今やカジュアルスタイルの定番トップスとして定着した「ネルシャツ」。メインシーズンである秋冬はもちろん、コーディネート次第で春先まで着用できるアイテムです。

ただし、アイテムの選び方によってはラフさが際立ってしまい、野暮ったいイメージを与えてしまうことも。そこで今回は、ネルシャツのブランドと注目モデルをピックアップしました。ネルシャツ選びに苦戦している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ネルシャツとは?

By: amazon.co.jp

ネルシャツとは、「フランネルシャツ」の略称。「フランネル」とは生地表面が起毛した柔らかな毛織物のことです。あたたかみのある質感が特徴で、主に秋冬の着回しに活躍します。

フランネルはもともとウール素材を用いた生地を指しますが、現在ではコットンのほか、ポリエステルなどの化学繊維から作られたモノも存在。コットン製のフランネルは「綿ネル」、厚手のモノは「フラノ」と呼ばれるなど、フランネルのなかでもさまざまな呼称があります。

ネルシャツの魅力は、なんといっても汎用性の高さ。大人カジュアルからストリート系、さらには合わせ方次第できれいめスタイルにもマッチするため、1枚は持っておきたいアイテムです。

ネルシャツの選び方

色や柄をチェック

By: rakuten.co.jp

ネルシャツの定番といえばチェック柄。柄の大きさやカラーの異なるアイテムが各ブランドから豊富に発売されています。

上品な着こなしを目指すなら、こまかいチェック柄のアイテムを選ぶのがベター。カラーはネイビーやグレーを基調とした落ち着いた色味のモノなら、より着こなしやすくなります。ただし、レイヤードしてニットの襟からのぞかせるなど、アクセントとして使うことが多い場合はハッキリとした柄やカラーを選ぶのもアリです。

また、無地のアイテムも使いやすくおすすめ。ネルシャツはチェック柄のイメージが強いため、逆に新鮮味のある着こなしを楽しめます。フランネルの素材感をストレートに味わえるのも魅力です。

サイズ感をチェック

By: rakuten.co.jp

ネルシャツをおしゃれに着こなす上で、特に気をつけたいのがサイズ感です。もともとカジュアルな印象の強いアイテムなので、大きめサイズを選ぶとだらしない印象になりがち。逆にタイトすぎても、古めかしい着こなしに見えてしまう可能性があります。

大人っぽさを出すならジャストサイズがベター。体にほどよくフィットする1着をチョイスしましょう。きれいめに着こなすなら、着丈が短いモノを選ぶとおしゃれにまとまりやすくおすすめです。

ネルシャツのおすすめブランド

パタゴニア(Patagonia)

「パタゴニア」はアメリカのアウトドアブランドです。フリースをはじめとするウェアが看板アイテム。アウトドア用品としての実用性に加えて、タウンユースに適したおしゃれなデザインで人気を博しています。素材にオーガニックコットンを採用するなど、環境に配慮したモノ作りが特徴です。

パタゴニア(Patagonia) フィヨルドレギュラーフィットオーガニックコットンフランネルシャツ

パタゴニア(Patagonia) フィヨルドレギュラーフィットオーガニックコットンフランネルシャツ

丈夫なオーガニックコットンで仕立てられたネルシャツ。全面にカモフラージュ柄をあしらったインパクトのあるデザインで、コーディネートの主役としても活躍するアイテムです。

デニムやチノパンといったカジュアルなボトムスと合わせて、1枚でラフに着用するのがおすすめ。袖の裏側にはチェック柄を採用しており、袖まくりをした際には着こなしのアクセントになります。

カムコ(CAMCO)

「カムコ」はミリタリーやワークといったテイストを得意とする、アメリカのカジュアルウェアブランド。糸の状態で染めて織り上げるこだわりの製法を用いて、ネルシャツやシャンブレーシャツを生産しています。リーズナブルな価格設定が特徴で、コスパを重視する方におすすめです。

カムコ(CAMCO) ヘビーコットンフランネルシャツ

カムコ(CAMCO) ヘビーコットンフランネルシャツ

目が詰まった厚みのあるコットン生地で仕立てられた、丈夫でデイリーユースしやすいネルシャツ。織りムラによる独特の風合いが特徴で、着込むほどに味わいが増していくアイテムです。

生地を斜めにあしらった胸ポケットがデザインのアクセント。60~80年代を彷彿とさせるクラシカルなチェック柄を採用しており、カラーリングとパターンには豊富なバリエーションが用意されています。

ペンドルトン(PENDLETON)

「ペンドルトン」は、アメリカの老舗ウールウェアブランドです。1909年に製造を開始したブランケットが看板アイテム。ネイティブアメリカンの伝統的な柄を取り入れた、インパクトのあるデザインが特徴です。ウェアの展開にも積極的で、現在に至るまで多くの人々に愛され続けています。

ペンドルトン(PENDLETON) オープンカラーチェックシャツ 9475-7000

ペンドルトン(PENDLETON)

