キャンプで使うランタンのなかでも、あたたかみのある灯りが魅力の「ハリケーンランタン」。“ハリケーンのような強い風でも消えるない高い防風性能を備えていること”が名前の由来です。アンティーク調のデザインも魅力のひとつ。

そこで今回は、ハリケーンランタンのおすすめモデルをご紹介。最近ではアウトドアシーンだけでなく、屋内のインテリア雑貨としても注目されているアイテムなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハリケーンランタンとは?

ランタンには使う燃料によってガソリン・灯油・ガス・電池(LED)などに分かれています。ハリケーンランタンは灯油を使うランタンの代表的なモデル。製品ジャンルとしては100年を超える歴史があります。

ハリケーンランタンは下部のオイルタンクと炎を覆う「ホヤ」と呼ばれるガラス、発熱する部分のマントル、吊り下げリングなどで構成されており、フレームの中は空洞で空気を循環させることで安定した明るさを持続できます。

ハリケーンランタンのメリットは風に強く安定した灯りが得られることです。燃料に圧力をかけて使用するランタンは燃焼音がしますが、ハリケーンランタンはほぼ無音なので、静かに揺れる炎を楽しめます。レトロ感のあるおしゃれなデザインも大きな魅力。さらに、火力としては強くありませんが、暖房効果も期待できます。

デメリットとしてはほかのランタンと比べて光量が少ないこと。ハリケーンランタンの明るさは、サイズによっても変わりますが、基本的に手元を照らし、文字が読める程度です。キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとしてはやや物足りなさを感じるので、その点は留意しておきましょう。

ハリケーンランタンの選び方

燃焼時間はタンク容量をチェック

By: rakuten.co.jp

ランタンの燃焼時間はオイルタンクの容量で決まります。容量と燃焼時間の目安は、340mlで約20時間、500mlで約24時間、930mlで約25時間程度。大容量になると芯が大きくなるので明るさは増しますが、灯油の使用量も多くなります。

明るさは芯の太さで判断する

By: amazon.co.jp

ハリケーンランタンの明るさは「平芯」と呼ばれる、きしめんのような形の芯の幅によって変わってきます。芯の幅の広さと明るさの目安は、2分芯は幅約6mmで約4W相当、5分芯は幅が約15mmで約8W相当、7分芯は幅が約21mmで約15W相当。なお、15Wは読書ができる程度の明るさです。

芯の幅が太くなるほど、光量としては明るく、本体サイズも大きくなります。製品を選ぶ際はしっかりとチェックしましょう。

見た目を重視するなら素材やデザインにこだわる

By: rakuten.co.jp

ハリケーンランタンの魅力のひとつとして挙げられるのが、味わい深いレトロなデザイン。アウトドアはもちろん、室内のインテリアとして飾る方も存在します。見た目を左右するのはその材質。現在は鉄をベースに強度を上げた特殊鋼板製がほとんどですが、デザイン性を重視する方には、使い込むほどに味わいが深まっていく真鍮製やブロンズがおすすめです。

ハリケーンランタンのおすすめメーカー

デイツ(DIETZ)

By: amazon.co.jp

1840年にアメリカ・ニューヨークで創業されたランプとランタンの老舗メーカー「デイツ」。ハリケーンランタンとして風に強いのはもちろん、使いやすくて優れた耐久性をもっているのが特徴で、信頼性の高いメーカーとして知られています。

フュアーハンド(Feuer Hand)

By: amazon.co.jp

ドイツの老舗ランタンメーカー「フュアーハンド」。創業は1902年で、ハリケーンランタンの基本的なデザインを100年以上変えていないのが特徴です。厳しい環境下で使用できるのもポイント。同社モデルの性能の高さから、ハリケーンランタンのことを同社名から引用し、「フュアーハンド型ランタン」と呼ぶこともあります。

