ロングシーズン着回せるアイテムとして人気の「ダウンベスト」。肌寒い季節のアウターとしてはもちろん、最近ではインナーベストとして取り入れる着こなしも定着し、さらに注目度が増しているアイテムです。

そこで今回は、ダウンベストのおすすめブランドと人気アイテムをご紹介。アウトドア、タウンユースの両方で使える汎用性の高いモデルをピックアップしているので、ぜひチェックしてみてください。

ダウンベストの魅力

By: amazon.co.jp

ダウンベストの最大の魅力は、汎用性の高さです。着用できる期間が晩秋から冬に限られるダウンジャケットに対し、ダウンベストは秋・冬・春の3シーズン着回せる優れもの。真冬にはインナーダウンとしても活躍します。

また、合わせるアイテム次第で幅広い着こなしを楽しめるのも魅力です。パーカーを合わせてカジュアルに着こなすもよし、きれいめシャツで上品なコーデを目指すもよし。1着で着こなしのバリエーションがグッと広がります。

ダウンベストの選び方

ダウンの割合やフィルパワーをチェック

ダウンベスト選びにおいて、十分な保温性を備えたアイテムであるかどうかも重要なポイントです。そこで、まずチェックすべきはダウンの割合。ダウンベストにはダウンのほかに羽根の形をしたフェザーも入っており、一般的にダウン70~90%、フェザー10~30%の割合であれば十分高品質なアイテムとされています。

また、ダウンの「フィルパワー」も保温性を左右する要素のひとつ。フィルパワーとは羽毛のかさ高性を示す単位で、数値が高いほど多くの空気を含むため断熱効果がアップし、衣服内の熱が放出されにくくなります。目安としては、600フィルパワー以上のダウンベストであれば高い保温性が期待できるのでおすすめです。

表面の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

ダウンベストの表地には、さまざまな素材が採用されています。アウトドア系のアイテムに用いられることが多いのは、光沢のあるナイロン。見た目はスポーティーな印象で、カジュアルな着こなしにマッチします。

反対に上品な印象を与えたい場合は、マットな表情のウール素材を選ぶのがおすすめ。きれいめな着こなしとも相性がよく、都会的なコーディネートが叶います。自分のスタイルに合わせ、着こなしやすい素材のダウンベストをチョイスしてみましょう。

インナーとの組み合わせを考えて色を選ぶ

By: rakuten.co.jp

ダウンベストはもともと汎用性の高いアイテムですが、カラーの選び方次第でより活躍の幅を広げられます。おすすめは、ブラックやネイビー、グレーといった落ち着いた雰囲気の定番色。白シャツやニットなどのシンプルなインナーから、鮮やかカラーのチェックシャツまで幅広いアイテムとの組み合わせが楽しめます。

合わせるインナーを選ぶレッドやブルー、グリーンといったカラーや柄物のダウンベストは、2着目としてチョイスするのがおすすめ。特にカジュアルな着こなしを好む方なら、インパクトのあるパキッとしたカラーのダウンベストは、1着持っているだけで着こなしの幅がグッと広がります。

ダウンベストのおすすめブランド

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed)

「ロッキーマウンテンフェザーベッド」は1960年代後半にスタートしたカウボーイ向けウェアのブランドです。1980年代後半に一度ブランドが消滅したものの、ヴィンテージコレクター寺本欣児氏の熱意により2005年に復活。継ぎ目のない一枚革ヨークを備えたシンボリックなダウンベストが看板アイテムです。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) Christy Vest

同ブランドの定番アイテムである「クリスティベスト」。通気性と防水性を兼ね備えた軽量なナイロン素材のボディと、一枚裁ちのレザーヨークを組み合わせたこだわりのデザインが魅力です。

首元にあしらわれたボリューミーな天然ムートンもポイント。裏側にレザーが配されているので、襟を立てて着用するのもおすすめです。

中綿はヨーロッパ産の撥水ダウン90%、フェザー10%の割合で保温性も良好。カラーによって印象がガラリと変わるため、色選びも楽しい1着です。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) 6M Down Vest

