アウトドアにおいて調理や焚き火をする際に必要となるのが「火おこし」のための備品。キャンパーの多くはライターやマッチを使いますが、
前者は燃料がなくなれば使えず、後者は湿気に弱いためスムーズに着火できない場合も考えられます。そんなストレスを回避できるのが火おこし専用のアイテム「ファイヤースターター」です。

着火にはコツと慣れが必要となりますが、シンプルな仕様で持ち運びも容易。なによりシーンを問わず使えるので、汎用性の高さがポイントです。そこで今回は、ファイヤースターターのおすすめ製品をご紹介。興味がある方はぜひ試してみてください。

ファイヤースターターとは?

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターとはヒトコトで言うと「火打ち石」のような道具。「ロッド」と呼ばれるマグネシウムの棒と「ストライカー」と呼ばれる火打ち石の役割をする金具がセットになったアイテムです。

使い方は、火種となる紙や木くずの上にストライカーでマグネシウムを削り、火花を散らすだけ。はじめのうちは多めにマグネシウムを削ることで火花がでやすくなりますが、慣れてくると少ない量でも火花を散らすことが可能です。

ファイヤースターターで火をつけるコツは、ティッシュの上などに薄く削った木片など火がつきやすい物を置き、そこにうまく火花を散らして、火がつき始めたら徐々に火種を増やし火を大きくしていくこと。火種のサイズを徐々に大きくしていくことがポイントです。

ファイヤースターターのメリット・デメリット

By: amazon.co.jp

携帯に便利で、キャンプだけではなく防災用品としても役に立つファイヤースターターですが、メリットだけではなくデメリットもあります。この点も踏まえた上で適切なモデルを選択しましょう。

ファイヤースターターのメリット

ファイヤースターターの大きなメリットは、湿気や水に強いこと。マッチやライターは水に濡れると火がつきませんが、ファイヤースターターは水に濡れても、拭き取れば火をつけることが可能です。

また、火種を作るマグネシウムの棒は、ライターのガスやマッチ先端の燐のようにすぐに消耗しないことも大きなメリット。さらに、悪天候時や気温が低い時、気圧が低い標高の高いところでも、気にせず使えるところもメリットです。

ファイヤースターターのデメリット

一方、ファイヤースターターの一番のデメリットは、火花を飛ばすには慣れが必要である点です。上手にストライカーを使えないと全く火花が飛ばないということもあり、初心者の方だと意外と苦労します。

また、非常にコンパクトなアイテムであるため、地面に落としてしまうと見つけにくい、紛失しやすいといったデメリットもあります。

ファイヤースターターの選び方

By: amazon.co.jp

ストライカーの形状で選ぶ

ファイヤースターターは、マグネシウムの棒をストライカーでこすって使用します。この時、ストライカーがあまりに小さいと握りにくく、力を上手く入れられません。特に手がかじかむような寒さの中では、さらに力を入れにくくなります。

したがって、ストライカーがの大きさが手に合い、握りやすいモノを選ぶのがおすすめです。グリップ付きや握りやすい形状のモノもあるので、自分の手の大きさに合わせて選びましょう。

紛失しにくいモノを選ぶ

ファイヤースターターは非常にコンパクトなだけに紛失しやすいアイテム。特にマグネシウムの棒とストライカーをバラバラに保管していると、いざ火をつけようと思ってもどちらか片方が見つからない、なんていうこともありがちです。

製品によっては、一体化してセット保管できるタイプやブレスレット状になっているモノもあるので、自分のスタイルに合わせて紛失しにくいデザインのものを見つけるのがおすすめです。

価格に左右されず使いやすいモノを選ぶ

ファイヤースターターは、ノーブランドから有名ブランドまでさまざまな製品が販売されています。ひとつ持っていれば、ほぼ一生モノと言われるアイテムなので、価格に左右されずに自分の手のサイズに合ったもの、使い勝手のよいモノを選ぶのがおすすめです。

