アウトドアのみならず、カジュアルスタイルに取り入れるアイテムとしてもお馴染みとなった「ダウンベスト」。アウターとインナーの両方で活躍できる汎用性の高さが魅力で、幅広い着こなしが楽しめるアイテムです。

そこで今回はおすすめのダウンベストをピックアップ。コーデやお手入れ方法についてもご紹介するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ダウンベストの魅力

By: amazon.co.jp

ダウンベストの魅力は、ロングシーズン着回せること。ダウンジャケットはどうしても寒い季節に限定されますが、ダウンベストなら少し肌寒い日などでもスムーズに対応することができます。

そして、バリエーションが豊富なのもポイント。シャツ、パーカー、ニットなどアイテムのチョイス次第で装いにも変化をつけられます。最近では「インナーダウン」への注目が高まり、アウターの下に着たダウンベストをしっかりと見せる着こなしも定着。よりコーデの幅が広がっています。

ダウンベストの選び方

ダウンの割合やフィルパワーをチェック

By: amazon.co.jp

ダウンベストの品質をチェックする上で注目すべきは「ダウンの割合」と「フィルパワー」。ダウンベストにはフワフワの羽毛である「ダウン」のほかに、羽根のように芯の部分がある「フェザー」が入っています。どちらも保温性を高めるために必要な素材ですが、好ましい割合はダウン70~90%、フェザー10~30%というのが一般的です。

また、「フィルパワー」とは羽毛のかさ高性を示す単位で、数値が大きいほど保温性の高い良質なダウンとされています。軽く暖かなダウンベストを探すなら、フィルパワー600以上を目安にするのがおすすめです。

表面の素材を選ぶ

By: rakuten.co.jp

ダウンベストの表地によく使われる素材が、ナイロンとウール。素材の印象がコーディネートに与える影響は大きいので、自分のスタイルに合ったモノをチョイスしましょう。

ナイロン素材のダウンベストは、アクティブな雰囲気を演出できるアイテム。カジュアル、スポーティ、ストリート系のコーディネートを好む方におすすめです。逆にウール素材のダウンベストは落ち着いた印象で、きれいめスタイルや大人っぽい着こなしと相性が良好。暖かみのある素材感も魅力です。

インナーとの組み合わせを考えて色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

汎用性の高いダウンベストのメリットを最大限に活かすなら、カラー選びも重要なポイント。インナーの色を選ばず合わせやすいのはブラック、ネイビー、グレーなどの定番カラーです。ファッションセンスに自信のない方は、シンプルな白シャツ、カラフルなチェックシャツ、明るめカラーのパーカーなどと組み合わせてコーディネートをまとめましょう。

ダウンベストのおすすめブランド

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed)

By: amazon.co.jp

「ロッキーマウンテンフェザーベッド」は、1960年代にカウボーイ向けのウェア製造からスタート。1980年代には惜しくも姿を消してしまいましたが、2005年に日本のインポーターブランド「35SUMMERS(サーティファイブサマーズ)」によって復活。高品質ダウンを採用したウェアは機能性、デザイン性ともに高い評価を得ています。

カナダグース(CANADA GOOSE)

By: amazon.co.jp

ダウンジャケットの定番ブランドとして知られる「カナダグース」。保温性の高いウェアを取り揃えており、北極や南極を旅する探検家や、寒冷地での撮影に挑むプロカメラマンなど過酷な環境下で活動する人々からも絶大な支持を得ています。機能面はもちろん、タウンユースに適したスタイリッシュなデザインも同ブランドの魅力です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

「ザ・ノース・フェイス」は、1966年にアメリカで誕生したアウトドアブランド。機能性とデザイン性を兼ね備えたウェアやバックパックは、今やアウトドアシーンのみならず、タウンユースアイテムとしても人気です。アイテムごとのカラーラインナップが豊富なのも、同ブランドの魅力。気軽に着回せるダウンベストを探している方はぜひチェックしておきましょう。

タトラス(TATRAS)

By: amazon.co.jp

ダウンの産出国として有名なポーランドのホワイトグースダウンを採用している「タトラス」。スタイリッシュなデザインも魅力で、タウンユースアイテムとしておしゃれに着こなせるダウンベストを取り揃えています。特にきれいめスタイルを好む方はチェックしておきましょう。

モンクレール(MONCLER)

By: amazon.co.jp

「モンクレール」は、1952年に設立されたフランスの高級ダウンウェアブランド。ユーザーニーズに応えるアイテムを数多くリリースしているほか、登山チームに製品を提供しているのも特徴です。なお、ブランドのシンボルとなっているロゴはフランスの国鳥である「オンドリ」を採用しています。

パタゴニア(patagonia)

