自宅の防犯対策に有効な手段として活用されている「屋外センサーライト」。侵入窃盗犯は犯行を目撃されることを恐れるので、光や音に敏感だといわれています。

そこで今回は、おすすめの屋外用センサーライトをランキング形式でご紹介。選び方も解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

屋外センサーライトの選び方

電源のタイプをチェック

コンセント式

コンセント式のセンサーライトは、プラグをコンセントにつなぐだけで簡単に使用できるうえ、停電などのトラブルがなければエネルギー切れの心配がないのがメリット。玄関や勝手口など、コンセントが近くにある場所におすすめです。

コンセントがない場所へ設置したい場合は、防水性のある延長コードを利用したり、コンセント増設の工事を行ったりする必要があります。

乾電池式

By: amazon.co.jp

乾電池式のセンサーライトは、電源が必要ないためコンセントがない場所にも気軽に設置できるのが大きな魅力です。しかし、定期的に電池を交換する手間がかかるのがデメリット。

乾電池式のセンサーライトを選ぶ場合は、消費電力の少ないLED電球を使用しているモノを選ぶと、乾電池の交換頻度を減らせるのでおすすめ。購入を検討している方はチェックしてみてください。

ソーラーパネル式

By: amazon.co.jp

ソーラーパネル式のセンサーライトは、太陽光をエネルギーとして使用するため電気代がかからないのがメリット。また、乾電池式のように定期的な電池交換も必要ないので、手間がかからないのも嬉しいポイントです。

コンセントを使わないため、好きな場所に設置できるのも魅力。しかし、太陽光が十分に当たっていない場合や、天気の悪い日が続いている場合は充分に点灯しない可能性があります。設置場所に太陽光が当たるかどうか、あらかじめ確認しておきましょう。

なお、製品によっては、ソーラーと乾電池の両方を備えたハイブリッドタイプもあるので、チェックしてみてください。

電球の種類をチェック

LED

By: amazon.co.jp

センサーライトに多く使用されているLEDは、消費電力が少なく寿命が長いため、頻繁に電球を交換しなくてよいのがメリット。常夜灯としての使用もおすすめです。

点灯しても熱を持たないので、火災の心配が少なく安心して使用できます。LEDは高価なモノが多いため、初期費用がかかってしまう点だけ留意しておきましょう。

ハロゲンランプ

ハロゲンランプは強い光で広範囲を明るく照らせるのが最大の魅力。防犯効果が高いため、安全性を高めたい方におすすめです。

しかし、光が強い分、消費電力が高いのがデメリット。無駄に電力を消費しないためにも、照度センサーが付いているセンサーライトを選びましょう。

センサー方式をチェック

人感センサー

By: amazon.co.jp

人や車など動くモノに反応して点灯する人感センサー付きの製品は、防犯効果が高いのがメリットです。また、夜遅くに帰宅した場合に手もとが明るくなるのも便利。

しかし、センサーが探知する範囲が広すぎたり狭すぎたりすると、うまく点灯せず防犯効果が薄れてしまいます。探知範囲や方向を調節できる機能が付いたモノを選ぶのがおすすめです。

照度センサー

By: amazon.co.jp

周りが暗くなると自動で点灯する照度センサー付きの製品は、付け忘れがないので便利です。センサーライトを常夜灯として使用したい場合におすすめ。明るい昼間には点灯せず、不必要に電力を消費しないため、経済的なのもポイントです。

センサーの角度を変えられるかチェック

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトのなかでも、人感センサーを搭載しているモデルは、センサーによって人を感知する仕組みです。家の前を頻繁に人が往来する場所では、不必要なときにライトが点灯してしまうこともあります。そのようなことを避けるためにも、センサーの角度を調節できる屋外センサーライトを選ぶのがおすすめです。

照射範囲と距離をチェック

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトを選ぶ場合は、光が届く距離と範囲も確認しておきましょう。一般的にはハロゲン電球のほうがLEDよりも光が広がります。一方、LEDの屋外センサーライトでも2灯式を採用し、照射範囲を広げているモデルもラインナップされているので、チェックしてみてください。

