ウインタースポーツのなかでも幅広い世代に親しまれている「スキー」。最近はスキー板の種類が多様化しているので、購入を検討している方はしっかりと下調べをすることが重要です。

そこで今回はスキー板のおすすめモデルをピックアップ。初心者・中級者・上級者に項目を分けてアイテムをご紹介するので、初めて買う方はもちろん、買い替えを考えている方もぜひ参考にしてみてください。

スキー板の選び方

長さや太さで選ぶ

長さの選び方

スキー板の長さは、男性なら160~175cm、女性なら145~165cmのスキー板がおすすめです。以前は、スキー板のトップを動かすことで方向を決めていたため、「身長から5~10cm差し引いた長さ」がスキー板を選ぶ際の目安となっていましたが、最近は製品の品質が向上しているため、かつてほど身長にこだわる必要はありません。

広義では少し短いスキー板は、操作性がよく初級者の方におすすめです。なお、短すぎるスキー板はエッジ面積にかかる負担が大きくなるうえ、雪を捉えるグリップ力が上がり、走りが悪くなります。また、膝への負担もかかるので、その点は注意しておきましょう。

スリーサイズの選び方

By: amazon.co.jp

「スリーサイズ」とは、スキー板の前部(トップ)、中央部(ウエストまたはセンター)、後部(テール)の幅のこと。これらの長さによって、滑り心地が変わってくるので、しっかりと確認しておきましょう。

前部と後部は細いほうが操作性が向上。中央部は広い方がスキー板を沈みにくくさせるため、より滑りに安定感が生まれます。購入する際の目安として留意しておきましょう。

サイドカーブの選び方

「サイドカーブ(ラディウス)」とは、スキー板側面のカーブのこと。スキー板のスペックには、例えば「R:(14.5m)」と表示してありますので、購入前に確認しましょう。なお、数字が大きいほど、大回りターンに適しており、数字が小さいほど小回りターンに適しています。

ただし、ターンへの適正はスキー板の硬さや長さなども関係しているため、Rの数値だけで判断することはできません。あくまでも比較する際の参考としましょう。

軽さで選ぶ

軽いスキー板のほうが優秀かというと、一概にそうとも言い切れません。軽量なスキー板は、操作性が高い分ハイスピード時になると安定感が低下するというデメリットがあります。

このため、よりスピードを求める方は安定感のあるスキー板がおすすめ。一方、初心者の方や安定感よりも操作性を重視するモーグルスキーやコブを滑る方は軽量なスキー板のほうが適しています。

種類で選ぶ

オールラウンドスキー

「オールラウンドスキー」とは、圧雪したゲレンデを楽しく滑るためのモデルです。傾斜面の緩いゲレンデから急斜面、コブまで多くのゲレンデで使用できるのが特徴です。

センター幅は70~90mm。ターンの切り替えがしやすく、安定性が高いというメリットがあります。レジャースキーを目的とした方や、スキー初・中級者の方におすすめです。

オールマウンテンスキー

「オールマウンテン」とは、圧雪したゲレンデはもちろん、新雪や深雪のような未圧雪のゲレンデからパウダースノーやアイスバーンまで幅広い雪質で活躍するモデルです。雨や春先で状態の悪いゲレンデでも比較的扱いやすいため、多シーズンで使用できます。深雪でも板が沈まないように、センターが90~130mmと広いのが特徴です。

フリーライドスキー

「フリーライドスキー」とは、ビッグエアやジブのように、スピードではなく技を競うスポーツです。山の斜面を滑るバックカントリーもフリーライドスキーの一種。主に若年層からの指示が厚く、トリック用のコブやパイプ、レーンを設置するスキー場が増えています。

トリック用のスキー板は、テール側からの着地にも対応できるように、前後に反りを設けているのが特徴。ウエストの幅は、100mm前後のものが操作性もよく人気です。同じフリーがつくフリースタイルスキーは、スピード・技・美を競うモーグルやスキークロスを指します。

