風が強い日に通常のライターで火をつけるのは至難の技。そんなときに役立つのが火力の強い「ターボライター」です。

安いモノであればコンビニなどでも気軽に入手できますが、せっかく使うのであればよいモノを選びたいところ。そこで今回は、ターボライターのおすすめモデルをご紹介します。

ターボライターの仕組み

By: amazon.co.jp

ターボライターは、本体内部にある「燃焼筒」という部品で一旦燃焼させてから外に火を出す仕組みです。通常の電子ライターと異なり、着火時に周りの空気を利用しないため風が強い場所でも火をつけやすいのが特徴。

また、別名「内燃式ライター」とも呼ばれていますが、後述するバーナーフレーム式ライターがターボライターとして販売されていることもあります。

ターボライターとジェットライターの違い

By: amazon.co.jp

バーナーフレーム式ライターと呼ばれることもある「ジェットライター」。構造はターボライターとあまり変わりませんが、ガスの噴出が強いため高い火力を得られるのが特徴です。

その代わり、ガスの効率が悪い点がデメリット。火力を最重視するのであればジェットタイプのライターがおすすめですが、使い勝手のよさも重視するのであればターボタイプのライターを選んでみてください。

ターボライターの選び方

用途で選ぶ

タバコ用

タバコ用のターボライターを探している場合は、デザインで選ぶのがおすすめ。取り出す頻度が高いアイテムなので、おしゃれな見た目のモデルならタバコを吸う度に周りにアピールできます。また、持ち運ぶことを考慮して軽量コンパクトなモノを選ぶのもおすすめです。

アウトドア用

ターボライターをアウトドアシーンで使う場合は風の強さなどを考慮して高火力なモデルを選ぶのがベストです。耐風機能や防水機能を備えているターボライターであればより快適に使えます。

また、リュックなど取り付けられるカラビナやリングがあると、持ち運ぶ際に邪魔にならないのでぜひチェックしてみてください。

着火ボタンの押しやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

使う頻度が高いアイテムだからこそ着火ボタンの押しやすさは必ず確認しておきたいポイント。着火ボタンの幅が広いモノや、滑り止めが付いているモノなら比較的押しやすいためおすすめです。着火ボタンが側面についているターボライターであれば握る感覚でラクに火をつけられます。

火力で選ぶ

By: amazon.co.jp

ターボライターはどれも十分な火力を持っていますが、採用している構造や方式によって差があります。風が強い場所で使えるターボライターを探している場合はバーナーフレーム式のモデルを選ぶのがおすすめです。また、炎が2〜3本あがるタイプのターボライターならより安定した火力になります。

ターボライターのおすすめ人気ブランド

エス・テー・デュポン(S.T.Dupont)

By: st-dupont.com

エス・テー・デュポンは1872年に誕生したフランスの老舗ブランド。ライターのラインナップが豊富ですが、高級万年筆や革小物なども揃えています。

創業当初は財布やブリーフケースなどを中心に製作しており、ライターの発明を始めたのは1941年のこと。それ以来、高品質かつおしゃれなライターを数多くラインナップしています。

ウインドミル(WINDMILL)

By: windmill.co.jp

ターボライターやタッチ式ICライターを世界で初めて開発したブランドとして知られているウインドミル。タバコ用・葉巻用として日常使いできるモノはもちろん、アウトドアシーンに適した頑丈なモノも多く取り扱っているのが特徴です。 

登山やキャンプなどで使えるターボライターを探している方は、ぜひウインドミルのモデルを選んでみてください。

ロンソン(RONSON)

By: rakuten.com

ロンソンは、世界初の全自動ワンタッチ式ライター「バンジョー」を発表したアメリカの老舗ブランド。高い人気を集めるベストセラー「スタンダード」や、火力の強さが魅力の「ロンジェット」などバリエーションが豊富なので用途や好みに合わせて選べます。

機能性はもちろんデザイン性にも優れており、おしゃれなターボライターを探している方におすすめです。

サロメ(SAROME)

By: sarome.co.jp

ライターをひとつひとつ自社工場で丁寧に製造している国内ブランド。半田付けや彫刻をはじめ、最後の組み立てまでほとんど全ての工程が手作業で行われており、どのモデルも繊細さを感じられるデザインに仕上がっています。

シンプルなモデルをはじめ、個性的な見た目のモデルもラインナップされているため、ユニークなターボライターが欲しいという方にも最適です。

ターボライターのおすすめモデル

エス・テー・デュポン(S.T.Dupont) デフィ エクストリーム ライター 21400

アルミニウムボディとポリウレタンバンパーの組み合わせを採用したエス・テー・デュポンのターボライター。-10℃〜40℃までの気温に対応しており、普段使いはもちろんアウトドアシーンをはじめとする過酷な環境でも安心して使えます。

高度3500m以上での使用もできるため登山用のターボライターとしてもおすすめです。また、人間工学に基づいたデザインが採用されており、握りやすい・押しやすいのもポイント。タフに使えるターボライターを探している方はぜひチェックしてみてください。

