入手しやすいHUDが望まれる。

一部の高級車に標準装備されてきたHUD(ヘッドアップディスプレイ)。フロンドガラスなどに速度やナビ情報が表示されるので、道路状況や運転に集中できるというわけです。かなり価格は下がってきていますが、まだ社外品を含めて、ちょっと試してみようかというレベルのお値段ではありません。そこで今回ご紹介するのは、スマートフォンを置くだけでHUDを実現する HUDWAY Glass です。

とてもシンプル

HUDWAY Glass の使い方はとても簡単。本体を車のダッシュボードに設置し、反射グラスを上げてスマートフォンのディスプレイを上向きに置くだけで準備完了です。

HUD対応アプリがポイント

iOS や Android の専用アプリをインストールしたスマートフォンはHUDモードになるので、HUDWAY Glass に置いた時に反射グラスに適切に情報が表示されます。

HUDWAY の開発アプリに加えて、他のHUDモード対応のものもストアに出ているようです。その中にはオフライン対応マップアプリも。

安全運転に効果的

ある公式な調査では、運転中にスマートフォン使用などのマルチタスクや視界不良などが原因で、世界中で一日に750人もの死者が出ているとのこと。

視線移動が少ないHUDの安全性は、さまざまな機関の研究結果が実証済み。初めは違和感を覚えるかもしれませんが、HUDWAY Glass 慣れるともう元には戻れないかも!?

Kickstarterのプロジェクトである HUDWAY Glass はなんと39ドルから。これならHUDを試してみようという気になりますね。