スキーは、年代を問わず、多くの人々から親しまれているスポーツです。レンタルショップを利用すれば、スキー板を所持していなくても楽しめますが、ゲレンデに行く機会が多くなれば、自分用にスキー板を持っておきたいもの。

しかしスキー板は種類が豊富にあり、どれを選べばよいのか迷う方も多いのではないでしょうか。そこで本記事では、スキー板のおすすめ品をピックアップ。初心者・中級者・上級者向けに分けてご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

スキー板の選び方

長さや太さをチェック

長さの選び方

スキー板の長さは、身長と合わせて体重が重い方は長めのモデルを、体重が軽い方は短いモデルを選ぶようにしましょう。体重の重たい方が短いモデルを使うと、柔らかい雪面で埋まりやすくなったり、強度が足りなかったりする場合があります。

目安としては、男性で初心者レベルかつ体重が65kg程度の場合、155~165cm。同じ体重の男性で中級者レベルの方であれば、160~170cmを選びましょう。

女性で初心者レベルかつ体重50kgの女性の場合は、145~150cm。同じ体重の女性で中級者レベルの方であれば、150~155cmのスキー板を選ぶのがおすすめです。

初心者の方であれば、身長から-5~-10cm程度の長さのスキー板を選ぶのでも構いません。

スリーサイズの選び方

By: 2snow.com

スキー板のスリーサイズとは、スキー板の前部(トップ)の最大幅・中央部(センター)の最少幅・後部(テール)の最大幅のこと。センター幅が太いほど、新雪やパウダーで滑りやすくなります。

センター幅が太すぎる、もしくは細すぎるモデルを選ぶと、バランスが取りにくくなるので注意してみてください。初心者の方は、目安としてセンター幅が70~90mm程度のモデルを選ぶのがおすすめです。

サイドカーブの選び方

By: salomon.com

スキー板のサイドカーブとは、トップ・センター・テールにかけてのクビレが描く半径のこと。別名で「ラディウス」と呼ばれており、カタログでは「R〇m」と表記されている場合もあります。サイドカーブが大きいほど大回り向き。サイドカーブが小さいほど小回りが利きやすくなります。

初心者の方は、サイドカーブが12~17mのモデルを選ぶのがおすすめ。操作性のバランスがよく、中低速でのターンがしやすくなります。

軽さで選ぶ

By: ogasaka-ski.co.jp

スキー板の重量は、一概に軽ければよいという訳ではなく、自身の技術や、用途に合ったモノを選ばなければなりません。

スキー板は、重量が軽いモノほど、コントロールするのに必要な力が少なくなります。軽量なスキー板は操作性に優れていることから、不整地の場所やコブ斜面を滑る方、もしくは初心者の方におすすめです。

一方で、重量のあるスキー板は、取り回しにくくなるものの、滑走時の安定性は良好。中級者~上級者の方は滑走時にスピードが出るため、重量のあるモデルのほうが安定感のある滑りを楽しめます。

種類で選ぶ

オールラウンドスキー

オールラウンドスキーは、キレイに圧雪されたゲレンデ(オンピステ)を滑るためのスキー板です。センター幅は約70~90mmで、重量もあまり重たくありません。整地された場所であれば、ターンがしやすく、体力や筋力の少ない方でも扱いやすいモデルです。

主にレジャー向けのモデルのため、初心者におすすめ。特にリクエストなくレンタルショップでスキー板を借りた場合は、オールラウンドスキーのモデルが出てきます。

オールマウンテンスキー

オールマウンテンスキーは、ゲレンデ内の整地されていない場所(サイドカントリー)や、ゲレンデ外(バックカントリー)を滑るために設計されたスキー板です。センター幅は約90~130mm。新雪などの柔らかい雪面を滑走できるよう、スキー板の幅は太めに設計され、浮力を持たせています。

また、取り回しやすいように柔らかく作られているほか、スキー板を担いで山を登ることを想定しているため、重量も比較的軽量です。

フリーライドスキー

フリーライドスキーは、ハーフパイプやパークでトリックを決めたい方向けのスキー板です。モーグルなどでも使われるタイプで、用途によってスキー板の長さや、スリーサイズの大きさにバラつきがあります。

ほかのタイプと比べて非常に軽量に作られており、ジャンプなどの激しい動きをするのに適しています。「ツインチップ」と呼ばれる、トップとテールが反り上がっているモデルが多く、後ろ向きにも滑られるのも特徴です。

レーシングスキー

レーシングスキーは、アルペンスキーのような、タイムを競う競技シーン向けのスキー板。センター幅は約60~70mmと狭く、雪の抵抗の極力抑えたタイプです。これにより、スピードが出やすく、素早いターンの切り替えに対応できます。

