スキーは、年代を問わず、多くの人々から親しまれているスポーツ。レンタルショップを利用すれば、スキー板を所持していなくても楽しめますが、ゲレンデに行く機会が多い場合は、自分用に「スキー板」を持っておくのがおすすめです。

しかし、種類が豊富にあり、どれを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、スキー板のおすすめの製品をピックアップ。初心者・中級者・上級者向けに分けてご紹介しています。

スキー板の選び方

長さや太さをチェック

長さの選び方

スキー板の長さは、身長と合わせて体重が重い方は長めのモデルを、体重が軽い方は短いモデルを選ぶようにしましょう。体重の重たい方が短いモデルを使うと、柔らかい雪面で埋まりやすかったり、強度が足りなかったりする場合があります。

目安としては、男性で初心者レベルかつ体重が65kg程度の場合、155~165cm。同じ体重の男性で中級者レベルの方であれば、160~170cmを選びましょう。

女性で初心者レベルかつ体重50kg程度の女性の場合は、145~150cm。同じ体重の女性で中級者レベルの方であれば、150~155cmのスキー板を選ぶのがおすすめです。

初心者であれば、身長から-5~-10cm程度の長さのスキー板をチェックしてみてください。

スリーサイズの選び方

スキー板のスリーサイズとは、スキー板の前部(トップ)の最大幅・中央部(センター)の最少幅・後部(テール)の最大幅のこと。センター幅が太いほど、新雪やパウダーで滑りやすくなります。

センター幅が太すぎる、もしくは細すぎるモデルだと、バランスが取りにくいので注意してみてください。スキー初心者は、目安としてセンター幅が70~90mm程度のモデルを選ぶのがおすすめです。

サイドカーブの選び方

スキー板のサイドカーブとは、トップ・センター・テールにかけてのクビレが描く半径のこと。別名で「ラディウス」と呼ばれており、カタログでは「R〇m」と表記されている場合もあります。サイドカーブが大きいほど大回り向き。サイドカーブが小さいほど小回りが利きます。

スキー初心者は、サイドカーブが12~17mのモデルを選ぶのがおすすめ。操作性のバランスがよく、中低速でのターンがしやすいのが特徴です。

軽さで選ぶ

スキー板の重量は、一概に軽ければよいという訳ではなく、自身の技術や、用途に合ったモノを選ぶことが重要です。

スキー板は、重量が軽いモノほど、コントロールするのに必要な力が少ないのが特徴。軽量なスキー板は操作性に優れていることから、不整地の場所やコブ斜面を滑る方、もしくは初心者の方におすすめです。

一方で、重量のあるスキー板は、取り回しにくいものの、滑走時の安定性は良好。中級者~上級者の方は滑走時にスピードが出るため、重量のあるモデルのほうが安定感のある滑りを楽しめます。

種類で選ぶ

オールラウンドスキー

オールラウンドスキーは、キレイに圧雪されたゲレンデ(オンピステ)を滑るためのスキー板です。センター幅は約70~90mmで、重量も比較的軽量なのが特徴。整地された場所であればターンがしやすく、体力や筋力の少ない方でも扱いやすいモデルです。

主にレジャー向けのモデルのため、初心者におすすめ。特にリクエストなくレンタルショップでスキー板を借りた場合は、オールラウンドスキーのモデルが出てきます。

オールマウンテンスキー

オールマウンテンスキーは、ゲレンデ内の整地されていない場所(サイドカントリー)や、ゲレンデ外(バックカントリー)を滑るために設計されたスキー板です。センター幅は約90~130mm。新雪などの柔らかい雪面を滑走できるよう、スキー板の幅は太めに設計され、浮力を持たせています。

また、取り回しやすいように柔らかく作られているほか、スキー板を担いで山を登ることを想定しているため、重量も比較的軽量です。

フリーライドスキー

フリーライドスキーは、ハーフパイプやパークでトリックを決めたい方向けのスキー板です。モーグルなどでも使われるタイプで、用途によってスキー板の長さや、スリーサイズの大きさにバラつきがあります。

