幅広い世代から人気のメンズシャツ。今年もメンズシャツが活躍する季節がやってきました。そこでおすすめしたいのが、襟のない、ノーカラータイプのもの。ノーカラーシャツは首元がすっきりと見えるので、小顔効果も抜群。トレンド感あふれるスタイリングを簡単に完成させることができます。今回は、そんなノーカラーシャツのおすすめをご紹介いたいます。

おすすめノーカラーシャツ7選

グリーンレーベルリラクシング(green label relaxing) SC C/LI DOBBY NO/C MILI シャツ

コットンと麻素材を使用した見た目にも涼しげな1着。ノーカラーシャツなら、さらにすっきりとした印象になりますよね。ホワイトはぜひ手に入れておきたい定番カラー。いつものシャツをノーカラーにするだけで、トレンドを取り入れたスタイリングに大変身します。ポケットが二つ付いているのデザインが個性的に見せてくれます。

ジャーナルスタンダード(JOURNAL STANDARD) ユーティリティシャツ

ミリタリーシャツもノーカラーだとカジュアルすぎず、さわやかな印象。落ち着いたトーンのカーキがおしゃれな雰囲気に。春夏のホワイトやブルーなど、明るいカラーとも相性抜群です。写真のようにボタンを開けて羽織るとスタイリングするとジャケットのように着ることができます。

首元がすっきりしているので、どんなカットソーとも合わせやすく、これからの季節に重宝すること間違いなしです。

ビームス(BEAMS) International Gallery BEAMS ノーカラーシャツ

シンプルながらも明るいインディゴブルーが存在感ある1着。洗い仕上げられたノーカラーシャツはさらにリラックス感のあるシャツに見えます。首元がすっきりしているので、Iラインを意識したスタイリングがおすすめ。スキニーやテーパードパンツなど、細身のパンツと相性のいいノーカラーシャツです。定番カラーとして1枚は押さえておきたいですね。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) ノーカラーデニムウエスタンシャツ

上のインディゴブルーとはまた違った印象のノーカラーシャツをご紹介します。細身のシルエットながらも、どこかゆったりとしたシルエットがアーバンリサーチらしいトレンド感あるデザイン集約していますね。裾がカットオフ仕様になっており、ヴィンテージ風なのがSAKIDORIポイント。羽織りとしてカーディガンっぽく使ってもきれいに着こなせます。

エディフィス(EDIFICE) バンドカラーシャツ

ストライプが目を惹くさわやかなノーカラーシャツ。はっきりとしたブルーのストライブは、春コーデにはもってこいのアイテムです。やわらかく、光沢感のあるブロード生地が使用されていて、上品さがあります。デニムと合わせてカジュアルにも、ブラックのスラックスなんかにあわせてモードっぽくなど幅広く活躍してくれるノーカラーシャツです。

柄ものを普段あまり着ない方にも、ぜひおすすめしたいアイテムです。

アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH) バンドカラーチェックシャツ

定番チェックシャツも、今年はノーカラーシャツがおすすめ。品のあるデザインはシーンを選ばず、知的さを演出してくれます。着丈が長めに作られているので、タックインスタイルにもできます。細身のIラインシルエットは、どんなボトムにも好相性。人気のチェックブラウスだからこそノーカラーシャツでいきましょう。

ビームス(BEAMS) ブロックチェックノーカラーシャツ

大きめのブロックチェックが華やかなノーカラーシャツです。大胆なデザインながらもシンプルな配色が落ち着いた印象に。無地のシャツをこちらのブロックチェックに合わせてみると個性的なカジュアルスタイルを完成させることができます。下に濃い色のカットソーを重ねると、引き締まった印象になりますよ。