「火消し壺」は、火が点いた炭を消火でき、そのまま持ち帰ることが可能なアイテムです。安全かつ即座に消火したい方はもちろん、消火した炭を再利用したい方にも便利。また、キャンプ場などでなるべくゴミを残さないことにもつながります。

そこで今回は、火消し壺の選び方とおすすめをご紹介。機能性に富んだモノや安価なモデルなど種類が豊富なので、用途に合った製品を探してみてください。

火消し壺は必要?

By: amazon.co.jp

火消し壺は、使用後の炭を素早く消火できる製品です。蓋で密閉し、酸素の供給を止めることで簡単に消火が可能。そのまま炭を持ち帰るのにも役立ちます。

使用直後の炭は熱を持っているので、放置していると危険。安全に炭を処理するためにも、火消し壺は必要です。

火消し壺を使うメリット

安全に消火できる

By: amazon.co.jp

火のついた炭は放置しても、燃え尽きるまで時間がかかります。水をかけてすぐに消火しようものなら、コンロにある灰や蒸気が舞うため大変危険です。

火消し壺があれば、炭を入れて蓋をしておくだけで消火できるので安全。撤収作業も短時間で済むほか、寝る前に炭を処理するのにも便利です。火消し壺を使うことで、熱を持った炭を放置して火傷や火災を起こしてしまうといったリスクを軽減できます。

消火後の炭が再利用できる

By: amazon.co.jp

1度着火した炭は火消し壺にいれると消し炭となり、2度目の着火が容易になるのが魅力。繰り返し炭を利用できるので、ランニングコストを削減できるのもメリットです。

火消し壺が無い場合、短時間で炭を消火するには水をかける必要があります。水をかけると、乾いてから再利用するまでに天日干しが必要となるため手間がかかるもの。火消し壺があれば水を使わずに短時間で消火できるので、手間なく再利用できます。

火消し壺の選び方

素材をチェック

金属

By: amazon.co.jp

火消し壺で採用されている金属素材は、主にスチール・アルミ・ステンレスの3種。金属製は割れる心配がなく耐久性が高いので、初めての方でも安心して使用できます。ただし、使用後の炭を入れたあとは熱を持つため、取り扱いには注意が必要です。

スチールやアルミ製のモデルなら、軽量なモノが多いので持ち運びも楽。また、ステンレスは高価なものの、サビに強くお手入れも簡単です。

陶器

By: captainstag.net

陶器は和のテイストを楽しめるため、家庭での囲炉裏や七輪での使用にも適しています。フタの仕様もロックなどの機構はなく、置くだけなので非常にシンプルな構造。ただし、金属製とは違い、割れやすい点には注意が必要です。

ヒビが入ってしまうと火消し壺本来の機能である密閉性が失われ、炭を消火しにくくなります。陶器の火消し壺は容量が大きめの製品も多いので、大量の炭を使用する方にもおすすめです。

フタが閉まるかチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺は、フタがしっかりと閉まるモノかチェックしておきましょう。フタがしっかりと閉まる密閉性に優れたモノであれば、本体内部に空気が供給されないため、炭の消火が早い傾向にあります。

また、フタがロック付きのモデルの場合、不用意に本体が倒れてしまった際でも中身がこぼれるリスクを軽減できるのでおすすめ。なお、金属製のモデルはロック機構付きのモノが多く、フック式やネジ式といった固定方法も豊富です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺のサイズは製品によって異なるので、必ずチェックしておきたいポイントです。大きめのサイズなら、かさばり持ち運びにくいものの、たくさんの炭を入れることが可能。主に、車などで移動する大人数のキャンプに適しています。

また、小さいサイズの場合、炭を入れられる量は少なくなりますが携帯性は良好です。主に少人数で荷物をなるべくコンパクトにまとめたい場合に適しています。

火消し壺のおすすめメーカー

ロゴス(LOGOS)

By: amazon.co.jp

ロゴスは、大阪府に本社を構えているアウトドア用品メーカー。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をポリシーとしており、テントや寝袋といったキャンプ用品や、ビーチで使えるサンシェードやボートといった幅広い製品を手掛けています。

