秋から冬、そして春先までのキャンプに欠かせないのがアウトドアヒーター。特に高地でのキャンプでは、現地に着いてから、思ったよりも寒い! ということになることが多々あります。そこで頼りになるのがアウトドアヒーター。寒さを防いで、快適なキャンプを約束してくれます。

でも、一体どんなアウトドアヒーターを選べばいいのか、迷っている人も多いのではないでしょうか? そこで今回は、これを選べば、寒くても大丈夫! という人気のおすすめアウトドアヒーターをご紹介します。

おすすめのアウトドアヒーター

ユニフレーム(UNIFLAME) ハンディガスヒーター ワームII uf-630037

41bx8iot1l1

商品価格 ¥ 12,800

ユニフレームの人気ガスヒーターがこちらのワームII。家庭用カセットコンロなどに使うガスボンベのCB缶を2本セットできます(ボンベは1本でも使用可能)。ガスボンベを暖めるサーマルコントロール機能が付いているので、寒冷地でも安定した火力が得られます。

ボンベ2本で約10時間使用可能。誰でも簡単に使えて、軽量なので、持ち運びも楽々! 初心者におすすめのアウトドアヒーターです。

グリーンウッド(Green Wood) カセットボンベ式ポータブルヒーター GCP-161

41o4rtykhml1

商品価格 ¥ 7,500

兵庫県に本社を置く暖房器具メーカー、グリーンウッドのアウトドアヒーターです。ガスボンベは手軽で安価なCB缶を使用。つまみを回すだけで簡単に点火できます。

また、火力調整、温度調節ができるので、燃料の節約にもなります。コンパクトでおしゃれなデザインが人気です。 足元に置いて温まるのにうってつけの一台です。

ソト(SOTO) フィールドヒーターボンベセット ST-801

41nn9dqcvkl1

商品価格 ¥ 4,009

ソトのマルチなガスヒーターをご紹介します。バーナーにヒーターアタッチメントを取り付ければ、パワフルなヒーターとしても使える1台で2役こなす便利なアイテム。特に焚き火やバーベキューの炭などに着火する時に活躍します。

元々がバーナー会社だけあって技術力には高い評価があります。ソロキャンプやサブヒーターとして持っていると、とっても便利なアウトドアヒーターです。

ビーアールエス(BRS) クイックヒーター

41dc52k0q7l1

商品価格 ¥ 4,150

こちらは中国のアウトドア用品メーカー、BRSのアウトドアヒーター。アウトドア用のガスボンベOD缶を使用するタイプです。ステンレスとアルミ素材を使っているので、重さはわずか438gという驚きの軽さを実現しています。短時間で暖まれる手軽さがおすすめです。

ツーリングなどのソロキャンプにはうってつけのアウトドアヒーターです。

カリフォルニアパティオ(California Patio) カセットガスヒーター

513bdsuaiil1

商品価格 ¥ 42,121

カリフォルニアパティオのアメリカンなデザインとカラーが可愛らしいガスヒーター。家庭用のカセットガスボンベCB缶が使えるので手軽で経済的です。寒冷地でも安定した燃焼を確保する独自の技術を搭載。軽くてコンパクトなので、持ち運びは自由自在です。

小さくても頼りになるおすすめのアウトドアヒーターです。

ユニフレーム(UNIFLAME) コンパクトパワーヒーター UH-C

61ytinnzmjl-_sl1000_

商品価格 ¥ 7,500

こちらはコンパクトでも最大火力800kcal/hのハイパワーなアウトドアヒーター。寒冷地仕様のプレミアムガスを使えば、なんとマイナス30度の極寒の中でも、安定して燃え続けます。軽量かつ、コンパクトなので、寒い時季のトレッキングなどには最適!

