ポケットTシャツは主張しすぎないデザイン性により、トップスとしてもインナーとしても着まわしやすいアイテムです。そこで今回は、ポケットTシャツのおすすめブランドを厳選してご紹介します。おしゃれなウェアを探している方はぜひチェックしてください。

ポケットTシャツとは?

By: amazon.co.jp

ポケットTシャツとは、胸部にポケットがあしらわれたTシャツのこと。プリントTシャツやロックTシャツとは異なる、さりげない意匠が魅力。派手なアイテムは好みではないが、普通のTシャツでは何か物足りないという方におすすめです。

ポケットTシャツの選び方

汎用性に優れているのは定番カラー

By: amazon.co.jp

ポケットTシャツの印象を大きく左右するのがカラーリング。ホワイト・ブラック・グレー・ネイビーといった定番カラーはさまざまなコーデに馴染みやすいのが魅力です。

1枚で着用した際にインパクトがあるのはレッド・イエロー・グリーンといった鮮やかなカラーリングのポケットTシャツ。インナーとして着用することで、コーデに差し色を加えることもできます。

ジャストフィットなポケットTシャツは着まわしが効く

By: amazon.co.jp

ポケットTシャツをさまざまなコーデで着まわしたい方はジャストなフィッティングに気を配るのがおすすめです。トップスとしてもインナーとしてもコーデを上品に仕上げてくれます。

また、トレンド感のあるドロップショルダーを採用したポケットTシャツや、ネックデザインが特徴的なバスクシャツタイプはユニークなコーデを完成させるのに適したアイテムです。

ポケットTシャツのおすすめメンズブランド

ダントン(DANTON)

ダントンは、1935年にフランスで誕生したブランドです。フランスのシャートルに工場を作ったのが始まりで、当初はユニフォームをメインに制作しており、エプロンやカバーオールなどのワークウェアを多くリリースしていました。

現在では、ワークテイストをベースにさまざまなアイテムを展開。タウンユースに使いやすいカジュアルアイテムもたくさんラインナップされています。

ダントン(DANTON) クルーネックポケットTシャツ

ダントン(DANTON) クルーネックポケットTシャツ

着回しやすい白からビビッドな赤、ボーダー柄など多彩なカラーバリエーションが魅力のポケットTシャツです。しっかりとした厚手の生地を使用しているので、すぐにヨレヨレになることがなく、長く着られます。

シルエットはややゆったりめに作られており、ジャケットのインナーとしてヌケ感のあるスタイルにしたり、夏は一枚でリラックス感のあるスタイルにしたりするのもおすすめ。クルーネックの首元は狭くも広くもないので、いろいろなアイテムに合わせやすいデザインです。ポケットにあしらわれたダントンのロゴマークもポイントとなっています。

ダントン(DANTON) VネックポケットTシャツ

ダントン(DANTON) VネックポケットTシャツ

胸元のポケットにあしらわれたブランドロゴがアクセントの、シンプルなVネックのポケットTシャツです。綿100%で、着心地はサラリとしていて快適。生地はしっかりと厚めのものを使用しており、汗をかきやすい夏場でもたくさん気回せるアイテムです。

首元は広すぎないちょうどよいVネックデザインになっているので、キレイめな印象。ジャストのサイズ感をチョイスして、大人っぽい着こなしをするのがおすすめです。

チルコロ1901(CIRCOLO 1901)

チルコロ1901は、イタリアの生地メーカー・S.G.L.社が展開するブランドです。リラックス感のあるドレスウェアを得意としており、ジャージ素材やニット素材などで作った着心地のよいアイテムを多く展開しています。

なかでもスウェット生地のテーラードジャケットは人気が高く、チルコロ 1901のアイコンといえるアイテムです。

チルコロ1901(CIRCOLO1901) クルーネックポケットTシャツ

チルコロ 1901(CIRCOLO 1901) クルーネックポケットTシャツ

インディゴウォッシュ加工が施された、ムラ感のある風合いが特徴のポケットTシャツ。小さめの首周りとほどよい余裕のある身幅が、上品なリラックス感を演出しています。少しゆとりを持って作られたアームホールと少し短めにデザインされた袖のおかげで、暑い夏の季節でも涼しく過ごせる1枚です。

アクセントとなっている胸元のポケットは、主張しすぎずさり気なく配置されているので、大人っぽいコーディネイトにもおすすめ。落ち着いたインディゴカラーは、手持ちのアイテムにも合わせやすいのが魅力です。

