「スーベニアジャケット」の名でも知られるスカジャンはインパクト抜群の刺繍が特徴で、数あるアウターのなかでも圧倒的な存在感を放つアイテム。上手に取り入れれば、個性の光るワンランク上のおしゃれが楽しめます。

今回は、スカジャンのおすすめブランドと注目アイテムをピックアップしました。おしゃれなコーディネート例もあわせてご紹介しますので、着こなしの難易度が高そうと感じている方もぜひチェックしてみてください。

スカジャンとは?

By: amazon.co.jp

「スカジャン」とは「横須賀ジャンパー」を略した呼び名で、その始まりは第二次世界大戦が終わって間もない時期。横須賀米軍基地に駐留していたアメリカ兵たちが、ジャンパーに鷹、虎、龍といった和テイストの刺繍を入れたことから生まれた衣服とされています。

生地には、サテンや「綿ビロード」とも呼ばれる別珍(ベッチン)を用いるのが一般的。肌寒い時期にサッと羽織れる薄手生地のモノが主流ですが、最近では防寒性の高い中綿入りアイテムも数多くリリースされています。

ちなみに、よく混同される「スタジャン」は「スタジアムジャンパー」の略。シルエットは似ていますが、出自や素材、デザインなどが異なる別アイテムです。

スカジャンの選び方

色や刺繍デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

スカジャンは胸元や背面に大きな刺繍が施されているモノが多く、インパクトの強いアイテム。コーデに馴染ませる難易度はやや高めなので、初めてトライする方であればブラックやネイビーをベースにした落ち着いた色味のスカジャンを選ぶのがおすすめです。

また、スカジャンの最大の魅力である刺繍デザインも選ぶ上で重要なポイント。スカジャンらしさを重視するなら、定番の龍や虎、鷹などの絵柄がおすすめ。逆にいかつさを軽減したいならば、きれいめな絵柄やユニークなモチーフの刺繍が施されたアイテムも検討してみましょう。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

前述した通り、スカジャンの基本素材はサテンと別珍です。サテンは、滑らかな質感、柔らかさ、強い光沢が特徴の素材。スカジャンの王道的なアイテムが欲しい場合には、サテン生地のモノを中心にチェックしてみましょう。

対して、別珍はベルベットに似た起毛感のある素材。光沢はあるものの落ち着いた印象で、大人らしい着こなしにも合わせやすいのが魅力。やや厚手なので、秋冬のコーディネートにもおすすめです。

リバーシブルタイプかどうかもチェック

By: amazon.co.jp

スカジャンは、リバーシブルタイプのアイテムが多いのも大きな特徴。1着で2通りのデザインが楽しめるので、着こなしの幅を広げたい方には特におすすめです。

両面ともスカジャンらしさ満点のモノから、裏面だけガラリと表情を変えてシンプルなデザインに仕上げたアイテムまで、バリエーションは実に豊富。手持ち服や自分のファッションスタイルとの相性も考慮しつつ、使いやすい1着を探してみてください。

スカジャンのおすすめブランド

テーラー東洋(TAILOR TOYO)

「テーラー東洋」は、スカジャンの歴史を語る上で欠かせないブランドです。戦後間もない日本でアメリカ兵のニーズをいち早く見抜き、スカジャンの原型となるアイテムを考案。それは後に土産物として大ヒットしました。パイオニアブランドならではの技とこだわりが詰まったアイテムをぜひチェックしてみてください。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) BLACK EAGLE×ROARING TIGER

テーラー東洋(TAILOR TOYO) BLACK EAGLE×ROARING TIGER

スカジャンの定番モチーフである鷲、虎、龍のすべてを詰め込んだ、迫力のある1着。インパクト抜群の刺繍を備えつつも、モノトーンをベースとしたカラーリングのため、コーディネートしやすいのがおすすめポイントです。リバーシブルタイプで、裏面は黒地に猛々しい虎の刺繍が施されています。

生地には、シルクのような光沢と質感を持つ「アセテート」を採用。スカジャンが生まれた当時はシルクが手に入りづらく、代用品としてアセテートが使われていたことから、現在でもその仕様を受け継いでいます。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) ALASKAN HUSKY×ALASKA MAP

テーラー東洋(TAILOR TOYO) ALASKAN HUSKY×ALASKA MAP

表面に別珍生地、裏面に中綿入りのキルティングアセテート生地を採用したおすすめスカジャンです。表と裏で素材感、カラーが全く異なるため、1着でさまざまな着こなしが可能。防寒性が高く、スカジャンのメインシーズンである春、秋のほか、コーデ次第で冬も活躍します。

ユニークな刺繍のデザインは、かつてアラスカの米軍基地から製作依頼があったモデルを再現したモノ。どこかほっこりとした雰囲気があり、いかついイメージからスカジャンを敬遠していた方にもおすすめの1着です。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) 舞妓×Japan Map

