夏のレジャーに欠かせないアイテムといえば、ジリジリとした強い日差しから身を守ってくれるビーチパラソル。こと紫外線対策に関して言えば、日焼け止めクリームを使うのが一般的ですが、水や汗で流れてしまうなど日差しをカバーするには限界があります。その点、ビーチパラソルがあれば紫外線対策はもちろん、日陰を作って涼むことも可能です。

そこで今回は、海水浴に限らず、夏のレジャーで活躍するおすすめビーチパラソルをご紹介。使う際の注意点や選び方なども解説しますので、合わせてチェックしてみてください。

ビーチパラソルって効果あるの?

ビーチパラソルのおすすめポイント

ビーチパラソルは、木陰などがない場所で日陰を作るのに役立ちます。また、ビーチテントよりも設置が簡単なうえ、使用後のお手入れも手間いらずです。

テーブルやチェアなどとセットで使用できるので、おしゃれなデザインのパラソルをチョイスすれば、ビーチに限らずテラスや庭先でも使用できます。また、解放感が得られるのも魅力。ちょっとしたリゾート気分を味わいたい方には、ビーチパラソルがおすすめです。

ビーチパラソルの使い方と注意点

ビーチパラソルは、砂にポールを差し込んで使用します。その際は風に飛ばされないようしっかりと砂に差し込んで、あまり高く設置しないようにするのがポイント。また、太陽の位置に合わせてビーチパラソルの角度を調整することで有意義な日陰が作れます。最近では「チルト式」と呼ばれる、角度調整機能付きのビーチパラソルもリリースされているので、購入の際にはチェックしてみてください。

なお、ビーチパラソルは風に弱いのがデメリット。砂が飛び始めたらビーチパラソルも飛んでしまう可能性があるので意識しましょう。選び方のポイントとしては、パラソル部分が二重になっていて風が抜ける構造のタイプがおすすめです。

ビーチパラソルの選び方

重量で選ぶ

ビーチパラソルの重量は、大きさや素材によって異なります。特に支柱の素材は重さを大きく左右するので、必ずチェックしておきたいところです。

素材の特長としては、アルミポールは比較的軽く、木製の支柱は少々重め。持ち運びを考えるなら、アルミポールの製品で重量が3~5kg程度のビーチパラソルが適しています。

サイズで選ぶ

ビーチパラソルは大きさもさまざま。特に日陰の広さが決まる傘部分の大きさもビーチパラソル選びのポイントです。直径150~160cm程度が一般的なサイズですが、この場合に作れる日陰は横に並んで座るなら大人1人子供1人程度です。大人がふたり横に並んだ状態の日陰を確保する場合は、200cm以上の大きさが必要となります。

なお、リゾートや海水浴場でレンタルしているビーチパラソルは、傘の直径が250cm以上あることが多いです。使用人数や移動手段に合わせて適切なサイズを選びましょう。

ビーチパラソルのおすすめモデル

スパイス(SPICE) パラソルタープ ブルーボーダー LSLF1070

日除け用のタープが付いたビーチパラソルです。パラソル部分に風穴とメッシュ窓が設けられており、風抜けがよい点が特長。ペグやロープで地面に固定できるので、風に飛ばされる心配が少ない点もポイントです。

パラソルの内側は、UVカット率の高いシルバーコーティングが施してあるので夏のレジャーにぴったり。日除けの幅は約2m、重さは3.5kgと女性ひとりでも運べるサイズです。ビーチやキャンプ、ピクニックなどのあらゆるアウトドアレジャーで使えるので、おすすめできます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) サンスパイス M-877

重量が1.3kgと非常に軽いビーチパラソル。実勢価格1000円台とリーズナブルな点も魅力です。表面はシルバーコーティングが施されたUVカット仕様。パラソルの上部は角度が調節できるので、太陽の向きに合わせて使用できます。

展開時の直径は約180cm、高さは約195cm。ビーチはもちろん、自宅の庭やテラスでも使えるので初めてのビーチパラソルにおすすめです。

ロゴス 木かげパラソル200 69600058

日除けと風通しを兼ね備えたダブルメッシュ構造を採用したビーチパラソル。日差しと熱を抑えつつ、通り抜ける風で涼を取れる「木かげ効果」が特長です。直径200cmの大型サイズで、生地にはUVカット加工が施されています。

首折れ機能付きのチルト式なので、風向きに合わせて角度を変えることが可能なのもポイント。風の強いビーチでの使用にもおすすめの1本です。

Zisen パラソル

軽くて丈夫な硬質アルミニウム製のポールと耐水性の生地を採用したビーチパラソル。パラソル部分は風を逃すダブルレイヤー構造で、UVカット加工を施しています。

砂にしっかりと刺さるサンドアンカーを採用しているため、風の強いビーチでも安心。自在に角度を変えられるチルト機能で時間の変化に合わせて直射日光を防げます。ビーチ以外にもさまざまなアウトドアに対応できる、おすすめの1本です。

キャプテンスタッグ BBQ 海用 パラソル M-1601

2WAY仕様のビーチパラソル。ポールを立てて使えばビーチパラソル、斜めに立て掛ければパラソルシェードとして使える便利なアイテムです。

ポールは軽量で丈夫なグラスファイバー製。広い面積の日陰を作れる240cmのパラソル部分には、シルバーコーティングが施されておりUVカット性能も十分です。

BUNDOK(バンドック) ビーチ パラソル

直径240cmとやや大き目なサイズのビーチパラソル。2人で使う場合でもゆったりくつろげます。傘の頂部分に風穴が付いたベンチレーション機構を採用しているため、突然の風でも飛びづらく通気性も良好です。

傘の内側にはUVカット効果の高いシルバーコーティングも施されています。2人以上で海水浴を楽しみたい方におすすめです。

OUTAD パラソルタープ ビーチパラソル

ファミリー用におすすめの2WAYビーチパラソル。幅約282cmと広々サイズなので、3~4人程度での使用も可能です。このサイズながら重量は3kgと女性ひとりでも簡単に設置できます。

傘の内側はシルバーコーティングを採用しており、UPF50+と日除け効果も十分。収納袋も付属するので持ち運びもラクラクです。

また、ファスナーウィンドウが2つ付いており、状況に応じて開閉できます。さらに、タープ部分に2つメッシュ窓を装備しているため風通しがよく機能性も良好。万能なビーチパラソルをお探しの方におすすめです。