ハリケーンランタンのおすすめ

キャプテンスタッグ(CAPATIN STAG) CSブラックラベル オイルランタン 中

キャプテンスタッグ(CAPATIN STAG) CSブラックラベル オイルランタン 中

テーブルに置くのにちょうどよい大きさの容量約200mlの小型のハリケーンランタンです。環境により異なりますが、燃焼時間は約14時間。そのほか、持ち手をフックや紐へかけても使用できるので、テント内の照明にも適しています。

本体には、アンティークさを醸し出す落ち着いたブロンズ仕上げを採用。キャンプや登山時に重宝する、おしゃれで使いやすいモデルです。

フュアーハンド(Feuer Hand) ハリケーンランタン 276 ジンク 12562

フュアーハンド(Feuer Hand) ハリケーンランタン 276 ジンク 12562

耐久性があり、雨や結露に強い特殊鋼板を使用した、耐久性に優れたハリケーンランタンです。ホヤにはドイツ製の「SUPRAX耐熱強化ガラス」を採用。充分な強度を備え、キャンプなどのアウトドアシーンはもちろん、災害対策にもおすすめです。

また、平芯サイズは4分芯にあたる12mmのモノを使用しています。容量約340mlのタンクを備え、約20時間以上の連続燃焼が可能。大きさ、価格ともに手頃なので、入門者向けのハリケーンランタンとしてもおすすめです。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ78MAR

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ78MAR

キャンプや庭のバーベキューなどで使いやすい、中型のハリケーンランタンです。燃料に灯油を使用できるため経済的。通常の4分芯よりやや広めの平芯を採用し、大きめの炎でも平芯の消耗が少なくなっています。

そして、約340mlのタンクを備えており約20時間の燃焼が可能です。また、ホヤ周囲には金メッキが施されているのもポイント。丈夫で華やかな塗装仕上げで、デザインにこだわりたい方にもおすすめです。

デイツ(DIETZ) デイツ10 レトロ ランタン

デイツ(DIETZ) デイツ10 レトロ ランタン

キャップ・バーナー・ホヤ受け部分がゴールド仕上げで美しい、レトロなデザインが魅力のハリケーンランタンです。5分芯を使用し、明るさを保ちながら20時間の燃焼が可能。卓上のインテリアから、風の強いアウトドアシーンまで幅広いシーンにおすすめです。

また、価格が安いのでコストパフォーマンスにも優れています。おしゃれなハリケーンランタンを試してみたい方におすすめのモデルです。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ20

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ20

しっかりとした剛性のある本体と、デイツ78よりも1周り大きく存在感のあるハリケーンランタンです。また、平芯は15mmの5分芯タイプを採用。容量約約260mlのタンクを備え、12時間の燃焼が可能です。

キャンプや登山のテントで夜から早朝までの常備灯としてもおすすめ。ガラスの厚みを確保したホヤを備え、充分な燃焼空間を確保しているので、安定した炎を維持できるハリケーンランタンです。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ30

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ30

充分な明るさを発揮できるスペックと、持ち運びやすいサイズを兼ね備えた、バランスのよいハリケーンランタンです。約500mlのタンク容量を備え、24時間ほどの燃焼が可能。2泊以上のキャンプなどのアウトドアシーンにおすすめです。

また、曲線を帯びたデザインやレトロな色合いも魅力。夜間のキャンプを楽しく演出し、アウトドアシーン以外にも日常のインテリアとして、また非常用の灯りとしても人気のある、おすすめのハリケーンランタンです。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ80

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン デイツ80

デイツの伝統的な大型のホヤによって、安定したきれいな炎を維持できる、存在感のあるハリケーンランタンです。平芯は21mmの7分芯を採用し、15W程度の電球並の明るさが出せるので、キャンプでの読書用照明にも向いています。

また、約930mlの大型タンクを備えているのもポイントで、26時間ほどの長時間燃焼が可能。大型でレトロなデザインでインテリアにも映える、人気の大型ハリケーンランタンです。

