火消し壺は、火がついた炭を消火でき、そのまま持ち帰ることが可能なアイテムです。安全かつすぐに消火したい方はもちろん、消火した炭を再利用したい方にぴったり。また、キャンプ場などでなるべくゴミを残さないことにもつながります。

そこで今回は、火消し壺の選び方とおすすめアイテムをご紹介。機能性に富んだモノや安価なモデルなど種類が豊富なので、用途に合った製品を探してみてください。

火消し壺は必要?

By: amazon.co.jp

火消し壺は、使用後の炭を素早く消火できる製品です。フタで密閉し、酸素の供給を止めることで簡単に消火可能。そのまま炭を持ち帰るのにも役立ちます。

バーベキューや焚き火などが終わって炭を使わなくなっても、火が完全に消えるまでには時間がかかるもの。また、消えたように見えても火が残っている場合があるので、放置したりゴミ袋に入れたりするのは危険です。

安全に炭を処理するためにも、火消し壺を用意しておきましょう。

火消し壺を使うメリット

安全に消火できる

By: amazon.co.jp

火のついた炭は放置しても、燃え尽きるまでに時間がかかります。水をかけてすぐに消火しようとすると、灰や蒸気が舞う恐れがあり危険です。

火消し壺があれば、炭を入れてフタをしておくだけで消火できます。撤収作業も短時間で済むほか、寝る前に炭を処理する際にも便利です。火消し壺を使うことで、熱を持った炭を放置して火災を起こしてしまうリスクも軽減できます。

消火後の炭が再利用できる

By: amazon.co.jp

一度着火した炭は火消し壺に入れると消し炭になり、二度目の着火が容易になるのが魅力。繰り返し炭を利用できるので、コストを削減できるのもメリットです。

火消し壺がない場合、短時間で炭を消火するには水をかける必要があります。水をかけると、乾いてから再利用するまでに天日干しが必要となり、手間がかかるのが懸念点。火消し壺があれば水を使わずに短時間で消火できるため、手間なく再利用できます。

火消し壺の選び方

素材をチェック

金属

By: amazon.co.jp

火消し壺で採用されている金属素材は、主にスチール・アルミ・ステンレスの3種。金属製は割れにくく耐久性が高いので、はじめての方でも安心して使用できます。ただし、使用後の炭を入れた直後は熱を持つため、取り扱いには注意が必要です。

アルミ製のモデルには軽量なモノが多く、楽に持ち運べます。ステンレス製のモデルは、やや高価なものの、サビに強くお手入れも簡単です。

陶器

By: amazon.co.jp

陶器は和のテイストを楽しめるため、家庭の囲炉裏や七輪での使用にも適しています。フタにはロックなどの機構がなく、置くだけなので非常にシンプルな構造。陶器の火消し壺は容量が大きめの製品も多く、大量の炭を使用する方にもおすすめです。

ただし、金属製と違い、割れやすい点には注意が必要。ヒビが入ってしまうと火消し壺本来の機能である密閉性が失われ、炭を消火しにくくなります。

フタが閉まるかチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺を選ぶ際は、フタがしっかりと閉まるかどうかをチェックしておきましょう。フタがしっかりと閉まる密閉性に優れたモノであれば、本体内部に空気が供給されないため、しっかり消火できます。

フタにロックが付いたモデルの場合は、本体が倒れてしまっても中身がこぼれるリスクを軽減できて便利。また、金属製のモデルにはロック機構付きのモノが多く、フック式やネジ式など固定方法も豊富です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

火消し壺のサイズは製品によって異なるので、必ずチェックしておきたいポイントです。大きめのサイズなら、かさばって持ち運びにくいものの、大量の炭を入れることが可能。主に、車などで移動する大人数のキャンプに適しています。

また、小さいサイズの場合、炭を入れられる量が少ないものの、携帯性は良好です。主に少人数で、荷物をなるべくコンパクトにまとめたい場合に適しています。

火消し壺のおすすめメーカー

ロゴス(LOGOS)

