2台のパソコン間で、データの移行やコピーをしたいときに活躍するアイテムが「リンクケーブル」。USBメモリや外付けHDDを経由する手間を省き、データをダイレクトに転送できるため非常に便利です。

そこで今回は、おすすめのリンクケーブルをご紹介します。選ぶ際のポイントついても解説するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

リンクケーブルとは?

By: amazon.co.jp

リンクケーブルとは、2台のパソコンを接続するための製品です。データの移行やコピーといった操作をスムーズに実行したい方におすすめのアイテム。パソコンに保存したデータをバックアップしたり、新しく購入したパソコンにデータを移行したりなど、さまざまなシーンで活躍します。

USBメモリや外付けHDDを経由する必要がないほか、クラウドサービスを使うよりも時間を短縮しやすいのがメリットです。外出先でも手軽に作業をおこなえます。

また、1組のマウスやキーボードで、2台のパソコンを操作できるのも特徴。外回りから持ち帰ったノートパソコンと、オフィスのデスクトップPCを並べて作業するような場面などに重宝します。2組の入力デバイスを置く必要がないため、机の上をスッキリと使えるのも嬉しいポイントです。

リンクケーブルの選び方

対応OSをチェック

By: amazon.co.jp

リンクケーブルを選ぶ際は、自分が使用しているパソコンのOSに対応しているかをチェックしましょう。WindowsとMacOSの両方に対応した製品が多いものの、なかにはMacOS非対応のモデルもあるので注意が必要です。

対応OSの確認を怠ると、データを転送する際になって動作しない場合があります。利用するパソコンの種類が不明の場合は、両方のOSに対応したモデルを購入してみてください。

端子形状をチェック

By: elecom.co.jp

パソコンが搭載しているUSBポートの形状には、Type-AとType-Cの2タイプがあります。ほとんどのリンクケーブルが採用している端子形状はType-Aです。Type-Aを採用したモデルの場合、Type-Cポートを搭載するパソコンにはダイレクトに接続できません。

MacBookなどのType-Cポートしか備えていない機器を利用する場合は、変換アダブターの準備を忘れないようにしましょう。なかには、Type-C変換アダブター付きの製品がラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

転送速度をチェック

By: amazon.co.jp

リンクケーブルの転送速度にも注目しましょう。USB2.0規格に対応した製品の最大転送速度は480Mbps。小容量データを扱う分には支障ありませんが、大容量データを移行する場合はUSB3.0(USB3.1 Gen1)の規格に対応したモデルがおすすめです。

USB3.0規格の最大転送速度は5Gbpsと高速。古いデバイスから新しいパソコンへの引っ越しや、保存しているデータをまるごとバックアップするような作業を短縮できます。

デスクトップで使う場合はケーブルの長さに注意

By: elecom.co.jp

リンクケーブルには、さまざまな長さの製品がラインナップされています。机の下に設置されたデスクトップとノートパソコンを接続する場合、余裕を持った長さが必要なので注意しましょう。

一方で、ケーブルが長すぎても作業の妨げになるため、長ければ長いほどよいわけではありません。利用する環境に応じて、適切な長さの製品を選ぶことが大切です。

リンクケーブルのおすすめモデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ドラッグ&ドロップ対応USB3.0リンクケーブル KB-USB-LINK4


WindowとMacOS間でのデータ転送も可能

USB3.0対応のリンクケーブルです。最大5Gbpsの高速データ転送が可能。古いパソコンから新しいパソコンへデータを引き継ぐなど、大量のファイルをまとめて移行したいシーンで活躍します。また、高解像度の写真やビデオなど、大容量データのバックアップにも便利です。

リンクケーブル内に「Smart Data Link」を格納しているのも特徴。初めて接続したパソコンにもドライバーが自動でインストールされるため、面倒な準備作業が必要ありません。

WindowOSとMacOSに対応しているので、Windows同士はもちろん、WindowとMacOS間でのデータ転送もおこなえます。使い勝手のよいモデルが欲しい方はチェックしてみてください。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ドラッグ&ドロップ対応Type-Cリンクケーブル KB-USB-LINK5


デスク上をスッキリさせられるのも魅力

片方にUSB Type-C端子を搭載したリンクケーブル。MacBookなど、Type-C端子を備えるパソコンを使っている方におすすめです。また、ドライバー内蔵のため、繋ぐだけですぐに利用を始められます。

ドラッグ&ドロップに対応しているのも特徴。書類やファイルなどの移行作業を直感的におこなえます。さらに、コピー&ペーストにも対応しているのもポイントです。1組のマウスとキーボードがあれば、2台のパソコンを同時に操作できます。2台分の入力デバイスが不要なので、デスク上をスッキリさせられるのも魅力です。