ほかのタイプと比べて非常に軽量に作られており、ジャンプなどの激しい動きをするのに適しています。「ツインチップ」と呼ばれる、トップとテールが反り上がっているモデルが多く、後ろ向きにも滑られるのも特徴です。

レーシングスキー

レーシングスキーは、アルペンスキーのような、タイムを競う競技シーン向けのスキー板。センター幅は約60~70mmと狭く、雪の抵抗を軽減したタイプです。スピードが出やすく、素早いターンの切り替えに対応できます。

また、エッジが雪面に食いつきやすいよう、スキー板が硬めかつねじれに強いのも特徴。ただし重量が重く、取り回しにくいため、技術や筋力のある上級者向けのタイプです。

スキー板のおすすめメーカー

サロモン(SALOMON)

By: salomon.com

「サロモン」は、1947年にフランスで創業された、アウトドアスポーツ用品メーカーです。元はビンディング専門でしたが、1990年よりスキー板も展開しています。

サロモンのゲレンデ向けのモデルは、競技シーン向けの「S/RACEシリーズ」、オールラウンドに使える「S/MAXシリーズ」などを展開。シリーズ毎の製品数も数多くあり、自身の用途に合ったモノを探せます。

サロモンのスキー板は、「エッジアンプリファイア」テクノロジーを搭載しているモデルが豊富。グリップ性と操作性に優れており、自由自在にターンできます。

ロシニョール(ROSSIGNOL)

By: rakuten.co.jp

「ロシニョール」は、フランスで創業したスキー・スノーボードメーカー。1964年に日本での展開を開始しています。スキー板のラインナップは、「RACING」「DEMO」「ALL MOUNTAIN」「ON PISTE」の4種に分類。なかでもDEMOは、日本限定で発売されています。

DEMOは、「SUPER VIRAGE」の製品名でラインナップしており、技術選手権大会での活躍を視野に入れたシリーズです。いずれも「ラインコントロールテクノロジー」と呼ばれる、スキー板に内蔵されたチタンバーとヴィスコエラストマーにより、耐衝撃性を高めています。

オガサカ(OGASAKA)

By: rakuten.co.jp

「オガサカ」は、1912年に長野県で創業した老舗のスキー・スノーボードメーカー。国内スキーメーカーの第1号として創業を開始しています。

オガサカの製品は、ゲレンデ向けのシリーズが豊富です。スキー板の角付けで、たわみが出しやすく内傾角度を大きくとれることから、谷回りのターンが楽にできます。また、エッジングの可動範囲も大きいので、スピードコントロールが容易なのもポイントです。

ケーツー(K2)

By: rakuten.co.jp

「ケーツー」は、1962年にワシントン州で創業した、アメリカのスキー・スノーボードブランドです。ウィンタースポーツだけでなく、バイクやインラインスケートなどの製品も展開。アジアでは、2000年からビジネスを展開しています。

スキー板の種類は、オールラウンド・オールマウンテン・フリーライドスキーを数多くラインナップ。ゲレンデでの滑走目的なら、オールラウンドスキー・オールマウンテンスキーのモデルを展開している「DISRUPTION」シリーズを、フリーライドスキーを求めている方は「RECKONER」シリーズをチェックしてみてください。

「DISRUPTION」シリーズは、初心者から上級者向けまで、幅広いレベル層に合わせたモデルをラインナップ。パウダー状の雪面でも乗りこなせる、汎用性の高いモデルが揃っています。

スキー板のおすすめ|初心者

サロモン(SALOMON) SHORTMAX

カジュアルにスキーを楽しみたい方や、初心者におすすめのモデルです。本製品はフリーサイズのスキー板。全長が125cmと短めで、重量は1567gと取り回しやすいのもポイントです。

エッジは幅広かつ厚めの設計。ベース部分も厚みのある仕様で、ハードな使い方にも耐えられる性能を有しています。本体はテールプロテクターやチッププロテクターなども搭載。レンタルスキーを想定した作りのため、本体の構造やエッジの耐久性に優れています。

