アウターの下に1枚着込むことで、保温性がアップする「インナーダウン」。最近は薄くて軽いモデルが豊富にラインナップされており、着膨れしないことを意識することがコーディネートのコツです。

そこで今回はインナーダウンのおすすめモデルをピックアップ。袖なしのベストタイプと袖ありのジャケットタイプに分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インナーダウンとは?

By: rakuten.co.jp

インナーダウンとは、アウターの下に着用することを前提として作られたダウンウェアのことです。アウターとして着用するダウンジャケットに比べて軽く、薄いアイテムが多いのが特徴。春や秋にはアウターとして着用しても十分暖かく、ロングシーズン着回しができるのもポイントです。

保温性を高めるのはもちろん、最近ではおしゃれに着こなせるアイテムも数多くリリースされているので、デザインの異なるアイテムを複数持っていると、コーディネートの幅が広がるので便利です。

インナーダウンの選び方

形状で選ぶ

By: rakuten.co.jp

インナーダウンの種類は大きく分けて2種類。気軽に温度調節が可能なベストタイプと、保温性に優れたジャケットタイプがあります。実際に着用するシーンを想定して、自分の使いやすい形状のアイテムをセレクトしましょう。

動きやすさを重視するなら袖なしベストタイプ

By: rakuten.co.jp

ベストタイプのインナーダウンは、アウターの下に着込んでも腕周りに窮屈感がなく、動きやすいのがメリット。比較的アウターにも合わせやすく、汎用性が高いのがポイントです。少し肌寒さを感じる季節では手軽に温度調節ができるので、1枚あるだけでも重宝します。

保温性を求めるなら袖ありジャケットタイプ

By: amazon.co.jp

袖ありインナーダウンは、冬場の防寒におすすめのアイテム。春秋ではライトなアウターでも気軽に羽織ることができるので便利です。普段使いはもちろん、ビジネスシーンでの防寒対策にも重宝するので、ぜひチェックしておきましょう。

襟の有無

By: amazon.co.jp

着こなし、防寒の両面で確認しておきたいのが、襟の有無。襟付きタイプは首周りの冷気をシャットアウトでき、防寒性を高められるのがメリットです。ただし、形によってはアウターとの相性が悪いモノもあるため、着こなしのバランスを考えるのが重要です。

一方、襟なしタイプは、防寒面では襟付きタイプに劣るものの、コーデにおける汎用性が広いのがポイント。シャツやパーカーなど、インナーのデザインもいかしつつコーディネートできます。Vネック、ラウンドネックなどインナーダウンの襟なしタイプでもいくつ種類があるため、全体のコーデを意識したアイテム選びをしましょう。

かさ高を数値化したフィルパワーをチェック

By: rakuten.co.jp

ダウンの品質を見極める上で重要なのが、「フィルパワー」。この数値が高いほど、軽く、暖かいダウンウェアと言えます。良質なダウンの目安となるのが、フィルパワー600以上であること。特にフィルパワー800を超えるモノは品質が高く、薄いダウンウェアでも保温性が充実しています。

カラー選びはアウターとの色合わせを意識

By: zozo.jp

インナーダウンのカラーを決める際には、手持ちアウターとの相性を考慮しましょう。1着目ならば、どんなアウターにも合わせやすいブラックやネイビーなどの定番カラーを選ぶのがおすすめです。また、カーキやレッド系カラーも多くのブランドが取り扱っている人気カラー。コーデのアクセントとして使いたい方は、カラーも意識しましょう。

アウターから袖や丈がはみ出ないサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

あえて個性的な着こなしをする場合を除き、インナーダウンは袖や裾がアウターから見えないほうがスマートです。ロングコートであればあまり気にする必要はありませんが、ショート丈のアウターを合わせたい場合などは丈感に注意しましょう。

インナーダウンのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

By: rakuten.co.jp

国内アウトドアブランドの定番と言える「モンベル」。製品のデザインは総じてシンプルで、幅広い年代の方が使いやすいアイテムが揃っています。ダウンウェアにも定評があり、ラインナップも豊富。アウトドアからタウンユースまで、用途に合ったモノが見つかりやすいブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

