今やカジュアルスタイルの定番トップスとして定着した「ネルシャツ」。メインシーズンである秋冬はもちろん、コーディネート次第で春先まで着用できる優秀アイテムです。

ただし、アイテムの選び方によってはラフさが際立ってしまい、野暮ったいイメージを与えてしまうことも。そこで今回は、大人のメンズにおすすめしたいネルシャツのブランドと注目モデルをピックアップしました。ネルシャツ選びに苦戦している方はぜひ参考にしてみてください。

ネルシャツとは?

By: amazon.co.jp

ネルシャツとは、「フランネルシャツ」の略称。「フランネル」とは生地表面が起毛した柔らかな毛織物のことです。あたたかみのある質感が特徴で、主に秋冬の着回しに活躍します。

フランネルはもともとウール素材を用いた生地を指しますが、現在ではコットンのほか、ポリエステルなどの化学繊維から作られたモノも存在。コットン製のフランネルは「綿ネル」、厚手のモノは「フラノ」と呼ぶなど、フランネルのなかでもさまざまな呼称があります。

ネルシャツの魅力は、なんといっても汎用性の高さ。大人カジュアルからストリート系、さらには合わせ方次第できれいめスタイルにもマッチするため、1枚は持っておきたいアイテムです。

ネルシャツの選び方

色や柄をチェック

By: amazon.co.jp

ネルシャツの定番といえばチェック柄。柄の大きさやカラーの異なるアイテムが各ブランドから豊富にリリースされています。

大人らしい着こなしを目指すなら、こまかいチェック柄のアイテムを選ぶのがベター。カラーはネイビー・グレーなどを基調とした落ち着いた色味のモノなら、より着こなしやすくなります。ただし、レイヤードしてニットの襟からのぞかせるなど、アクセントとして使うことが多い場合はハッキリとした柄やカラーを選ぶのもアリです。

また、無地のアイテムも使いやすくおすすめ。ネルシャツはチェック柄のイメージが強いため、逆に新鮮味のある着こなしを楽しめます。フランネルの素材感をストレートに味わえるのも魅力です。

サイズ感をチェック

By: amazon.co.jp

ネルシャツをおしゃれに着こなす上で、特に気をつけたいのがサイズ感です。もともとカジュアルな印象の強いアイテムなので、大きめサイズを選ぶとだらしない印象になりがち。逆にタイトすぎても、古めかしい着こなしに見えてしまう危険性があります。

つまり、大人のメンズが選ぶべきはジャストサイズ。体にほどよくフィットする1着をチョイスしましょう。きれいめに着こなすなら、着丈が短いモノを選ぶとおしゃれにまとまりやすくおすすめです。

ネルシャツのおすすめブランド

パタゴニア(patagonia)

定番アウトドアブランドのひとつとして広く知られている「パタゴニア」。本格的なアウトドアアクティビティに対応できる高機能ウェアはもちろん、デイリーに着こなせるカジュアルウェアまで幅広くラインナップしています。デザインだけでなく、快適な着心地や機能性を重視する方は特に要チェックです。

パタゴニア(patagonia) ライトウェイト フィヨルド フランネルシャツ

パタゴニア(patagonia) ライトウェイト フィヨルド フランネルシャツ

軽やかな着心地と、快適な保温性を両立したおすすめのネルシャツ。オーガニックコットン100%で作られたフランネル生地は柔らかく、かつ丈夫でデイリーな着こなしに最適です。ほどよい厚みで、肌寒い日にサッと羽織るライトアウターとしても重宝します。

タイトすぎず、ラフすぎないクラシックなシルエットゆえ、着こなしの幅が広いのもポイント。カラーバリエーションが豊富なので、色違いで揃えるのもおすすめです。

パタゴニア(PATAGONIA) インサレーテッド フィヨルド フランネルジャケット

パタゴニア(PATAGONIA) インサレーテッド フィヨルド フランネルジャケット

トップス、アウターの両方で活躍する防風性に優れたアイテムです。表地のフランネルと裏地の間には中綿が入っており、保温性も抜群。着丈をやや長めにすることで、かがんだ際に腰回りから冷たい風が入り込むのを防いでいます。

