自宅の防犯対策として屋外センサーライトを設置することは有効な手段といえます。侵入窃盗犯は犯行を目撃されることを恐れるので、”光”や”音”に敏感といわれるからです。

そこで今回は、おすすめの人気屋外用センサーライトをランキング形式でご紹介します。選び方も解説しているので、自宅の安全を守るためにもチェックしてみてください。

屋外センサーライトの選び方

電源のタイプをチェック

By: amazon.co.jp

センサーライトには、ACコンセント式・乾電池式・ソーラー式の3つのタイプがあります。屋外に設置するので、電源がとりやすいセンサーライトを選びましょう。

ACコンセント式の場合はAC電源が必要で、設置時の配線等の手間がかかります。しかし、設置後は電池切れの心配がなく、ハロゲンライトなど光量が多いライトが使用可能です。

乾電池式は、コンセントがなくても気軽に取り付けられ、価格もリーズナブルなのが特徴。ただし、電池切れの確認が定期的に必要です。

ソーラー式も、電源を取りにくい場所では便利なセンサーライトです。ソーラーパネルがセンサーライト本体に装備されている場合は、きちんと日光があたるかを確認しましょう。また、雨天が続くと充電が行われないので、信頼性は他の電源より劣るといえます。

電球の種類をチェック

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトの光源はLEDまたはハロゲン電球が使われています。LEDは省エネ性に優れているのが特徴で、乾電池式やソーラー式といった小電力の屋外センサーライトで利用できるのが魅力。

一方、ハロゲン電球は光量が大きく広範囲を明るく照らせるのが特徴です。ただし、100Wといった大きな電力が必要になります。そのため、電源は基本的にACコンセント式となります。

センサーの角度を変えられるか

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトは、センサーによって人を感知する仕組みです。家の前を頻繁に人が往来する場所では、不必要なときにライトが点灯してしまうこともあります。そのようなことを避けるためにも、センサーの角度を調整できる屋外センサーライトを選ぶのがおすすめです。

照射範囲と距離をチェック

By: amazon.co.jp

ライトの光が届く距離と範囲も確認しておきましょう。一般にはハロゲン電球のほうが、LEDよりも光が広がります。一方、LEDの屋外センサーライトでも2灯式を採用し、照射範囲を広げているモデルもラインナップしているのでチェックしてみてください。

取り付け方

By: amazon.co.jp

取り付け方は主に、ビスを壁などに打ち込んで取り付けるビス式と、クランプという部品を使用して、柱や雨樋を挟んで屋外センサーライトを固定するクランプ式があります。なかには、地面に置いて設置するタイプもあるので、足元を照らしたい場合や壁に穴を開けたくないという方におすすめです。

防犯性能を高める便利機能が付いているか

屋外センサーライトのなかには、防犯性能を高める機能を備えたモデルもあります。例えば、SDカードを使って録画できる機能を備えたモノや、チャイムと連動して光だけでなく、音でも知らせてくれるモノです。暗い場所を光で照らすだけでなく、防犯対策もしたいという方はチェックしてみてください。

屋外センサーライトのおすすめランキング

第1位 ムサシ(MUSASHI) ソーラー式センサーライト LED1W×2 RITEX S-20L

1Wの高輝度LEDを2つ搭載した、2灯式の屋外センサーライトです。2方向の広い範囲を明るく照らします。電源はライト本体から分離したソーラーパネルなので、電気代がかからないのがメリット。本体とソーラーパネルはそれぞれ、クランプまたはネジで取り付けできます。

点灯方式は10秒あるいは30秒の点灯に加え、30秒点滅するフラッシング機能も搭載しています。さらに、夜だけ点灯するモードと昼夜モードを切り替えられる機能を備えているのが魅力。センサー機能に関しては、探知角度が水平約140度、探知距離が最大6m先までです。

第2位 ムサシ(MUSASHI) LED多機能型センサーライト 7W×2 RITEX LED-AC514

7Wの高輝度LEDを2灯搭載した、強力な光を放つセンサーライト。白熱電球140W相当の明るさが特徴です。電源はACコンセントに接続します。

点灯時間は5秒から5分まで自由に設定可能。また、5秒点滅するフラッシング機能も搭載しています。2灯とも180度照射できるので照射範囲が広いのもうれしいポイントです。淡い光で点灯する「ほんのり常時点灯機能」を利用すれば、玄関灯などの常夜灯としても利用できます。

さらに、別売りのチャイムやアラームと接続すれば、光と音で警告できます。省エネながら、防犯性能が高い屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第3位 エルパ(ELPA) 屋外用コンパクトセンサーライト ESL-BH200

明るいハロゲン電球を採用した屋外センサーライト。LEDより明るく照射範囲が広いのが特徴です。点灯時間は5秒~5分の間で設定可能。

センサーの検知エリアは、広角90度・長距離12m、広角90度・中距離6m、狭角15度・長距離12mから選べます。レンズを回すだけで簡単に調整できるのも魅力です。

また、暗い時だけ点灯するか明るい時でも常時点灯するかの、2つのモードに切り替えられます。基本性能が高く、品質が安定している証である”Sマーク”を認証しているセンサーライトです。

第4位 エルパ(ELPA) 0.5W LEDセンサーライト 乾電池式 ESL-05BT

コンセントがない場所にも設置できる、乾電池式のセンサーライト。1000円程度というリーズナブルな価格も魅力です。勝手口や物置、ガレージなど複数の箇所に費用を抑えて設置可能。

0.5Wタイプ高輝度白色LEDで約20秒間点灯します。また、屋外の直接雨のかかる場所でも耐水規格IPX4に対応しているので安心して利用できます。

第5位 オーム電機(OHM) LEDセンサーライト 乾電池式 LS-BH11DG4-T

クラッシックなデザインの屋外センサーライトです。暖かい色合いの電球色で約30秒間点灯します。デザイン性が高く、防犯用としても玄関灯としても最適なモデルです。

センサーの検知距離は約8m、検知角度は90度です。電源は単二形アルカリ乾電池を4本使用する乾電池式。1日5回点灯しても約12ヶ月持つ電池寿命の長さも魅力の、おすすめの屋外センサーライトです。

第6位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 屋外LEDセンサーライト OSL-MN2-MWS

乾電池式で、置くタイプの屋外LEDセンサーライトです。購入後は、ビスなどを使って設置する手間がなくすぐに使えます。点灯時の明るさは100ルーメンの「Hi」と30ルーメンの「Lo」に切り替えられます。

センサーの検知範囲は水平左右約90度、垂直方向に約60度。距離は約3mまで検知できます。ベランダや玄関先のアプローチなどに置く、屋外LEDセンサーライトを探している方におすすめです。

第7位 高儀(TAKAGI) LEDセンサーライト 6W×2 録画機能付 ASLT-6

白熱電球100Wと比べて、明るさが約6倍のLED電球を搭載したセンサーライトです。動きを感知すると点灯します。点灯時間は10秒と30秒から選択可能です。取り付け方法は、付属のクランプ台で柱や雨樋に簡単に設置するか、木ネジとプラグを使って壁に取り付けることも可能です。

また、本製品は録画機能を搭載しているのが特徴。30万画素のカラーカメラでしっかりと見張ります。8GBのmicroSDカードが付属しており、60秒間の動画データを約180回分記録できます。容量がいっぱいになると古いファイルから上書きしていくので、SDカードの容量が足りないということも起こりません。より防犯性の高いセンサーライトを探している方におすすめです。