自宅でも外出先でも、音楽を楽しむ際に便利なアイテムがイヤホンです。イヤホンは、洋服のポケットや鞄などにそのまま入れてしまうと、絡まったりイヤーピースを紛失してしまったりとトラブルになりがち。そのようなときに活躍するのが「イヤホンケース」です。

今回は、おすすめのイヤホンケースをご紹介。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

イヤホンケースを使うメリット

イヤホンケースを使うメリットは、イヤホンを管理しやすくなる点です。鞄に入れていたイヤホンが絡まったり、イヤーピースが外れたりというトラブルなどを軽減できます。

また、鞄からの出し入れもスムーズになるほか、紛失やケーブルの断線といったトラブルを防止しやすいのもポイント。耐久性の高いイヤホンケースの場合、落下や人混みでの圧迫などの衝撃からイヤホンを保護できます。

防水設計のイヤホンケースを選べば、雨の日でも安心してイヤホンを持ち運び可能。好みのカラーやおしゃれなデザインのケースを持ち歩くと、イヤホンを取り出す動作自体が楽しくなります。

イヤホンケースの種類

ソフトタイプ

By: amazon.co.jp

ソフトタイプのイヤホンケースは、小型でスペースを取りにくい点がメリット。深さのあるポーチタイプのモデルが多く、イヤホン以外にも充電用のUSBケーブルやSDカード、USBメモリなど、さまざまな小物をまとめて収納可能です。

一方で、ハード・セミハードタイプのイヤホンケースと比較すると衝撃や汚れへの耐久性がやや劣ります。簡単に収納できて、かさばらずに持ち運べる製品を探している方には、ソフトタイプのイヤホンケースがおすすめです。

ハード・セミハードタイプ

By: amazon.co.jp

耐久性が高く、落下や衝突からイヤホンをしっかり保護できるのが、ハード・セミハードタイプのイヤホンケース。内部にケーブルを巻き付けて固定できるパーツや、ケーブルをまとめるためのクリップが付属しているモデルもあります。

イヤホンをしっかりと保護できる反面、収納するイヤホンの位置や個数が決められているなど、柔軟に使いにくいモデルが多いのは懸念点。内部にポケットを搭載しているモデルの場合は、イヤホン以外の小物も収納できます。耐久性を重視する方におすすめのタイプです。

イヤホンケースの選び方

収納できる本数で選ぶ

By: amazon.co.jp

イヤホンケースを選ぶ際には、収納できる本数も要チェックです。ひとつのイヤホンしか収納できないケースに複数入れると、イヤホンの故障やコードのもつれの原因になりかねません。

収納したいイヤホンが何本かある場合は、複数のイヤホンを収納できる製品がおすすめ。また、仕切りの着脱ができるイヤホンケースも便利です。好みの位置に仕切りを動かして、複数のイヤホンを収納できる製品が多数展開されています。

複数のイヤホンを収められるケースのなかには、オーディオプレーヤーや充電ケーブルなどを収納できるモノもラインナップ。イヤホンを何本収納したいか、イヤホン以外に何を収納したいかで選択してみましょう。

ケーブルが絡まりにくく収納しやすいモノを

By: amazon.co.jp

鞄やポケットからイヤホンを取り出すと、ケーブルが絡まっていることがよくあります。ケーブルが巻き付けられるコードリールを搭載しており、絡まるリスクを軽減できるイヤホンケースを選ぶと、使用するたびにケーブルを解く手間がかかりません。

収納のしやすさも大切なポイント。ケース内部に余裕があり、開け口も大きく開くタイプであればスムーズにイヤホンを出し入れできます。

耐久性・耐衝撃性をチェック

イヤホンケースを選ぶうえで、耐久性・耐衝撃性はチェックしておきたいポイントのひとつ。ハード・セミハードタイプのケースのように、外側が頑丈な素材だと耐衝撃性が高くなります。内側にクッションとなる素材が貼られているかを確認するのもおすすめです。

ソフトタイプのイヤホンケースの場合は、本体そのものに厚みがあると、落下や衝突に強くなります。裏地に伸縮性の高い素材が使われているタイプだと、イヤホンを保護しやすいのがメリットです。

内ポケットがあると便利

イヤホンケースに内ポケットがあると、イヤホン以外の小物も収納できるので便利。SDカード・充電用のUSBケーブル・イヤーピース・カスタムイヤホンのパーツなど、イヤホンと一緒に持ち運びたい周辺機器をまとめて収納できます。

一緒に収納したいモノに合わせて、内ポケットの大きさや位置を確認しておくのがポイント。内ポケットをよく使う場合は、入れたモノが落ちにくいように工夫が施されているタイプもあるので、ぜひチェックしてみてください。

