スーベニアジャケットの名でも知られる「スカジャン」はインパクト抜群の刺繍が特徴で、数あるアウターのなかでも圧倒的な存在感を放つアイテム。上手に取り入れれば、個性の光るワンランク上のおしゃれが楽しめます。

今回は、スカジャンのおすすめブランドと注目アイテムをピックアップしました。おしゃれなコーディネート例もあわせてご紹介しますので、着こなしの難易度が高いと感じている方もぜひチェックしてみてください。

スカジャンとは?

By: amazon.co.jp

「スカジャン」とは、「横須賀ジャンパー」を略した呼び名で、発祥は第2次世界大戦が終わって間もない時期。横須賀市の周辺に駐留していたアメリカ兵たちが、ジャンパーに鷹・虎・龍などの刺繍を入れたことから生まれた衣服とされています。

生地には、サテンや「綿ビロード」とも呼ばれる別珍(ベッチン)を用いるのが一般的。肌寒い時期にサッと羽織れる薄手生地のものが主流ですが、なかには防寒性の高い中綿入りアイテムも販売されています。

ちなみに、よく混同される「スタジャン」は「スタジアムジャンパー」の略。シルエットは似ていますが、用途や素材、デザインなどが異なるアイテムです。

スカジャンの選び方

色や刺繍デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

スカジャンは胸元や背面に大きな刺繍が施されているものが多く、インパクトの強いアイテム。コーデに馴染ませる難易度はやや高めなので、初めてトライする方であれば、ブラックやネイビーをベースにした落ち着いた色味のスカジャンを選ぶのがおすすめです。

また、魅力である刺繍のデザインも選ぶ上で重要なポイントです。スカジャンらしさを重視するなら、定番の龍・虎・鷹などの絵柄がおすすめ。逆にいかつさを軽減したい場合は、きれいめな絵柄やユニークなモチーフの刺繍が施されたアイテムを検討してみましょう。

素材で選ぶ

By: zozo.jp

前述した通り、スカジャンの基本素材はサテンと別珍です。サテンは滑らかな質感と柔らかさ、強い光沢が特徴。スカジャンの王道的なアイテムを探している場合は、サテン生地のものを中心にチェックしてみましょう。

一方、別珍はベルベットに似た起毛感のある素材。光沢はあるものの落ち着いた印象で、上品な着こなしにも合わせやすいのが魅力。やや厚手なので、秋冬のコーディネートにもおすすめです。

リバーシブルタイプかどうかもチェック

By: zozo.jp

スカジャンは、リバーシブルタイプのアイテムが多いのも大きな特徴。1着で2通りのデザインが楽しめるので、着こなしの幅を広げたい方には特におすすめです。

両面ともスカジャンらしさ満点のものから、裏面だけガラリと表情を変えてシンプルなデザインに仕上げたアイテムまで、バリエーションは実に豊富。手持ちの服や自分のファッションスタイルとの相性も考慮しつつ、使いやすい1着を探してみてください。

スカジャンのおすすめブランド

テーラー東洋(TAILOR TOYO)

「テーラー東洋」はスカジャンで有名な老舗ブランド。前身の港商商会時代には米軍基地へのスカジャン納入シェアの95%ほどを占めていたという歴史があります。現在に至るまでスカジャンを文化として継承しているのが特徴。リバーシブルで着用できるスカジャンを豊富に取り揃えています。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) Souvenir Jacket ROARING TIGER × LANDSCAPE

リバーシブルで着用できるため、1着あれば着こなしの幅が広がるスカジャン。表裏にはそれぞれ違うカラーを使用としており、コーディネート合わせて変えられるのがポイントです。

表地には、背面の虎など定番の刺繍がデザインのアクセントに。裏地には日本の風景をモチーフにした刺繍があしらわれており、和のテイストを好む方におすすめです。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) Quilt Souvenir Jacket ALASKA MAP × ALASKAN EAGLE

