アウトドアシーンで調理をする際にあると便利なのが「ツーバーナーコンロ」。名前の通り、ふたつのバーナーが備わっているので、キッチン並みの環境を手軽に整えられるのが特徴です。

しかし、製品による違いは見た目ではなかなか判断できないもの。そこで今回は、ツーバーナーコンロのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ツーバーナーコンロの魅力

By: iwatani-primus.co.jp

アウトドアシーンでの主な熱源は、焚き火・炭火・バーナーの3つ。なかでも、バーナーは比較的容易に火を起こせ、着火後の火力も安定しています。

また、ツーバーナーコンロは2か所同時に火を起こせるのが魅力。一方ではお湯を沸かし、もう一方では炊飯などができるので、スピーディかつ効率的にアウトドアシーンで調理を行いたいときに便利です。

ツーバーナーコンロの燃料は?

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

「ホワイトガソリン」は原油から精製される液体燃料。車に使われるガソリン(レギュラーガソリン)とは同種に区分されますが、ふたつはまったくの別物です。ホワイトガソリンの成分は、基本的にはナフサのみで無色透明。レギュラーガソリンはさまざまな添加物が入っており、オレンジ色をしています。

ホワイトガソリンはガス燃料と比べると比較的リーズナブルで燃費も良好。また、風が吹いている場所でも火力が安定しているのが魅力です。

デメリットは着火やお手入れなどに手間がかかること。燃料を送り出して燃焼させるためには、まずタンク内に空気の圧力を加える「ポンピング」と呼ばれる作業が必要です。さらに、使用後にタンクからガソリンを抜く作業も欠かせないので、怠らないように注意しておきましょう。

ガス燃料

CB缶

By: amazon.co.jp

CB缶は家庭用のカセットコンロなどによく採用されているガス燃料です。手頃な価格と入手性のよさが特徴。コンビニやスーパーなどでも容易に購入できるため、万が一キャンプ中に燃料が切れてしまっても慌てる心配がありません。ただし、寒い場所での使用では、火力が弱まってしまうというデメリットもあります。

気軽にキャンプをはじめてみたいと考えている、初心者の方におすすめの燃料です。自宅とアウトドアでカートリッジの使い回しができるので、ガスを残さずに無駄なく使い切れます。

OD缶

アウトドアでの使用を想定して作られたガス燃料がOD缶です。CB缶と比較してコストは高いものの高火力を出せるのが特徴。また、気温が低い環境下での出力が安定しているため、秋や冬でも快適に使用できます。1年を通してキャンプを楽しみたい方におすすめの燃料です。

ランタンやサブバーナーといったほかの燃焼器具類を同じ燃料で揃えれば、状況に応じて効率的に予備カートリッジが使えるので参考にしてみてください。

ツーバーナーコンロの選び方

火力をチェック

ツーバーナーコンロの火力は、2500〜4000kcal/h程度。使用するシチュエーションや人数にもよりますが、3000kcal/hほどあれば十分といえます。

なお、ガスバーナータイプは風や寒さに弱いので、風よけ対策が重要。一般の家庭用として使う台所グッズの油よけなどを活用するのがコツです。ぜひ試してみてください。

材質や表面加工をチェック

耐久性やメンテナンスのしやすさも、選ぶときの大切なポイントです。そのため、材質や表面塗装などもチェックしておきましょう。

ステンレスやアルミニウムはサビに強く、お手入れが簡単。汚れを拭き取りやすいのがポイントです。なお、製品によってはグリルプレートなどに加工が施されており、焦げ付きにくさに配慮したモデルもあります。

携行性をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロはアウトドアで使用するのがメインのアイテムなので、携行性を考えてサイズや重量もチェックしましょう。収納時のサイズは幅50×奥行40cmほどが主流です。

本体重量は4〜12kgとモデルによって差が大きいため、持ち運びしやすさを重視する方は要注意。また、ツーバーナーコンロ本体だけでなく、燃料の重さも考慮する必要があります。ガス燃料のCB缶やOD缶に関しては、たとえ空になっても持ち帰る必要があるので、使用を検討している方は注意しておきましょう。

燃焼可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

大人数のキャンプなどでツーバーナーコンロをフル活用する場合は、燃焼可能時間をあらかじめ確認しておきましょう。燃焼可能時間は、燃料の種類によって異なります。火力を強火に設定したときの燃料タイプ別の目安はホワイトガソリンなら2時間、ガスOD缶なら1.5時間、ガスCB缶なら1時間程度です。

ツーバーナーコンロのおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: shinfuji.co.jp

「ソト」は1978年に設立された工業用バーナーの製造会社「新富士バーナー」のアウトドアブランドです。CB缶と呼ばれるカセットガスを燃料に用いた器具を豊富に取り揃えており、特にバーナーやストーブは人気があります。

同ブランドが販売するいくつかのバーナー製品はアウトドアの定番アイテムとして知られており、ツーバーナーコンロも人気製品のひとつです。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

「ユニフレーム」は、1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアメーカーです。“ユニークな炎(フレーム)を創造する”を理念としており、日本人のニーズに応えるアウトドア製品を数多く展開しています。

同社の製品は、高品質かつ確かな機能性を備えており、コストパフォーマンスの高さが魅力。シンプルでスタイリッシュなデザインも人気です。

なかでも、バーナーやランタン製品、焚き火台などは人気があり、ツーバーナーコンロも使い勝手は良好。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

プリムス(PRIMUS)

By: amazon.co.jp

「プリムス」はスウェーデン発の燃焼器具ブランド。高度な燃焼技術を活かした製品を展開しているのが特徴です。

特に、アウトドア専用のストーブには定評があり、1911年に初めて人類が南極点に到達した際や、1953年のエベレスト初登頂時にも同社の製品が使用されていたといわれています。ツーバーナーコンロに関しては、シンプルな操作性や燃焼効率はもちろん、軽量で持ち運びに優れているのも魅力です。

ツーバーナーコンロのおすすめ人気モデル

ソト(SOTO) ツーバーナー ST-527

コンパクトで持ち運びに便利なツーバーナーコンロ

燃料にCB缶を採用したツーバーナーコンロです。2021年に発売されたSOTOの最新モデル。スチール製の丈夫な本体にはメラミン塗装が施されており、上質な外観に仕上げられています。収納時の寸法が、幅54.5×高さ9.5×奥行33cmとコンパクトなため、小さな車のトランクへも容易に積み込み可能です。

気軽にファミリーキャンプを楽しみたい方におすすめのモデル。同社のレギュラーガス(ST-700)使用時で3000kcal/h、パワーガス(ST-760)を使えば3300kcal/hの高い火力が得られます。

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

家族で囲んで料理や食事をしたい方におすすめ

ガスカートリッジを寝かせてセットするタイプのツーバーナーコンロです。五徳までの高さが1.16cmと薄型なのが特徴。テーブルトップで使いやすい製品を探している方におすすめのモデルです。マイクロレギュレーターを搭載しているため、CB缶モデルながら気温が低い環境でも安定した火力が得られやすくなっています。

本体素材には錆びにくくメンテナンス性に優れたステンレスを採用。吹きこぼれなどによる汚れが簡単に拭き取れるので重宝します。また、脱着式の風防を搭載しており、簡単に取り外せるのも本モデルの特徴です。奥側の風防を折りたためば、どの方向からでも容易にアクセスできます。コンロを挟んで2人で料理をしたり、家族で囲んで食事をしたりと多様な使い方ができるので便利です。

本体重量が2.25kgと軽量なのもポイント。専用のキャリーバッグが付属しており、コンパクトに収納して楽に持ち運び可能です。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナー US-1900

ダッチオーブンにも使えるツーバーナーコンロ

ファミリーキャンプにおすすめのツーバーナーコンロです。アルミニウム素材を採用した本体は約3.9kgと軽量。引き出し式のハンドルを備えているため容易に持ち運べます。汁受け部分にはステンレス素材を使用しているので、汚れが付きにくくお手入れが簡単です。

パワーブースターを搭載しているのが特徴。バーナー部の熱をカートリッジへ伝えることで、気化熱によるパワーダウンを軽減します。また、取り外し可能なフタを備えているため、大型の調理器具を使う際に便利です。約15kgの耐荷重を備えており、ダッチオーブンも利用できます。ワイルドな料理に挑戦してみたい方も一度チェックしてみてください。

プリムス(PRIMUS) ツーバーナー オンジャ P-COJ

おしゃれでユニークな構造

ホワイトとブラックのカラーリングが施された、モダンなデザインのルーバーナーです。一見するとツーバーナーコンロに見えない、おしゃれな製品を求める方におすすめのモデル。本体を立てたままX字型に開いてセットする、ユニークな構造を採用しています。トップカバーにはオーク材が使われており、鍋敷きとしても利用ができるなど使い勝手は良好です。