「ザ・ノース・フェイス」は、1966年にアメリカで誕生したアウトドアブランド。機能性とデザイン性を兼ね備えたウェアやバックパックは、今やアウトドアシーンのみならず、タウンユースアイテムとしても人気です。アイテムごとのカラーラインナップが豊富なのも、同ブランドの魅力。インナーダウンは、実用性に優れた製品を取り揃えています。

ダントン(DANTON)

By: rakuten.co.jp

「ダントン」は、1935年に設立されたワークウェアブランドです。おしゃれに着こなせる都会的なデザインが融合した魅力的なアイテムが揃います。ユニセックスのアイテムを多く取り扱っているのも特徴で、カジュアルな着こなしを好む女性にもおすすめのブランドです。

ナンガ(NANGA)

By: amazon.co.jp

「ナンガ」は、シュラフをメインとした羽毛製品を扱う日本のブランド。1941年に「横田縫製」を創業したのち、独立ブランドとして立ち上げ、1995年に現在の「ナンガ」となりました。高品質な羽毛を使ったダウンウェアにも定評があり、多くの登山家が愛用しています。永久保証サービスなどもあり、アフターケアが充実しているのもポイントです。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed)

By: rakuten.co.jp

「ロッキーマウンテンフェザーベッド」は、1960年代に防寒ウェアブランドとして創業。1980年代後半にブランドが消滅するも、2005年に日本のインポーターブランド「35SUMMERS(サーティファイブサマーズ)」によって復活。高品質ダウンを採用したウェアは機能性、デザイン性ともに高い評価を得ています。

デサント(descente)

By: rakuten.co.jp

さまざまなスポーツ分野のトレーニングウェアを扱っている「デサント」。大リーグで活躍する大谷翔平選手とアドバイザリー契約を結んでいることでも知られてり、近年注目度がアップしています。同ブランドの製品は飾り立てられたデザインではなく、優れた機能美を意識しているのが特徴です。

タイオン(TAION)

By: rakuten.co.jp

「タイオン」は、インナーダウンウェアを専門に取り扱う日本発のブランド。名称の由来は、漢字の「体温」。製品は撥水加工を施したフィルパワー650以上の良質ダウンを採用しているのが特徴です。また、良心的な価格設定も魅力。コスパ優先でインナーダウンを選びたい方は要チェックです。

インナーダウンのおすすめメンズモデル|袖なしベストタイプ

ダントン(DANTON) Vネック インナーダウンベスト MEN

男らしさとスマートさが融合した、メンズにおすすめのインナーダウンベストです。襟元は、スタイリッシュに着こなせるVネック。アウターの下に着用する時でも、首周りに抜け感が出て、窮屈さを感じさせません。

街着として着こなしやすいよう、表面はフルダル糸を採用。着丈が短めのコンパクトなサイズ感でアウターに干渉せず、羽織る際にもスッキリと着こなせます。コーデの幅を広げてくれるおすすめアイテムです。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) WOOL DOWN GILLET

同ブランドの人気ライン「SIX MONTH」の1着。シリーズ名の通り、6ヶ月間着倒してもへこたれない汎用性です。縦キルトのスタイリッシュなデザインで、スーツスタイルとの相性も良好です。

中綿に用いられている素材は、860フィルパワーのポーランド産の高級ダウンを使用。表地に採用したウールサージの落ち着いた表情も魅力的です。大人の男性にふさわしい上品さが魅力のアイテムなので、満足感の高いインナーダウンを求めている方におすすめです。

タイオン(TAION) V ネックボタン インナーダウンジレ

カジュアルな仕様のインナーダウンとは一線を画す、エレガントさが魅力のアイテムです。本製品は、前面にのみダウンを入れ、背面をスッキリ仕上げているのが特徴。ややタイトなシルエットのスーツジャケットに合わせてもゴワつくことなく、スタイリッシュなコーデにまとまります。