ラフな雰囲気を演出できる開襟タイプのネルシャツ。襟元にはボタンループがあしらわれているため、ボタンの閉め方によって印象の異なるスタイリングを楽しめます。

起毛感のあるコットン生地は肌触りがよく、着心地は快適。ボックス型のシルエットを採用するなど、クラシカルなデザインに仕上げています。デニムやワークパンツと合わせて、カジュアルに着こなすのがおすすめです。

ペンドルトン(PENDLETON) CPOシャツジャケット 9475-7006

ペンドルトン(PENDLETON) CPOシャツジャケット 9475-7006

厚みのあるコットン生地で仕立てられたネルシャツ。ライトアウターとして活躍するのはもちろん、コートのインナーとしても使えるため、秋冬のコーディネートで重宝するアイテムです。

大きめのボタンやフロントポケットがデザインのアクセント。インパクトのあるチェック柄が目を引くレッド×ブラックをはじめとして、コーディネートの主役となるカラーリングが揃っています。

ラルフローレン(RALPH LAUREN)

「ラルフローレン」は上流階級のライフスタイルを提案する、アメリカのファッションブランド。イギリスの伝統的なファッションにアレンジを加えた、アメリカントラッドスタイルで人気を博しています。ワンポイントでロゴがあしらわれたポロシャツが看板アイテムです。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) ヴィンテージインディゴフランネルチェックワークシャツ

ラルフローレン(RALPH LAUREN) ヴィンテージインディゴフランネルチェックワークシャツ

生地やボタンにヴィンテージ加工が施された、こなれ感のある風合いが魅力のネルシャツ。素材はコットン100%で、年間を通して着用しやすいアイテムです。

シルエットにほどよいゆとりが設けられているため、1枚で着るのはもちろん、カットソーの上に羽織るのもおすすめ。襟元にはチンストラップが付属しており、デザインのアクセントになっています。

ラルフローレン(RALPH LAUREN) ネイティブフランネルシャツジャケット

ラルフローレン(RALPH LAUREN) ネイティブフランネルシャツジャケット

鹿をモチーフにしたバックプリントを大胆にあしらったネルシャツ。随所にネイティブ柄を取り入れており、あたたかみのあるデザインが目を引きます。

厚手のコットンフランネル生地で仕立てられているため、ジャケットのように羽織って着用しても様になるのがポイント。秋冬シーズンに活躍するネルシャツを探している方におすすめです。

ファイブブラザー(FIVE BROTHER)

「ファイブブラザー」は1890年に創業した老舗ワークウェアブランドです。着心地のよさと耐久性を兼ね備えたウェアで労働者を中心に人気を博し、地位を確立。最近では日本向けにシルエットを見直したアイテムを展開しており、スタイリッシュに着こなせるネルシャツを探している方におすすめです。

ファイブブラザー(FIVE BROTHER) ヘビーフランネルワークシャツ 151960

ファイブブラザー(FIVE BROTHER)

肉厚なコットン生地を使用しており、着込むほどに風合いが増していくネルシャツ。シンプルな無地デザインやチェック柄があり、カラーバリエーションも豊富なので、コーディネートに取り入れやすいです。

負荷のかかる箇所には2本針のしっかりとしたステッチがあしらわれているため、耐久性は抜群。ジャストサイズで着用できる日本規格のアイテムです。

ファイブブラザー(FIVE BROTHER) ライトフランネルワークシャツ 151940

ファイブブラザー(FIVE BROTHER) ライトフランネルワークシャツ 151940

グラデーションによる配色が目を引く、オンブレチェックがあしらわれたネルシャツ。柔らかな肌触りで着心地のよいライトオンスの生地を使用しており、3シーズンにわたって活躍するアイテムです。

ステッチの糸が垂れ下がる空環仕上げを両裾に施すなど、ディテールにまでこだわったデザインが特徴。フロントには猫目ボタンを配し、オールドスクールな雰囲気を演出しています。

ラコステ(LACOSTE)

「ラコステ」は1933年にスタートしたフランスのファッションブランド。トレードマークとして有名なワニ刺繍があしらわれたポロシャツを筆頭に、ウェアや革小物、時計や眼鏡、香水などを幅広く展開しています。エレガントなデザインと快適な着心地が魅力です。

ラコステ(LACOSTE) ボックスチェックネルシャツ

ラコステ(LACOSTE) ボックスチェックネルシャツ

クラシカルなチェック柄があしらわれた、ワークテイストのネルシャツ。襟元をボタンダウンデザインで仕上げることで、きちんと感をプラスしています。

トレンドのボックスシルエットを採用しており、1枚で着用しても様になるのがポイント。カラーリングにはコーディネートのアクセントになる、レッドとブルーの2種類が用意されています。

