アウトドアにおいて調理や焚き火をする際に必要となるのが、火おこしのための備品。キャンパーの多くはライターやマッチを使いますが、前者は燃料がなくなれば使えず、後者は湿気に弱いためスムーズに着火できない場合も考えられます。そんなストレスを回避できるのが、火おこし専用のアイテム「ファイヤースターター」です。

着火にはコツと慣れが必要ですが、シンプルな仕様で持ち運びも容易。シーンを問わず使えるので、汎用性が高いのもポイントです。そこで今回は、ファイヤースターターのおすすめ製品をご紹介。興味がある方はぜひ試してみてください。

ファイヤースターターとは?

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターとは、一言でいうと「火打ち石」のような道具。「ロッド」と呼ばれるマグネシウムなどでできた棒と、「ストライカー」と呼ばれる火打ち石の役割をする金具がセットになったアイテムです。

使い方は簡単で、ストライカーでロッド部分を削って金属粉を集め、火種となる紙や木くずの上に火花を散らすだけ。はじめのうちは多めにマグネシウムを削ることで火花が出やすくなりますが、慣れてくると少ない量でも火花を散らせます。

ファイヤースターターで火をつけるコツは、ティッシュの上などに薄く削った木片など火がつきやすいモノを置き、そこにうまく火花を散らして、火がつき始めたら徐々に火種を増やしていくこと。火種のサイズを徐々に大きくしていくのがポイントです。

ファイヤースターターのメリット

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターを使用するメリットは大きく分けて3つあります。1つ目は燃料を必要としない点。ロッドとストライカーがあれば火起こしが可能なため、ガスの残量を気にしたり予備を持っていったりする必要がありません。また、数百回から数千回繰り返し使うことが可能なコスパの高さも魅力です。少しでも荷物を減らしたいツーリングキャンプや登山などにも適しています。

2つ目は水や湿気に強い点。突然の雨や雪、夜露に結露など、アウトドアでは道具を水で濡らしてしまう危険がつきものですが、万が一、濡らしてしまっても拭き取るだけで使用できます。

3つ目は周囲の環境に左右されにくい点です。燃料を使う燃焼器具はライターに限らず低温が苦手。しかし、ファイヤースターターなら寒い季節でも気にせず使うことが可能です。また、気圧の影響も受けにくいので、登山など標高の高い場所での火起こしにも重宝します。

ファイヤースターターの選び方

ストライカーの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターは、棒状のモノをストライカーでこすって使用します。この時、ストライカーがあまりに小さいと握りにくく、力をうまく入れられません。

したがって、ストライカーの大きさが手に合い、握りやすいモノを選ぶのがおすすめです。グリップ付きや握りやすい形状のモノもあるので、自分の手の大きさに合わせて選んでみてください。

紛失しにくいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターはコンパクトなだけに、紛失しやすいアイテムです。棒とストライカーをバラバラに保管していると、いざ火をつけようと思ってもどちらか片方が見つからない、という事態も考えられます。

製品によっては、一体化してセット保管できたり、ブレスレット状になっていたりするモノも展開されているので、自分のスタイルに合わせて紛失しにくい工夫がされているモノを選ぶのがおすすめです。

価格に左右されず使いやすいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターはノーブランドから有名ブランドまで、さまざまな製品がラインナップされています。ひとつ持っていればほぼ一生モノといわれるアイテムなので、価格に左右されずに自分の手のサイズに合った、使い勝手のよいモノを選ぶのがおすすめです。

ファイヤースターターのおすすめモデル

Chileeany 130×13mm ファイヤースターター

Chileeany 130×13mm ファイヤースターター

長さが130mm、直径が13mmある大きなロッドが特徴の製品です。30000回の使用が可能なコスパのよさが魅力。アウトドアシーンで長く愛用できる製品を探している方に、おすすめのモデルです。

丈夫で軽量なパラコードが付属しているのがポイント。短く編んでロッドとブレードを繋いでおけば、いつでもセットで持ち歩けるうえ、片方のパーツだけを紛失する可能性も軽減できます。

ロープの長さは1.1mと長め。また、オリジナルの収納袋がついており携帯に便利なところも魅力的なおすすめのファイヤースターターです。

Chileeany ファイヤースターター

Chileeany ファイヤースターター

全長が120mmのコンパクトな製品です。ロッドの直径は8mmあり、15000回の繰り返し使用が可能。キャンプはもちろん、釣りなど多様なアウトドアシーンで活躍します。