本体の形状は、トップがロッカー、アンダーフットはキャンバー形状を採用。エッジのかかりがゆるやかで、スキーに慣れていない方でも扱いやすい特徴があります。

サロモン(SALOMON) QST SPARK 414944

オールマウンテン、およびフリーライドを好むスキーヤーにおすすめのモデルです。本体はキャンバー形状のアンダーフットと、ロッカー形状のトップ・テールを採用。後方移動に対応し、整地されたゲレンデでもパークと同様に楽しめます。

本体はポプラのウッドコアを使用。軽量かつ反発性があり、操作しやすい設計です。センター幅は85mm、全長は164cmのスペック。ラディウスは15mで、ターンがしやすく、タイトな箇所の滑走も安心です。

本体はエッジグリップも良好で、しなやかな乗り味を楽しめます。初級から中級向けに作られたスキー板のため、技術向上を目指す方にぴったりです。

ロシニョール(ROSSIGNOL) REACT 4 CA

オンピステでのスキーを快適に楽しみたい方におすすめのモデルです。REACTシリーズは「フレックスチップテクノロジー」の採用より、パワーの伝達を安定化。ターン始動が簡単で、初心者でも扱いやすく設計されています。

本体は、全長にわたりチタンバーとビスコエラストマーを配置。負荷のかかるシーンでも振動を吸収し、スキー板のパフォーマンスを最大限に発揮します。

ラディウスは13m程度で、操作性に優れているのも特徴です。また、センター幅とのバランスもよく、グリップがしやすいのもポイント。安定性とコントロール性が向上し、快適な滑走を実現します。

オガサカ(OGASAKA) Keo’s KS-NY

軽量な作りで、操作性に優れた初中級者向けスキー板です。本体は軽量芯材「NFウッドコア」を使用。従来のモデルに比べてバランスなどの構成が改善されたことで、軽快な滑走を実現します。乗り味がよく、安定性も向上しており、初心者が技術向上するのにおすすめのモデルです。

本体は接雪点を中心寄りにした「フロントロッカー」形状を採用。トップ部の雪面抵抗を適切に分散させられる形状で、あらゆる状況下でもエッジの効いた滑りが可能です。

また、エッジを効かせると、スムーズに谷回りのターンができるのも特徴。よりエッジを立てることで接雪面が長くなり、グリップ力を向上させられます。

オガサカ(OGASAKA) UNITY U-FS/3

By: ogasaka-ski.co.jp

オールシチュエーションに対応できる「UNITY」シリーズのエントリーモデルです。本体は軽量芯材である「NFウッドコア」を使用。重量が軽く、力に自信のないスキーヤーでも操作しやすいのがポイントです。

スキー構造は、強化したシートを上下にラミネートした「サンドウィッチ構造」を採用。本体のたわみに対して、内部の歪みが発生しにくく、スキーの上面にかかるパワーをダイレクトに雪面へ伝えられます。

形状はフロントロッカーで、さまざまな雪質や斜面の状況においても、安定したグリップ力を保持。スピードコントロールがしやすい点もおすすめです。

アルマダ(ARMADA) ARV 84

これからパークで楽しみたい方におすすめの、軽量性に優れたスキー板です。アルマダはライダーにより立ち上げられたブランド。スキー板のデザインがおしゃれで、ゲレンデでのモチベーションアップに寄与します。

本体は全体的にしなやかさを持つ作り。加えて、パークでの人工物から受ける衝撃を守るための高強度エッジを搭載し、優れた耐久性を備えています。

また、軽量なモデルなので、少ない力でも操作が可能。安定した滑りを実現し、ゲレンデのクルージングや、コースサイドのパウダーを滑走するなどの楽しみ方もできます。

前後のロッカー形状で、有効エッジが短くなっている分、後ろ向きの走行も可能です。

ヘッド(HEAD) SHAPE E.V5

ターンのしやすさに優れた、オンピステ向けのスキー板です。本製品は、スキーの操作をシンプルに楽しみたい方におすすめのモデル。ロッカー形状とエッジのグリップ性により、簡単にターンを始動できます。

フロント部分はヘッド独自の「EMC」テクノロジーを搭載。構造はサイドウォールを備えた「ウッドコアコンポジットコア」を採用しています。スキー板の振動を適切に吸収するので、快適な乗り味です。

