スチーマー・EMS・超音波など、自宅で手軽にさまざまな美容機能を楽しめる「美顔器」。多機能なモデルから、ひとつの機能に絞ってつくられているプチプラモデルまで、種類豊富に揃っています。

今回は、”おうち美容”に欠かせない人気の美顔器を、タイプ別に厳選してご紹介。求める機能や効果ごとに分けて、選び方から解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

美顔器の効果

By: panasonic.jp

美顔器を使うことで得られる効果は、製品に搭載されている機能によって異なります。まずは今の肌状態をチェックして、美顔器でのケアをおこないたいと考えている悩みをピックアップしてみてください。

美顔器を使ってのケアで期待できる効果は、保湿・ハリ付与・毛穴クレンジング・ディープクレンジング・表情筋トレーニングなど。ひとつの機能に特化しているモデルから、さまざまな機能を搭載した複合タイプまで揃っているので、肌の状態に合わせて美顔器を選ぶのがおすすめです。

美顔器の種類

表情筋トレーニングやハリ感の付与に適した「EMS」「RF」

By: refa.net

表情筋を鍛えたい方や肌にハリ感を与えたい方には、EMS機能やRF機能を搭載した美顔器がおすすめです。ほうれい線や肌のたるみなどは、自宅でのお手入れでは改善はできません。ただし、EMS・RF機能搭載の美顔器を使い、表情筋トレーニングやハリ感が付与されることで、はつらつとした印象に見せることは可能です。

EMSとは、電気的筋肉刺激のこと。微弱な電流が表情筋にアプローチし、表情筋を鍛えるサポートができます。長引くマスク生活で使っていない顔の筋肉をトレーニングすることで、いきいきとした表情を引き出しやすくなるのが魅力です。

RFは、高周波・ラジオ波と呼ばれる機能を指します。肌をあたため柔らかくし、ハリ感を与えるとされているのが特徴。年齢に応じたエイジングケアを始めたい方におすすめの機能です。

すぐに使える手軽さが魅力の「美顔ローラー」

By: amazon.co.jp

一般的にコードレスのものが多く、電源の心配もなく簡単に使える美顔器が「美顔ローラー」です。持ち手の先に大小さまざまなサイズのボールのようなローラーが付いています。

肌の上をやさしくコロコロ転がすように使い、肌を刺激することで、血行をよくしたり筋肉のコリをほぐしたりといった効果が期待できるアイテムです。なかには、ローラー部分から微弱電流が流れるタイプのモデルもあります。

また、ローラー部分の素材やサイズはアイテムによって異なるので、使用したい部位に合わせて選んでみてください。頬などの広い範囲を中心に使いたい方は、大きめのローラーが搭載されたものがおすすめ。目元や口元、フェイスラインに使いたい場合には、小さめのローラーが搭載されたものがぴったりです。

▼美顔ローラーについて詳しく知りたい方はこちら

毛穴の汚れには「ウォーターピーリング」「超音波美顔器」

By: rakuten.co.jp

毛穴の汚れを落としてつるんとした肌に導くのが、ウォーターピーリング美顔器です。水で軽く濡らした肌の上を、超音波が出るヘッドでやさしくなぞることで、超音波が汚れを浮かし出して毛穴の汚れを除去します。また、古い角質も汚れと一緒にすっきりと落とすので、肌がゴワついているときに使うのもおすすめです。

超音波美顔器もウォーターピーリングと同様、超音波の振動を利用したスキンケア効果が得られる機器。汚れや古い角質を落とすディープクレンジング効果があるだけでなく、振動による摩擦が熱を生み出す温熱効果を得られます。汚れを落とし、肌をあたためやわらげることで、スキンケアアイテムの保湿サポートやキメを整える効果が期待できるのが魅力です。

化粧水と併せて使う「導入美顔器」「フェイススチーマー」

By: amazon.co.jp

イオン導入機能が搭載された美顔器は、微弱な電流がスキンケアアイテムの角質層までの浸透をサポート。手持ちの化粧水やシートマスクなどと併せて使うことで、角質層のすみずみまでうるおいを届け、うるおった肌に整えます。

また、フェイススチーマーも、保湿をより効率的におこなえる機器。フェイススチーマーもイオン導入機能付き美顔器も、乾燥に悩む方におすすめです。あたたかい蒸気で肌をやわらげ、ふっくらと整えるのが特徴。いつも使っている化粧水を入れられるタイプなら、化粧水を微粒子ミストに変えて保湿ができるので、より肌なじみがよくなります。