取り付け方をチェック

By: amazon.co.jp

取り付け方は主に、ビスを壁などに打ち込んで取り付けるビス式と、クランプと呼ばれる部品を使用して、柱や雨樋を挟んで屋外センサーライトを固定するクランプ式があります。なかには、地面に置いて設置するタイプもあるので、足元を照らしたい場合や壁に穴を空けたくない方におすすめです。

防犯性能を高める便利機能が付いているかチェック

録画機能

By: amazon.co.jp

より高い防犯効果を求める方には、録画機能付きのセンサーライトがおすすめ。万が一不審者が侵入したり、モノを盗んだりする事例が発生したときに、映像が記録されていれば有力な証拠を残せます。

詳細な映像を残したい方は、画素数の大きいカメラを搭載した製品や、カラー映像を録画できる製品がおすすめ。また、音声も一緒に録音できるモノなら、さらに細かい記録が残せるので、検討してみてください。

フラッシュ機能

警報機能

センサーライトには、警報機能が付いているモノもあります。不審者が侵入した際に警報を鳴らし威嚇できるモノで、犯行抑制効果が高いため、より安全性を高めたい方におすすめです。

なかにはアプリと連動しており、遠隔操作で警報を鳴らせるような製品もあるので、気になる方はチェックしてみましょう。

防水性が高いかチェック

屋根のない場所など、雨が直接かかる場所にセンサーライトを設置する場合は、防水性に優れたセンサーライトを選びましょう。電化製品への異物侵入のしにくさは、「IP」という等級で表され、数字が大きいほど防水・防塵性が高いとされています。

屋外のセンサーライトとして使用するなら、IP44以上のモノを選ぶのがおすすめ。防水・防塵性に優れており、雨やホコリが多い場所でも安心して使用できます。

屋外センサーライトのおすすめランキング

第1位 エルパ(ELPA) 屋外用LEDセンサーライト ESL-301BT

単2形アルカリ乾電池を4本使用するセンサーライトです。電源を確保しにくい屋外への設置にぴったり。高輝度3W白色LEDは長寿命で球切れの心配がなく、メンテナンス不要で使えるのが魅力です。取り付けネジで壁のコンクリートに打ち込めるほか、付属のクランプセットで柱やポールにも取り付けられます。

IP44相当の防雨構造により、雨のかかる場所にも安心して設置可能。人感センサーを搭載しており、人や車の動きを検知して自動点灯します。送受信機を増設することでセンサーの検知をチャイムで知らせる機能やワイヤレスチャイムにも対応。防犯用としても活躍します。

さらに、明るさセンサーの検知によって点灯する明るさを調節可能。10秒間の点滅と点灯を好みで選択できます。低赤外線・低UV仕様で発熱が少なく、虫が集まりにくいおすすめのモデルです。

第2位 Lifeholder センサーライト

太陽光で発電するソーラー式屋外センサーライト。電気代や乾電池代がかからないため、ランニングコストを抑えたい方におすすめです。

日中の太陽光を利用して内蔵の2600mAhリチウムイオン電池に充電し、夜間に使用する電気に自動で変換。リチウムイオン電池の平均寿命は約3年で、1000回以上充電可能と謳われています。わずらわしい配線コードがないので、後から設置場所を変更したい場合にも便利です。

1回のフル充電で6時間以上の常時点灯を実現。ネジか両面テープを使用するほか、バンドを用意すれば柱やポールにも取り付けられます。280個ものLEDを搭載しており、しっかりと周囲を照らせるのもポイント。2個セットで駐車場や庭、バルコニーなどさまざまな場所に設置したい場合にも重宝します。

第3位 ムサシ(MUSASHI) LEDセンサーライト LED-AC315

7.5WのLEDを2灯搭載している屋外センサーライト。センサー探知角度140°、照射範囲180°で広範囲に対応するモデルです。1300ルーメンの明るさながら、発熱が少なく虫が集まりにくいのが特徴。

さらに、点灯時間を5秒~5分の範囲で設定できるほか、昼夜切り替え機能によって夜だけ、昼だけの点灯もできます。10%の明るさで照らす常夜灯としても使えるうえ、防犯を重視したい場合は常時点灯も可能です。

