実際に体験することが何よりの教育。

インターネット上にあふれる情報のおかげで、子どもたちは何でもバーチャルに経験できてしまいます。でも、実際の体験をとおしてさまざまなことを学んでほしいですね。そこで登場したのが、基本的な機械工学やエレクトロニクス、再生可能エネルギーを楽しみながら学習できる、ソーラー飛行機の手作りキットです。ご紹介しましょう!

20分で組み立て!

この手作りキットはとても簡単に組み立てられます。所要時間20分なので、集中力の限られている年齢層の子どもも、大人といっしょに工作を楽しめます!


工具も接着剤もいらないこのキットには説明書に加えて、機体パーツやプロペラ、モーター、電子部品、ソーラーパネル、そしてデカールも入っています。

オンラインのチュートリアルではソーラーエネルギーやエレクトロニクス、ベーシックな航空学などを学べるというから、お父さんも夢中になるかも!?

飛ばし方も簡単

説明書では飛ばし方をくわしく説明。まずはプロペラブーストなしでの練習をし、手からのリリースのタイミングなどのコツをつかみます。

次に、ソーラーパネルを太陽に向け90秒ほど充電したら、スイッチでプロペラを起動し同じようにリリース。先ほどよりも勢いよく空に円を描きながら昇っていくのが楽しい!

描く円が小さすぎる場合は説明書やオンラインで確認しながら、翼などの調整をすると、もっとも効率の良い飛行が期待できるとのこと。

子どもたちに工作と、科学、テクノロジー、エンジニアリング、数学の楽しさを実物をとおして学んでもらえるこのキットは、Kickstarter で40ドルから。

この手作りキットでの週末ファミリーサイエンス教室が盛り上がりそうです!