さらに、冷たいミストが出るタイプのモデルもあり、リフレッシュなどに活用することも可能。スチームをじっくりあてて毛穴から汚れを浮かし出すディープクレンジングモードが搭載されているものなど、種類豊富に展開されています。

▼フェイススチーマーについて詳しく知りたい方はこちら

美顔器の選び方

悩みや目的に合ったモデルを選ぶ

毛穴汚れの洗浄ケア

By: koizumi-onlineshop.jp

洗浄に特化した美顔器を探している方には、ウォーターピーリング・超音波美顔器・フェイススチーマーがおすすめです。毛穴の汚れや古い角質を落としたり、スペシャルケアとしてディープクレンジングしたりと、肌をしっかりと洗浄できます。

ウォーターピーリングや超音波美顔器は、超音波による振動で毛穴の汚れを浮かし出すタイプ。ファイススチーマーは、あたたかい蒸気を肌にあてることで毛穴を開き、汚れを除去しやすい状態に導きます。

乾燥や汚れによる肌のくすみが気になる

By: ya-man-tokyo-japan.com

乾燥や古い角質が肌表面に蓄積することによる肌のくすみには、さまざまなアプローチが可能です。乾燥からくる肌のくすみは、肌をしっかりと保湿するのが効果的。フェイススチーマーや超音波美顔器、イオン導入機能やRF機能が搭載されている美顔器がおすすめです。それぞれ異なるアプローチで肌にうるおいを与え、乾燥くすみを軽減します。

また、超音波美顔器やウォーターピーリングは、古い角質が肌表面に蓄積することによるくすみが気になる方にもぴったりです。市販の家庭用超音波美顔器は、1MHz以上の周波数を有するモデルであることがほとんど。MHzは、1秒間に与える振動数を示す単位です。1MHzで約100万回の振動を与えられ、周波数の数値が大きくなるほど、クレンジング効果が高くなるとされています。

超音波美顔器は、ディープクレンジングと併せて保湿サポートも可能なのが魅力。乾燥が原因のくすみケアにも、古い角質が蓄積することによるくすみのケアにも適しています。

たるみ・ほうれい線が気になる

By: gm-beauty.jp

たるみ・ほうれい線などの加齢による悩みは、美顔器では予防や改善は見込めません。美容皮膚科や整形外科などで、医師と相談のもと適切な治療をおこなうのが、たるみやほうれい線を目立ちにくくする一番の近道です。

美顔器で対応できる範囲は、表情筋を鍛えるところまで。表情筋を鍛えることで表情がいきいきとし、はつらつとした印象に導きます。表情筋をトレーニングするには、EMS機能が搭載されているモデルや、口回りの筋肉を自発的に動かして鍛えるアイテムなどを選ぶのがおすすめです。

シワが気になる

By: ci-labo.com

たるみやほうれい線と同様に、シワも美顔器では改善が難しい肌悩みです。美容医療やシワを改善する効果を有する有効成分配合の薬用化粧品などで、根気強くケアしていく必要があります。

美顔器ではシワのケアは不可能であるものの、肌にうるおいをたっぷりと与えたり、肌を柔らかくしたりすることで、ハリ感のある印象に整えることはできます。効率的な保湿をサポートするイオン導入や、肌をあたためやわらげるRF機能付き美顔器・超音波美顔器が、ハリ感を付与したい方におすすめです。

ケアにかかる時間で選ぶ

By: ya-man-tokyo-japan.com

美顔器は、使用する機能ごとにケアにかかる時間が異なります。3~10分程度でケアが完了する場合がほとんどなので、週に数回ほんの少し時間を取るだけで、癒しを感じながら贅沢なスキンケアを堪能できるのが魅力です。

特に、美顔ローラーは、テレビや雑誌などを見ながら肌の上を転がすだけで使えるため、ケアだけにかかる時間はほとんどありません。忙しくてケアにかける時間が取りにくい方には、美顔ローラーがおすすめです。

「コードレス」や「防水モデル」なら使い勝手もよい

By: myse.jp

近年発売されている美顔器は、コードレスタイプが主流。使用しないときだけ充電コードを本体に差し込んだり、充電スタンドに立てかけて置いておいたりするだけで、充電が完了するモデルが多く展開されています。コードレスタイプは場所を選ばず使用できるため、使い勝手がよく便利です。

