あのイヤホンよりスゴい!?

入手困難な"異常事態"となっているAppleのワイヤレスイヤホン「AirPods」。はやく手に入れて、ちょっとした"未来感"を味わってみたい! という人も多いのでは? でも視線を少しだけ違う方向に移すと、もっとスゴいイヤホンがあるかもしれません。さっそくご紹介しましょう、Hyです!

Hyとはどんなイヤホン?

hy_1
c35769d3f8adaa079df51fcf67bde734_original

Hyは付けていることを忘れてしまうほど快適で、周りから見ても気付かれにくい左右独立ワイヤレス。音楽だけでなく、通話やSiriなどのパーソナルアシスタントの利用、フィットネストラッキングも可能にするスーパーマルチなイヤホンなのです。

独自のスピーカー

hy_2

なんといっても、Hyを他と異ならせているのは採用されているスピーカーです。耳の後ろにかかった本体から伸びる「ウィッシュボーン」と呼ばれる"スピーカー"部分が耳の穴に入ることに。

このV字型の「ウィッシュボーン」が挿し込まれた耳の穴の壁に直接当たり振動し、骨伝導でのディープな低音を発生。そして2基のバランスド・アーマーチュア型スピーカーで中高音域をカバー。

これによりクリスタルクリアなサウンドが実現しました。それだけでなく、耳を完全にふさぐことがないので、イヤホンを付けたままでも、ナチュラルに外の音を聞けるとのことです。そのため、一日中付けていてもOKというのです!

ボイスコントロール

faf43e_5d05ff8e54d24123972a543c305b7fbb-mv2

前述のように、Hyは内蔵マイクによるSiriやCortanaなどのパーソナルアシスタント、音楽や通話のボイスコントロールOK! スマートフォンはバッグやポケットの中に入れたままで大丈夫。素晴らしいです。

フィットネストラッキング

c35769d3f8adaa079df51fcf67bde734_original_1

またHyの別の特徴は本体に内蔵されているセンサーによるフィットネストラッキングができるところ。心拍数や体温、体の動きを検知するセンサーでの活動量計ともなるのです。これイイかもしれません!

赤外線センサーによるジェスチャーコントロールにも対応するHyはKickstarterで139ポンド! マルチさ半端ないHyなら、「AirPods」の代わりになる…かもしれません。