ポータブルオーディオプレイヤーやスマホなどで優れたサウンドを楽しめる「ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)」。音質を向上し、イヤホンやヘッドホンの性能を存分に引き出したい場合にもおすすめです。

ただし、さまざまなモデルが販売されているので、購入する際はどれを選んでよいか悩んでしまいがち。そこで今回は、おすすめのポータブルヘッドホンアンプをご紹介します。選び方も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)とは?

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプは略してポタアンとも呼ばれており、コンパクトなサイズが特徴。名前の通り、ポータブルオーディオプレイヤーやスマホと一緒に持ち運んで使用できるのが魅力です。

スマホで音楽を楽しむ方は多いものの、スマホ本体に内蔵されているアンプではヘッドホンやイヤホンの性能を充分に引き出せない可能性があります。ポタアンを接続すれば電気抵抗の大きなヘッドホンもしっかりと鳴らし、音質に違いを感じやすいのもポイントです。

ポータブルヘッドホンアンプを使うメリット

By: amazon.co.jp

スマホやポータブルオーディオプレイヤーにポタアンを接続することで、音質の向上が期待できます。製品ごとに得意とする音域が異なり、使用するヘッドホンやイヤホンの特性に合わせて選ぶことで、より音楽を楽しめるのがメリットです。

なかには、ハイレゾ音源を再生できるモデルも存在。デジタル端末とポタアンの両方が対応していれば、さらに質の高い音を堪能できます。また、携帯性に優れているのもポイント。場所を問わずこだわりの音質で音楽を聴けるのがポタアンの特徴です。

ポータブルヘッドホンアンプの選び方

接続方法で選ぶ

アナログ接続

By: amazon.co.jp

ポタアンの接続方式には、アナログ式とデジタル式の2種類が存在します。「アナログ接続」を採用しているモデルは、イヤホンジャックを利用するのが特徴です。

アナログ接続では、音楽データはオーディオプレーヤーに内蔵されたDACを通り、ポタアンのアンプへと伝わります。また、構造がシンプルで簡単に接続できるのもポイント。初めて購入するポタアンとしておすすめです。

デジタル接続

By: amazon.co.jp

「デジタル接続」のポタアンは、スマホやポータブルオーディオプレイヤーからデジタルの音声データを受け取ります。ポタアンに搭載されているDACを通り、イヤホンやヘッドホンに音が出力されるのが特徴。そのため、使用するモデルのアンプやDACに音質が左右されます。

接続には、USB Type-CやmicroUSBなどを使用。製品によって搭載されているポートが異なるほか、付属しているケーブルの種類も違うので、購入する際は所有している音楽プレイヤーに合わせて選択しましょう。

給電方式をチェック

充電や乾電池で駆動する「バッテリー式」

By: amazon.co.jp

「バッテリー式」のポタアンには、本体に内蔵している充電池を使用するタイプと乾電池からの給電で駆動するタイプの2種類が存在します。内蔵バッテリーを使用するモデルは、充電して繰り返し使えるのが魅力。手軽に使用できるメリットがあります。

一方で乾電池を使用するモデルは、充電切れの心配をする必要がないのが特徴。電池切れの際も交換するだけで音楽鑑賞を継続できます。また、充電式に比べて駆動時間が高いモノが多い点もメリットです。

スマホから給電できる「バスパワー式」

「バスパワー式」のポタアンは、接続しているスマホやポータブルオーディオプレイヤーからの給電で駆動するタイプです。接続機器のバッテリー残量に気を配る必要はあるものの、ポタアン本体の充電切れを気にせず使用できます。

また、本体にバッテリーを内蔵したり乾電池を取り付ける必要がないため、コンパクトなデザインのモデルが多いのもポイント。スマートに携帯したい方や手軽にポタアンを使用したい方におすすめです。

サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

ポタアンは製品によってサイズや重量が異なります。外出先で使用する頻度が高い場合には、コンパクトなデザインを採用しているモデルがおすすめ。鞄やポケットに収納しやすく、気軽に持ち運べるのが魅力です。

また、本体重量が20g以下の軽量なポタアンも販売されています。特に、バッテリーが搭載されていないバスパワー式の製品は軽量性に優れているモデルが多く、持ち運ぶ際の負荷を軽減したい場合にも便利です。