AC電源タイプなので、コンセントを確保できる場所への設置におすすめ。IP44相当の防水性を備えており、雨のかかる場所でも安心して設置できます。

取り付けはネジ止めのほか、付属のクランプで柱やポールにも設置可能。別売りのステンレスバンドを用意すれば、さまざまな場所に設置できるおすすめの製品です。

第4位 髙儀(Takagi) EARTH MAN センサーライト 録画機能付 SLT-6LWVA

92万画素のカラーカメラを搭載している屋外センサーライトです。録画機能が付いているため、防犯対策として駐車場や車庫などに設置したい方におすすめ。人の顔や車両ナンバーをはっきりと読み取れるほか、日時も記録します。

さらに、赤色LEDで不審者をアピールできるのもポイント。24時間点灯で警戒すると同時に、人の動きを検知すると点滅に切り替わって録画します。

840ルーメンの明るさで照らせるLEDライトは、白熱電球100Wと比較して約6倍もの明るさを実現。電気代が約5分の1程度と、ランニングコストが気になる場合にも適しています。

16GBのmicroSDカードが付属しており、60秒間の動画データを約180回分記録可能。容量がいっぱいになると自動的に古いデータから上書き保存する機能を搭載しています。木ネジを使って壁に設置するほか、付属のクランプで柱やポールにも取り付け可能です。

第5位 Trswyop 屋外ソーラーライト

ソーラーパネルを搭載した屋外センサーライト。日の当たる場所に設置すれば太陽光で自動的に充電し、蓄電したエネルギーを電気に変換します。118個の高輝度LEDで270°の広い範囲を照らせるモデルです。

人感センサーと明暗センサーを搭載しており、常時点灯ライト・DIMセンサー・高輝度センサーの3つのモードを切り替え可能。ボタンひとつで切り替えできて便利です。

IP65の防水・防塵仕様により、直接雨風が当たる場所に設置したい方にもおすすめ。付属のネジで壁掛けできるほか、バンドや両面テープを用意すればさまざまな場所に取り付けできます。

第6位 エルパ(ELPA) センサーライト ESL-312DC

単1形アルカリ乾電池を3本使用するセンサーライト。1日10回、10秒の点灯で約9.5ヶ月使えます。電池交換は取り外しレバーを押して本体を外すだけと簡単。屋外でコンセントを確保できない場合や、日当たりが悪くソーラー発電に対応できないケースにおすすめです。

人感センサーで約160°、約10m範囲の人や車の動きを検知して、700ルーメンの強力なスポットライトでアピール。フラッシュ機能や赤色LEDの点滅も可能です。別売りのワイヤレスチャイムを増設すれば、連動して検知したことを音で知らせます。

さらに、広角レンズを搭載しているほか、ライト部が上下左右に可動して広い範囲を照射できるのもポイント。2灯タイプのほか、1灯や3灯タイプもラインナップしています。

第7位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 屋外センサーライト OSL-MN2K-WS

置くだけで使用できる屋外センサーライトです。電源や配線不要の乾電池式を採用しているため、玄関やベランダ周りなどコンセントがない場所への設置におすすめ。単2形アルカリ乾電池を4本使用し、1日10回、各10秒点灯させた場合、最長2年間の使用が可能です。

Wセンサータイプの人感センサーにより、左右どちらの方向から来ても反応。センサーの有効角度は左右約90°、有効距離は約3mです。IP44相当の防水性を備えており、屋根がない場所に取り付けられるのもポイント。角型のほか、丸型もラインナップされているので好みに合わせて選んでみてください。

第8位 ムサシ(MUSASHI) LEDセンサーライト LED-AC3042

3灯のLEDライトを搭載し、4000ルーメンもの明るさを実現した屋外センサーライト。3方向を同時に照射でき最大照射範囲180°と、1台で広範囲を照らしたい場合におすすめです。ひもスイッチを搭載しており、センサーライトと切り替えて投光器や常夜灯としても利用できます。

