家庭で手軽に散髪できるバリカン。頭を丸刈りにするのはもちろん、もみあげや耳周り、襟足などを整える際にも便利なアイテムです。

現在ラインナップされている製品の見た目に大きな違いはないものの、連続時間や充電時間、アタッチメントの数などが異なるので注意が必要。そこで今回は、使いやすいおすすめのバリカンをご紹介します。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

バリカンの選び方

①用途によって選ぶ

By: amazon.co.jp

バリカンは付属のアタッチメントを取り替えることで、髪の毛の長さを調節できるようになっています。ただし、製品によって調節できる範囲が大きく異なるため注意が必要です。バリカンの長さ調節機能は必ずチェックしておきましょう。

また、エントリー~ミドルモデルは40mm程度までの坊主・スキンヘッドなどのショートヘアスタイルに対応するバリカンが主流です。ハイエンドモデルになると複数のアタッチメントが付属していて、ツーブロックなど長めのヘアスタイルにも対応できます。バリカンの長さ調節はヘアスタイルの仕上がりに大きく影響する機能です。ユーザーのニーズにあわせて、しっかりチェックしたいポイント。特に複数人の散髪をする方は幅広い長さに対応できるバリカンを選ぶと安心です。

さらに、長さの範囲だけでなく、調節できる段階も確認しておくのがベター。ハイエンドモデルになると0.1mmごとに調節でき、ていねいに散髪したい方は小刻みに調節できるバリカンを選ぶと安心です。

なお、調節はダイヤルやスライドスイッチで行います。デジタルタイプのバリカンの中にはメモリ機能を搭載したモデルもあり、長さを記憶しておくことができるので、使うたびに設定する必要がありません。毎回同じヘアスタイルにしたい方にもおすすめの機能です。

②水洗いができるかどうか?

By: amazon.co.jp

使用後のバリカンは髪の毛の細かい切りクズが刃先に詰まってしまいます。したがって、手入れのしやすさはバリカンを選ぶ際の重要なポイントのひとつです。防水性が高く本体ごと水洗いできるタイプ、刃の部分を着脱できるタイプを選ぶと手入れが簡単です。

刃のサビの手入れのしやすさもチェックしておきましょう。バリカンには、大きく分けるとメンテナンスフリーのタイプと使用後に注油する必要があるタイプの2種類があります。消耗品であるオイルの購入費用を考慮すると、使用頻度が多い方はメンテナンスフリーのモデルがおすすめです。

刃の切れ味を長持ちさせるために自動研磨機能を搭載したバリカンもあります。耐久性を重視される方はチェックしておくとよいでしょう。

③電源方式をチェック

バリカンには4つの電源方式があります。それぞれメリットとデメリットがあるので、使用する場所や時間をよく考えて自分のニーズに合うタイプを選びましょう。

充電式タイプ

By: amazon.co.jp

充電式のバリカンは、場所を選ばずどこでも使えるのが最大のメリット。コードがないので狭い場所で使用するのにも向いています。充電池は乾電池よりもコスパがよく、定期的に電池を入れ替える頻度が少なくストレスを感じない点も魅力です。

デメリットは使用途中のバッテリー切れ。頭を坊主にカットしている最中に電源が切れてしまうと仕上がりにムラが出る可能性があります。バッテリーの寿命は3~5年。その都度メーカーに取り寄せる必要がある点も難点です。モデルによってはバッテリーが2000円近くするものもあります。

コンセントタイプ

コンセントタイプのバリカンは、使用中にバッテリー切れがない点がメリット。充電する必要もないので、使いたいときに電源コンセントを差し込めばいつでもすぐ使用できます。さらに嬉しいのは、充電式などに比べて本体価格が安い点です。

デメリットは電源のない場所では使えないところ。使用中にコードが邪魔になり作業しにくいのも難点です。バスルームでの使用に関しては、濡れた手で電源コードを触らないよう注意する必要もあります。

充電・コンセント兼用タイプ

By: amazon.co.jp

兼用タイプのバリカンは、本体内に充電池が入っており、充電池だけでもコンセントを差しても使えるタイプはすぐに使える点がメリット。充電池だけで使えばどこでも使用でき、コンセントを差せば安定した電源で長時間使えます。

デメリットは他のタイプと比較して本体価格がやや高めな点。これは充電池とコンセントの両方を使うため、やや複雑な構造となっているためです。兼用タイプには高機能モデルが多いのも価格に影響しています。

電池タイプ

電池タイプのバリカンは、充電不要でどこでも使えるのが最大のメリット。わずらわしいコードもなく充電池を手配する面倒もないので、気軽に使うことができます。

一方、電池のみで動かすため、バリカンとしてのパワーが弱い点がデメリット。もみあげや襟足を軽くカットするだけなら十分ですが、頭全体を散髪しようと思うとやや物足りなさを感じます。電池の入れ替えが頻繁でランニングコストが意外にかかる点も難点です。

④サイズと重量をチェック

By: amazon.co.jp

自分でバリカンを使って散髪する場合は、しっかり手でホールドできるサイズのバリカンを選びましょう。大きすぎるモデルだと、散髪中に落としてしまう可能性があり、非常に危険です。