ウインドミル(WINDMILL) ターボライター AWL-10

ウインドミルの定番モデルといえる人気のターボライター。本体が約36gと軽いのでポケットに入れて気軽に持ち運べます。生活防水機能を備えているのも特徴です。

ロック式のキャップを採用しており、ストッパーを外したあとボタンを押さないと開かない仕様なので安全面もしっかりと考慮されています。長く使えるベーシックなターボライターを探している方におすすめです。

ウインドミル(WINDMILL) ターボライター シャイニー JPW-0001

重厚な雰囲気があるアルミキャスト素材のターボライター。耐風・生活防水機能が搭載されているため、水濡れが心配な川周辺のBBQなどで使いたい方に適しています。風で炎が消えてもすぐに再着火する仕組みが採用されているのもポイントです。

本体のリングを使えばネックストラップに取りつけたりキーホルダーとして使ったりできて便利。使いやすさはもちろん、持ち運びやすさも重視したいという方に適しています。

ウインドミル(WINDMILL) ガスライター BEEP3 バーナーフレーム BE3-1007

膨らみのあるフォルムで手によく馴染むターボライター。透明なガス窓が付いているため、残量を把握しやすいのが特徴です。

青い炎が幻想的なので、タバコや葉巻に火をつけてゆっくりとしたひとときを過ごしたい方におすすめ。風に強いバーナーフレームタイプのため、アウトドアシーンで使いたい方にも適しています。亜鉛ダイキャスト素材による独特の質感もポイントです。

ロンソン(RONSON) ガスライター ロンジェット バーナーフレーム R29-0002

側面のボタンを押すことでラクに着火できるターボライター。クロームサテン仕上げにより上質な雰囲気に仕上がっているので、タバコ用・葉巻用のおしゃれなモデルを探している方におすすめです。

本体を90°以上傾けると火がつかない安全ロック機構が採用されており、安全性を重視したい方にも最適です。

サロメ(SAROME) ターボライター SRM Diagonal 790404

スパイラルサーキュラーフレイムと呼ばれる独自の燃焼機構が採用されているターボライター。均一かつ強い火力で着火するのが特徴で、タバコ用・葉巻用・アウトドア用などさまざまなシチュエーションで活躍してくれます。

本体は傷の付きにくいチタニウムコーティングが施されており、キレイな状態で使い続けられるのがポイント。斜め柄を本体両面に採用したおしゃれなデザインも魅力です。

サロメ(SAROME) ターボライター SRM Eternity 790626

個性的なターボライターを探している方におすすめのモデル。本体に施された手のデザインがインパクトを与えます。ロック系のファッションが好みの方にも最適です。

また、本体表面に英文が刻まれており、独特な雰囲気を演出しているのもポイント。スパイラルサーキュラーフレイムが採用されているため、風に強く屋外でもしっかり着火できます。

カランダッシュ(CARAN d’ACHE) ターボライター CD01-1104

筆記具ブランドとして世界的に有名なカランダッシュのターボライター。人間工学に基づいた着火ボタンが採用されており、握った状態で押しやすいのが特徴です。

内燃バーナーフレーム式のため火力が強く、風が吹いている屋外でも安定して火をつけられます。予備のガスを入れておけるリザーブタンクが搭載されているのもポイント。メインタンクのガスが尽きてもすぐに補填ができるため便利です。

VVAY ターボライター

高級感あふれるデザインでプレゼントにもおすすめのターボライター。2本の炎が出るためしっかりと火をつけられるのが特徴です。重厚感のある雰囲気なので葉巻と一緒に持ち運べばサマになります。

着火ボタンが側面に付いており、ターボライター本体を握りながらラクに押せるのもポイント。リーズナブルな価格で品のあるターボライターを入手したいという方におすすめです。なお、この製品はガスが入れられていないため、別途用意する必要があります。購入時はご注意ください。

ツインライト ターボライター AGAINST PJ2

3本の炎で力強く着火するバーナータイプのターボライター。飾らないシンプルなデザインなのでどのシチュエーションでも使いやすいのが魅力です。カラーバリエーションはクリア・ブラック・ブルーの3種類が用意されています。

また、着火ボタンを押すと自動でフタが開くため、手で開け閉めする手間を省けるのが特徴。ターボライター本体に付いている”つまみ”を回せば火力の調節もラクに行えます。手軽で使いやすいモデルを探している方におすすめです。

イムコロナ(im corona) 電子式ガスライター CN-7000 Flambeau 86-3350DS/V

ダイヤモンドカットを採用しているおしゃれなデザインのターボライター。厚さが10mmとスリムなのでシャツの胸ポケットやズボンのポケットに入れて持ち運びやすいのが特徴です。

フルキャップタイプのため安全性に優れていたり、炎調節用のダイヤルが回しやすくて操作性に優れていたりとメリットが多いのも魅力。ガス容量は少なめですが、効率のよい着火方式を採用しているためしっかりと火がもちます。