「スーベニアジャケット」の名でも知られるスカジャンはインパクト抜群の刺繍が特徴で、数あるアウターのなかでも圧倒的な存在感を放つアイテム。上手に取り入れれば、個性の光るワンランク上のおしゃれが楽しめます。

今回は、スカジャンのおすすめブランドと注目アイテムをピックアップしました。おしゃれなコーディネート例もあわせてご紹介しますので、着こなしの難易度が高いと感じている方もぜひチェックしてみてください。

スカジャンとは?

By: rakuten.co.jp

「スカジャン」とは「横須賀ジャンパー」を略した呼び名で、その始まりは第二次世界大戦が終わって間もない時期。横須賀米軍基地に駐留していたアメリカ兵たちが、ジャンパーに鷹・虎・龍といった和テイストの刺繍を入れたことから生まれた衣服とされています。

生地には、サテンや「綿ビロード」とも呼ばれる別珍(ベッチン)を用いるのが一般的。肌寒い時期にサッと羽織れる薄手生地のモノが主流ですが、最近では防寒性の高い中綿入りアイテムも数多く発売されています。

ちなみに、よく混同される「スタジャン」は「スタジアムジャンパー」の略。シルエットは似ていますが、出自や素材、デザインなどが異なるアイテムです。

スカジャンの選び方

色や刺繍デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

スカジャンは胸元や背面に大きな刺繍が施されているモノが多く、インパクトの強いアイテム。コーデに馴染ませる難易度はやや高めなので、初めてトライする方であればブラックやネイビーをベースにした、落ち着いた色味のスカジャンを選ぶのがおすすめです。

また、最大の魅力である刺繍のデザインも選ぶ上で重要なポイント。スカジャンらしさを重視するなら、定番の龍・虎・鷹などの絵柄がおすすめ。逆にいかつさを軽減したい場合は、きれいめな絵柄やユニークなモチーフの刺繍が施されたアイテムを検討してみましょう。

素材で選ぶ

By: rakuten.co.jp

前述した通り、スカジャンの基本素材はサテンと別珍です。サテンは滑らかな質感と柔らかさ、強い光沢が特徴の素材。スカジャンの王道的なアイテムを探している場合は、サテン生地のモノを中心にチェックしてみましょう。

対して、別珍はベルベットに似た起毛感のある素材。光沢はあるものの落ち着いた印象で、上品な着こなしにも合わせやすいのが魅力。やや厚手なので、秋冬のコーディネートにもおすすめです。

リバーシブルタイプかどうかもチェック

By: rakuten.co.jp

スカジャンは、リバーシブルタイプのアイテムが多いのも大きな特徴。1着で2通りのデザインが楽しめるので、着こなしの幅を広げたい方には特におすすめです。

両面ともスカジャンらしさ満点のモノから、裏面だけガラリと表情を変えてシンプルなデザインに仕上げたアイテムまで、バリエーションは実に豊富。手持ちの服や自分のファッションスタイルとの相性も考慮しつつ、使いやすい1着を探してみてください。

スカジャンのおすすめブランド

テーラー東洋(TAILOR TOYO)

テーラー東洋は50年以上にわたってスカジャンを作り続けてきた老舗ファッションブランド。前身である“港商商会”は、米軍基地に衣料品を納入していたという歴史があります。鷲や虎といった柄に象徴されるオリエンタルなデザインを文化として継承しているのが魅力です。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) ベルベットスカジャン ALASKAN HUSKY/ALASKA MAP TT14206

テーラー東洋(TAILOR TOYO) ベルベットスカジャン ALASKAN HUSKY/ALASKA MAP

アラスカンハスキーを真正面から捉えたユーモラスな刺繍が目を引くスカジャン。1950年代後期にアラスカの米軍基地による依頼で製作されたモデルを再現しており、リバーシブルで着用できる裏側にはアラスカの主要地を記したマップがあしらわれています。