また、お風呂場での使用を考えている方は、高い防水性能を有しているものを選んでみてください。防水等級は「IPX〇」とあらわされ、〇に入る数字は0~8まであります。数字が大きくなればなるほど、防水性能が高いのでチェックしておきましょう。

浴室で使用する場合には、最低でもIPX6以上の防水等級を有するものがおすすめ。IPX6はあらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がないとされています。IPX8は継続的に水没しても内部浸水がないといわれているので、湯舟に浸かりながら使いたい方はIPX8のモデルを選ぶのがベストです。

消耗品も併せたランニングコストに注目

美顔器は機器さえあればすぐに使えるタイプと、別途消耗品を用意して使うタイプの2種類に分けられます。美顔ローラー・フェイススチーマー・ウォーターピーリング・RF/EMS機能付きモデルは、特段ほかに用意するものがなく、電気代以外のランニングコストがかかりにくいのが魅力です。

イオン導入機能付きモデルや超音波美顔器は、クレンジングモードや保湿モードで使用する際にコットンが必要な場合も。特に指定はない場合がほとんどなので、ドラッグストアなどで購入できるプチプラのものも使用できます。

多額のコストがかかるわけではありませんが、コットンなどといった細かい消耗品にかかるコストを抑えたい場合には、コットンなしでクレンジングができるモード搭載のフェイススチーマーを選ぶのがおすすめです。

美顔器のおすすめメーカー

ヤーマン(YA-MAN)

By: ya-man-tokyo-japan.com

「ヤーマン」は、さまざまな種類の美容機器やスキンケアアイテムを手掛けている、日本生まれのメーカーです。40年以上にわたって革新的な製品開発を進めており、「世の中にまだないもの」をつくり続けることを掲げています。

美顔器の種類が豊富なのもヤーマンの魅力。RF・イオン導入・EMS・フェイススチーマー・脱毛器まで揃っており、ニーズに合わせて選べます。人気モデルが目白押しなので、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic)

By: panasonic.jp

白物家電を多く取り揃える「パナソニック」は、美容家電のラインナップも豊富なメーカーです。特に人気なのは、フェイススチーマーやかっさ機能付きの美顔器。光美容器や脱毛器なども揃っており、顔だけでなく全身のケアができます。初めて美顔器を使う方や、まずは信頼度の高いメーカーの美顔器を使いたいと考えている方におすすめです。

リファ(ReFa)

By: amazon.co.jp

誕生から10年以上愛され続けているMTGが展開する「リファ」。リファは、美顔ローラーの人気に火を付けた立役者ともいわれている、言わずと知れた美顔器メーカーです。

リファの美顔ローラーは、エステティシャンの手技を再現しつくられているのが特徴。リビングやオフィスなど、気になったときに好きな場所で使える手軽さに、支持が集まっています。

美顔器のおすすめランキング|人気・定番モデル

第1位 パナソニック(Panasonic) 光美顔器 フォト ブライトショット EH-SL85

皮膚科専門医監修のもとつくられた安心設計が魅力の美顔器。本モデルは、肌のキメを整え、ハリやツヤ感を与える出力の高い赤色LEDとIPLフォトラッシュの光を放出するタイプです。キメが整うことで、明るい印象の肌に導くと謳われています。

1回あたり約10分で全顔のケアができる手軽さも、おすすめポイントのひとつ。光美容器ながらダウンタイム不要で使えて便利です。また、使用後はメイクや洗顔がすぐにできるので、使うタイミングが制限されません。光の照射による痛みも感じにくく、保冷剤やジェルによる冷却も必要ないアイテムです。

第2位 ヤーマン(YA-MAN) RF ボーテ フォトプラス シャイニー M18-YL

1モードにつき約3分でケアが完了できる、手軽な美顔器を探している方におすすめのアイテム。イオン導入・EMS・LEDの機能を搭載しており、保湿サポートと美顔ケアを毎日継続しやすいのが特徴です。

また、4つのモードからケアを選べるのもポイント。CLEANモードはRFとイオン導出による温感クレンジングが、DYHPモードでは温感を与えながらスキンケアアイテムに含まれた美容成分を角質層まで届けるサポートが可能です。さらに、疲れやすい目元を温感でじっくりケアするEYE CAREモードや、クールダウンに適したCOOLモードも楽しめます。

