アウトドアにおいて調理や焚き火をする際に必要となるのが、火起こしのための備品。キャンパーの多くはライターやマッチを使いますが、燃料切れや湿気でスムーズに着火できない場合も考えられます。そんなストレスを回避できるのが、火起こし専用のアイテム「ファイヤースターター」です。

着火にはコツと慣れが必要ですが、シンプルな仕様で持ち運びも容易。シーンを問わず使えるので、汎用性が高いのもポイントです。そこで今回は、ファイヤースターターのおすすめ製品をご紹介。興味がある方はぜひ試してみてください。

ファイヤースターターとは?

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターとは、一言でいうと「火打ち石」のような道具。「ロッド」と呼ばれるマグネシウムなどでできた棒と、「ストライカー」と呼ばれる火打ち石の役割をする金具がセットになったアイテムです。

使い方は簡単で、ストライカーでロッド部分を削って金属粉を集め、火種となる紙や木くずの上に火花を散らすだけ。はじめのうちは多めにマグネシウムを削ることで火花が出やすくなりますが、慣れてくると少ない量でも火花を散らせます。

ファイヤースターターで火をつけるコツは、ティッシュなどの上に火がつきやすいモノを置き、そこにうまく火花を散らして、徐々に火種を増やしていくこと。着火したら火種のサイズを大きくしていくのがポイントです。

ファイヤースターターのメリット

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターを使用するメリットは大きく分けて3つあります。1つ目は燃料を必要としない点。ロッドとストライカーがあれば火起こしが可能なため、ガスの残量を気にしたり予備を持っていったりする必要がありません。また、数百回から数千回繰り返し使うことが可能なコスパの高さも魅力。少しでも荷物を減らしたいツーリングキャンプや登山などにも適しています。

2つ目は水や湿気に強い点。突然の雨や雪、夜露に結露など、アウトドアでは道具を水で濡らしてしまう危険がつきものですが、万が一、濡らしてしまっても拭き取るだけで使用できます。

3つ目は周囲の環境に左右されにくい点。燃料を使う燃焼器具はライターに限らず低温が苦手ですが、ファイヤースターターなら寒い季節でも気にせず使うことが可能です。さらに、気圧の影響も受けにくいので、登山など標高の高い場所での火起こしにも重宝します。

ファイヤースターターの選び方

ロッドの素材をチェック

初心者にもおすすめの「フェロセリウム」

By: amazon.co.jp

使いやすく、初心者の方におすすめなのがフェロセリウム製のロッド。マグネシウムよりも発火点が低いため火が散らせやすく、火花の燃焼温度は約3000°と高温なので、スムーズな着火が可能です。

初心者の方はキャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで火を起こすのに苦労するケースも多く、タイムロスとなりストレスの原因にもなります。ファイヤースターターの取り扱いに慣れるまでは、フェロセリウム製のロッドように、火の付けやすさで選ぶのがポイントです。

価格が安い「マグネシウム」

By: amazon.co.jp

価格が安い製品が多く、コスパを重視する方におすすめなのがマグネシウム製のロッド。数百円程度での購入が可能で、お店によっては100円ショップで販売されている場合もあります。

なお、フェロセリウムよりも発火点が高いため、うまく着火させるには多少の慣れが必要。ただし、コツを掴めば着火もスムーズにできるようになり、ランニングコストを抑えてキャンプやバーベキューが行えます。

ストライカーの形状で選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターを購入する際は、ストライカーの形状もチェックしておきましょう。ファイヤースターターは棒状のモノをストライカーでこすって使用するので、あまりに小さいと握りにくく、火を起こすのに苦労します。

目安として、ストライカーは5〜6cm程度のモノを選ぶのがおすすめ。なかには、グリップ付きや握りやすい形状のモノもあるため、自分の手の大きさはもちろん、使い勝手のよさも考慮して選びましょう。

紛失しにくいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターはコンパクトなだけに、紛失しやすいアイテムです。棒とストライカーをバラバラに保管していると、いざ火をつけようと思ってもどちらか片方が見つからないという事態も考えられます。

製品によっては、一体化してセット保管できたり、ブレスレット状になっていたりするモノも展開されているので、紛失しにくい工夫がされているアイテムを選ぶのがおすすめです。

価格に左右されず使いやすいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

ファイヤースターターはノーブランドから有名ブランドまで、さまざまな製品がラインナップされています。ひとつ持っていれば長い期間使えるアイテムなので、価格に左右されずに自分の手のサイズに合った、使い勝手のよいモノを選んでみてください。

ファイヤースターターのおすすめモデル

ブッシュクラフト(Bush Craft) ファイヤースチール メタルマッチ

大きめのストライカーにより、扱いやすく着火もしやすいファイヤースターター。ロッドの素材にはフェロセリウムを使用しており、火花も散りやすいので効率よく火が起こせます。また、防水仕様のため、拭き取って水気を除けばすぐに使用できるのが特徴です。

ストライカーとロッドは、付属のコードで繋げるので紛失も防げます。さらに、コードは燃えやすい「550FireCord」を採用しているため、火を起こすときの着火剤としても活用可能です。