By: logos.ne.jp

ロゴスは、大阪府に本社を構えているアウトドア用品メーカー。「海辺5メートルから標高800メートルまで」をコンセプトに、テントや寝袋といったキャンプ用品や、ビーチで使えるサンシェードやボートといった幅広い製品を手掛けています。

ロゴスの火消し壺は、おしゃれなデザインを採用しているのが特徴。これからアウトドアをはじめたい方は、ぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: rakuten.co.jp

キャプテンスタッグは、日本国内のアウトドア総合ブランド。キャンプ用品に限らず、サイクリング用品やカヌー用品といった幅広い分野の製品を取り扱い、手ごろな価格で使いやすいモノが多いのが特徴です。

同ブランドの火消し壺は、ハンドル付きのモデルや和風デザインのモデルなど、ラインナップが豊富。シーンに合わせて選びやすいのが魅力です。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: uniflame.co.jp

ユニフレームは、金物の町として有名な、新潟県燕三条を拠点としたアウトドアメーカー。「ユニークな炎(フレーム)を創造する」という理念で設立されており、焚き火ストーブや調理器具、ランタンといった、火に関係するアウトドア製品を多く取り扱っています。

同社の製品には、金属素材にステンレスを採用したモノが多いのが特徴。火消し壺にもステンレスが採用されており、耐久性や機能性に優れています。

火消し壺のおすすめアイテム

ロゴス(LOGOS) ポータブル火消し壷 81063128

シンプルなデザインを探している方におすすめ

おしゃれな火消し壺を求めている方におすすめのモデル。黒いボディにブランドロゴが映える、シンプルかつスタイリッシュなデザインが魅力です。約17×21.8cmのファミリーサイズながら、軽量なアルミを採用しているため、重量約1.5kgと軽く携行性も良好。片手で持ちやすいハンドルが付いているので、本体の移動も容易です。

回して開閉するネジ式のフタを採用しているのもポイント。密閉度が高いため、片付けたあとや持ち運び時に倒してしまっても、中身がこぼれる心配が少なく済みます。なお、底面は高温になるので、土や砂利など耐熱性のある場所で使用しましょう。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 火消しつぼ 火起し器セット UG-3245

初めて火消し壺を購入する方におすすめ

火起こし器がセットになった火消し壺です。外径19×高さ24cmの大きめサイズながら、総重量約1.5kgと軽いのが特徴。火起こし器は外径16×高さ20cmとコンパクトなため、火消し壺の中に収納してまとめて持ち運べます。

本体素材には耐食性に優れた亜鉛メッキ鋼板が採用されているので、錆びにくく長く使用できるのが魅力。火起こし器下部には穴が設けられており、ロングライターなどで手軽に着火できるため、火起こしが苦手な方や初心者にもおすすめです。

火起こし器付きながら手ごろな価格で購入しやすいのもポイント。使用後はそのまま火消し壺に入れるだけなので、片付けも簡単です。留め具付きでしっかり密閉できるため、転倒時に中身が飛び出る心配も少なく済みます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 和膳亭 火消しつぼ MK-1474

家の中でも外出先でも使えるおすすめの火消し壺

和の雰囲気を演出する、陶器製の火消し壺。バーベキューやキャンプなど屋外での使用はもちろん、囲炉裏や七輪など家庭での使用にもおすすめです。

重量は約1kg、本体サイズは外径16×高さ13cmと軽量コンパクトで持ち運びに便利。場所を取らずに収納できるのもポイントです。あたたかみのある陶器ならではの風合いと、飽きのこないシンプルなデザインも魅力。リーズナブルな価格で手に入れやすいので、はじめての火消し壺としてもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アルスター 火消しつぼ M-7567