すべてのモードを使っても13分ほどしかかからないため、贅沢なケアを時短でおこなえるのがポイント。忙しい日にはモードを厳選して使ったり、ゆっくり時間を取れる日には全モードを網羅したスペシャルケアとして使ったりと、ライフスタイルに合った方法で活用できます。

第3位 エムティージー(MTG) ReFa ビューテック レイズ RE-AA02A

RF・超音波・LED・マイクロカレントなどを含む、9つの機能を搭載している美顔器です。毛穴汚れの除去におすすめのCLEANモード、マイクロカレントが肌を整えるMCモード、RF・超音波・導入のパルスを3つ同時に照射するRF-Wpluseモードの3ステップで使うことを推奨しています。

3ステップをすべてこなしても、3分ほどでケアが可能なのがポイント。簡単な操作で贅沢なフェイスケアが叶います。すこやかで美しい肌の土台づくりに一役買うので、美顔器選びに悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

第4位 ベレガ(BELEGA) セルキュア 4T PLUS

高級な価格帯ながら人気の高い美顔器。美容知識の豊富さでさまざまな世代の女性から支持を集めている田中みな実さんも、同ブランドの美顔器を愛用していることが公言されていました。

毛穴の洗浄や表情筋のエクササイズなどを含む、4つの美顔機能を搭載しているのが魅力です。エレクトロクレンジングは、花粉やPM2.5などのアルカリ性の汚れを除去するマイナスモードでケア可能。プラスモードでは、ファンデやメイクの汚れ・古い角質などの酸性汚れを除去できます。

マイクロカレントモードやディーポレーションモードによって、肌にハリツヤを与えたり保湿をサポートしたりといった効果も期待できるのが魅力。自宅でもエステのようなスキンケアが叶う多機能な美顔器を探している方におすすめのモデルです。

第5位 エムティージー(MTG) ReFa CAXA RAY RF-RC2316B

顔の形状を3D分析してつくり出された独自のデザインを採用している美顔器です。カーブの部分で顔の広範囲をすくいあげ、やさしく筋膜にアプローチ。また、ローラー部分で肌をやさしくつまみあげながら、顔全体を転がすように刺激できます。エステの手技を再現したといわれており、自宅でもしっかりとケアできるのが魅力です。

本体側面に取り付けられたソーラーパネルから光を取り込むことで、微弱電流のマイクロカレントを発生させられるのもポイント。肌の上を転がすたびに少しずつ流れるマイクロカレントが、肌にハリ感を与えます。

本アイテムは、IPX7相当の防水仕様。バスタブの中でも使えるので、湯船にゆっくりと浸かってリラックスタイムを楽しみながらフェイスケアができます。テレビや雑誌を見ながらでも活用できるため、“ながら美容”を取り入れたい忙しい方にもおすすめです。

美顔器のおすすめランキング|毛穴洗浄ケア

第1位 ヤーマン(YA-MAN) ミーゼ ディープスキンクリア MS-43

長引くマスク生活で毛穴汚れの蓄積が気になる方におすすめの超音波美顔器です。超音波の細かな振動により、毛穴に詰まった汚れを浮かし出して弾き飛ばすのが特徴。角栓や皮脂をしっかりと落として、すこやかでつるんとした肌に導きます。

本製品には、スプーンヘッドとワイドヘッドの2種が付属。スプーンヘッドは細かい部位にフィットする小さなヘッドで、小鼻のキワにもしっかり密着して汚れを落とします。ワイドヘッドは、頬や額などの範囲の広い部位を効率的にケアできて便利です。

また、顔だけでなく、ひじ・ひざ・かかとにも使用可能。角質が溜まりやすい部位をしっかりと洗浄できます。モイストリフトモードを使えば、イオン導入と超音波振動により、美容成分の角質層までの浸透をサポート。IPX5の防滴仕様を採用しているほか、コードレスで使えるため、場所を選ばずに使えるのもうれしいポイントです。

第2位 ビューティフルエンジェル 美ルル アクアルファ KRD-1027

水を用意するだけですぐに使えて便利なウォーターピーリング美顔器。細かい音波振動が濡らした肌に伝わり、水をミスト状に弾き飛ばすとともに、毛穴の汚れや古い角質も同時に洗浄します。

ピーリングヘッドには絶妙なカーブがついており、顔のさまざまな曲線や凹凸にもぴったりとフィット。角を使えば小鼻の脇にも密着して汚れをオフします。つるんとした肌に導き、角質をオフすることでワントーン明るい印象の肌に整える効果が期待できるのもポイントです。