背面にはウエスト調節用のパーツを配置。他にもポケットチーフを入れるのに適した胸ポケットを備えているのもポイントです。スーツやジャケパンスタイルに着込むインナーダウンを探している方はぜひチェックしておきましょう。

インナーダウンのおすすめメンズモデル|袖ありジャケットタイプ

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックジャケット Men’s

800フィルパワーの高品質ダウンで、高い保温性と軽量性を兼ね備えたおすすめアイテムです。生地には15デニールの「フルダル・ナイロン・リップストップ」を採用。耐久性にも優れているほか、撥水加工を施しているのも特徴です。

また、シンプルなデザインで、アウトドアシーンはもちろん、タウンユースのアイテムとしても最適。生地の光沢が抑えられているため、きれいめアウターの下に着込んでも違和感なくフィットします。ラウンドネックタイプで、襟付きシャツに合わせやすいのもポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ウインドストッパーゼファーシェルカーディガン

スマートな着こなしと暖かさを両立させた1着。表地に採用されている「WINDSTOPPERインサレーテッドシェル」は保温性に優れているほか、汗を外に排出してくれる優秀な素材です。

また、中綿に使われているのは「クリーンダウン光電子」。遠赤外線効果により、体をジワジワと暖めてくれます。インナーダウンとしてはもちろん、肌寒い季節にはアウターとしても着回せる便利なアイテムです。

ナンガ(NANGA) DOWN T-SHIRT

袖ありで肩周りは暖かく、かつ半袖丈にすることでレイヤード時の動きやすさを確保した実用的な1着。羽毛製品メーカーならではの高品質ヨーロピアンダックダウンを採用し、薄くて軽く、そして暖かいという三拍子そろったインナーダウンに仕上がっています。

インナーとしての役割はもちろん、アウターとしてシャツやセーターとのレイヤードスタイルを楽しめるのも魅力的。コーデ次第で、ロングシーズン活躍できるおすすめアイテムです。

デサント(descente) H.C.S LONG SLEEVE DOWN SHIRT

同ブランドが展開する「オルテライン」コレクションのインナーダウンジャケット。特筆すべきは保温性の高さ。薄さからは想像できない暖かさは、「ヒートナビ」と呼ばれる蓄熱保温素材に寄与しています。

裏地に採用することで、ダウンジャケットの内部に溜まった暖かい空気を逃さない構造に仕上がっているのもポイントです。

インナーダウンのおすすめレディースモデル|袖なしベストタイプ

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックベスト Women’s

どんなコーディネートにも合わせやすい、丸首タイプのインナーダウンベストです。シンプルながら、キルティングの生地感がおしゃれなのが特徴。光沢具合がほどよいのも、コーデに取り入れやすいポイントです。

また、「シングルキルト構造」を採用しているのも本製品のポイント。表地と裏地をつぶし縫いすることで、ダウンの片寄りを防止しています。実用性に富んだおすすめのアイテムです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ボードウォークベスト

ロゴなどが一切あしらわれていない無地デザインのインナーダウンベスト。スポーティさを抑えたマットな質感で、普段のコーディネートに違和感なく馴染みます。

ポケッタブル仕様のアイテムで、コンパクトに収納できるのもポイント。バッグに忍ばせておけば、手軽に体温調節することが可能です。幅広い世代に対応できるおすすめのインナーダウンです。

タイオン(TAION) Vネックデニムボタン ダウンベスト

カジュアルな着こなしに合わせたい、デニム地のインナーダウンベストです。表地にはポリエステルとコットンの混合生地である「TCデニム」生地を採用。コットンの心地よい肌触りと、シワになりにくいポリエステルの特徴を持ち合わせた素材です。

フロントに金属製のボタンを配置することで、アウターの下から見えた時のアクセントになるのもポイント。良質なダウンを採用し、デザイン性にもこだわった1着です。

インナーダウンのおすすめレディースモデル|袖ありジャケットタイプ

ダントン(DANTON) インナーダウンジャケット WOMEN

カジュアルな装いと相性のよいインナーダウンジャケットです。ボリュームや丈感に配慮したデザインに仕上がっているのが特徴。裾にはゴムスピンドが付いていて、着こなしに応じてサイズ調整ができるのも便利です。

