あらゆる用途に使える万能さが魅力の「トートバッグ」。機能性の高さはもちろん、デザインのバリエーションも豊富で、おしゃれなファッションアイテムとしても人気です。

ただし、いざ購入となると種類の多さゆえになかなか選ぶのが難しいアイテムでもあります。そこで今回は、トートバッグのおすすめブランドや人気アイテムをピックアップ。選ぶ際のチェックポイントも解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

トートバッグとは?

By: amazon.co.jp

トートバッグの「トート」は、英語で運ぶ・携帯するという意味です。その名の通り、運ぶ機能性を重視したバッグで、昔はアウトドアの際に使う大容量で頑丈なバッグでした。

今では、おしゃれなデザインのアイテムが数多くリリースされており、カジュアルシーンにはもちろんビジネスシーンでも活用されています。

トートバッグの選び方

用途で選ぶ

カジュアル

By: amazon.co.jp

タウンユースが多い場合は、ポケットが多く小物を整理しやすいトートバッグがおすすめです。財布やICカードなどを出すのにもたついてしまうと、スマートさに欠けてしまいます。

また、中身がオープンになってしまうのが気になる方は、開口部にジッパーが付いているトートバッグを選べば、人混みの中でも安心です。

アウトドアで使うことが多い場合は、容量重視のトートバッグを選ぶのがおすすめ。さらに、キャンバス地や厚手のナイロンのような丈夫な生地だと、気兼ねなく使えるうえ、多少の雨にも対応できます。

ビジネス

By: amazon.co.jp

ビジネス使いで重視したいのは見た目と機能性です。特にレザーのトートバッグの場合は、靴やベルトの色と合わせて統一感を出した方がよりおしゃれに見えます。キャンバス地は、トートバッグのカジュアル感がさらに増してしまうので避けた方がよいでしょう。

また、使ってみて意外と気になるのが自立するかどうかです。トートバッグを出先に持っていき足元に置く場合、自立しないモデルだと倒れたり潰れたりしてしまいます。自立するトートバックなら底面以外の見える部分が汚れてしまうのを防げるので、自立できるトートバッグがおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

トートバッグによく使われる素材としては、キャンバス(帆布)・ナイロン・レザーなどが挙げられます。素材が違うと、見た目はもちろん機能面に大きく影響するので、チェックしておきましょう。

厚手のキャンバス生地は、水が染み込みにくく、摩擦にも強いのが特徴。カジュアルファッションに馴染みやすく、デザインも豊富で個性が出しやすいアイテムです。また、より耐久性を重視したいならナイロン生地がおすすめ。軽量なので、ビジネストートにもよく使われる素材です。

レザーのトートバッグは見た目にも高級感があり、使い込むことにより味が出てくるのが魅力。きちんと感もあるので、プライベート、ビジネスの両方で使えます。

収納性の高さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

たくさんの荷物を運べるよう、容量が大きいこともトートバッグの魅力。その容量を最大限に活かすために、バッグの収納面もきちんと確認しておきましょう。

サブバッグとして持つ場合は、仕切りやポケットがないシンプルな構造のアイテムの方が便利な場合もありますが、メインで持つなら内側に収納があるモノがベター。バッグの中で小さな荷物が散乱する事態も防げます。

イヤホンなど、すぐに取り出したいモノがある方は外側のポケットも要チェックです。また、ビジネス用として販売されているトートバッグのなかには、PC収納ポケットが備え付けられているモノもあるので、PCを持ち運ぶ機会が多い方は確認しておきましょう。

持ち手の長さで選ぶ

By: amazon.co.jp

快適に使用できるトートバッグを探す上で、欠かせないポイントが持ち手の長さ。肩に掛けても窮屈にならないモノを選びましょう。男性の場合、肩掛けできる長さの目安は約50cm。肩周りに余裕がある状態で持ち運びたい場合は、60cm以上のモノがおすすめです。

トートバッグのおすすめ人気ブランド

ポーター(PORTER)

日本製にこだわり「一針入魂」の精神でカバン作りを続ける吉田カバンのブランド。機能性を重視したシンプルなデザインで、価格帯もお手頃なモノから揃えているため、メンズを中心に幅広い世代に人気があります。

