アウター選びに悩む秋冬において、男らしさと無骨さで人気を得る「デッキジャケット」。流行に左右されないシンプルかつタフなデザインが、多くのおしゃれ好きから支持されています。

デッキジャケットは老舗から最新ブランドまで、多くのブランドから展開されているのが特徴。そこで今回は、メンズを格上に仕上げるデッキジャケットブランドをご紹介します。長年愛用できるお気に入りのデッキジャケットを見つけてみてください。

デッキジャケットとは?

By: rakuten.co.jp

現在はファッションアイテムとして知られるデッキジャケットですが、元々は1940年代から50年代にかけてアメリカ海軍(U.S. NAVY)の海兵たちに支給されていた防寒着が由来です。雨風や波しぶきなどが激しい船の甲板(デッキ)での作業に耐えられる、防寒・防風に優れた頑丈なジャケットとして使用されていました。

デッキジャケットには「A-1」「A-2」などいくつかの種類が存在しますが、なかでも襟にボアの付いた「N-1」というタイプが有名。現在も、さまざまなブランドから販売されています。デッキジャケットの特徴である防風・防水や、保温性の高さ、耐久性の高さなどの優れた機能面は、現代においても実用性の高いアウターとして人気。男らしく無骨なデザイン面も魅力のひとつです。

流行に左右されない長年愛用できる定番のミリタリーアウターとして、アメカジユーザーからミリタリーマニア、バイカーまで、幅広い層の男性から愛され続けています。

デッキジャケットの魅力

By: amazon.co.jp

デッキジャケットの魅力は、機能性の高さ。防風・防水や、保温性の高さ、耐久性の高さなど、さまざまな機能を兼ね備えています。表素材には撥水性の高い素材を採用。高い防水機能を発揮します。

前身頃はジッパーとボタンの二重構造と袖口内側のリブによって、外気が中に入り込むことを防ぎます。裏地にはアルパカやヒツジの毛など、保温性に優れた素材が採用されているのも特徴。抜群の保温性で寒さをしのげます。

また、最近販売されているデッキジャケットはシルエットにもこだわりが見られ、細身でダボっとしないスタイルのモノがほとんどです。上半身にジャストの身幅と丈感は、自然体で飾らない落ちついた雰囲気を演出します。

デッキジャケットのおすすめブランド

ヒューストン(HOUSTON)

1972年にスタートした、日本が誇る老舗ミリタリーブランド。日本で初めてオリジナルのフライトジャケットを製造したブランドで、カジュアルなファッションにミリタリーアイテムを取り入れるという習慣を浸透させました。

今では当たり前となったミリタリーアイテムの流行に大きく貢献。現在も、「モッズコート」と呼ばれる「M-51」や「MA-1」など、さまざまなミリタリーアイテムを製造しています。

国内製造を貫いており、日本製らしいしっかりとした縫製とディテールが特徴です。素材から自社で作るなど、徹底的にこだわった商品開発を常日頃から行っています。

ヒューストン(HOUSTON) N-1デッキジャケット 5N-1

ヒューストン(HOUSTON) N-1デッキジャケット 5N-1

ヒューストンを代表する定番モデルです。米海軍で使用されていたオリジナルの「N-1 デッキジャケット」を細部まで忠実に再現しています。

表地には、「ヒューストン」オリジナルのヘビーピケ素材を採用。肉厚で頑丈な作りで、長く愛用できます。また、着続けることで経年変化も楽しめるのもポイントです。

内側は、保温性と着心地に優れたアクリルボアを採用。アルパカなどの天然皮革に比べ、メンテナンスも簡単に行えます。

大きめのボタンやジッパーも特徴で、手袋をしたままでも開閉がしやすいよう配慮されているのも魅力。さらに、裾の内側のドローコードで下から入ってくる冷気を防げるなど、細かいディテールにもしっかりこだわりが感じられます。シンプルなデザインで、デッキジャケットを初めて購入する方におすすめです。

ヒューストン(HOUSTON) U.S.NAVY A-2 デッキジャケット

ヒューストン(HOUSTON) U.S.NAVY A-2 デッキジャケット

アメリカの海軍で、甲板作業用のジャケットとして取り入れられたA-2デッキジャケット。日本にも根強いファンがいるN-1デッキジャケットの後継として誕生したアイテムです。