レーシングスキー

「レーシングスキー」はスキー種目用のモデルのこと。「アルペンスキー」や「競技スキー」とも呼ばれます。コース内の滑走速度を競うレースを目的としており、ターンの切り替え速度を上げるため、センター幅が狭くなっているほか、トップとテールが反り返っています。幅は65~70mm。滑走面の両端(エッジ)が常に雪面に接触するようねじれ強度にも優れています。

スキー板のおすすめメーカー

サロモン(SALOMON)

By: amazon.co.jp

「サロモン」は1947年に創業したフランスのスポーツメーカー。1962年にはヨーロッパやアメリカ、日本への輸出を開始し、1972年にはスキービンディングにおいて世界トップクラスのメーカーにまで登りつめたほか、世界で始めてビンディング、ブーツ、スキーを販売したことでも知られています。

ロシニョール(ROSSIGNOL)

By: amazon.co.jp

「ロシニョール」とはフランスのイゼールに拠点を置くスキー・スノーボードメーカーです。1960年に同社のスキー板を使用した選手がオリンピックで金メダルを獲得。この翌年に、フランス政府が同社製品を公式用品として認可し、ルースターマークの使用を許可しています。

1964年には日本でも販売開始。1998年に長野オリンピックで同社の板を使用した原田雅彦氏と岡部孝信氏が金メダルを受賞しており、日本でも人気の高いメーカーです。

オガサカ(OGASAKA)

By: amazon.co.jp

「オガサカ」は1912年に長野で創業した国内スキーメーカー。1919年には、皇室に製品を献上したほか、オリンピックを含む数々の大会で使用された経験のあるメーカーです。

足元のグリップ力や推進力をアップする強化材ゼロテンションカーボンをはじめ、多くの素材を開発するほか、先進的なスキー板をリリースしているのが特徴。中級者向けのスノーボードをリリースする「NOVEMBER」や、初級者から上級者向けの老舗ブランド「SCOOTER」など多くのブランドを傘下にもつ大手メーカーでもあります。

ケーツー(K2)

By: amazon.co.jp

「K2」は1962年に創設したアメリカのスポーツブランド。現在は、Jarden Corporationの傘下になり「K2 Sports」というブランドでスキーやスノーボードなどを扱っています。

1984年には同社のスキー板を使用した選手がオリンピックで金メダルと銀メダルを獲得し、認知度がアップ。高品質でコスパのよいスキー板をも求めている方はぜひチェックしておきましょう。

スキー板のおすすめ|初心者

サロモン(SALOMON) X-MAX X10 + XT12 2017-2018モデル

人気の高いオールラウンドモデルです。パワーフレームTIを採用し、スキーヤーのパワーがスキー板に伝わりやすい設計。これにより、滑りのクオリティはもちろん、ターンが容易にできるのも特徴です。

安定感や切れのある滑りができるのも魅力。斜度を選ばず、さまざまなゲレンデに対応できるスキー板です。

オガサカ(OGASAKA) CF+マーカー FDT TLT 10 2018-2019

オガサカのマウンテンモデルのスキー板です。「ゲレンデで楽しく、安全に快適に滑る」をテーマに開発したモデルは763gと軽く、操作性に優れています。

コントロール性が高く、ターンしやすいのが特徴。フロント・フロート・システムにより、幅広い雪質や斜面に対応し、安定性の高い滑走やエッジグリップができます。筋力でスキー板を操作することなく、自重を活かしたターンコントロールもできるため、筋力に自信のない方にもおすすめのスキー板です。

ロシニョール(ROSSIGNOL) ZENITH XPRESS + XPRESS 10 B83 2016-2017モデル

初心者・中級者仕様のオールラウンドモデルです。パワーターンロッカーを搭載しており、的確に方向を決めることが可能。接雪面が少ないため操作性に優れており、さまざまなゲレンデに対応する汎用性の高さも魅力です。