厚手のフランネル生地はオーガニックコットン製。中綿にも環境に配慮した「60グラム・サーモグリーン・ポリエステル」を採用するなど、環境保護活動に力を入れているパタゴニアらしさが感じられます。定番のチェック柄のほか、無地カラーもラインナップしているのでぜひチェックしてみてください。

ジェラード(JELADO)

「ジェラード」は、2004年にスタートした日本のファッションブランドです。コンセプトは「URBAN VINTAGE STYLE」。アメリカンビンテージをベースに、現代の着こなしにもフィットするようなシルエット、ディテールに仕上げたアイテムが揃います。日本製ならではのクオリティの高さも魅力です。

ジェラード(JELADO) FLANNEL SHIRTS Short Length

ジェラード(JELADO) FLANNEL SHIRTS Short Length

通常のネルシャツに比べ、着丈がショートに設計されたおすすめアイテム。ブルゾンなど、ショート丈のアウターの中に着用するのに最適です。シルエットはやや細身の作りで、1枚で着てもスタイリッシュな着こなしが叶います。

また、着用したての頃から古着のような風合いを味わえるのも本製品の特徴。ウォッシュ加工により、生地をあえてカサカサの質感に仕上げています。すでにスタンダードなネルシャツを持っている方にもおすすめしたい、ひねりの効いた1着です。

ジェラード(JELADO) Bread Winner

ジェラード(JELADO) Bread Winner

クラシックな雰囲気が漂う「EARLY AGE COLLECTION」の1着です。1940年代のワークシャツを参考に、両面起毛の生地や色合いを再現。ふっくらとした質感の厚手生地は保温性に優れ、暖かくおしゃれな秋冬コーデを実現できます。

そして、こまやかな部分に宿ったビンテージへのこだわりも見逃せないポイント。裾はビンテージワークシャツの代表的な仕様である「空環止め」で仕上げられています。ディテールにもこだわるアメカジ好きのメンズにおすすめのネルシャツです。

カムコ(CAMCO)

「カムコ」は、アメリカ・アーカンソー州で誕生したカジュアルウェアブランド。長きに渡りワークウェア、ミリタリーウェアの製造を請け負ってきたことから、男らしいアイテムが豊富にラインナップしています。特に生地の風合いからディテールまでこだわったネルシャツは、カムコを代表する人気アイテムです。

カムコ(CAMCO) フランネルシャツ

カムコ(CAMCO) フランネルシャツ

質実剛健なモノ作りへの姿勢がうかがえる、上質な1着。生地には、ブランドオリジナルの「ダブルフェイスフランネル」を採用しています。1960~80年代のネルシャツに採用されていた生地を再現したモノで、素材はコットン100%。表と裏でチェック柄の縦横が異なるのが特徴です。

さらに、チェック柄の生地を斜めに配置した「バイアスポケット」、ワークウェアでよく見られるストレートのバックヨークなど、おしゃれ心をくすぐるディテールが満載。カジュアルトップスの定番として、ぜひワードローブに加えておきたいアイテムです。

フィナモレ(Finamore)

「フィナモレ」は、イタリア・ナポリで生まれたシャツメーカー。1925年、創業者であるカロリーナ・フィナモレが開いた小さなアトリエからスタートしました。ブランド最大の魅力は、ハンドメイドならではの風合いとディテールへのこだわり。大人の男性にふさわしい、上品なネルシャツが見つかります。