また、イオン導入・導出機能が搭載されているのも魅力。美容成分を角質層まで浸透させられるので、乾燥が気になる方にもおすすめです。シートパックの上からも使えます。

第3位 COSBEAUTY アクリアルピーリング プロ EX CB-050

美顔器のなかでは比較的価格が安いモデルなので、初心者でも手に取りやすい製品です。本アイテムには、2種類のピーリングとイオン導出・導入機能、マイクロカレント機能を搭載。ピーリングとイオン導出で毛穴の汚れをしっかりと除去し、イオン導入とマイクロカレントでハリやツヤのある清潔な肌に導きます。

IPX6の防水性能を有しており、あらゆる方向からの水の影響を受けにくいのがポイント。操作ボタンは1つのみなので、簡単に扱えて便利です。

さらに、手にフィットする握りやすいフォームと、滑りにくいマットな材質を採用しています。多機能ながらスタイリッシュでコンパクトなデザインで、旅行時に携帯したい場合にもおすすめです。

第4位 ヤーマン(YA-MAN) 毛穴ケアスチーマー ブライトクリーン IS98

密度と出力の高いスチームが顔全体を包み込んで、毛穴の奥の汚れまでしっかりと浮かし出すスチーマー美顔器です。肌温度を約40℃まで引き上げ、じっくりとあたためるのが特徴。古い角質や汚れによる肌のザラつきやゴワつき、くすみ感などが気になる方におすすめです。

搭載されているモードは全部で4種類。毎日のケアに適したクイックモードのほか、肌にやさしくケアできるソフトモードなど、ライフスタイルや肌の状態に合わせて使い分けできて便利です。

また、スキンケア前に肌をじっくりとあたため、やわらげることで、保湿のサポートができるのも魅力。長引くマスク生活で、肌の状態がゆらぎやすくなっている方や、乾燥が気になる方にぴったりの美顔器です。

第5位 コイズミ(KOIZUMI) エナージュ 超音波ピーリング KBE-2730

調理・生活家電から、ビューティ家電までさまざまな機器を展開している小泉成器の美顔器です。化粧水・水を塗った肌の上を滑らせるだけで、超音波が古い角質や毛穴汚れを浮かし出してすっきりと除去します。

本アイテムには、超音波ピーリングがおこなえる「Clean1モード」、より効率的にクレンジングがおこなえる「Clean2モード」を搭載。また、超音波による保湿サポートができる「Moistモード」も付いています。

USB充電式かつ、幅約4.8×高さ約13.9cmのコンパクトサイズなので、旅行先にも持ち運びやすいモデル。キャップにはミラーが付いているため、顔周りの細かい部位をチェックしながら使えて便利です。

美顔器のおすすめランキング|EMS・RF

第1位 パナソニック(Panasonic) リフトケア美顔器 バイタリフト かっさ EH-SP85

かっさ美容とEMS機能の効果を両立している美顔ケア機器。肌を引き上げ流すように使うことで、表情筋や胸鎖乳突筋などの筋肉のコリをほぐしたり、血行をよくしたりする効果が期待できます。

カーブ形状を採用している部位には、EMS電極を搭載。同ブランド独自のデュアルダイナミックEMSが、効率的に表情筋を鍛えます。ほうれい線付近の頬周りやフェイスラインはもちろん、デコルテ・二の腕などのボディケアにもおすすめです。

本アイテムは、IPX7相当の防水仕様なので、お風呂場などでも使えるのが魅力。普段使っている美容液やクリームなどと併用でき、保湿と同時にハリ感や肌の引き締め効果も感じられるアイテムです。

第2位 ヤーマン(YA-MAN) ミーゼ スカルプリフト アクティブプラス MS-82G

さまざまな雑誌やメディアで取り上げられ、美容家電を多く展開するヤーマンのなかでも大人気シリーズとなった「ミーゼ」の美顔器です。本アイテムは、ブラシの突起部分からEMSが放出されるのが特徴。頭部の筋肉に適した独自の低周波EMSを出力し、心地よく刺激します。

EMSレベルは6段階から細かく調節できるため、自分に合った刺激の強さを選べるのも魅力。自宅でヘッドスパのようなケアをしたい方におすすめです。IPX5の防水性能を採用しているため、濡れた頭皮や髪でも使えます。