また、エッジが雪面に食いつきやすいよう、スキー板が硬めかつねじれに強いのも特徴。ただし重量が重く、取り回しにくいため、技術や筋力のある上級者向けのタイプです。

スキー板のおすすめメーカー

サロモン(SALOMON)

By: rakuten.co.jp

サロモンは、1947年にフランスで創業された、アウトドアスポーツ用品メーカーです。元はビンディング専門のメーカーでしたが、1990年よりスキー板も販売しています。

サロモンのゲレンデ向けのモデルは、競技シーン向けの「S/RACEシリーズ」、オールラウンドに使える「S/MAXシリーズ」、パウダー状の雪面にも対応した「S/FORCEシリーズ」の3種類を展開。シリーズ毎の製品数も数多くあり、自身の用途に合ったモデルを探せます。

サロモンのスキー板は、「エッジアンプリファイア」テクノロジーを搭載しているモデルが豊富。グリップ性と操作性に優れており、自由自在にターンできます。

ロシニョール(ROSSIGNOL)

By: rakuten.co.jp

ロシニョールは、フランスで創業したスキー・スノーボードメーカー。1964年に日本での販売を開始しています。スキー板のラインナップは、「RACING」「DEMO」「ALL MOUNTAIN」「ON PISTE」の4種に分類。そのなかでもDEMOは、日本限定で販売されています。

DEMOは、「SUPER VIRAGE」の製品名でラインナップしており、技術選手権大会での活躍を視野に入れたシリーズです。いずれも「ラインコントロールテクノロジー」と呼ばれる、スキー板に内蔵されたチタンバーとヴィスコエラストマーにより、耐衝撃性を高めています。

オガサカ(OGASAKA)

By: rakuten.co.jp

オガサカは、1912年に長野県で創業された老舗のスキー・スノーボードメーカー。国内スキーメーカーの第1号として創業を開始しています。

オガサカの製品は、ゲレンデ向けのシリーズが豊富です。なかでもユニティシリーズは、1977年から発売されている超ロングセラーモデルで、操作性に優れ、幅広い層から人気があります。人口芝専用に作られた「AGシリーズ」をラインナップしているのも、オガサカの特徴です。

オガサカ製品の多くに、「フロント・リード・ファンクション」テクノロジーを搭載。スキー板の角付けで、たわみが出しやすく、内傾角度を大きくとれるようになることから、楽に谷回りのターンが可能になります。

また、エッジングの可動範囲も大きくなることで、スピードコントロールが容易になるのもポイントです。

ケーツー(K2)

By: amazon.co.jp

ケーツーは、1962年にワシントン州で創業した、アメリカのスキー・スノーボードブランドです。ウィンタースポーツだけでなく、バイクやインラインスケートなどの製品も販売。アジアには、2000年からビジネスを開始しています。

スキー板の種類は、オールラウンド・オールマウンテン・フリーライドスキーを数多くラインナップ。ゲレンデでの滑走目的なら、オールラウンドスキー・オールマウンテンスキーのモデルを展開している「DISRUPTION」シリーズを、フリーライドスキーを求めている方は「RECKONER」シリーズをチェックしてみてください。

「DISRUPTION」シリーズは、初心者から上級者向けまで、幅広いレベル層に合わせたモデルをラインナップ。パウダー状の雪面でも乗りこなせる、汎用性の高いモデルが揃っています。

スキー板のおすすめ|初心者

サロモン(SALOMON) S/MAX 8 L41170200+

圧雪されたコースや積もりたての柔らかい雪など、あらゆる環境で高い操作性を発揮するオールラウンドタイプのスキー板です。「エッジアンプリファイア」を採用したモデルで、パワーをエッジに集中し、強力なグリップ性を実現しています。

また、たわみやすく設計されており、敏捷性とコントロール性も向上。スロープで、より効果的にカービングターンを行えるように設計されています。軽量で扱いやすく、まだスピードを出せない初心者におすすめのモデルです。

オガサカ(OGASAKA) AZ cd39676

幅広いレベルのスキーヤーが楽しめるスペックを持ちながら、コスパに優れたスキー板です。長さは155cmと165cmのモデルをラインナップ。また、センター幅も70mmとバランスがよく、初心者~中級者層に使いやすいのが特徴です。

本製品は「フロント・フロート・システム」と「フロント・リード・ファンクション」を搭載しています。スキー板の前部が浮き上がった形状になっているのと、たわみがあることにより、安定したエッジグリップと走りを実現。エッジングの可動範囲も大きくなり、スピードコントロールも容易に行えます。