本体には「GRAPHENE」素材を使用。薄くて軽量に優れているほか、非常に優れた強度を併せ持ちます。スペックのよさから中級者以降でも使いやすく、技術の向上を目指す方にぴったりです。

エラン(elan) ELEMENT ORANGE

初中級レベルの方でもスムーズにターンしやすいスキー板です。ターンが比較的簡単にできるので、気軽にスキーを楽しみたい方におすすめ。パワーに自信のない方にもぴったりのモデルです。

本体は、少ないエネルギーでもパワーを伝達しやすい「LightShiftシステム」を採用。軽量性も良好で、安定したエッジングを実現します。また、適度なしなやかさで、スキーヤーのバランスが取りやすいのもポイントです。

本体はロッカー形状を採用し、ライン取りがしやすいのも特徴。外観は、ゲレンデでも映えるオレンジとグリーンのツートンカラーで、おしゃれな仕上がりです。

スキー板のおすすめ|中級者

サロモン(SALOMON) S/RACE GS 10

急斜面でもスムーズにターンができる、レーシング仕様のスキー板です。本製品は、Tiレイヤーに、柔軟性のあるポリマーパッドを融合させることで、本体のたわみやすさを向上。スピードを維持したままターンしたい方におすすめです。

また、サロモンの「Blade テクノロジー」により、スキー板の剛性を保持しながらも、機敏性を向上。素早いターンに安定感をもたらします。本体の構造は「ポプラウッドコア構造」を採用。振動を吸収して、接雪感覚を最大限に高めているのもポイントです。

トップのTiレイヤーには特殊ボンディング加工を施し、エッジの欠けを防止。チッププロテクターとテールプロテクター付きのため、ハードな使い方でも長期間使えます。

サロモン(SALOMON) STANCE 84

幅広い状況下で雪面をしっかりと捉える、中上級者におすすめのスキー板。本体はオールマウンテンスキーのタイプで浮力があり、柔らかい雪面でも快適な走行が可能です。

また、カーボンなどの高品質素材を使用したフレームにより、振動吸収性を向上。速度や地形を問わず、ターンの際にパワーのあるエッジが効かせられます。「ポプラフルウッドコア」の構造により、接雪感覚がよく、機敏性と安定性を高めているのもポイントです。

形状はトップをロッカー、足元をキャンバーに設計。加速までがスムーズで、快適な走行を実現します。

ロシニョール(ROSSIGNOL) REACT 10 TI

初心者から上級者まで扱いやすく、幅広い方におすすめのスキー板です。本製品はオールラウンドスキーのタイプ。サイドカットとセンターのバランスがよく、安定性とコントロール性を向上しています。

本体はグリップが効きやすく、湿った雪でもスムーズな操作が可能。効率的なエネルギー伝達により、ターン始動が簡単なのもポイントです。また、本体の全長には、チタンバーとビスコエラストマー素材を内蔵。あらゆるシーンで振動を吸収し、スキーの性能を最大限に発揮します。

ロシニョール(ROSSIGNOL) SUPER VIRAGE VII TECH

優れたパフォーマンスにより、1990年代前半から長く人気を集めている中上級者向けのスキー板です。本体はオールラウンドスキーのタイプ。全日本スキー連盟などに認められたデモンストレーター向けのモデルで、スキーの検定や技術向上を目指す方におすすめです。

また、雪質を選ばず、幅広い環境下でも性能を発揮できる点が魅力。しなやかな作りでスキー板がたわみやすく、脚力に自信のない方でも操作性に優れています。サイドカーブは12~14m。雪面をしっかりと捉えやすく、安定感のある走りを楽しめます。

オガサカ(OGASAKA) Keo’s KS-EV

本体の剛性が高く、高速域やハードバーンでも優れた安定性を発揮する中上級者向けのスキー板です。本体はゲレンデ向けに設計された、オールラウンドスキーのタイプ。大回りから小回りまで対応できるほか、不整地でも自在に走行できるように設計されています。

本体の構造は「テラス構造」を採用し、優れた操作性・回転性・安定性を実現。「フロント・フロート・システム」や「フロント・リード・ファンクション」の技術を採用し、スムーズなターンとスピードコントロールも可能です。

