自宅でも外出先でも、音楽を楽しむ際に欠かせないアイテムがイヤホンです。イヤホンは、洋服のポケットや鞄にそのまま入れてしまうと、絡まったり、イヤーピースを紛失してしまったりとトラブルになりがち。そんなときに便利なのが「イヤホンケース」です。

そこで今回は、おすすめのイヤホンケースをご紹介。選び方も合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりのモデルを見つけてみてください。

イヤホンケースを使うメリット

By: amazon.co.jp

イヤホンケースを使うメリットのひとつは、イヤホンを管理しやすくなる点です。鞄に入れていたイヤホンがいつの間にか絡まっていたり、イヤーピースが外れていたりというトラブルも、イヤホンケースを使うと未然に防げます。

鞄からの出し入れもスムーズになるほか、紛失やケーブルの断線といったトラブルも対策可能。耐久性の高いイヤホンケースの場合、落下や人混みでの圧迫などの衝撃からイヤホンを保護できるのもポイントです。

防水設計のイヤホンケースだと、雨の日でも安心してイヤホンを持ち運び可能。好みのカラーやおしゃれなデザインのケースを持ち歩くと、イヤホンを取り出す動作自体が楽しくなります。

イヤホンケースの種類

ソフトタイプ

By: amazon.co.jp

ソフトタイプのイヤホンケースは、小型でスペースを取りにくい点がメリット。深さのあるポーチタイプのモデルが多く、イヤホン以外にも充電用のUSBケーブルやSDカード、USBメモリなど、さまざまな小物をまとめて収納可能です。

一方で、ハード・セミハードタイプのイヤホンケースと比較すると衝撃や汚れへの耐久性がやや劣ります。簡単に収納できて、かさばらずに持ち運べる製品を探している方には、ソフトタイプのイヤホンケースがおすすめです。

ハード・セミハードタイプ

By: amazon.co.jp

耐久性が高く、落下や衝突からイヤホンをしっかり保護できるのが、ハード・セミハードタイプのイヤホンケース。内部にケーブルを巻き付けて固定できるパーツが付いていたり、ケーブルをまとめるためのクリップが付属したりするモデルもあります。

イヤホンをしっかりと保護できる反面、収納するイヤホンの位置や個数が決められているなど、柔軟に使いにくいモデルが多いのは懸念点。内部にポケットを搭載しているモデルの場合は、イヤホン以外の小物も収納できます。耐久性を重視する方におすすめです。

機種専用タイプ

By: amazon.co.jp

イヤホンケースのなかには、特定の機種にのみ使用できるタイプもあります。特に、AppleのAirPodsシリーズ向けには、多くのメーカーから豊富な種類の専用ケースが展開されているので、好みに合ったイヤホンケースを選択可能です。

デザイン性を重視したモデルや、手触りや質感にこだわったモデル、耐久性に特化したイヤホンケースなど、種類はさまざま。なかには、本体に搭載されていないワイヤレス充電機能を追加できるモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

イヤホンケースの選び方

ケーブルが絡まりにくく収納しやすいモノを

By: amazon.co.jp

鞄やポケットからイヤホンを取り出すと、ケーブルが絡まっていることがよくあります。ケーブルが巻き付けられるコードリールを搭載して、絡まるリスクを軽減できるイヤホンケースを選ぶと、使用するたびにケーブルを解く手間がかかりません。

収納のしやすさも大切なポイント。ケース内部に余裕があり、開け口も大きく開くタイプであればスムーズにイヤホンを出し入れできます。

耐久性・耐衝撃性をチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンケースを選ぶうえで、耐久性・耐衝撃性はチェックしておきたいポイントのひとつ。ハード・セミハードタイプのケースのように、外側が頑丈な素材だと耐衝撃性が高くなります。内側にクッションとなる素材が貼られているかを確認するのもおすすめです。

ソフトタイプのイヤホンケースの場合は、本体そのものに厚さがあると、落下や衝突に強くなります。裏地に伸縮性の高い素材が使われているタイプだと、さらに強力にイヤホンを保護可能です。

内ポケットがあると便利

By: amazon.co.jp

イヤホンケースに内ポケットがあると、イヤホン以外の小物も収納できるので、便利に使えます。SDカードや充電用のUSBケーブル、予備のイヤーピースやカスタムイヤホンのパーツなど、イヤホンと一緒に持ち運びたい周辺機器をまとめて収納可能です。