表地は毛羽感のある別珍製で、ほどよい光沢感によるラグジュアリーな雰囲気が魅力。中綿の入ったキルティング仕様となっているため、秋冬の本格的なアウターとしてもおすすめのアイテムです。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) スカジャン SPECIAL EDITION TT14482

テーラー東洋(TAILOR TOYO) スカジャン SPECIAL EDITION TT14482

1950年代中期の傑作を現代の技術で再現したスカジャン。ホワイトとグレーで表現された鷲の毛並みをはじめとした、繊細な色使いが魅力です。

曲線が美しいフロントやバックの図案は和装に用いられる横振り刺繍で仕上げています。表地はブラック、裏地はホワイトが基調のモノトーン仕様で、どちらの面で着用してもさまざまなコーディネートに取り入れやすいアイテムです。

テーラー東洋(TAILOR TOYO) スカジャン DUELLING DORAGONS × TIGER PRINT TT14383

テーラー東洋(TAILOR TOYO) スカジャン DUELLING DORAGONS × TIGER PRINT TT14383

フロントやバックに龍の絵柄があしらわれた、インパクト抜群のスカジャン。大きな虎柄が目を引く裏側にはグリーンやイエローといったビビッドカラーが配されており、リバーシブルで雰囲気の異なる着こなしを楽しめます。

表地・裏地ともに柔らかなアセテート素材を使用しているため、春先や秋口に羽織るライトアウターにピッタリ。無地のカットソーやダークトーンのボトムスなど、シンプルなデザインのアイテムと合わせるのがおすすめです。

ショット(Schott)

「ショット」は1913年にニューヨークでスタートした老舗レザーウェアブランドです。1928年には世界初となるフロントジッパータイプのライダースジャケットを発表。多くのミュージシャンに支持されるなど、ファッションシーンのみならずカルチャーにも絶大な影響力を与えました。

ショット(Schott) スカジャン 9725 MA-1

ショット(Schott) スカジャン 9725 MA-1

アメリカ海軍の航空母艦「レキシントン」をモチーフにした背面の刺繍が目を引くスカジャン。ミリタリーテイストのデザインが特徴で、カーゴパンツやデニムといったカジュアルなボトムスにマッチします。

フロントに入った虎の装飾がオリエンタルなムードを演出。ポリエステル製のライニングがあしらわれたしっかりとした作りで、春や秋のアウターとしても重宝する1着です。

ショット(Schott) スカジャン PACIFIC CRUISE 3192049

ショット(Schott) スカジャン PACIFIC CRUISE 3192049

黒を基調とした落ち着きのあるカラーリングで仕上げられたスカジャン。フロントに鷲、バックには鷲と龍が派手すぎない絶妙なデザインの刺繍であしらわれています。

別珍素材を使用した表地は温かみのある雰囲気がポイント。内側は中綿入りのキルティング仕様で、防寒性に優れています。秋から冬にかけて活躍するアウターを探している方におすすめです。

グラム(glamb)

2003年に設立された「グラム」はメンズウェアを得意とする日本のファッションブランド。ベースのグランジロックスタイルにワークやトラッドといった要素を融合したエレガントなデザインが特徴です。多くのアイテムを優れた加工技術で知られる岡山・児島のファクトリーで仕上げており、クオリティ面にも定評があります。

グラム(glamb) ファジートランプジャケット

グラム(glamb) ファジートランプジャケット

背面に文字刺繍があしらわれたシンプルなデザインのスカジャン。裾のリブがなくスッキリと仕立てられており、気軽に羽織れるライトアウターとしても重宝します。

リバーシブルで着用可能な裏地には総柄のテキスタイルを採用しているため、1着持っておくだけでコーディネートの幅が広がるアイテムです。ベーシックなブラックに加えてグリーン・レッドといったインパクトのあるカラーリングが用意されています。