オガサカ(OGASAKA) UNITY U-VS/3 cd43075

軽量芯材を採用し、優れた操作性が楽しめるオールラウンドタイプのスキー板です。スピードコントロールが簡単で、どのようなレベル層でも扱いやすいモデル。初心者から中級者までレベルアップしても充分な性能を持っているため、長く使える点もメリットです。

スキー板の長さのバリエーションも、140~160cmまでの計5種をラインナップしており、身長の低い方や女性に合ったモデルを探しやすいのが特徴。センター幅も71.5~75.5mmと、バランスは良好です。ややワイドな形状のぶん、雪質や斜面状況を選ばずに使えます。

アトミック(ATOMIC) SAVOR 3 AASS02450

雪に不慣れな、初心者の方でも扱いやすいオールラウンドタイプのスキー板です。本製品は「BEND-X TECHNOLOGY」を搭載。ビンディングエリアにくぼみを設けることで、雪面に接触しやすく、少ないパワーでターンできます。

スキー板の長さは計5種類をラインナップ。最小で128cm、最長で168cmと、幅広いスキーヤーに対応が可能です。センター幅はバランスのよい72mm。デザインがおしゃれな点や、価格が安価で手に入れやすいのも嬉しいポイントです。

より安定性・軽量性・スキー操作の向上を求める方は、上位モデルの「SAVOR 5」もチェックしてみてください。

フォルクル(VOLKL) ディーコンX 120211

ドイツのスキーメーカー「フォルクル」の、初心者から中級者向けスキー板です。力の少ない初心者でも雪面がグリップできるよう、センター部分にサイドウォールが入った構造を採用。低速で滑ってもスキー板が程よくたわみ、コントロールがしやすく設計されています。

センター幅は72mmとスリムな形状で、エッジの切り替えもスムーズです。価格もフォルクルのなかでは、安価に設定されているのも嬉しいポイント。レンタルスキーを卒業し、自分用のスキー板を初めて購入する方にぴったりのモデルです。

ケーツー(K2) DISRUPTION 76X fd12011

初心者から中級者でも使いやすい、安定感のあるオールラウンドタイプのスキー板。スキー板前方と後方は、緩やかに反り上がった形状になっており、低速や中速でも簡単にターンできるように設計されています。コア素材は、軽くて弾力性があるため、扱いやすいのも特徴です。

スキー板の長さは、156~177cmまでの計4種をラインナップしています。センター幅は76mmかつ、サイドカーブは15.6mと、全体的にバランスがよいモデル。滑りに必要な機能を無駄なく備えているため、レベルアップしても使い続けられます。

ヘッド(HEAD) PURE JOY cd48169

73mmのやや太めのセンター幅なので、中低速でのターンをサポートしてくれるスキー板です。スキーに慣れ、色んな斜面にチャレンジしたい初心者や中級者におすすめ。スキー板の長さは、143cmと148cmをラインナップ。全長が短いモデルのため、女性でも扱いやすいのが特徴です。

サイドカーブは小さく、小回りが利きやすいように設計されています。スピードのコントロールがしやすいため、自分のペースで上達を楽しめるモデル。軽量かつ強度のある素材を採用しているため、耐久性も良好です。

スキー板のおすすめ|中級者

サロモン(SALOMON) S/FORCE 11 L40880500+

優れた衝撃吸収性と浮力により、さまざまな雪質に対応したスキー板。センター幅が80mmとワイドで、オールマウンテンスキーのような性能を持ちますが、オンピステ向けに作られたモデルです。

「ABS フルサイドウォール」と「ダブルレイヤー titanal」により、スキー板の前方から後方にかけてのパワー伝達を最大限に引き出します。また、エッジアンプリファイアのプレート構造により、エッジグリップ性も良好。雪質に関わらずにあらゆるターンを実現します。

スキー全長は163~184cmまでラインナップ。サイドカーブは15mとバランスがよく、扱いやすいのも特徴です。

オガサカ(OGASAKA) Keo’s KS-SG cd42941

軽くて軽快な乗り味が特徴の、オールラウンドスキー板です。本製品は、オガサカ独自の「サンドウィッチ&キャップ構造」を採用しています。センターにはキャップ構造で高トーション性を、トップとテール部にはサンドウィッチ構造で高フレックス性を実現しています。

本製品は、「フロント・フロート・システム」「フロント・リード・ファンクション」のテクノロジーを搭載。安定したエッジグリップと走りに対応し、スピードコントロールが簡単に行えるので、楽しみながらレベルアップしたい方におすすめのモデルです。

