ハワイアンシャツとも呼ばれ、リゾートウェアやハワイのお土産として人気の高いアロハシャツ。南国をイメージさせる華やかな柄やさらりとした涼しげな素材感が大きな特徴で、夏の定番ファッションアイテムとして広く親しまれています。

今回は、アロハシャツのおすすめブランドをご紹介。さらに、着こなしのコツについても解説します。お気に入りのアロハシャツで夏のファッションを思いっきり楽しみましょう。

アロハシャツとは?

By: rakuten.co.jp

アロハシャツとは、熱帯植物やフラミンゴなどのトロピカルモチーフを中心にデザインされた、カラフルな模様が象徴的な開襟シャツのこと。

その起源については諸説ありますが、19世紀末〜20世紀初頭にハワイにやって来た日本人移民が、和服をシャツに仕立て直したのがはじまりだといわれています。そのため、和柄が多いのもアロハシャツの特徴です。

素材にはレーヨンやポリエステル、綿などの放熱性に優れた生地を多く採用しており、常夏のハワイに適したシャツと言えます。

アロハシャツのおすすめブランド

トリ・リチャード

1956年にハワイ・ホノルルで創業された「トリ・リチャード」。現地ハワイでは、冠婚葬祭などのオフィシャルな日に同ブランドの上質なアロハシャツが欠かせないといわれているほど絶大な人気を誇るブランドです。

普段使いできるカジュアルなモノから特別なシーンで着用したいシックなデザインまで、幅広いアイテムがそろいます。また、生地のバリエーションが豊富なのも魅力のひとつ。

なかでも、ドレスシャツのような着心地を味わえるシルクのような肌触りが特徴のローンと呼ばれる綿生地は、ブランドの象徴として知られています。高級感あふれる大人のためのアロハシャツが欲しい方におすすめのブランドです。

トリ・リチャード(TORI RICHARD) ボートデイ・アロハ

ハワイをイメージさせる色彩豊かなプリントが目を引くトリ・リチャードのアロハシャツです。サイドにスリットが入ったボックスシルエットで、ゆったり着こなせます。

高級感を演出する黒蝶貝を削り出したボタンがポイント。さらに、レーザー処理によってボタンの底に施されたブルーの層が絶妙なニュアンス生み出しています。ブランドの定番素材として知られている軽やかで肌触りのよいコットンローンを使用しており、着心地も抜群です。

トリ・リチャード(TORI RICHARD) イケバナ

生け花をイメージして作られた和テイストの柄が存在感を放つアロハシャツです。ランダムな格子パターンによって、あえてかすれたような風合いに仕上げています。

ストレッチ素材が織り込まれた平織コットンを使用しており、程よく体にフィットするのが特徴。海やハイビスカスなどのトロピカルムードあふれる定番柄をすでに持っている方や、ちょっと珍しい柄のアロハシャツが欲しい方におすすめです。

レインスプーナー

1956年の誕生以来、性別を問わず幅広い世代の方々に親しまれているハワイ生まれの老舗ブランド「レインスプーナー」。アロハシャツ特有の派手さを抑えるために裏地を表にした「裏地アロハ」が有名です。

ブランドが独自に開発した素材「スプーナークロス」は、適度なハリとドライな質感が特徴。また、シワになりにくく、手入れが簡単な点も魅力のひとつです。アロハシャツに多く使われるレーヨンよりもフォーマル感が強いため、ラフ過ぎないアロハシャツを探している方におすすめ。

伝統を大切にしながらもさまざまなブランドと積極的にコラボレーションするなど、若い世代に向けた商品展開にも力を注ぐ注目のブランドです。

レインスプーナー(REYN SPOONER) LAHAINA SAILOR CLASSIC

ブランド誕生当時から看板商品として売れ続けている「ラハイナ セーラー」。かつては捕鯨の地として知られていた、ハワイ・マウイ島のラハイナ村の漁師が愛用していたバンダナの柄がモチーフであるといわれています。

開襟カラーが主流のアロハシャツには珍しいボタンダウンを採用。コットン55%・ポリエステル45%の混紡で、シワになりにくい特徴を持つオリジナル生地「スプーナークロス」を使用しています。洗濯後の面倒なアイロン掛けをする必要がない便利なアロハシャツです。

また、洗濯を繰り返しても色の変化が起きにくく、着用を重ねるほどに味わいが増すという楽しみもあります。オン・オフ問わず着用できるおすすめのアロハシャツです。

カハラ

1936年に創立された長い歴史を持つアロハウェアブランド「カハラ 」。現在は、トリ・リチャードの傘下になっています。現地では、ビジネスシーンにも対応できる上質なアロハシャツが手に入るブランドとして、レインスプーナーと並ぶ人気ブランドです。