グラム(glamb) トウキョウスカジャケット

グラム(glamb) トウキョウスカジャケット

ベルベット生地を使用した高級感のあるスカジャンです。カラーリングをワントーンで統一することで、シックな雰囲気を演出。フロントに刺繍された「東京」の文字や、2色のラインによるリブがデザインのアクセントになっています。

裏地には浮世絵師・月岡芳年の作品に落書きを加えたストリートアート調のグラフィックがあしらわれており、遊び心を表現。ジーンズと合わせてラフに着こなすのがおすすめのアイテムです。

アヴィレックス(AVIREX)

1975年にアメリカで設立された「アヴィレックス」。厳しい軍規格をクリアした高いクオリティが特徴で、アメリカ軍にフライトジャケットなどを納入していた実績があります。ミリタリーファンのみならずファッション関係者からも高く評価されているブランドです。

アヴィレックス(AVIREX) リバーシブルスカジャン 101st Airborne Division 6172137

アヴィレックス(AVIREX) リバーシブルスカジャン 101st Airborne Division 6172137

アメリカ陸軍・第101空挺師団のロゴマークと虎の刺繍で背面がにぎやかに彩られたスカジャン。フロントでは虎と戦闘機「P-40」が顔を合わせており、アメカジテイストに仕上がっています。

緻密な刺繍からうかがえるクオリティの高さがポイント。色・絵柄の異なる裏地がリバーシブルで着用できるので、さまざまなコーディネートを楽しめる1着です。

アヴィレックス(AVIREX) カスタムベトナムジャケット 6172129

アヴィレックス(AVIREX) カスタムベトナムジャケット 6172129

ベトナムのマップと龍を組み合わせた、鮮やかなバックデザインが目を引くスカジャン。フロントにはワッペンやアメリカ国旗の刺繍があしらわれており、ミリタリー感を強く出しています。

オープンタイプとジッパータイプのポケットを重ね合わせたユニークなデザインが特徴。保温性に優れた中綿入りタイプながらも、薄手に仕上がっているため着ぶくれせずスタイリッシュに着こなせます。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy)

「アズールバイマウジー」はジーンズをベースとしたカジュアルスタイルを提案する、日本のファッションブランド。ウェアやファッション雑貨はもちろん、音楽やアートといったカルチャーの発信も手掛けています。比較的ロープライスでのアイテム展開が特徴で、安価なスカジャンを探している方におすすめのブランドです。

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) 東京威風ブラックスカジャン

アズールバイマウジー(AZUL by moussy) 東京威風ブラックスカジャン

随所に刺繍があしらわれていながらも、カラーリングをブラックで統一することで、主張の強すぎないクールなデザインに仕上がったスカジャン。ストリート風の着こなしを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

フロントはダブルジップ仕様となっており、さまざまなスタイリングを組み立てられるのがポイント。Tシャツやデニムを用いたカジュアルコーデでは引き締め役として活躍します。

フルカウント(FULL COUNT)

フルカウントは1992年に設立された日本のデニムブランドです。実用性とファッション性を両立していた1940~50年代のジーンズを理想として、穿けば穿くほど体にフィットするジーンズを製作。デニムのほかにもヴィンテージ感が魅力のカジュアルウェアが揃っています。

フルカウント(FULL COUNT) ベルベットリバーシブルスカジャン 2956

フルカウント(FULL COUNT) ベルベットリバーシブルスカジャン 2956

鷲・虎・龍といった定番の絵柄が、伝統的な横振り刺繍で丁寧にあしらわれたスカジャン。ベルベットの表地に対して裏面にはサテン生地を使用しており、リバーシブルで雰囲気の異なる着こなしが楽しめます。

中綿が入っていないため、着用すればするほどヴィンテージ感のあるクタリとした風合いが出るのがポイント。着丈は短めで、Tシャツの上から羽織ればバランスよくコーディネートがまとまります。