バランス接続に対応しているかチェック

「バランス接続」とは、左右の音をそれぞれ独立した信号線で伝送する方式のことを指します。左右の音声信号が混ざりにくく、ノイズを低減したクリアなサウンドを再生できるのがメリットです。

ただし、バランス接続が可能なポタアンは比較的高価なモデルが多く、ヘッドホンやイヤホン側も対応している必要があるので注意。音質にこだわりたい方はバランス接続が可能なポタアンを中心に探してみましょう。

Bluetoothでのワイヤレス接続に対応したモデルも

By: amazon.co.jp

Bluetooth接続に対応したポタアンであればケーブルを用いする必要がなく、気軽に音楽鑑賞が可能。使用時にケーブルを煩わしく感じる方におすすめです。

ワイヤレスで接続する際は、コーデックを確認しておくのも重要なポイント。高音質なサウンドを楽しみたい場合は、aptX・aptX HD・AACなどのコーデックに対応しているポタアンを選択しましょう。

ポータブルヘッドホンアンプのおすすめメーカー

フィーオ(FiiO)

By: amazon.co.jp

中国の広東省に本社を置く「フィーオ」は、世界的なポータブルオーディオ機器メーカーとして有名。デジタルオーディオプレイヤーやD/Aコンバーター、イヤホンなどの製品を取り扱っています。

フィーオのポタアンはラインナップが豊富。バランス接続に対応しているモデルやBluetoothに対応しているモデルなども製造しており、好みにあうモデルを選択しやすい点もおすすめです。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio)

By: amazon.co.jp

「アイバッソオーディオ」は、中国に本社を置く音響機器メーカ―。ポタアン・デジタルオーディオプレイヤー・イヤホン・ヘッドホンなどの機器を取り扱っています。

アイバッソオーディオのポタアンは、コンパクトかつ軽量な点が魅力。バスパワー式を採用しており、バッテリーの充電や乾電池を交換する手間がかからない点もおすすめです。

シャンリン(SHANLING)

By: amazon.co.jp

中国に本社を構える「シャンリン」は、1988年に設立された音響機器メーカーです。デジタルオーディオプレイヤーやイヤホンなどを製造しています。

シャンリンのポタアンには、コンパクトで携帯性に優れたモデルが存在。小型ながら性能が高く、品質に優れたサウンドを実現しているのがおすすめのポイントです。

ポータブルヘッドホンアンプのおすすめモデル

フィーオ(FiiO) Q3 2021 FIO-Q3-2021

USB DACを内蔵しているポタアンです。USB Type-Cポートを搭載しているのが特徴。USB Type-C to Type-Cケーブルに加え、USB Type-C to Lightningケーブルが付属しており、iPhoneとも簡単に接続できます。

アンプ回路はTHXの特許技術を採用した「THX-AAA」を搭載。高出力時にも音が歪みにくく、純度の高い鮮やかなサウンドを再生できます。DACチップにはAKMの「AK4462」を採用。最大768kHzのPCMやDSD512にも対応しています。

また、2.5mmと4.4mmバランスヘッドホン出力端子を搭載しているのもポイント。一般的な3.5mmステレオミニ端子の接続にも対応しており、幅広いヘッドホンやイヤホンが利用できる点もおすすめです。

フィーオ(FiiO) BTR5 2021

音楽再生機器とのBluetooth接続に対応しているポタアンです。コーデックはAAC・SBC・aptX・aptX LL・aptX HD・LDACに対応。音質にこだわりたい方におすすめです。

サイズは72×32×11.1mm。ボディに有機ELのフロントディスプレイを搭載しており、動作状況や設定を確認できます。1.5時間でフル充電が可能で、3.5mmシングルエンドの場合、約9時間の連続再生ができる点もメリット。本体には550mAhのバッテリーが内蔵されています。

また、2基の高感度無指向性マイクを備えているのもポイント。cVc 8.0ノイズキャンセル機能も搭載されており、周囲の雑音を軽減しクリアな音声で通話ができます。

フィーオ(FiiO) KA3

コンパクトかつ軽量なデザインを採用していながら、ハイレゾ音源をサポートしているポタアンです。768kHz/32bitのPCMやDSD512に対応。3.5mmシングルエンドヘッドホン端子に加え、4.4mmのバランスヘッドホン端子も搭載されており、ノイズを軽減しながら音楽鑑賞できます。