上品で着こなしやすいデザインが多く、リゾートシーンだけでなくタウンユースにも使える汎用性の高いアロハシャツが揃っています。はじめてアロハシャツを購入する方にもおすすめのブランドです。

カハラ(KAHALA) デュークスパレオ

発色を抑えたシックなカラーバリエーションが魅力のハワイ製アロハシャツです。コットン生地を裏返しにした”裏地使い”が特徴で、独特の風合いを楽しめます。

素材には、ドレスシャツなどにもよく使われるブロードクロスを100%使用。落ち着いた印象で、ビジネスシーンなどでも活躍する大人におすすめのアロハシャツです。

イオラニ

ハワイ語で”天国の鳥”という意味を持つ「イオラニ」。1953年に日系人のカワカミ夫妻によって創業されて以来、3世代に渡って家族経営を行うハワイで最も長い歴史を持つアロハシャツメーカーです。

ブランドの知名度を一気に押し上げたのは、表面のシボと呼ばれる凹凸が特徴的な日本の壁縮緬(かべちりめん)という素材で作った男性用アロハシャツだといわれています。

定番のハワイらしい南国調のデザインに加えて、和柄などの個性的なアロハシャツが手に入るブランドです。

イオラニ(IOLANI) HULA DOOLS

フラダンサーやウクレレなどのハワイらしい絵柄が全面にプリントされた、リゾート気分を味わえるアロハシャツです。デザインから縫製まで「メイドインハワイ」にこだわって作られています。

汗を素早く吸い取って外に排出する効果を持つ綿素材を100%使用。型崩れしにくく気軽に洗濯できるため、夏に適しています。レギュラーカラーできちんと感も演出できるおすすめのアロハシャツです。

イオラニ(IOLANI) 別注Flying Crane

アメリカンカジュアルを軸に、世界中から集めたアイテムやオリジナルウェアを展開する人気セレクトショップ「フリークスストア」が、ヴィンテージのアロハシャツをもとに絵柄やカラーリングを別注した和柄アロハシャツです。

鶴や富士山、松の木などの縁起のよいモチーフが色鮮やかに描かれています。アロハシャツの定番素材であるなめらかな肌触りのレーヨンを使用しており、着心地も抜群。オーセンティックなオープンカラー仕様で、幅広い着こなしが楽しめます。

トゥーパームズ

1973年に創立された「トゥーパームズ」は、高品質なアイテムが手頃な価格で手に入るとして人気のハワイを代表するアロハウェアブランドのひとつ。

色・柄のバリエーションやサイズ展開の豊富さが魅力で、カップルやファミリーでおそろいのコーディネートを楽しむことも可能なおすすめのブランドです。

トゥーパームズ(TWO PALMS) アメリカ製 アイランド柄 アロハシャツ

ダイヤモンドヘッドを望む海やハイビスカス、ヤシの木やヨットなど、ハワイの風景をノスタルジックに表現したアロハシャツです。ボタンは全て天然のココナッツ素材でできており、ひとつひとつ表情が異なるのも大きなポイント。

柔軟性や吸湿性に優れた綿を使用しているため、心地よく着用できます。ネイビー×ホワイトのカラーコンビが落ち着いた印象で、大人におすすめのアロハシャツです。

サンサーフ

愛好家の間では高値で取引され、今では入手困難となった1930~50年代にかけて作られたヴィンテージアロハシャツの魅力を細部に至るまで追求し再現する「サンサーフ」。スカジャンで有名な「東洋エンタープライズ」が手がけるアロハシャツブランドです。

その完成度の高さから、こだわりの1枚を探すコレクターをはじめ、多くのファンに支持されています。アロハシャツをはじめて購入するという方にもおすすめのブランドです。

サンサーフ(sunsurf) SPECIAL EDITION LAND OF ALOHA DISCOVERED

「キング・オブ・アロハ」の称号を持ち、1950年代当時も多くの配色が作られるなど人気を博したデザイン「ランド・オブ・アロハ」。その中で、カラーだけでなくモチーフにも手を加えた「キヒキヒ」というブランドのレアモデルを復刻したアロハシャツです。

素材には、やわらかく上品な光沢が特徴のレーヨン羽二重を使用。コーディネートの主役になる、夏らしく華やかなデザインのアロハシャツです。

コナベイハワイ

ヴィンテージアロハシャツのコレクターでもある日本人オーナーのKC・木内氏がみずからデザインを手がける「コナベイハワイ」。2001年にハワイ島のカイルア・コナでアロハシャツ専門店としてスタートしたブランドです。

