アウトドアシーンで調理をする際にあると便利なのが「ツーバーナーコンロ」。その名の通り、ふたつのバーナーが備わっているので、キッチン並みの環境を手軽に整えられるのが特徴です。

とはいえ、製品による違いは見た目ではなかなか判断できないもの。そこで今回はツーバーナーコンロのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

ツーバーナーコンロの魅力

By: rakuten.co.jp

アウトドアシーンでの主な熱源は焚き火・炭火・バーナーの3つ。なかでもバーナーは比較的容易に火を起こすことができ、着火後の火力も安定しています。

ツーバーナーコンロは、2ヶ所同時に火を起こすことが可能。一方ではお湯を沸かし、もう一方では炊飯などができるので、スピーディかつ効率的にアウトドアシーンで調理を行いたい時に便利です。

ツーバーナーコンロの燃料は?

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

「ホワイトガソリン」は原油から精製される液体燃料。車に使われるガソリン(レギュラーガソリン)とは同種に区分されますが、ふたつはまったくの別物です。ホワイトガソリンの成分は基本的にはナフサのみで無色透明。レギュラーガソリンはさまざまな添加物が入っており、オレンジ色をしています。

ホワイトガソリンはガス燃料と比べると比較的リーズナブルで燃費も良好。また、風が吹いている場所でも火力が安定しているのも魅力です。

デメリットは着火やお手入れなどに手間がかかること。燃料を送り出して燃焼させるためには、まずタンク内に空気の圧力を加える「ポンピング」と呼ばれる作業が必要です。また、使用後にタンクからガソリンを抜く作業も欠かせないので、怠らないように注意しましょう。

ガス燃料

By: amazon.co.jp

ガス燃料は着火スピードが早いのが特徴。準備としてはツーバーナーコンロにガス缶をセットするだけなので、気軽に使うことができるのもメリットです。

なお、ガス燃料の種類は、家庭のカセットコンロで使われる「CB缶」とアウトドア向けの「OD缶」の2タイプがあります。CB缶は比較的入手しやすく、リーズナブルなのが特徴。なお、室内向けのアイテムなのでアウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合があります。

一方、OD缶はアウトドアでの使用を前提として作られているので、CB缶より火力は安定しているのが特徴。ただし、使い勝手が良好な分、高価なのがデメリットです。

ツーバーナーコンロの選び方

火力をチェック

By: rakuten.co.jp

ツーバーナーコンロの火力は、2500〜4000kcal/h程度。使用するシチュエーションや人数にもよりますが、3000kcal/hほどあれば十分と言えます。

なお、ガスバーナータイプは風や寒さに弱いので、風よけ対策が重要。一般の家庭用として使う台所グッズの油よけなどを活用するのがコツです。ぜひ試してみてください。

材質や表面加工をチェック

By: amazon.co.jp

調理器具であるツーバーナーコンロは、耐久性やメンテナンスのしやすさも選ぶ時の大きなポイントです。そのため、材質や表面塗装などもチェックしておきましょう。

材質はスチール・ステンレス・アルミニウムなどが一般的。ステンレスはサビに強く、お手入れが簡単。ステンレスは汚れが拭き取りやすいのがポイントです。なお、製品によってはグリルプレートなどにフッ素加工が施されており、焦げ付きにくさにも配慮したモデルもあります。

携行性をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロはアウトドアで使用するのがメインのアイテムなので、携行性を考えてサイズや重量もチェックしましょう。収納時のサイズは幅50×奥行40cmほどが主流です。

本体重量は4〜12kgとモデルによって差が大きいため、持ち運びしやすさを重視する方は要注意。また、ツーバーナーコンロ本体だけでなく、燃料の重さも考慮する必要があります。ガス燃料のCB缶やOD缶に関しては、たとえ空になっても持ち帰る必要があるので、使用を検討している方は注意しておきましょう。

燃焼可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

大人数のキャンプなどでツーバーナーコンロをフル活用する場合は、燃焼可能時間をあらかじめ確認しておきましょう。燃焼可能時間は燃料の種類によって異なり、火力を強火に設定した時の燃料タイプ別の目安はホワイトガソリンなら2時間、ガスOD缶なら1.5時間、そしてガスCB缶なら1時間ほどが目安となります。

ツーバーナーコンロのおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

「ソト」は1978年に設立された工業用バーナーの製造会社「新富士バーナー」のアウトドアブランドです。CB缶と呼ばれるカセットガスを燃料に用いた器具を豊富に取り揃えており、特にバーナーやストーブは世界中で高く評価されています。

同ブランドが販売するいくつかのバーナー製品は、アウトドアの定番アイテムとして知られており、ツーバーナーコンロも人気です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

「ユニフレーム」は、1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアメーカーです。“ユニークな炎(フレーム)を創造する”を理念としており、日本人のニーズに応えるアウトドア製品を数多くリリースしています。