見た目にもこだわるならおしゃれなモデルを

By: amazon.co.jp

イヤホンケースをファッションアイテムとしても使いたい方には、おしゃれなモデルがおすすめです。イヤホンケースには、レザー風やカーボン風のデザインを採用していたり、ファブリック素材を使っていたりするモデルも展開されています。

また、見た目にもこだわりたい場合は、カラーバリエーションが豊富なイヤホンケースも要チェック。複数のカラーを購入することで、気分やファッションに合わせて気軽に使い分けられます。

イヤホンケースのおすすめ|1台用

花禅(HANA.ZEN) イヤホンケース BUBM

ネックレスやブレスレット、小銭などさまざまな小物を収納できるイヤホンケースです。外装に撥水加工が施されたヌバックソフトレザーを使用。また、財布のような薄型のソフトタイプを採用しているのも特徴です。

ステンレス金具を使用したバネ口式を採用しており、優れた気密性を実現しているのも魅力。大きめのイヤホンを収納できるほか、錆びにくいため、長く愛用できます。また、片手で簡単に開閉できるため、スピーディーにイヤホンを出し入れできるのもポイント。頻繁にイヤホンを使用する方にもおすすめです。

Smatree イヤホンケース A20

イヤホンだけでなく、マウス・充電器・コインなど幅広い小物を収納できるイヤホンケースです。小型設計のため、手軽に持ち運べるのが特徴。さらに、リストストラップを付属しているので、バッグやベルトなどに取り付けて簡単に持ち運べます。

比較的安い価格で購入しやすいのもメリット。また、イヤホンと一緒に充電ケーブルも収納できるため、外出先でイヤホンを充電する機会が多い方にもおすすめです。

RLSOCO イヤホンケース

外側に高品質なPUレザーを採用したイヤホンケースです。耐衝撃性に優れており、内部のイヤホンをしっかり保護できるのが特徴。また、汚れや擦り傷に強い点もメリットです。

防水性が高く、清潔に使い続けやすいのも魅力。小型かつ軽量設計で、カラビナが付いているため、手軽に持ち運べます。加えて、メッシュポケットが付いており、イヤホンだけでなく、イヤーピースや充電ケーブルなど周辺機器も一緒に持ち運び可能です。

内部にはやわらかいEVA素材を採用し、内部のイヤホンを保護できるのもポイント。保護性能が高く、持ち運びしやすいイヤホンケースを探している方におすすめです。

Ringke イヤホンケース Bucket Bag

AirPodsやGalaxy Budsなど、完全ワイヤレスイヤホンも収納できるイヤホンケースです。耐久性の優れたナイロン撥水生地を使用しているのが特徴。加えて、衝撃吸収機能も備えているので、安心して持ち運べます。

バッグやキーホルダーなどに掛けられるカラビナを搭載しているのも魅力のひとつ。旅行や出張など持ち運びにも便利です。

イヤホン以外に、クレジットカード・ICカード・USB・リップクリームなど、小物を収納できるのもおすすめポイント。また、スタイリッシュなデザインなので、見た目にこだわりたい方にも適しています。

オーディオテクニカ(audio-technica) ヘッドホンキャリングケース AT-HPP300

イヤホンやヘッドホンなど、幅広いオーディオ機器を手掛ける「オーディオテクニカ」が発売しているイヤホンケースです。外部の衝撃から保護できるセミハードケース仕様。深めに設計されているため、ハウジングが大きめのイヤホンまで幅広く収納できます。

プラグを起点に巻き付けて収納できるリール構造を採用しているのも魅力のひとつ。プラグを巻き付けないようにストッパーを設けているので、断線も軽減できます。

収納部にイヤホンを傷付けにくい、ラバー素材を採用しているのもおすすめポイント。さらに、バッグやベルトループなどに簡単に取り付けられるカラビナを付属しているので、手軽に持ち運べる点もメリットです。

musashino LABEL イヤホンケース セミハードTYPE CP-EPLC1

イヤホンを保護しやすい、EVA製のセミハードタイプのイヤホンケースです。シリコン製のイヤホン巻き取り部を備えているのも特徴。イヤホン巻き取り部は、ケース内で自由な位置に移動できます。

付属の乾燥剤をケース内に入れることで、ケース内の湿気を抑えやすいのも魅力のひとつ。加えて、イヤホン収納部の反対側には大小3つのネットポケットを備えており、予備のリケーブルや変換ケーブル、イヤーピースなど周辺機器を収納できます。