「6ヶ月間着用できる」をコンセプトとする「シックスマンスコレクション」の人気ダウンベストです。700フィルパワーの高品質なヨーロピアンホワイトダックダウンを採用することで、薄手かつ軽量ながら高い保温性を実現。肌寒い季節はアウターとして、本格的な冬にはインナーダウンとしてロングシーズン活躍します。

首元は深めのラウンドネックで、襟先を内側に折り込めばVネックとしても着用可能。コンパクトな状態で持ち歩ける収納用袋が付属しているため、天候が変化したときのために携帯する1着としてもおすすめです。

カナダグース(CANADA GOOSE)

「カナダグース」は、1957年にカナダ・トロントで創業したファッションダウンブランド。既存のダウンジャケットとは一線を画す細身でスタイリッシュなアイテムを展開し、人気ブランドの地位を確立しています。街でおしゃれに着こなせるダウンウェアを探すなら、まずチェックしておきたいブランドです。

カナダグース(CANADA GOOSE) GARSON VEST

幅広い着こなしに使える汎用性の高さで人気の「ギャルソンベスト」。ボリュームを抑えたスッキリとしたシルエットで、インナーダウンとしても着用可能です。625フィルパワーの上質なホワイトダックダウンを採用しているのに加えて、襟が高く、後方の裾が長いデザインで保温性を向上させています。

表面生地にはカナダグースオリジナルの高機能素材「アークティックテック」を採用。撥水性、耐摩耗性に優れており、マットな質感なので都会的な着こなしにもマッチします。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

「ザ・ノース・フェイス」はアメリカ・サンフランシスコ発の人気アウトドアブランド。これまでにドーム型テントや防水性に優れたマウンテンジャケットなど、画期的なアイテムを数多く世に送り出してきました。日本での知名度、人気も高く、おしゃれなウェアはファッションシーンでも幅広い層に愛用されています。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) Men’s 1996 Retro Nuptse Vest

同ブランドの名作ウェアのひとつとして知られる「ヌプシベスト」の復刻モデルです。メリハリのある切り替えデザインと、胸元、背面にあしらわれたドームロゴがポイント。700フィルパワーグースダウンを採用していてあたたかく、タウンユース、アウトドアの両方で活躍します。

生地表面に耐久撥水加工が施されており、襟元にフードが格納されているので急な天候変化にも対応可能。裾部分のドローコードを絞れば、隙間から侵入する冷たい風もシャットアウトできます。

モンベル(mont-bell)

「モンベル」は、著名な登山家である辰野勇氏により1975年に設立された日本のアウトドアブランドです。高い機能性、品質とは裏腹に手の届きやすい価格で製品を展開しており、コストパフォーマンスの高さが魅力。デザインは奇抜なモノは少なく、シンプルで使いやすいアウトドアウェアが揃っています。

モンベル(mont-bell) スペリオダウンVネックベスト

暖かくスマートなコーデが叶う薄手でスッキリとしたシルエットのインナーダウンベストです。上品な表情のVネックタイプで、ビジネススタイルに取り入れるのもおすすめ。800フィルパワーの「EXダウン」を、ダウンの偏りを防ぐ「シングルキルト構造」で閉じ込めることで保温効率を高めています。

生地表面に撥水性を高める「ポルカテックス加工」を施しているのもポイント。小雨程度であれば難なく弾けるおすすめアイテムです。

タトラス(TATRAS)

「タトラス」はイタリア・ミラノに拠点を置くアウターウェアブランドです。特に人気なのがダウンジャケット。スマートなシルエットと洗練されたデザインを兼ね備えた、タウンユース向きのモデルが数多くラインナップしています。ファッション性の高いダウンベストを探している方におすすめのブランドです。

