アウトドアシーンで調理をする際にあると便利なのが「ツーバーナーコンロ」。その名の通り、ふたつのバーナーが備わっているので、キッチン並みの環境を手軽に整えられるのが特徴です。

とはいえ、製品による違いは見た目ではなかなか判断できないもの。そこで今回は、ツーバーナーコンロのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ツーバーナーコンロの魅力

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンでの主な熱源は焚き火・炭火・バーナーの3つ。なかでもバーナーは比較的容易に火を起こせ、着火後の火力も安定しています。

また、ツーバーナーコンロは2ヶ所同時に火を起こせるのが魅力。一方ではお湯を沸かし、もう一方では炊飯などができるので、スピーディかつ効率的にアウトドアシーンで調理を行いたいときに便利です。

ツーバーナーコンロの燃料は?

ホワイトガソリン

By: amazon.co.jp

「ホワイトガソリン」は原油から精製される液体燃料。車に使われるガソリン(レギュラーガソリン)とは同種に区分されますが、ふたつはまったくの別物です。ホワイトガソリンの成分は基本的にはナフサのみで無色透明。レギュラーガソリンはさまざまな添加物が入っており、オレンジ色をしています。

ホワイトガソリンはガス燃料と比べると比較的リーズナブルで燃費も良好。また、風が吹いている場所でも火力が安定しているのが魅力です。

デメリットは着火やお手入れなどに手間がかかること。燃料を送り出して燃焼させるためには、まずタンク内に空気の圧力を加える「ポンピング」と呼ばれる作業が必要です。さらに、使用後にタンクからガソリンを抜く作業も欠かせないので、怠らないように注意しておきましょう。

ガス燃料

By: amazon.co.jp

ガス燃料は着火スピードが速いのが特徴。ツーバーナーコンロにガス缶をセットするだけなので、気軽に使えるのもメリットです。

なお、ガス燃料の種類は、家庭のカセットコンロで使われる「CB缶」とアウトドア向けの「OD缶」の2タイプがあります。CB缶は比較的入手しやすく、リーズナブルなのが特徴。なお、室内向けのアイテムのため、アウトドアシーンでは火力の不安定さが気になる場合があります。

一方、OD缶はアウトドアでの使用を前提として作られているので、CB缶より火力は安定しているのが特徴。ただし、使い勝手が良好な分、高価なのがデメリットです。

ツーバーナーコンロの選び方

火力をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロの火力は、2500〜4000kcal/h程度。使用するシチュエーションや人数にもよりますが、3000kcal/hほどあれば十分といえます。

なお、ガスバーナータイプは風や寒さに弱いので、風よけ対策が重要。一般の家庭用として使う台所グッズの油よけなどを活用するのがコツです。ぜひ試してみてください。

材質や表面加工をチェック

By: amazon.co.jp

耐久性やメンテナンスのしやすさも、選ぶときの大きなポイントです。そのため、材質や表面塗装などもチェックしておきましょう。

ステンレスやアルミニウムはサビに強く、お手入れが簡単。汚れを拭き取りやすいのがポイントです。なお、製品によってはグリルプレートなどにフッ素加工が施されており、焦げ付きにくさにも配慮したモデルもあります。

携行性をチェック

By: amazon.co.jp

ツーバーナーコンロはアウトドアで使用するのがメインのアイテムなので、携行性を考えてサイズや重量もチェックしましょう。収納時のサイズは幅50×奥行40cmほどが主流です。

本体重量は4〜12kgとモデルによって差が大きいため、持ち運びしやすさを重視する方は要注意。また、ツーバーナーコンロ本体だけでなく、燃料の重さも考慮する必要があります。ガス燃料のCB缶やOD缶に関しては、たとえ空になっても持ち帰る必要があるので、使用を検討している方は注意しておきましょう。

燃焼可能時間をチェック

By: amazon.co.jp

大人数のキャンプなどでツーバーナーコンロをフル活用する場合は、燃焼可能時間をあらかじめ確認しておきましょう。燃焼可能時間は、燃料の種類によって異なり、火力を強火に設定したときの燃料タイプ別の目安はホワイトガソリンなら2時間、ガスOD缶なら1.5時間、ガスCB缶なら1時間程度です。

ツーバーナーコンロのおすすめメーカー

ソト(SOTO)