カラーバリエーションが豊富な点もメリット。イヤホン関連の小物を一緒に持ち運びたい方におすすめのモデルです。

OKCSC イヤホンケース

防塵性・防水性・耐衝撃性を兼ね備えたハードタイプのイヤホンケースです。ケースにイヤホンを収納することで、コードの絡まりを予防できるのが特徴。イヤホンはもちろん、ケーブル類やSDカードなどの小物も収納できます。

ロックでしっかり密閉できるため、不意に開いてしまうのを軽減できるのも魅力。また、ストラップを取り付けることで、ベルトやバッグなどに取り付けられます。コンパクトサイズのため、持ち運びや保管しやすいのも便利です。

高耐久ながら、比較的リーズナブルに購入できるのもポイント。コスパを重視しているにもおすすめのイヤホンケースです。

UGREEN イヤホンケース 40816JP

旅行や出張時などに持ち運びしやすいミニボックスタイプのイヤホンケースです。イヤホンはもちろん、USBメモリや充電ケーブルなどの小物を収納できるのも特徴。配線もきれいにまとめられるため、整理にも役立ちます。

変形しても元に戻りやすいシリコンを素材に採用しているのも魅力。内部には、高級なメッシュ材とゴムバンドを採用しているので、耐衝撃性にも優れています。加えて、外部に撥水加工が施されているナイロン素材を使用しているため、安心して屋外へ持ち運び可能です。

ダブルジッパーが付いており、開閉しやすいのも嬉しいポイント。しっかりイヤホンを保護できるうえ、携帯性の優れたイヤホンケースを探している方におすすめです。

SUNGUY イヤホンケース D011-5pack

カラーバリエーションが豊富なイヤホンケースです。高耐久なハードタイプで、水や汚れ、衝撃からイヤホンを保護できるのが特徴。内側はメッシュ材を採用しているので、イヤホンを摩耗から保護できます。

ユニークなカラビナを搭載しており、バッグやベルトなどに取り付けて旅行などへ持ち運べるのも魅力のひとつ。高品質で変形しにくい点もメリットです。

イヤホンはもちろん、充電器・USBメモリ・SDカードなど幅広い小物を収納できるのもポイント。保護性能・汎用性の高いイヤホンケースを探している方におすすめです。

ゼロオーディオ(ZERO AUDIO) イヤホンケース BANECHO ZA-BN

豊富なカラーバリエーションをラインナップしている、おしゃれなイヤホンケースです。簡単に開閉できるバネ蝶番式を採用しているのが特徴。また、ハードケースタイプなので、イヤホンをしっかり保護できます。

ヘッドホンクリップを取り付けてストッパーにすることで、スマホスタンドとして使用できるのも魅力のひとつ。外出先でスマホで動画視聴なども快適に楽しめます。

シリコン製のマグネットクリップを付属しており、イヤホンのコードを簡単にまとめやすいのもメリット。おしゃれで機能性の優れたイヤホンケースを探している方におすすめです。

イヤホンケースのおすすめ|複数収納

LENTION 収納ポーチ

3層式の大容量が魅力のアイテムです。イヤホンはもちろん、タブレット・モバイルバッテリー・マウス・USBメモリなど、幅広いガジェットをまとめて収納できます。

軽量かつコンパクトなデザインのため、スーツケースやリュックに収納して手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。加えて、表面には撥水加工が施されているので、水や雨からもケース内を保護できます。

滑り止めの固定バンドとメッシュポートを付属しているため、イヤホンやケーブルを固定してしっかり管理できるのもポイント。汎用性の高い大容量モデルを探している方におすすめです。

バンナイズ(VanNuys) 簡単に仕切の位置が変えられるイヤフォンケース Ver.2.0

最大6個のイヤホンをまとめて管理できる大容量のイヤホンケースです。仕切りの位置を変えられるのが特徴。また、フタの裏側と底の部分にイヤホンを保護できるクッション材を使用しているのもポイントです。

持ち運ぶ際にバッグの揺れなど、ハウジングやケーブルがケース内部で干渉するのを軽減できるのもメリット。仕切りの位置を替えて快適にイヤホンを管理できるイヤホンケースを探している方におすすめです。

musashino LABEL Carrying Bag 6 room version

最大6つのイヤホンを収納できる大容量のアイテムです。シリコン製イヤホン巻き取りを搭載しており、絡まりにくく快適にイヤホンを管理できるのが特徴。また、脱着可能な仕切りを備えているので、ハウジングが大きめのイヤホンも収納できます。

大小6つのネットタイプポケットを備えているのも魅力のひとつ。ポケットには予備のイヤホンケーブルや変換ケーブル、イヤーピースなど周辺機器を収納できます。

複数のイヤホンを管理したり、持ち運びしたりしたい方におすすめ。EVA製のセミハードタイプなので、しっかりイヤホンを保護できます。複数のイヤホンをまとめて管理したい方は、ぜひチェックしてみてください。