フィナモレ(Finamore) ルイジ トーキョー コットンライトネルワイドカラーシャツ

フィナモレ(Finamore) ルイジ トーキョー コットンライトネルワイドカラーシャツ

カジュアルなネルシャツとは一線を画す、上品で高級感のある1着。ほどよい起毛感と薄手フランネル生地の柔らかな質感が相まって、優しい表情に仕上がっています。素材はコットン100%で、着心地も良好です。

カラーも落ち着いた色味がラインナップしており、大人らしい装いにぴったり。デニム・チノパン・スラックスといった定番ボトムスと組み合わせるだけで様になります。また、ニットとレイヤードして着こなすのもおすすめです。

ペンドルトン(PENDLETON)

1909年、ブランケット製造からブランドの歴史をスタートさせた「ペンドルトン」。バージンウール100%のウールウェアやブランケットは優れた保温性と心地よい肌触りが特徴で、アウトドアアイテムとしても人気です。昔ながらのウール製ネルシャツを探している方はぜひチェックしてみてください。

ペンドルトン(PENDLETON) FLANNEL L/S WOOL SHIRT

ペンドルトン(PENDLETON) FLANNEL L/S WOOL SHIRT

ペンドルトンならではの素材へのこだわりが感じられる逸品です。素材はもちろんウール100%。しっかりと暖かく、かつゴワつかないスッキリとした見た目でタウンユース、アウトドアなど幅広く活躍します。

また、ブランド独自のウォッシャブルウール素材を採用しているため、自宅で洗濯できるのもポイントです。ウール素材はチクチクしそうだし、ケアにも手間がかかりそうという理由からウールのネルシャツを敬遠していた方にもおすすめしたい1着です。

ネルシャツのメンズコーデ

レイヤードでネルシャツの柄をアクセントに

By: wear.jp

春の肌寒い日にぴったりのアメカジコーデです。トップスはロングスリーブTシャツにネルシャツをレイヤードし、さらにモヘアニットのパーカーを重ねて暖かく。ネルシャツのカラフルなチェック柄は、見せる面積を絞ってアクセントとして使っています。

全体的にゆるめのシルエットなので、ラフすぎる印象にならないよう足元はロールアップしたデニムに白スニーカーを合わせて爽やかさをプラス。カジュアルながら、大人らしさも感じられる好バランスなコーデに仕上がっています。

シックなカラーならきれいめスタイルにもマッチ

By: wear.jp

モノトーン×ネイビーの知的なカラーリングと、スリムなシルエットがマッチしたお手本コーディネート。カジュアルな印象が強いネルシャツですが、シックな色味のモノなら1枚でサラリと着ても大人顔に仕上がります。

ボトムスは、きれいめ要素の強いセンタープレス入りのスラックスをチョイス。足元は黒のローファーでグッと引き締めつつ、白のソックスをのぞかせてハズしポイントを作り、キメすぎ感のないコーデにまとめています。

ネルシャツ×ベストで作るおしゃれカジュアル

By: wear.jp

男らしく、かつ遊び心に満ちたカジュアルコーディネートです。ネルシャツ×ベストは、バランスが取りやすいおすすめの組み合わせ。やや主張の強いカラーのネルシャツも、ベストの合わせ方次第でおしゃれに着こなせます。

ボトムスには、ネルシャツのインパクトに負けないワイドシルエットの濃紺デニムを投入。落ち着いた色味ながら、しっかりと存在感を示しています。いつも無難な着こなしになってしまう方は、ぜひ参考にしてみてください。

ネルシャツは脇役としても優秀

By: wear.jp

ネルシャツを使ったコーデのバリエーションを増やす上で、ぜひ押さえておきたいのが腰巻きのスタイリング。Tシャツ×デニムのようなシンプルコーデに取り入れれば、簡単に華やかさをプラスできます。

大人らしく着こなすポイントは、ネルシャツ以外の部分を落ち着いた色味で統一すること。ハットと革靴も渋めのブラウンで揃えているため、全体にまとまりが出ています。日中と夕方の気温差が激しい春や秋にぜひトライしてみてください。