iPhone・Androidなどのスマホやポータブルプレーヤー(DAP)にイヤホン・ヘッドホンを接続して音楽を聴く方が増え、なかには今より高音質で音楽を楽しみたいという方もいます。

そこでおすすめしたいのがポータブルヘッドホンアンプの導入です。イヤホン・ヘッドホンの買い替えでは限界のある音量やノイズといった多くの面で飛躍的な向上が期待できます。今回は、iPhone・Androidスマホに合うポータブルヘッドホンアンプの選び方とおすすめモデルをご紹介。

ポータブルヘッドホンアンプ(ポタアン)とは?

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプとは、バッテリーを内蔵し小型で持ち運びが可能なイヤホン・ヘッドホン専用のアンプのことです。略して「ポタアン」とも呼ばれます。持ち運びを前提としているため、手のひらサイズと小型で、軽量なモデルが多く存在。

基本的に、アンプはスマホやDAPにも搭載されていますが、より高音質で音楽を楽しむために使われます。また、ポタアン側に電源を内蔵している場合はスマホで聴くよりもバッテリー減少を抑えられるのがメリットです。

ポータブルヘッドホンアンプとDACの違い

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプは本来アナログ回路のみで構成されるもので、デジタル回路を含むDACは搭載していません。また、単品のDACは本来、デジタル信号をアナログ音声信号に変換する部分だけを指します。ヘッドホンアンプも搭載していません。

ただし、実際の製品としては両方を搭載したモノが多いのが実情。ポタアンにおいてはスマホやDAP、PCなどと直接デジタル接続する需要が増えているというのが理由です。スマホ内蔵DACの音質がそれなりのレベルであることも影響しています。

これからiPhone・Androidスマホ用にポタアンを購入する方にはDAC内蔵型がおすすめ。逆に、高音質なDAPを持っている場合はDACなしのポタアンがおすすめです。

ポータブルヘッドホンアンプって効果あるの?

By: amazon.co.jp

ポータブルヘッドホンアンプの大きな存在意義は「音質追求」です。特にスマホと接続して使用する場合、効果は高いと言えます。

ほとんどのスマホや安価なDAPのヘッドホンアンプ部は、省電力性と本体小型化優先の影響もあり、低出力で再生帯域も狭く、ノイズ感など音質的にもそれほど高いわけではありません。

例えば、イヤホンジャックの無くなった最近のiPhoneでは、小型の付属イヤホンジャックアダプター内にDACとヘッドホンアンプを内蔵していて、音質を向上させるのは困難です。

ポタアンは、総じてスマホよりも出力が大きく、広帯域再生ができるのでノイズも少なくなります、大音量リスニングはもちろん、細かな音まで表情豊かに再生可能。また、スマホ直ではまともな音量で鳴らすことが困難な100Ω以上の高級ハイインピーダンスヘッドホンも使えるようになります。

ポータブルヘッドホンアンプの選び方

①接続方法で選ぶ

アナログ接続

By: amazon.co.jp

アナログ接続は、スマホやDAPのイヤホンジャック端子と接続できる規格です。難しい操作もなく使えるため、ポタアン初心者にもおすすめ。アナログ回路のみで構成できるので、安価なモデルから選べるのも魅力です。それでいて、音質の向上と十分な音量を確保できます。

一方、出力機器ヘッドホン出力の音質に限定される要素も避けられないので、音質向上が一定のレベルに留まる恐れがあります。

デジタル接続

By: amazon.co.jp

スマホやPCなどとデジタル接続できるタイプ。ポタアン側の高品位なDACを使える分、アナログ接続タイプよりも高音質が狙えます。また、ハイレゾ対応機ならハイレゾ再生アプリと組み合わせてハイレゾ再生が可能です。

端子は汎用性の高いUSBが主流。PCとの接続は基本的に対応していますが、iPhoneやAndroidスマホとの接続に対応するかは機種次第なので、よく調べる必要があります。光、あるいは同軸デジタル接続は、テレビや据え置きオーディオ機器との使用に便利ですが、ポータブル用では活躍する機会は多くありません。

iPhoneとのデジタル接続について

By: amazon.co.jp

iPhoneとデジタル接続できるポタアンは増えていますが、少し複雑な面もあるので注意しましょう。iPhoneと直結できるLightning端子直結タイプは、最も簡単で便利ですがiOS機以外では使えないので注意してください。

ポタアン側のUSB端子と接続できるタイプとしてはiPhone付属の「Lightning-USBケーブル」で動作可能なモノと、別売りの「Lightning-USBカメラアダプタ」が必要なモノがあります。よく見極めて選びましょう。

Bluetooth接続

By: audio-technica.co.jp

iPhone 7以降のようなイヤホンジャックのないスマホの場合、Bluetoothでワイヤレス接続できるポタアンもあります。コードレスで煩わしくないのがメリット。ただし、Bluetoothは音声データをカットするので、音質最優先の方にはおすすめしません。