テーラー東洋(TAILOR TOYO) 舞妓×Japan Map

着用したての頃からこなれた雰囲気が楽しめる「エイジングモデル」シリーズの1着。経年変化による褪色や古着のような素材感をエイジング加工により再現しています。サテン地特有の光沢が抑えられているため、落ち着いた印象で着こなせるのも魅力です。

また、舞妓や日本地図など和テイスト満載の刺繍デザインも注目ポイント。特に舞妓の刺繍は立体感があり、目を引く仕上がりです。立川の米軍基地に駐留していたアメリカ兵がオーダーしたモデルであることから、「TACHIKAWA」の文字も刻まれています。

ショット(Schott)

1913年にニューヨークで設立された「ショット」は、武骨で男らしいアイテムが揃う老舗ブランド。特にライダースジャケットやミリタリー系アウターが人気です。クラシックな仕様を踏襲しつつ、現代的なシルエットへとアップデートされたアイテムがメンズの着こなしを格上げしてくれます。

ショット(Schott) SOUVENIR JACKET FLYING WHEEL

ショット(Schott) SOUVENIR JACKET FLYING WHEEL

一般的なスカジャンのイメージとは一線を画す、クールな雰囲気が魅力のおすすめアイテム。胸元にはブランド名、背面には大きなフライングホイールの刺繍が施されています。ゆるすぎず、タイトすぎない絶妙なサイズ感もポイントです。

素材は、別珍とレーヨンのサテン地を採用。部分的に生地を切り替えることで、素材感のコントラストを演出しています。スッキリとしたシルエットながら、中綿入りで保温性も良好です。

ショット(Schott) SOUVENIR JACKET SNAKE

ショット(Schott) SOUVENIR JACKET SNAKE

コーデのマンネリ化を解消してくれる、リバーシブルタイプのスカジャンです。表面は、胸元にアメリカ国旗、バックに蛇の刺繍をあしらったルードなデザイン。あえてきれいめのアイテムと合わせ、クリーンに着こなすのがおすすめです。

裏面はガラリと表情が変わり、シンプルかつスポーティーな印象。素材はキルティングを施したサテン地が採用されています。カラーバリエーションが豊富なので、ぜひお気に入りの1着を探してみてください。

グラム(glamb)

「グラム」は、2003年にデザイナーの古谷完氏により設立されたファッションブランド。パンチのあるグランジロックスタイルにエレガントなテイストをプラスしたアイテムは、大人らしい着こなしにもマッチします。特にストリート系ファッションで人気があり、スカジャンのラインナップも豊富です。

グラム(glamb) Jake ska JKT

グラム(glamb) Jake ska JKT

グラムの15周年を記念してデザインされた、ラグジュアリーな1着です。背面には迫力のあるホワイトタイガーの絵柄をあしらい、インパクト満点のデザインに。ホワイトタイガーの側には、ブランドキャラクターである「ブレインビー」も描かれています。

生地は別珍をベースとしつつ、袖半分にサテンを配置。リブにはアクセントカラーを入れ、メリハリのある印象に仕上げています。また、ブラック、ネイビーとコーディネートしやすいカラーが揃っているのも嬉しいポイントです。

グラム(glamb) Floria ska JKT

グラム(glamb) Floria ska JKT

スカジャンのイメージを一変させる、エレガントなデザインが目を引く1着です。フロントには、アンティーク調のボタンがずらりと並んでいるのがポイント。ヨーロピアンな雰囲気漂うパイピングも印象的です。

ボディには、上品な光沢を持つクラッシュベルベットを採用。美しいタイトシルエットで、きれいめアイテムとも難なくマッチします。ふとした時にのぞく、鮮やかな「フロリアテキスタイル」の裏地もおしゃれです。

アヴィレックス(AVIREX)

米国空軍への納入実績を持つ「アヴィレックス」は、ミリタリーファンからも絶大な支持を得る本格派ブランド。フライトジャケットをファッションアイテムとして世に広めたブランドでもあります。ミリタリーアイテム独特の男クサさや重厚感を好む方は特に要チェックです。

アヴィレックス(AVIREX) ワンサイド スカ ジャケット

アヴィレックス(AVIREX) ワンサイド スカ ジャケット

クラシックなスカジャンの雰囲気と、都会的な表情を併せ持つおすすめの1着です。表面の刺繍デザインは、スカジャンの定番である鷹と龍。バックにはミリタリーブランドらしいフラッグモチーフも描かれています。

裏返せばオールブラックのシンプルアウターに早変わり。装飾がない分、光沢のある生地の質感が際立ちます。アウターでインパクトをプラスしたい時はもちろん、他のアイテムを引き立たせるアウターとして活躍してほしい時も頼りになるアイテムです。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy)