フリーアーム式で照射方向や取り付け方法の自由度が高いのもポイント。コーナーの両側を照らしたり、狭い通路を照らしたりと幅広く活用できます。IP44の防水性を備えており、直接雨風が当たる場所にも設置可能。コンセント式で、屋外用コンセントを設けている場合に適しています。

第9位 ムサシ(MUSASHI) RITEX LEDどこでもセンサーライト ASL-090

自由に曲がる三脚を搭載した屋外センサーライトです。足場の悪い場所でも脚がフレキシブルに曲がって設置可能。フェンスや柱はもちろん、物干し竿などに引っ掛けて使用できます。さらに、三脚を外せば強力マグネットで取り付けられて便利。物置やロッカーなどの金属部にも設置でき、場所を選ばず使えるおすすめのモデルです。

単3アルカリ乾電池を3本使用するタイプで、わずらわしい配線がないのもポイント。1日10回点灯するセンサーモード使用時で約180日使えます。人が来るのを検知して自動点灯する、人感センサーも搭載。高さ1.5~2mの場所に設置した場合で約4mの範囲を検知できます。

第10位 A-ZONE 人感センサーライト

ソーラーパネルを搭載した屋外センサーライトです。日中に太陽光のエネルギーを蓄電池に充電します。ダミーカメラを搭載しており、防犯効果が期待できるモデルです。さらに、防犯性を高める防犯ステッカーも付属しています。

高輝度LEDを8個搭載し、最大照射距離は10m。アルミ合金の採用で耐久性に優れているほか、IC保護モジュールで過充電・過放電を予防します。設置方法はネジで壁に取り付けられる仕様。IP66の防水性を備えているため、雨に濡れても安心です。

第11位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) AC式LED防犯センサーライト LSL-ACTN-1200

1200ルーメンの明るさで周囲を照らせる屋外センサーライトです。防犯・帰宅・常灯の3つの点灯モードを用途によって切り替え可能。点灯時間の設定変更や明るさも2段階で切り替えできます。コンセント式のモデルなので、屋外にコンセントを設けている場合におすすめです。

赤外線受動センサーの働きで人の動きを検知。高さ2mの場所に設置した場合、最大約8mまで検知可能です。取り付けネジとクランプセットが付属しており、さまざまな場所に設置できます。

第12位 ムサシ(MUSASHI) PIXON 防雨センサーライト PA-520

高性能マイコンを搭載する屋外センサーライトです。マイコンで人の動きと木の葉の揺れを判別し、誤作動を軽減します。外気温に合わせてセンサー感度を自動調節する機能を搭載しているなど、多機能さが魅力のモデルです。

強い光で広範囲を明るく照らせるハロゲンランプを採用。侵入者を察知すると点滅する「探知フラッシングモード」も搭載しているため、防犯効果やを高めたい方にもおすすめです。

第13位 パナソニック(Panasonic) LEDポーチライト FreePa

玄関脇のポーチライトにおすすめの屋外センサーライト。おしゃれなシェードと電球色のやわらかい灯りが特徴です。段調光省エネ型の明るさセンサーによって暗くなると約20%の明るさで点灯し、人を感知すると100%点灯。設定時刻になると自動消灯するなど、無駄な消費電力を節約できるおすすめのモデルです。

紫外線ほぼゼロのLEDの灯りで、虫が寄り付きにくいのもポイント。玄関を開けた際に虫の侵入を防げるほか、虫の死骸を掃除する手間を省けます。センサーは1.8mの高さに設置した場合で全方向20°、約5mの範囲をカバー。

本製品は配線を壁のなかに通すため、設置の際は電気工事業者に取り付けてもらう必要がある点は留意しておきましょう。

第14位 MPJ LED超高輝度ソーラーライト

ソーラーパネルとライト部が分かれている分離式の屋外センサーライトです。5mのコードが付属し、それぞれを離れた位置に設置可能。日当たりのよい場所と明るく照らしたいエリアが異なるケースに適したモデルです。

モーションセンサーを搭載しており、角度120°・距離8mまでの範囲であれば、人の動きを検知して30秒間照らします。IP65の防塵・防水性を備えており、雨風が直接当たる場所に設置しても安心です。

屋外センサーライトのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

屋外センサーライトのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。