フルカウント(FULL COUNT) スカジャン SAKAJAN 2946

フルカウント(FULL COUNT) スカジャン SAKAJAN 2946

鮮やかなカモフラージュ柄が目を引くスカジャン。キュプラとコットンを混紡した軽やかな生地を使用しているため、肌寒い場合に羽織るライトアウターとしておすすめです。

デザインのモチーフは大阪。阪神タイガースの応援ユニフォームで有名な「キング刺繍」に依頼し、バックに大阪のマップ、フロントには虎と“笑う門には福来たる”の刺繍が入っています。

ヒューストン(HOUSTON)

日本で初めてオリジナルデザインのフライトジャケットを生み出したことで知られるミリタリーブランド「ヒューストン」。スカジャンやボウリングシャツといったアメカジテイストのウェアを得意としています。素材から自社で手掛けるなど、こだわりのアイテム作りが魅力です。

ヒューストン(HOUSTON) カスタムMA-1刺繍スーベニアジャケット 50942

ヒューストン(HOUSTON) カスタムMA-1刺繍スーベニアジャケット 50942

左袖のシガレットポケットが印象的なMA-1ジャケットのデザインが採用されたスカジャン。バックに日本地図、フロントに龍の刺繍を大胆にあしらった存在感のあるアイテムです。

厚手で耐久性のあるナイロンツイル生地は鈍い光沢感が特徴。ポケットの内側にはフリースを使用して保温性を高めており、秋冬のアウターとしても活躍します。

ヒューストン(HOUSTON) スカジャン USMC 50457

ヒューストン(HOUSTON) スカジャン USMC 50457

ヴィンテージ感のある風合いが目を引く、レーヨンサテンで仕立てられたスカジャン。中綿の入っていない仕様で、オールシーズンにわたって着用しやすいアイテムです。

フロントにユーモラスなブルドッグ刺繍、バックに大きくアメリカ海兵隊のロゴがあしらわれたインパクトのあるデザインがポイント。ネイビーとブラックの2色が展開されており、落ち着いたトーンの生地に金色の刺繍が映えます。

ディーゼル(DIESEL)

「ディーゼル」はイタリアを代表するカジュアルウェアブランドです。既存の流行に乗るのではなく、斬新で個性的なデザインを追い求めているのが魅力。素材選びや縫製技術に重点をおくなど、細部に至るまで注意を払ったこだわりのアイテム作りで支持を集めています。

ディーゼル(DIESEL) スカジャン R-GASY

ディーゼル(DIESEL) スカジャン R-GASY

バックに「WILD SPIRIT」と大きな鷲の刺繍が施された、アメリカンテイストのスカジャン。フロントにも鷲の絵柄があしらわれており、統一感のあるデザインが完成しています。

黒を貴重とした落ち着きのあるカラーリングにより、幅広いアイテムと馴染みやすいのがポイント。色落ちしたジーンズと合わせることで、こなれ感のあるコーディネートを楽しめます。

ディーゼル(DIESEL) メンズリバーシブルブルゾン D-CRUST

ディーゼル(DIESEL) メンズリバーシブルブルゾン D-CRUST<

龍や虎といった定番の刺繍が鮮やかな色糸であしらわれた、高級感のあるデザインのスカジャン。さらりとした肌触りで着心地のよい生地を採用しており、ライトアウターとしてもおすすめのアイテムです。

シンプルな無地の裏地をリバーシブルで着用できるため、1着でさまざまなコーディネートが楽しめます。フロントジッパーにブランドロゴを刻んだメタルプレートを取り付けるなど、遊び心のあるディテールもポイントです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES)

1954年に設立されたアメリカのアパレルメーカー。MA-1フライトジャケットをはじめとする、さまざまなウェアを米軍に供給してきた歴史があります。タウンユースしやすい民間向けのアイテム展開にも積極的で、ファッション好きからの人気も高いブランドです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) スーベニアリバーシブルジャケット TA1332