スキー板の長さは140~165cmまで、計6種類をラインナップ。最小長さが140cmと小さいので、身長の低い方でも扱えます。

オガサカ(OGASAKA) CF cd39664

By: ogasaka-ski.co.jp

軽量性と操作性に優れたスキー板。コブや不整地でも筋力に頼らず、自重を利用したターンコントロールが可能です。シェルトップ構造を採用。サンドウィッチ構造をベースとした作りに加え、スキー板の両角に段差を付けることで、外部から受ける衝撃を軽減します。

また、「フロント・リード・ファンクション」テクノロジーとフロントロッカー形状を相互作用させることで、楽にターンが可能。安定したエッジグリップと走りを実現しています。スキー板の長さは145~165cmまで、計5種類を展開。さまざまな身長・体重の方でも選べるモデルです。

ケーツー(K2) MINDBENDER 90Ti fd12027

パウダーやハードバーンなどのあらゆる雪質に対応できるスキー板。スキー板前方は、徐々に反り上がるように設計。後方は短く低いロッカーに設計され、雪質に左右されないコントロール性を有しています。

センター幅は90mmと太めなものの、取り回しやすいモデルです。サイドカーブは17.9mで、中回りから大回りの安定感に優れています。また、「TITANAL Y-BEAM」のテクノロジーを採用し、最大限のパワー伝達が可能。パワフルで正確なターンの入りをサポートします。

ヘッド(HEAD) V-SHAPE V8 315220

軽量性に特化した、V-SHAPEシリーズの人気モデル。「グラフィン・コロイドカーボン構造」を採用したモデルで軽量性に優れ、高速から中低速まで安定した滑りを楽しめます。中級者~上級者向けのモデルで、さらにレベルアップを図りたい方におすすめです。

スキー板の長さは、最小のモノで149cm、最大で177cm。身長の低い方や高い方など、幅広いスキーヤーに対応しています。センター幅は75mmで浮力のバランスがよく、整地・不整地に限らず滑りやすいモデルです。

ヘッド(HEAD) THE SHOW 315540

By: head.com

フリーライド向けの、耐久性に優れたスキー板。「ウッドコアツインチップ構造」による、しなやかさも併せ持ち、扱いやすいモデルです。価格がお手頃のため、これからフリーライドのトリックを習得する方にも適しています。

長さは163cm・172cmの2種類をラインナップ。センター幅は79mmです。より耐久性に優れたモノや、センター幅の広いモデルが必要な方は、同シリーズの「FRAME WALL」と「CADDY」もチェックしてみてください。

フォルクル(VOLKL) ディーコン74 120161

不整地やコブを難なく滑りたい、テクニカル志向の方におすすめの、オンピステ用スキー板です。フォルクル独自の衝撃吸収テクノロジーにより、軽量性や操作性を向上。自由度の高い滑りを実現できるモデルです。

本製品は、チップエリアとテールエリアのグラスシートを立体的に成形しています。季節や時間の経過による、ハードな雪面状況でもパフォーマンスを発揮。俊敏さとキレのよさも体感しやすくなり、エッジへのパワー伝達がしやすくなります。

また、両サイドウォールには硬い素材であるビーチ材を、中心部にはソフトなポプラ材を採用。エッジが外側からの力に負けず、雪面をグリップするのもポイントです。

スキー板のおすすめ|上級者

サロモン(SALOMON) S/RACE RUSH SL L41169400+

上級者のスキーヤーが求めるテクニカルな滑りを実現した、レーシング向けのスキー板です。本製品は、センター部分を開け、セパレートタイプにした「エッジアンプリファイア SL」を採用。少ないパワーでもスキー板のたわみを引き出し、操作性と敏捷性を向上しています。

スキー板の全長は155~170cmまでをラインナップしており、センター幅は68mmとレーシング向けのなかでは太め。整地からコース脇の新雪でも、細かいターンが可能です。本製品は、ゲレンデ内のショート・ミドル・ロングまで対応できる、汎用性の高いモデルを求めている方に適しています。

サロモン(SALOMON) QST 106

サロモンが誇る、ハイスペックのフリーライド向けスキー板。オフピステの柔らかい雪面や急斜面など、さまざまなコンディションで活躍するモデルです。スキー板の前から後方まで、全体にカーボン素材を配合した「C/FX レイヤー」を搭載し、高いパワーとエッジグリップを実現しています。

また、トップとテールにはサロモン独自の「Cork Damplifier」技術を用いることで、滑走時の安定性も良好です。センター幅は106mm、サイドカーブは17mのスペックで浮力が高く、スムーズなターンに対応できます。