高品質でありながら価格は2万円未満とコストパフォーマンスも良好。エントリーモデルのスキー板を探している方は要チェックです。

アトミック(ATOMIC) REDSTER FX 2016-2017モデル

初心者向けのオールラウンドモデルです。同シリーズのなかでもっともセンター幅があり、安定感に優れています。

ロッカー率が高いため、低速時のターンが容易なうえ、ハイスピード時は安定感のよい滑りができるのが特徴。傾斜を選ばない操作性に優れた軽量モデルです。多機能でありながらビンディング付きで3万円台とコストパフォーマンスも良好。おすすめのスキー板です。

フォルクル(VOLKL) BASH 81 2018-2019モデル

初心者や中級者向きのフリースタイルモデルです。ツインチップ構造を採用し、トップとテールが反りあがっているのが特徴。これにより、バックで着地した際も、雪にひっかかることなくスムーズな着地ができます。軽量性に優れ、コントロールしやすいのが魅力。反発もよいため、楽しくトリックを磨けます。

ロシニョール(ROSSIGNOL) DEMO DELTA XPRESS+XPRESS 11 B83 2017-2018モデル

緩斜面から急斜面、さらにはコブまで対応するオールラウンドモデルです。軽量性に優れており、初心者の方も操作が容易。プロップテックを採用し、トップに入った3本のラインがねじれを生み、雪をしっかりと捉えます。

また、ターン時のコントロール力を高めるラウンドチップを搭載し、操作性も良好。使い勝手良好の軽量スキー板を探している方におすすめです。

スキー板のおすすめ|中級者

ケーツー(K2) PRESS 2018-2019モデル

オールマウンテンやオールラウンドの機能も備えた万能なフリーライドスキーです。オールテレインロッカーを採用し、パウダーから深雪、傾斜の急な山にも対応する、コンディションにこだわらない滑りを堪能できます。「K2 KONIC TECHOLOGY」によって、スキーヤーのパワーなどを直接エッジに伝達するため、操作性も良好です。

ロシニョール(ROSSIGNOL) DEMO BETA Ti KONECT + NX 12 KONECT DUAL B80 2018-2019モデル

ロシニョールの「デモアルファSOFT」の後継機となるオールラウンドモデルです。チタン入りのスキー板は安定性に優れたバランスのよい滑りを楽しめます。

ニューテクノロジーLCTを採用し、操作性に優れているのがポイント。ハイスピード時の安定感もあるので、上級を目指す方におすすめのモデルです。

ケーツー(K2) DOMAIN 2015-2016モデル

人気の高いフリースタイルモデルです。ジブロッカーテールとティップを施したシリーズで唯一のリアルツインチップを搭載し、パークやストリート、ゲレンデでの滑りに最適。エッジのひっかかりを軽減し、安定感のある滑りを可能にします。

ランディングやプレスができるのも魅力。価格帯としては2万円台とコストパフォーマンスに優れているのも注目すべき点です。

ヘッド(HEAD) SUPERSHAPE i.SPEED+ MFPB + PRD 12 2018-2019モデル


 
定番のオールラウンドモデルです。最先端の素材を採用しているほか、プレートを低くすることで軽量化を図っており、操作性に優れています。

ビンディングには、ダイナゴルシステムを採用したことで安全性が高いのもポイント。ハイレベルなターンやスピードアップを目指す方にもおすすめのスキー板です。

エラン(ELAN) FLIGHT POWERSHIFT+ EL 10.0 2018-2019モデル

中級者向けオールラウンドモデルです。スリムシェイプ構造とエッジサイドに設置したカーボンチューブによって、2410gと超軽量でありながら、安定感のある滑りを楽しめます。

雪面へのエッジグリップ力の高さもポイントで、圧雪したゲレンデはもちろん、パウダーや新雪でも安定した滑りが可能。満足感の高いスキー板です。

ケーツー(K2) CHARGER+M3 11 TCx Quikclik 2018-2019モデル

K2のオンピステ(圧雪したスキー場の斜面)で活躍するオールラウンドモデルです。ノンメタルで軽量性に優れ、快適な滑りを楽しめます。キャップ構造でありながら、サイドウォールを施したハイブリッド構造を採用し、しなやかで剛性に優れているのが特徴。これにより、コブでの心地よい滑りが実現します。操作性もよく扱いやすいため、技術を磨きたい中級者におすすめです。