人気キャラクターとタイアップしたモデルもあり、かわいらしいデザインが多いのも特徴です。これからアウトドアを始めたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: captainstag.net

キャプテンスタッグは、日本国内のアウトドア総合ブランド。キャンプ用品に限らず、サイクリング用品やカヌー用品といった幅広い分野に携わっており、使いやすさと購入しやすさを重視しているのが特徴です。

公式サイトの“アウトドアライフ”ページでは、アウトドア用品の選び方や使い方の紹介記事、ダッチオーブンなどを使った料理のレシピを紹介するなどの内容が盛りだくさん。アウトドアイベントも数多く開催しています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

ユニフレームは、金物の町として有名な、新潟県燕三条を拠点としたアウトドアメーカー。「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念で設立されており、焚き火ストーブや調理器具、ランタンといった、火に関係するアウトドア製品を多く取り扱っています。

同社の製品は、長期間使えるように精度が高く丈夫なモノを展開しているのが魅力。その品質のよさから、高い評価を得ています。金属素材にステンレスを採用したモデルが多いのも特徴のひとつです。

火消し壺でもステンレスが採用されており、耐久性や耐食性を有しているほか、機能性にも優れています。値段は高いものの、使い勝手は良好なのでぜひチェックしてみてください。

火消し壺のおすすめアイテム

ロゴス(LOGOS) ポータブル 火消し壺

コンパクトなサイズで、持ち運びに便利な火消し壺です。サイズは直径17×高さ21.8cmで、ファミリーでのバーベキューに適したサイズ。本製品はハンドルが付属しており、本体に合わせた形状のため、収納時も邪魔になりません。

蓋は安心のネジ式を採用。しっかりと蓋が閉まるので、万が一本体が倒れても中身がこぼれず安心です。蓋の形状は凹凸があることで、滑りにくい設計なのもポイント。底面は足が設けてあり、本体が熱を持った状態でも地面の焦げつきを防止します。

本体素材はアルミを採用し、重量も約1.5kgと軽量化を実現。本体カラーはマットブラックで、おしゃれなデザインに仕上がっています。

ロゴス(LOGOS) マイティー火消し壷

ネジ式のロック機構を採用した、使い勝手のよい火消し壺。蓋は凹凸が設けてあり、手が滑らずに閉められます。しっかりと蓋が閉まるため、持ち運びの際に中身がこぼれず安心です。ハンドルも備えており、使い勝手にも優れています。

本体サイズは直径20.5×高さ27cm。大人数でのバーベキューにぴったりの製品です。メイン材質はアルミを採用。本体重量は約2.2kgと軽量なのも魅力です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルスター火消しつぼ<L> UG-3251

深型タイプで、大容量サイズの火消し壺です。本体サイズは、直径21×高さ22.5cm。大人数でのキャンプに適したモデルです。また、本製品にはスタンドが付属。底に敷けば、炭の消火時に地面を焦がす心配もありません。収納の際は、蓋を押さえるストッパーになるのも嬉しいポイントです。

大きめサイズながらも、重量は約1kgと軽量。ハンドルも付いているので、持ち運びに便利です。本体の材質はアルミメッキ鋼板を採用。その他の部品も鉄にクロムメッキを施しており、耐食性を向上しています。

本製品は大型のLサイズですが、もう1サイズ小さめのMサイズもラインナップ。より小さいサイズが必要な方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消しつぼ火起し器セット M-6625

火消し壺と火起こし器がオールインワンになったモデル。本製品があれば、火起こし器と火消し壺をそれぞれ揃える必要がないので便利です。火起こし器は、火消し壺の中にスタッキングが可能。また、火消し壺と火起こし器はどちらもハンドルが付属しており、持ち運びも便利です。

本体サイズは火消し壺が直径20×高さ22.5cmで、火起こし器が直径18×高さ20cm。さらに、火消し壺と火起こし器には、それぞれアルミと亜鉛メッキが施されているためサビに強いのもポイントです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 和膳亭 MK-1474

