1940年代に過酷なミッションを達成する軍人の命を守るミリタリーウェアとして開発された「MA-1ジャケット」。優れた機能性と着回しのしやすいデザインが受け入れられ、今ではアウターの定番として人気のあるジャケットです。

今回は、そんなMA-1ジャケットのおすすめブランドをご紹介。選び方や着こなしポイント、コーデについても解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

MA-1ジャケットとは?

By: item.rakuten.co.jp

MA-1ジャケットは、1940年代にアメリカ空軍で採用されたナイロン製のジャケットのことです。動きやすさや防寒性能の高さから、多くのパイロットに愛用されました。

特徴として、コックピット内で座った時に裾を踏まないよう、後ろ身頃の方が前身頃より丈が短くなっていることが多いです。また、ジャケットの内側はエマージェンシーカラーとしてオレンジ色になっているモノが有名。

MA-1ジャケットの選び方

By: item.rakuten.co.jp

腕周りが太めに作られているMA-1ジャケットは、野暮ったく見えてしまう場合があるので注意が必要です。大人コーデに取り入れる際は全体的にスリムなシルエットのモノを選ぶと、エレガントに着こなせるのでおすすめ。ミリタリー感を抑えたい場合は、カーキではなくブラックやネイビーなどのダークカラーを選びましょう。

MA-1ジャケットのおすすめブランド
アルファインダストリーズ

アルファインダストリーズは1959年にアメリカで設立した、ミリタリーファッションブランドです。アメリカ国防総省と契約して製品を供給するなど、軍にも信頼されている確かな品質と機能を有するウェアコレクションをラインナップしています。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) TIGHT 20004

「TIGHT」シリーズは、日本人の体型に合わせて作られているのが特長。左腕のシガーポケット部分には、ブランドを象徴する赤いタグ付きです。リバーシブルとして着用でき、内側はエマージェンシーカラーであるオレンジ色になっている本格仕様となっています。

MA-1ならではの高い機能性は持ちつつも、大きすぎない程よいボリューム感で都会的に着こなせる1着です。

MA-1ジャケットのおすすめブランド
アスペジ

「アスペジ」は元々良質なシャツの製造を行うメーカーでした。その後、厳選した素材からつくるベーシックで機能的な服を提供するトータルファッションブランドとして成長を果たします。ラインナップしているアイテムに関しては、MA-1と同等の人気があるミリタリーウェア「M-65」が代名詞です。

アスペジ(ASPESI) MA-1ジャケット

「Thermore」と呼ばれる高機能中綿素材を採用しており、軽量かつ保温性に優れているのが特長。製品染めにより生み出されるマットな質感が印象的です。

カーキとオレンジのクラシックなカラーリング、短めの丈、シガーポケットなどMA-1特有のディテールは盛り込みつつ、全体的にタイトなシルエットになっているので都会的に着こなせます。ジーンズからスラックスまで幅広く合わせられる1着です。

MA-1ジャケットのおすすめブランド
バズリクソンズ

バズリクソンズは1993年に東洋エンタープライズ株式会社がスタートした、日本のミリタリーブランドです。「フライトジャケットの真のレプリカを作る」をコンセプトとし、細かなディテールにこだわった本格仕様のミリタリーコレクションをラインナップしています。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON'S) HORSE HIDE WILLIAM GIBSON COLLECTION

ナイロン素材ではなく、厚みのある高級な馬革を採用したMA-1ジャケットです。ライニングには赤茶色のキルティング素材があしらわれています。スタイリッシュでありながらも着心地と防寒性能が高められているのがポイントです。

また、使い込むほどにレザーの経年変化の味がを楽しめるのも魅力。ライダースのような雰囲気を持っているので、ワイルドなコーデに取り入れるのにおすすめ。

MA-1ジャケットのおすすめブランド
タトラス

イタリアのファッションブランド「タトラス」。ポーランド産のホワイトグースを採用した高品質なダウンジャケットが代名詞となっています。「in everywhere」をコンセプトに機能性とデザイン性を兼備した、洗練された製品をリリースしているのが魅力です。

タトラス(TATRAS) ティモ(TIMO)