サロモン(SALOMON) S/MAX 12+Z12 WALK 2018-2019モデル

さまざまな雪に対応できるオールラウンドモデルです。「ニューテクノロジーエッジアンプリファイヤ」を搭載し、ハイスピードでも滑りが安定感しているのが特徴です。グリップ力が高く、ターンがしやすいのも魅力。軽量で操作しやすいスキー板を求めている方におすすめです。

ヘッド(HEAD) V-SHAPE V6 + PR 11 GW 2018-2019モデル

同ブランドの「V-シェイプ」シリーズのスキー板。軽量な「カルバ・ウッドコア」と「グラフィン」を採用しているのが特徴です。雪質を選ばずに使用できるオールマウンテンモデルで、快適な滑りをサポート。上級者へステップアップしたい初中級者の方におすすめのモデルです。

スキー板のおすすめ|上級者

サロモン(SAROMON) S-RACE SL PRO 2018-2019モデル

高いグリップ力と思い通りの滑りを可能にしたレーシングスキーモデルです。「EDGE AMPLIFIERテクノロジー」を採用し、スキーヤーのパワーを効率的にエッジに伝えます。

コンパクトなスキーチップはエッジ接触を長くするため、コーナリングも容易。推進力や操作性にも優れており、思い通りのラインを描きやすいスキー板です。

オガサカ(OGASAKA)Keo’s TC-SA+ FL585 2018-2019モデル

アスリート仕様「TC」シリーズの中でも人気の高いモデルです。ハイスピードでも滑りが安定感しているのが特徴。たわみ出しが早いため、攻撃的な滑りにもしっかり対応できます。

トータルバランスにも優れ、どのようなゲレンデでもスピード操作がしやすいのもポイント。足元のグリップが安定しているのも魅力のスキー板です。

ヘッド(HEAD) SUPERSHAPE I.MAGNUM + PRD 12 GW 2018-2019モデル

同ブランドにおけるパフォーマンス系の「i.スパーシェイプ」シリーズのスキー板。低速から高速まで滑りが安定感しているのが特徴で、あらゆるターンにしっかり対応できるのもポイントです。広く利用できるオールラウンド性の高いモデルのなかで満足度の高いスキー板を求めている方におすすめです。

サロモン(SALOMON) X-MAX X12 + XT12 TI 2017-2018モデル

上級者向けオールラウンドモデル。「パワーラインカーボン」と「チタニウムバックボーン」を採用し、軽量性と操作性に優れています。グリップ感がよくスウィングのしやすいのが特徴。センターの幅が広く、安定感のある滑りができます。

独自開発の「カーブロッカー形状」により、スキーヤーのパワーをトップに効率的に伝達。ターン時は安定したエッジコントロールが可能です。加重時は、トップだけがロッカーする仕組みにより、素早いターンもスムーズにこなせます。上級者向けのモデルですが、ワンランク上を目指す中級者にもおすすめです。

オガサカ(OGASAKA)Keo’s KS-RT + PRD12GW 2018-2019モデル

同ブランドのハイエンドモデルのスキー板です。独自の「ツインキール構造」を採用し、エッジグリップは良好。常に安定した滑りが可能です。

乗り手の動きや力をトップとテールにしっかりと伝え、レスポンスのよい滑りにもしっかり対応。価格は10万円を超えますが、雪質や斜面を選ばないオールラウンドモデルのスキー板を求めている方は要チェックです。

ブラストラック(BLASTRACK) ELIXIR 2018-2019モデル

レスポンスのよい、切れのある滑りに対応できるスキー板。グリップ力も高く、ハイスピード時も安定感のある滑りをできるのが魅力です。

滑らかなターン弧を描きやすく、あらゆるターンに対応できるのもポイント。カービング性能に優れたフリースタイルスキーでグルームやハーフパイプを楽しみたい方にもおすすめです。