キャンプなどのアウトドアシーンで料理にこだわりたい方も多いはず。そんなときは「ツーバーナーコンロ」を使えば、屋外でも自宅のキッチンさながらに料理を楽しめます。火加減の調整がしやすい点も特徴です。そこで今回は、ツーバーナーコンロのおすすめモデルをご紹介します。

ツーバーナーコンロの魅力

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンで火を起こす主な方法は焚き火・炭火・バーナーの3つです。中でもバーナーは比較的容易に火を起こすことができ、着火後の火力も安定しています。

ツーバーナーコンロは、その名の通りふたつのバーナーで同時に火を起こすことが可能。ご飯とおかずなど、ふたつの調理を並行して行いたい方におすすめです。同時に料理ができるため、先に作ったおかずが冷めてしまうという心配もありません。

ツーバーナーコンロの燃料は?

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロにはホワイトガソリンを使うタイプがあります。ホワイトガソリンは車のガソリンと同じように原油から精製される液体燃料で、ホームセンターやアウトドア用品店などで手軽に入手可能です。

ガス燃料と比べると比較的リーズナブルで燃費もよい点が特徴。また、使用済みガス缶などのゴミが出ないのもメリットです。火力が安定しているので、風が吹いている場所でも使えます。

一方のデメリットは着火や手入れの手間がかかること。燃料を送り出して燃焼させるためには、まずタンク内に空気の圧力を加える「ポンピング」と呼ばれる作業が必要です。また、使用後にタンクからガソリンを抜く作業も欠かせないので注意しましょう。

ガス燃料

By: amazon.co.jp

すぐに火を点けて使用したい場合は、ガス燃料を使用するタイプのツーバーナーコンロがおすすめです。本体にガス缶をセットするだけなので、誰でも気軽に使うことができ、ホッピングなどの作業も必要ありません。ホワイトガソリンを使うツーバーナーコンロと比べて比較的軽量な点も魅力です。

ガス燃料の種類は、家庭のカセットコンロで使われる「CB缶」とアウトドア向けの「OD缶」の2タイプがあります。CB缶はスーパーなどで入手しやすくリーズナブルなのが特徴。ただし、家庭向けなので低温時では火力が不安定になることがあります。

OD缶はツーバーナーコンロのメーカーに応じた製品を使用するのが基本です。そのため、高価でランニングコストがかかるのがデメリット。ただしアウトドアでの使用を前提として作られているので、CB缶より火力は安定しています。

ツーバーナーコンロの選び方

火力をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロの火力は、2800〜3600kcal/h程度が主流です。3000kcal/hほどあれば充分といえますが、大人数で出かけて大きな鍋で煮込み料理などをする機会が多い方は、できるだけ大きな火力のモデルを選ぶと調理時間を短縮できて便利。低温時に火力が不安定になる可能性があるガスを燃料とする場合でも、火力大きめのモデルなら安心です。

材質や表面加工をチェック

By: amazon.co.jp

調理器具であるツーバーナーコンロは、耐久性やメンテナンスのしやすさも選ぶ時の大きなポイントです。そのため、材質や表面塗装などもチェックしておきましょう。

材質はスチールやステンレスあるいはアルミニウムなどが一般的。サビに強いステンレスなら手入れもラクラクです。ふきこぼれて汚れやすいバーナー部分には、多くのツーバーナーコンロがステンレスを採用。また、グリルプレートなどにフッ素加工をして焦げ付きにくくしてあるモデルもあります。

携行性をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロはアウトドアで使用するのがメインのアイテムなので、携行性を考えてサイズや重量もチェックしてきましょう。収納時のサイズは幅50×奥行き40cmほどが主流です。

本体重量は4〜12kgとモデルによって差が大きいため、携行性を重視する方は要注意。また、ツーバーナーコンロ本体だけでなく、燃料の重さも考慮する必要があります。ガス燃料のCB缶やOD缶に関しては、たとえ空になっても持ち帰る必要があるので気をつけましょう。

燃焼可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

大人数のキャンプなどで長時間の料理が予想される場合は、ツーバーナーコンロの燃焼可能時間を確認しておきましょう。燃焼可能時間は燃料の種類によって異なり、火力を強火に設定した時の燃料タイプ別の目安はホワイトガソリンなら2時間、ガスOD缶なら1.5時間、そしてガスCB缶なら1時間ほどです。