しかし、「LDACコーデック」はハイレゾ相当の伝送に対応しているので、LDAC対応ポタアンと組み合わせれば高音質を実現できます。

②給電方式で選ぶ

充電タイプ

By: amazon.co.jp

内蔵充電池を充電して使うポタアンの主流な給電方式です。コンセントのない屋外でも使え、スマホの電池消費も抑えられます。使用時間は製品によって幅があるので、よく比較して選びましょう。

ロングバッテリーが高音質というわけではなく、むしろ、電力を潤沢に使う使用時間が短い機種のほうが高音質である場合もあります。内蔵充電池はユーザー側で交換不可の機種が多く、充電池の寿命が来たら、メーカーに送って交換しなければいけないのがデメリットです。

外部給電タイプ

By: amazon.co.jp

主にUSB給電による外部からの電源で動作するタイプ。充電の手間がかからず、電源を内蔵しない分、小型・軽量なのもメリット。また、充電と併用できるモデルであれば便利さが際立ちます。

一方、スマホから給電するとスマホの電池が早く減ってしまうのがデメリット。モバイルバッテリーを使えば防げますが、余計な荷物が増えてしまうという欠点もあります。

乾電池タイプ

By: amazon.co.jp

市販の乾電池を使うタイプ。充電不要で、汎用性が高いのがメリットです。また、充電タイプに比べて駆動時間が長い傾向があります。

乾電池を買い続ける必要がある点ではコスト面、面倒さがデメリット。また、外出時に予備を持つとなると荷物が増えてしまいます。乾電池型の充電池を使うとランニングコストを抑えられるので、アナログ入力専用のやや高価なモデルに多い給電方式です。

③ハイレゾ対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

CDのPCM 16bit/44.1kHzを上回る高精細で広帯域な情報量を備えるハイレゾ音源。PCM系で24bit/48kHz、DSD 2.8MHz以上の音源が該当し、よりリアルな高音質が楽しめます。

iPhone・Androidスマホでも、各種再生ソフトの利用で再生は可能ですが、スマホ内蔵のDACではCDレベル程度に劣化変換される場合も。そこで活躍するのがハイレゾに対応したDAC内蔵のポタアンです。

現在のDAC内蔵のポタアンの多くは24bit以上のPCM系ハイレゾ音源に対応します。DSDにも対応するかが選択のポイントです。DSD音源は販売数がまだ少ないことも考慮して選びましょう。

④バランス接続対応で選ぶ

By: amazon.co.jp

左右で音の一部が混ざることが避けられなかった従来のアンバランス接続に加え、最近では左右の信号の分離を徹底したバランス接続モデルも普及しつつあります。対応イヤホン・ヘッドホンが必要ですが、立体感と明瞭度に優れた音質が魅力です。

しかし、規格が統一されていないため、どの端子を使用しているか見極める必要があります。1万円台のモデルでも搭載され始めているので、音質を追求したい方にはおすすめです。

ポータブルヘッドホンアンプのおすすめ|アナログ接続タイプ

エムオーディオ(M-Audio) Bass Traveler 小型ポータブル・ヘッドホンアンプ

低音を2段階で調節できる「低音ブースト・スイッチ」を搭載したポータブルヘッドホンアンプです。普段よりも力強い低音を楽しめるのが魅力。ダンスミュージックなど、力強い低音が特徴的な曲を聴くのにもおすすめです。

また、インピーダンスを調節できるのも魅力。使用するヘッドホンや曲に合わせて最適な状態に設定にできます。ステレオミニジャックを2つ搭載しているのも特徴で、同じ曲を2人で共有可能です。

ただし、本製品は16~100Ωのヘッドホンに対応しているため、高インピーダンスヘッドホンには向いていません。1万円以下のヘッドホンなど、インピーダンス100Ω以下のヘッドホンを使用している方におすすめです。

性能はやや劣りますが、5,000円以下とリーズナブル。約8時間の連続再生ができ、充電しながらの使用できるのも魅力です。利便性が高いので、安価なヘッドホンを使用する方や、音質を少し向上させたい方に向いています。

トッピング(Topping) ヘッドホンアンプ NX3

トッピングの中でも人気の高いNXシリーズのポータブルヘッドホンアンプです。歪みが少ない高性能のヘッドホンアンプIC「TPA6120」を搭載。このICは5万円以上するSONYのPHA-2やJVCのSU-AX7にも採用されています。

また、本製品はハイレゾに対応。ライブ音源など臨場感のある音楽を楽しめるのが魅力です。bassとgainをブーストできる切り替えスイッチも搭載しているため、曲ごとに自分好みの音質に調節できます。

「オーディオルームを持ち運ぶ」というコンセプトの元に設計されているため、厚さ1.3cm、重量145gと軽量・コンパクト。ポケットに入るサイズなので、持ち運びを検討している方におすすめです。

2400mAhの大容量バッテリーを内蔵しており、25時間連続で再生できるのも特徴。通勤や通学はもちろん、旅行先でもバッテリー残量を気にせず使えます。さらに急速チャージも可能。30分の充電で約5時間再生できます。

フィーオ(FiiO) ポータブルヘッドホンアンプ A1 FIO-PHA-A1

4×4cmの軽量コンパクトなポータブルヘッドホンアンプです。ポタアンの平均的な重量は100g前後ですが、本製品はわずか20g。ポケットに入れて携帯できるため、持ち運びに便利です。

