「火消し壺」は、火がついた炭を消火でき、そのまま持ち帰ることが可能なアイテムです。安全かつすぐに消火したい方はもちろん、消火した炭を再利用したい方にも便利。また、キャンプ場などでなるべくゴミを残さないことにもつながります。

そこで今回は、火消し壺の選び方とおすすめをご紹介。機能性に富んだモノや安価なモデルなど種類が豊富なので、用途に合った製品を探してみてください。

火消し壺は必要?

By: amazon.co.jp

火消し壺は、使用後の炭を素早く消火できる製品です。フタで密閉し、酸素の供給を止めることで簡単に消火が可能。そのまま炭を持ち帰るのにも役立ちます。

使用直後の炭は熱を持っているので、放置していると危険。安全に炭を処理するためにも、火消し壺は必要です。

火消し壺を使うメリット

安全に消火できる

By: amazon.co.jp

火のついた炭は放置しても、燃え尽きるまで時間がかかります。水をかけてすぐに消火しようとすると、灰や蒸気が舞う恐れがあり危険です。

火消し壺があれば、炭を入れてフタをしておくだけで消火できます。撤収作業も短時間で済むほか、寝る前に炭を処理するのにも便利です。火消し壺を使うことで、熱を持った炭を放置して火災を起こしてしまうといったリスクも軽減できます。

消火後の炭が再利用できる

By: amazon.co.jp

1度着火した炭は火消し壺に入れると消し炭になり、2度目の着火が容易になるのが魅力。繰り返し炭を利用できるので、ランニングコストを削減できるのもメリットです。

火消し壺が無い場合、短時間で炭を消火するには水をかける必要があります。水をかけると、乾いてから再利用するまでに天日干しが必要となり、手間がかかるのが難点。火消し壺があれば水を使わずに短時間で消火できるので、手間なく再利用できます。

火消し壺の選び方

素材をチェック

金属

By: amazon.co.jp

火消し壺で採用されている金属素材は、主にスチール・アルミ・ステンレスの3種。金属製は割れにくく耐久性が高いので、はじめての方でも安心して使用できます。ただし、使用後の炭を入れたあとは熱を持つため、取り扱いには注意が必要です。

アルミ製のモデルなら、軽量なモノが多いので楽に持ち運べます。また、ステンレスは高価なものの、サビに強くお手入れも簡単です。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器は和のテイストを楽しめるため、家庭の囲炉裏や七輪での使用にも適しています。フタの仕様もロックなどの機構はなく、置くだけなので非常にシンプルな構造。陶器の火消し壺は容量が大きめの製品も多く、大量の炭を使用する方にもおすすめです。

ただし、金属製と違い、割れやすい点には注意が必要。ヒビが入ってしまうと火消し壺本来の機能である密閉性が失われ、炭を消火しにくくなります。

フタが閉まるかチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺は、フタがしっかりと閉まるモノかチェックしておきましょう。フタがしっかりと閉まる密閉性に優れたモノであれば、本体内部に空気が供給されないため、しっかり消火できます。

また、フタがロック付きのモデルの場合、不用意に本体が倒れてしまっても中身がこぼれるリスクを軽減できるのでおすすめ。なお、金属製のモデルはロック機構付きのモノが多く、フック式やネジ式といった固定方法も豊富です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺のサイズは製品によって異なるので、必ずチェックしておきたいポイントです。大きめのサイズなら、かさばり持ち運びにくいものの、たくさんの炭を入れることが可能。主に、車などで移動する大人数のキャンプに適しています。

また、小さいサイズの場合、炭を入れられる量は少ない一方、携帯性は良好です。主に少人数で、荷物をなるべくコンパクトにまとめたい場合に適しています。

火消し壺のおすすめメーカー

ロゴス(LOGOS)

By: logos.ne.jp

ロゴスは、大阪府に本社を構えているアウトドア用品メーカー。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をコンセプトに、テントや寝袋といったキャンプ用品や、ビーチで使えるサンシェードやボートといった幅広い製品を手掛けています。

人気キャラクターとコラボしたモデルもあり、かわいらしいデザインが多いのも特徴です。これからアウトドアをはじめたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

キャプテンスタッグは、日本国内のアウトドア総合ブランド。キャンプ用品に限らず、サイクリング用品やカヌー用品といった幅広い分野の製品を取り扱い、手頃な価格で使いやすいモノが多いのが特徴です。

公式サイトの「アウトドアライフ」ページでは、キャンプを楽しむための情報を発信しています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

ユニフレームは、金物の町として有名な、新潟県燕三条を拠点としたアウトドアメーカー。「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念で設立されており、焚き火ストーブや調理器具、ランタンといった、火に関係するアウトドア製品を多く取り扱っています。

同社の製品は、金属素材にステンレスを採用したモデルが多いのも特徴のひとつです。火消し壺にもステンレスが採用されており、耐久性や機能性に優れています。

火消し壺のおすすめアイテム

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 大型火消し壺 火おこし器セット M-6625

火おこし器がセットになった、キャンプやバーベキューなどのアウトドアに便利な火消し壺。スタンドも付属しているので、地面に置いてもスムーズな火おこしが可能です。

火消し壺のサイズは、外径約21×高さ22.5cmと大きめで、家族など比較的大人数での使用に対応できます。火おこし器のサイズは、外径約18×高さ20cmで、火消し壺内に収納可能なため、持ち運びやすいのもポイント。火おこしから後片付けまでができるセットで、アウトドア初心者の方にもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 火消しつぼ 火起し器セット UG-3245