寒さから身を守る心強い相棒になってくれます。

スノーピーク(snow peak) レインボーストーブ 2016 KH-001SN

41hn32k3jol1

商品価格 ¥ 39,500

スノーピークのアウトドア用石油ヒーターがレインボーストーブです。炎が七色に光るのが特徴。火力も大きく、真冬のキャンプでも快適に過ごせます。こちらは2016年限定モデルで、火を囲むグローブに雪の結晶模様が描かれています。

一回の給油で約20時間使用可能。アウトドアはもちろん、自宅でも使えます。

アルパカ(Alpaca) 石油ストーブ TS-77

51mfcxyj-zl1

商品価格 ¥ 25,980

韓国のストーブメーカー、アルパカの石油ヒーター。火力が強いので、これがあれば寒くても大丈夫! その性能の高さは、数多くの建設現場などで使われていることからも伺えます。天板を外して調理も可能。キャンプに最適な石油ストーブです。

専用のキャリーバッグやポンプなどがセットになっているので、すぐにキャンプに出かけられます。

コロナ(CORONA) 石油こんろ サロンヒーター KT-1616(M)

51megdksjel1

商品価格 ¥ 11,699

新潟県に本社がある暖房機器メーカー、コロナの石油コンロです。家庭用ですが、キャンプなどでも使えます。和モダンなロースタイルのリビングスペースにはこの形がピッタリ! 煮炊きもできてとっても便利です。どこか懐かしいレトロなデザインも人気! 車の荷台に余裕があれば、このタイプもおすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) KAMADO 煙突ストーブ UG-11

81odeomsnl-_sl1500_

商品価格 ¥ 11,308

キャプテンスタッグの薪ストーブ、かまど。薪ストーブの他に、焚火台、バーベキューグリル、ダッチオーブン、かまどと5つの用途に対応。薪を燃やせば、周囲はポッカポカ。ヒーターとしての性能は抜群です。薪と炭が使えて、料理の幅もグッと広がりますね。

キャンプを楽しくしてくれるおすすめのアウトドアヒーターです。

小川キャンパル(OGAWA CAMPAL) ちびストーブ3

31-btlstgl1

商品価格 ¥ 37,584

小川キャンパル(現キャンパルジャパン)の薪ストーブの名品がこのちびストーブ3。薪と炭を使用でき、ストーブとしての性能は折り紙付き。煮炊きもできて便利です。煙突や台座は分解して、本体にすべてのパーツを収納でき、持ち運びに便利な専用キャリーケースが付いています。

これがあれば、どこに行くにも寒さなんて怖くありませんね。

テンマクデザイン iron-stove ちび

31xnx0mlkl

商品価格 ¥ 42,984

独創的なデザインで斬新なアウトドアギアを開発しているテンマクデザインのアウトドア薪ストーブ。シンプルなデザインがおしゃれと評判です。薪と炭の両方に対応しており、オーブン料理もできるので、キャンプメニューがより充実します。煙突などのパーツは本体に収納可能。こだわりを感じるアウトドアヒーターです。

ホンマ製作所 ステンレス時計1型薪ストーブセット

419yza7pbgl1

商品価格 ¥ 11,700

キャンパーにも人気高いホンマ製作所の薪ストーブ。ストーブ本体はステンレス製で錆びにくく、長年変わらない美しいデザインが人気です。重さは6.6キロと軽くて運びやすいので、設置も簡単。天板には鍋やケトルなどを2個置けるので、料理がグッと充実します。この機能でこの価格はコスパも優良です。お手頃で多機能のストーブをお探しの方におすすめ。

ロゴス(LOGOS) チャコグリルストーブ

71rqlruffll-_sl1037_

商品価格 ¥ 14,580

ロゴスから、調理もできるチャコグリルストーブが登場。全面がステンレス、スチールで素材を使用したメッシュおり、炎の熱がダイレクトに伝わるので、ストーブの周りはポッカポカ。天板を開けて、鍋やフライパン、ケトルなどをのせれば、調理もできます。

また、炭も使えるので、バーベキューも可能。シンプルな設計で、火床と灰受皿が簡単に取り外せるのでお手入れも簡単! 重さは2.3kgと手軽に持ち運べます。

テクノス(TEKNOS) モバイルセラミックヒーター TS-320

41gjcofwpal1

商品価格 ¥ 1,638

こちらはテクノスのモバイルセラミックファンヒーター。電源付きのキャンプサイトであれば、有害物質は出ず、テントの中でも使えます。軽くてコンパクトなサイズ感なので、場所を取りません。

寝袋やインナーなどで防寒対策をしていてもテントの中は意外と冷え込むことも…。この製品なら、テント内の室温を温かい状態に維持してくれるので、快適に眠れますよ。カラーは、オレンジ、グリーン、ホワイトの3色から選択可能。キャンプに行く際は延長コードをお忘れなく!