本体重量は約17.5g。また、ボディにはアルミニウム合金やマグネシウム合金を使用しています。金属筐体により、放熱性を高めている点も魅力です。

本体にはRGBインジケーターを搭載。44.1~48kHzで青色、88.1~768kHzで黄色、DSDで緑色に点灯する仕様です。給電方式はバスパワー式を採用しています。

さらに、「FiiO Controlアプリ」を利用して本体の設定を行えるのもメリット。スマホで7種類のフィルター機能を選択したり、ゲインのHigh・Lowを切り替えたりできる点もおすすめです。

アイバッソオーディオ(iBasso Audio) DC04

USB Type-Cケーブルが付いているポタアンです。全長は約110mmとコンパクト。鞄やポケットなどに入れて気軽に持ち運べるサイズです。重量は12gと軽量。携帯性に優れている点が魅力です。

コンパクトなボディにはシーラス・ロジックのDACチップを2基搭載。左右が独立した構成を採用し、高い解像度を実現しています。

接続には4.4mmバランスジャックを使用。また、4chのフルバランス回路の採用によって出力レベルを向上し、電気抵抗値の高いヘッドホンもしっかりと鳴らせる仕様です。

ボディの素材にはアルミニウムを使用。カラバリは2種類で、ブラッシュド加工が施されているシルバーと塗装仕上げのブラックをラインナップしています。

シャンリン(SHANLING) USB-C DAC/AMP Adapter UA1

低ノイズ設計を採用した、コンパクトなデザインのポタアンです。本体サイズはケーブル部を含んでも約116×15×9mm。重量も約8.3gと軽く、鞄やポケットに入れて気軽に持ち運べるのが魅力です。

接続端子にはUSB Type-Cを採用し、USB Type-Aへの変換アダプタが付属。スマホやポータブルオーディオプレイヤーに加え、パソコンとも接続できます。

スマホ専用アプリの「Shanling Music App」をインストールすれば、音質のカスタマイズが可能。デジタルフィルター・イコライザ・ゲインコントロール・チャンネルバランスなどを簡単に設定できます。

ビットトレードワン(BitTradeOne) 電流帰還方式ポータブルヘッドフォンアンプ AD00032

ビットトレードワン独自の電流帰還方式「LIIEテクノロジー」を採用しているポタアンです。ヘッドホン本来の周波数特性を再現する能力に長けているのが魅力。低音~高音までを効率よくドライブし、躍動感あふれるサウンドを再生できます。

また、スイッチの切り替え時などに生じやすいポップノイズを低減できるのもポイント。パワーアンプ出力回路からカップリングコンデンサを除去し、低音特性も改善しています。

給電方式には乾電池式を採用。単4乾電池×4本で駆動し、1日約5時間程度の音楽鑑賞であれば約30日間使用可能です。音楽再生機器との接続には3.5φステレオケーブルを利用しています。

エムオーディオ(M-AUDIO) Bass Traveler

リーズナブルな価格で購入できる、コスパに優れたポタアンです。4極ステレオミニのヘッドホン端子に加え、4極ステレオミニ入力端子と充電用のmicroUSB端子を搭載。幅広い機器に対応できます。

ヘッドホン端子は2基備えており、イヤホンやヘッドホンを同時に2つ接続可能。2人で音楽を鑑賞する際にも便利です。給電には充電式を採用。本体にリチウムポリマーバッテリーを搭載しており、約8時間の連続動作が可能です。

本体前面にはLEDを搭載。電源のONや充電状態、Lowバッテリーなどを表示できます。また、2段階で切り替えできる低音ブースト・スイッチを備えているのもポイントです。

ラディウス(radius) High resolution DAC Amplifier for Type-C RK-DA50C

コンパクトかつスリムな形状が魅力的なポタアンです。小型のボディにQualcommのDACチップを搭載しているのが特徴。ダイナミックレンジが広く、歪みを低減したクリアなサウンドを実現しています。

ケーブルには導電性の高い導体を採用。加えて、銀メッキ単結晶銅により見た目の美しさを向上しています。また、NePLAYERなどのアプリを使用すれば、ハイレゾ音源の再生も可能。臨場感あふれるサウンドで音楽を鑑賞したい場合にもおすすめです。