フェイスモードのアタッチメントに切り替え、頬やフェイスラインなどにあてがって使えば、フェイスケアも可能。弾力のあるアタッチメントなので、肌への負担を抑えながらEMSでのケアができます。マイクロカレント・バイブレーション・LEDの機能も付いているため、機能性の高い美顔器を探している方はぜひチェックしてみてください。

第3位 ジェイメック(JMEC) ビューテリジェンス NEWAリフト+

コードレスタイプなので場所を選ばずに使えるRF美顔器です。RF機能により、肌をあたため、やわらげるケアが可能。サブマイクロ波が肌を引き締め、いきいきとした印象に導きます。

1つのエリアにつき4分間、最大12分間で全顔のケアが可能なので、毎日忙しく時間があまり取れない方にもおすすめです。また、肌の温度を感知する温度センサーやオートストップなどといった、安全機能を搭載しているのもポイント。肌へのやさしさを追求してつくられています。

多機能モデルよりも、ひとつの機能にこだわってつくられた、シンプルな美顔器を探している方におすすめのアイテムです。

第4位 エレクトロン(ELECTRON) デンキバリブラシ R

頭と顔が1枚の皮でつながっていることから着想を得てつくられた、ブラシ型の美顔器です。32本のピンヘッドが、1秒間に約1000回振動。ピンヘッドの先端から低周波が放出され、肌をほぐしたり引き締めたりして、リラックスタイムを贅沢に演出します。

ブラシは柔らかいシリコン製なので、肌に負担をかけにくく、細かな凹凸にも密着。頭部・顔・首・デコルテ・肩周りなどの気になる箇所に、ピンポイントで心地よい刺激を送ります。刺激のレベルや周波数は、それぞれ4段階から切り替えできるため、全16通りから自分好みにカスタムして楽しめるのもおすすめポイントのひとつです。

バッテリーが内蔵されていながら軽量かつコンパクトな仕様で、持ち運びにも便利。場所を選ばず使えます。

第5位 ドクターシーラボ(DR.CI:LABO) エステアップV EMS搭載美顔器

ドクターズコスメを多数展開している「ドクターシーラボ」の美顔器です。本製品は、EMSやRFのほか、超音波・導入のケアもできる多機能タイプ。三角のヘッドが目元口元などの細部にもフィットしやすく、細やかなケアを叶えます。

RF機能は、EMS機能をオンにすることで得られ、じんわりと肌をあたためながら筋肉をほどよく刺激。EMS機能は、表情筋を鍛えるトレーニングをしたい方におすすめです。超音波トリートメントは、1秒間に約100万回の振動を肌に与える機能。振動の間に小休止を挟んでおり、リズミカルな強弱を感じながら使えます。

また、肌に刺激を与える2つのモードも搭載。モード1では肌をやわらげるタッピングモード、モード2では肌を引き締める温感タイトモードとして活躍します。

美顔器のおすすめランキング|保湿・導入

第1位 パナソニック(Panasonic) スチーマー ナノケア EH-SA0B

温スチームと化粧水ミストで肌の乾燥をケアできるフェイススチーマータイプの美顔器です。手持ちの化粧水をタンクに入れてミスト化できるので、別途専用の化粧水を用意せずに使い始められるのがうれしいポイント。お気に入りの化粧水をキメの細かいミストにして噴霧でき、角質層のすみずみにムラなく行き渡らせられます。

ディープクレンジングに適した温スチームコースや、温スチームと冷ミストが交互に楽しめる自動温冷コースなど、複数の使い方が楽しめるのも魅力。肌の状態や用途に合わせてスキンケアできます。

本体カラーは、ホワイトとシャンパンゴールドの落ち着いた色合いを採用。シンプルで部屋に設置してもインテリアの邪魔をしにくいスチーマーを探している方におすすめです。

第2位 ヤーマン(YA-MAN) 美顔スチーマー フォトケア IS101N

毛穴の詰まりや肌の乾燥・ゴワつきが気になる方におすすめの美顔器。5色のLED・温冷スチーム・化粧水冷ミストの機能を搭載しており、エステのような贅沢なケアを毎日楽しめるのが特徴です。

フェイススチーマーとしてのモードは、全7種。乾燥が気になる方におすすめのモイストモードや、じっくりと素肌をあたためたいときに適したシルクスキンモードなど、保湿ケアに特化したモードが豊富に揃っています。目元をあたためてリラックスタイムを演出するアイケアモードで、疲れやすい目元のケアも可能です。