一緒に収納したいモノに合わせて、内ポケットの大きさや位置を確認しておくのがポイント。内ポケットをよく使う場合は、入れたモノが落ちにくいように工夫が施されているタイプもあるので、チェックしてみてください。

ワイヤレス用は付けたまま充電できるかチェック

By: amazon.co.jp

イヤホンをイヤホンケースに入れても、さまざまな機能にそのままアクセスできるどうかも重要なポイント。特に、ワイヤレスイヤホンの場合は頻繁に充電が必要になるので、ケースを装着した状態で充電できるかをチェックしておきましょう。

ワイヤレス充電と有線充電の両方に対応している場合は、ケースを外さずに両方の充電方法を選べるタイプがおすすめ。数は少ないものの、ワイヤレス充電に非対応のイヤホンを、ワイヤレス充電可能にできるケースも販売されています。

見た目にもこだわるならおしゃれなモデルを

By: amazon.co.jp

イヤホンケースをファッションアイテムとしても使いたい方には、おしゃれなモデルがおすすめです。イヤホンケースには、レザー風やカーボン風のデザインを採用していたり、ファブリック素材を使っていたりするおしゃれなモデルもあります。

また、見た目にもこだわりたい場合は、カラーバリエーションが豊富なイヤホンケースも要チェック。複数のカラーを購入することで、気分やファッションに合わせて気軽に使い分けられます。

イヤホンケースのおすすめ|ソフトタイプ

エレコム(Elecom) イヤホンポーチ AV-EPL

片手で開閉できるポーチ型のイヤホンケース。片手でポーチの両端をもって内側に押すと口が開くので、簡単にイヤホンの出し入れが可能です。イヤホンを入れた後はピッタリと口が閉じて、落としてしまうリスクを軽減して持ち運べます。

素材には高級感のあるソフトレザーを採用。耐久性に優れた素材を採用しているため、中に入れたイヤホンをしっかりと保護できます。ポーチには深さがあるので、イヤホン以外の小物も収納可能です。

サイズは幅92.5×奥行12×高さ126.5mm。柔らかい作りになっているため、鞄やポケットの中でもかさばらずに持ち運べます。おしゃれで使いやすいおすすめのイヤホンケースです。

UMTELE イヤホンコード 巻き取りケース

ケーブルをスッキリ収納できるかわいいデザインのイヤホンケース。柔らかいシリコンを素材に採用した、円形デザインが特徴です。衝撃を吸収できるほか、汚れからもイヤホンを守れます。小型かつ軽量なので、鞄やポケットに入れて手軽に持ち運び可能です。

本体を押し出すとコードリールが出現するギミックもポイント。イヤホン本体は中央から内部に格納し、ケーブルは巻き付けた後にひっくり返して収納可能です。収納中にケーブルが絡まらず、断線を防ぎつつコンパクトに持ち運べます。

豊富なカラーバリエーションも魅力のひとつ。価格も安いので、色違いを複数購入して使い分けられます。かわいいデザインのイヤホンケースを探している方は、チェックしてみてください。

lobon イヤホンケース JOL-01lobon

縦82×横82mmのコンパクトサイズが特徴のイヤホンケース。洋服のポケットにも簡単に収まるので、旅行や出張はもちろん、普段の通勤や通学にも使えます。素材にはPUレザーを採用。高級感のある見た目も魅力です。

小銭やSDカードなどの小物も収納可能。口の左右には金属のパーツが採用されており、指で押すと大きく開きます。イヤホンを出し入れしやすいほか、小物を入れた場合にも中がしっかりと見えるので簡単に取り出せる点がメリットです。

シックなデザインのため、ビジネスシーンにも使用可能。コンパクトながら使いやすいのが魅力です。

Yosoo イヤホンポーチ WY-022-2PCS

高級感のあるソフトレザーを採用したイヤホンケース。深さのある設計で、イヤホン以外にもUSBメモリや小型の音楽プレーヤー、充電用のUSBケーブルなど、小型の周辺機器を収納して手軽に持ち運べます。

開け口にスプリングを内蔵しているのも特徴。指でグッと押すと大きく開き、力を抜くとスプリングの力により自動で口が閉まります。口が大きく開くので中身を確認しやすく、スムーズにイヤホンを出し入れ可能です。