ラコステ(LACOSTE) ボタンダウンジャージネルシャツ

ラコステ(LACOSTE) ボタンダウンジャージネルシャツ

ハイゲージのジャージ素材で仕立てられたネルシャツ。表面の起毛加工と大きなチェック柄による、あたたかみのあるデザインが目を引きます。

柔軟性・伸縮性に優れているため、着心地は快適。1枚で着用するのはもちろん、カットソーの上からラフに羽織ってもおしゃれなアイテムです。襟元はボタンダウン仕様で、キレイめなコーディネートでも重宝します。

シップス(SHIPS)

「シップス」は日本の大手セレクトショップ。“STYLISH STANDARD”をコンセプトに、トラディショナルな要素を現代的にアレンジしたスタイルを提案しています。ビジネスシーンでも使いやすい、上品なデザインのアイテムを多く取り揃えているブランドです。

シップス(SHIPS) ビッグシルエットチェックCPOネルシャツ

ダークトーンのチェック柄があしらわれた、落ち着きのあるデザインのネルシャツ。スラックスをはじめとするキレイめなボトムスと合わせるだけで、上品に着こなせるアイテムです。

シルエットにゆとりがあるため、ニットやタートルネックの上から羽織りやすいのがポイント。秋から冬にかけてのコーディネートで着回せるネルシャツを探している方におすすめです。

シップス(SHIPS) ストライプフランネルボタンダウンシャツ

ストライプ柄によるきれいめなデザインが目を引くネルシャツ。滑らかな肌触りのツイル生地に機械でじっくりと起毛をかけて、あたたかみのある風合いに仕上げています。

現代的なシルエットを採用しているため、野暮ったくなることなくスマートに着用できるのが魅力。トップスとして活躍するのはもちろん、ジャケットのインナーにも最適なアイテムです。

サニーレーベル(Sonny Label)

セレクトショップの「アーバンリサーチ」が手掛けるオリジナルレーベルです。アメリカの西海岸をイメージしたリラックスカジュアルスタイルを提案。デイリーユースに最適な着心地のよいウェアが揃っています。価格設定は控えめで、コスパを重視する方にもおすすめです。

サニーレーベル(Sonny Label) バンドカラーネルチェックシャツ

グリーンやパープルといった、コーディネートのアクセントになるカラーリングをベースにしたネルシャツ。柔らかな風合いが特徴で、春夏シーズンに重宝するアイテムです。

リラックス感を演出するため、適度に肩を落としたルーズシルエットを採用。バンドカラーの襟元とバランスよくまとまっています。デニムやチノパンと合わせて、ラフに着こなすのがおすすめです。

サニーレーベル(Sonny Label) HEATJOYイージーケア起毛ネルシャツ

サニーレーベル(Sonny Label) HEATJOYイージーケア起毛ネルシャツ

吸湿発熱性のある「HEATJOY」という糸で織り上げられたネルシャツ。柔らかで肌触りのよい生地はシワになりにくく、デイリーユースに最適なアイテムです。

無地のシンプルなデザインにより、さまざまなコーディネートに取り入れやすいのがポイント。春秋は羽織りとして、冬場はニットやスウェットのインナーとして活躍するなど、汎用性に優れています。

ネルシャツのメンズコーデ

ネルシャツをカットソーの上から羽織った定番コーデ

By: zozo.jp

ネルシャツをカットソーの上から羽織った、春秋シーズンにおすすめの定番スタイル。タイトすぎないサイジングにより、リラックスした雰囲気を演出しています。

足元にはカジュアルなスニーカーを選択。トップスとボトムスをあたたかみのある色合いで揃えるなかで、ホワイトのインナーが着こなしのアクセントになっています。

バンドカラーのネルシャツとハイネックカットソーによるレイヤードスタイル

By: zozo.jp

バンドカラーのネルシャツとハイネックのカットソーをレイヤードした、立体感のあるコーディネート。下半身にはレザーシューズとハリのある生地感のワイドパンツを選択して、品よくまとめています。

全体がゆったりとしたシルエットながらも、ダークトーンを中心とした配色によってシャープに見えるのがポイント。無地のネルシャツはスタイリッシュなファッションを楽しみたい方におすすめです。

ネルシャツを起毛感のあるアイテムと合わせて季節感を演出

By: zozo.jp

ブルゾンに合わせるインナーとしてネルシャツを選択。起毛感のあるアイテムを多用することで、あたたかみのある装いが完成しています。

ボリューミーなアウターに対して、細身のパンツでバランスをとっているのがポイント。チェック柄のネルシャツは、落ち着いた印象になりがちな秋冬のコーディネートのアクセントとして活躍します。

ネルシャツをカーディガンとレイヤードして品よく着こなす

By: zozo.jp

ケーブル模様があしらわれたカーディガンを主役にしたコーディネート。起毛感のあるネルシャツとのレイヤードで、秋冬らしいあたたかな雰囲気を演出しています。

ボトムスにはセンタープリーツの入ったウールパンツを選択。モノトーンで統一したカラーリングによって、コーディネートが大人っぽくまとまっています。