幅広のショルダーストラップ付きなので持ち運びが容易。使用時には邪魔にならないよう取り外せます。また、本体下部にボンベが収納できるためまとめて運搬可能です。ただし、点火装置は搭載していません。ライターなどが必要となるのであらかじめ留意しておきましょう。

コールマン(Coleman) パワーハウス LP ツーバーナーストーブ2 2000021950

初心者でも容易に着火できて持ち運びもしやすい

持ち運びのしやすいツーバーナーコンロを探している方におすすめのモデルです。収納時のサイズは約54×32.5×7cmと非常にスリム。側面にキャリーハンドルが付いているため、車への積み込みや駐車場からテントサイトまでの運搬が楽におこなえます。全体にコールマンレッドのカラーリングが施されたおしゃれなモデルです。

燃料にはOD缶を2本使用。両バーナーとも約3500kcal/hの高火力なので、炒め物や煮物などさまざまな料理が楽しめます。点火装置を搭載しているため初心者の方でも容易に着火可能です。燃焼時間は470g缶使用時で1.5〜3時間程度。2泊以上でキャンプをおこなう場合は、予備カートリッジを携帯するのがおすすめです。

コールマン(Coleman) デュアルフューエル ツーバーナーストーブ 3000003648

自動車用のガソリンが利用できるデュアルフューエルモデル

コールマンが販売するツーバーナーコンロのデュアルフューエルモデルです。燃料にホワイトガソリンだけでなく、無鉛ガソリンも使えるのが特徴。自動車用のガソリンが利用できるため、万が一燃料が切れてしまった際も安心です。約1.6Lの燃料タンクを備えており、連続で2〜6時間程度使用できます。

両サイドには折りたたみ式の風防を搭載。角度調節機能を備えており、鍋やフライパンといった調理器具の大きさに合わせて変えられるのが便利です。鉄格子状の五徳は丈夫なため、多少ラフに扱っても曲がりにくくなっています。また、簡単に取り外して洗えるなどメンテナンス性も良好です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) エクスギア ガスツーバーナーコンロ UF-17

自宅で保管する際にもかさばらない製品が欲しい方に

折りたたむと厚さが約8cmになる薄型のツーバーナーコンロです。車のトランクルームはもちろん、自宅で保管する際にもかさばらない製品が欲しい方におすすめのモデル。本体裏面には取っ手になるくぼみが設けられているため簡単に持ち運べます。汁受け部分にはステンレス素材が使われているのでお手入れが簡単です。

さらに、五徳や風防も取り外して洗えるなどメンテナンス性は良好なので、きれいな状態を保ちたい方にぴったりです。最高出力3000kcal/hのコンロを2口備えており、煮物・焼き物・炒め物などさまざまな料理が楽しめます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロ M-8249

おしゃれな見た目と安定した火力が特徴

圧電点火装置を搭載した扱いやすいモデルです。ツマミを回しボタンを押し込むだけで着火できるので、ライターやマッチを持ち歩く面倒はありません。気軽にキャンプやBBQを楽しみたい、初心者の方におすすめのツーバーナーコンロ。各コンロ3000kcal/hの火力を備えているため、片方でパスタを茹でながらもう片方でソースを作るといった使い方が可能です。

立ち上げたフタと左右に配置した風防で風をしっかりとガード。風が強い場所でも炎があおられにくく安定した火力で料理がおこなえます。外装にダークブルーのメラミン焼き付け塗装を施すなど、おしゃれな見た目も本モデルの魅力のひとつです。

イワタニ(Iwatani) カセットガス テーブルトップBBQこんろ CB-TBG-2

風の影響を受けにくい構造のコンロ

テーブルの上で料理ができるフラットタイプのツーバーナーコンロです。燃料にCB缶を採用しており横向きに寝かせてセットするのが特徴。ガスカートリッジは磁石で簡単に装着できるほか、万が一異常が発生しても自動的に外れるなど、安全性に優れています。アウトドアはもちろん、自宅でも2口コンロを使いたい方におすすめのモデルです。

本製品は、バーナーの位置を低く配置するなど風の影響を受けにくくする設計がされています。また、ヒートパネルを搭載しているのも特徴。コンロの熱でカートリッジを適度にあたため火力の低下を抑えるので、快適に料理をおこなえます。