アラスカをモチーフにした刺繍があしらわれた、ユーモアのあるデザインのスカジャン。鮮やかなブルーの表面、レッドの裏面をリバーシブルで着用可能です。

キルティング仕様で、防寒性を重視する方にもおすすめ。ヴィンテージ品に見られるような刺繍の歪みを再現するなど、ディテールにまでこだわっています。

ショット(Schott)

「ショット」は1913年にニューヨークで設立されたファッションブランド。フロントジッパー付きのライダースを世界で初めて発売するなど、革新的なアイテム作りで知られています。落ち着いた色味のスカジャンを手掛けており、大人っぽい着こなしを好む方におすすめです。

ショット(Schott) ベロア スーベニア ジャケット

表地に別珍、裏地にサテンを使用したリバーシブル仕様のスカジャン。両面ともに落ち着きのある配色で、コーディネートに馴染みやすいアイテムです。

表面にはドクロをモチーフにした刺繍が大きくあしらわれており、インパクトのあるデザインを好む方におすすめ。裏面の胸元に配した太陽と月の刺繍で遊び心を表現しています。

ショット(Schott) サテンスカジャン NEW YORK CITY

レーヨン製のサテン生地で仕立てられた高級感のあるスカジャン。非常にシンプルな仕様で、カットソーの上からラフに羽織れるライトアウターを探している方におすすめです。

また、襟元付きのデザインがアクセントに。カラーリングはシックな雰囲気のブラックで、背面に色鮮やかな刺繍であしらわれた龍の柄が映えています。

グラム(glamb)

「グラム」は2003年にスタートした日本のファッションブランド。グランジロックをベースにした独自の世界観で人気を有しています。ワークやフォークロアなどの要素をミックスしつつも、エレガントさのあるデザインが特徴。ユニークなテーマを巧みに落とし込んだおしゃれなスカジャンを手掛けています。

グラム(glamb) ジェイシーエイチカメラマンスカジャケット

東京の名前をフィーチャーしており、胸元に漢字の刺繍があしらわれたスカジャン。独特の形状のサイドポケットに加え、フロントファスナーの横にもポケットが付いています。

襟・裾・袖口に配したラインリブがデザインのアクセントに。裏地にはカメラを手にした浮世絵をプリントし、遊び心を表現しています。ユニークなスカジャンを探している方におすすめです。

グラム(glamb) Grunge ska JKT

グランジロックのアルバムジャケットをオマージュした、インパクトのあるアートワークが背面にあしらわれたスカジャン。百合の花をバッグと胸元に配し、独自の世界観を主張しています。

フロントはダブルファスナー仕様で、インナーに合わせ開き具合を細かく調節可能。また、素材には高密度で編み立てたポリエステルを採用しており、軽やかな着心地と耐久性の高さが特徴です。

アヴィレックス(AVIREX)

「アヴィレックス」は1975年に発足したアメリカのミリタリーウェアブランド。軍規定をクリアするような機能性の高いフライトジャケットを米軍に納品した実績があります。ノスタルジックさのある独特の雰囲気で人気。個性的でありながらも派手すぎないおしゃれなデザインのスカジャンを手掛けています。

アヴィレックス(AVIREX) スーベニア スカ ジャケット

フロントにサーフィンをしている女性、袖にフラガールや椰子の木の刺繍をあしらったハワイアンテイストのスカジャン。背面にはハワイの地名と龍を組み合わせたユニークな刺繍が施されています。

デザインが派手すぎず、さまざまなコーディネートに合わせやすいのがポイント。カラーリングには落ち着いた雰囲気のブラックに加え、鮮やかなグレーやピーチが用意されています。

アヴィレックス(AVIREX) ベロア レトロジャケット ミグモーラー

柔らかな肌触りと独特の光沢感を併せ持つベロア素材で仕立てられたスカジャン。カラーリングはシックな雰囲気のブラックで、モノトーンコーデで大人っぽく着こなしてもおしゃれです。