陶器製で、和の風合いが楽しめる小型の火消し壺です。サイズは直径16×高さ13cm。陶器製のため、家庭でのバーベキューや囲炉裏での使用におすすめです。

本体底には突起を3点配置。地面に置いてもぐらつかず、安定感があります。蓋はツマミが付いているので開け閉めも簡単。ロック機構がない分、炭の出し入れも容易です。ただし、ハンドルは付いていないので、炭を入れたあとの取り扱いには注意しておきましょう。

ユニフレーム(UNIFLAME) 火消し壺SUS 665763

ステンレス素材を採用した高級火消し壺です。本製品は、本体の中に水を入れて即座に炭を消火可能。バーベキューが終わったあとの撤収をスピーディーに行えるおすすめのモデルです。

付属している網を使えば、消火した炭ごと日干しすることが可能。乾いた炭はそのまま網から取り出し、再利用できるため便利です。蓋はバックル式のロック機構を備えており、しっかりと密閉します。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150

本製品は、火起こし器と火消し壺の機能を両立したモデル。本体底の蓋を取り外しすることで、それぞれの機能を使い分けられます。火起こしは、本体底の蓋を外した状態で使用可能。新聞紙などの燃えやすい素材と炭を入れ、本体下部の穴から着火すれば火を起こせます。

火消し時は、本体底の蓋をはめた状態で使用。使用済みの炭を入れ、本体上部の蓋を閉めておけば、消火できます。本体上部と下部の蓋はどちらもフック付き。中身をこぼすことなく持ち運べるため便利です。

本体の材質はスチール製。耐久性に優れているので、アウトドアで気兼ねなく使えます。付属のハンドルは、握りやすいように設計されているのも嬉しいポイント。サイズは直径15×高さ25cmで、ファミリーでのバーベキューに適しています。

クオルツ(Qualz) ステンレス炭火火消し壷

リーズナブルなステンレス製火消し壺です。ステンレスはサビの心配なく使えるのが魅力で、メンテナンス性にも優れています。サイズは直径20×高さ18cm。重量は約830gと軽量で、持ち運びにも便利です。

底に足が付いているのもポイント。地面と底が直接接触しないので、地面を焦がすことなく安全に使えます。ロック機構も付いているため、横に倒れても中身がこぼれず安心。ハンドルも備えており、使い勝手にも配慮されたおすすめアイテムです。

ノースイーグル(North Eagle) バケツ 火消しバケツ NE1412

値段がリーズナブルで、エントリーモデルとしておすすめの火消し壺です。本体サイズは直径19×高さ27cm。複数人でのバーベキューに十分な大きさです。

蓋はフック式のロック機構を採用。蓋をはめ込み、回転させるだけで固定できます。蓋と本体には、取手とハンドルが付属。重量は約0.9kgと軽量で、持ち運びしやすいのも魅力です。

アルパインデザイン(Alpine DESIGN) 火おこし&火消し壺 AD-S18-402-015

火起こしと火消しのどちらにも対応可能なモデルです。火起こし時は、煙突効果により炭の着火が簡単にできるのが特徴。火消し時は、本体底のスリットを塞いで密閉することで、安全に消火できます。

蓋はフック式を採用しており、容易に蓋を閉められます。本体側面にはハンドルも備えており、持ち運びの際も便利。また、グリップの形状は手に合わせて凹凸が設けており、握りやすい設計なのもポイントです。

カネ由(KANEYOSHI) 炭火消し壺 夏目火消

愛知県で生産されている、「三河焼」の火消し壺です。使用している「三河土」が熱を伝えにくくしているため、取り扱いに優れたモデル。また、製造の際、通常の三河焼の焼成温度よりも低く設定することで、変形しにくいのもポイントです。

本体底には足が3点配置されており、安定感は良好。蓋はツマミ付きで、開け閉めしやすい設計です。陶器製なので、キャンプに持ち込むよりも家庭での使用がおすすめ。サイズは小・中・大・大々の4種類をラインナップしています。用途に合わせて好みのモデルを選んでみてください。