また、スチームをあてながら5色のLED光を照射できるのもポイント。複合的なケアができるモデルながら、操作ボタンは3つのみとシンプルな設計で使いやすさに優れています。

第3位 パナソニック(Panasonic) イオン美顔器 イオンブースト EH-ST99

プレケア+保湿・ブライトニング・クール・マルチ・スキンクリア・保湿の6モードを1台でこなす、多機能な美顔器です。専用のスキンケア化粧品を購入する必要がなく、普段使っている肌に合うアイテムを使えるタイプ。余計なランニングコストを抑えて使いたい方におすすめです。

本体正面にはイオンヘッド、背面にはプレケアヘッドを搭載。イオンヘッドは保湿のサポートや、拭き取りによる角質・毛穴汚れの除去、冷感を与えて肌を引き締めるなどといったケアが可能です。プレケアヘッドでも、化粧水や美容液などの角質層までの浸透をサポートし、うるおってキメ細やかな肌に導きます。

第4位 日立(HITACHI) ハダクリエ ホット&クール CM-N5000

毛穴クレンジング・保湿・肌引き締めの機能を搭載しているコンパクトで扱いやすい美顔器です。縦4.9×高さ16.1×奥行5.7cmと手に収まりやすいサイズ感。重量は約190gと軽いため、手や腕が疲れにくいのが魅力です。

本モデルは、ヘッド部分にシミセンサーを搭載。LEDの光が顔にあるシミやほくろなどを感知すると、濃淡に応じて5段階の振動でお知らせします。シミがある部分を自身で把握でき、予防ケアに役立てられるアイテムです。

毛穴クレンジングモードや保湿モードは、イオン導入・導出で効率的なケアを叶えます。ヘッドが冷たくなる肌ひきしめモードは、暑い夏場でもリフレッシュしながら使えて便利です。愛用中の化粧水やシートマスク、乳液を使えるのもおすすめポイントのひとつ。使い勝手のよい美顔器を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第5位 フィリップス(Philips) 超音波美顔器 ビザブースト保湿ケア SC2800/20

超音波の細かい振動により、角質層までの浸透保湿を助ける美顔器です。保湿に特化した超音波美顔器のなかでも特に価格が安いため、美顔器を初めて取り入れる方におすすめ。肌の乾燥やハリ不足が気になる方や、スキンケアアイテムの肌なじみが悪く感じるときに使うのに適したアイテムです。

本製品は、洗顔後に美容液や化粧水などのアイテムを塗った肌に当てるだけと、使い方が簡単。3分間のクイックトリートメントモードと、7分間の集中トリートメントモードがあるため、ライフスタイルに合わせて使い分け可能です。使用頻度は週3回までなので、多忙により毎日使うのが難しい方でも抵抗なく取り入れられます。

美顔器のおすすめランキング|安いプチプラモデル

第1位 サロニア(SALONIA) スマートモイスチャーデバイス SL-0201

イオンが持つ反発力を利用して効率的な保湿をサポートする保湿特化型の美顔器。価格が安いので手軽に購入しやすく、初めての美顔器として取り入れるのにおすすめのアイテムです。

本製品は、1秒に300万回もの振動を肌に与えるバイブレーション機能と超音波機能を搭載しているのがポイント。人肌に近い38℃の温熱ケアも併せてでき、角質層までの保湿アイテムの浸透をサポートします。ヘッドは斜めにカットされているため、目元や小鼻などといったキワにもフィットしやすく、細部までケア可能です。

手のひらに収まるコンパクトなサイズ感と、シルバーカラーがスタイリッシュな本体も魅力のひとつ。メンズ・レディースを問わない、ジェンダーレスなデザインです。スリム形状なので、場所を選ばず収納できます。

第2位 コイズミ(KOIZUMI) 超音波美顔器 KBE-1130

プチプラながら、クレンジング・超音波・保湿の機能を備えた多機能美顔器。USB Type-C対応のUSB充電式を採用しており、海外でも使用可能なので、旅行先でも普段通りのケアをおこないたい方におすすめです。

クレンジングモードでは、手だけでは洗浄しきれない細かな汚れをオフ。しっかりと汚れを落とすことで、保湿アイテムの肌なじみをよくします。また、超音波が細かな振動を肌に与えることで肌を適度に刺激。化粧水や美容液などを効率的に角質層まで届けられます。