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) スーベニアリバーシブルジャケット TA1332

背面に日本地図と鷲、フロントに龍と虎の刺繍があしらわれたにぎやかなデザインのスカジャン。中綿入りで保温性に優れているため、冬のアウターとしても重宝します。

リバーシブルでシンプルなMA-1ジャケットとして着用できるのもポイント。ワードローブに加えるだけで、さまざまなコーディネートにマッチしやすいアイテムです。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) タイガースーベニアジャケット

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) タイガースーベニアジャケット

フロントジッパーからの風の侵入を防いでくれる前立て、左腕部分のシガレットポケットといったMA-1ジャケットのディテールが落とし込まれたスカジャン。

インパクトのある虎の刺繍が目を引く表地に加え、シンプルな無地の裏地をリバーシブルで着用可能です。日本人の体型に合わせた細身のシルエットに仕立てられているため、スタイリッシュに着こなせます。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN)

1979年にスタートした「ステュディオダルチザン」は、“職人工房”という意味をもつ大阪発のファッションブランド。レプリカジーンズの元祖的存在として知られており、天然インディゴ染めで仕上げたこだわりのデニムを展開しています。豚のキャラクターをトレードマークにするなど、ユーモアのあるアイテム作りが魅力です。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN) 駄菓子コラボサテンスカジャン DG-001

ステュディオダルチザン(STUDIO D'ARTISAN) 駄菓子コラボサテンスカジャン DG-001

40周年を迎えた「うまい棒」とのコラボレーションで誕生したスカジャン。駄菓子屋からキャラクターが飛び出している刺繍が背面にあしらわれており、コミカルに仕上がっています。

裏地には鮮やかなグリーンが配されており、リバーシブルで印象の異なる着こなしを楽しめるのがポイント。赤と黄色の2色でデザインされた襟元・裾・袖口のリブがアクセントになっています。

ステュディオダルチザン(STUDIO D’ARTISAN) 40th別珍スカジャン SP-058

ステュディオダルチザン(STUDIO D'ARTISAN) 40th別珍スカジャン SP-058

表地にコットン別珍、裏地にキルティング仕様のレーヨンサテンを使用したスカジャン。防寒性もさることながら、リバーシブルで異なる着こなしができるのが魅力です。

季節をテーマにしており、バックには月明りの下で紅葉を楽しむ豚の刺繍があしらわれています。ジーンズやチノパンといったカジュアルなボトムスと、ラフに合わせたコーディネートがおすすめです。

ヴァンキッシュ(VANQUISH)

「ヴァンキッシュ」は2005年にスタートした日本のファッションブランドです。ベーシックなデザインにシーズンごとのトレンドを取り入れた遊び心のあるスタイルを提案。「アディダス」や「コンバース」といった世界的なブランドと積極的にコラボレーションを行っています。

ヴァンキッシュ(VANQUISH) リバーシブルスカジャン SHIBUYA

ヴァンキッシュ(VANQUISH) リバーシブルスカジャン SHIBUYA

ハチ公を中心とした渋谷のスポットが刺繍であしらわれたスカジャン。両胸には漢字の「渋」とハチ公の顔を配し、ユーモアのあるデザインに仕上げています。

袖元・裾・襟のリブに入ったラインもデザインのアクセント。内側はキルト仕様で中綿が入っているため、防寒性はバッチリです。鮮やかな配色が目を引く裏面もリバーシブルで着用できます。

ヴァンキッシュ(VANQUISH) 虎刺繍ノーカラースカジャン

ヴァンキッシュ(VANQUISH) 虎刺繍ノーカラースカジャン

バックに富士虎柄を採用した和テイストなデザインが印象的なスカジャン。シンプルな色使いの刺繍で仕上げたモデル、ポップなカラーリングによる刺繍が目を引くモデルの2パターンが用意されています。