By: amazon.co.jp

アメリカの登山家であるイヴォン・シュイナード氏によって設立された「パタゴニア」。クライミングギアのほか、機能性に優れたウェアなど幅広いアイテムを取り揃えています。ダウンは健全な環境下で飼育、羽毛採取が行われたことが追跡によって証明されているモノを採用。デザイン性の高さにも定評があるアウトドアメーカーです。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

「ナンガ」は、シュラフをメインとした羽毛製品を扱う日本のブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。高品質な羽毛を使ったダウンウェアにも定評があり、多くの登山家が愛用しています。

ワイルドシングス(WILD THINGS)

By: amazon.co.jp

「ワイルドシングス」は、1981年に登山家夫婦によって立ち上げられたアウトドアブランドです。“軽く、タフでなければならない”を製品作りのテーマにしており、クライミングギアなどの本格派アイテムからタウンユースに適したファッションアイテムまで充実したラインナップを取り揃えています。

アークテリクス(ARC’TERYX)

By: amazon.co.jp

「アークテリクス」はカナダのアウトドアブランド。製品は過酷な環境下でテストされており、耐久性や実用性に優れた製品を取り揃えているのが特徴です。品質やデザイン、縫製の細部にまで配慮しているのもポイント。撥水性や防水性の高いモデルをラインナップしているのも魅力です。

ダウンベストのおすすめモデル

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) CHRISTY VEST NYLON

1枚裁ちのレザーから作られるヨーク、ムートンの襟など、同ブランドのDNAをしっかりと受け継いだ代表的アイテム。人気モデルゆえにカラーラインナップも豊富です。

生地には70デニールの高密度ナイロン素材を採用。ダウン90%、フェザー10%の割合で作られる高品質ダウンベストで保温性は良好です。ハイセンスなダウンベストを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) DENIM DOWN VEST

表地にデニムを採用し、カジュアルな表情に仕上げた定番ダウンベストです。世界的にも評価の高い岡山県のデニムを採用しているところに、素材へのこだわりが感じられます。レザーで作られたヨークとデニム生地の相性も良好です。

2018年モデルは、ユーズドウォッシュ加工による古着のような風合いもポイント。襟の内側にはコーデュロイを採用し、首周りの防寒性にも配慮。暖かさだけでなく、軽快さも魅力の1着です。

カナダグース(CANADA GOOSE) FREESTYLE CREW VEST

シンプルなデザインで、コーディネートに取り入れやすいダウンベスト。フロントはジップとボタンフライの組み合わせでしっかり冷気をシャットアウトできるのが特徴。襟の内側にはトリコット起毛素材を採用しており、心地よい肌触りに仕上がっているのもポイントです。

また、ポケットが充実しているのも魅力。内側には小物収納に役立つポケットが2つ、外側のフロント部分にはハンドウォーマーポケットとドロップインポケットの機能を兼ね備えたポケットが2つ用意されています。

カナダグース(CANADA GOOSE) GARSON VEST

やや薄手の生地で、スッキリと着こなせるダウンベスト。625フィルパワーのダウンを採用しているため、軽さと暖かさを両立している1着です。やや高めに設計された襟も特徴的で、首周りから冷気が侵入するのを防ぎます。

また、後ろ身頃を長めに作ることで、動き回った際の防寒性もアップ。屈んで作業をすることが多いキャンプなどのアウトドアにも重宝します。重ね着をしても着膨れ感がないため、おしゃれなレイヤードスタイルを楽しみたい方にもおすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE) HYBRIDGE LITE VEST

800フィルパワーのダウンを採用した、高品質ダウンベストです。折りたたんでコンパクトに収納できるパッカブル仕様で、持ち運びに便利なアイテムです。

表地には、軽く耐摩耗性に優れた「Feather-light 10D」を採用。汎用性が高いので、タウンユースで着回したいタウンベストを求めている方におすすめの1着です。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ヌプシベスト

同ブランドの定番アイテム「ヌプシジャケット」のデザインを受け継いだダウンベスト。フードは丸めて収納できるため、気候に合わせた着こなしが可能です。

中綿には、環境に優しいリサイクルダウンを採用。また、表地には耐久性に優れたリップストップナイロンを採用し、更にバックパックの負荷がかかりやすい肩部分は補強することで、丈夫に仕上げています。気兼ねなく着られるおすすめのダウンベストです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) アコンカグアベスト

シンプルなデザインで汎用性の高い1着。素材には「光電子ダウン」を採用しており、遠赤外線効果によって暖かさが持続するのが特徴です。

また、光沢を抑えたマットな表情も魅力的。スポーティな印象になりすぎず、大人っぽい着こなしにもマッチします。「静電ケアシステム」を採用した本製品は静電気が発生しにくく、快適にレイヤードスタイルを楽しめるのもポイントです。