第3位 ビューティフルエンジェル NEW 美ルル クラッシィ KRD-1007N

超音波エステ・イオン導入導出・振動エステ・LEDエステの5モードを楽しめる、多機能なプチプラ美顔器です。本製品の超音波モードでは、1秒間に約300万回の振動が、毛穴や肌のキメに溜まった汚れを浮かし出すように除去するのがポイント。イオン導出モードでも、イオンが汚れを吸着することで手洗いよりも効率的にオフできます。

イオン導入では角質層のすみずみまで美容成分を浸透させやすくする効果が期待できるほか、LEDによる光エステも可能。レッドLED・イエローLED・ブルーLEDの3パターンから、そのときどきの肌状態に合わせて適切なモードを選べます。

本体に液晶画面が取り付けられており、現在使用中のモードやレベルが一目で確認できるのが魅力。操作性にすぐれているので、美顔器を初めて使う方におすすめです。

第4位 ANLAN 多機能温冷美顔器

価格が安いモデルながら、EMSやLEDなどのさまざまな機能が搭載されているコスパのよい美顔器。手頃なので自分用としてはもちろん、ちょっとしたプレゼントとして友人や家族に贈りたいときにもおすすめです。

使えるモードは全8種。ヘッド部分を6~12℃に冷却する機能と、38~42℃にあたためる機能も付いており、夏や冬でも快適に使えます。LEDは青色光と赤色光から選ぶことができ、肌の状態に合わせて適した光を照射してケアできるのがポイントです。

第5位 エムティージー(MTG) フェイシャル フィットネス PAO FF-PO1858F

普段の生活で動きにくい口元や頬周りの表情筋を、集中的にトレーニングできる美顔器。本体に取り付けられたマウスピースを口でくわえ、首を使って振ることで効率よく鍛えられます。加齢とともに表情に動きがなくなってきた、表情筋を鍛えるトレーニングをしたいという方におすすめの顔の筋トレアイテムです。

本体の両端には、ウェイトを乗せる部分があり、筋肉レベルに合わせてウェイトを変更可能。18g・23g・28gのウェイトが付属しているので、筋肉量や与えたい負荷量に応じて簡単に調節できます。本アイテムを使用した運動の目安は、1日30秒・1日2回から。毎日手軽に表情筋を鍛えるケアをしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

美顔器の売れ筋ランキングをチェック

美顔器のランキングをチェックしたい方はこちら。

美顔器の効果的な使い方

美顔器の効果的な使用タイミング

By: beautelligence.jp

美顔器は、自宅で好きなときに気軽にケアできるのが魅力ですが、基本は肌を清潔に整えた後に使うのがおすすめです。朝の洗顔後や、夜お風呂からあがった後など、メイクや汚れをしっかりと落とした状態で使用するのが、一般的に適切とされています。

洗顔後のまっさらな肌は、角質層まで美容成分などを浸透させやすい状態なので、美顔器を使うのにぴったりなタイミング。お風呂上りの肌は、清潔であることに加え、身体の芯まであたたまっているため、美顔器を併用することでより効率的なスキンケアが叶います。

ただし、スチーマーのクレンジングモードなど、お風呂に入る前のメイクをした状態で使用したほうがよい場合もあります。モードごとに推奨されている使い方を、取扱説明書などで確認してから使ってみてください。

機能によっては週に2~3回程度の使用がおすすめ

By: ya-man-tokyo-japan.com

美顔器は、使用する機能によっては週に2~3回程度の使用にとどめたほうがよい場合があるので、注意が必要です。EMSや超音波は、週に2~3回を推奨されることが多い機能。適度な刺激を与えることで筋肉や肌に働きかけるため、毎日使うと逆にダメージになってしまうこともあります。説明書に記載されている使用頻度を守って活用しましょう。

スチーマー・温冷・RFは、毎日の使用が可能とされているモデルが多い機能。ただしこれらの機能も、モデルごとに推奨頻度が異なるため、必ず使用前に説明書はチェックしてみてください。

使用時間はモードごとの制限を遵守しよう

By: belulu.jp

使用頻度と同様に、使用時間も機種ごとに推奨されている制限時間を守るのが、美顔器を使ううえで大切なポイントです。1回の使用時間が長ければ長いほど、肌を効率的にケアできるとは限りません。肌に過度な刺激を与えてしまうことで、負担を感じたり肌荒れにつながったりといったトラブルが起きかねないので、注意が必要です。