襟元がノーカラー仕様となっているため、パーカーとのレイヤードスタイルがおすすめ。リバーシブルでも着用可能で、幅広いコーディネートが楽しめます。

ヴァンキッシュ(VANQUISH) スーベニアMA-1ジャケット

ヴァンキッシュ(VANQUISH) スーベニアMA-1ジャケット

存在感のある刺繍デザインとMA-1ジャケットのディテールがミックスされたスカジャン。バックには渋谷のトレードマークやシンボルがコミカルに描かれています。

温かな中綿入りで、袖口や裾のリブを長めに設定することによって防寒性を高めているのがポイント。リバーシブルで着用できる裏面のカラーリングには、MA-1でよく見られるオレンジを採用しています。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD)

フラットヘッドは、1996年にスタートした日本のファッションブランド。1950年代の古き良きアメリカンテイストに、現代の優れた技術を融合したアイテム作りが特徴です。“着込むことで10割”というコンセプトのもと、長年着用することで風合いが増していくウェアを展開しています。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) 別珍スカジャン SV-57

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) 別珍スカジャン SV-57

アラスカをモチーフにした刺繍が熟練の職人技によってあしらわれたスカジャン。表地には旧式の織機で編み上げた別珍を使用しており、滑らかな質感が魅力です。

リバーシブルで着用できる裏地はキルティングデザインのレーヨンサテン。ヴィンテージの風合いを再現したリブや1950年代の形を模したジッパーなど、こだわりのディテールが本格派の雰囲気を与えています。

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) レーヨンスカジャン SV-64

フラットヘッド(THE FLAT HEAD) レーヨンスカジャン SV-64

レーヨン100%で織り上げられたサテン生地を使用したスカジャン。レーヨンならではの独特の光沢とドレープ感がラグジュアリーな雰囲気を醸し出しています。

卓越した技術で仕上げられた立体感のある刺繍により、虎を白1色で表情豊かに描き出しているのがポイント。裏面はチームジャケット風のデザインで、表裏でテイストの異なるコーディネートが楽しめます。

スカジャンのメンズコーデ

男らしさ際立つアイテムの組み合わせに注目

By: wear.jp

「ショット」のブラックスカジャンを取り入れた、武骨さの漂うコーディネート。インナーにはヴィンテージテイストのシャツをチョイスし、大人らしい落ち着きのある雰囲気と渋さをプラスしています。

下半身もワイドデニム×革靴と、男らしいスタイリングで統一。スカジャンのジャストなサイズ感やボトムスのロールアップにより、ラフすぎない印象に仕上げているのもポイントです。

メリハリのあるスタイリングを参考に

By: wear.jp

テーラー東洋の襟付きスカジャンを用いた、個性の光るおしゃれコーデです。インパクトのあるスカジャンを際立たせるべく、インナーとボトムスは色味を抑えた組み合わせに。全体がうるさい印象にならないよう、バランスが考慮されています。

また、ショルダーバッグの使い方と靴下の見せ方を工夫し、軽快な印象にまとめているのもおしゃれポイント。ひねりの効いたコーディネートを目指す方は、ぜひ参考にしてみてください。

差し色を効かせた技ありカジュアルコーデ

By: wear.jp

スカジャンのいかつさを緩和したいときは、インナーにパーカーを合わせるのがおすすめ。特にきれいめカラーのパーカーであれば、ハードすぎずバランスのよいコーディネートに仕上がります。

そして、パーカーの裾からのぞかせたチェック柄のシャツも、コーディネート全体を好バランスに見せる工夫のひとつ。見えている面積は少ないものの、視線をグッと集めるアクセントとして機能しています。

スカジャンを脇役として使う上級者コーデ

By: wear.jp

コーデの主役として活躍することの多いスカジャンを、あえてより強い個性を持つアイテムと組み合わせ、脇役として使ったスタイリング。ベージュのスカジャンを投入することでイエローのワイドパンツが悪目立ちせず、全体にまとまりが出ています。

個性派アイテムが多い分、ほかの部分はシンプルに徹したコーディネートに。インナーのパーカーとブーツはブラックで揃え、カラーバランスを整えています。