N-1の表地にコットングログランやジャングルクロスが採用されているのに対し、A-2デッキジャケットに採用されたのはバックサテン。着る度に風合いが変化し、経年変化が楽しめます。

シルエットはややタイトに作られているため、スッキリとした印象を与えられるのもポイント。無骨でスッキリとしたコーディネートができるアイテムです。

アルファ(ALPHA)

アメリカ軍に納入するフライトジャケットの製造からスタートし、これまでアメリカ国防総省に4千万点以上の納品実績を持つブランド。

MA-1や、M-65、N-3Bなどのミリタリージャケットは多くのファンから人気です。また、トムクルーズが映画『トップガン』でフライトジャケットを着用したことでも有名。世界的に知名度の高いミリタリーブランドで、アメカジやミリタリー好きでは定番のブランドです。

アルファ(ALPHA) N-1デッキジャケット

アルファ(ALPHA) N-1デッキジャケット

ジャングルクロスと呼ばれる、高密度に織られた生地を採用したN-1デッキジャケットです。ジャングルクロスは、キャンバス生地のように耐久性にも優れているのが特徴。分厚いので、真冬でも風を通しません。デザインは派手すぎない独特の光沢を放っており、無骨な雰囲気を演出しています。

襟と身頃裏は、肌触りがよく扱いやすいボアを採用。袖裏地はボアではなく滑りのよいキルト仕様になっており、重ね着してもゴワつかず、袖の通りをよくします。

中綿の量を少量に調節することでモコモコ感がなくなり、全体的にタイトなシルエットを実現。スッキリとスタイリッシュな印象で、ジーンズはもちろん、細めのチノパンなどどんなスタイルにも対応も可能です。

裾内側のドローコードで絞り具合を調節できることや、風を通さない袖口リブ、脇下に設置された湿気逃しのためのアイレットなど、細かいところまで海軍のデッキジャケットを再現しています。

ローター(ROTAR)

カメラマンの内藤啓介氏を代表として、2000年に設立されたファッションブランド。スケートボードやモーターサイクルなど、それぞれの好きなモノをファッションに取り入れ、「楽しむ」「好き」をコンセプトに進化を続けています。

ほかにはないカラフルでポップな色使いや、ユニークなデザインのアイテムを多く手掛けているのが特徴。ストリートスタイルやカジュアルコーディネートを楽しみたい方におすすめのブランドです。

ローター(ROTAR) Back satin Deck JKT デッキジャケット

ローター(ROTAR) Back satin Deck JKT デッキジャケット

表地にバックサテンを採用した、ROTARの防寒アイテム。着る度に表情に変化が見られ、経年変化が楽しめるデッキジャケットです。左胸には馬蹄をモチーフにした刺繡が施されており、統一感のある仕上がりになっています。

裏地には、劣化しにくく保温性のあるフェイクのファーを採用。防寒性にも優れています。型紙から仕上げまでを日本で行っているのも特徴のひとつ。日本製にこだわりたい方にもおすすめの1着です。

フェローズ(FELLOWS)

フェローズは、日本を代表する老舗アメカジブランド。1991年にザ・リアルマッコイズ設立メンバーのひとりである志村昌洋氏によって設立されました。「流行に左右されないモノ創り」「10年、20年後にヴィンテージと呼ばれるモノ創り」をポリシーに掲げています。

ヴィンテージスウェットやフライトジャケットの復刻をしてきたブランドで、現在はウエスタン系やミリタリー系、サーフ系など、テーマ別に数種類のブランドを展開。多岐にわたってカジュアルウェアを手掛けています。

フェローズ(FELLOWS) 17W-PNXs-P N-1

フェローズ(FELLOWS) 17W-PNXs-P N-1

N-1デッキジャケットの基本的なデザインと機能性は再現しつつ、オリジナルの細かいデザインや機能が追加されたアイテム。左右に配置された大きなパッチタイプの丸いデザインは、米軍後期型のデッキジャケットを再現。また、左胸の縦タイプのジップポケットや、左袖にペンやタバコなどを収納できるポケットなど、使い勝手にも配慮されています。

