ポイズンリムーバーと聞いてもピンと来ない人がいるかもしれません。毒のある生き物に刺された時に、傷口にあてて、安全に毒を身体から吸い出すための道具がポイズンリムーバーです。

実際に目にする機会は少なく、必要性を感じにくい道具かもしれません。しかし、山には蜂にアブ、ブヨに蚊など、多くの毒を持った虫が人間を狙っています。その他にも蛇の存在も考えられますし、水辺には毒を持った魚やその他の動物が多く存在しています。アウトドアで遊ぶからには、ひとりにひとつずつとは言いませんが、せめてパーティーにひとつは用意しておいた方がいい道具のひとつ。

今回は、そんなポイズンリムーバー使い方のポイントと、おすすめのアイテム5つをご紹介します。

ポイズンリムーバーの使い方

絆創膏や消毒液などと一緒に、エマージェンシーキットに加えて欲しいポイズンリムーバーですが、使用に際していくつかの注意点があります。

吸引

ポイント1:なるべく刺されてすぐに使うこと

虫に刺されたあとできるかぎり早急に使用し、毒を吸い出すことをおすすめします。毒は刺された箇所から血液に混ざり、時間が経つに連れて、身体中を毒素が巡っていくのです。毒が皮膚の表面にとどまっている段階で素早く吸引すれば、身体に与える症状を最小限に食い止めることが可能。

また、皮膚に刺された時に残った針がある場合は、早い段階で処置すればするほど、針が取り除きやすくなります。そうすることで毒を吸い出すことはもちろん、皮膚へのダメージも最小限に抑制可能。

ポイント2:事前に使い方に慣れておくこと

ポイズンリムーバーは緊急時に使用する道具。虫に刺された時に、平常心を保っていられるかどうかはわかりません。使用するにあたってそれほど難しい操作は必要ありませんが、出かける前にあらかじめ器具の操作に一通り慣れておくことが重要。慣れてさえいれば、いざという時にあわてずに、正確に対処できます。

ポイント3:処置した後の皮膚のケアを怠らないこと

ポイズンリムーバーを使って、毒を吸い出してしまえばあとはおしまい、というわけではありません。体内から、完全に毒が抜けたわけではないので、刺された箇所は傷になっています。そのままにしておくと、そこからまた別の感染症にかかるおそれがあります。血液と一緒に吸いだされた毒を拭うことも必要。あらためて患部の汚れを拭き取り、軟膏を塗った上で絆創膏などで保護しておく必要があります。

ポイント4:処置後は必ず医師に診てもらうこと

毒を吸い出したといっても、あくまでポイズンリムーバーは応急処置。刺したものの毒の性質や、刺された人の体質の問題で、アナフィラキシーショックに陥ることもきちんと考慮してください。

できるだけ早い段階で、医師に診察してもらうことをおすすめします。その際は刺された時の状況をなるべく詳しく伝えましょうね。症状が出ても出なくても念には念をという気持ちでいることが身を守る最善の策ですね。

おすすめのポイズンリムーバー5選

エクストラクター ポイズンリムーバー AP011

1.エクストラクター ポイズンリムーバー AP011

商品価格 ¥ 2,390

プラスチックの透明なケースに入った、ポイズンリムーバー。ケースの中には、本体の他に4種類の大きさのカップが入っています。傷口や腫れの大きさに合わせて適切なカップを選択可能。

他のものとは多少使用方法が異なるので注意が必要。あらかじめピストンを引いておいて、先端を患部に当てたら最後までピストンを押しきると吸引が開始されます。スポイトのような形状をしているので勘違いされがちですが、あくまでピストンを押すことで吸引力が生まれるのです。このようにものによって使い方が異なるので、器具の操作にあらかじめ慣れておくことが必要不可欠。

NEW エクストラクター ポイズンリムーバー

2.NEW エクストラクター ポイズンリムーバー 携帯用ソフトケース付

商品価格 ¥ 1,930

こちらは青いソフトケースに入ったポイズンリムーバー。ケースの内側にはメッシュポケットが付いているので、毒を吸引後に患部を保護するための絆創膏などを一緒に入れておくことができます。

本体自体は先に紹介したものとほぼ同じですが、このセットには形状の異なるカップが付属。楕円形をしているカップで、その用途は毒蛇に噛まれたとき用です。毒蛇に噛まれたときの歯型を想定した形状につくられています。蛇が出没する可能性のあるフィールドに出かける方に最適。

アスピラボ(ASPILABO) アスピブナン APV1100000

3.ASPILABO(アスピラボ) アスピブナン APV1100000

商品価格 ¥ 2,526

本体自体の機能や使い方は先に紹介したふたつのアイテムと同様のポイズンリムーバー。異なる点は収納ケースで、前のふたつと比べて圧倒的にコンパクトに収納可能。

めったに使うことにない道具にもかかわらず、バックのなかでかさばってしまうのがこれまでのポイズンリムーバーの難点でした。しかし、このポイズンリムーバーは他の道具に押し潰されることのないしっかりとしたケースに入っていながら、今までの収納スペースの半分程度で済む大きさ。ミニマリストの方にはおすすめ。

ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー 00050008

4.ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー 00050008

商品価格 ¥ 640

とてもシンプルで、コンパクトなポイズンリムーバーです。吸口は大小の2種類があって、刺された箇所の大きさにあわせて使い分けが可能。他のアイテムとくらべてとても安価なので手に入れやすく、もしものためのエマージェンシーキットに加える事ができます。普段持ち歩く程度に最適なポイズンリムーバー。

エフ・ジー・ラボ(F.G.Labo) ポイズンリムーバー

5.F.G.Labo(エフ・ジー・ラボ) ポイズンリムーバー

商品価格 ¥ 1,380

片手で吸引できて、なおかつ吸引力を自分で調節できるポイズンリムーバー。これまで紹介したアイテムは、吸引の際の操作は1回だけ。一度引いてしまえば、あとはじんわりと毒が吸い出されていくのを待つだけでしたが、このアイテムは違います。吸引力が足りなければ、さらに2度3度とレバーを引いて吸引力を高めることができます。

吸ったあとはどうしても皮膚に痣のような跡が残ってしまいますが、毒が体内に残っているよりははるかにマシです。このアイテムも、フィールドに出かける前に必ず使い方を試してみることをおすすめします。