また、カバンやポケットに取り付けやすいようクリップも付いています。本体は落ち着いたシンプルなデザインでファッションの邪魔にもなりません。クリップは取り外しでき、使用シーンによって使い分けることも可能です。

3.5mm端子を採用しており、コンパクトながらもパワフルな駆動力が特徴。特に低音の力強さに定評があります。ただし、コンパクトな分スイッチも小さいため、少々操作しにくいのが難点です。

1万円以下とリーズナブルな価格も魅力。5万円以上するモデルなどに比べると性能は劣りますが、音圧の強化に向いています。約13時間の連続駆動が可能なので、ポータブルヘッドホンアンプを試してみたい方や、手軽に持ち歩きたい方におすすめです。

ポータブルヘッドホンアンプのおすすめ|デジタル接続タイプ

オンキヨー(Onkyo) ポータブルヘッドホンアンプ DAC-HA200

VGP2015ライフスタイル分科会のヘッドホンアンプ部門(ポータブルタイプ・3万円以上5万円未満)で受賞をした、実績のあるポータブルヘッドホンアンプです。

D/AコンバーターにはPCM5102を採用。アンプ部分にはプッシュ・プル構成のディスクリート回路を、オペアンプにはMUSES892を採用しており、デジタルオーディオ信号のノイズを抑えて高音質に出力します。

HF Playerアプリを利用すれば、最大96kHz/24bit出力のハイレゾ音源が再生可能。モバイルでもクリアで立体的なサウンドが楽しめます。また、PC接続の場合はアプリを利用しなくても、内蔵されたクロックによってハイレゾ再生が可能です。

また、光ミニ端子やiPhoneとも接続できるUSB端子を搭載。モバイル端末からPC機器、オーディオプレーヤーまでさまざまな機器と接続できます。高性能で比較的リーズナブルなので、入門としてもおすすめです。

オーディオテクニカ(audio-technica) ワイヤレスヘッドホンアンプ AT-PHA55BT

VGP2018のヘッドホンアンプ部門(ポータブルタイプ)で、金賞を受賞している実力あるポータブルヘッドホンアンプです。

DAC・アンプ部分にはHi-FiグレードのES9118を搭載。音源に忠実な音質が楽しめます。また、クリアな音質も本製品の魅力です。クロックを制御しジッターを抑制。アルミニウムハウジングのボディで不要な共振を抑えノイズを低減しています。

本製品は50mW+50mWの高出カヘッドホンアンプや、「出力抵抗値モード切り替えスイッチ」を搭載しており、ドライバーに合わせて出力抵抗値が切り替えられます。ヘッドホンの性能を十分に活かして、力強いサウンドが楽しめるモデルです。

LDAC・aptX・AACコーデックに対応しており、高品質なデータを伝送できます。ボリューム調節は32段階。曲や環境に合わせて細かく調整できます。連続で最大8時間再生し続けられるのも魅力です。

ポータブルヘッドホンアンプのおすすめ|iPhone向けタイプ

クリエイティブ(Creative) Sound Blaster E5 SB-E-5

最大24bit/192kHzのハイレゾに対応したポータブルヘッドホンアンプです。MP3やCDなどで広く採用されている16-bit/44kHzから24-bit/192kHzのハイレゾ音源まで再生可能。幅広い機器で臨場感ある音を楽しめます。

DACやADC、ヘッドホンアンプなどに高音質コンポーネントを採用しているため、ノイズが少ないのも本製品の特徴です。さらにゲインの切り替えも可能。ヘッドホンのインピーダンスに合わせた設定ができます。最大600Ωのヘッドホンに対応しており、歪みの少ない出力が可能です。

また、USBデジタル接続にも対応。iPhoneだけでなくPCやAndroid、タブレットなどにも接続できます。NFCにも対応しているため、ワンタッチでペアリングや接続設定ができるのも魅力です。

3200mAhの大容量バッテリーを搭載。最大8時間連続で再生できるので、外出時の持ち運びにもおすすめです。

ソニー(SONY) ポータブルヘッドホンアンプ PHA-2A

Φ4.4mmバランス接続タイプのポータブルヘッドホンアンプです。左右それぞれのチャンネルが異なる2つのアンプで構成されており、ノイズを抑えた解像度の高い音質を楽しめます。

また、DACとヘッドホンアンプにはノイズの発生しにくい高品質なモノを採用。半導体の質にまでこだわり、音質を最優先した構造のモデルです。VGP2017 SUMMERでは、ライフスタイル分科会も受賞しています。

また、本製品はUSBオーディオにも対応。USB Audio ICとDACとに異なるクロックをもたせることで、送信側からの影響を低減。アナログ接続の特徴を最大限に活かし高音質で楽しめるのが魅力です。

さらに、ウォークマンやXperia、iPhoneやPCならデジタル接続も可能。端末の音源データをデジタルのまま伝送し、本製品の高品質DACでアナログ変換するため、原音を忠実に再現できます。