また、バリカンの本体重量もチェックすべきポイント。頭を坊主にする場合は予想以上に時間がかかるので、バリカンが重いと手に負担がかかります。散髪を始めたら途中でやめることもできないので、できるだけ軽量で扱いやすいものを選びましょう。

⑤アタッチメントのバリエーションをチェック

By: amazon.co.jp

ファミリーでバリカンを使いたい場合は、アタッチメントのバリエーションが多いと活用の幅が広がります。5~6種類のアタッチメントが付いたモデルを選べば、家族の髪の長さに合わせて使えるので散髪代の節約も可能です。

例えば、男性の場合は襟足と耳周りを軽くカットしたり、思い切った五分刈りにしたりといった使い分けができます。また、女性の場合も毛先を軽くすいたり、襟足のムダ毛を処理したりとアタッチメントが多ければ、1台でさまざまな使い方が可能です。

バリカンのおすすめメーカー

フィリップス(Philips)

By: amazon.co.jp

オランダに本社を置くフィリップスは、シェーバーや電動歯ブラシなどの理美容製品が人気のメーカーです。バリカンは使う人それぞれに合わせたラインナップを展開。どのモデルも無駄な機能が少なく、シンプルで使いやすいのが特徴です。中でも、刃の角度を変えて後頭部も自分でカットできる「セルフヘアーカッター」シリーズなど、他にはない特徴を備えたモデルも用意しています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

国内大手家電メーカーのパナソニック。他の電機メーカーが理美容製品から次々と撤退する中、人気アイテムを開発し続けています。バリカンは髪の長さに合わせたモデルを複数ラインナップ。ベリーショートやツーブロックに最適なモデルもあり、現代のニーズをしっかり把握した製品開発に定評があります。

ブラウン(BRAUN)

By: braun.jp

ドイツ・クロンベルクに本社を置く小型電気器具メーカー。ヨーロッパでは圧倒的な支持を得るシェーバーやバリカンは、切れ味のよさが自慢です。アタッチメントの切り替えにより、髪を好みの長さにカットできるヘアークリッパーは価格も手頃で人気。コンパクトで手馴染みのよいデザインも優秀です。

バリカンのおすすめ人気モデル

フィリップス(Philips) ヘアーカッター 3000 シリーズ HC3412/15

アタッチメントを使って毛髪の長さを1~23mmの範囲で12段階に調節可能なバリカン。2mm刻みで調節できるのもポイントです。ベリーショート・ショートヘアの方におすすめ。

本モデルは交流式・充電式の兼用タイプです。充電時間は8時間で、コードレスでも約75分と長時間使用できるのが大きなメリット。複数人の散髪をする時に便利です。

さらに、刃の部分が着脱できて水洗いできます。オイルによる手入れも必要ありません。ステンレス刃は自動研磨システム搭載で切れ味が長続きします。リーズナブルな価格・刃の切れ味のよさ・手入れのしやすさなどバランスがとれたおすすめのバリカンです。

パナソニック(Panasonic) カットモード ER-GF80

合計7種のアタッチメントで最長70mmまでの長めのヘアスタイルに対応できるバリカンです。刈り高さアタッチメント3種、スライドアタッチメント2種、耳周り&ナチュラルアタッチメント、スキ刈りアタッチメントが付属しています。丁寧に散髪したい方、複数人の散髪をする方におすすめです。

耳周り&ナチュラルアタッチメントを使用すると、散髪がむずかしい耳周りも簡単に仕上げることができます。スキ刈りアタッチメントは、毛先をすくなど、髪の毛のボリュームを調整することのできる便利なアタッチメントです。

本モデルは交流式・充電式兼用のバリカン。コードレスで約40分使用可能。刃の根本にあるウォータースルーシャッターをスライドさせると刃を外さずに水洗いでき、毛クズの掃除が簡単です。

泉精器製作所(IZUMI) ヘアーカッター HC-FA16

リーズナブルなバリカンをお探しの方におすすめのモデルです。本体重量が約121gと軽量、サイズも幅43.6×奥行38.8×高さ178.7mmとコンパクトなので誰でも扱いやすいのがメリット。交流式のバリカンで使用可能時間は約30分です。

ショートアタッチメントが付属していて、1~36mmの範囲で1mmごとにダイヤルを使って片手で長さ調節ができます。スキ刈アタッチメントも付属しているので、髪のボリューム調整をしたり、毛先を自然な感じに仕上げることができます。刃の部分が水洗いできて、使用後は注油してサビを防ぐタイプです。なお、オイルも付属しています。

フィリップス(Philips) ヘアーカッター9000シリーズ HC9452/15

操作性・切れ味・バッテリー性能すべてにおいてハイスペックなバリカンを求める方におすすめのモデルです。3種類のアタッチメントが付属しており、1~42mmの範囲で長さの調節が可能です。0.1mm単位で411段階もの調節ができるという優れモノ。アタッチメントは電動による可動式なので、調節も簡単です。

