キャンプで使うランタンのなかでも、あたたかみのある灯りが魅力の「ハリケーンランタン」。名称としては”ハリケーンのような強い風でも消えることがない高い防風性能を備えていること”が由来と言われています。アンティーク調のデザインも魅力のひとつです。

今回は、ハリケーンランタンのおすすめモデルをご紹介。最近はアウトドアシーンだけでなく、屋内のインテリア雑貨としても注目されているアイテムなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハリケーンランタンとは?

By: amazon.co.jp

ランタンには使う燃料によってガソリン・灯油・ガス・電池(LED)などに分かれています。ハリケーンランタンは灯油を使うランタンの代表的なモデル。製品ジャンルとしては100年を超える歴史があります。

ハリケーンランタンは下部のオイルタンクと炎を覆う「ホヤ」と呼ばれるガラス、発熱する部分のマントル、吊り下げリングなどで構成されており、フレームの中は空洞で空気を循環させることで安定した明るさを持続できます。

ハリケーンランタンのメリットは風に強く安定した灯りが得られることです。燃料に圧力をかけて使用するランタンは燃焼音がしますが、ハリケーンランタンはほぼ無音なので、静かに揺れる炎を楽しめます。レトロ感のあるおしゃれなデザインも大きな魅力。さらに、火力としては強くありませんが、暖房効果も期待できます。

デメリットとしてはほかのランタンと比べて光量が少ないこと。ハリケーンランタンの明るさは、サイズによっても変わりますが、基本的に手元を照らし、文字が読める程度です。キャンプサイト全体を明るく照らすメインランタンとしてはやや物足りなさを感じるので、その点は留意しておきましょう。

ハリケーンランタンの選び方

燃焼時間はタンク容量をチェック

By: amazon.co.jp

ランタンの燃焼時間はオイルタンクの容量で決まります。容量と燃焼時間の目安は、340mlで約20時間、500mlで約24時間、930mlで約25時間程度。大容量になると芯が大きくなるので明るさは増しますが、灯油の使用量も多くなります。

明るさは芯の太さで判断する

By: amazon.co.jp

ハリケーンランタンの明るさは「平芯」と呼ばれる、きしめんのような形の芯の幅によって変わってきます。芯の幅の広さと明るさの目安は、2分芯は幅約6mmで約4W相当、5分芯は幅が約15mmで約8W相当、7分芯は幅が約21mmで約15W相当。なお、15Wは読書ができる程度の明るさです。

芯の幅が太くなるほど、光量としては明るく、本体サイズも大きくなります。製品を選ぶ際はしっかりとチェックしましょう。

見た目を重視するなら素材やデザインにこだわる

By: rakuten.co.jp

ハリケーンランタンの魅力のひとつとして挙げられるのが、味わい深いレトロなデザイン。アウトドアはもちろん、室内のインテリアとして飾る方も存在します。見た目を左右するのはその材質。現在は鉄をベースに強度を上げた特殊鋼板製がほとんどですが、使い込むほどに味わいが深まっていく真鍮製やブロンズ製は見た目を重視する方にもおすすめです。

ハリケーンランタンのおすすめメーカー

デイツ(DIETZ)

By: amazon.co.jp

1840年にアメリカ・ニューヨークで設立されたランプとランタンの老舗メーカー「デイツ」。ハリケーンランタンとして風に強いのはもちろん、使いやすくて優れた耐久性をもっているのが特徴で、信頼性の高いメーカーとして知られています。

フュアーハンド(Feuer Hand)

By: amazon.co.jp

ドイツの老舗ランタンメーカー「フュアーハンド」。創業は1902年で、ハリケーンランタンの基本的なデザインを100年以上変えていないのが特徴です。厳しい環境下でも使用できるのもポイント。同社モデルの性能の高さから、ハリケーンランタンのことを同社名から引用し、「フュアーハンド型ランタン」と呼ぶこともあります。

ハリケーンランタンのおすすめ

フュアーハンド(Feuer Hand) ハリケーンランタン中型

フュアーハンド(Feuer Hand) ハリケーンランタン中型
シンプルなシルバーのハリケーンランタン。シンプルだけに飽きが来ず、いつまでも使い続けられる無駄のないデザインが魅力です。素材には、屋外での使用時でもサビにくく、耐久性に優れたハイテク鋼材を使用しています。