By: amazon.co.jp

「ソト」は1978年に設立された工業用バーナーの製造会社「新富士バーナー」のアウトドアブランドです。CB缶と呼ばれるカセットガスを燃料に用いた器具を豊富に取り揃えており、特にバーナーやストーブは世界中で高く評価されています。

同ブランドが販売するいくつかのバーナー製品はアウトドアの定番アイテムとして知られており、ツーバーナーコンロも人気です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

「ユニフレーム」は、1985年に新潟県燕市で誕生したアウトドアメーカーです。“ユニークな炎(フレーム)を創造する”を理念としており、日本人のニーズに応えるアウトドア製品を数多く展開しています。

同社の製品は、高品質かつ確かな機能性を備えており、コストパフォーマンスの高さが魅力。シンプルでスタイリッシュなデザインも人気です。

なかでも、バーナーやランタン製品、焚き火台などは好評で、ツーバーナーコンロも使い勝手良好。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

プリムス(PRIMUS)

By: rakuten.co.jp

「プリムス」はスウェーデン発の燃焼器具ブランド。高度な燃焼技術を活かした製品を展開しているのが特徴です。

特に、アウトドア専用のストーブには定評があり、1911年に初めて人類が南極点に到達した際や、1953年のエベレスト初登頂時にも同社の製品が使用されていたことは語り草になっています。ツーバーナーにコンロに関してはシンプルな操作性や燃焼効率はもちろん、軽量で持ち運びに優れているのも魅力です。

ツーバーナーコンロのおすすめ人気モデル

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

ソト(SOTO) ハイパワー2バーナー ST-525

CB缶を2本使用するツーバーナーコンロ。低価格が魅力のスタンダードタイプです。常に2本のCB缶から燃料を供給する「ガスシンクロナスシステム」を採用。ボンベに対する負荷を軽減し、連続使用時でも安定した火力を維持します。合計最大4800kcal/hもの発熱量で、本格的なアウトドアクッキングを楽しみたい方におすすめです。

バーナーの熱を利用する別売りのパワーブースターを使用すれば、2本のボンベを同時にあたためながら効率的な燃焼を実現。最大約2.5時間もの長時間使用が可能です。

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ソト(SOTO) レギュレーター2バーナー GRID ST-526

ゴトクまでの高さ約11.6cmの薄型テーブルトップを採用したツーバーナーコンロです。シンプルなデザインでお手入れが簡単。左右の風防を取り外せば、さらにすっきりとした外観になります。重さ2.25kgと軽量で収納バッグも付属しており、持ち運びに便利です。

気化熱で冷やされて圧力が低下する「ドロップダウン」が起きにくいマイクロレギュレーターを搭載。外気温の低い環境でCB缶の火力低下が気になる場面で活躍するおすすめのモデルです。

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナーUS-1900 610305

ユニフレーム(UNIFLAME) ツインバーナーUS-1900 610305

金物の町として知られる新潟県三条市に拠点をかまえる「ユニフレーム」のツーバーナーコンロです。スタイリッシュなアルミボディで、使いやすいバーナートップを搭載。斬新なゴトクデザインと低い風防により、ダッチオーブンなど重たい鍋を安定して載せることが可能です。

重さ約3.9kgの軽量モデルでコンパクトに収納可能。ハンドルはツール掛けとして活用できるため便利です。CB缶をあたためるパワーブースターにより、液化ガスの気化を促進して出力ダウンを防ぎます。最大3900kcal/hものハイパワーを発揮。火力調節してトロ火での調理もできるなど、アウトドアで使いやすいモデルを探している方におすすめです。

プリムス(PRIMUS) P-COJ オンジャ

プリムス(PRIMUS) P-COJ オンジャ

独特なデザインが印象的なツーバーナーコンロ。未使用時はすっきりとコンパクトに収納できるほか、付属のショルダーベルトで簡単に持ち運べるモデルです。ウッドボードを外してX字型に開けば、ウインドスクリーンと一体の火口が現れる仕組みになっています。

ウッドボードは収納時にゴトクを守る役割を果たすほか、鍋敷きにもなるため便利。ウッドボードと合わせて重さ約3.5gの軽量ボディで、持ち運びしやすいモデルを求めている方におすすめです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナースタンダード GS220