右胸と左胸で異なる和テイストの刺繍を入れ、デザインのアクセントに。背面には朝鮮戦争時のフライングエースをモチーフにしたインパクトのある刺繍があしらわれています。

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」は1978年に設立されたイタリアのファッションブランド。看板アイテムのデニムを筆頭に幅広いアイテムを取り揃えています。スカジャンは、カジュアルさとラグジュアリーな要素を併せ持つ独自のスタイルで人気。コーディネートのアクセントとして活躍する個性的なデザインのアイテムを探している方におすすめです。

ディーゼル(DIESEL) ボンバージャケット

コントラストカラーで仕上げた袖が印象的なスカジャン。素材に軽やかなポリエステルを採用しながら、カットソーの上からラフに羽織ってもおしゃれなアイテムに仕上げているのがポイントです。また、ボーダー柄のリブがデザインのアクセントとして効いています。

さらに、アーム周りにゆとりがあるため、レイヤード時にかさばりにくいのも特徴。そのほか、背面や胸元には鮮やかなカラーリングの刺繍があしらわれています。

ディーゼル(DIESEL) スカジャン J-CRUST JACKET

地図のような絵柄に龍や虎を組み合わせた、インパクトのある刺繍を背面に施したスカジャン。袖にはポイントカラーの鮮やかなイエローを配しており、コーディネートの主役として活躍するアイテムです。

襟や裾とは違う色のリブを袖口に付けるなど、ディテールにまでこだわったデザインが特徴。裏地にブルーを採用しているためリバーシブルで着用可能で、1着でさまざまな着こなしを楽しめます。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN)

「ステュディオダルチザン」は1979年に誕生した大阪のファッションブランド。素材にまでこだわったレプリカジーンズで有名です。スカジャンは、キャッチーなキャラクターを用いた遊び心のあるデザインが魅力。ユニークな刺繍が施されたアイテムを探している方におすすめです。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN) 神魔大戦別珍スカジャン

背面や胸元にオリジナルキャラクターの刺繍があしらわれた、遊び心のあるデザインのスカジャン。襟・裾・袖口のリブにはポイントカラーとしてイエローを配し、デザインにアクセントをプラスしています。

裏地はキルティング仕様で、リバーシブルでも着用可能。表地と比較してシンプルに仕上げているので、幅広いコーデに合わせるアウターとして重宝します。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN) サテンスカジャン

ブラックの表面とブルーの裏面をリバーシブルで着用できるスカジャン。定番の柄である龍や虎をレンジしたユニークな刺繍が背面に施されており、インパクトのあるデザインを好む方におすすめです。

立体感のある刺繍によってヴィンテージ感を演出しているのもポイント。そのほか、襟・裾・袖口にはボーダー柄のリブがあしらわれています。

ヴァンキッシュ(VANQUISH)

「ヴァンキッシュ」は2000年代にスタートした日本のファッションブランド。カジュアルウェアからジャケットまでを幅広く取り扱っており、スタイリッシュなデザインで支持を集めています。スカジャンは、渋谷をモチーフにしたアイテムで人気。着回しの利くリバーシブル仕様のアイテムを手掛けています。

ヴァンキッシュ(VANQUISH) SHIBUYA SOUVENIR JACKET

背面に渋谷をモチーフにした刺繍があしらわれたスカジャン。胸元には待ち合わせのスポットとして有名なハチ公の刺繍を施しています。裏地はMA-1仕様に仕上げており、リバーシブルでも着用可能です。

ラフに羽織りやすいゆったりめのシルエットが特徴で、細身のボトムスとの相性は良好。表地のカラーリングには豊富なバリエーションが用意されています。

ヴァンキッシュ(VANQUISH) Used Wash SHIBUYA Souvenir Jacket

あえて色落ちさせることで、ヴィンテージ感のある風合いに仕上げたスカジャン。カットソーやデニムとシンプルに合わせてもさまになるアイテムです。

背面には渋谷付近の地図やスポットの刺繍を大きくあしらい、デザインにアクセントをプラス。無地の裏地をリバーシブルで着用できるため、1着あれば着こなしの幅が広がります。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD)