同社の製品は、高品質かつ確かな機能性を備えており、コストパフォーマンスの高さも魅力。シンプルでスタイリッシュなデザインも人気です。

なかでも、バーナーやランタン製品、焚き火台などは好評で、ツーバーナーコンロも使い勝手良好。しっかりとチェックしておくべきメーカーです。

プリムス(PRIMUS)

By: rakuten.co.jp

「プリムス」はスウェーデン発の燃焼器具ブランド。高度な燃焼技術をいかした製品をリリースしています。

特に、アウトドア専用のストーブには定評があり、1911年に初めて人類が南極点に到達した際や1953年に成されたエベレストの初登頂時にも同社の製品が使用されていたことは語り草になっています。ツーバーナーにコンロに関してはシンプルな操作性や燃焼効率はもちろん、軽量で持ち運びに優れているのも特徴です。

ツーバーナーコンロのおすすめ人気モデル

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ガス燃料のCB缶を使用するツーバーナーコンロです。1本のボンベからバーナーにガスを供給するのではなく、常時2本のボンベから各バーナーにガスを供給する「ガスシンクロナスシステム」を採用。ボンベにかかる負荷を軽減できるため、連続使用時にボンベが冷えて火力が落ちる現象を抑えて、長時間安定した火力をキープできます。

火力は最大4800kcal/hと髙火力。ソトの純正CB缶を使用した際の燃焼可能時間は約1.9~2.5時間なので、日帰りでBBQを楽しむのなら充分です。収納時のサイズは約幅58×高さ10×奥行36cmとコンパクト。重さも約5.1kgと軽量なので駐車場から距離がある場合の持ち運びに便利です。

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

薄型でテーブルトップタイプのツーバーナーコンロです。シンプルながらスタイリッシュな印象のデザインが特徴的。ゴトクの位置が低いので、テーブルの真ん中において団らんしながら調理できます。風防を取り外した際のサイズは幅47×高さ12×奥行25cmとコンパクト。重さは約2.3kgと軽量なので持ち運びに便利です。

燃料はCB缶を2本使用するタイプ。各バーナーの火力は2500kcalで、燃焼可能時間は1本あたり約1.5時間です。また、本体の材質にステンレスを採用しており、お手入れが簡単なのもポイント。長く愛用できるツーバーナーコンロを探している方におすすめします。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナーUS-1900 610305

ユニフレーム(UNIFLAME)  ツインバーナーUS-1900 610305

材質にステンレスを採用しており、軽量かつ高強度を実現したツーバーナーコンロです。汁受けにもステンレスを採用しているので汚れに強いのも特徴。前方に傾斜が付けられているので、吹きこぼれた液体や汚れが手前側に集まるようになっており、お手入れがしやすく清潔に使用したい方におすすめです。

フタは取り外しが可能。大型の鍋を乗せたいときに重宝します。ステンレスを採用しているため、重さは約3.9kgと軽量。収納時は幅54×33×奥行12cmとコンパクトに収納でき、移動時に便利なハンドルも備えています。

イワタニ プリムス(IWATANI PURIMUS)アウトドア ツーバーナー オンジャ P-COJ

イワタニ プリムス(IWATANI PURIMUS)アウトドア ツーバーナー オンジャ(Onja Stove) P-COJ

個性的なフォルムが特徴的なツーバーナーコンロ。ウッドボードを外してX字型に開くと、ウインドスクリーンと一体となった火口が見える設計になっています。収納時には、再びウッドボードをフタにすればコンパクトに折りたたんで収納可能です。

移動時には、ショルダーバッグのように持ち運べるので便利。また、ウッドボードは鍋敷きとしても使用できます。収納時のサイズは幅43×高さ30×奥行14cmと薄型の形状なので、車のちょっとした隙間に収納できるのもポイント。キャンプの際、車に積み込む荷物が多いときに重宝します。

火力は各バーナー3500kcal/hと高火力。使用人数の目安は3~6人と、ファミリーキャンプにおすすめのモデルです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

OD缶を使用するスタンダードなツーバーナーコンロです。火力は各バーナーともに2800kcal/hと高火力。OD缶による安定した火力で調理が可能です。バーナーヘッドに凹型を採用することにより、クッカーのサイズを問わず効率よく炎を底面に伝えるので大きな鍋にも対応します。

また、バーナーの床面にはフッ素加工を施しているのもポイント。吹きこぼれた際の汚れも簡単に拭き取れます。収納時のサイズはおよそ幅50×高さ11cm×奥行36cmとスリムに収納できるので、約7kgの重量がありながらも比較的容易に持ち運び可能です。オートイグナイタ付きなので、点火も簡単。バーナーの使用に慣れていない初心者におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー液出し GS230

スノーピークのハイパワーツーバーナーコンロです。各バーナー3000kcal/hもの火力を発揮。家庭のキッチンで使用している感覚で安定した火力をキープできるので、アウトドアでさまざまな料理に挑戦したい方におすすめのモデルです。