音楽再生機器との接続にはUSB Type-C端子を使用。USB Type-Aへの変換アダプタも付属しており、幅広い機器に対応できます。

FX-AUDIO- ポータブルヘッドホンアンプ PH-01J

比較的リーズナブルな価格で購入できる、シンプルな設計のポタアンです。音楽再生機器との接続には3.5mmステレオミニ端子を使用します。

また、ヘッドホンアンプICにTexas Instrumentsのオペアンプ「NE5532」が配置されているのもポイント。高音質での再生を実現し、高インピーダンスのイヤホンをドライブする優れた駆動力を備えています。

本体サイズは52×94×13mm。スリムなデザインながら本体にリチウム充電池を搭載しており、ハイゲイン時には約6~8時間の連続使用が可能です。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

ヘッドホンやマイクなどでも有名な「オーディオテクニカ」が製造するポタアンです。Bluetooth接続が可能なモデル。AAC・aptX・LDACなどのコーデックに対応しており、ワイヤレスでも高音質での再生が期待できます。

DACやアンプ部にはESSの「ES9118」を採用。原音に忠実なサウンドを再現できるのが魅力です。ボディにはアルミニウムハウジングを使用。不要な共振を軽減可能です。

本体側面には、出力抵抗値モード切り替えスイッチを配置。イヤホンやヘッドホンのドライバー特性に合わせ、出力抵抗を調節できる点もおすすめです。

イヤースタジオ(Earstudio) Bluetoothレシーバー ES100 MK2

Bluetoothを利用したワイヤレス接続に対応しているポタアンです。ケーブルを用意する必要がなく、手軽に使えるのがポイント。なお、イヤホンやヘッドホンや有線で接続します。

Bluetoothのコーデックは、SBC・AAC・aptX・aptX HD・LDACに対応。ワイヤレスでも高音質が期待できる仕様です。また、専用のアプリを利用すれば、音質を好みに合わせてカスタマイズ可能。10-Band Equalizerのほか、複数のサウンドモードを設定できます。

本体サイズは約25×50×13mm。コンパクトながら14時間の連続再生が可能なのもおすすめポイントです。

Topping ポータブルヘッドホンアンプ NX1s

手頃な価格で購入できる初心者にもおすすめのポタアンです。本体サイズは10×55×84mmとスリムなデザインを採用。高級感のあるアルミボディに仕上げているのが魅力です。

3.5mmステレオミニ端子を備えた接続用のケーブルが同梱されているのもポイント。購入後にバッテリーを充電すればすぐに使用できます。充電は約4時間で完了し、最大40時間の連続使用が可能です。

iFI Audio ポータブルDACアンプ nano iDSD BL

DSD256までのハイレゾ音源に対応したポタアンです。バーブラウンの「トゥルー・ネイティブDAC」を搭載。音源に忠実なサウンドを求める方におすすめです。

また、2種類のデジタルフィルターを備えているのもポイント。「Listen(ミニマムフェイズフィルター)」と「Measure(リニアフェイズフィルター)」を簡単に切り替えられます。

iFI Audio独自の「S-Balanced回路」を採用。バランス接続に対応したイヤホンやヘッドホンを使用できます。ノイズを低減したクリアな音を再生したい方にもぴったりです。

XDUOO LINk V2 xDuoo Link V2

接続するイヤホンのインピーダンスに合わせ、自動で出力を調節できるポタアン。イヤホンのドライバーを保護しつつ、適切なボリュームで音楽鑑賞できるのが魅力です。

給電はバスパワー式を採用。接続した機器から電源を得るので、気軽に使用可能です。本体重量は15gと軽量。ボディにUSB Type-Cのケーブルが付いており、鞄やポケットに入れてスマートに携帯できます。また、3.5mmアウトプットプラグを搭載しているのも特徴です。

オンキヨー(Onkyo) ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200

ハイレゾ音源に対応しているポタアンです。iOSデバイスでHF Playerアプリを利用することで、臨場感あふれるサウンドの再生が可能。高品位な使用感を実現するため、複数の再生技術を用いています。

オペアンプには「MUSES8920」を採用。クリアかつ立体感のあるサウンドを再現できるのが特徴です。入力端子は、光ミニ・USB Type-A・microUSBなどを搭載。さらに、光デジタルとアナログステレオを自動で切り替える3.5mmミニ端子も備えています。