“手書き”ロボット登場!

さまざまな大きさや種類のディスプレイに囲まれた世界で、ふと目にするとココロ和む手書きの文字や味のある絵。いいですよね。遠く離れたあの人に、ちょっと何か描いて(書いて)あげたい…と思うことありませんか? 今回ご紹介する iBoardbot はそんなあなたにピッタリのロボットです!

ホワイトボードロボットって?

iBoardbot はネットにつながって、遠隔操作でガラス板にマジックペンで文字を書いたり、絵を描いたりできるホワイトボードロボットです。店頭に置いてあるデジタルサイネージの”アナログ版”といった感じかもしれません。

テキストモード

スマートフォンなどでウェブアプリを使用し、メールを書く要領で文字を打ち、専用クラウドに送信。すると iBoardbot には特定のフォントで書かれていきます。

活字でもペンで書かれるので、どことなく味がありますね。オフィスに「今日の格言」を iBoardbot で表示させるアイデアもあります!

絵も忠実に再現

iBoardbot は手で描いた絵も再現してくれます。どんなに遠く離れていても、まるでそこで描いているかのように「キュッキュッ」とペンが走るのを見るのは楽しい!

しかも、複数のデバイスから同時に”創作活動”に参加できるというから、なにかとんでもないことがおこりそうでワクワクします!

オンラインギャラリーに登録されたグラフィック作品を送信することも可能な iBoardbot は Kickstarter で2年間のクラウドサービス付きプレミアムキットが193ポンド。

遠く離れた家族との心温まるコミュニケーションにピッタリではないでしょうか?