自宅の防犯対策として有効な手段として活用されている「屋外センサーライト」。侵入窃盗犯は犯行を目撃されることを恐れるので、”光”や”音”に敏感だといわれています。

そこで今回は、おすすめの屋外用センサーライトをランキング形式でご紹介します。選び方も解説しているので、自宅の安全を守るためにもチェックしてみてください。

屋外センサーライトの選び方

電源のタイプをチェック

By: amazon.co.jp

センサーライトには、ACコンセント式・乾電池式・ソーラー式の3つのタイプがあります。屋外に設置するので、電源がとりやすいセンサーライトを選びましょう。

ACコンセント式の場合はAC電源が必要で、設置時の配線等の手間がかかります。しかし、設置後は電池切れの心配がないため、ハロゲンライトなど光量が多いライトが使用可能です。

乾電池式は、コンセントがなくても気軽に取り付けられ、価格もリーズナブルなのが特徴。ただし、定期的に電池切れの確認が必要となります。

ソーラー式も、電源を取りにくい場所では便利なセンサーライトです。ソーラーパネルがセンサーライト本体に装備されている場合は、きちんと日光があたるかを確認しましょう。また、雨天が続くと充電が行われないので、信頼性は他の電源よりやや劣ります。

電球の種類をチェック

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトの光源はLEDまたはハロゲン電球が使われています。LEDは省エネ性に優れているのが特徴で、乾電池式やソーラー式といった小電力の屋外センサーライトで利用できるのが魅力。

一方、ハロゲン電球は光量が大きく広範囲を明るく照らせるのが特徴です。ただし、100Wといった大きな電力が必要になります。そのため、電源は基本的にACコンセント式となります。

センサーの角度を変えられるか

By: amazon.co.jp

屋外センサーライトは、センサーによって人を感知する仕組みです。家の前を頻繁に人が往来する場所では、不必要なときにライトが点灯してしまうこともあります。そのようなことを避けるためにも、センサーの角度を調整できる屋外センサーライトを選ぶのがおすすめです。

照射範囲と距離をチェック

By: amazon.co.jp

ライトの光が届く距離と範囲も確認しておきましょう。一般にはハロゲン電球のほうが、LEDよりも光が広がります。一方、LEDの屋外センサーライトでも2灯式を採用し、照射範囲を広げているモデルもラインナップしているのでチェックしてみてください。

取り付け方

By: amazon.co.jp

取り付け方は主に、ビスを壁などに打ち込んで取り付けるビス式と、クランプという部品を使用して、柱や雨樋を挟んで屋外センサーライトを固定するクランプ式があります。なかには、地面に置いて設置するタイプもあるので、足元を照らしたい場合や壁に穴を開けたくないという方におすすめです。

防犯性能を高める便利機能が付いているか

屋外センサーライトのなかには、防犯性能を高める機能を備えたモデルもあります。例えば、SDカードを使って録画できる機能を備えたモノや、チャイムと連動して光だけでなく、音でも知らせてくれるモノです。暗い場所を光で照らすだけでなく、防犯対策もしたいという方はチェックしてみてください。

屋外センサーライトのおすすめランキング

第1位 ムサシ(musashi) フリーアーム式LEDセンサーライト LED-AC3036

ムサシ(musashi) フリーアーム式LEDセンサーライト LED-AC3036

3つのライトを組み合わせたコンセント式の屋外センサーライト。3方向に同時照射できるため、広範囲を明るくできます。左右のライトは上90°、下180°、後ろ150°に回転。角度調節の自由度が高いため、明るくしたい場所を的確に照らせます。照射する場所を手軽に変えられる製品です。

ライトだけでなく、センサーも角度調整できます。左右はそれぞれ160°、上下はそれぞれ30°ずつ回転可能。人がどこを通ったタイミングで光を当てるかを計算した上で取り付けられます。

クランプやネジで手軽に取り付けられるほか、市販のステンレスバンドなどにも対応。照射も取り付けも自由度が高いため、万能性のある屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第2位 ムサシ(musashi) フリーアーム式 LED乾電池センサーライト LED-265

ムサシ(musashi) フリーアーム式 LED乾電池センサーライト LED-265

左右にライトを備えた乾電池式の屋外センサーライト。2つのライトは上下左右に角度調節できます。左右それぞれ別の方向を照らせるため、玄関と車を同時に照らすことも可能です。

また、センサーの角度も調節できます。左右それぞれ160°、上下それぞれ30°回転するので、どこに人がいたらライトが点灯するか自身で計算可能。さらに乾電池式で取り付ける場所を選ばないのもポイントです。クランプやネジ止めで簡単に設置でき、電池寿命は約420日と長期間にわたります。

そして、防犯機能が優れているのも魅力です。赤色LEDが点滅して警戒することに加え、フラッシング機能も搭載されています。自由度が高く防犯機能も付いた屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第3位 エルパ(ELPA) ソーラー発電式LEDセンサーライト ESL-311SL

エルパ(ELPA) ソーラー発電式LEDセンサーライト ESL-311SL

ソーラー式の屋外センサーライト。電源を確保する必要がないので、設置場所に制限がありません。LEDを採用しているため、省エネで明るいのもポイント。低赤外線、低紫外線で虫が集まりにくいのも魅力です。

点灯モードは3種類あり、好みのものを選べます。「5秒点灯」「10秒点灯」「10秒点滅」のなかから適したものを選択しましょう。

センサーが反応すると、ライトが点滅するフラッシュ機能が働きます。さらに常時点滅している赤色LEDが、センサーの反応によって高速点滅する機能も搭載。防犯機能に優れた屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第4位 ムサシ(musashi) どこでもセンサーライト300 ASL-097