黒のソフトレザーに映える赤いステッチもおしゃれ。2個セットなので、複数のイヤホンや小物を分けて入れられます。開閉しやすいおすすめのイヤホンケースです。

MIFO イヤホンケース

シンプルなデザインのイヤホンケース。大小2つがセットになっているのが特徴。イヤホンや小物など、さまざまな大きさのモノを入れられます。

巾着のようにひもを引っ張って口を閉じれるのも魅力。収納したイヤホンを、持ち運んでいる途中に落とすリスクを軽減できるのがポイントです。防水・防汚加工も施されているので、ちょっとした汚れや水しぶきからもイヤホンを守れます。

深さがあるので、イヤホン以外の小物も収納可能。有線イヤホンだけではなく、小型の完全ワイヤレスイヤホンもケースごと収納できます。シンプルなイヤホンケースを探している方におすすめです。

イヤホンケースのおすすめ|ハード・セミハードタイプ

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンキャリングケース AT-HPP300

さまざまなイヤホンをしっかりと守れるおすすめのイヤホンケース。コードを巻き付けて保管できるリール構造が特徴です。リールにはプラグを収められるスリットが設けられており、プラグの巻き付けを防ぐためのストッパーも搭載されています。

リール部分は深めに設計されているので、小型のイヤホンからハウジングの大きいイヤホンまで、さまざまな種類に対応。カラビナが付属しており、ベルトや鞄に取り付けて持ち運べます。

収納部にはラバー素材が用いられ、外側からの衝撃はもちろん、内部からも傷付けにくいのが魅力。衝撃だけでなく、プラグの傷や断線も防げます。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) イヤホンケース BANECHO ZA-BN

ケーブルを束ねて収納できるおすすめのイヤホンケース。同梱のクリップを使うとイヤホンのケーブルを束ねられるので、絡まる心配を軽減します。クリップの先端には強力なマグネットが内蔵されており、束ねたケーブルをガッチリと固定できるのがポイントです。

開閉の仕組みにはバネ蝶番式を採用。蓋が勝手に開いたり、閉める途中で止まったりせずにイヤホンを持ち運べます。ケースを開けた状態でマグネットクリップを組み合わせると、スマートフォンスタンドとしても利用可能です。

豊富なデザインとカラーバリエーションも魅力。おしゃれなイヤホンケースを探している方におすすめです。

UGREEN イヤホンケース 40816JP

内ポケットを搭載したセミハードタイプのイヤホンケース。180°完全に開くタイプなので、イヤホンをスムーズに出し入れできます。片側にはメッシュ素材の内ポケットを搭載。イヤホン以外にも、SDカードや充電器などの周辺機器を収納可能です。

外側の素材には防水EVAを採用しており、水や汚れから大切なイヤホンを保護できるのが特徴。衝突や落下などの衝撃を軽減できる、内部のクッション性の高さも魅力です。コード類をまとめられるケーブルカバーも付属します。

カラビナを取り付けられる構造なので、持ち運びも簡単。イヤホンとスマートフォンの周辺機器をまとめて収納できるイヤホンケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ワイズテック(WiseTech) イヤホン用セミハードケース MT-CS25

大型のイヤホンも余裕をもって収納できるイヤホンケース。ケース内部に、イヤホンのケーブルを巻き付けられるシリコン製の柱を搭載しています。柱の位置が中央から少しズレているため、大型のハウジングを搭載したイヤホンも簡単に収納可能です。

柱の中央に乾燥剤を設置できるので、イヤホンの故障の原因となる湿気を取り除けます。片側にはメッシュポケットが搭載されており、小物も収納可能。ポケットに入れたモノが落ちにくくなる工夫もされています。

付属のカラビナを取り付けられるため、鞄やベルトに引っかけて持ち運び可能。持ち運ぶ際の保護はもちろん、自宅での保管にも使えるおすすめのイヤホンケースです。

Woodhifi イヤホンケース EZB05

おしゃれな透明デザインのイヤホンケース。内部に仕切りがない広々とした構造のため、大きめのイヤホンやさまざまな形状のイヤホンを収納可能です。透明な蓋を採用しているので、開けなくても中身を確認できます。

防水性能の高さも魅力。IP68相当の防水規格に対応しているため、突然の雨などでも、大切なイヤホンが水没するのを防げます。素材には耐久性の高いABS樹脂を採用。表面には傷が付きにくい加工も施されています。