CB缶より安定した火力が得られるOD缶を採用したツーバーナーコンロ。各バーナーともに2800kcal/hもの高火力を発揮し、アウトドアで本格的な調理を楽しみたい方におすすめです。付属スタンドを立てて使用できるほか、同社のアイアングリルテーブルにセットすればさらに使い勝手が向上します。

左右それぞれにオートイグナイタを備えており、着火も簡単。床面のフッ素加工によって、吹きこぼれや汚れを簡単に拭き取れるメンテナンスのしやすさもポイントです。

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー GS230

スノーピーク(snow peak) ギガパワー ツーバーナー GS230

OD缶を逆さまにセットするタイプのツーバーナーコンロ。ガスを液体のまま取り出す「液出し」方式のモデルで、気化熱で冷やされて圧力が低下するドロップダウンを防ぎます。各バーナーそれぞれ3000kcal/hもの高火力を発揮。本格的なアウトドアクッキングを楽しみたい方におすすめです。

凸凹バーナーヘッドの搭載により、クッカーのサイズに関係なく効率的に放熱。また、大型クッカーに対応しているのもポイント。大・中サイズのビリーポットも余裕で置けるおすすめアイテムです。

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ 2000021950

コールマン(Coleman) パワーハウスLPツーバーナーストーブ 2000021950

持ち運びに便利なキャリーハンドルを搭載したツーバーナーコンロ。収納時サイズが54×32.5×7cmのスリムボディで、自宅での保管時や車載時に場所をとらないおすすめのモデルです。燃料にはOD缶を採用し、最大火力約3500kcal/hを発揮。燃料時間約1.5~3時間と、長時間かけて調理する煮込み料理などで活躍します。

ライター不要の自動点火装置により、使い方も簡単。風防になるフタは着脱式でお手入れする際に便利です。

コールマン(Coleman) インディゴレーベル パワーハウス LP ツーバーナーストーブ 2000031623

コールマン(Coleman) インディゴレーベル パワーハウス LP ツーバーナーストーブ 2000031623

表側にモザイクウッドをあしらった、おしゃれなデザインのツーバーナーコンロです。コールマンとmonroがコラボした「インディゴレーベル」のモデルで、折りたたみ時の奥行わずか7cmのスリムなフォルムも魅力。アウトドアで他人とかぶりにくいモデルを探している方におすすめです。

最大火力約3500kcal/h×2、連続燃焼時間約1.5~3時間のハイパワーな火力により、本格的なアウトドアクッキングを楽しめます。見た目にもこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

コールマン(Coleman) グリル ロードトリップグリル LXE-J2 2000017066

本格的なアメリカンスタイルのバーベキューを楽しみたい方におすすめのツーバーナーコンロです。OD缶2個を装着して使用するタイプで、約5000kcal/hのハイパワーを発揮。グリルでお肉を焼くほか、フタを活用すればオーブン料理も可能です。

重量約18kgながらホイールが付いているため、移動は楽々。食材や調味料を置くのに便利なスライド式テーブルや、トング等の器具を掛けられるホルダーを備えており、使い勝手にも優れています。

コールマン(Coleman) 425 ツーバーナー 3000000492

コールマン(Coleman) 425 ツーバーナー 3000000492

燃料にホワイトガソリンを使用するツーバーナーコンロ。風が強いときや気温の低い環境下でも安定した火力をキープします。本格的なモデルながら使用時サイズ約55.5×40×39cm、重さ4.4kgと軽量コンパクトなのも特徴。持ち運びに便利なハンドルも搭載しています。

火力はメインバーナー約2675kcal/h、サブバーナー約2000kcal/hで燃焼時間は約1.5~3時間。補修パーツを入手しやすいため、長く愛用し続けたい方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ステイジャーコンパクトガスバーナーコンロ M-8249

リーズナブルなアウトドア用品を手がけている「キャプテンスタッグ」のツーバーナーコンロです。低温度下で安定した火力を発揮するOD缶を2個使用し、左右独立して使用できるバーナーを搭載。低価格ながら3000kcal/h×2のハイパワーな燃焼力を実現しています。

収納時サイズ約525×300×100mmの薄型コンパクトタイプ。持ち運びや自宅での保管時に便利なおすすめモデルです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア UF-17

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ガス ツーバーナー コンロ エクスギア UF-17

厚さわずか8cmの超薄型ボディが特徴のツーバーナーコンロ。脚は折りたたみ式でフラットに収納できるほか、本体裏面には持ち運びに便利なくぼみを設けています。自宅での保管時や車載する際にも大きなスペースを必要としないおすすめのモデルです。