8段階に長さ調節ができるステンレス製のファイヤーブラスター(火吹き棒)を付属しているのが特徴です。最大で480mmまで伸ばすことができ、炭や焚き火の炎を効率的に大きくするのに役立ちます。また、折りたためば90mmとコンパクトなため、持ち運びにも便利。

緊急時に救助を呼ぶのに便利なホイッスルが付属しており、災害発生時の備えとしてもおすすめのモデルです。

ARMY OUTDOOR ファイヤースターター

ARMY OUTDOOR ファイヤースターター

直径20mmの極太ロッドを採用したファイヤースターターです。最大50000回もの使用できる長寿命さが魅力。製品は、ロッドとストライカーだけのシンプルな構成です。素材はマグネシウム100%。

重量は260gと重めですが、長く使える製品を探している方にはおすすめのモデルです。専用の収納袋が付属しており簡単に持ち運べます。

Ribitek ファイヤースターター 応急処置バック

Ribitek ファイヤースターター 応急処置バック

防災アイテムとしてもおすすめの、5つのアイテムがセットになった製品です。ファイヤースターターのほか、フォールディングナイフ、火吹き棒、ホイッスルが付属。さらに、全てのアイテムを収納できるポーチもついており、コンパクトにまとめて携帯することが可能です。

直径8mmのマグネシウム棒には持ち手が付いているため、スムーズに火起こし作業がおこなえます。火吹き棒は起こした火種を大きくするのに便利。刃の長さが62mmあるフォールディングナイフは、着火させやすいよう木の枝を削って小さくするのに活躍します。

ポーチには付属のセットだけでなく、薬や傷バンドなど応急処置のための小物を入れておくことも可能。アウトドアシーンから災害発生時の備えまで、さまざまな場面で便利に使えるおすすめのファイヤースターターです。

アルティメイト サバイバル(ULTIMATE SURVIVAL) ブラストマッチ ファイヤースターター 12156

アルティメイト サバイバル(ULTIMATE SURVIVAL) ブラストマッチ ファイヤースターター 12156

片手で手軽に火起こしができる製品を探している方に、おすすめのモデルです。火種になる紙や小枝に押し付ける動作を繰り返すだけで、強力な火花が発生し着火させられます。収納時のサイズは約100mmとコンパクト。重量も76.6gと軽量なので、ポケットに入れて気軽に持ち歩けます。

ただし、地面に押し付けるようにして使う製品のため、焚き火台などの上で火起こしをするのには向いていません。購入を検討している方は留意しておきましょう。

ザ・フレンドリー・スウィード(The Friendly Swede) フェロセリウム ファイヤースターター

ザ・フレンドリー・スウィード(The Friendly Swede) フェロセリウム ファイヤースターター

北欧発のブランド「The Friendly Swede」が販売する製品です。マグネシウムの代わりに「フェロセリウム」を採用しているのが特徴。フェロセリウムとは鉄とセリウムの合金で、3000℃ほどの強い火花を発生させられる金属素材。マグネシウム素材と比較すると高価ですが、着火させやすいので初心者の方にもおすすめです。

ロッドには木製のハンドルがついておりしっかりと固定できるので、スムーズな火起こし作業がおこなえます。ハンドルに印刷されたブランドのロゴマークがおしゃれ。アウトドアで使用する小物のデザインにこだわりたい方も、一度チェックしてみてください。約10000回使用できる点でもおすすめのファイヤースターターです。

Chileeany ファイヤースターター サバイバルツール

Chileeany ファイヤースターター サバイバルツール

直径8mm、長さ60mmのマグネシウムロッドを搭載しているファイヤースターターです。12000回も繰り返して使用可能なコスパの高さが魅力。ブレードタイプのストライカーで擦って火花を発生させます。持ち手部分とデザインを合わせたキャップが付属しており、使用しない時はスタイリッシュに収納しておくことが可能。持ち運び時の落下などによる衝撃から保護できるのもポイントです。

ホイッスルがセットになっているため、山の中で怪我をして動けない時など救助を求める際に重宝します。アウトドアユースだけでなく防災アイテムとしてもおすすめのモデルです。

ガーバー(GERBER) ベア・グリルス ファイヤースターター

ガーバー(GERBER) ベア・グリルス ファイヤースターター

ナイフの老舗ブランド「GERBER」が販売するファイヤースターターです。本体は分割式構造になっており片方にマグネシウムのロッド、もう片方にステンレス製のストライカーを装備。全てのパーツを1つにまとめて、スタイリッシュに持ち運べる製品が欲しい方におすすめのモデルです。

本体ケース上にSOS信号の記載をしているのが特徴。ホイッスルが付属しており緊急時には救援を呼ぶことも可能です。各パーツは紐で繋げられているため、紛失を防止にも役立ちます。

