優れた機能性と着回しのしやすいデザインが受け入れられ、定番アウターとして定着しつつある「MA-1ジャケット」。毎年数多くのブランドから新製品がリリースされています。

そこで今回は、MA-1ジャケットを選ぶ際にまずチェックしておきたい人気ブランドのおすすめアイテムを一挙にご紹介します。選び方のポイントや着こなしのヒントとなるコーディネート例もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

MA-1ジャケットとは?

By: amazon.co.jp

MA-1ジャケットはフライトジャケットの一種で、もともとはコットン製だったB-15ジャケットを改良することで生まれました。より機能性を高めるべく、素材にはナイロンを採用し、ムートン襟はシンプルなニット襟へと変化。機動性と保温性を兼ね備えたMA-1ジャケットは、長きに渡り多くのパイロットから支持されてきました。

また、「レスキューオレンジ」と呼ばれるカラーの裏地が採用されているのもMA-1ジャケットの特徴。墜落などの緊急時に裏返して着用することで、救助隊に発見されやすいようにと考慮された仕様です。他にも、左上腕部にシガレットポケットとペンホルダーを備えるなど、独特のディテールを有しています。

MA-1ジャケットの選び方

スリムなデザインを選ぶ

By: amazon.co.jp

ミリタリーアイテムならではのワイルドさを持つMA-1ジャケット。ルーズなシルエットのモノは、より厳つさが前面に出るため着こなしの難度が上がります。大人らしい着こなしを目指すなら、コンパクトなシルエットのアイテムをチョイスするのがおすすめです。

無駄な装飾がない方が使いやすい

By: amazon.co.jp

ワッペンが多数あしらわれたMA-1ジャケットはインパクト抜群ですが、着回しやすさを考えると避けた方が無難。極力シンプルなアイテム選びを心がけましょう。デザイン面で差をつけたい方は、ディテールにさりげない遊び心が感じられるモノなど、汎用性に問題のないアイテムをチェックしてみてください。

色で選ぶ

ファッションアイテムとして人気が高いMA-1ジャケットはカラーバリエーションも豊富ですが、特におすすめなのはカーキ、ネイビー、ブラック。どれも取り入れやすい色なので、カラー選びで悩んでいる方はまずこの3色をチェックしてみてください。

定番カラーのカーキ

By: amazon.co.jp

ワイルドさ、武骨さを重視するなら、カーキカラーを選ぶのがおすすめ。デニムとの相性は抜群で、男らしいカジュアルスタイルを実現できます。また、カーキの中でも明るめのモノからくすんだモノまで幅があるため、自分好みの色味を探す楽しみがあるのも魅力です。

スタイリッシュな印象のネイビー

By: amazon.co.jp

ミリタリーテイストが強いカーキとは対照的に、スマートな印象で着こなせるのがネイビーのMA-1ジャケット。細身かつシンプルなデザインのアイテムであれば、キレイめアイテムで揃えたコーディネートにも難なくフィットします。

着まわしやすいブラック

By: amazon.co.jp

カジュアル、キレイめのどちらにも使える汎用性の高さが魅力のブラック。コーディネートがまとまりやすいので、MA-1ジャケットに初トライする方にもおすすめです。クールな雰囲気で、都会的なスポーツMIXコーデを作るアウターとしても重宝します。

MA-1ジャケットのおすすめブランド

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

「アルファインダストリーズ」は、アメリカのミリタリーブランドです。1950年代から米軍向けに軍用ジャケットを供給してきた同ブランドのMA-1ジャケットは今でも特別な存在で、世界中のファンを魅了しています。伝統的なディテールを備えた本格派アイテムをぜひチェックしてみてください。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) MA-1 タイト ミリタリーフライトジャケット

アルファインダストリーズのMA-1ジャケットを、日本人向けのサイズで作った人気アイテムです。美しいシルエットで、野暮ったくなりにくいのが特徴。リバーシブルでの着用も可能で、内側はMA-1特有のレスキューオレンジカラーです。

本格派ミリタリーブランドならではのディテールもメンズのおしゃれ心をくすぐるポイント。フロントジッパーの後ろには、風の侵入を防ぐストームフラップを搭載。また、シガレットポケットのジッパーに取り付けられた赤タグは、アルファインダストリーズの象徴でもあります。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) MA-1 ライトシェル