ノートパソコンを接続する場合は、キーボードとトラックパッドだけで操作可能。MacOSやWindowsPCはもちろん、WindowsOSを搭載したタブレット端末にも使えます。

エレコム(ELECOM) Type-C変換アダプタ付き リンクケーブル UC-TV6BK


最大5Gbpsの転送速度を実現

USB Type-C変換アダプタ付きのリンクケーブル。WindowsとMacOS両方のパソコンを利用する方におすすめです。変換アダプタを持ち歩く面倒がなく、USBポートの形状に合わせてスマートに使用できす。また、USB3.0に対応しているため、最大5Gbpsの転送速度を実現しているのも特徴です。

データの移行作業はドラッグ&ドロップでおこなえて簡単。付属のソフト「Go! Bridge」をインストールすれば、Windowsの「エクスプローラー」感覚で扱えるなど使い勝手も良好です。

エレコム(ELECOM) Type-C変換アダプタ付き リンクケーブル UC-TV5BK

Type-C変換アダプタを備えたUSB2.0規格対応のリンクケーブル。書類や写真などのデータを移行するのにおすすめです。WindowsとMacOS両方に対応し、さまざまなパソコンと接続できます。

1台のマウスで2台のパソコンを自由に行き来できるのも特徴。ファイルをドラッグ&ドロップで移動させたり、テキストをコピー&ペーストしたりと直感的に操作できます。ドライバーのインストール作業が必要なく、接続してすぐに使い始められるのもポイントです。

j5 create リンクケーブル WORMHOLE SWITCH リンクケーブル JUC500

高速なデータ転送を実現するリンクケーブル。USB3.0規格に対応しており。最大5Gbpsの転送速度を実現しています。写真・ビデオ・音楽など、大容量データの移行やバックアップにおすすめです。Windowsで使えるはもちろん、Type-C変換アダブターを用意すれば、MacOSでも使用できます。

1組のマウスとキーボードで、2台のパソコンを同時に操作できるのも魅力。USB2.0規格にしか対応していないパソコンでも利用できるので、気になる方はチェックしてみてください。

CableMatters USBリンクケーブル 202067

WindowsとMacOSの両方に対応したリンクケーブル。2種類のパソコンを利用している方におすすめです。Windows同士はもちろん、WindowsとMacやMac同士でも使用可能。また、ドラッグ&ドロップ操作に対応しているため、ファイルやフォルダーを簡単に移行できます。

転送速度は最大5Gbpsと高速。大容量データの転送をスピーディーにおこなえます。さらに、長さ2mのケーブルを採用しており、パソコンが多少離れていても接続しやすいがポイントです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) ドラッグ&ドロップ対応USB2.0リンクケーブル KB-USB-LINK3K

安い価格が特徴のリンクケーブルです。気軽に購入できる製品が欲しい方におすすめのモデル。USB2.0に対応しており、容量のあまり大きくないデータ転送やバックアップなどの用途に適しています。

長さ約1.8mのケーブルを採用。デスク下に設置したパソコンと接続する場合でも、余裕を持って繋げられます。また、柔らかい素材を使用しているため、小さく丸めて持ち運ぶことが可能です。手軽に使えるモデルを探している方は購入を検討してみてください。

エレコム(ELECOM) リンクケーブル UC-TV3BK

WindowsPCのデータ移行におすすめのリンクケーブル。ドラッグ&ドロップ操作に対応しているため、ファイルやフォルダーの移動作業を直感的におこなえます。USB Type-Aポートを搭載するパソコンにぴったりのモデルです。

ドライバーを内蔵しているので、自動的にインストールされるのも魅力。USB2.0に対応しており、最大480Mbpsでデータ転送します。ただし、MacOSには非対応のため、購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

バッファロー(BUFFALO) USBリンクケーブル BSU2LC01IV

長さ2mのケーブルを採用したモデル。比較的長めなので、2台のパソコンが離れていても繋ぎやすいリンクケーブルです。足元に設置したデスクトップPCと、机の上に置いたノートパソコンを接続する場合などに重宝します。

USB2.0規格に対応しており、最大480Mbpsでのデータ転送が可能です。Windowsのパソコン同士を繋げたい方はチェックしてみてください。

j5 create リンクケーブル WORMHOLE SWITCH JUC100

使い勝手に優れたリンクケーブル。ドライバーのインストールが不要で、パソコンのUSB Type-Aポートに差し込むだけですぐに使えます。手軽にデータ転送やコピーなどをおこないたい方におすすめです。友人と好きな写真や音楽ファイルなどを交換するような用途にも適しています。

ケーブルの長さが1.8mあるので、接続するパソコン同士が多少離れていても安心です。また、1台のマウスで2台の機器を自由に移動できるなど、操作性にも優れています。