Ribitek メタルマッチ ファイヤースターター

Ribitek メタルマッチ ファイヤースターター

太さ約20mmのしっかりとした木製ハンドルを備えた製品です。ロッドを固定しやすく火起こし作業がスムーズにできて便利。着火作業がしやすいので初心者の方にもおすすめのモデルです。

伸ばすと約620mmにもなる伸縮式の火吹き棒が付属。焚き火はもちろんBBQの火起こしをするのにも重宝します。全てのアイテムを入れられる収納袋とカラビナが付属しているので、移動の際にリュックや荷物に吊り下げておけるなど便利です。

UZIPAL ファイヤースターター サバイバルツール

UZIPAL ファイヤースターター サバイバルツール

金属製の収納ボックスがセットになった、携帯のしやすい製品です。最大に伸ばすと638mmにもなる伸縮式の火吹き棒が付属しており、起こした火種を効率的に大きくすることが可能です。また、縮めると収納ボックスに収まるので、持ち運ぶ際にも便利です。

ホイッスルが付属しており、緊急時の備えにもなります。アウトドアユースはもちろん防災アイテムとしてもおすすめのモデルです。

キュア(CURE) ファイヤースターター

キュア(CURE) ファイヤースターター

スクエアタイプの「フェロセリウム」ロッドとブレード型のストライカーがセットになった製品です。ロッドの片端を削り、もう一方の端を擦って着火。気軽に購入することが可能で火起こし作業に特化した、シンプルな製品が欲しい方におすすめのモデルです。

手のひらサイズのためポケットに入れて気軽に持ち歩けます。パーツの紛失防止に便利なチェーンが付属。キーチェーンとして利用することも可能なので重宝します。

ブッシュクラフト(Bush Craft) オリジナル ファイヤースチール2.0 メタルマッチ 06-01-meta-0001

ブッシュクラフト(Bush Craft) オリジナル ファイヤースチール2.0 メタルマッチ 06-01-meta-0001

「森と生きる」をテーマに製品開発をおこなう日本のアウトドアブランド、「ブッシュクラフト」が販売する製品です。安定感のある直径約9.5×60mmのロッドを採用しており、約12000回の使用が可能なため、長く使い続けられます。

コードに「550 Fire Cord」を採用しているのが特徴。いざという時には着火剤としても使用できるので、多様なアウトドアシーンで安心して使用できます。

ストライカーとロッドはレザーリングでしっかりと固定することが可能。2つのパーツを一体で持ち歩けるける便利さも魅力的なおすすめの製品です。

京都雷鳥 ファイヤースターター

京都雷鳥 ファイヤースターター

キャンプやハイキングなど多様なアウトドアシーンで便利に使える、多機能タイプの製品です。ファイヤースターターをはじめ、ドライ式コンパスやLEDライトなどを搭載。ロッドには「フェロセリウム」素材を使用しており着火させやすいので、初心者の方にもおすすめのモデルです。

本体は分割式を採用しています。使わない時には合体させることで1つにしておけるため、持ち運びも簡単。収納時の寸法は122×25mmとコンパクトなので、収納スペースが気になる方にもおすすめです。

BOMBER & COMPANY 火が起こせる キーリング

BOMBER & COMPANY 火が起こせる キーリング

キーリングタイプのファイヤースターターです。中央に配置された円柱状のパーツに、付属のリングを擦りつけて火花を発生させます。ブレスレットのように手首に装着したり、スボンのベルト通しにぶら下げたりすることが可能。日常生活のなかでも、アクセサリー感覚で持ち歩ける製品を探している方におすすめのモデルです。

本体はパラコードを編み込んで作られています。ほどくと1.5mのロープになるため、緊急時にはモノを吊るしたり荷物をまとめて縛ったりと便利に利用することが可能です。おしゃれなデザインのアイテムが気になる方も、ぜひチェックしてみてください。

ザ・フレンドリー・スウィード(The Friendly Swede) サバイバル ネックレス

ザ・フレンドリー・スウィード(The Friendly Swede) サバイバル ネックレス

北欧ブランド「The Friendly Swede」が手がける「火が起こせるネックレス」です。パラコードに装着された円柱形のロッドには、強い火花を発生させる「フェロセリウム」素材を採用。先端のワッシャーでロッドを擦り、火花を発生させて着火します。

アウトドア用品としてだけでなく、おしゃれなアクセサリーとして身につけて持ち歩きたい方におすすめのモデルです。カラーバリエーションも豊富なので、ファッションにマッチする色をチョイスしてみましょう。