ディンプレックス(Dimplex) 暖炉型電気ヒーター CLB20J

510eea1sanl

商品価格 ¥ 56,160

ちょっとゴージャスなキャンプテントにおすすめしたい、雰囲気抜群な暖炉型電気ヒーターをご紹介します。5段階の光の反射と屈折によってリアルな炎のゆらぎを実現。ゆらぎ効果で心が落ち着きます。

パワフルな電気ファンヒーターでテント内は真冬でも快適! 大人なキャンプを満喫できるでしょう。電源のあるキャンプサイトでぜひ一度、お試しを!

アウトドアヒーターの選び方

8b0ede4ec0e9e128b738629a0031ccca-725x4001

By: uniflame.co.jp

アウトドアヒーターは燃料によって、ガス・石油・薪と大きく3つに分けられます。まずは、それぞれの特性を理解することが重要です。わかりやすくご説明しましょう。

ガスヒーター

main_img1

By: i-cg.jp

初心者でも簡単に使えて便利なガスヒーター。アウトドア用ガスボンベのOD缶を使うタイプと家庭用カセットコンロなどに使うCB缶を使用するタイプがあります。

どちらかといえば、コンビニなどでも簡単に入手できるCB缶タイプが人気。軽量でコンパクトですが、火力は小さく暖められる範囲は限定的です。少人数のキャンプや大人数でもサブヒーターとして使うのには、十分効果的ですので、おすすめ。

石油ヒーター

bebb0c0c20df488d8964aed90859af4b1

By: store.snowpeak.co.jp

アウトドア用の石油ヒーターは、火力も強く十分な暖かさを確保できます。ヒーターの上でお湯を沸かしたり、調理をしたりすることも可能。ただし、サイズが大きくて重さもあるので移動時のスペースに余裕が必要です。

また、基本的には灯油は専用の缶に入れて運ばなくてはなりません。しかし、安定した保温効果がある石油ヒーターは、寒冷期のキャンプの強い味方となってくれます。

薪ストーブ

einfo_20160806_gooutpark181

By: captainstag.net

薪が燃える音や匂い、揺れる炎など、アウトドアならではの醍醐味が味わえるのが薪ストーブ。遠赤外線効果で回りを十分に暖めてくれます。調理にも使えて一石二鳥! ただし、大きくて重いものが多いので、持ち運びは覚悟しなくてはなりません。また、組み立ても慣れるまでは時間がかかるので、上級者向けと言えるでしょう。

これとは別に薪を使った焚火台もキャンプの醍醐味を楽しむことができるので、心身ともに暖まります。BBQもできるので、焚火台を囲んで盛り上がるのも一興です。

上記のガス、石油、薪ストーブは、燃焼系のストーブですので、換気には十分な注意が必要です。基本的にテント内では使用できません。キャンプサイトに電源がある場合は、電気ストーブがおすすめ! これならテント内でも使えて室内はポッカポカです。

アウトドアにはどんなヒーターがおすすめなの?

4084_switch21

By: sbs.snowpeak.co.jp

アウトドアでどんなキャンプを楽しみたいかによってヒーターの選び方も変わってきます。リビングスペースとなるタープでまったりと団らんのひと時を過ごしたいのなら、タープに置けて火力も強い石油ストーブや薪ストーブが向いています。

アウトドアで作業をするときやひと休みする時などには、簡単に持ち運べるガスストーブを使いましょう。そして、テント内は電気ストーブ。さらに、焚き火&バーベキューで盛り上がるのも楽しいでしょう。

また、テントが換気機能に優れたティピータイプのものなら、テント内でも燃焼系のヒーターが使用可能なものもあります。理想的には、複数のストーブを使い分けて、適材適所に置くのがベストと言えるでしょう。