「フラッドヘッド」はアメカジスタイルを得意とするファッションブランド。日本の職人の技術力を活かし、高品質なジーンズ・Tシャツ・レザーアイテムを製作しています。着込むほどに味わいが増すようなスカジャンを手掛けており、経年変化を楽しみたい方におすすめです。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) スカジャン SV-64

立体的で迫力のある刺繍があしらわれた本格仕様のスカジャン。素材にはシルクのような質感にこだわったレーヨンを採用しており、独特のドレープ感や光沢感が魅力です。

軽量であたたかな中綿が入っているため、保温性を重視する方にもおすすめ。また、背面や胸元に配した虎の刺繍が目を引く表面と、ブランドロゴの入った裏面をリバーシブルで着用可能なのもポイントです。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) 別珍スカジャン SV57

旧式の織機で織り上げた別珍生地で仕立てられたスカジャン。高密度かつ滑らかな質感が特徴で、着用を重ねるごとに毛並みが変化して味わいが増します。

リブの素材として綿・麻・アクリルをミックスしてヴィンテージ感を出すなど、ディテールへのこだわりもポイント。また、背面にはアラスカをモチーフにした刺繍をあしらい、インパクトのあるデザインに仕上げています。

ローター(ROTAR)

「ローター」は2000年にスタートした日本のファッションブランド。スケートボードやモーターサイクルを軸にした独自の世界観で支持を集めています。スカジャンは、ユニークなデザインやポップな色使いが特徴。センスのよい刺繍をさりげなくあしらったアイテムを手掛けています。

ローター(ROTAR) Ro Vitality Velveteen Skajan

醸造所をモチーフにした遊び心のある刺繍が背面に施されたスカジャン。刺繍が派手すぎないため、さまざまなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。ブラック・グリーン・ネイビーと落ち着きのあるカラーリングが用意されています。

表地は光沢感のある別珍で、クラシカルな雰囲気を好む方におすすめ。また、襟・裾・袖口にはウール混のリブをあしらい、防風性を向上させています。

ローター(ROTAR) Light Town TOKYO Swing Top

堅牢性に優れた生地を使用したスカジャン。がっしりとした肌触りが特徴で、ワークテイストのデザインを好む方におすすめです。フロントは、ブランドロゴの刺繍のみでシンプルに仕上げています。

背面にあしらわれた龍の刺繍がデザインのアクセントに。モチーフは東京で、繁華街を彩るネオンサインを意識した鮮やかな刺繍カラーが目を引きます。

レアセル(rehacer)

「レアセル」は2003年に誕生した日本のファッションブランド。デンマーク語で「塗り替える」を意味するブランド名の通り、ベーシックウェアにアレンジを加えるのを得意としています。ディテールやシルエットにこだわった個性的なデザインのスカジャンで人気です。

レアセル(rehacer) Little Tiger SKA-1

左袖のジップや鮮やかなオレンジの裏地など、MA-1のディテールを取り入れたスカジャン。表地は光沢感のあるベロア素材で、肌触りは良好です。

愛らしい虎をモチーフにした刺繍がデザインのアクセント。肩を落としたゆったりめのシルエットに仕上げており、リラックス感のある着こなしを好む方におすすめです。

レアセル(rehacer) Dolman Wide Souvenir Jacket

肩線のないドルマンスリーブを採用して野暮ったさを排除し、スマートに着用できるスカジャン。身幅は広めの設定で、カーディガンのようにラフに羽織りやすいアイテムです。

内側に花柄のパイピングをあしらうなど、見えにくい部分にまでこだわっているのがポイント。両胸には虎をモチーフにしたオリエンタルな雰囲気の刺繍が施されています。

カンビオ(CAMBIO)