さらに、風速80mの強風時でも炎が消えない特殊構造と、寒さや風雨にも耐えられるSUPRAX製の耐熱ガラスを使用しているため、荒天時のキャンプでも灯りが消えてしまうことなく、安心して過ごせます。

タンクは340mlで、20時間ほど灯りをキープ可能。芯は4分芯ですが、通常のものよりも幅が広く、消耗が少ない素材で作られたフュアーハンド専用の芯を使用しているため、少し火力を強めても長持ちします。

高さは26cmと、500mlのペットボトルよりやや大きいくらいで、狭いテント内で使用するのにも使いやすいサイズ。操作が簡単なので、ハリケーンランタン初心者にもおすすめです。

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン大型

デイツ(DIETZ) ハリケーンランタン大型
ベーシックなブラックのハリケーンランタン。クールでインダストリアルなデザインなので、キャンプなどでの使用以外にも、インテリアのアイテムとしてもおすすめします。高さ35cmとやや大きめで、存在感のあるハリケーンランタンです。

タンク容量は930mlで、約25時間の燃焼が可能。芯はテント内やテーブルの上を豊かな明るさで照らせる7分芯です。ガラス製のホヤは手作りなので、ゆらぎや気泡などがあり、あたたかみのある雰囲気を醸し出しています。

本体は丈夫に作られており、ダイヤルの動きもなめらか。オイル注入部のキャップにはゴムパッキンが圧着されているため、紛失トラブルも防げます。ハリケーンランタンを初めて使う方でもスムーズに使える操作性のよさも魅力です。

ロゴス(LOGOS) ブロンズランタンL

ロゴス(LOGOS) ブロンズランタンL

アンティークのような味わい深いブロンズのカラーリングが美しいハリケーンランタン。デザインが優雅で、キャンプで使用するほか、室内でインテリアとして飾ったり、食事の際にテーブルランプとして使用したりするのもおすすめです。

高さは28cmと、小さなテント内やテーブルの上で使用しても邪魔にならないコンパクトサイズ。タンク容量は360mlで、20時間ほど周囲を優しく照らせます。ゆらゆらと揺らぐ小さな炎とともに、ゆったりとした時間を過ごしたい方におすすめです。

ホルムガード ハリケーンランタン

ホルムガード ハリケーンランタン

デンマークで設立されたガラスブランド・ホルムガードのハリケーンランタン。美しい吹きガラスと、レザーハンドルを組み合わせた個性的でスタイリッシュなデザインが魅力で、これひとつでグッとおしゃれな雰囲気になります。ほかの人とは違ったハリケーンランタンが欲しい方におすすめです。

ガラスは透明度が高く、華奢に見えますが耐衝撃性・耐熱性に優れているので、屋外での使用も安心。雨や風など、荒天時でも消えにくく、あたたかい灯りと共に過ごせます。

ガラス部分が大きいため光が広がりやすく、周りをまんべんなく照らせるのもポイント。テーブルに置いたり、枝やポールなどに引っ掛けたりと、シーンに合わせてさまざまな使い方を試してみてください。

デイツ(DIETZ) 80 ハリケーンランタン

デイツ(DIETZ) 80 ハリケーンランタン

流れるようなスレンダーなフォルムのホヤガラスが印象的なハリケーンランタン。ホヤが大きく燃焼空間が広いため、炎が消えにくく安定しているのが魅力です。高さは38cmと大型で存在感があり、キャンプ時やインテリアのアクセントとしても役立ちます。

タンク容量は900mlで、燃焼時間はおよそ26時間。7分芯を使用しているため明るく、長い夜も、美しく優しい灯りとともにゆったりと過ごせます。ボディの作りもしっかりとしており、操作も簡単なのでハリケーンランタンを初めて使う方にもおすすめです。

カラーはブラック・ブルー・レッド・グリーンの4種類があります。ゴールドの金具がアクセントになったモデルは、大人っぽくクラシカルな雰囲気を備えているのがポイント。キャンプや食卓など、さまざまなシーンをおしゃれに演出してくれるハリケーンランタンです。