圧電点火装置付で点火操作も簡単で、ガス開閉つまみで火力調節も可能。左右独立のガスバーナーはそれぞれ最大3000kcal/hの燃焼力を発揮します。ステンレス製汁受けが付いているほか、ゴトクや風防を兼ねたフタも取り外せるためお手入れも簡単です。

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) サイレント ツー バーナー

テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS) サイレント ツー バーナー

静音性に優れたツーバーナーコンロ。燃料にアルコールバーナーを使用することで、ガスやガソリンのように燃焼音が出ない仕組みを採用しています。シンプルなフォルムで高さわずか82mmの低さも特徴。テーブルの上に置いて使用したい場合におすすめです。

ステンレス製ボディでさびにくく、耐久性に優れているのもポイント。メンテナンス時は分解してお手入れできるのも便利です。なお、「トランギアアルコールバーナー」の使用を推奨しており、他メーカーのアルコールランプを使用する際は注意しておきましょう。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップBBQグリル フラットツイン・S CB-TBG-2

イワタニ(Iwatani) テーブルトップBBQグリル フラットツイン・S CB-TBG-2

CB缶を使用するツーバーナーコンロ。底がフラットでテーブルに設置して使用できるため、手軽にアウトドアで調理を楽しみたい方におすすめです。火力を最後まで維持させるヒートパネル方式を採用しているのがポイント。火力を落とさずに最後までガスを使い切るので、無駄なガス消費を抑えられて経済的です。

CB缶のセットはマグネット方式を採用しており、誤装着ではガスが出ない構造。ボンベの異常加熱を感知したら自動的に外れる仕組みになっているなど、安全性に優れたおすすめのモデルです。

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

イワタニ(Iwatani) スタンド型BBQグリル グリルスター CB-SBG-1

テーブル置きとスタンド式で使用できる2WAYタイプのツーバーナーコンロです。アウトドアで本格的なアメリカンスタイルのバーベキューを楽しめるほか、自宅で2口コンロとしても使用可能。さまざまシーンで活躍する便利なモデルを探している方におすすめです。

本体幅816mmの大型モデルながら、キャスター付きで持ち運びも簡単。転がしながら運べるため、バーベキュー場やキャンプサイトが駐車場から距離がある場合に重宝します。

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

イワタニ(Iwatani) テーブルトップ型BBQグリル フラットツイングリル CB-TBG-1

カセットガスを横向きにセットする構造により、テーブル置きを実現したツーバーナーコンロ。入手しやすいCB缶2を本使用するタイプで、アウトドアはもちろん、自宅でも手軽に調理を楽しめるおすすめのモデルです。

グリルプレートを備えており、取り外せばガスコンロとしても使用可能。圧力感知安全装置・容器装着安全装置・容器受け口加圧機構を搭載しているなど、安全性に優れているのもポイントです。

キャンプシェフ(CampChef) YUKON 2バーナーストーブ YK60LW

キャンプシェフ(CampChef) YUKON 2バーナーストーブ YK60LW

アルミダイキャスト製のハイパワーバーナーを搭載したツーバーナーコンロです。LPガスボンベと接続して使用するタイプで、2つのバーナーを合わせて15120kcal/hもの高燃焼力を発揮。LPガスボンベを用意する必要があるものの、アウトドアで本格的なさまざまな調理を楽しみたい方やイベント時などにおすすめです。

スタンド式でアメリカンスタイルのバーベキューを楽しみたいときにも最適。オプションが豊富に揃っているのも特徴で、フラットトップグリルやグリルボックス、ピザオーブンなどが用意されています。

char-broil classic バーベキューコンロ ガス グリル 2バーナー

char-broil classic バーベキューコンロ ガス グリル 2バーナー

LPガスボンベと接続して使用するツーバーナーコンロ。アウトドアで本格的なバーベキューを楽しみたい方におすすめのモデルです。コンパクトボディながら、左右のサイドシェルフを調理台として利用できるので便利。脚部にはカートを搭載しており、移動や持ち運びも簡単です。

本体下部に専用のグリースカップを装着すれば、調理時に食材の油を溜められてお手入れも簡単。LPガスボンベを使用する高火力タイプのため、設置の際は倒れないよう注意しておきましょう。