「カンビオ」はデニムなどのアイテムを手掛けるブランド。大きく変化するトレンドに適応できるような、時代に合ったデザインのウェアを手掛けています。幅広いコーディネートに取り入れやすい落ち着いた雰囲気のスカジャンを探している方におすすめです。

カンビオ(CAMBIO) Tiger Embroidery Cotton Twill Souvenir Jacket

コットンツイル生地で高密度に織り上げて仕立てられたスカジャン。ハードすぎないカジュアルなデザインが特徴で、デニムやスキニーパンツとシンプルに合わせてもおしゃれです。

フロントに虎、背面には世界各国の遺産の刺繍をあしらい、デザインにアクセントをプラス。アートな雰囲気のスカジャンを探している方におすすめです。

カンビオ(CAMBIO) メキシカンスカルスカジャン

タトゥーのデザインをベースに、背面に大きく地図やメキシコの文字の刺繍を施したスカジャン。胸元にはメキシカンハットとドクロを組み合わせた絵柄をあしらい、遊び心を表現しています。

一部、カラーリングを切り替えた袖がデザインのアクセントに。ポリエステル素材がメインの生地を採用し、マットなカラーリングを使用することで、日常のコーディネートに馴染みやすい見た目に仕上げています。

クライミー(CRIMIE)

「クライミー」は2002年にスタートした東京発のファッションブランド。男らしさを意識した独自の世界観で支持を集めています。スカジャンは、遊び心のあるデザインがこだわりのポイント。総柄デザインの裏面をリバーシブルで着用できる2WAY仕様のアイテムを手掛けています。

クライミー(CRIMIE) REVERSIBLE SKA JACKET CAMO

生地と同色のフェニックス柄の刺繍が胸元だけにあしらわれた、スタイリッシュなデザインのスカジャン。ヴィンテージの雰囲気があり、男らしいファッションを好む方におすすめです。

裏地は上質なポリエステル製で肌触りは良好。総柄タイガーカモをプリントしており、リバーシブルで着用できます。1着でさまざまなスタイリングを楽しめるアイテムです。

クライミー(CRIMIE) REVERSIBLE SKA JACKET PHOENIX

胸元にあしらわれたフェニックス柄の刺繍が目を引くスカジャン。肩から袖口にかけてのカラーリングを切り替え、デザインにアクセントを加えています。

裏地の肌触りがよく、着心地は快適。総柄フェニックスをプリントしており、リバーシブルで着用できます。オールシーズン活用可能で、コーディネートの主役として活躍するアイテムです。

スカジャンのメンズコーデ

スカジャンとアロハシャツをレイヤードしたこなれ感のあるカジュアルスタイル

By: wear.jp

アロハシャツの上からスカジャンをラフに羽織ったこなれ感のあるコーディネート。アウターとインナーのカラーリングを同系色で揃えることで、着こなしにまとまりが生まれています。

だらしなさが出ないようにシャツをタックインしているのがポイント。ゆったりとしたシルエットのボトムスでほどよいリラックス感を演出しています。

ダークトーンコーデでスカジャンを大人っぽく着こなす

By: wear.jp

虎の刺繍が入ったスカジャンをはじめ、ボトムス・シューズ・時計のカラーリングをブラックで統一。全身をダークトーンでまとめており、スカジャンを大人っぽく着用したい方におすすめのコーディネートです。

インナーに総柄のアロハシャツを選択することで、スタイリングにほどよいラフさをプラスしています。

モノトーンを多用して鮮やかなスカジャンを引き立たせる

By: wear.jp

深みのあるレッド系のスカジャンを軸にしたコーディネート。インナー・ボトムス・シューズのカラーリングはブラックで揃えており、スカジャンの色味が映えています。

ややゆったりめのサイジングを意識することで、ほどよいリラックス感を演出。スタイリングがカジュアルにまとまりすぎないように、足元にはブーツを選択しています。

スカジャンの楽天市場ランキングをチェック

スカジャンの楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。