ナイロン製のバッグのイメージが強いですが、レザーやキャンバスなど種類も豊富。しっかりした作りでタフに使えるため、リピーターも多いブランドです。

ポーター(PORTER) TANKER

ポーター(PORTER) TANKER

全面の大きなポケットが特徴の「TANKER」はポーターの顔とも言えるトートバッグです。アメリカ空軍のMA-1からインスパイアされたTANKERシリーズは、1983年に発売してから30年以上も愛され続けています。

A4が入るサイズ感と肩に掛けやすい長めのハンドルが使い勝手のよいポイント。内側には大きめのファスナーポケットやペンホルダーもあるので、整理しやすいのが特徴です。

ナイロンツイルとポリエステル綿、ナイロンタフタの3層構造からなる軽くて丈夫なボンディング素材は柔らかく、持った時に体になじみます。長く使っているうちに経年変化が楽しめるように、あえて塗装が剥がれてくるアルミファスナーを採用したり、内側にポーターらしいオレンジ色のナイロン素材を使っていたりと、見た目にもこだわったトートバッグです。

ポーター(PORTER) BRIDGE

ポーター(PORTER) BRIDGE

ナチュラルなユーズド感を出すバイオウォッシュ加工が施されたキャンバス素材をメインに、3種類の生地を組み合わせたトートバッグです。大人っぽいブラック、ミリタリーテイストのベージュ、爽やかなブルーの3色展開。カジュアルながらも大人っぽさが感じられるデザインで、幅広いコーディネートに活用できるアイテムです。

マチをしっかりとった大容量デザインも魅力で、整理しやすいようにポケットも充実しています。外側の大きなファスナーポケットの中には、スマホなどが入る小分けのポケットがあるので、よく使う小物の出し入れも便利。

長さ調整ができるハンドルは使いやすい長さに設定できるので、メンズにもレディースにもおすすめのトートバッグです。

ポーター(PORTER) HEAT

ポーター(PORTER) HEAT

ファスナーで開閉できる使い勝手がよいメインの収納部分と、前面部ファスナーに取り付けられたマグライトがポイントのトートバッグです。

バリスターナイロンというエアバッグや防弾チョッキなどに使用される素材と、耐水性の高いターポリンを組み合わせており、高い耐久性が魅力。ハンドル部分に使用されている厚手のナイロンテープもたるみにくいため、長く使えます。

2種類の素材を組み合わせたデザインがおしゃれで、キーホルダーやカラビナがつけられるリングもアクセントになっています。マチが広くA4も入る高い収納力を備えているため、ビジネスシーンにもカジュアルシーンにもおすすめのトートバッグです。

コーチ(COACH)

1941年にニューヨークのマンハッタンで「マンハッタン・レザー・バッグス」として創業。2001年から発売されているブランドの頭文字Cを使ったシグネチャー柄が女性を中心に人気です。

上質な革を使用したトップクラスの品質の製品が他のラグジュアリーブランドよりもリーズナブルに買えるため、たくさんの人に愛用されています。

コーチ(COACH) ウエストトート

コーチ(COACH) ウエストトート

清潔感のある白と落ち着いた黒とのコントラストがおしゃれなトートバッグ。上質なレザーの高級感と清潔感のある爽やかなルックスは、特にキレイめのコーディネートをしたい方におすすめのアイテムです。

B4サイズが入る大きめサイズながら、内側にファスナーポケットやパッチポケットが配置されているので、小物整理のしやすさにも配慮。ファスナー開閉でしっかり中身は守られているだけでなく、ICカードなどのよく使うものが取り出しやすいように外側にもオープンポケットがあります。

持ち手の長さは55cmと肩に掛けやすいうえ、自立しやすい広めの底面によって、ストレスなく使えるのがポイント。コーチならではのしっかりした作りなので、長く使い続けられます。

コーチ(COACH) マーケットトート

コーチ(COACH) マーケットトート

本製品は肩に掛けやすい細身のストラップと女性らしいターンロックが魅力。1960年代からコーチを代表するアイテムとして多くの女性から人気を集めています。

大きめのサイズ感と飽きのこないシンプルなデザインは使い勝手がよく、ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも活躍してくれること間違いなしです。上質な革の素材を使っているため、長く愛用できます。マチが広く、自立できるのもおすすめのポイントです。