オガサカ(OGASAKA) Keo’s KS-XX cd42930

日本プロスキーヤー、丸山貴雄氏が求める性能に作られた、オールラウンドモデルのスキー板です。硬いアイスバーンから深雪まで、条件に左右されず、あらゆるシーンに対応できるモデル。スキー板が強くできており、足元の安定感は良好です。

スキー板の構造は、「サンドウィッチ構造」を採用。芯材の上下に特殊F.R.Pなどをラミネートしており、内部の歪みが発生しにくい構造です。これにより、スキー板の上面に加わる力をダイレクトに雪面に伝えられます。

また、「フロント・フロート・システム」「フロント・リード・ファンクション」のテクノロジーを搭載し、スピードをコントロールしやすいのも特徴。本製品は、レスポンススピードを求める方や、筋力のある方におすすめです。

オガサカ(OGASAKA) E-TURN ET- 9.8 h20061216-026

センター幅が98mmと太く、ゲレンデ内とゲレンデ外のどちらでも対応しやすいオールマウンテンタイプのスキー板です。スキー板の長さは165~186cmまで、計4種類をラインナップ。スキー板の面積が広いため、浮力のあるモデルです。

スキー板の作りは、「シェルトップ構造」を採用。芯材の上下に特殊F.R.Pなどをラミネートしたサンドウィッチ構造をベースとし、上面の両角に段差を設けることで、外部から受ける衝撃を軽減します。

また、本製品は「フロント・リード・ファンクション」テクノロジーも搭載。たわみが出しやすく、内傾角度を大きくとれるようになり、簡単かつ素早いターンを実現しています。エッジグリップ性と滑走安定性も向上し、スピードコントロールが容易なのも特徴です。

ロシニョール(ROSSIGNOL) SUPER VIRAGE V VERSATILE KONECT ho-rajlb02

フランスの老舗スキーメーカー、ロシニョールの日本限定モデルのスキー板です。本製品は、指導員や検定を目指す方、スピードのあるロングクルージングを楽しみたい方におすすめ。センター幅が77mmとワイドボディで、パウダーゲレンデにも対応したオールラウンドのモデルです。

本製品は、「LCTテクノロジー」と「ラインコントロールテクノロジー」を搭載し、ワイドながらもグリップ性とターンの抜けが良好。また、スキー板に内蔵したチタンバーとヴィスコエラストマーにより、耐衝撃性に優れ、理想的な滑走ラインを生み出します。

ロシニョール(ROSSIGNOL) SUPER VIRAGE V LTD

技術選手権大会で勝つための、日本限定で販売されているスキー板。不整地のなかでも、大回りや小回りのターンがしやすくなるモデルです。

「ラインコントロールテクノロジー」「R22プレート」「ヒールブロッカー」の3つのテクノロジーにより、バランスがよく、細かなライン取りを実現します。ピンポイントでスキー板に力を加えられるため、スピード感のある滑走も可能です。

スキー板の長さは、161cm・166cm・171cmの3種類をラインナップ。アスリート志向のモデルで、使用者は限られますが、トップレベルの技術選スキーヤーも使用しているほど、高い性能を有しています。

ケーツー(K2) DISRUPTION MTi fd12001

整地されたゲレンデ内において、キレのあるターンと、ハイスピードでの滑走を目的とする方におすすめのスキー板です。

本製品は、「DARK MATTER DAMPING」と「Titanal I-Beam」テクノロジーを搭載。振動吸収材を高弾性カーボンで挟むことで、エッジグリップ・操作性・軽量性を向上しています。また、剛性を備えており、ターンの安定感に優れているのも特徴です。

スキー板は「キャンパー形状」と呼ばれる上反りの形になっており、硬い雪質でも素早いターンの入りを実現。雪質に左右されない正確な操作性と、静かでスムーズな乗り心地を楽しめます。

スキー板のサイズは、165cm・170cm・175cm・180cmの4種をラインナップ。サイドカーブは、175cmサイズでR18.1m。小回りよりも、大回り向けに設計されたモデルです。

ケーツー(K2) RECKONER 122 oh20041111-026

「パウダーツインロッカー」仕様による高い浮力と、グリップ力も併せ持つフリーライド向けのスキー板。センター幅が122mmと非常に太いものの、軽快な遊びにも適したモデルです。

パウダーでの自由な動きと浮力を出すために、ノーズとテールは両方ともロッカーを高く設計しています。ピローラインでも遊べるように作られた、山を自由に滑走する上級者向けのフリーライドスキーです。