内側に採用されたボアは、ウールとアルパカを混紡したモノ。米軍オリジナルのN-1デッキジャケットにも採用されていた素材です。フロントボタンはフックタイプで、より無骨な印象を演出しています。

表地の防風性、防寒性の高いジャングルクロス、防風ができる袖のリブなど、細かいディテールがしっかりと再現されたおすすめアイテムです。

クライミー(CRIMIE)

2002年に東京でスタートしたブランド。ロサンゼルスでも影響力の大きいメキシコカルチャーと、普遍のアメカジカルチャーをうまく融合させたスタイルを貫いています。

メキシコカルチャーの遊び心や男らしさをストレートに映した不変の格好よさを追求。アメカジの不良な雰囲気や、男の色気をデザインに落とし込んでいます。

クライミーは、「悪いこともした仲間」という意味を表すスラング。そこから、「過去から未来へ、ブランドを手にとるさまざまな人たちすべてが大切な存在である」という意味合いが込められています。

クライミー(CRIMIE) N-1 LEATHER SLEEVE JACKET

クライミー(CRIMIE) N-1 LEATHER SLEEVE JACKET

クライミーの男らしいブランドコンセプトがしっかり落とし込まれたデッキジャケットです。袖で切り替えられたレザーが大きく目を引くアイテム。袖のカウレザーにより、男らしさのなかに上品さや色気のある雰囲気を演出。非常にやわらかいカウレザーを採用しているので、着用感も抜群です。

裏地のボアにあしらわれたレオパード柄など、見えないところへのこだわりもポイント。ちらっと見え隠れするレオパード柄が、大人の雰囲気をさらに醸し出しています。

襟には、米軍オリジナルのN-1デッキジャケット同様、アルパカボアを採用。首元までしっかり保温性を高めます。また、肉厚耐久性も非常に高いため、長く愛用できるのも魅力。随所にこだわりがつまったおしゃれなアイテムです。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S)

アメカジウェアの老舗として知られる、「東洋エンタープライズ」が手掛けるミリタリーブランド。歴史上に実在するバズリクソン大佐がブランド名の由来です。実物のフライトジャケットを徹底的に検証することで、本物に限りなく近いミリタリーウェアを作り続けています。

ミリタリーウェアの機能性と美しいデザインをモチーフにしつつも、サイズを日本規格にしているのもポイント。また、カジュアルのテイストをプラスして、タウンユース向けにも製品を展開しています。

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON’S) N-1 デッキジャケット 40’s MODEL

バズリクソンズ(BUZZ RICKSON'S) N-1 デッキジャケット 40's MODEL

1940年~50年代に着用されていた米海軍の規格を忠実に再現したモデル。より本物に近いデッキジャケットを求める方におすすめです。表素材には、通称「ジャングルクロス」と呼ばれる肉厚で耐久性の高いコットングログランを採用。防寒に優れた素材なので、真冬にも重宝します。

裏地は、ウール40%、アルパカ35%、コットン25%の天然素材混紡アルパカウールパイルを採用。保温性の高さだけでなく、やわらかい肌触りとフィット感も特徴です。

また、採用されているジッパーは、コンマージッパーと呼ばれる1940年代前半の布製のフライトジャケットに多く採用されていたモノ。ミリタリー好きにはたまらないデッキジャケットです。

アヴィレックス(AVIREX)

米軍のフライトジャケットを正規支給品として納入してきた歴史を持つブランド。高品質を保つ技術と機能的なデザインが特徴で、タウンユースの製品作りも行ってきました。現在では、ミリタリーブランドの代表的存在のブランドといえます。

新品の製品をあえて着古したように見せるエイジング加工を開発しているのもポイント。ハリウッドスターたちが着用していることも多く、日本のミリタリーファンにもおなじみのブランドです。

アヴィレックス(AVIREX) N-1 デッキジャケット PLAIN 6182174

アヴィレックス(AVIREX) N-1 デッキジャケット PLAIN 6182174

アヴィレックスの持つ高い技術で生み出された高品質なモデルです。コットン生地を採用しており、頑丈で男らしいタフなデザインに仕上がっています。

裏地には、アクリルファーを採用。リアルファーと比べ扱いやすいのが特徴です。保温性も抜群で肌触りもよいので、真冬でもストレスなく防寒できます。

また、襟元のボアにはリアルムートンが採用されており、撥水性が高く汚れが染み込みにくいのもポイント。どんなスタイルにも野暮ったくならないおすすめアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX) U.S.NAVY A-2 DECK JACKET