ライトな着心地で、春や秋にサッと羽織るのに最適なMA-1ジャケットです。軽量性を実現するために、中綿には人工羽毛の「プリマロフト」を採用。薄いのにしっかりと暖かく、ガシガシと着回すデイリーユースアイテムとして重宝します。

シルエットは全体的にコンパクトで、現代的な着こなしにしっかりフィット。スマートさを重視する方におすすめです。また、裏地にはあえてレスキューオレンジのカラーにせず、ミリタリー感が軽減されています。そのため、MA-1ジャケットの厳つさが苦手な方でもトライしやすいアイテムです。

トイズマッコイ(TOYS McCOY)

ヴィンテージ感溢れる復刻アイテムが人気の「トイズマッコイ」。映画「大脱走」で広く知られる俳優スティーブ・マックイーンの熱烈な支持者である岡本博氏によって設立された同ブランドには、メンズの心を揺さぶるアイテムが満載です。精巧なディテールからは、トイズマッコイならではのこだわりが感じられます。

トイズマッコイ(TOYS McCOY) MA-1 ALBERT TURNER

初期型のMA-1ジャケットである「MIL-J-8279A」を完全復刻した、トイズマッコイらしさに満ちたアイテム。米国空軍に多くの飛行服を納品していたアルバートターナー社製のモデルをベースに作られており、同社の実名タグまで忠実に再現しています。

左袖には記章をあしらい、デザインのアクセントに。酸素マスクのホースを固定するための「オキシジェンタブ」が胸部に施されているのもポイントです。素材には肉厚なナイロン生地を採用し、素材感までしっかりと再現されています。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI)

「ティーケー タケオキクチ」は、「タケオキクチ」の派生ブランド。タケオキクチらしい遊び心のあるデザインを引き継ぎつつ、ストリートテイストがプラスされているのが特徴です。MA-1ジャケットは、ミリタリーブランドのアイテムとは一線を画す都会的な雰囲気でスマートに着こなせるモノが揃います。

ティーケー タケオキクチ(tk.TAKEO KIKUCHI) メランジヘリンボーンリバーシブルMA-1

ミリタリーらしいディテールを削ぎ落とし、とことんシンプルに仕上げた1着。ベーシックなデザインゆえに、メランジヘリンボーン生地の独特な表情が際立っています。落ち着いた色味のカラーラインナップもおすすめポイントです。

本製品はリバーシブル仕様で、裏面は斜めの切り替えラインが入ったカジュアルなデザイン。光沢のあるサテン生地の質感も特徴的です。表裏で印象がガラリと変わるので、1枚持っているだけで幅広い着こなしが実現できます。

ディーゼル(DIESEL)

1978年にイタリアで誕生した「ディーゼル」。デニムブランドとしてスタートし、カジュアルウェアの分野で確固たる地位を得た同ブランドは、現在ホームコレクションまで手がけるライフスタイルブランドへと進化しました。ベーシックな着こなしでは満足できない大人にぴったりの、こだわりに満ちたアイテムが揃います。

ディーゼル(DIESEL) MA-1 Jacket J-WAPUSK

オールブラックでクールな雰囲気が漂うMA-1ジャケットです。胸部には質感や光沢具合の異なるテープを張り巡らし、ディーゼルらしいひねりの効いたデザインに。個性を押し出しつつ、色味を絞ることで着回しやすいアイテムに仕上げているのもポイントです。

ナイロン生地は、光沢を抑えたマットな質感のモノを採用。ワイルドさと落ち着きを兼備した大人の着こなしが実現できます。しっかりと存在感があるアイテムなので、シンプルなインナー、ボトムスを合わせてコーディネートするのがおすすめです。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は、米国空軍に多くのフライトジャケットを納入した実績を持つ本格派ミリタリーブランド。「インディー・ジョーンズ」「トップガン」といった人気映画で採用された同ブランドのフライトジャケットはファッションアイテムとして根強い人気を誇り、現在も多くのファンを抱えています。

アヴィレックス(AVIREX) MA-1 COMMERCIAL ジャケット

レスキューオレンジの裏地やシガレットポケットなど、MA-1ジャケットらしいディテールをしっかりと備えた王道モデルです。注目すべきは、美しいシルエット。プレーンなデザインゆえに、計算しつくされたコンパクトなフォルムが際立ちます。