MITER CASE キャリングケース DAP earphone case

複数のイヤホンとオーディオプレーヤーをまとめて管理できるアイテムです。1つのオーディオプレーヤーと、4つのイヤホンを同時に収納できるのが特徴。最大6つのイヤホンまたは、最大3つのオーディオプレーヤーを管理できます。

衝撃や指紋、引っかき傷などから保護しやすいのもメリット。マグネットカバーで閉じて分離するコンパートメントで、イヤホンや音楽プレーヤーを簡単に持ち運べます。

動画や音楽の再生メニューを視聴できるプレミアム磁気スライドスタンドを内蔵しているのもおすすめポイント。複数のイヤホンやオーディオプレーヤーを持ち運んだり、自宅で保管したりしたい方はチェックしてみてください。

ProCase トラベルポーチ

大容量ながら、比較的リーズナブルな価格で購入できるアイテムです。分割ストレージ設計により、管理しやすく収納したモノの位置を正確に把握しやすいのが特徴。イヤホンはもちろん、ケーブルやヘルスケアキットなどの持ち運びにも適しています。

小物を安全に保管できるジッパー付きの1大メッシュポケットと、2つの小さなポケットを搭載しているのも魅力。また、優れた耐久性と撥水ナイロンの採用により、傷やホコリ、落下による衝撃からイヤホンを保護できるのもポイントです。

バンドが付いており、好きな場所に掛けて手軽に持ち運べる点もメリット。コンパクトにまとまるので、旅行や出張先へ持ち運びたい方にもおすすめです。

イヤホンケースのおすすめ|AirPods / AirPods Pro専用

イーエスアール(ESR) AirPods3 BOUNCEキャリングケース Airpods 3 2021

衝撃を吸収しやすいシリコンと、硬いインナーコアを採用したAirPods 第3世代専用のイヤホンケースです。落下の衝撃を軽減できるため、安心して持ち運べるのが特徴。ヒンジがない分離型デザインのため、イヤホンを簡単に取り出せます。

キーチェーンリングと付属のカラビナにより、手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。必要なときにサッと取り出して使えるので、頻繁にAirPodsを使用する方にもおすすめです。

シュピゲン(Spigen) Apple AirPods Proケース ASD00542

水深約1mほどの深さまで対応できる防水機能を搭載した、AirPods Pro向けのイヤホンケース。水周りで使いたい方におすすめです。

シリコン素材により軽量化を実現し、手軽に持ち運びやすいのも魅力。加えて、バッグやキーホルダーなどに取り付けられるカラビナを付属しているので、持ち運びに便利なのもメリットです。

ケースを装着したままワイヤレス充電に対応しているのもポイント。また、ホコリや汚れが付いてしまっても布でサッと拭くだけで取れるため、簡単にお手入れできます。

ハミィ(Hamee) iFace First Class AirPods 第3世代 専用ケース

可愛らしいデザインが魅力のAirPods第3世代向けイヤホンケースです。優れたフィット感と安心感を備えているのが特徴。また、TPUとポリカーボネートを採用し、優れた耐衝撃性を実現しているのも魅力です。

カバンやベルトなどに取り付けられるカラビナを付属しているのもメリット。携帯性に優れているイヤホンケースを探している方におすすめです。

エレコム(ELECOM) AirPods Pro用TOUGH ALIM Lockケース AVA-AP2TSL

独自のエアークッションで、しっかり保護できるAirPods Pro向けイヤホンケース。軽量かつ衝撃に強いのがメリットです。

落下時に飛び出しにくいロック機能を搭載しているのも特徴。さらに、ケースを装着したままでもインジケータランプを確認できるのも魅力です。

ケースを装着したままワイヤレス充電やLightningケーブルでの充電ができるのもポイント。カバンや腰に装着できるカラビナを搭載しているので、快適に持ち運べます。携帯性・保護性能の優れたモデルを探している方におすすめです。

Valkit for AirPods Proケースカバー

ソフトなTPU素材を採用したAirPods Pro向けイヤホンケースです。しっかりAirPodsを保護できるため、落下による衝撃から保護できるのが特徴。また、キーチェーンを付属しているので、バッグやベルトなどに装着して手軽に持ち運べます。

正確なカットアウトを施しており、ケースを取り外さずにワイヤレス充電できる点もメリット。ケースを取り外さずにフロントLEDも把握できます。携帯性に優れたイヤホンケースを探している方におすすめです。

イヤホンケースの売れ筋ランキングをチェック

イヤホンケースのランキングをチェックしたい方はこちら。