおすすめブランド

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers)

By: amazon.co.jp

1818年にアメリカで創業した衣料ブランド「ブルックスブラザーズ」。高品質な製品の数々は、リンカーンやケネディなど歴代の大統領や多くのハリウッドスターが愛用していたことで有名です。

アメリカンクラシックの伝統を守り続けているデザインも特徴的で、スタイリッシュで品のある着こなしが可能。自宅で洗濯してもほとんどシワにならない「ノンアイロンシャツ」もリリースしています。

ルイジボレッリ(LUIGI BORRELLI)

By: amazon.co.jp

1975年にイタリアのナポリで創業したシャツメーカーです。「着たときに一番リラックスしてもらえるようなシャツ」をコンセプトに掲げ、人体の研究を徹底的に行い、生地の特性に合わせてパーツを立体裁断しています。

ところどころに手縫いを採用しているのも魅力。ミシンで縫製された硬い印象ではなく、やわらかな風合いに仕立てられています。

フライ(FRAY)

By: rakuten.co.jp

「フライ」は1962年にイタリアのボローニャで創業したシャツメーカーです。イタリアやスイスの最高級生地を採用しているのが特徴で、エレガントな風合いを楽しめます。

また、シャツの生命線ともいえるカッティング作業は、生地の特性を見定めてひとつひとつ手作業で行われているのも魅力。「ドレスシャツの最高峰」と称される逸品をぜひワードローブに加えてみてください。

ギローバー(GUY ROVER)

By: rakuten.co.jp

イタリアのシャツブランド「ギローバー」。高いクオリティを誇るオールマシンメイドのシャツを手の届きやすい価格でリリースしています。有名ブランドのシャツも手がけており、その品質は折り紙付き。イタリア製のシャツを気軽に楽しみたいという方におすすめです。

ドレスシャツのおすすめ

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) ノンアイロン ドットドビー ドレスシャツ ミラノ

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) ノンアイロン ドットドビー ドレスシャツ ミラノ

シルクのような光沢とソフトな肌触りが特徴の「スーピマコットン」を採用したドレスシャツです。耐久性があり、長期間パリッとした着心地を楽しめるのが魅力。

襟はワイドカラーで、大人の上品な雰囲気を演出できます。一見無地に見えますが、よく見ると細かいドットが織り込まれたドレッシーなデザインもポイントです。洗濯してもほとんどシワにならない「ノンアイロンシャツ」なので気軽に愛用できます。

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) ノンアイロン ブルックスクール ゴルフカラー ドレスシャツ

ブルックスブラザーズ(Brooks Brothers) ノンアイロン ブルックスクール ゴルフカラー ドレスシャツ

通気性と吸湿性に優れる「ライトウェイトオックスフォード」を採用したドレスシャツです。夏など暑い季節の着用がベストですが、着心地がよいため通年活用できます。

やわらかな印象を与えるラウンドカラーの襟もポイントで、ドット柄などヴィンテージ調のネクタイと合わせるのがおすすめ。細身な「ミラノフィット」なのでジャケットと合わせやすく、パーティーなどで重宝するドレスシャツです。

フライ(FRAY) コットン ブロード ポプリン ドレスシャツ

フライ(FRAY) コットン ブロード ポプリン ドレスシャツ

フライの定番ドレスシャツです。襟の開きが広めなためネクタイがキレイに収まり、エレガントな雰囲気を演出できます。ウエストラインを絞る「背ダーツ」が入ったスリムなシルエットですが、ボディにややゆとりがあるため窮屈感が少ないのも魅力。

生地には、コットン100%のブロードを採用しています。サラリとした心地よい着心地が特徴で、目が詰まっているため薄手でもドレスシャツにぴったりです。また、生地のよさを引き立てるため、存在感が強すぎない白蝶貝を薄く削ったボタンを採用しているのもポイント。

その他、生地の特性を見極めつつパーツを裁断したり高精度な縫製技術で仕上げられていたりと、細かな部分までこだわりの詰まった逸品です。

フライ(FRAY) コットン 高番手ツイル ワイドカラー ドレスシャツ

フライ(FRAY) コットン 高番手ツイル ワイドカラー ドレスシャツ

フライのシャツはボディが広めに作られていますが、このドレスシャツはサイズダウンさせているので日本人でも快適に着用できます。生地には、ブロードと同等の厚さでもシワになりにくい高品質のツイルを採用。コットン素材なので肌への引っかかりが少ないサラリとした着心地です。

襟の形はバランスのとれたワイドカラーで、ネクタイを締めずボタンを外して着用してもエレガントに着こなせます。「最高峰の既成シャツ」とも称されるフライの上質なドレスシャツをぜひチェックしてみてください。

ギローバー(GUY ROVER) コットン ツイル セミワイドカラー ドレス シャツ

ギローバー(GUY ROVER) コットン ツイル セミワイドカラー ドレス シャツ

本製品は、極細の高品質な糸を2本撚り合わせた「双糸」が採用されています。高級素材で作られているにも関わらずリーズナブルに購入できるコスパの高さが魅力。

襟の形は、ワイドカラーよりもやや襟の開きが少ないセミワイドカラーなので、首回りをスッキリと見せられます。また、ノーネクタイ時も美しくキマるため、ビジネスカジュアルにも取り入れやすいのが魅力。オールシーズン活用できるので、季節に関係なく着用できるドレスシャツを探している方にもおすすめです。