本製品は低速から高速までの乗り味が一定で滑りやすく、しっかりと上達したい方におすすめ。カラーは、ブラック・レッド・ネイビーの3種類から選べます。

ヘッド(HEAD) SUPERSHAPE E-ORIGINAL

中上級者におすすめの、オンピステクルージングに特化したスキー板です。本製品はヘッドの「EMC」テクノロジーを採用しています。滑走中に発生した運動エネルギーは電子エネルギーに変換。電子エネルギーの振動を吸収する効果により、長時間滑っていても高いパフォーマンスを維持します。

また、優れた軽量性と強度を両立した「グラフィン」テクノロジーで、操作性を向上しているのもポイントです。センター幅は66mmと細めで、キレのあるショートターンを得意とします。

本体は適度な反発性があり、ロングターンにも対応。小回りから大回りまで、さまざまなターンに対応したい方にぴったりのモデルです。

ヘッド(HEAD) OBLIVION 79

操作性に特化した、フリースタイル向けのスキー板です。本体は「ウッドコアツインチップ構造」を採用。硬い雪、柔らかい雪を問わず安定性が高いことから、さまざまなシーンで使用したい方におすすめです。

トップシートは耐久性に優れており、ハードな環境下でも安心。ラディウスは15.2~21.1mと大きい設計で、ターンの回転半径も大きくなります。また、滑走したときのスピードが出やすいのも特徴です。

ケーツー(K2) RECKONER 102

パウダーからパークまで、場所を選ばずスキーを楽しめるモデルです。本製品はフリーライド、およびオールマウンテン向けのモデル。ゲレンデのサイドヒットやタイトなツリーランなど、さまざまな地形に対応したい方におすすめです。

本体はセンター幅がやや細めに設計されていて、機敏性に優れています。また、トップとテールが反り上がっている「ツインチップ」仕様で、自由な滑走が可能。カーボン素材を使用し、優れた強度と軽量性を両立しているのもポイントです。

フォルクル(VOLKL) RACETIGER SC

操作性とバランスのよさから、基礎の向上を目指す中上級者におすすめのオールラウンドスキー板です。「RACETIGER」シリーズは、フォルクルのロングセラー品で、幅広いスキーヤーから人気があります。

芯材は剛性のあるカーボンを使用しているため、軽量ながらも、優れたパフォーマンスを発揮します。トップ・センター・テールは、異なるグラスシート構造を採用。エッジの切り替えがしやすく、キレのある滑りを楽しめます。

また、スキー板の内部にはチタンを、外側には「UVO.3D」のテクノロジーを配置。内と外のどちらからも振動を吸収し、滑走時の安定性を向上しています。

スキー板のおすすめ|上級者

サロモン(SALOMON) S/MAX 12 AND Z12

上級者向けのオールラウンドタイプで、高速かつ正確なターンを目指す方におすすめのスキー板です。本製品はエッジのグリップが効きやすく、スラロームに特化した性能を有しています。

本体の「フルサンドイッチサイドウォール」は、雪面をしっかりと捉える設計。正確な足運びと安定性を実現します。

本体の構造は「ポプラウッドコア」の採用により、振動吸収性を向上。接雪感覚や機敏性に優れています。「ダブルTi」仕様で、圧雪でのパフォーマンスを高めているのもポイントです。

本体はロッカーのないキャンバー形状を採用。テールプロテクターやチッププロテクターを搭載し、スキー板の美しい外観を維持します。

サロモン(SALOMON) QST 106

世界各国で人気があり、幅広い雪質や地形に対応するフリーライド向けのスキー板です。センター幅が106mmと広く、深雪でも快適に滑走したい方におすすめ。トップとテールのロッカー形状を長めにとることで、操作性を高めています。

本体はトップとテールの幅広部分を中央寄りにした設計。スムーズなターンと優れた俊敏性を実現します。また、トップとテールに配置されたコルク材が衝撃緩和に寄与。カーボンとフラックスを織り交ぜたファイバーレイヤーを使用しているので、強度と安定性も良好です。

