コンパクトなものから収納性の高いものまで豊富なラインナップがある財布。ファッション性が高いものが多い一方、個性的なものを所持している方もいるなど、趣味嗜好が色濃く反映されるアイテムです。

とはいえ、さまざまな種類があるからこそ、最適な財布を選び抜くのは悩ましいもの。そこで今回は、失敗しない財布の選び方を詳しくご紹介します。

財布の形状

長財布

長財布の魅力は圧倒的な収納性とその存在感にあります。また近年は、クレジットカードや交通系ICカードなど、たくさんのカードを持ち歩く方が増えていますが、そうした方にもおすすめ。もちろん、素材や柄などデザインも豊富なので、ファッション性を求める方にも人気です。

二つ折り

メンズ財布の定番とも言える二つ折り財布は、その名の通り二つに折りたたんで持ち歩くタイプです。魅力はスボンのポケットに収まりやすいコンパクトさにあります。分厚すぎないので、カバンの中に入れても比較的スマート。できる限り身軽でいたい方にもおすすめです。

三つ折り

一般的に二つ折り財布や長財布に比べるとメジャーではありませんが、コアなファンが多い三つ折り財布。二つ折り財布と、長財布の中間に位置する財布だと言えます。

素材の種類

牛革

メンズ財布でもっともポピュラーな素材が牛革です。カウレザーとも呼ばれ、多くの財布で採用されてます。牛革は使い込むほどに味わいが出るのが特長。また他の革素材と比べ強度が高く、耐久性に優れています。

さまざまな加工が施され、質感も変化するので同じ種類の財布でもモノによってまったく違った風合いを楽しめるのも魅力。クセが少ないので、飽きずに使い続けられる点もポイントです。

馬革

馬革はハリのある質感が特長。財布だけでなく、バッグなどにも採用されることが多く、シワ加工などを施されたものもあります。

なお、馬革で1番人気が高いのは希少価値のある馬尻革「コードバン」。厚みと弾力性に優れており、牛革をも超える強度があります。

豚革

豚革の魅力は軽さで、小銭やカードなどで重くなりがちな財布に不満を感じている方におすすめ。また、摩擦にも強く、耐久性に優れているのも魅力です。

ひと昔前は、革素材の中で価値が低いと言われていましたが汎用性は高く、今ではさまざまなアイテムに採用されています。なお、製品によっては毛穴が気になることがあるので、その点は留意しておきましょう。

合繊生地

革素材についで人気が高いのが合繊素材を使用した財布。なかでも、コーデュラナイロンなどの強度の高いナイロンを採用した財布が人気で、革素材にはないカジュアルさがあるのも魅力です。

財布の選び方


サイズで選ぶ

まずポイントになるのはサイズ。身軽でいたい方やバッグを持たない方は「二つ折り財布」。カードや小銭、領収書などいろいろなものを持ち歩きたい方は「長財布」がおすすめです。

素材で選ぶ

財布は使用する素材によって大きく印象が変わります。自分が求める雰囲気とマッチした素材を選ぶものおすすめの選び方。例えば、用途がビジネスメインなのに合繊素材を選んでしまうと、カジュアル感が強すぎてミスマッチになることも考えられます。TPOに配慮した財布の方が、よりスマートです。

エイジングを楽しみながら長く使い続けたいなら「牛革素材」、きれいめが好みで品質のよい財布を求めるなら「コードバン」、カジュアルなコーディネートに合わせたいなら「合繊素材」と、用途にあった素材の財布を選ぶのがポイントです。

ブランドで選ぶ

財布を展開するブランドは日本国内外数多く存在します。素材・製造にこだわったブランドやトレンドを取り入れファッション性の高いモデル、昔ながらの伝統を継承し続ける老舗メーカーなどによって財布のデザインが異なるので、ブランドの特長を知ることは財布の選び方のキーワードになります。

財布のおすすめブランド

グッチ(GUCCI)

世界的に人気の高いグッチ。レディースアイテムをメインとしているブランドが多いインポートブランドの中でも、グッチはメンズアイテムの展開が多い数少ないブランドです。

財布の展開も多く、シンプルな二つ折り財布や存在感のある長財布など種類が豊富なところも魅力で、定番の有名ブランドと言えるでしょう。

エッティンガー(ETTINGER)

1934年にイギリスで誕生したエッティンガー。英国王室御用達としても知られているブランドです。本製品はブライドルレザーを採用したシンプルなデザインは、高品質で上品な印象が魅力的です。

また、強度が高い革素材を採用しているため、使用開始当初は固さを感じますが、使い込むほどに馴染んてくるものポイント。ビジネスシーンで活躍している方にぴったりのブランドです。

ポールスミス(Paul Smith) メンズ 長財布 二つ折り 863488 P938

オーソドックスなデザインにワンポイントで、カラフルなマルチストライプ柄が入ったデザインが特長のポールスミス。20~30代の方を中心に世界的に愛されているブランドで、さまざまなシーンで使えるさりげないおしゃれなデザインが魅力です。

ポーター(PORTER)

日本の人気ブランド吉田カバンのメインブランドであるポーター。年代を問わず愛用している方が多いブランドです。ポーターと言えば合繊素材を使用したカジュアルな財布をイメージしますが、ビジネスでも使える革素材の財布も展開しています。

また、製品は職人による丁寧な物作りで、クオリティは良好。子どもっぽくならず大人の男性でも無理なく使えるので、カジュアルな財布を探している方におすすめです。

ホワイトハウスコックス(Whitehouse Cox)

創業140年を超えるイギリスの老舗ブランドのホワイトハウスコックス。ブライドルレザー財布の先駆けとも言える存在で、品質は良好です。

二つ折り財布、長財布、三つ折り財布とデザインのバリエーションが豊富なのがポイント。カラーラインナップも数多く展開しているのも魅力です。

ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)

レザーを編んだデザインが特長のボッテガヴェネタ。軽く柔らかい牛革を採用しているのが特長です。ラグジュアリーな雰囲気が主張しすぎず、ビジネスでもカジュアルでも使いやすいブランドなので、汎用性の高いアイテムを求めている方におすすめです。