ファイヤースターターのおすすめ人気モデル

Gadgettown ファイヤースターター LM-6

キーホルダータイプのファイヤースターターです。マグネシウム部分が縦型で、マッチをこする要領で削ることができます。また、ケース本体が大きいため削りやすいのも特長。ストライカーのギザギザ部分が火花をおこしやすく、価格も500円程度とリーズナブルなので初心者にもおすすめの人気モデルです。

Chileeany ファイヤースターター 火打ち石+ホイッスル

通常のファイヤースターターに比べ、マグネシムの棒が長く削りやすいのが特長のモデル。ホイッスル付きで、緊急時の防災アイテムとしても役立ちます。また、バリエーションも豊富で価格も1000円程度とリーズナブル。ロッド・ストライカー・ホイッスルがリングでひとつにまとまっているので、紛失が心配な方もこれなら安心です。

AURORA ファイヤースターター 440C

アルミケースにマグネシウム棒・着火用コットンが収納できるスマートなファイヤースターター。ケースの先端のプレートがストライカーで、収納時の見た目がスタイリッシュです。ロッドの持ち手側には穴が開いているので、紐などを通してまとめられます。おしゃれなキャンパーにおすすめのファイヤースターターです。

ザ・フレンドリー・スウェード(The Friendly Swede) 火が起こせるネックレス

強度の高いパラコード製のネックレスタイプ。パラコード先端に付けられたドーナツ型のストライカーでロッドを削ります。ロッドには、高温の火花を飛ばせるフュロセリウムを採用し、より素早く火が起こせる仕様です。

パラコードは頑丈な分何かに引っ掛かった際は危険ですが、本モデルは安全リリース式バックルを備えているためある程度の力が掛かると外れる仕組み。火おこしには少々コツが要るので慣れは必要ですが、コンパクトかつスタイリッシュなおすすめモデルです。

ザ・フレンドリー・スウェード(The Friendly Swede) ファイアースターター ボトルオープナー&緊急時シグナルミラー機能付き

しっかりと握れる木製のハンドルに7cmと長いフュロセリウム製のロッドが装着された使いやすいファイヤースターター。ストライカーにはボトルオープナーと50mm定規、ロッド裏面にはミラーがオプションとして付属。緊急時の便利アイテムとしても使用できます。ロッドとストライカーはパラコードストラップでまとまっており、ほどいて使用することも可能です。

ライトマイファイヤー(LIGHT MY FIRE) ファイアースチールスカウト2.0

適度にくぼみがつけられて持ちやすいデザインのファイヤースターター。ロッドトップは、落としても見つけやすいカラフルな蛍光色を採用しています。ホイッスル付きで、防災用品としてもおすすめ。カラーバリエーションも豊富で、価格も1000円台とリーズナブルな人気モデルです。

ライトマイファイヤー(LIGHT MY FIRE) ファイヤーナイフ

ナイフの柄部分にマグネシウム棒が収納できるナイフ一体型ファイヤースターター。ナイフの背でマグネシウムを削るため、初心者でも扱いやすいと人気です。また、ステンレススチール素材を採用したブレードは、そのままナイフとしても使用可能。アウトドアにはぴったりのおすすめアイテムです。

ブッシュクラフト(Bush Craft) ファイヤースチール2.0

約1万2000回使用可能な大きめのロッドと扱いやすいストライカーがセットになったファイヤースターター。ストライカーにはレザーリングが通っており、ロッドをコンパクトに収納できます。なお、ストラップ部分には“550 Fire Cord”というパラコードタイプの着火剤が採用されており、緊急時の火種としても使用可能です。

My Vision ファイヤースターター

グリップ部に蓄光素材を採用したファイヤースターター。真っ暗なキャンプ場でも安心して使用でき、万が一紛失しても見つかりやすいのがメリットです。実勢価格500円程度とリーズナブルなほか、削りやすい長めのロッドを採用しているので、初心者の方にもおすすめ。