タトラス(TATRAS) SOVER

ウール100%生地を採用した大人顔のダウンベストです。スポーティな雰囲気のアイテムとは一線を画すスタイリッシュなシルエットがポイントで、街での着用がメイン用途の方におすすめ。フードを取り外せば、よりカジュアル度を抑えた着こなしが可能です。

メンズの秋冬コーデに取り入れやすいシックで落ち着いた色味がラインナップしているのも魅力。タートルネックや襟付きシャツなど、上品な印象のアイテムと組み合わせてきれいめに着こなしたい1着です。

モンクレール(MONCLER)

ヨーロッパを中心に高級ダウンウェアの定番ブランドとして広く認知されている「モンクレール」。モンクレールのダウンウェアは高品質なホワイトグースダウンを採用し、かつ膨らみを抑えた美しいシルエットに仕上げられているのが特徴です。高価でも長く使えるクオリティの高いモノを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

モンクレール(MONCLER) GUI

組み合わせるアイテム次第で年間を通して使えるウルトラライトダウンベスト。光沢のあるナイロン生地を採用しており、スポーティな印象です。中綿の素材は上質なグースダウン。素材構成はダウン90%、フェザー10%です。

首周りをしっかりガードできる作りで、薄手ながら防寒性は十分。ワードローブに1着揃えておけば、少し肌寒く感じるときにサッと羽織るのに重宝します。収納袋が付属していてコンパクトに持ち歩けるのも嬉しいポイントです。

パタゴニア(patagonia)

パタゴニアは登山用品を中心に幅広いアウトドアアイテムを手掛けるアメリカの人気ブランド。地球環境保護活動を積極的に行うブランドとしても知られており、エコなリサイクル素材を用いたアウトドアウェアが多数ラインナップしています。機能性や耐久性にも定評があり、タフなダウンベストを探している方は要チェックです。

パタゴニア(patagonia) メンズ・ダウン・セーター・ベスト

優れた保温性と防風性を備えた、アウトドアシーンにぴったりのおすすめダウンベスト。適切な環境下で飼育や羽毛採取が行われたことが証明されている800フィルパワーの「アドバンスト・グローバル・トレーサブル・ダウン」を中綿に採用しています。

縁取りが施されたアームホールは伸縮性に優れており、動きやすく衣服内の熱を逃さない構造。裾部分はドローコードによるフィット感の調節が可能で、下からの風の侵入も軽減できます。素材や細やかな部分の仕様まで、アウトドアでの使い勝手が計算しつくされたおすすめアイテムです。

ダントン(DANTON)

「ダントン」は、フランスの国鉄やパリのメトロにユニフォームを納入していた歴史を持つ1935年創業のワークウェアブランド。印象的なひし形のロゴがブランドのシンボルです。現在はシンプルで使いやすいデイリーカジュアルウェアを展開しており、男女問わず高い人気を集めています。

ダントン(DANTON) インナーダウン ベスト クルーネック

ファッションシーンで高い人気を誇るダントンの定番ダウンベスト。最大の魅力は、合わせるアイテムを選ばない万能さです。秋口や春先にはロンTやシャツ、パーカーなどの上に羽織ってアウターとして、寒さの厳しい季節にはコートやジャケットの中に着込めばスマートであたたかいコーデが叶います。

首周りはカジュアルな着こなしと相性のよいクルーネックタイプ。カラーは全6色で、落ち着いた印象を与えるシックな色味を中心にラインナップしています。

ムーレー(MooRERI)

「ムーレー」はイタリアの高級アウターブランド。なかでも看板アイテムであるダウンウェアは品質の高さに定評があります。中綿には選び抜かれた飼育家によって育てられたガチョウから得られる上質なグースダウンを95%採用。ボタンや細かなパーツまでこだわり抜いたラグジュアリーなダウンウェアが揃います。