ツーバーナーコンロのおすすめ人気モデル

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ2

OD缶LPガスを燃料としており、火力が安定しているコールマンのツーバーナーコンロ。サイズは幅64×奥行き32.5cmで、重量4.2kgと比較的軽量なモデル。ハンドル付きなので収納時には片手で持ち運びできます。

コンロひとつ当たり約30cm四方のスペースがあるので調理しやすいのがメリット。コンロの火力は左右それぞれ最高時3500kcal/hと充分な性能を備えています。コールマン純正の470gガス缶を使用した時の燃焼可能時間は1.6〜3.2時間です。

しっかりした風防が付いており、風にも強いのが特徴。本体に付いている火力調整ツマミを使えば、火を小さく絞ることもできます。火力の強さ・携行性・使い勝手が優れているバランスの取れたおすすめモデルです。

コールマン(Coleman) 413H パワーハウス ツーバーナーストーブ

火力が強いほか、ランニングコスト負担の少ないホワイトガソリンを使用したコールマンの定番ツーバーナーストーブ。最高火力はメインバーナーが3650kcal/h、サブバーナー2750kcal/hです。

燃料タンクには1.6Lのホワイトガソリンを入れられます。燃焼時間が約2~6時間と長めなので、大人数分の料理もしっかりできるのがポイントです。

収納時サイズは平均的で約幅56×奥行き35×高さ16cm、重量は約5.8kgとやや重め。しかしOD缶やCB缶のガス方式コンロと違って、空き缶が出ないので帰りには軽くなります。キャンプやバーベキューなどをする頻度が多い方におすすめのツーバーナーコンロです。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

家庭用カセットコンロ大手メーカーのイワタニがリリースするスタンド型ツーバーナーコンロ。幅81.6×奥行51.9×高さ107.2mmと大きめのサイズで、重量約11kgです。立って作業しやすいのもポイントで、調理のしやすさを追求したモデルといえます。脚部に2つのタイヤが付いているため、持ち運びも簡単です。

燃料は家庭用カセットコンロと同様のCB缶を採用しています。ひとつのコンロの火力は2800kcal/h、強火での連続燃焼時間は約70分です。ガスボンベを温めるためのヒートパネルが搭載されているので、最後まで出力を落とすことなくガスを使い切ることができます。

着脱方法は「マグネット着脱式」を採用しており、ガスボンベの誤脱着を防ぐ構造になっているのが特徴。さらに「圧力感知安全装置」など家庭用カセットコンロ同様の安全装置を備えています。スタンドを本体から外せば、テーブル用コンロとしても使用可能。家庭用コンロのように手軽に使えるおすすめのツーバーナーコンロです。

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー グリッド ST-526

背面および左右の風防にアルミニウム素材を使用して軽量化を実現したソトのツーバーナーコンロ。重量2.25kgと軽いのがメリットです。本体はサビに強いステンレス、ゴトクは頑丈なスチールを採用しています。

燃料はガスのCB缶を使用しており、最大火力は2500kcal/h。最大で1.5時間燃焼できます。低温時でも火力が低下しないマイクロレギュレーターを採用しているのがポイント。手軽に使える一方で、寒い冬などは火力が低下しやすいというCB缶ガスのデメリットを軽減しています。シンプルなキッチン用コンロのようなデザイン性の高さもおすすめな点です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャー コンパクトガスツーバーナーコンロ M8249

使いやすいキャンプ用品をリーズナブルな価格で提供しているキャプテンスタッグのツーバーナーコンロ。使用時のサイズは幅64×奥行33×高さ49cmで、重量は4.6kgです。サイズ重量ともにツーバーナーコンロとしてはスタンダードなモデルといえます。

燃料にはアウトドア用のOD缶ガスを採用しているのが特徴。ひとつのコンロの火力は3000kcal/hで、1時間あたりのガス消費量は250gです。本体の材質はメラニン焼付塗装のスチール製で、バナー部分にはサビに強くて丈夫なステンレスを使用しています。ツーバーナーコンロとしては価格が安い点も魅力です。