長さの設定は、液晶のコントロールパネルをスワイプさせて行います。長さをすばやく変更することも、小刻みに変更することも可能です。9種類の設定を保存できるメモリ機能も搭載。3種類のアタッチメントそれぞれについて3つの設定を保存可能です。好みの長さを選んでメモリボタンを長押しするだけで記憶させることができます。

刃はスチール刃より耐久性・強度が高いチタン刃を採用しています。自動研磨式で、使用後にオイルを差す必要もありません。刃の部分は着脱式で、取り外して水洗いできます。

電源は交流式・充電式の兼用タイプ。1時間充電すれば、コードレスで約120分間使用できる強力なバッテリー性能も魅力です。

パナソニック(Panasonic) メンズヘアーカッター ER-GC10

扱いやすいコンパクト・軽量ボディのバリカン。高さ151×幅43×奥行40mmとコンパクトで、本体重量は約105gと軽量です。襟足など手の届きにくいところ、耳周りなど狭くて操作しにくいところでも扱いやすいのがメリット。自分で散髪する方におすすめのバリカンです。

3・6mm、そして9・12mmの2種類の刈り高さアタッチメントが付属しています。2つのアタッチメントで4段階の長さに調節が可能です。

本モデルは交流式・充電式の兼用タイプ。充電時間は8時間で、約40分の連続使用ができます。本体は水洗いできませんが、刃の部分は水洗いできるので簡単な手入れで清潔に保つことが可能。ただし、使用後にオイルを差す必要がある点には注意しましょう。

ブラウン(BRAUN) ヘアークリッパー HC5030

ブラウンのヘアークリッパーは、自分で思い通りのスタイリングを仕上げたい方におすすめのモデル。2種類の専用コームは16段階で正確な長さ調節が可能です。襟足を刈り上げたり、トップを軽くすいたりと自由自在に使えます。

また、本モデルは前回使用時の長さ設定を記憶する「メモリーセーフティロックシステム」を搭載。いつも同じスタイリングを保ちたい方におすすめです。シャープな刃は切れ味がよく、ストレスを感じることなくヘアスタイルを整えることができます。

本体は水で丸洗いが可能。8時間の充電で約50分使用できます。コードをつないでおけば充電中でも使用可能。急いでヘアカットしたいときでも慌てることがありません。ラバー加工の握りやすいグリップは操作性が高く、手に負担をかけにくいのもポイント。3000円程度という手頃な価格も魅力です。

パナソニック(Panasonic) ヒゲトリマー ER-GB74

パナソニックのヒゲトリマーは、ヒゲの手入れだけでなくヘアカットやムダ毛の処理ができるバリカン。ヘアー用アタッチメントを取り付ければ、髪を11~20mmの長さで調節しながらカットできます。

ダイヤル操作でカットの長さを0.5mm刻みで38段階に調節が可能。男性のツーブロックヘアの手入れはもちろん、女性のベリーショートの襟足もカットできます。ウォータースルー機能により、カット後は刃を外さずに水洗いができてとても便利です。

充電は約1時間で約50分の連続使用が可能。充電が切れても電源コードをつないで使用できます。シェーバーとバリカンを分けて使うのが面倒な方や、それぞれを1台ずつ購入しようと考えていた方にもおすすめのモデルです。

フィリップス(Philips) セルフヘアーカッター QC5582

フィリップスのセルフヘアーカッターは、180°に回転するヘッドが最大の特徴。カッターの角度を自由に調節できるので、自分では見えにくい後頭部や襟足も楽にカットが可能です。刃とコームの先端に丸みがあるので、誤って肌を傷つけることもなく快適に使えます。

カッターヘッドの下にある一体型ズームリングを回せば、簡単に長さ調節が可能。1~15mmまで の11段階で調節できるので、坊主から襟足のカットまで幅広く使えます。コームを外すと0.5mmの長さでカットできるので、もみあげの手入れにもおすすめです。

自動研磨式のステンレススチール製の刃はいつでも切れ味が抜群。1時間の充電で約60分間使用でき、電源コードをつけたままでも使えます。一人暮らしで家族にカットを頼めない方や、自分の髪は自分で手入れしたいこだわりのある方におすすめのモデルです。

オーム電機(OHM ELECTRIC Inc) ヘアカッターセット HB-MB03-A


本格的なバリカンではなく、単純機能のバリカンをたまに使いたいという方におすすめなのがオーム電機のヘアカッターセット。すき刈り用、3mm/6mmコーム、9mm/12mmコームの3種類のアタッチメント付きで1000円台という安さが魅力です。

ステンレス刃にはスウェーデン製を採用。切れ味がよいのでさっと髪を整えたい方におすすめです。握りやすいコンパクトグリップは女性の手でも負担なく使えます。1家に1台あれば、家族みんなの散髪代を節約できるのでおすすめです。

単3形アルカリ乾電池2本で約90分使用可能。乾電池式なので充電の必要がなく、使いたいときにすぐ使えるのがメリットです。安くて使いやすいバリカンを探している方にもおすすめ。1台持っていればふとした時に重宝します。