シャリ感のあるナイロン素材とやわらかな肌触のウール素材が用いられた、リバーシブルタイプのMA-1ジャケットです。ナイロン素材の方にはシガーポケットやペン挿し、パイロットが酸素マスクを固定するのに使うオキシジェンタブなど本格的なMA-1ジャケットの仕様を再現しています。ウール素材の方はウエスト部分にフラップボタンがあるだけのシンプルな仕様です。

表・裏で表情が全く違うので、着回しがしやすいのが魅力。ヘビーユースにぴったりのMA-1ジャケットです。

MA-1ジャケットのおすすめブランド
アヴィレックス

AVIREXは、アメリカ空軍に正規支給品として数多くのフライトジャケットを納めていた歴史あるブランドです。質が高く、厳しい環境下にも耐えうる丈夫さが人気。また、洗練されたデザインとどこか懐かしいノスタルジックな味わいが世界中のユーザーを魅了しています。

アビレックス(AVIREX) FLAING SHARKS

左腕部分に、サメの牙の刺繍が大胆に施されているのが印象的なMA-1。リバーシブル仕様で、裏面はオレンジカラーとなっており、刺繍などの装飾がないシンプルなデザインとなっています。

中綿には軽量かつ保温性に優れいてる「THERMOLITE」素材を採用しているので、防寒性もバッチリ。ややボリューム感のある武骨なデザインで、ジーンズと合わせたアメカジスタイルからミリタリーコーデまで幅広く対応できます。

MA-1ジャケットの着こなしポイント

ポイント1|トップスの丈感は長めをチョイス

By: item.rakuten.co.jp

MA-1ジャケットに合わせるトップスは、丈感が長めのモノを選ぶのがポイント。MA-1の裾からトップスの丈が見えるように着用することで、縦のレイヤードができ、脚長効果が期待できます。また、タートルネック、スウェットとも相性抜群で、寒い時期には暖かく着こなせるのでおすすめ。

ポイント2|ボトムスはスリムに

By: item.rakuten.co.jp

ボトムスは、スリムめのパンツを合わてスッキリまとめるのがトレンドです。王道は、デニムパンツと合わせたアメカジコーデですが、黒のテーパードパンツと合わせれば都会的に着こなせます。また、ラフに着こなしたいという方はダボすぎないワイドパンツで合わせるのもおすすめです。

ポイント3|シューズはローカット

By: item.rakuten.co.jp

MA-1ジャケットには、ローカットの靴を合わせましょう。ハイカットのゴツめのブーツなどを合わせるとミリタリー感が強くなってしまいます。ローファーや白のスニーカーと合わせれば、スタイリッシュにまとまるのでおすすめです。

MA-1ジャケットのメンズコーデ

MA-1ジャケットとオーバーオールを合わせたラフなカジュアルコーデ

By: zozo.jp

ウォッシュ加工が施されたブルーデニムのカバーオールにセージグリーンのスリムなMA-1ジャケットを羽織った、ラフなイメージのカジュアルコーデです。インナーに合わせたグレーのフード部分を、敢えてMA-1ジャケットの上から出すことで、首元にアクセントを加えています。

バーガンディカラーのワークブーツの武骨なイメージとオーバーオールのルーズなシルエットが相まって、力の抜けた緩やかなイメージにまとまっているのがポイント。

スキニーパンツを合わせて都会的な印象に

By: zozo.jp

スキニーパンツを合わせた都会的なカジュアルコーデ。グレーのスウェットとカーキのMA-1ジャケットは相性抜群です。程よいボリューム感があるMA-1ジャケットを着用する際は、スリムめなパンツと合わせることでスッキリとまとめることができ流のでおすすめ。

カモフラージュ柄を合わせてミリタリー感を強調

By: zozo.jp

カモフラージュ柄のパンツにネイビーのMA-1ジャケットを羽織った、ミリタリー感を強調したコーデです。

腕時計のホワイトが全体を引き締めるアクセントになっており、武骨なミリタリー調をセンスよくまとめ上げています。

MA-1ジャケットとネクタイを合わせたカッチリめコーデ

By: zozo.jp

グレーのネクタイを合わせた、ビジネスカジュアルテイストのカッチリめコーデです。全体をブラックで統一したことで大人っぽくまとめられています。

ネクタイにカモフラージュ柄を選んだことで、さり気なくミリタリー調を想起させる粋なアクセントに仕上げられているのがポイントです。