約12000回の利用ができ、頻繁にキャンプやバーベキューなどのアウトドアで使う方にもおすすめ。コスパの高いファイヤースターターです。

ガーバー(GERBER) ベア・グリルス ファイヤースターター

アメリカのナイフメーカーとして人気の「GERBER」が展開する、利便性の高いファイヤースターター。ストラップが付いているので、首やリュックなどにかけてキーホルダーのように持ち運べます。

ストラップにはホイッスルも搭載。万が一の危険を知らせるための活用に有効です。また、防水仕様になっており、ロッド素材のマグネシウムが濡れた場合でも、しっかりと拭き取れば問題なく使用できます。幅広いアウトドアシーンでの利用におすすめのファイヤースターターです。

トップス(TOPS) ファイヤスターター エマージェンシーキット

タクティカルナイフなどミニタリー用のナイフを手掛ける、アメリカの人気ブランド「トップス」が展開するファイヤースターター。ホイッスルや缶切りもセットとなっており、火起こしだけでなく防災ツールとしても活用できます。

ファイヤースターターと一緒にシルバーのネックチェーンに繋がれているため、携帯にも便利。アクセサリーのように首にかけておしゃれに持ち運べます。使い勝手に優れたモノを探している方におすすめです。

ライトマイファイヤー(LIGHT MY FIRE) ファイヤースチールスカウト アーミー BIO

約12000回の発火が可能で、ランニングコストを抑えたい方におすすめのファイヤースターター。素材にマグネシウム合金を採用しており、水に強いのが特徴。キャンプなどのアウトドアで起こり得る、雨天時や結露によって濡れた場合でも使用可能です。ホイッスルも搭載されているため、緊急の際にも活用できます。

また、ストライカーとロッドの持ち手部分にはくぼみが設けられているので、指にしっかりとフィットして使用しやすいのもポイント。コスパが高く、使い勝手のよさにも優れたアイテムです。

オーロラ(AURORA) ファイヤースターター 440C

光沢のあるシルバーカラーで、重厚感のあるかっこいいデザインが人気のファイヤースターター。ストライカーとロッドがコンパクトに一体化でき、ロッドの持ち手部分にある穴に紐を通してキーホルダーのように取り付けて持ち運べます。

本体の表面には細かい凹凸が施されており、滑りにくくて使いやすいのもポイント。引火させる際に便利な綿も付属しているため、初心者の方でも操作に慣れるまでは着火の際に重宝します。携帯性に優れ、おしゃれに使用したい方におすすめのファイヤースターターです。

ロスコ(ROTHCO) ファイヤースターター 672

長方形で平らなデザインが特徴のファイヤースターター。ポールチェーンが搭載されているため、キーホルダーのようにおしゃれアイテムとして持ち運べるので便利です。

また、マグネシウムの量が多く、長く愛用できるのも魅力。キャンプなどのアウトドアに持ち運びやすいアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

サンズヒル(sun’s hill) ファイヤースターター

キャンプの際に活躍する、火吹き棒やホイッスルがセットになったファイヤースターター。火吹き棒を使えば、効率よく酸素が送れるため、安定してスムーズに火が起こせます。

ファイヤースターターのロッドはマグネシウム製で水気に強いので、濡れても拭き取れば使用できます。酸素との結合性も高く、高所などの低酸素の環境下で火が起こせるのも特徴。さらに、ストライカーはメモリ付きで定規にもなり、栓抜きの機能も備えています。

ソグ(SOG) FLINT タクティカルペン型マルチツール FT1001

ファイヤースターター・ガラスブレーカー・ホイッスルが一体となった、アウトドアから緊急時にも対応できるマルチツール。全長は11cmとコンパクトで片手にすんなりと収まり、重量も38gと軽量なので携帯に便利です。

スチールウールが付属しているため、ファイヤースターターで火を起こす際もスムーズに着火できます。また、先端部分に設置されてあるガラスブレーカーには超硬合金のカーバイドが採用されており、頑丈なのも魅力です。

本体はアルミニウム製。アルマイトによる酸化被膜処理が施されているので、耐久性や耐摩耗性にも優れています。キャンプなどのアウトドアをはじめ、あらゆるシーンや環境でマルチに活用できるファイヤースターターを求める方におすすめです。

Chileeany ファイヤースターター

ロッドが直径1×長さ10cmと大きく、使いやすいファイヤースターターです。素材にはマグネシウムを採用。約20000回と長く使えて、ランニングコストが高いのが魅力です。

