自由な動きをする車。

軽自動車のような高機能で便利な車は大人気。でも小さくて、もっとスゴい機能があり、しかも、自在な動きが可能なコンパクトカーがあるとしたらどうでしょうか。今回ご紹介するのは、柔軟な発想に満ちあふれ、信じられないくらい自由な動きをする コンパクトコンセプトEV EOscc2 です。

ホイールの動きがポイント

EOscc2 は本当に自由自在。それは4本のホイールすべての方向を変えられるから。4本のホイールを横向きにして、狭い場所にスルスルっと縦列駐車するのも簡単!

縦列駐車のスゴ技をもう一つ。その際、ボディー後部を起こすと全長1mが短くなるので、もっと狭い場所への縦列駐車が実現。スゴイ!でも、他車が出られるようにしたいですね… リン酸鉄リチウムバッテリーで動くEV、EOscc2 の駆動部分ですが、4本のホイールがホイールハブ モーターになっています。そのために自由な動きが可能になっているのですね。

列車みたいになります

EOscc2 には先進のテクノロジーがギッシリ。位置や距離を測る様々なセンサー、高性能3Dカメラなどが内蔵コンピューターに接続され、自動駐車、ドライビングアシストが可能に。開発が進めば、完全自動運転も!
まだスゴい構想があります。上記のテクノロジーを発展させると、EOscc2 は高速道路などで他の何台かの EOscc2 と連結して、風の抵抗を避け、電気をシェアしながら、メインドライバーに運転を任せて走行できます。

また、EOscc2 を数台連結させ、家族用と荷物用の車両に分けるという使い方もOK。普段は別れて暮らす家族が旅行では車を合体させる…未来ですね~。市販の可能性は未知数ですが、実現させてほしい!