ムーレー(MooRERI) OLIVER-L

ややスリムなシルエットと短めの丈感が特徴のスタイリッシュなおすすめダウンベストです。タートルネックやニットと合わせれば、品のよい大人のカジュアルスタイルが完成。フランネルウールとカシミヤを混紡した生地のマットな質感も上品さを醸し出すポイントです。

両サイドの外ポケットに加えて、貴重品用の内ポケットも設けられているため便利。使い勝手にも配慮されたおすすめアイテムです。

ナンガ(NANGA)

「ナンガ」は真綿布団の産地、滋賀県米原市で生まれたダウンシュラフメーカーです。ナンガで扱われる羽毛は、すべて国内で洗浄を行った高品質な素材。さらに縫製やメンテナンスは自社工場で熟練した職人が行い、日本製にこだわった製品を展開しています。メインアイテムの寝袋のほか、ダウンウェアも種類豊富です。

ナンガ(NANGA) インナーダウンベスト

ボディの生地にリサイクルナイロン、中綿にリサイクルダウンを採用したエコな1着。約123gと非常に軽量でアウターの下に気軽にレイヤードでき、肌寒い季節の体温調節に重宝します。スッキリとしたVネックデザインに仕上げられており、通勤時のインナーダウンにもおすすめです。

また、ブランドロゴをあしらった胸ポケットがデザインのワンポイントになっており、アウターとして着用してもおしゃれ。ブラック・ネイビー・カーキと使い勝手のよいベーシックカラーが揃っているのも魅力です。

ワイルドシングス(WILDTHINGS)

「ワイルドシングス」は登山家の夫婦により設立されたアメリカのアウトドアブランド。多くの登山経験から得た「軽量かつタフでなければならない」というテーマに基づき、機能的なアウトドアウェアを展開しています。街でも違和感なく使える洗練されたルックスに仕上げられているのも人気の理由のひとつです。

ワイルドシングス(WILDTHINGS) DOWN VEST

コーデの主役として使えるダウンベストを探している方におすすめの1着です。存在感のあるボリューミーなシルエットと、両サイドに大きなフラップポケットをあしらったカジュアルなデザインが魅力。ゆとりのあるサイズ感に仕上げられており、着丈も長めです。

シンプルなニットはもちろん、無地デザインなので鮮やかなチェックシャツとも好相性。ボトムスはデニムやスウェットなどラフな雰囲気のアイテムとよく合います。カラーはブラック・ベージュ・ブルー・レッドの4色展開です。

エンメティ(EMMETI)

「エンメティ」は1975年にイタリアで創業したラグジュアリーアウターブランドです。コンセプトは「エレガンテ・スポルティーヴォ」。スポーティでありながらエレガンスを忘れないスタイルという意味合いで、巧みな素材使いと美しいシルエットにより見事にコンセプトを体現しているおすすめのブランドです。

エンメティ(EMMETI) ダウンベスト JOELE

カジュアルなダウンベストとは一線を画すラグジュアリーな雰囲気が魅力の1着です。ワントーンのシックなカラーリングながら、ナイロン・ナッパレザー・ムートンファーと異なる素材をミックスさせることで変化のある表情に。タートルネックニットなど、シンプルなインナーに重ねるだけで様になります。

また、ボリューム感を抑えたスタイリッシュなシルエットながら、中綿のうち90%をダウンが占めているため保温性も十分。長く愛用できる特別な1着を求めている方におすすめの高級ダウンベストです。

アークテリクス(ARC’TERYX)

タフな環境下に身を置くアウトドア愛好家たちから厚い支持を得ている、カナダ・バンクーバー発のアウトドアブランド「アークテリクス」。防寒性・透湿性・軽量性をバランスよく備えた高機能なウェアが豊富にラインナップしています。また、いずれの製品もシンプルかつ洗練されたルックスで街着としても人気です。

アークテリクス(ARC’TERYX) セリウム LT ベスト メンズ

肌寒いと感じたときに気軽に羽織れる軽量性と、優れた保温性を兼備するおすすめダウンベスト。上質な850フィルパワーのダウンを採用しており、本体重量はわずか185gと軽量です。