ストライカーも、幅2×長さ7.5cmと大きめのサイズ。初心者の方でも扱いやすく、栓抜きやメモリ付きで定規としても利用できます。

さらに、パラコードと収納袋も付属しているので、ロッドとストライカーを繋いで紛失を防げるのもポイント。持ち運びにも便利なおすすめアイテムです。

ザ・フレンドリー・スウェード(THE FRIENDLY SWEDE) フェロセリウム ファイヤースターター+ボトルオープナー

木目のスタイリッシュなデザインが魅力のファイヤースターター。大自然の雰囲気にもマッチし、アウトドアシーンでおしゃれに使用できます。

ロッドはフェロセリウム製。強く高温の火花が散らせるため、着火がしやすいのもポイントです。また、約10000回使用できるので、ランニングコストも抑えられます。

さらに、ストライカーには縮尺地図の距離を測るのに便利なメモリや、栓抜きも搭載。火が起こしやすく、汎用的で便利な機能も備わったおすすめアイテムです。

Ribitek ファイヤースターター

直径0.8×全長11.8cmと大きめのロッドで、使いやすく長持ちするファイヤースターター。ロッドの持ち手は木製で、しっかりと手にフィットして握りやすいのが魅力です。

ロッドの素材にはマグネシウムを採用。ストライカーには、定規として使えるメモリや栓抜きも備わっています。また、スムーズな火起こしをサポートする火吹き棒と、持ち運びに便利なカラビナ付きの収納袋もセットになっているのも魅力です。

桜木 マグネシウムファイヤースターター

価格が安く、リーズナブルにアウトドアを楽しみたい方におすすめのファイヤースターター。全長7cmで重量が17gとコンパクトかつ軽量なので、手軽に持ち運べます。

ロッドの素材はマグネシウムを採用。悪天候や登山での高所で使用する場合など、あらゆる環境のアウトドアシーンでも対応できます。使い勝手がよく、コスパの高さが魅力のファイヤースターターです。

シンプレジャー(simPLEISURE) マグネシウム ファイヤースターター

シンプルで機能性に優れたファイヤースターター。ロッドのサイズは直径12.6×長さ150mmと長くて太く、3万回以上の使用が可能です。

素材は、ハードな環境にも対応できるマグネシウムを採用。ロッドに持ち手がないため慣れも必要ですが、その分マグネシウムが無駄なく活用できます。

ストライカーにはメモリや栓抜きも搭載。また、ストラップが通せる穴もあり、麻紐などで繋げば紛失も防げるおすすめアイテムです。

バーゴ(VARGO) アルティメットファイヤースターター T-467

火吹き棒にファイヤースターターが一体化したアウトドアツールです。火吹き棒の長さは46.4cmで、収納時には15.2cmとコンパクトに縮められるのが特徴。重量も53gと軽量なので持ち運びに便利です。

ファイヤースターターとしての使い方は、ネジ式のロッドを取り外し、本体に備わっているストライカーと強く擦り合わせて火花を発生させます。火吹き棒で効率よく酸素が送れるため着火もスムーズ。収納や携帯のしやすさを重視する方におすすめのファイヤースターターです。

キュア(CURE) ファイヤースターター

高級感のあるスタイリッシュなデザインで、おしゃれに使用できるファイヤースターター。マグネシウム製のロッドで、カバーに収納時のサイズが直径1.8×長さ12cmとコンパクトなのが魅力です。

また、ロッドの持ち手となる先端部分にはコンパス、ストライカーにはスケールや缶オープナーの機能も搭載しており、マルチに使えるのもポイント。デザインがおしゃれなうえ、幅広いシーンで便利に使用したい方におすすめのファイヤースターターです。

アルティメイト サバイバル テクノロジー SparkForce Fire Starter

収納時の全長7.9cmで、重量28gとコンパクトかつ軽量なファイヤースターター。ロッドとストライカーの一体型で、ストラップも付いているので持ち運びがしやすいのが特徴です。

小型で手軽に使用できるので、キャンプやバーベキューをはじめ、釣りや登山など、幅広いアウトドアシーンに携帯しやすいのも魅力。非常時のための防犯ツールとして備えておくのにもおすすめです。

ライトマイファイヤー(LIGHT MY FIRE) ファイヤーナイフ

アウトドアのあらゆるシーンで便利に使用できるナイフと、コンパクトなファイヤースターターのセット。ナイフのグリップにファイヤースターターが収納でき、持ち運びにも便利です。

内蔵されているファイヤースターターのロッドをナイフの背で擦り、スムーズに着火が可能。火起こしからちょっとした調理まで、幅広く使えるおすすめのアイテムです。

アカネ(AKANE) ファイヤースターター

火起こしはもちろん、ガラスブレーカーやホイッスルも搭載したペン型のファイヤースターター。救助を求めたり、先端に備わった硬質ヘッドでガラスを割ったりといった使い方ができます。

収納時のサイズは直径1×長さ11cm、重量240gとコンパクトで軽量。さらに、リングが備わっているのも魅力です。キーホルダーのようにリュックなどに取り付けて持ち運びたい方はぜひチェックしておきましょう。

ベルモント(Belmont) ファイヤースターター ブレスレット

ブレスレット型で、アクセサリーのようなおしゃれアイテムとして携帯したい方におすすめのファイヤースターター。取り外すと、両サイドに備わっているマグネシウム製のロッドとストライカーを使用して火が起こせます。

バンドには編み込まれたパラコードが採用されており、耐久性に優れているのもポイント。また、ホイッスルやコンパスも搭載されているので、さまざまな場面で活用できる万能なファイヤースターターです。