デイツ(DIETZ) ウオーマーランタン デイツ 90

デイツ(DIETZ) ウオーマーランタン デイツ 90

重厚感のあるマットなブラックが魅力の、大型ハリケーンランタンです。7分芯を使用しているので明るく、また20時間の燃焼が可能。さらに、寒冷時期にはテント内の暖房としても役立ち、湯煎で約90℃の湯温を維持可能です。

缶コーヒーをあたためたり、ゆで卵の調理をしたりなど、使い方の幅が広いのも魅力のひとつ。さらに、キャップ・バーナー・ホヤ受け部分をゴールドで仕上げているので、点灯時の美しさも際立ちます。

存在感のあるサイズなのでインテリアやディスプレーにもおすすめ。本格的なハリケーンランタンを求めている方は要チェックのモデルです。

キャナルシップ(Canalship) キャナルシップオリジナル 真鍮製マリンランタン・カンテラ・オイルランプ CIL406

>キャナルシップ(Canalship) キャナルシップオリジナル 真鍮製マリンランタン・カンテラ・オイルランプ CIL406

美しい真鍮磨き上げのボディで、船舶などで使用される「マリンランプ」としても人気のあるモデルです。真鍮性フレームと4面のガラスで構成されており、部屋・通路・テント内をあたたかく照らします。

本製品の平芯には4分芯を採用し、中型のハリケーンランタンと同等の明るさを保ちながら6時間の燃焼が可能。おしゃれなデザインでインテリアにも映える、おすすめのアイテムです。

キャナルシップ(Canalship) キャナルシップオリジナル 真鍮製マリンランタン CIL408

キャナルシップ(Canalship) キャナルシップオリジナル 真鍮製マリンランタン CIL408

クラシックな雰囲気でインテリアにもぴったりの、真鍮磨き上げ素材が美しいランタンです。真鍮素材は酸化によって表面の色合いが変化するのが特徴。手入れをしながら長期間使用することで、自分だけの味わいが出てきます。

また、4分芯を使用しているので小型ながら明るいのもポイント。6時間の燃焼ができ、ホヤ部分に使用しているはめ込み式の厚手のレンズガラスによって周囲を広く照らせます。

そして、上下に可動式ハンドルを備え、風の揺れをふせぐために紐で固定したり、複数個のランタンを吊るしたりするなど使用法に工夫ができるところも魅力のモデルです。

番外編:ハリケーンランタンの使い方

使用前に芯を整える

By: rakuten.co.jp

使用前に、平芯の両端を斜めにカットします。こうすることで美しい山形の炎となり、燃焼効率もアップします。また、毛羽立っていたり、余分な糸が出ていたりする部分も切っておきましょう。また、使い始めは、芯に十分にオイルがしみこんでから点火しないと、芯の減りが早くなる原因になってしまうので注意が必要です。

燃料は8分目を目安に注入

By: rakuten.co.jp

ハリケーンランタンに入れる燃料は、最大でも8分目までにしておきましょう。ほとんどのモデルのオイルタンクには、容量の上限を示すラインがあるので、それを目安にしてください。入れすぎると燃料がこぼれやすくなり、危険です。

炎を調節

By: amazon.co.jp

点火の直後は、ホヤの中の空気があたたまり、燃料が活発に吸い上げられるので、炎が大きくなりがちです。炎が安定するまで、しばらく芯の長さを微調整してください。明るさを求めて芯を出し過ぎるとススが出やすくなります。また、芯の減りを早めることにもなるので、芯の出し過ぎには注意しましょう。

持ち運び方

By: amazon.co.jp

ハリケーンランタンは、燃料を完全に密閉できない構造なので、オイルを入れたまま持ち運ぶと漏れることがあります。キャンプの際には、現地に着いてから使用する前にオイルを給油するようにしましょう。

使用後は、余ったオイルはスポイトでタンクから抜き取るか、新聞紙などに吸わせてタンクを空の状態にしてから持ち運ぶようにしてください。なお、持ち運ぶ際はガラスのホヤが割れやすいので、保存方法にも気を配ることをおすすめします。