2016年は、「VR元年」と呼ばれており、先日GoogleからもDaydream Viewが発表されました。ヘッドマウントディスプレイが一般家庭でも手に入れることが容易になってきています。ヘッドマウントディスプレイは、VR体験の他にも映画などの動画コンテンツを楽しむことも可能です。

そんな話題沸騰中のヘッドマウントディスプレイですが、VRヘッドセットは高価格でなかなか手が出しにくい状況。そこで今回はお手軽にVRを体験することができるスマホユーザーにおすすめのヘッドマウントディスプレイをご紹介します。

ヘッドマウントディスプレイの選び方

ディスプレイタイプ

51oicy9w2cl-_sl1001_
ヘッドマウントディスプレイには、スマートフォンを入れて使用するタイプとディスプレイ一体型の2タイプあります。ディスプレイ一体型は、10万円近くするものが大半です。一方で、スマートフォンを入れて使用するタイプは高くても1万円前後で購入することができるので、手軽に手に入れることができます。

もちろん、ディスプレイ一体型の方が、性能的には圧倒的に高いです。価格・性能どちらを重視するか、自分に合った方を選ぶことをおすすめします。

ディスプレイの画質

spherical-360-degree-photo-1524199_1920

VRを体験するのに、最も重要なポイントはディスプレイの画質です。ヘッドマウントディスプレイは、ディスプレイを半分に分割して両目に対応させているので、横の解像度が半分に。スマホの普段使いでは、分からないディスプレイのきめ細かさの差がVRだと顕著に表れます。

価格

money-256314_1920
身近になってきたヘッドマウントディスプレイですが、1万円を切るものから、10万円近くのものまでさまざまなです。その点で、スマートフォンを入れて使うタイプは、1万円前後で手に入れることが出来ます。どの程度、本格的なVR体験をしたいかによって選ぶことが必要です。

リフレッシュレート

man-1416138_1920
意外と、見落としがちなリフレッシュレート。リフレッシュレートとは、画面の更新頻度のことです。例えば、60Hzだとしたら一秒間に60回画面を更新します。

なぜ、このリフレッシュレートが大事なのかというと、あまり遅いものだとVR酔いの原因となりかねないからです。より更新頻度の多いものほど、酔いにくいといえます。

今回紹介するヘッドマウントディスプレイは、スマホの性能に依存するので気にする必要はありません。一般的に、VRを体験するには最低でも60Hz~75Hzは必要で、快適な体験のためには90Hz以上が必要と言われています。

コンテンツの充実度

ipad-632512_1920

コンテンツは非常に重要です。せっかくヘッドマウントディスプレイを買ってもコンテンツが少なければ、楽しみが減ってしまいますよね。現在、VRソフト・アプリの規格もさまざまです。自分の体験したいゲーム・映像体験がある人は、購入しようとしているヘッドマウントディスプレイで使用が可能かを確認しておくと良いでしょう。

スマホユーザーにおすすめのヘッドマウントディスプレイ

サムスン(Samsung) Galaxy Gear VR SM-R322NZWAXJP

41g6eqlohhl

商品価格 ¥ 10,000

Galaxyシリーズのために開発されたヘッドマウントディスプレイ。Gear VRを共同開発したOculusの360°コンテンツプラットフォーム「Oculus Store」を使用することができ、360°コンテンツを簡単に楽しむことができますよ。スマホをGear VRにセットすればVR用のホーム画面を自動表示。

Gear VRに最適化されたブラウザ「Samsung Internet 」は、Youtubeの360°コンテンツを楽しむこともできます。

Linkcool Google Cardboard

41kg97kl-l

商品価格 ¥ 950

Amazonでベストセラーとなっているヘッドマウントディスプレイ。低価格でありながらもNFC搭載し、Google Cardboardのアプリを簡単に起動が可能。また、スマホは装着すると操作ができなくなってしまうため本体に操作用の磁石が付いています。本体は、シンプルなデザインで組み立て式。

3.5インチ〜5.0インチのスマホ対応なので、iPhone 7 Plusなど大画面のスマホを使用している人は、事前に確認が必要です。

KAWOE 3DVRゴーグル

41f8l2aybl-1

商品価格 ¥ 1,988

焦点距離と瞳孔距離が簡単に調節できるので、使う人に合わせて使用することができます。顔を装着する部分はソフトスポンジを使っているので、長時間つけていても痛くなりにくいです。本体は、プラスチック製なので、ダンボールのものより頑丈。

3.5-6.0インチのスマートフォンに対応しているので、大抵のスマホで使用することができます。

Soyan VIRTUAL REALITY VR 3Dグラス

41mqagqhyvl

商品価格 ¥ 1,220

ヘッドマウントに、3Dの映像を映したスマートフォンをセットするだけで気軽に楽しむことができます。両脇にケーブル取り出し用の隙間があるので、イヤホンやUSBを挿したまま使用することができます。眼鏡をかけた人にも配慮したデザインで、顔と完璧にマッチします。

ベルト部分も横2箇所、縦1箇所で固定することができ、ベルトの長さをそれぞれで調節できるため、しっかりと固定できますよ。

VOX gear+ 3DVR HMD

415rljnbjrl

商品価格 ¥ 2,200

 黒と白のデザインがおしゃれなVOXのヘッドマウントディスプレイ。顔に触れるスポンジ部分は、マジックテープになっているので、洗うことができます。衛生的に使用することができるのは、非常におすすめできるポイント。レンズカバーを回転させることで、視界距離が調節できるので、近視の人もメガネなしでVRを体験することができますよ。

HooToo VRメガネ HT-VR002

41fqckg5hxl

商品価格 ¥ 2,999

歪みの少ない102度のワイドビジョンは、VRをより本格的に体験することが可能です。フォーカス距離調整(2.1”- 2.9”/ 55mm – 75mm) が可能になっているので、近視の人でも快適に鮮明な画像でVRを楽しめます。

装着部分はやわらかいスポンジになっており、呼吸が苦しくないように特別なデザインになっています。

スマートフォンの熱を逃がすために放熱穴があいているので、負荷のかかりやすいVRゲームなどで長時間使用してもスマートフォンへの負担を最小限にしてくれます。また、付属の8の字型シェイドカバーをつけることで、光漏れを防ぐこともできます。

ETVR VR ゴーグル 3Dメガネ 非球面レンズ 超3D映像体験 iOS アンドロイド 対応

51oi3j9e6ml

商品価格 ¥ 3,089

日本製の特別仕様の光学レンズにより完璧な視界を体験することができるので、視覚疲労やVR酔いを防ぐことができます。より良い3D世界の体験をするためにヘッドバンド・焦点距離・瞳孔間距離の調整が可能です。ヘッドバンド部分は、マジックテープなので装着後の微調整を簡単に行うことができます。

スマホ固定するホルダーによってサイズを調節できるので、様々なスマホを装着可能。また、本体内の四つのスペーサークッションによってスペースがあるので、VR本体とスマホタッチパネルがぶつからないようになっているので、傷つく心配がありません。