オガサカ(OGASAKA) Keo’s KS-XX

アスリートスキーヤーにおすすめの、ハイスペックなオールラウンドスキー板です。本製品は強さとしなやかさを両立したモデル。重さがあり、ロングクルーズを快適に楽しめます。サイドカーブは15.9~19.2mと大きめで、ロングターンを好む上級者にぴったりです。

自由な操作感も特徴で、幅広いシーンに対応できる点も魅力。上級者のテクニックを思う存分発揮できます。本体はエッジグリップ力に優れた「フロント・リード・ファンクション」テクノロジーを採用。スピードの調節が簡単なほか、走行時の安定性に向上しています。

カラーはホワイトとブラックの2色を展開。シンプルなデザインで、さまざまなウェアに合わせやすいのも嬉しいポイントです。

オガサカ(OGASAKA) UNITY U-FS/1

センター幅が広めに設計された、上級者向けのオールラウンドスキー板です。本体は浮力があるので、オンピステだけでなく、新雪の状態でも快適に滑走できます。構造は「サンドウィッチ構造」を採用。しなやかな乗り味と強さを両立し、安定感を求める方におすすめです。

また、滑走時の軽さも感じやすく、本体の柔らかさとたわみで、小回りの利いたターンがしやすいのもポイント。カラーはゴールドとホワイトの2種類をラインナップしています。外観はレザー調のデザインを採用しており、おしゃれな仕上がりです。

オガサカ(OGASAKA) E-TURN ET-11.5

サイドカーブが19.2~20.7mと大きく、本格的なパウダーランを楽しみたい方におすすめのスキー板です。本製品はオールマウンテンスキーのタイプ。本体は長さが183~188cm、センター幅が115cmで、浮力を高めているものの、全体のバランスなどを見直すことで、操作性を向上しています。

本体は「サンドウィッチ構造」を採用。スキーのたわみに対して内部の歪みが発生しにくく、しっかりと足元のパワーを雪面に伝達します。また、「フロント・リード・ファンクション」の技術により、スピードコントロールがしやすいのも特徴です。

ケーツー(K2) DISRUPTION 82Ti

ケーツーのトップクラスのテクノロジーを搭載した、上級者におすすめのスキー板です。本製品は「Titanal I-Beam」や「Dark Matter Damping」をはじめとしたテクノロジーを採用。オールラウンドだけでなく、オールマウンテンとしても使いやすいモデルです。

Titanal I-Beamは、スキー板全体に金属素材を配置し、ターンの安定性を向上。本体のウエスト幅は82mmと、「DISRUPTION」シリーズのなかでは広めの設計で、より高い安定性を有しています。

Dark Matter Dampingは、カーボン素材をエッジに沿って配置することで、グリップコントロールを向上。トップスピード状態でのターンがしやすくなります。デザインは、黒のグラデーションと緑をアクセントにした、おしゃれな仕上がりです。

アトミック(ATOMIC) REDSTER Q9i

センター幅が75mmと広く設計されていて、幅広い雪質に対応しやすいスキー板です。本製品は浮力が得られやすいモデルで、オンピステ・オフピステ問わず楽しめます。本体は接雪する面積が広く、衝撃を吸収するので、滑走時に安定感を求める方におすすめです。

ラディウスは12.3~14mと小さめ。操作性がよく、小回りが利きやすい設計です。本体の剛性や滑走でのキレなど、バランスが取れているため、使い勝手は良好。デモスキーとしての用途にも適しています。

LINE PESCADO

ソフトなフレックスとワイドなトップ形状により、優れた浮力を発揮するスキー板。本製品は、深雪でのスキーを楽しみたい方におすすめのモデルです。

本体は、足の位置がやや後ろ気味に配置されているほか、テールが2又に分かれている「スワローテール」を採用。トップ部分が浮き上がりやすくなり、深雪で快適な滑走を実現します。また、スワローテールは本体の軽量化にも寄与。チタンによる補強で、耐久性の面においても安心です。

本体は、深雪でのパフォーマンスを高めるための設計がされているものの、圧雪された場所でも十分なカービング性能を発揮。サイドカーブは、5つの異なる半径が配置されていて、操作性を向上しています。

スキー板の売れ筋ランキングをチェック

スキー板のランキングをチェックしたい方はこちら。