バンクス(BANKS)

バンクスは、日本・オーストラリア・アメリカの共同プロジェクトとして誕生したサーフブランドです。中心となっているのは、プロサーファーのブラッド・ガーラックとクリス・デルモロ。クラフトマンシップとクリエイティビティを追求・融合したデザインのアイテムを数多く製作しており、世界各国に展開しています。

バンクス(BANKS) PRIMARY TEE

バンクス(BANKS) PRIMARY TEE

製品染めで仕上げた独特な風合いが特徴のシンプルなポケットTシャツ。ビンテージTシャツによく使われる天地縫いで仕上げられており、ルックス面に対するこだわりがあるだけでなく耐久性も高いアイテムです。

サーフブランドならではの長年着込んだようなテイストは、夏らしいカジュアルなコーディネイトにピッタリ。ポケットはやや小さめに作られているため、カジュアルのなかにもスッキリとした印象を与えてくれます。ベーシックなカラーなので、コーディネイトしやすいのもおすすめポイントです。

バンクス(BANKS) PHAROAHS TEE

バンクス(BANKS) PHAROAHS TEE

一見シンプルな無地のTシャツに見えますが、ジャガード生地になっているところがポイントのポケットTシャツ。100%オーガニックコットンを使っており、デザイン性や機能性だけでなく地球環境に配慮したアイテム作りで「持続可能な社会への貢献をしたい」というバンクスのこだわりが詰まっています。

落ち着いたトーンのベージュとジャガード生地との組み合わせにより、やわらかで優しい雰囲気を演出してくれるアイテム。さりげなくおしゃれを楽しみたい方におすすめの1着です。

アナトミカ(ANATOMICA)

アナトミカは、フランス・パリにあるセレクトショップです。アパレル業界に大きな影響を及ぼしたとされるピエール・フルニエがスタートし、メンズアイテムを中心としたオリジナルブランドも展開しています。

アナトミカの特徴は、本物にこだわった妥協のない服作り。ミリタリーテイストをベースとしたエレガントなデザインのアイテムが、多数ラインナップされています。

アナトミカ(ANATOMICA) ATC POCKET TEE

アナトミカ(ANATOMICA) ATC POCKET TEE

アナトミカの定番アイテムとして人気のポケットTシャツです。厚手のしっかりした生地にもかかわらず、やわらかく快適な着心地が特徴。さらに、脇下は縫い目がないデザインを採用し、とことん着心地にこだわっています。

首周りの広さは標準的ですが、アームホールは少し小さめに作られているので、着た時のシルエットはスッキリとしています。絶妙な中間色のカーキがおしゃれな1着です。

チャンピオン(Champion)

「キング・オブ・スウェットシャツ」として有名なチャンピオン。1919年にアメリカでニット・セーターを製造するブランドとして創立されました。チャンピオンの代名詞とも言えるスウェットシャツと同様、Tシャツも洗って着込むほど味が出てくるのが特徴。非常に高い耐久性を持つのも魅力です。

チャンピオン(Champion) ポケットTシャツ

チャンピオン(Champion) ポケットTシャツ

少し大きめのポケットがカジュアルな雰囲気のポケットTシャツです。左袖にあしらわれたチャンピオンのロゴマークがアクセント。ポケットの上部には、ボディと同色の糸でロゴの刺繍が施されており、さり気ないポイントになっています。

製品染めによる、優しい雰囲気のペールカラーも魅力。絶妙な中間色が美しく、1枚で着てもおしゃれにキマります。チャンピオンならではのタフな作りで耐久性は抜群。また、裾にはスリットがあり、着心地にも配慮されたポケットTシャツです。

チャンピオン(Champion) リバースウォーブポケットTシャツ

チャンピオン(Champion) リバースウォーブポケットTシャツ

胸元に配置されたカモフラ柄のポケットがアクセントのポケットTシャツ。左袖の先にあしらわれた、チャンピオンのブランドロゴワッペンもポイントです。

縮みを軽減するためにチャンピオンが開発したリバースウィーブ仕様に加え、製品洗いも施されているので、気軽に洗濯できる上に、ビンテージのような風合いも楽しめます。裏側に縫いしろがでないようになっているので、着心地も抜群です。

身幅はややタイトめに、アームホールは小さめにデザインされており、シルエットも美しく見えます。ボディカラーとポケットの柄のバリエーションが多く、自分好みの1枚を選べます。

ショット(Schott)