デイツ(DIETZ) 2500 ハリケーンランタン

デイツ(DIETZ) 2500 ハリケーンランタン

デイツブランドのハリケーンランタンのなかでも、高さ39cmほどと一番大きい2500のハリケーンランタンです。タンク容量は実に2.5Lの大容量で、75時間という長時間の燃焼が可能なのが最大の特徴。タンクがどっしりとしているので、安定感があるのも魅力です。

芯は7分芯で、15Wの白熱電球と同程度の明るさ。ホヤガラスが大きいため、光の広がりもよく、周囲を明るく照らしてくれます。また、灯りとしてだけでなく、園芸ハウスの霜対策など、暖房の補助アイテムとしても使用できるため、寒い時期にもおすすめです。

芯を簡単に送り出すトリプルギア構造を搭載しているので、難しい操作は必要ありません。カラーはブラック・レッド・ブルーの3種類がありますが、なかでもおすすめはブルー。ほかにはない爽やかな色合いで、大きなボディも軽やかに見えるのが魅力です。

真鍮製 オイルランプ

真鍮製 オイルランプ

真新しい真鍮のきらびやかな輝きが美しいハリケーンランタン。クラシカルな雰囲気のデザインはインテリアとしても美しいので、キャンプでの使用のほか、ダイニングテーブルの上を照らすのに使うのもおすすめです。

真鍮は使っていくうちに表面が酸化し、色合いが渋く変わっていくのも魅力のひとつ。お手入れをしながら、じっくりと自分だけの色合いのランタンを育てていく醍醐味が味わえます。

タンク容量は75mlとコンパクトで、燃焼時間はおよそ6時間。芯は4分芯を使用しており、小さいながらも十分な明るさです。さらに、ガラス部分は厚手のレンズ状ガラスを使用しているため、遠くまで光が届きます。おしゃれで上質な雰囲気のハリケーンランタンを探している方におすすめのアイテムです。

ペトロマックス(PETROMAX) HL1ストームランタン 12322

ペトロマックス(PETROMAX) HL1ストームランタン 12322

ドイツのアウトドアブランド、ペトロマックスのハリケーンランタン。ニッケルメッキを施したつややかなボディと、がっしりしたデザインが特徴で、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれます。

高さは21.5cmとやや背の低いサイズなので、持ち運びの際にかさばりにくいのもポイント。テーブル上に置いても邪魔になりにくいので、キャンプだけでなく、室内で使う際にもおすすめです。タンク容量は150mlで、燃焼時間はおよそ20時間。明るさは5W程度と優しく、ゆったりと談笑しながら過ごすキャンプシーンに適しています。

番外編:ハリケーンランタンの使い方

使用前に芯を整える

By: amazon.co.jp

使用前に、平芯の両端を斜めにカットします。こうすることで美しい山形の炎となり、燃焼効率もアップします。また、毛羽立っていたり、余分な糸が出ていたりする部分も切っておきましょう。また、使い始めは、芯に十分にオイルがしみこんでから点火しないと、芯の減りが早くなる原因になってしまうので注意が必要です。

燃料は8分目を目安に注入

By: amazon.co.jp

ハリケーンランタンに入れる燃料は、最大でも8分目までにしておきましょう。ほとんどのモデルのオイルタンクには、容量の上限を示すラインがあるので、それを目安にしてください。入れすぎると燃料がこぼれやすくなり、危険です。

炎を調整

By: amazon.co.jp

点火の直後は、ホヤの中の空気があたたまり、燃料が活発に吸い上げられるので、炎が大きくなりがちです。炎が安定するまで、しばらく芯の長さを微調節してください。明るさを求めて芯を出し過ぎるとススが出やすくなります。また、芯の減りを早めることにもなるので、芯の出し過ぎには注意しましょう。

持ち運び方

By: amazon.co.jp

ハリケーンランタンは、燃料を完全に密閉できない構造なので、オイルを入れたまま持ち運ぶと漏れることがあります。キャンプの際には、現地についてから使用する前にオイルを給油するようにしましょう。

使用後は、余ったオイルはスポイトでタンクから抜き取るか、新聞紙などに吸わせてタンクを空の状態にしてから持ち運ぶようにしてください。なお、持ち運ぶ際はガラスのホヤが割れやすいので、保存方法にも気を配ることをおすすめします。