本体内部に火おこし器が収納できる火消し壺。バーベキューなどで準備する際には、内部から火おこし器を取り出して使用します。片付け時には、燃えた炭が入った火おこし器を火消し壺に入れるだけで、簡単に消火可能。

水を使わず、乾かす必要もないので、次回はまた取り出すだけですぐに火おこしができます。火消し壺のサイズは、外径約19×高さ24cm。火おこし器は、外径約16×高さ20cmです。炭を繰り返し利用しやすい、利便性の高い火消し壺を探している方に適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルスター 火消しつぼ M-7567

フタに木製のつまみが付いており、開閉しやすい火消し壺。本体にはスタンドが搭載されており、テーブルや地面に熱が伝わりにくく、安全性にも優れています。

本製品は、スタンドの脚部を使ってフタを固定する仕様。ネジ式でしっかり締められます。本体は外径約17.5×高さ16.5cmと小さめで、キャンプ場などに持っていきやすいサイズ。ソロキャンプで手軽に使用したい方にもおすすめの火消し壺です。

ユニフレーム(UNIFLAME) 火消壺SUS 665763

フタの裏に搭載されたシリコンゴムのパッキンにより、優れた密閉性を備えた火消し壺。3ヶ所にロック機能が付いているので、アウトドアなどへの持ち運びの際に内容物がこぼれるリスクも軽減できます。素材にはステンレス鋼を採用しており、耐久性が高いのも特徴です。

本体内部に設置できる網も付属しているため、炭を水で消火した場合も、そのまま取り出して乾かせます。しっかりと消火できるのはもちろん、携帯性や使い勝手もよい火消し壺で、便利にアウトドアを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

ロゴス(LOGOS) ポータブル火消し壷

ネジ式のフタのため、簡単にしっかりと密閉できる火消し壺。持ち運び中に誤って倒してしまっても、内容物がこぼれるのを予防します。水を使用しなくても、火消し壺に炭を入れてフタを閉めるだけで消火が可能。炭を濡らさずに済み、乾かす手間も省けます。

本体にはハンドルが付いており、片手で持って運びやすいのも特徴です。また、シンプルなデザインもポイント。スタイリッシュでおしゃれなモノを探している方にもおすすめの火消し壺です。

アルパインデザイン(Alpine DESIGN) 火おこし&火消し壺 AD-S18-402-015

火おこし機能も備わった、アウトドアでの使用に便利な火消し壺。底面にある穴は開閉可能で、煙突効果によって火を起こせる仕組みです。穴を閉じればしっかりと密閉できるので、消火もスムーズ。

水で消火する必要がなく、炭を乾かさなくても再利用できます。また、握りやすいグリップを搭載した持ち手も付いているため、楽に手に取って使用できるのも特徴。火おこしにも消火にも使える便利なアウトドアグッズを探している方におすすめの火消し壺です。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150

火おこし器も兼用の、バーベキューをするのに便利な火消し壺。煙突効果により、バーベキューなどの準備で面倒な火おこしも簡単に行えます。後片付けでも、本体の上下をフタで密閉すれば、炭の消火がスムーズ。手に持って移動させやすいハンドルも搭載されています。

フタにはロック機能も搭載されているので、内容物がこぼれにくいのが嬉しいポイント。ハンドル部分は折りたたみ可能で、収納や持ち運びにも便利です。手軽で使い勝手のよい火消し壺を探している方に適しています。

田中文金属 萬能缶

素材にアルミメッキ鋼板を使用した、耐久性が高くサビにくいのが特徴の火消し壺。キャンプやバーベキューでの後片付けで、炭を消火する際に使用できます。

また、火消し壺としての使用以外にも、種子や穀物などの保存にも活用可能です。価格が比較的安いため、手軽に使えるのも魅力。アウトドアだけでなく、さまざまなシーンで利用できる火消し壺を探している方におすすめのアイテムです。

ソト(SOTO) デュアルグリル ST-930

グリルや火消し壺など、さまざまな役割を果たすアウトドアアイテム。グリルとしては網焼きや鉄板焼きに使用でき、片付けの際には、フタをすれば約30分で消火可能です。

また、素材にはステンレスとアルミを使用しており、サビや衝撃に強く、耐久性に優れているのも特徴。さらに、高い遮熱性を備えた受け皿が搭載されており、卓上で使用できます。バーベキューやキャンプなどのアウトドアで、なるべく荷物を減らしたい方におすすめの多機能アイテムです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 和膳亭 火消しつぼ MK-1474

和のテイストを楽しみたい方におすすめの陶器製火消し壺。囲炉裏や七輪などの家庭用としても活用できます。火がついたままの炭を入れてフタをするだけで、水を使わなくても自然消火が可能です。

大型の製品が多い陶器製ですが、外径約16×高さ13cmとコンパクトで、重量も約1kgと比較的軽量なので、移動させやすいのもポイント。また、価格も安いため、手軽に使用できる陶器製の火消し壺を探している方におすすめのアイテムです。

カネ由商店(KANEYOSHI) 炭火消し壺 夏目火消

「三河土」が熱を伝えにくくし、表面を触っても比較的熱くならないのが特徴の陶器製火消し壺。水をかけなくても、炭を壺に入れてフタで密封すれば簡単に消火できます。炭を乾かさずに再利用が可能で、頻繁に炭を使う方におすすめです。

また、サイズも豊富で、持ち運びに適したモノや、据え置きで使うのに適したモノなどを幅広くラインナップ。ソロキャンプや大人数で楽しむバーベキューなど、用途や目的によってサイズを選びたい方にもおすすめの火消し壺です。

火消し壺のAmazonランキングをチェック

火消し壺のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。