タトラス(TATRAS) CURONE

美しいフォルムが目を引くダウンベスト。表地に軽くシワ加工を施すなど、細部のデザインにまでこだわりが感じられるのが特徴です。

フードは取り外しが可能。ダウン90%、フェザー10%と、ダウンの割合も理想的。スマートな外観ながら保温性も良好。裾のデザインもおしゃれで、サイドや後ろから見ても見映えのよいダウンベストに仕上がっています。

モンクレール(MONCLER) ダウン×スウェット ベスト

スウェット素材を取り入れたカジュアルな雰囲気のダウンベスト。キュッと引き締まった裾のフォルムもおしゃれポイントです。

本製品のメリットは、幅広いシーズン着回せること。春夏は薄手のインナーにサッと羽織ればスポーティなコーデに仕上がります。また、秋冬はインナーとして着用すれば、トリコロールカラーのフードが着こなしのアクセントになります。1着持っていると重宝するダウンベストです。

モンクレール(MONCLER) TENAY

暖かみのあるウール素材を採用し、上品な雰囲気に仕上げた1着です。シンプルなカラーリングながら、立体感のあるスクエアカットのキルティングを採用しているのもポイント。裏地は滑らかなナイロン生地なので、スムーズに重ね着を楽しめます。

また、デザイン性だけでなく機能面も充実。2つの外ポケットのほか、小物収納に適した内ポケットもひとつ備わっています。裾はドローコード付きで、冷たい空気が入ってくるのを防止できる仕様。落ち着きのあるコーデにまとめたい時に活躍してくれるダウンベストです。

モンクレール グルノーブル(MONCLER Grenoble) ROSSINIERE

同社のブランドラインのひとつである「モンクレール グルノーブル」からリリースされた、スポーティかつエレガントなダウンベスト。トリコロールカラーを配したフロント部分のデザインに特徴があり、おしゃれさが際立つアイテムです。

また、スッキリとしたボディラインや独特で美しいキルティングのカットもポイント。10万円を超える1着なので、購入を検討している方はぜひ大事に着回してください。

パタゴニア(patagonia) メンズ ダウン セーター ベスト

実用性を追求した高機能ダウンベストです。表地には撥水加工を施した「リップストップ・リサイクル・ポリエステル」を採用し、防風性と耐水性を強化。アームホール部分にはナイロンを使うことで、熱を逃さない構造に仕上げています。

また、パッカブル仕様のアイテムで、折りたためばコンパクトに収納することが可能。さらに800フィルパワーのダウンを採用しているにも関わらず、価格は2万円台とコスパ良好です。

パタゴニア(patagonia) リバーシブル ビビー ダウン ベスト

リバーシブルタイプのダウンベストです。素材には、600フィルパワーのリサイクルダウンを採用。表地と裏地にもリサイクル素材を採用しており、環境保護活動に積極的な同ブランドらしい製品です。

ポケットは表側、裏側に2つずつ。ポケット内側にはフリース素材が使われているため、モノを入れるだけでなく、冷えた手を温めるハンドウォーマーポケットとしても活躍してくれます。アウトドアはもちろん、カジュアルなスタイリングにも使いやすいおすすめアイテムです。

ナンガ(NANGA) ダウンベスト

760フィルパワーと暖かいダウンベスト。厚手インナーを着込んでも窮屈感のないアームホール、襟付きシャツが映えるV字カットなど、タウンユースにも使いやすいよう配慮されています。

厚すぎず、薄すぎずのボリュームで、冬にはインナーダウンとしても活躍。表地には滑らかなナイロンタフタを採用しているため、アウターとの擦れも気になりません。品質の高さを実感できるおすすめの1着です。

ワイルドシングス(WILD THINGS) NOME DOWN VEST

カジュアルな着こなしが楽しめて、かつ機能面も充実したおすすめのダウンベストです。表地の素材はハリ感が魅力のポリエステルツイル。テフロンコーティングにより、撥水性や防汚性に優れた1着に仕上がっています。

ポケットやフロントにはすべて止水ファスナーを採用。シンプルなデザインで、チェックシャツなどの柄物インナーともマッチします。落ち着いたデザインに仕上がっているので、シニア層におすすめのダウンベストです。

ワイルドシングス(WILD THINGS) KASHMIR DOWN VEST

カシミール柄の表地とシンプルなカラーリングの裏地を採用しているリバーシブルタイプのダウンベスト。タフさを追求する同ブランドらしく、表地、裏地はどちらも撥水加工が施されています。おしゃれで、かつ本格的なアウトドアにも気兼ねなく使えるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アークテリクス(ARC’TERYX) セリウム LT ベスト メンズ