また、本格派ミリタリーブランドならではの優れた機能性も見逃せないポイントです。中綿には軽量で、かつ高い保温性を有する「サーモライト」素材を採用。無駄な厚みをなくすことで、重ね着しても動きやすいアイテムに仕上がっています。

タトラス(TATRAS)

都会的な印象の高品質アウターが人気のファッションブランド「タトラス」。特にダウンジャケットはブランドの代名詞ともいえるアイテムで、最高級ホワイトグースダウンを採用しているのが特徴です。MA-1ジャケットもダウンを取り入れたアイテムが揃っています。

タトラス(TATRAS) ティモ

表面と裏面で印象の異なる着こなしを楽しめる、リバーシブル仕様のアイテムです。表面は、MA-1ジャケットでは珍しいウール素材を採用。毛羽立ちを抑えた滑らかな生地感が、大人らしさを醸し出しています。

また、裏面にはナイロン素材を採用。ダウンを採用しているためボリューム感があり、カジュアルな雰囲気で着こなせます。定番のMA-1ジャケットを既に持っている方にもおすすめしたい、デザイン、品質共にこだわりぬかれた1着です。

ロスコ(ROTHCO)

「ロスコ」は、1953年にアメリカ・マンハッタンで設立されました。米軍の供給メーカーとして長い歴史を持ち、ミリタリーファンから高い評価を得ています。手に届きやすい価格で、ミリタリーウェアに初めてトライする方にもおすすめのブランドです。

ロスコ(ROTHCO) MA-1 フライトジャケット

多くのミリタリーウェアを扱うロスコのなかでも、人気が高い定番アイテムです。デザインは至ってシンプル。クラシックなMA-1ジャケットの雰囲気が味わえます。

日本人の体型にフィットしやすいサイズ感で、ボリューム感も抑えられているためスッキリと着られます。リバーシブル仕様のため、その日のコーデに合わせられるのも魅力です。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH)

トレンドを押さえた旬なアイテムが揃うセレクトショップ「ビューティアンドユース」。おしゃれなインポートアイテムのほか、オリジナルアイテムも精力的に展開しています。キレイめな着こなしにも合わせやすいMA-1ジャケットを探している方におすすめのブランドです。

ビューティアンドユース(BEAUTY&YOUTH) リバーシブル パデッド MA-1

落ち着いた雰囲気で、大人らしい着こなしをサポートしてくれるおすすめのMA-1ジャケット。キルトステッチを施したあたたかみのある生地感が特徴です。リバーシブル仕様で、裏面はシンプルに徹したプレーンなデザインを楽しめます。

また、ややゆとりのあるサイズ感ながら、絶妙なショート丈に設計されているためスッキリと着こなせるのもポイント。テーパードシルエットのスラックスなど、キレイめのボトムスと相性抜群です。MA-1ジャケットを今っぽく着こなしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヒューストン(HOUSTON)

「ヒューストン」は、1972年に設立された日本のミリタリー&アメカジブランドです。代表的なアイテムは「M-51 PARKA」。映画「踊る大捜査線」の衣装に採用されたことで一躍有名になりました。時代にフィットしたサイジングやデザインでアップデートされたミリタリーウェアは、タウンユースにも最適です。

ヒューストン(HOUSTON) MA-1

実用性を高める工夫が随所に散りばめられた、日本製のMA-1ジャケット。本製品は地上勤務員専用モデルをベースとしており、戦闘機搭乗員用MA-1ジャケットの特徴であるレスキューオレンジの裏地は使われていません。その分ミリタリー感が和らぎ、普段使いしやすいデザインに仕上がっています。

フロントには、掴みやすい大きめのダブルジップを採用。リブニット部分の密度を高めることで、着回した場合でも襟がへたりにくくなるよう配慮されています。日本ブランドならではのこだわりが詰まったおすすめの1着です。

ショット(Schott)

ライダースジャケットの代表的ブランドとして広く知られる「ショット」。職人によって生み出されるレザーアイテムは、確かな品質でファンを魅了し続けています。フライトジャケットのバリエーションも豊富なため、MA-1ジャケットを探す上でもチェックしておきたいブランドです。

