移動中に音楽を聴くとき欠かせないアイテムであるイヤホン。有線タイプであれば、鞄に入れて持ち運びしていると絡まってしまいがちです。また、ワイヤレスタイプは無造作にポケットなどに入れると見つけにくく、ふとした拍子に紛失してしまう恐れもあります。

大切なイヤホンを管理する専用のケースに入れて持ち運べば、コードが絡む煩わしさや、紛失のリスクを軽減可能です。そこで今回は、イヤホンケースの選び方やメリット、おすすめのおしゃれな商品を紹介します。

イヤホンケースのメリット

By: amazon.co.jp

イヤホンケースの主な役割はイヤホンを保護することです。イヤホンケースを使用することで、イヤホンがスムーズに出しやすいだけでなく、コードが絡まらず壊れにくくなるため、イヤホン長持ちさせることが可能。

イヤホンのフィット感・音質にも影響するイヤーピースは汚れやすく紛失しやすい部分ですが、イヤホンケースを使用することでイヤーピースの汚れや紛失を予防できます。加えてケースに強度があるものは、鞄を落としたり強い力が加わったりしてもイヤホンを衝撃から守れる点がメリットです。

また、機能面だけでなくデザイン性が高いものや高級感のあるイヤホンケースは、おしゃれで鞄から出し入れするときも気分を盛り上げてくれます。

イヤホンケースの選び方

収納方法で選ぶ

By: elecom.co.jp

イヤホンケースはイヤホンのコードの巻き取り方によっても異なり、さまざまな収納方法があります。主な収納方法は、コードを丸める方法、フックやクリップに引っ掛ける方法、リールに巻き付ける方法、巻き取り式ホルダーなどです。

コードをその都度丸める方法は手間はかかるものの、スムーズに取り出せるのが特徴。フックやカラビナが付いているものは収納しやすく、またクリップが付いているタイプは、使用のたびにコードをすべてほどく必要がないので巻き直しの時間も短縮できます。

リールが付いているタイプは、簡単に巻き付けたり巻き取ったりができるのでストレスなく収納が可能です。また巻き取り式ホルダーはコードが絡まず、より簡単に素早く収納が可能できます。コードの収納スピードにこだわるのであれば、リールに巻き付ける方法や巻き取り式ホルダータイプのイヤホンケースがおすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

サイズは、イヤホンケースの選び方として重要なポイントです。小さいサイズはコンパクトで持ち運びしやすく、軽量なのが特徴。携帯性に優れているので、小さめの鞄でも問題ありません。小さめのサイズにするときはケースの質感にこだわって選ぶと、鞄の中でも他のものとの違いが分かるのでおすすめです。

対して大きめのサイズは耳掛け型のイヤホンや、Bluetoothタイプ、長いコードのタイプなどの比較的本体サイズが大きなイヤホンに向いています。また大きめのサイズは、イヤホンケースとしての機能だけでなく、小銭入れやSDカード・USBを入れるなどちょっとした小物をまとめておくこともできるのでおすすめです。

耐久性の高さで選ぶ

By: audio-technica.co.jp

イヤホンケースは鞄やポケットに入れて持ち運ぶことを考えると、外部から衝撃がかかることを考えて、耐久性が高いハードタイプやセミハードタイプがおすすめです。さらに外側の素材が硬いだけでなく、内側がクッション性の高い素材であれば衝撃が吸収されるのでイヤホンを守れます。

内ポケットの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

さまざまな種類があるイヤホンケースですが、中には内ポケットが付いたタイプもあります。内ポケットが付いていると、その中にイヤホンを収納すれば移動中にも固定されるので安心です。また、予備のイヤーピースを収納したり、小さくてなくしがちなSDカードの保管をしたりといった用途にも使えます。内ポケットが付いていることにより、イヤホンケース以外での使用用途が広がるのでおすすめです。

イヤホンケースのおすすめモデル

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンキャリングケース AT-HPP300

オーディオテクニカのセミハードタイプイヤホンケース。ファスナー付きでシンプルなデザインが魅力的で、外部からの衝撃にも強いタイプです。収納方法はリールに巻き付けるタイプで、簡単かつスピーディーにコードが収納できます。

有線イヤホンのプラグは、ストレートとL型の両方に対応しているほか、リール部分が深い構造なので、さまざまなタイプのヘッドホンに使用できます。内ポケットは付いていませんが、バックなどに取り付けできるようにカラビナが付いているのもポイントです。