ショットは、1913年にショット兄弟によって創業されたブランドです。1970年代には、多くのロック・パンクアーティストがショットのライダースジャケットを愛用し、脚光を浴びました。レザーウェアブランドとして有名ですが、日本ではカジュアルウェアを幅広く展開しています。

ショット(Schott) レザーポケットTシャツ

ショット(Schott) レザーポケットTシャツ

ディアスキンを使ったレザーポケットと飾りボタンがおしゃれなポケットTシャツです。シルエットはジャストサイズに作られているため、着回しやすいのもポイント。厚手で耐久性の高い生地を使用しているだけでなく、ポケットも洗濯できる素材を使用しています。

Vネックの首元がクールな印象なので、スキニーデニムなどのタイトなパンツと合わせて男らしいワイルドなスタイルに着こなすのもおすすめです。

トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)

トミーヒルフィガーは「クラシック アメリカン クール」をコンセプトとしたアメリカのアパレルブランドです。1984年にトミーヒルフィガーによって設立され、メンズ・レディースともにカジュアルなアイテムからビジネスウェアまで幅広く展開しています。

赤・白・ネイビーのフラッグロゴが特徴的で、スポーツスタイルに都会を感じさせる上品さをプラスしたテイストが得意なブランドです。

トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) チェックポケットTシャツ

トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) チェックポケットTシャツ

大きめのギンガムチェック柄がインパクト抜群のポケットTシャツです。ネイビーベースのシックなボディに、オレンジのギンガムチェックが映えてポップな印象。しっかりとした縫製のおかげで型くずれしにくく、ガンガン着回せます。

ジャストサイズなシルエットに加え、ベーシックカラーがベースになっているため、さまざまなアイテムに合わせやすいのもポイント。ボトムスなどはシンプルなものを選んで、ポケットTシャツをメインとしたコーディネイトがおすすめです。

ヘビーウェイトコレクションズ(HEAVY WEIGHT COLLECTIONS)

Made in U.S.Aにこだわった服作りをポリシーとするTシャツブランド。1996年の創業以来、アメリカンコットン100%のヘビーウェイトな生地を使用したアイテムを作り続けています。

創業当初は大手デパートの別注Tシャツを手がけていましたが、現在はカリフォルニアのショップやオンラインショップなどで展開中です。

ヘビーウェイトコレクションズ(HEAVY WEIGHT COLLECTIONS) Pocket Tee

ヘビーウェイトコレクションズ(HEAVY WEIGHT COLLECTIONS) Pocket Tee

リラックス感のあるビッグシルエットのポケットTシャツです。肉厚な生地を使用しているため、抜群の耐久性を持っています。たくさん着ても何回でも洗えるので、ヘビーユースにもピッタリです。

目を引く鮮やかなパープルカラーがインパクトで、コーディネイトのアクセントになるだけでなく主役にもなってくれます。春や秋には、シャツをインナーにしたレイヤードスタイルもおすすめです。

ポケットTシャツのメンズおしゃれコーデ

ビッグシルエットを使ったメリハリコーデ

By: wear.jp

タイトなダメージジーンズに、ビッグサイズのポケットTシャツを合わせたメリハリのあるスタイル。レイヤードしたホワイトのタンクトップを見せることで、クリーンな印象をプラスしています。サンダルや小物類をブラックで統一しており、落ち着いた大人の雰囲気が感じられるコーデです。

コントラストを活かしたコーデ

By: wear.jp

ポケットTシャツのブラックとホワイトに合わせた2色だけを使ったコーデ。アクセントとなっているポケットがコーデの重心を高くしており、スタイルがよく見えます。ブラックとホワイトが交互になるようにスタイリングされているのもおしゃれに見えるポイントです。

ジャケットを羽織ったキレイめコーデ

By: wear.jp

ポケットTシャツとチノパンを合わせたカジュアルなスタイルに、ドレス感のあるジャケットで大人っぽく仕上げたコーデです。

ボトムスにシックなネイビーを、スニーカーにブラックを選ぶことで、落ち着いた雰囲気を演出。また、チノパンの裾をロールアップすることで、重すぎず軽やかな印象を出しています。

ポケットTシャツが主役の夏コーデ

By: wear.jp

カーキのポケットTシャツを主役にした夏らしいコーデです。トップスもボトムスもジャストサイズを選ぶことで、カジュアルながらも品のあるシルエットに仕上がっています。裾から見えたホワイトがアクセントとして効果的です。靴や時計などの小物類をブラックで揃えて、男らしさを出しています。