ショット(Schott) シープスキン MA-1

MA-1ジャケットはナイロン製が一般的ですが、あえてレザーを採用することで新鮮な表情に仕上げたアイテムです。レザーの種類は、柔らかさと軽量性が特徴のシープスキン。ベーシックなデザインゆえに、上質さが際立ちます。また、着込むほどに味わいのある表情へと変化していくのもレザー素材ならではの魅力です。

シルエットは細身で、スッキリとした都会的な着こなしが可能。裏地にはサテン地を採用しているため、蒸れにくいのもポイントです。男らしさとスマートさを兼備した1着をぜひチェックしてみてください。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)

「バズリクソンズ」は、東洋エンタープライズが手がけるミリタリー・ワークウェアブランドです。「フライトジャケットの真のレプリカを作ること」を目指し、ヴィンテージアイテムの素材から染色方法まで、徹底した分析や研究を行っているのが特徴。本物を求める方におすすめしたいブランドです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) MA-1 LION UNIFORM 1957モデル

素材やパーツのひとつひとつまでこだわり、初期型のMA-1ジャケットを完全復刻した逸品。シガレットポケットなどの基本的なMA-1ジャケットのディテールに加えてオキシジェンタブやICSコードループも備え、ミリタリーファンにはたまらない1着に仕上がっています。

フロントやシガレットポケットのファスナーには、武骨なデザインが魅力のクラウン社製ジッパーを採用。クラウン社の商標を取得しているバズリクソンズならではの作りです。

MA-1ジャケットのおすすめメンズコーデ

シンプルデザインならキレイめカジュアルにもハマる

By: wear.jp

シンプルなMA-1ジャケットは、キレイめの着こなしにもマッチします。さらにブラックカラーなら、大人っぽく落ち着いた雰囲気をまとえるのでおすすめ。また、緩すぎずタイトすぎない絶妙なサイズ感のアイテムを選ぶことで、こなれた印象に仕上げているのもポイントです。

配色がおしゃれなミリタリーコーデ

By: wear.jp

MA-1ジャケットにカーゴパンツを合わせ、とことんミリタリーテイストにまとめたコーディネートです。最も注目したいのは、インナーのカラー選び。レスキューオレンジを思わせるカラーは、カーキのMA-1ジャケットと相性ぴったりです。無難なカラーのインナーを選んでしまいがちな方は、ぜひ参考にしてみてください。

ジョガーパンツで都会的な着こなしを楽しむ

By: wear.jp

MA-1ジャケットとジョガーパンツはまとまりやすいおすすめの組み合わせ。ほどよくリラックス感のある、都会的なコーディネートが完成します。また、ネイビー×白×グレーというクリーンなカラーリングのおかげで、ラフすぎず大人らしいバランスに。一歩進んだおしゃれさをアピールできるおすすめのスタイリングです。

ワイドパンツで作る新鮮MA-1ジャケットコーデ

By: wear.jp

カジュアルアイテムとキレイめアイテムを絶妙なバランスで取り入れたお手本コーディネート。ややロング丈のMA-1ジャケットとワイドパンツの新鮮なバランスが目を引きます。また、白シャツをタックインしたり、ロールアップで抜け感を出したりと、スッキリと見せる工夫が散りばめられているのもポイントです。

カジュアル派ならパーカーとの組み合わせがおすすめ

By: wear.jp

MA-1ジャケット×パーカーの着こなしは、カジュアル派ならぜひ押さえておきたいところ。上半身のカジュアル度が高くなる分、ボトムスにはキレイめ要素を持つアイテムを投入するのがおすすめです。テーパードシルエット×アンクル丈のスラックスなら、好感の持てる大人カジュアルコーデに仕上がります。

MA-1ジャケットをスマートに着こなす

By: wear.jp

ニットやスヌードなど、優しい印象を持つアイテムでMA-1ジャケットのワイルドさを緩和したスマートなコーディネート。カラーも白をメインにしているため、よりクリーンな雰囲気が際立っています。秋冬のMA-1ジャケットコーデのひとつとして、ぜひ取り入れてみてください。

ブラウンなら渋めの大人コーデにまとまる

By: wear.jp

男らしい渋さのあるコーディネートを目指すなら、ブラウンカラーのMA-1ジャケットにトライしてみるのもおすすめ。ブラックをベースにスタイリングすれば、より落ち着いた雰囲気にまとまります。重々しくならないよう、柄物の靴下をしっかりと見せているのも参考にしたいポイントです。