OD缶を使用し、取り付ける際は、逆さまに倒立させて装着します。また、ガスを液体のまま取り出す「液出し」方式を採用。ガスカートリッジが気化熱に冷やされて圧力が低下する「ドロップダウン」を防止し、燃料が尽きるまで安定した炎をキープし続けます。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

2本のCB缶を水平方向に平置き装着できるツーバーナーコンロ。底面がフラットなのでテーブルに直置きして調理が可能です。CB缶はスーパーやドラッグストアなどで比較的容易に入手しやすいため、アウトドアのみならず自宅でもバーナーコンロを使用したい方におすすめします。

また、各バーナーに取付けて使用する「グリルプレート」が付属しており、厚みにある肉や魚介類などを調理する際に便利です。また、グリルプレートを取り外せばゴトクコンロとして使用も可能。片方にケトルやフライパンを乗せて、もう片方はグリルを乗せたまま調理するという使い方もできます。

ガス燃料のCB缶ながらも火力は各2800kcal/hと高火力。さらに、水皿を深くしてアウトドアでの風の影響を受けにくくする独自構造を採用することで、プレートにムラなく熱を加えて効率よい調理が可能です。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

着脱可能なスタンドが付いており、スタンド型とテーブルトップの2WAY使用が可能なツーバーナーコンロです。スタンド部にはタイヤキャリーが付いており、移動時にはとても便利。さらに、組み立てや折りたたみは、片足で移動用取っ手を抑えて本体を引き上げるだけと簡単です。

アウトドア向けのモデルとして機能も充実。2800kcal/h×2の高火力バーナーに加えて、屋外での風の影響を受けにくい水皿を採用しています。さらに、282個の小さい炎口を細かく配置した「多孔式バーナー」を搭載することによって、風の影響を最大限に抑えて安定した燃焼力を発揮します。

コールマン(Coleman) パワーハウス LPツーバーナーストーブ2 2000006707

コールマン(Coleman) パワーハウス LPツーバーナーストーブ2 2000006707

1万円ほどで購入できるツーバーナーコンロながらも、充実の機能を持ち合わせたコストパフォーマンスに優れているモデルです。OD缶を使用し、火力は各3500kcal/hと高火力。470kcal缶を2つ使用した際は、最大約3.2時間もの長時間燃焼を続けます。

また、3方向の風から炎を守るフードにより耐風性にも優れ、安定した火力で調理が可能です。さらに、携行性が高いことも特徴で、収納時のサイズは約幅54×高さ7×奥行33cmとコンパクトでスリム。持ち運びや車載の際に便利です。

操作も点火装置付きで簡単なので、始めてツーバーナーコンロの購入を検討している初心者キャンパーにおすすめします。

コールマン(Coleman) ロードトリップグリルLXE-J 205231

コールマン(Coleman) ロードトリップグリルLXE-J 205231

スタンド型のツーバーナーコンロで、ホイールと大型ハンドルを搭載して持ち運びがしやすいおすすめモデルです。元々、アメリカで人気のモデルで燃料には耐寒性に優れたOD缶を使用。気温が低いときのアウトドアクッキングで活躍します。

火力は各2500kcal/h。470g缶を2つ使用した場合の燃焼時間は最大4時間です。フタは取り外し可能なのでお手入れも簡単。また、ホーロー加工が施されているのでフタを閉めてのオーブン調理もでき、アウトドアでピザ作りが楽しめます。

コールマン(Coleman) 425 ツーバーナー 3000000492

コールマン(Coleman) 425 ツーバーナー 3000000492

火力に優れたホワイトガソリンを燃料に使用するツーバーナーコンロです。強力な火力は、風の強いときや低温時に威力を発揮します。使用時のサイズは、幅55×高さ39×奥行40cmと、ツーバーナーコンロとしてはコンパクトなモデル。大きなモデルは持て余すと感じていた方におすすめです。

バーナー部はメインバーナーとサブバーナーに分かれており、火力は最大4675kcal/h。燃料タンクの容量は約1.2Lで、最大3時間燃焼するので経済的です。また、もともと耐久性には定評のあるモデルながら、補修パーツを入手しやすいことも魅力のモデルです。

キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロM-8249

キャプテンスタッグ  (CAPTAIN STAG) バーベキュー BBQ用 ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロM-8249

燃料に風や低温に強いOD缶を使用するツーバーナーコンロ。各バーナーの出力は3000kcal/hと高火力です。本体の素材にメラミン焼付塗装を施した鉄を採用しているのが特徴で、耐久性に優れています。収納時のサイズは幅53×高さ10×奥行30cmとコンパクト。薄い形状に折りたためるので持ち運び時に便利です。

点火方法も簡単。圧着着火方式を採用しており初心者にも扱いやすいおすすめモデルです。