キャンプなどのアウトドアシーンで料理にこだわりたい方も多いはず。そんなときは「ツーバーナーコンロ」を使えば、屋外でも自宅のキッチンさながらに料理を楽しめます。火加減の調整がしやすい点も特長です。そこで今回は、ツーバーナーコンロのおすすめモデルをご紹介します。

ツーバーナーコンロの魅力

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンで火を起こす主な方法は焚き火・炭火・バーナーの3つです。中でもバーナーは比較的容易に火を起こすことができ、着火後の火力も安定しています。

ツーバーナーコンロは、その名の通りふたつのバーナーで同時に火を起こすことが可能。ご飯とおかずなど、ふたつの調理を並行して行いたい方におすすめです。同時に料理ができるため、先に作ったおかずが冷めてしまうという心配もありません。

ツーバーナーコンロの燃料は?

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロではホワイトガソリンを使うタイプがあります。同製品は車のガソリンと同じように原油から精製される液体燃料。ホームセンターやアウトドア用品店などで手軽に入手できます。

ガス燃料と比べると比較的リーズナブルで燃費もよい点が特長。また、使用済みガス缶などのゴミが出ないのもメリットです。火力が安定しているので、風が吹いている場所でも使えます。

一方のデメリットは手入れの手間がかかること。燃料を送り出して燃焼させるためには、タンク内に空気の圧力を加える「ポンピング」と呼ばれる作業が必要です。なお、使用後にはタンクからガソリンを抜く作業も欠かせないので注意しましょう。

ガス燃料

By: amazon.co.jp

すぐに火を点けて使用したい場合はガス燃料を使用するタイプのツーバーナーコンロがおすすめです。本体にガス缶をセットするだけなので、誰でも気軽に使うことができ、ホッピングなどの作業も必要ありません。ホワイトガソリンを使うツーバーナーコンロと比べて比較的軽量な点も魅力です。

ただし、火力が不安定なので、風が吹く場所ではスムーズに着火しない場合があります。また、燃費の悪さやゴミとして使用済みガス缶が出てしまうこともデメリットです。

安定した火力でしっかり調理をしたい方にはホワイトガソリンのツーバーナーコンロがおすすめ。手間をかけず気軽にバーベキューを楽しみたい方にはガス燃料のツーバーナーコンロがおすすめです。

ツーバーナーコンロを使ったバーベキューはあり?

By: amazon.co.jp

バーベキューで炭を使う場合は火起こしが大変で後片付けもひと苦労。ツーバーナーコンロを使用すれば、着火の手間が省けるので、気軽にバーベキューを楽しむことができます。

特にホワイトガソリンのツーバーナーコンロなら、火力が安定していてしっかり焼いてくれるので、食材が生焼けになってしまう心配も少ないです。上手に活用してバーベキューを楽しみましょう。

ツーバーナーコンロのおすすめ7選

コールマン(Coleman) パワーハウスツーバーナー 413H499J

アウトドアメーカー「コールマン」のツーバーナーコンロ。ホワイトガソリン燃焼式のため、寒い季節でも安定した火力を維持できます。ポンピング作業を行う手間はありますが、火力が強くて経済性にも優れているので、長く使い続けられるおすすめのバーナーです。

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2 2000006707

コールマンがリリースするガス燃料式のツーバーナーコンロ。ホワイトガソリンに引けを取らない火力の強さが魅力です。また、薄く折りたたむことができ、キャリーハンドルも付いているため片手で簡単に持ち運べます。

なお、ホワイトガソリンタイプと比較して燃焼時間が短いので、予備のガス缶を何本か用意した上でバーベキューを楽しみましょう。

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

「ガスシンクロナスシステム」と呼ばれる仕組みを採用しているガス燃料式ツーバーナーコンロ。1本のガス缶からひとつのバーナーに供給するのではなく、2本のガス缶からそれぞれのバーナーへ同時にガスを供給するので、ガス缶にかかる負担が軽減でき、長時間の使用でも安定した火力をキープすることができます。

同社がリリースしているガス缶「ST-760」を2本セットした場合、約1.6時間の使用が可能。また、別途パワーブースター「ST-553」を活用すれば低温時でも対応できるので、ハードに使いたい方におすすめのバーナーです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

アルミボディを採用したガス燃料式ツーバーナーコンロ。重さが約3.9kgと非常に軽量で、折りたたんでハンドルを持てばアタッシュケースのように気軽に持ち運べます。熱をガス缶に伝える「パワーブースター」を搭載しており、液化ガスの気化を促進させて火力の低下を防ぐのが特長です。

ステンレス製の汁受けを用いているので衛生的。奥から手前に向かって傾いている「前方傾斜」デザインのため、汚れが集まりやすく拭き取りやすいのもポイント。持ち運びも後片付けも簡単なツーバーナーコンロを探している方におすすめします。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

アウトドアメーカー「キャプテンスタッグ」がリリースしているガス燃料式のツーバーナーコンロ。リーズナブルなモデルを探している方におすすめです。比較的シンプルな構造なので、バーベキュー初心者でも安心して使えます。重さは約4.6kgなので持ち運びも便利です。

スノーピーク(snow peak) ギガパワーツーバーナースタンダード GS220

ステンレスとアルミを採用したデザインガス燃料式ツーバーナーコンロ。本体の底板にフッ素加工が施されているため、吹きこぼしなどの汚れをスムーズに掃除できます。機能性とデザイン性の両方を重視したい方におすすめです。

プリムス(PRIMUS) オンジャ P-COJ

コンパクトな構造でありながら、高い火力が特長のガス燃料式のツーバーナーコンロ。ストラップが付属するため、収納時にはショルダーバッグのように手軽に持ち運びできます。

鍋敷きとして利用できるウッドボードも付属するので便利。3〜6人程度のバーベキューに向いているサイズなので、家族や仲のよい友だち同士が集まった際には使いやすいモデルです。