また、汗などで湿気が発生しやすい部分には「コアロフトインサレーション」を配置。水濡れで保温力が低下するダウンの弱点をカバーし、効率的な保温を実現しています。

チンガード付きで、首周りからの風の侵入もしっかりブロック。表面生地には耐久性の高い素材を採用しており、撥水加工も施されているためアウトドアシーンでも活躍します。

シュガーケーン(SUGAR CANE)

日本で1975年に誕生した「シュガーケーン」。かつて米軍向けの衣料製造を行っていた「東洋エンタープライズ」が手掛けるブランドゆえに、日本生まれながらアメリカ仕込みのモノづくりのノウハウを有しているのが特徴です。メインアイテムのデニムのほか、個性的なデザインのワークウェアを展開しています。

シュガーケーン(SUGAR CANE) NYLON COTTON LEATHER YOKE DOWN VEST

約20年もの長い期間にわたって愛され続けている同ブランドのロングセラーアイテムです。生地に用いられているのは、「ロクヨン」の通称で親しまれているアウトドアの定番素材。コットン60%、ナイロン40%の割合で混紡されているのが特徴で、耐摩耗性と防風性に優れています。

ヨーク部分を牛革で切り替えたクラシックなデザインも魅力で、アメカジスタイルやアウトドアミックスコーデを好む方には特におすすめ。裏地には滑りのよいポリエステル生地が採用されているため、インナーとのレイヤードもスムーズです。

ヘルノ(HERNO)

「ヘルノ」は1948年にスタートしたイタリアのアウターウェアブランドで、ダウンウェアが特に人気です。厳選された上質な素材とエレガンスに満ちたデザインが相まって完成するラグジュアリーな1着は、大人の男性にぴったり。機能性、デザイン性のどちらも妥協したくない方におすすめのブランドです。

ヘルノ(HERNO) リバーシブルダウンベスト

ワードローブに1着揃えておけば、着こなしの幅がグッと広がるリバーシブル仕様のおすすめダウンベストです。両面ともに着こなしやすい落ち着きのあるカラーで、かつアウター、インナーの両方で使えるほどよい厚みに仕上げられているため使い勝手は良好。ロゴなどが一切ない、シンプルさを追求したデザインも魅力です。

表面生地には、超極細糸で織られた軽量なナイロン生地を採用。撥水性が高く、ダウンの吹き出しを防ぐダウンプルーフ加工が施されているのもポイントです。

ブルネロ・クチネリ(BRUNELLO CUCCINELLI)

1978年にイタリアで設立された「ブルネロ・クチネリ」。著名人にも多くの愛用者がいるラグジュアリーブランドです。ブランドの代名詞であるカラーカシミヤを中心に、アウターやシューズ、バッグなど幅広く展開しています。長く付き合える特別な1着を求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

ブルネロ・クチネリ(BRUNELLO CUCCINELLI) ダウンベスト

グースダウン100%のラグジュアリーなおすすめダウンベスト。無駄を削ぎ落としたミニマルなデザインで汎用性が高く、幅広いアイテムとの組み合わせを楽しめます。

また、シンプルで流行に左右されることなく着用できるのも嬉しいポイント。さらに、暗めのトーンでまとめてしまいがちな秋冬コーデに軽さをプラスできる、クリーンなオールホワイトのカラーリングも魅力です。

ダウンベストのおすすめメンズコーデ

黒のダウンベストで全体を引き締め

By: wear.jp

リラックスして過ごしたい休日にぴったりのメンズカジュアルコーデ。ボア素材のアノラックパーカーとニットジョガーパンツを組み合わせたラフなスタイルですが、黒のダウンベストをプラスすることで全体がグッと引き締まった印象にまとまっています。

ボア×ダウンなど、ボリューミーなアイテム同士をレイヤードする際はカラーのコントラストをつけると野暮ったい印象を回避できるのでおすすめ。足元は白スニーカーでスッキリまとめ、軽さを演出しているのもポイントです。