アヴィレックス(AVIREX) U.S.NAVY A-2 DECK JACKET

素材にコットンツイルを採用したデッキジャケット。厚手で無骨な作りながらも、やわらかさを併せ持っているのが特徴です。刺繍やワッペン、プリントなど、細かいアイテムがおしゃれを演出しています。

インパクトのある見た目なので、ストリートスタイルやカジュアルなシーンにおすすめ。存在感のあるデッキジャケットを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

トイズマッコイ(TOYS McCOY)

リアルマッコイズの創設者のひとりである、岡本博氏が1996年に創設したブランド。高品質なレプリカフライトジャケットをメインに、ミリタリーやモーターサイクルをベースとしたウェアアイテムを展開しています。

単なるヴィンテージアイテムのレプリカではなく、機能性をしっかり考慮したハイクオリティな製品作りが特徴です。また、ヴィンテージと異なり、時代に合ったサイズに調節されているのもポイント。

デザインのよさはもちろん、 素材やサイズ感、着心地など、クオリティ面の高さが支持を集めているおすすめのブランドです。

トイズマッコイ(TOYS McCOY) N-1 デッキジャケット マリリンモンロー MISS TORPEDO

トイズマッコイ(TOYS McCOY) N-1 デッキジャケット マリリンモンロー『MISS TORPEDO』

マリリンモンローのバックプリントが印象的なアイテム。第二次大戦中に陸軍の工場で働いていた際にスカウトされたことや、駆逐艦「U.S.S.HENLEY」を表敬訪問したことなど、マリリンモンローと海軍に関するストーリーをモチーフにデザインされているのが特徴です。

機能性も充実しており、表地には頑丈でタフなコットングログラン、裏地には保温性に優れたボアを採用。見た目だけでなく、機能性にも優れたおすすめアイテムです。

デッキジャケットのおすすめコーデ

アメカジスタイルでいつの時代でも映える定番デッキジャケットコーデ

By: wear.jp

これぞアメカジというデッキジャケットの定番コーデ。ポップなチェックシャツによってアメカジテイストが強くなり、全体的におしゃれにまとまっているのが特徴です。

そのほか、インナーがスウェットシャツならカジュアルな印象を、サーマルシャツなら無骨な印象を演出できます。存在感を出したい場合は、帽子のチョイスでアクセントをつけてみるのもおすすめです。

ストリートスタイルでラフなデッキジャケットコーデ

By: wear.jp

全体的なルーズめなシルエットで、ラフな雰囲気を演出しています。デッキジャケットとパンツをネイビーに統一することで、小慣れた印象を与えているのが特徴です。

ネイビー中心のコーデに、インナーのチェックシャツを取り入れているのもポイント。また、赤系のチェックシャツと同じカラーのスニーカーを合わせることで、まとまりのあるコーデに仕上がっています。

無骨さと華やかさを兼ね備えたコーディネート

By: wear.jp

デッキジャケットは無骨なデザインのモノが多いですが、合わせるアイテムを選べば女性でも楽しめるアイテムです。

ホワイトのインナーを覗かせ、ボトムスに華やかなワインレッドカラーのスカートを合わせることでやわらかさを演出。派手な色にシンプルなデッキジャケットを合わせているので、トータルバランスもしっかりと取れています。

すべてのアイテムを同じブランドからピックアップし、統一感を出していることもポイント。大人かわいいコーディネートを楽しみたいという方におすすめです。

サロペットをジャケットで大人っぽく

By: wear.jp

サロペットと合わせたおすすめのコーデ。サロペットを着ると子供っぽくなってしまうという方も、デッキジャケットを上に羽織るだけで大人っぽい印象を与えられます。

そのほか、シューズをブーツなどのミリタリーなモノにして、メンズスタイルに振り切るのもおすすめ。足元をパンプスやヒールにすれば、女性らしさも演出できます。