ボリュームを抑えたスタイリッシュなフォルムが魅力のおすすめダウンベスト。動きやすいトリムフィットタイプのアイテムで、重ね着をしてもかさばりにくいのもポイントです。

特筆すべきは軽さで、重量はわずか185g。素材や設計にこだわりが感じられるダウンベストで、春秋は気軽に羽織れるアウターとして、冬場はスマートに着こなせるインナーベストとして重宝します。

ダウンベストのおすすめメンズコーデ

ほどよくラフなスタイリングでこなれ感を

By: wear.jp

薄手のダウンベストはサラリと着こなせて、初秋コーデにぴったり。季節感をプラスしつつ、軽快な着こなしが可能です。そして、王道のカジュアルスタイルはアイテム同士のバランスが重要。七分丈Tシャツやゆるめデニムをチョイスしてリラックス感を演出しています。

キメすぎない好感度高めコーデ

By: wear.jp

白シャツ×テーパードパンツのかっちりとした組み合わせに、あえてボリューミーなダウンベストを投入してバランスを取っています。ほどよくカジュアル要素をプラスすることで、嫌味のないきれいめコーデに仕上がっているのもポイントです。

再現性の高いおしゃれコーデをお手本に

By: wear.jp

チャックシャツ×ダウンベスト×デニムは鉄板の組み合わせ。ブラックのダウンベストと細身デニムを合わせれば、より都会的な雰囲気に仕上がります。普段あまりダウンベストを着ない方やファッションに疎い方はぜひ参考にしてみてください。

絶妙なカラーリングバランスに注目

By: wear.jp

秋らしく、かつ爽やかなカラーリングがおしゃれなコーディネート。ダウンベスト×ニットフリースパンツでスポーティな印象に仕上げています。鮮やかカラーのダウンベストを取り入れる時は、どこかに同色のアイテムを入れてバランスを考慮しましょう。

ダウンベストはストリートコーデとも相性抜群

By: wear.jp

全体的にゆるめに仕上げたストリートコーデ。薄手のダウンベストをチョイスしているのがポイントです。ダウンベストのチョイス次第で印象も変化するので、トップスやボトムスのサイズ感には配慮しましょう。

総柄ダウンベストでワイルドさをプラス

By: wear.jp

デニムオンデニムにカーキのダウンベスト、そして足元はブーツと、ワイルドに仕上げたアメカジコーデ。各アイテムのサイズ感が絶妙で、うまくまとめています。ボリューミーな個性派ダウンベストをサラリと着こなした好例です。

インナーダウンの魅せ方を参考に

By: wear.jp

今や定番となったインナーダウンを使った着こなしは、ぜひ参考にしたいとこと。今回は明るめカラーのインナーダウンをチョイスし、おしゃれなアウトドアミックスコーデに仕上げています。ニット帽やロールアップしたボトムス、シンプルなスニーカーなどをチョイスしているのもポイントです。

きれいめコートのインナーとしても活躍

By: wear.jp

きれいめなチェスターコートのインナーにダウンベストをチョイスしたコーデ。ボディラインを崩すことなく暖かさをプラスできるため、寒さが厳しい季節にぜひ取り入れたい組み合わせです。特に黒のインナーベストは汎用性が高く、重宝します。

番外編|ダウンベストのお手入れ方法

洗濯表示タグで水洗い可能かどうかを確認

By: amazon.co.jp

ダウンベストの素材によっては、そもそも自宅でのお手入れが難しいモノもあるため、必ず洗濯表示タグを確認しましょう。洗濯機マーク、あるいは手洗いマークが付いていれば対応することが可能。そうでないモノは無理に洗濯せず、クリーニングに出しましょう。

洗剤を使って優しく押し洗いするのが基本

ダウンはデリケートな素材なので、洗剤を使ってお手入れするのがおすすめ。洗濯用たらいや浴槽にぬるま湯と洗剤を入れ、ダウンベストを浸して優しく押し洗いしましょう。特に汚れが目立つ部分があれば、スポンジで軽くこするのもアリ。洗い終りは洗剤が残らないように注意しましょう。

脱水&乾燥にはひと手間加える

ダウンをふんわり仕上げるには、脱水と乾燥の工程がとても大切。すすぎ終わったら絞ったりせず、バスタオルに挟んで水気を取ります。水気が抜けてきたら、乾いたバスタオルの上に広げてしばらく乾燥させ、その後陰干しするのがおすすめ。いきなりハンガーで干すと重さでダウンが片寄り、うまく乾かせないので、その点は考慮しておきましょう。