軽くて、使いやすい。ひとりキャンプにぴったり

ソロキャンプにおすすめの、軽量コンパクトな火消し壺。総重量が1kgと軽く、本体は外径17.5×高さ16.5cmの小型設計で保管や持ち運びに便利です。

スタンドに加え、幅20×奥行20×厚さ2cmの天然木製のプレートが付属。高さが確保できるうえ、木は熱伝導率が低く熱くなりにくいので、テーブルや芝生の上に置いて使用できます。

フタのつまみも天然木製のため、開閉時に火傷しにくく手軽に使用可能。ハンドル付きで片手鍋感覚で使用できます。

ユニフレーム(UNIFLAME) 火消し壺SUS 665763

性能が良く、無駄のないデザイン

長期間使いやすい火消し壺。耐久性・耐食性に優れたステンレスを採用しており、頑丈で錆びに強いのが特徴です。ステンレスの光沢が美しく、シンプルかつスタイリッシュなデザインも魅力。3カ所の留め具でフタをロックできるので、持ち運びの際に中身がこぼれにくいのもポイントです。

炭を入れてフタをするだけで消火できるのに加え、網が付いているため水を使用した消火も可能。スピーディーに消火でき、消火後は網ごと取り出してそのまま乾かせます。フタの裏面にはシリコンゴムのパッキンが搭載されているので、密閉性も良好です。

グリーンライフ(GREEN LIFE) 火おこし兼用火消つぼ HOT-150

火も起こせる。スリムな設計で狭い場所でも

火起こし器としても使える2WAY仕様の火消し壺です。本体サイズ約幅19×奥行15.5×高さ26cmのスリムな筒型で、省スペースに収納可能。ハンドルは持ち運びに便利なだけでなく、折りたたみ式のためすっきり収納できます。

上下にフタが付いており、フックでしっかり固定可能。誤って倒してしまっても中身がこぼれる心配が少なく済みます。本体下部には、ライターなどで着火するのに便利な穴を配置。下から冷たい空気を取り込み、上からあたたかい空気を排出する煙突効果により、面倒な火起こしも簡単です。

購入しやすいリーズナブルな価格ながら、強度の高いスチール製で壊れにくいのもポイント。キャンプやバーベキューなど、アウトドアシーンで活躍するおすすめの火消し壺です。

アルパインデザイン(Alpine DESIGN) 火おこし&火消し壺 AD-S18-402-015

火起こし機能を兼ね備えた火消し壺。本体下部に空気孔が付いており、煙突効果で簡単に火起こしできます。底面はレバーをスライドさせると開閉でき、使用後は底面の穴を閉じてフタをすればしっかり密閉できるため、水を使わずに消火が可能。手ごろな価格ながら1台で2役こなす、おすすめアイテムです。

使用サイズは約26×17×30cmと大きめで、ファミリーやグループなど大人数で行うバーベキューにぴったり。持ち運びに便利なハンドルが付いており、未使用時は折りたためるので、省スペースに収納できます。重量約1.2kgと軽量でかさばりにくいため、携行性も良好です。

田中文金属 萬能缶

汎用性が高く、幅広い用途に使える火消し壺です。本体サイズは直径24.5×高さ31.3cmと大きめで、ファミリーやグループなど大人数での使用に適しています。本体両サイドに取っ手が付いているので、持ち運びも容易です。

素材に耐食性・耐熱性に優れたアルミメッキ鋼板を採用しているのもポイント。錆びに強いうえ、熱による変色や変形が少なく、丈夫なため長く使用できます。

火消し用としての使用はもちろん、種子や穀物など食品の保存用としてもおすすめ。手に入れやすいリーズナブルな価格も魅力です。

カワセ BUNDOK チャコール缶 BD-440

リーズナブルな価格で、初めて購入する方にもおすすめの火消し壺です。フタはしっかりロックできるため、誤って倒した際に炭がこぼれるのを防ぎます。

フタと本体には取っ手が付いており、楽に持ち運びしやすいのも嬉しいポイントです。サイズは約25.5×18.5×27cmとやや大きめなので、大人数でのキャンプ時やバーベキュー時にも重宝します。