ルイジ・ボレッリ(LUIGI BORRELLI) ルチアーノ

ルイジ ボレッリ(LUIGI BORRELLI) ルチアーノ

襟の形に「世界で最も美しいセミワイドカラー」ともいわれている「ルチアーノ」を採用したドレスシャツです。数年ごとに形が改良されており、本モデルでは最近の主流である細身のスーツに合った形に仕上げられています。

ウエストが絞られたスリムなシルエットもポイント。胸まわりなどに多少の遊びが設けられているので快適に着用できます。また、肩部分は立体的に作り袖部分を後付けすることで、動きやすさを実現しているのも魅力です。

生地には最高品質のコットン素材で作られたポプリンを採用しています。ほどよい光沢感を帯びた高級感のある生地で、シルクのような滑らかな肌触りが特徴です。ハリがあるため長時間着用していてもシワになりにくく、耐久性もあるので長く着用できます。

ボリエッロ(BORRIELLO) ウィングカラー シャツ

ボリエッロ(BORRIELLO) ウィングカラー シャツ

「ボリエッロ」は、イタリアの高級シャツメーカーです。美しい形の襟やこだわりが詰まった鳥足掛けボタン、快適なフィッティングを追求したクオリティの高いシャツをリリースしています。

本製品は、ブランドの高い技術がうかがえるウィングカラーが魅力。絶妙な曲線を描いており、気品溢れる大人の華やかさを演出できます。素材はコットン100%なので肌触りがよく快適に着用することが可能です。上質なドレスシャツをぜひチェックしてみてください。

ジョゼフ オム(JOSEPH HOMME) ハニカム ドビー ドレスシャツ

ジョゼフ オム(JOSEPH HOMME) ハニカム ドビー ドレスシャツ

イギリスのファッションブランド「ジョゼフ オム」がリリースするドビー柄が特徴的なドレスシャツです。蜂の巣の様な柄で、清涼感のある雰囲気に仕上がっています。素材には、コットンとポリエステルを採用。やわらかく心地よい肌触りで、ストレッチ性を有しているので動きやすいのが魅力です。

また、ウエストラインが絞られているため、着用時のシルエットが美しいのもポイント。パーティーの際にはもちろんビジネスシーンでも活用できます。カラーは、汎用性の高いホワイト・サックスブルー・ライトグレーの3色がラインナップされているので好みのモノを選んでみてください。

ジョゼフ オム(JOSEPH HOMME) イタリアンカラー ドレスシャツ

ジョゼフ オム(JOSEPH HOMME) イタリアンカラー ドレスシャツ

通常のヘリンボーン柄はウネ模様が2本引きなのに対し、本製品は4本引きにすることによってしなやかで高級感のある風合いに仕上げています。素材に希少価値の高い「インド超長綿」を採用しているのもポイント。やわらかく心地よい肌触りが楽しめます。

ウエストラインはジョゼフ オムらしいスリムな仕上がり。首にスカーフを巻いたエレガントなコーデを組むのがおすすめです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) シャドーパターンドレスシャツ

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) シャドーパターンドレスシャツ

若者から大人まで幅広い世代の男性から人気を集めているブランド「タケオキクチ」。イギリスの伝統的なデザインを日本人でも取り入れやすいようにアレンジした製品作りが特徴です。

このドレスシャツは一見すると無地のように見えるため、フォーマルからビジネスまで幅広く対応できます。織り柄は、ヘリンボーンと斜めのウネが立体的に入った「カルゼ」の2パターンから選択可能です。

袖はボタンでもカフスでもとめられるコンバーチブルカフスタイプなので、シーンに合わせて袖口のおしゃれを楽しめるのが魅力。また、素材にポリエステル混のモノを採用しているので、取り扱いが簡単なのも魅力のドレスシャツです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) 120/2ブロードウィングカラーシャツ

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) 120/2ブロードウィングカラーシャツ

上質な日本製のドレスシャツです。襟の形はタキシードやモーニングにぴったりのウィングカラーで、生地には品のある光沢感が魅力のブロード生地を採用しています。

素材はコットン100%で吸湿性に優れており、夏場はからっと爽やかに着用でき、冬場は蒸れにくいのが魅力です。肌触りも優しいので快適に着用できます。結婚式やパーティーなどのフォーマルシーンで活躍するおすすめのドレスシャツです。

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ロイヤルオックスラウンドシャツ

タケオキクチ(TAKEO KIKUCHI) ロイヤルオックスラウンドシャツ

着丈を絶妙に短くしたドレスシャツで、裾を出してもパンツの中に入れても自然なシルエットになるように着用できます。襟とシャツの袖口もコンパクトに作られているので、着丈がやや短めに作られているカジュアル使いのジャケットとも好相性です。