持ち運びに便利なストラップも搭載。ケース内部には3mmのスポンジシートが貼り付けられているので、内側からの衝撃も軽減します。おしゃれなデザインのイヤホンケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

イヤホンケースのおすすめ|Air Pods専用

ピタカ(PITAKA) Air Pods対応ケース Air Pal Mini

車や飛行機にも採用される軽量かつ頑丈なアラミド繊維が採用されたAirPods用ケース。特殊なコーティングにより手触りもよく、おしゃれなカーボン風のデザインも魅力です。

第1世代のAirPodsに装着すると、ワイヤレス充電が可能。両面ワイヤレス充電に対応しているので、第2世代のAirPodsに装着した場合も、ケースを外さずに両方の面で充電できます。第1世代のAirPodsでもワイヤレス充電をしたい方は、ぜひチェックしてみてください。

シュピゲン(Spigen) クラシック・シャッフル ASD00838

iPod shuffleのデザインを再現したイヤホンケース。装着すると、AirPods ProがiPod shuffleのような見た目になるのが特徴です。高品質のシリコンが採用されているため、柔らかくしっかりとフィットします。

スマートフォンケースの技術を活かした、「エアクッションテクノロジー」を搭載。落下した際の衝撃をケースの四隅で吸収できるので、大切なAirPods Proを保護できます。装着した状態のままワイヤレス充電も可能です。

カラビナを取り付けるためのループも搭載。Lightningポート周辺には穴が開いているので、有線充電も装着したまま行えます。Apple製品ファンにおすすめのAirPods Pro用ケースです。

シュピゲン(Spigen) アーバン・フィット ASD00572

ミニマルデザインのAirPods Pro用イヤホンケースです。ニットファブリックとポリカーボネートを組み合わせた素材を採用した、あたたかみのあるデザインが特徴。指紋や汚れが付きにくいのも魅力です。

手に持ったときに滑りにくくしっかりとフィットするので、落下を防げるのもポイント。装着した状態でワイヤレス充電ができるほか、下部の穴から有線充電も可能です。持ち運びに便利なカラビナも付属します。

また、豊富なカラーバリエーションがラインナップされているため、好みの色を選択可能。個性的でおしゃれなAirPods Pro用のケースを探している方におすすめの製品です。

シュピゲン(Spigen) ラギッド・アーマー ASD00540

耐衝撃性能に特化したAirPods Pro用のイヤホンケース。着脱しやすく頑丈なソフト素材を採用しています。側面に独自の「カーボンテクスチャー」が施されているのが特徴です。

また、スマートフォンケースにも採用されている、独自の「エアクッションテクノロジー」も搭載。四隅に設けられた空間が落下時の衝撃を吸収し、AirPods Proを落下から保護します。さらに、装着したまま、有線充電・ワイヤレス充電も可能です。

鞄やベルトなどに掛けられるカラビナも付属。ホコリや汚れが付いた場合も、簡単に拭き取れます。AirPods Proをしっかりと保護したい方はチェックしてみてください。

ケースオロジー(Caseology) AirPods Proケース ヴォールト

触り心地にこだわったAirPods Pro用のイヤホンケース。表面に細かいデコボコとしたテクスチャーが付いており、触れたときに高い質感とグリップ感を楽しめます。ホコリも付きにくいので、綺麗な状態で持ち運び可能です。

耐久性に優れたTPU素材を採用。ケースが蓋側と本体側に分離するため、蓋の開閉がスムーズです。装着したままボタン操作もできます。

下部には穴が設けられているため、装着したまま有線充電が可能。カラビナも付属するので、さまざまな場所に取り付けて持ち運べます。デザインと質感にこだわったおすすめのAirPods Pro用イヤホンケースです。

ネイティブユニオン(NATIVE UNION) CURVE CASE FOR AIRPODS PRO APPRO-CRVE-BLK

おしゃれなデザインのAirPods用ケースです。素材に滑らかな質感のシリコンを採用。表面に細かく斜め方向のパターンが入っており、デザインのアクセントになると同時に、しっかりと安定したグリップ感を実現しています。

装着した状態で、有線充電とワイヤレス充電の両方が可能です。複数のカラーバリエーションが展開されているので、好みのカラーを選択できます。AirPods Proをおしゃれに保護したい方におすすめのケースです。