ムサシ(musashi) どこでもセンサーライト300 ASL-097

電池式の屋外センサーライト。大きな特徴は、自由に形を変えられるアームが付属していることです。アームを柱に巻き付けることも、玄関先に立たせることもできます。さらに、アームを外すとマグネットになっているため、対応している壁にくっつけることも可能。付属している金属プレートを壁につければ、マグネット対応ライトとして使えます。

点灯時間は、10秒・30秒・連続点灯の3つから選択可能。電池の持ちを重視するなら10秒、消えにくさを重視するなら30秒と好きなように設定できます。また、明るさも3段階で切り替え可能。最も弱い設定にすると、約1100日も使えます。状況に応じて設定を変えられる屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第5位 高儀 EARTH MAN 録画機能付センサーライト SLT-6LWVA

高儀 EARTH MAN 録画機能付センサーライト SLT-6LWVA

本製品は防犯効果の高い屋外センサーライトを探している方におすすめ。最大の特徴は、録画機能が搭載されていることです。30万画素のカラーカメラで、鮮明な映像を残せます。人の顔や車のナンバーが認識できる程度の画質を備えているので、十分な防犯効果があります。

さらに、記録したデータは日時が表示されるため、管理しやすいのもポイント。microSDカードの容量がいっぱいになったら古いものから消えていくので、容量オーバーで録画不可能になる心配もありません。

赤色LEDが常時点灯し、周囲を警戒してくれるのも魅力。防犯機能が優れている屋外センサーライトを購入したいと考えている方におすすめです。

第6位 オーム電機(OHM) LEDセンサーライト RL165Y1

オーム電機(OHM) LEDセンサーライト RL165Y1

コンセント式の屋外センサーライト。ネジでもクランプでも設置可能で、好きな場所に取り付けられます。点灯時間は5段階調整できるのもポイント。10秒・1分・5分・10分・15分から好きな点灯時間を選べます。

また、点灯開始照度も調整可能です。夜だけ点灯したり、昼にも点灯したりと、センサーが検知を始める明るさを設定できます。さらに、センサー部分を回転させることで、センサーの検知範囲も調整可能。人がどこを通ったときに照らしたいかを自身で考えながら範囲を決められます。

第7位 Lifeholder センサーライト LH-70L-2P3M

Lifeholder センサーライト

ソーラー式の屋外センサーライト。3つのモードを切り替えて使えるのが特徴です。夜中ずっと弱い明かりを保ち続けるモードや、通常時に弱い光でセンサーが検知したときだけ強い光になるモード、そしてセンサーが検知したときだけ点灯するモードがあります。状況に合わせて臨機応変に対応できる屋外センサーライトを探している方におすすめです。

直射日光に当たり充電できる場所であれば、どこにでも設置が可能。ネジや両面テープ、結束バンドなどで取り付けられます。防水防塵仕様のため、場所を選ばずに設置できるのもポイントです。

第8位 Lamake 人感センサーライト

Lamake 人感センサーライト

ソーラー式の屋外センサーライト。ソーラーパネルの面積が広く、より多くの太陽光を吸収してエネルギーに変換できます。照射はLEDで行うため、暗い玄関先も明るく照らしてくれるのが特徴です。

LEDが下部だけでなく両サイドにも搭載されていることで、270°という広範囲を照らせるのがポイント。照射範囲が広いことに加え、センサー検知角度も120°と十分です。さらに、センサーは約8mの距離に対応。広い範囲を明るく照らしてくれる屋外センサーライトを探している方におすすめです。

第9位 W-LITE センサーライト

W-LITE センサーライト

コンセント式のセンサーライト。ライトの角度を180°調整できるため、光を当てたい方向へ確実に照射できます。自由度が高くライトの向きを変えやすい製品を探している方におすすめです。

また、周囲の明るさがどれくらいになったらライトが点くかを調整できるのが特徴。夜間のみだけでなく、昼にもセンサーが検知したらライトが点灯するように設定できます。暗い夜はもちろん、不在にしている昼間でも十分な防犯効果を得たい方におすすめです。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 屋外センサーライト ウォールタイプ 丸型 BOS-WL1M-WS

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 屋外センサーライト ウォールタイプ 丸型 BOS-WL1M-WS

丸いフォルムが印象的な屋外センサーライト。単1形乾電池3本で使用可能です。明るさは2段階に調節でき、暗い方に設定すると電池は約2年持ちます。電池式でなるべく寿命の長い屋外センサーライトを探している方におすすめです。

ウォールタイプで、専用プレートを壁に取り付けてから本体を設置します。設置が終了してからでもセンサーの向きを変えられるため、検知したい方向を調整可能。防犯のために玄関先を明るく照らしたい方におすすめです。

第11位 UPSLON LEDセンサーライト

UPSLON LEDセンサーライト

電池式の屋外センサーライト。配線を気にせず、好きなところに設置できるのが特徴です。ライトの角度は自由に調節可能。どの方向に向けてもバランスが悪くならないため、玄関先に限らずあらゆる場所で使用できます。

センサーの検知範囲は左右120°、上下100°。スイッチを切り替えなくても、暗い場所でセンサーが検知すれば自動で点灯・消灯してくれます。機能はシンプルながら、十分な明かりを提供してくれるのが魅力。扱いが難しくない屋外センサーライトを探している方におすすめです。