キンカ 大型火消つぼ C-17

11kgの炭を入れられる大容量の火消し壺です。素材には、耐火性・消臭性・吸水性・調湿性に優れた珪藻土を採用。珪藻土はバスマットやコースターでもよく使われる素材ですが、火に強いため七輪などにも使われています。

本体表面が熱くなりにくいので、安全面も良好。消臭機能によりニオイが気になりにくいのもポイントです。

本体は11.47kgとやや重量があるほか、直径32×高さ36cmと大きいため、オートキャンプや庭先でバーベキューをする際におすすめ。そのほか、移動や車への積み込み時などに便利なハンドルも付属。底面には脚が付いているので、接地面が熱くなるのを防げます。

カネ由商店(KANEYOSHI) 炭火消し壺 だるま火消

手ごろな価格ながら、高級感の漂うだるま型の火消し壺です。熱を伝えにくい三河土の採用により表面が熱くなりにくいため、不意に触れてしまっても火傷しにくいのがポイント。本体両サイドに取っ手が付いているので、持ち運びも容易です。

本体サイズは約幅31×高さ23cmと使いやすい大きさで、キャンプやバーベキューなどのアウトドアはもちろん、自宅での使用にもおすすめ。重量は約5.5kgとずっしりしているため、安定感も良好です。

カネ由商店(KANEYOSHI) 炭火消し壺 夏目火消 大

三河土を使った陶器製の火消し壺。熱が伝わりにくい素材のため、本体表面も熱を持ちにくく、火傷などのケガを防ぎやすいのがポイントです。また、重量は約4kgとやや重いので、倒れにくく安定して設置できます。

カラーは落ち着いた雰囲気のネイビーを採用。形状は丸みを帯びており、柔らかな印象です。インテリア性が高いため、自宅で使用したい方にもおすすめ。サイズは大のほかに、小・中・大大も選べます。

豊栄 本格鋳物 火消し壺

レトロな見た目が魅力の火消し壺。使い込むほど風合いが増す、本格鋳物製です。サイズは直径22×高さ17cmとコンパクトで、省スペースに収納できます。重量は約4kgと適度に重みがあるので、風に煽られても転倒しにくく、安定感も良好です。

口径は16.5cmと広く、炭の出し入れが容易。価格はやや高めですが、長く使い続けられるため、一生モノの火消し壺を探している方にもおすすめです。

ソト(SOTO) デュアルグリル ST-930

多機能で汎用性の高い、グリルタイプの火消し壺です。炭を入れてフタをするだけで消火が可能。焼き網付きでバーベキューグリルとして使えるほか、薪を組めば焚き火台としても使用できます。また、フタの内側にフッ素コートが施されているため、裏返せば鉄板焼きも楽しめます。

素材には頑丈で錆びに強いステンレスとアルミを採用しており、長く愛用できるのもポイント。遮熱性の高い受け皿付きで底面が熱くなりにくいので、卓上に置いて使用できます。

1台あればバーベキューグリルや焚き火台を別途用意する必要がないため、できるだけ荷物を減らしたいシーンにもおすすめです。

あおぞら製作所 BBQpod

アウトドア料理を楽しみたい方におすすめの火消し壺です。直径22×高さ32cmのバケツ型で、使い勝手は良好。持ち運びに便利なハンドルも付いています。チェーン付きの丸網とフック付きの丸網のほか、円筒とウッドピンが付属。バーベキューやスモーク、オーブン調理も可能です。

バーベキューとオーブン調理時は水を入れて火起こしするため、使用後はチェーンを外してそのまま炭を落とせば素早く消火できます。おしゃれなデザインで、好みに応じて水色とピンクの2色から選べるのも嬉しいポイントです。

火消し壺のAmazonランキングをチェック

火消し壺のAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。