ロンハーマン(RonHerman)

1976年にロサンゼルスのハリウッドで設立されたロンハーマンは、「ファッションは愛にあふれ、刺激的で楽しく、自由であるべきだ」が理念のセレクトショップです。サーフスタイルをベースに、カジュアルでリラックス感がありながら洗練されたスタイルを提案。ファッション以外にも、インテリアやカフェなどの多方面で人気があります。

ロンハーマン(RonHerman) キャンバストート

ロンハーマン(RonHerman) キャンバストート
キャンバス生地のシンプルなデザインで、男女問わずおすすめのトートバッグ。中央のブランドロゴの刺繍で高級感もプラスされ、ロンハーマン好きには嬉しいポイントです。

A4サイズや雑誌などもすっぽりはいる大きめのサイズ感なので、使い勝手は抜群。内側にはポケットが2つ配置されているので、荷物を詰め込んでもスマホや鍵を見つけられます。肩にかけられる長さのハンドルは太めに設計されているため、長時間の仕様でも肩が痛くなりにくいのもポイントです。

ロンハーマン(RonHerman) USAスタッズトート

ロンハーマン(RonHerman) USAスタッズトート
星条旗をイメージしたかわいらしいデザインのトートバッグ。ビンテージのようなアンティークゴールドと、さりげなく刺繍されたロゴが高級感を演出しています。リーズナブルな価格設定も嬉しいポイント。

本製品はちょっとしたお出掛けに行くときにちょうどよいサイズ感です。小振りな見た目ですが、マチがしっかりとられているので、見かけ以上の収納力があります。財布やスマホはもちろんペットボトルなども十分に入るので、ひとつ持っておくだけで便利なトートバッグです。

ラルフローレン(Ralph Lauren)

ラルフローレンは、アメリカントラディショナルを代表する世界的ブランドで、日本でも幅広い層から支持を得ています。

英国スタイルをアメリカンアレンジした上流階級のライフスタイルを提案しており、特に高級スーツやポロシャツは定番の人気アイテム。スポーティでポップなデザインは、多くのブランドにも影響を与えています。

ラルフローレン(Ralph Lauren) ビッグポニートートバッグ

ラルフローレン(Ralph Lauren) ビッグポニートートバッグ

フロントポケットに施されたビッグポニーの刺繍がアクセントのトートバック。厚手のキャンバス生地を採用しているほか、メタルパーツにもビンテージ加工を施したこだわりのアイテムです。シンプルなデザインなので、カジュアルスタイルなら服を選びません。

大容量なメイン収納はファスナー開閉式になっているため、荷物が多くなりがちなオフの日の買い物から一泊程度の旅行にもおすすめ。ポケットは内側と外側にひとつずつついているので、小物の整理にも便利です。

ラルフローレン(Ralph Lauren) スクールトート

ラルフローレン(Ralph Lauren) スクールトート

ちょっとした買い物などに活躍してくれる小さめのトートバッグ。ラルフローレンならではのしっかりとした作りで、耐久性のある厚手のキャンバス素材を使用しているため、日常使いにおすすめのアイテムです。

ハンドルは握りやすいよう太めに設計されているので、重い荷物を入れても手の負担になりません。シンプルなデザインのため、男女問わずおすすめ。大きなバッグに入れて持っていけば、サブバックとしても役立ちます。

エルエルビーン(L.L.Bean)

エルエルビーンは1912年から続く、アメリカのアウトドアブランドです。やわらかさの感じられるカジュアルなデザインが特徴。

冷蔵庫のない時代にトートバッグの原点となった氷運搬用の手持ちカバンを開発しており、トートバッグを語る上で外せない存在です。

エルエルビーン(L.L.Bean) キャンバストート

エルエルビーン(L.L.Bean) キャンバストート

カラフルな差し色が目を引くトートバッグ。デザインはシンプルなのでどんな服にも合わせやすく、コーディネートのアクセントになってくれます。また、取り出し口が広く、自立もするため使い勝手がよいのも特徴。

24オンスの丈夫なキャンバス生地で作られたボディはアメリカの工場でひとつひとつ手作りされています。エコバッグやマザーズバッグなど、いろいろな用途に使えるのもポイントです。