イワタニ(Iwatani) カセットガス テーブルトップBBQグリル CB-TBG-1

豪快なグリル料理を楽しみたい方におすすめのツーバーナーコンロです。専用のグリルプレートを2枚付属しているのが特徴。しっかりとした焼き目の付いたステーキを、手軽に焼き上げられます。プレートを取り外せば五徳があらわれるため、フライパン・鍋・ケトルといった一般の調理器具も利用可能です。

多孔式バーナーを採用しているのも本モデルの特徴。短くした炎を282個の火口から出力することで、2800kcal/hの高火力と優れた耐風性を実現しています。風が強い海辺や河川敷でのBBQで使いやすい製品です。

イワタニ(Iwatani) カセットガス スタンドBBQグリル グリルスター CB-SBG-2

折りたたみ式のスタンドを備えた2Wayタイプのツーバーナーコンロです。地面の上に直接セットできるのはもちろん、スタンドを取り外せばテーブルトップで使うことも可能。シーンに合わせて使い分けできる製品が欲しい方におすすめのモデルです。ファミリーでテーブルを囲んだり、仲間と立食パーティーを催したりと楽しみ方の幅が広がります。

伸縮式のハンドルとタイヤが付いているのもポイント。本体をコンパクトに収納した後は、キャリーバッグのように転がして容易に移動させられます。

チャーブロイル(Char-Broil) アメリカンBBQコンロ クラシック 2バーナー

アメリカンスタイルのBBQを自宅の庭で気軽に楽しむことが可能なツーバーナーコンロ。手頃な価格で購入できる、本格的なBBQコンロを探している方におすすめのモデルです。サイドシェルフを左右に備えており、調理台や調味料置き場など多目的に利用できます。また、点火装置を搭載しているため、ボタンひとつで簡単に料理をはじめることが可能です。

ただし、燃料にCB缶やOD缶ではなく一般のプロパン(LP)ガスを使用するので、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。5kgのボンベで約18時間利用できます。

キャンプシェフ(CampChef) 2バーナーストーブ YUKON YK60LW

アメリカのアウトドアクッキング機器ブランド「キャンプシェフ」が販売するツーバーナーコンロです。

燃料に一般家庭用のLPガスを使用しており、業務用コンロ並みの高火力を備えているのが特徴。7560kcalのバーナーを2つ搭載しているため、火力を必要とするさまざまな料理に対応可能です。大量のお湯が短時間で沸かせるので、大人数分のパスタを素早く茹でるといったシーンで活躍します。

本体に4本の脚と風防を取り付けるだけと、組み立ては簡単。運搬時は分解してコンパクトに持ち運べます。

キャンプシェフ(CampChef) 2バーナーBBQグリル EXPLORER 2X EX60FP

ステンレス製のフェイスプレートを装着した、スタイリッシュな外観のモデルです。中央の風防にあしらわれた赤色のブランドロゴがワンポイント。風防が3面に配置されているため、料理中に受ける風の影響が最小限に抑えられます。ダイヤル式のツマミを備えており、とろ火から7560kcalの最大火力まで細かに調節可能です。

別売りのオプションアイテムが豊富なのもポイント。本体にセットして使えるピザオーブンやフタ付きグリルなどがあるので、料理に合わせてチョイスしてみてください。いつもとはちょっと違ったメニューに挑戦してみたい方におすすめです。

ウェーバー(weber) スピリット E-215 ガスグリル

本格的なBBQが楽しめる大型のツーバーナーコンロです。燃料にはプロパン(LP)ガスを使用。自宅の庭やビルの屋上などでおこなう、屋外パーティーにおすすめのモデルです。

また、調理台に使える便利な折りたたみ式のサイドテーブルを搭載しています。トングやターナー類が吊るせるフックが付いているなど使い勝手は良好。もう片方のテーブルにはウォーミングラックを備えているため、ソテーなど軽く炒めるような料理にも対応可能です。

本体と焼き網にはホーロー加工が施されています。耐久性に優れているうえ汚れが落としやすく、使用後のお手入れが容易です。

ウェーバー(weber) Q3200 ガスグリル 570121JPN

大人数に対応できるツーバーナーコンロを探している方におすすめのモデルです。63×45cmの大きな調理エリアを確保しているのが特徴。8〜10人で楽しむBBQパーティーにピッタリです。フタに温度計が付いているため、手軽に美味しいオーブン料理が作れます。

また、電子式点火システムや折りたたみ式サイドテーブルを備えるなど、使い勝手のよさも本モデルの特徴です。キャスター付きなので、使い終わった後は簡単に移動できます。