PELICAN ハードケース 1010 N 0.2L 1010-025-110

コンパクトな手のひらサイズで、小さなスーツケースのような見た目のイヤホンケース。デザインもおしゃれですが、魅力は耐久性と防水性です。外装はハードケースなので衝撃に強く、また気密性が高いので、雨の日や万が一水の中に落としてもケースの中まで水が浸透することなく、大切なイヤホンをしっかりと守ります。

コードを丸めて使用するタイプの収納方法なので内ポケットはないですが、とにかく頑丈でコンパクトなイヤホンケースを探している方におすすめです。

ZERO AUDIO イヤホンケース BANECHO ZA-BN

クリップ式のZERO AUDIOのハードケース強力なマグネットクリップでコードを束ねられるため、有線式のイヤホンでも絡まることがなく、コードの長さも自分の好きなように調節できます。ケースは開け閉めが簡単なバネ蝶番式で使い勝手も抜群です。

イヤホンケースとしてだけでなく、使い方によってはスマホスタンドとしても使用できます。持ち運びしやすいサイズ、ポケットなしのタイプで、デザインはスタイリッシュですっきりとしているのが特徴。カラーは11種類と豊富なバリエーションの中から選べます。

Pcase セミハードケース

クリップ付きの鞄の中でも邪魔にならないサイズのPcaseのイヤホンケース。コードを通して使うクリップなので、洋服に挟んでの使用が可能です。

収納はコードを丸める方法で、内側にメッシュ素材のポケットがついているため、イヤホンの収納と合わせて小物をまとめることが可能。またセミハードなので潰れにくく耐久性もあります。

AhaStyle AirPods用シリコンケース

AirPods用のシリコンゴム素材のイヤホンケースで、スタイリッシュなデザインがポイントです。耐衝撃性を有しており、防塵栓付きなので埃が入りにくく、イヤホンを汚れること予防します。

ストラップホールがついているので、コンパクトでも紛失しにくく持ち運びにも便利です。また、すべり止め機能もあるため、手で持っているときにうっかりと落とす心配もありません。機能的でデザインが美しいので、AirPodsを使用している方におすすめのイヤホンケースです。

HANSMARE AirPods ケース ITALY LEATHER AIR PODS CASE HAN9622AP

AirPodsとそのケースをまるごと収納する本革ケースです。ヴィンテージ風なレトロのデザインで、高級感があるのが特徴。ケースを取り外すことなく、充電ケーブルの使用やセットアップボタンの使用が可能です。開閉はマグネットで留めるだけの簡単構造で、上部には多用途フック、背面にはストラップを保管するスナップボタンも付いています。

エレコム イヤホンケース セミハードタイプ AV-ECEC

耐衝撃性に優れたエレコムのイヤホンケースで、外側はセミハード素材、内側はウレタンクッションを使用した頑丈設計です。フックに引っ掛けるタイプの収納方法で、独自設計によりコードが絡みにくいため、断線のリスクを軽減できます。収納するときは、手に巻き付けてそのままフックにかけるだけなので使い勝手もいいのが特徴です。

また、ダブルファスナーを使用しているので出し入れが簡単で、カラビナも付属。内ポケットはありませんが、コンパクトでイヤホン収納の機能に特化しているため、シンプルなイヤホンケースを探している人にはぴったりの商品です。

Smatree チャージングケース Bose SoundSport S50

スポーツ用のBluetoothのワイヤレスヘッドホン収納に対応したイヤホンケース。持ち運びの際に保護する機能と合わせて、充電機能も備わっています。コンパクトながらも1500mAh容量のバッテリーが内蔵されており、およそ7~8回の充電が可能なので、外出時でもヘッドホンの充電切れの心配がありません。表面は、PUレザーが用いられた高級感のあるデザインで、防水機能もあるので万が一水に濡れても安心です。

付属にはUSBコードが付き、また内ポケットとバックル付きで携帯しやすく、サイズもポケットに入る大きさなので気軽に持ち運びできます。ワイヤレスタイプのイヤホンを使用している方におすすめのイヤホンケースです。

UMTELE イヤホンケース イヤホン収納 シリコン ソフトケース

柔軟性があり衝撃吸収にも優れたシリコン素材を用いたイヤホンケースです。リールにコードを巻き付けて収納するタイプで、使用するときはリール部分を押し出して使い、コードを巻き付けたら外側をひっくり返すとコンパクトなサイズになります。

汚れがつきにくく、傷にもなりにくいため安心して使用できるイヤホンケースで、おしゃれなデザインでカラーバリエーションも多数あるため、自分用だけでなくプレゼント用としてもおすすめです。