「アズールバイマウジー」は、株式会社バロックジャパンリミテッドが運営するファッションブランド。レディースアイテムを手がける人気ブランド「マウジー」のセカンドラインとして、2008年にスタートしました。細身でスタイリッシュなアイテムが多く、リーズナブルな価格設定も魅力です。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) Bee&butterflyスカジャン

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) Bee&butterflyスカジャン

都会的な着こなしにフィットする、スリムシルエットのおすすめスカジャンです。カラーは、ホワイトとブラックの2色展開。全身をモノトーンで統一すれば、よりスタイリッシュさが際立つコーディネートが完成します。

また、他ブランドでは見かけることのないレアな刺繍モチーフも本製品の特徴。胸元には蜂、背面には花と蝶が描かれています。いずれもボディの生地と同色で刺繍が施されているため、華美な印象にならず、大人らしい着こなしが可能です。

フルカウント(FULL COUNT)

日本が誇る定番デニムブランド「フルカウント」。素材選びから縫製、加工などデニム作りの工程それぞれに工夫を凝らし、履き心地のよいデニムを作り続けています。そんなフルカウントが手がけるスカジャンは、もちろんデニムと相性抜群。カジュアルなコーディネートを好む方はぜひチェックしてみてください。

フルカウント(FULL COUNT) SKA JAN

フルカウント(FULL COUNT) SKA JAN

贅沢な機能、ディテールが詰め込まれた、フルカウントならではの逸品です。落ち着きのある光沢を放つ表面のサテン地は、ヴィンテージスカジャンの素材感を再現したモノ。レトロ感漂う虎と龍の刺繍が施されているほか、印象的なパイピング、レザーパッチを備えた両玉縁ポケットなど細部までこだわり抜いたデザインに仕上がっています。

リバーシブルタイプで、裏返せばフライトジャケットとして着用できるという点もユニーク。裏面はカーキカラーのキルティング地で、フライトジャケット特有のディテールであるボックスタブまで備えた本格的な作りです。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER)

「クリフメイヤー」は、アメカジをベースとするアイテムが揃うファッションブランド。レプリカスウェットや印象的な言葉が刻まれたメッセージTシャツがヒットし、人気ブランドの仲間入りを果たしました。古着のような風合いを再現したウェアは、肩肘張らずに着用できるデイリーアイテムとして活躍してくれます。

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) デニムスカジャン

クリフメイヤー(KRIFF MAYER) デニムスカジャン

春にサッと羽織るライトアウターとして重宝する、デニム生地のスカジャンです。ライトオンスデニムを採用し、軽快な着心地を実現。刺繍は虎と日本地図をモチーフにしています。

フロントは、さまざまな着こなしを楽しめるダブルファスナー仕様。インディゴブルーに映える、赤ビーズを用いた引き手がアクセントになっています。一般的なスカジャンよりもソフトな印象で、普段の着こなしに取り入れやすいおすすめアイテムです。

スカジャンのメンズコーデ

男らしさ際立つアイテムの組み合わせに注目

By: wear.jp

「ショット」のブラックスカジャンを取り入れた、武骨さ漂うコーディネート。インナーにはヴィンテージテイストのシャツをチョイスし、大人らしい落ち着きのある雰囲気と渋さをプラスしています。

下半身もワイドデニム×革靴と、男らしいスタイリングで統一。スカジャンのジャストなサイズ感やボトムスのロールアップにより、ラフすぎない印象に仕上げている点もポイントです。

メリハリのあるスタイリングを参考に

By: wear.jp

テーラー東洋の襟付きスカジャンを用いた、個性の光るおしゃれコーデです。インパクトのあるスカジャンを際立たせるべく、インナーとボトムスは色味を抑えた組み合わせに。全体がうるさい印象にならないよう、バランスが考慮されています。

また、ショルダーバッグの使い方と靴下の見せ方を工夫し、軽快な印象にまとめているのもおしゃれポイント。ひねりの効いたコーディネートを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

差し色を効かせた技ありカジュアルコーデ

By: wear.jp

スカジャンのいかつさを緩和したい時は、インナーにパーカーを合わせるのがおすすめ。特にきれいめカラーのパーカーであれば、ハードすぎずバランスのよいコーディネートに仕上がります。

そして、パーカーの裾からのぞかせたチェック柄のシャツも、コーディネート全体を好バランスに見せる工夫のひとつ。見えている面積は少ないものの、視線をグッと集めるアクセントとして機能しています。

スカジャンを脇役として使う上級者コーデ

By: wear.jp

コーデの主役として活躍することの多いスカジャンを、あえてより強い個性を持つアイテムと組み合わせ、脇役として使ったスタイリング。ベージュのスカジャンを投入することでイエローのワイドパンツが悪目立ちせず、全体にまとまりが出ています。

個性派アイテムが多い分、他の部分はシンプルに徹したコーディネートに。インナーのパーカーとブーツはブラックで揃え、カラーバランスを整えています。