エルエルビーン(L.L.Bean) グローサリートート

エルエルビーン(L.L.Bean) グローサリートート

薄手のキャンバス生地で作られているトートバッグ。柔らかい素材のため、折りたたむことができます。大きめの作りですが、携帯性に優れているため、エコバッグや旅行でのサブバッグとしても大活躍。家に置いておいても場所を取りません。

裏側には透明のポリウレタンコーティングをしているため摩擦に強く、耐久性も良好。ミリタリーテイストのオリーブ、爽やかなホワイト、シックなネイビーの3色展開です。

グレゴリー(GREGORY)

14歳の頃からバックパックを作り続けてきたデザイナーのウェイン・グレゴリーが1977年に立ち上げたブランド。もともとはアウトドア向けバックパック専門のブランドでしたが、「品質」「快適さ」「機能性」を追及して作られたアイテムはデザイン性も高いため、タウンユースとしても人気です。

グレゴリー(GREGORY) マイティトート

グレゴリー(GREGORY) マイティトート

パラシュートなどに使われるパッククロスナイロン素材で作られたトートバッグ。耐久性が高いのでデイリーユースに向いています。ファスナー開閉式のメイン収納の底はパッドが採用されているので、カメラやタブレットなどの電子機器の持ち運びにもおすすめです。

内側にはボトルホルダーやスリーブポケットが配置されており、散乱しがちなバッグの中も整理しやすくなっています。外側のオープンポケットが両側にあるのも使いやすいポイント。休日のショッピングはもちろん、ブラックなら通勤にもおすすめのトートバッグです。

グレゴリー(GREGORY) サンライズトート

フロントにピッケルホルダーがあしらわれた、アウトドア感のあるカジュアルトートバッグです。レトロなデザインがコーディネートのアクセントになってくれるため、男女問わずおすすめ。

ハンドル部分と底が補強されているので、日常使いにも耐えうる高い耐久性を備えています。メイン開口部はダブルファスナーが使用されており、左右どちらで持っても開けやすいのがポイント。

また、ショルダーストラップがついている2way仕様なので汎用性も高く、さまざまなシーンにおすすめのトートバッグです。

グレゴリー(GREGORY) ベイサイドトート

グレゴリー(GREGORY) ベイサイドトート

PCも入る大容量なので通勤にもおすすめのトートバッグ。大きめのフロントポケットの中にはスリーブポケットやキークリップ、メイン収納内部にも3つのポケットがあるので、小物を整理しやすいのが特徴です。

開口部が巾着袋のようになっているので、トートバッグ本体の高さを超えて荷物を入れても、しっかりホールドすることができます。カモフラ柄やフラワー柄など9色の豊富なカラーバリエーションも魅力です。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage)

マンハッタンポーテージは1983年「すべての人のためのバッグ」をポリシーにスタートしたバッグブランドで、耐久性の高いコーデュラ素材を使った丈夫なバッグ作りが特徴。

メッセンジャーバッグを中心としたアイテム展開をしており、赤いロゴマークが目を引きます。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) トンプキンス

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) トンプキンス

一般的なナイロンに比べて7倍の強度があり、耐水性が高いコーデュラ製のナイロンを使用したトートバッグ。耐久性に優れており、型崩れもしにくいため、長く愛用することができます。内側には防水コーティングも施されているので、雨の日でも荷物が濡れる心配がありません。

持ち手の長さは55cmと肩に掛けやすい長めの設計。使い勝手を考慮し、外側に6つのオープンポケットと内側にポケットが1つ配置されています。シンプルなデザインのアクセントとなる赤いロゴマークもおしゃれなポイントです。

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) ブラックレーベル CARNEGIE TOTE

マンハッタンポーテージ(Manhattan Portage) ブラックレーベル CARNEGIE TOTE

着脱可能なストラップが付属しており、ショルダーバッグとの2wayで使うことができるトートバッグ。素材には耐久性の高いコーデュラバリスティックナイロンを採用しています。

フロントには大きなジップポケットと4つのスリーブポケットに加え、雑誌なども入るスペースがあり、収納力は抜群です。さらに、背面のポケットは底のジッパーを開けることでスーツケースに取り付けられるようになるのもポイント。プライベートだけでなくビジネスでも使いたい方におすすめのトートバッグです。