1930年~50年代のアロハシャツを当時の技術にこだわって再現しているのが特徴。まだ歴史は浅いのですが、本物志向のモノづくりで多くのファンに支持されています。

コナベイハワイ(KONA BAY HAWAII) Pineapple

本物のパイナップルを撮影してスケッチしたオリジナル絵柄のアロハシャツです。パイナップルの実の部分には、KC・木内氏の「K」という手書きサインがさりげなく入っています。

染色してある色を抜くことで模様を作る”抜染”という加工を施した日本製の「フジエットレーヨン」を使用。富士絹のようなしなやかさとレーヨン特有のとろみのある風合いをあわせ持った素材で、快適な着心地を叶えます。

アヴァンティシルク

アロハシャツの黄金期と呼ばれた1930年代~50年代のデザインをモダンにアレンジした高品質なアイテムがそろう「アヴァンティシルク」。

ブランド名のとおり、アヴァンティシルクのアロハシャツは主に肌触りの良いシルク素材を採用しているため、素肌に着用しても快適に過ごせるのが特徴です。独自の手法で発色を抑えているため、派手な柄でも大人っぽくおしゃれに着こなすことができます。

アヴァンティシルク(AVANTI SILK) HAWII CALLS

ハワイの美しい情景をイメージさせるヴィンテージライクなプリントが全面に施されたアロハシャツです。素材には、ブランドの特徴でもある上品な光沢としなやかな肌触りが魅力のシルクを100%使用しています。

ヤシの実を削り出して作られるココナッツボタンを使用するなど、細部にまでこだわったおすすめのアロハシャツです。

ロバートJクランシー

1953年創業のアロハシャツブランド。「メイドインハワイ」にこだわった高品質でリーズナブルなアロハシャツを作り続けており、現地でも高い人気を誇るブランドです。

ハワイの風景や熱帯植物などを中心としたオーソドックスなデザインが多いのが特徴。コストパフォーマンスに優れたアロハシャツを探している方におすすめです。

ロバートJクランシー(RJC) ハワイ製 レーヨン アロハシャツ

カラフルなトロピカルモチーフがシャツ全面に散りばめられた存在感のあるアロハシャツです。さらりとした肌触りで、涼しく快適に過ごせるレーヨン素材を使用しています。

ウォッシャブルタイプなので、手入れもラクラク。ジーンズなどのカジュアルなパンツはもちろん、きれいめのスラックスなどにも合わせやすいおしゃれなデザインです。

アロハシャツのおしゃれな着こなし術

By: rakuten.co.jp

存在感の強いアロハシャツをおしゃれに着こなすには、コーディネート全体のカラーリングを意識することが重要です。アロハシャツのベースカラーと、ボトムや小物などの色味を統一するとまとまりのあるスタイルが完成します。

また、アロハシャツのサイズ感も大切なポイント。ジャストサイズよりもゆったりと着こなすのが定番ですが、大きすぎるとだらしない印象を与えてしまいます。

海外メーカーの場合はUSサイズで販売されていることが多いので、普段よりもワンサイズサイズ小さめを選ぶなどの注意が必要です。

アロハシャツのおすすめコーデ

きれいめパンツを合わせた大人のタウンスタイル

By: wear.jp

ゆったりとしたサイズ感のアロハシャツにきれいめのスラックスを合わせて大人っぽく仕上げたコーディネートです。シャツの鮮やかな柄が際立つように、他のアイテムは黒やグレーなどのダークカラーで統一するのがポイント。

重たい雰囲気になり過ぎないように、足元には程よい抜け感をプラスしてくれるビーチサンダルを合わせるのがおすすめです。

シンプルにまとめた王道リゾートコーデ

By: wear.jp

アロハシャツを主役に、ショートパンツとビーチサンダルを合わせた王道カジュアルコーディネートです。ショートパンツとサンダルのカラーをアロハシャツの配色とリンクさせることで、落ち着きのあるスタイルに仕上がります。

よりリゾート感のある着こなしを楽しみたい方は、ジュート素材の帽子やサングラスなどの夏小物をプラスするのがおすすめです。

アロハシャツをインナーとして取り入れたジャケットスタイル

By: wear.jp

ソフトスーツのインナーにヴィンテージ感のあるアロハシャツを合わせたリゾートコーデです。1枚でトップスとして着用することが多いアロハシャツですが、派手な柄に抵抗がある方はジャケットなどのインナーとして取り入れることからスタートするのがおすすめ。

スポーティーなサンダルを合わせて程よく着崩すと、さらにおしゃれにまとまります。