これを見たら要注意。

Keysweeperはワイヤレスキーボードの入力データを記録するハッキングデバイスです。見た目は普通の壁差しタイプのUSBチャージャーで、USBチャージャーとしてもきちんと機能します。その裏で、Keysweeperは近くを飛び交うマイクロソフトワイヤレスキーボードに入力された情報を受信、解読し続けています。

入手した情報は暗号化されていますが、きちんとテキストに変換し、オプションのチップを使えば、ハッカーにリアルタイムでデータを送信することも可能です。さらに、利便性を考え、キーワードに基く情報取得も可能です。たとえば、指定されたURLが入力されると、続くデータを記録するようにすれば、銀行のURLをトリガーにユーザーネームとパスワードを簡単に盗み出すことができます。

デバイスにはバッテリーも内蔵されているので、壁から抜き取られた状態になっても、しばらくはデータの監視、受信、送信を続けてくれます。これだけの機能が付いていて、たったの$10。

なお、マイクロソフトワイヤレスキーボードでもBluetooth版や最近のAES対応版(2011年以降)のものには対応していません。

動画はこちら▼