生地には、品のある光沢が魅力のロイヤルオックスフォードを採用。ポリエステル混の素材なので自宅で気軽に手入れできます。カジュアル使いしやすいドレスシャツを探している方におすすめです。

ニコル(NICOLE) セミワイドカラードレスシャツ

ニコル(NICOLE) セミワイドカラードレスシャツ

日本のアパレルメーカー「ニコル」がリリースするドレスシャツ。襟の形は、顔まわりをスッキリと見せられるワイドカラーを採用しています。また、襟の立ち上がりが美しいためネクタイを着用しない時でもおしゃれにキマるのが魅力。ベーシックなデザインなので、さまざまなシーンで重宝する一着です。

ニコル(NICOLE) 変形ヘリンボンドビー柄ドレスシャツ

ニコル(NICOLE) 変形ヘリンボンドビー柄ドレスシャツ

ベーシックなデザインのドレスシャツですが、ドビー柄を施しているのでさり気なく個性を出せます。軽い着心地で通気性に優れた「シャンブレー」生地を採用しているのもポイント。ほどよい光沢感を有しており、上品な印象を与えられます。

襟の形は、ネクタイの結び目をキレイに見せられるワイドカラーを採用。スーツとの相性がよいので、ビジネスシーンに適したドレスシャツを探している方におすすめです。

ゴタイリク(gotairiku) スロウヴィンテージ ドレスシャツ

ゴタイリク(gotairiku) スロウヴィンテージ ドレスシャツ

ゴタイリクは日本のビジネスウェアブランドです。素材・縫製・型にこだわりをもち、長年愛用できる製品作りを行なっています。本製品は、ゴタイリクの定番シリーズである「スロウヴィンテージ」です。コットンの産地である静岡県浜松市で、一般的な工程と比べて2〜3倍の手間暇をかけて作り上げています。

最高水準の職人技で織り上げられたシャツは丈夫なのはもちろん、肌触りもやわらかくほどよく膨らんだ美しいシルエットに仕上がっているのが特徴。襟の形はどんなジャケットにも合わせやすいレギュラーカラーなので、さまざまなシーンに対応できます。

ゴタイリク(gotairiku) プレミアムプリーツ ドレスシャツ

ゴタイリク(gotairiku) プレミアムプリーツ ドレスシャツ

シワになりにくい「形態安定」タイプのドレスシャツで、アイロンをかけなくても着用できるのが特徴です。生地にはドレッシーな風合いのブロード生地を採用しています。

襟の形は「イングリッシュスプレッドカラー」とも呼ばれているセミワイドカラーで、英国的なスタイルを楽しめるのが魅力。ノーネクタイ時でも襟立ちがよいので美しく着こなせます。形態安定タイプの手入れがラクにできるドレスシャツを探している方はぜひチェックしてみてください。

ドレスシャツのおすすめメンズコーデ

爽やかな結婚式スタイル

By: wear.jp

高級感が漂う、ジャガード織りドレスシャツを取り入れた結婚式スタイル。重くなりすぎないネイビーカラーのスーツとブルーカラーのネクタイを合わせて爽やかに仕上げています。襟の形がワイドカラーなので、顔まわりをスッキリと見せられているのもポイント。無難なブラックのスーツを卒業したいという方は、ネイビーカラーであれば挑戦しやすいのでおすすめです。

ウィングカラーのドレスシャツは蝶ネクタイと相性抜群

By: wear.jp

ウィングカラーのドレスシャツに蝶ネクタイを合わせた結婚式スタイル。黒の蝶ネクタイでもクラシカルな雰囲気が出ておすすめですが、このスタイルではシルバーカラーをチョイスして大人の華やかさを演出できているのがポイントです。また、蝶ネクタイは個性を出すのにもぴったりなアイテム。いつもネクタイを締めて結婚式に行くという方はぜひ挑戦してみてください。

ニットの下にドレスシャツを覗かせた上品なコーデ

By: wear.jp

クルーニットの下にドレスシャツを合わせたカジュアルなコーデ。ニットとデニムだけではカジュアルすぎるという時に、インナーとしてシャツを取り入れることでキレイめな印象を与えることができます。ドレスシャツはカジュアルなコーデを組む際にも活躍するアイテムなので、ぜひスーツ以外にも取り入れておしゃれに着こなしてみてください。

細身のスラックスを合わせたキレイめなコーデ

By: wear.jp

白のドレスシャツに細身のスラックスを合わせたキレイめなコーデです。黒やグレーではなく、爽やかなブルーのスラックスをチョイスすることでスーツ感をなくしています。また、ネクタイを着用せず喉元をチラ見せさせて色気のある雰囲気を演出しているのもポイント。ドレスシャツがもつエレガントな雰囲気を活かせるおすすめのコーデです。

ドレスシャツを使ったスポーティーなコーデ

By: wear.jp

ドレスシャツはこのコーデのように、大きめのTシャツとリブパンツ、スニーカーを合わせることでスポーティーに着こなせます。ドレスシャツ以外をブラックでまとめることで大人らしい雰囲気を演出しているのがポイント。また、靴紐のビビッドなイエローがアクセントとして効いているのも魅力です。