鮮やかインナーとのレイヤードで軽快な印象に

By: wear.jp

秋冬コーデにありがちな重さを全く感じさせないおしゃれなメンズコーデです。鮮やかなイエローのニットとカーキカラーのダウンベストが好相性。カジュアルなダウンベストのデザインも全体にマッチしています。

上半身にインパクトの強いアイテムをセレクトしている分、下半身はデニムと白スニーカーの王道ペアでスタイリング。キャップでスポーティな雰囲気をプラスしているのもおしゃれなポイントです。

ダウンベスト×タートルネックで大人っぽく

By: wear.jp

ブラックとアースカラーの組み合わせで落ち着いた印象に仕上げた冬のメンズカジュアルコーデ。柔らかな色味のタートルネックにブラックのインナーベストを重ねたスマートなレイヤードスタイルが大人っぽさを醸し出します。

アウターにはインナーベストと同じカラーのダウンジャケットをチョイスすることで、統一感のあるスタイリングに。また、ボトムスにはあたたかみのあるコーデュロイパンツを投入して季節感たっぷりに仕上げています。

インナーをチラ見せするテクニックを参考に

By: wear.jp

ステンカラーコートとチェック柄のウールパンツを組み合わせた、クラシックな雰囲気漂うメンズコーディネート。コートの下に着込んだダウンベストは保温性を高めるだけでなく、インナーのオレンジカラーの面積を抑える役割も果たしています。

首元や袖口からのぞくオレンジカラーが絶妙なアクセントとなり、遊び心も感じられる着こなしに。ビビッドカラーをさりげなくのぞかせるテクニックをぜひ参考にしてみてください。

番外編|ダウンベストのお手入れ方法

洗濯表示タグで水洗い可能かどうかを確認

日々のお手入れが難しいイメージのあるダウンベスト。しかし、実は自宅で洗濯できるモノも多くあります。まずはダウンベストの洗濯表示タグをチェックし、自宅で洗うかクリーニングに出すかを判断しましょう。

基本的には洗濯機マークか手洗いマークが表示されているダウンベストであれば、自宅でのお手入れが可能です。ナイロンやポリエステルを表地に採用したアイテムは自宅で洗濯できる場合が多いので、頻繁にクリーニングに出すのが面倒な方は、購入の際にぜひチェックしてみてください。

洗剤を使って優しく押し洗いするのが基本

ダウンベストのふんわり感をキープしながら汚れをキレイに落とすなら、洗濯機マークが付いているアイテムでも手洗いをするのがおすすめ。全体を水に浸す前に、おしゃれ着用洗剤を薄めた液体を含ませたスポンジで部分的な汚れを落としておきましょう。

次に、洗濯桶などにぬるま湯を張り、おしゃれ着用洗剤を適量溶かします。そこにダウンベストを投入し、優しく押し洗い。衣服全体に洗剤が行き渡るよう2~3回押し洗いをしたら、きれいな水に取り替えてすすぎます。

すすぎは洗剤が残らないようしっかりと、かつスピーディーに行うのがベスト。羽毛が水にさらされすぎると、劣化の原因になるので注意が必要です。押し洗いと同じ要領で、2~3回水を替えてすすぎます。

脱水&乾燥にはひと手間加える

脱水は、洗濯機の脱水機能を使うと便利です。ただし、長い時間脱水にかけると羽毛が偏りやすいため、1回1分程度が目安。1分経ったらダウンベストを取り出して羽毛を揉みほぐし、再度脱水にかけます。これを3回ほど繰り返しましょう。

脱水が終わったら形を整えてハンガーにかけ、陰干しします。湿気が残っていると生乾き臭の原因になるので、風通しのよい場所に干すのがおすすめです。しっかりと乾かしてから、仕上げに乾燥機にかけるとよりふっくらと仕上がります。