また、首周りがゆったりとしているため、パーカーやタートルネックなど首元にボリュームのあるインナーを合わせやすいのもポイント。アウターとしてもおしゃれに羽織れるアイテムです。

ダントン(DANTON) インナーダウンジャケット ロング

ロング丈のレディースインナーダウンジャケット。前身頃が短く、後ろ身頃が長いデザインでお尻がすっぽりと隠れます。また、前後差があるフォルムはサイドから見てもキレイです。

フロントボタンにはプラスチック製の「Sun Grip」を採用。シンプルで主張しすぎないため、インナーダウンとして着用した時にアウターと調和しやすいのが特徴です。キレイなシルエットで着こなせるため、春や秋にも重宝するアイテムです。

ナンガ(NANGA) DOWN CARDIGAN

ヨーロピアンダックダウンを贅沢に使ったおすすめの1着。表地、裏地、中綿のすべてに撥水加工が施されているため、アウトドアシーンで活躍してくれるアイテムです。

襟なしデザインでインナーを選ばず、コーディネートに取り入れやすいのも特徴。本製品は男女兼用モデルで、サイズ展開もXSからXLまでと幅広いのもポイントです。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain Featherbed) WOMEN’S 6MONTH CARDIGAN

存在感のあるキルティング生地で、コーデのアクセントとしても重宝するインナーダウンジャケット。本製品は高級なダウンを採用しており、暖かさはもちろん、柔らかさと軽さを兼ね備えているのも魅力です。

「SIX MONTH」シリーズのアイテムで、インナーとしてもアウターとしてもロングシーズン着回しが可能。また、コンパクトに収納できるパッカブル仕様のほか、専用のポーチが付属しており、持ち運びにも便利です。

インナーダウンのおすすめメンズコーデ

きれいめの着こなしには襟なしタイプをチョイス

By: wear.jp

定番アウターのステンカラーコートの中にインナーダウンを着込めば、スマートさをキープしつつ、より暖かいコーデが完成。襟なしタイプのインナーダウンなので、シャツの襟元もキレイに見えます。きれいめスタイルやビジネススタイルに合わせるなら、ブラック、ネイビーなど落ち着いた色がおすすめです。

カジュアルダウンのワンクッションに

By: wear.jp

かっちりしたジャケットを、スポーティなジョガーパンツでカジュアルダウンさせたおしゃれコーディネートです。きれいめスタイルにジョガーパンツを合わせると違和感が出てしまうこともありますが、ほどよいカジュアルさを持つインナーダウンをチョイスすることで、トータルバランスを考慮しています。

タートルネック×インナーダウンで大人度アップ

By: wear.jp

インナーダウンを用いたコーデが難しいと感じている方におすすめなのが、タートルネックとの組み合わせ。バランスが取りやすく、かつ大人顔のコーデに仕上がります。チェスターコートを重ねれば、より落ち着いた印象にまとまるのもポイント。ぜひ参考にしてみてください。

ダウンパーカーでほどよいカジュアルさを演出

By: wear.jp

普段カジュアルな着こなしが多い方ならば、フード付きのインナーダウンを取り入れるのもおすすめ。定番のチェスターコートにカモフラ柄のインナーダウン、ベレー帽、ミリタリーブーツとインパクト強めのアイテムをチョイスしています。色味をおさえているのがポイント。大人らしく仕上げたコーデです。

インナーダウンのおすすめレディースコーデ

ライトアウターもインナーダウンで暖かく

By: wear.jp

冬コーデにありがちな重々しさはなく、全体的なバランスに配慮したコーディネート。カーキやベージュなどのカラーを選べば、より軽快さがアップします。春秋でコーデを分ける際はチョイスするカラーを意識してください。

丈を合わせてまとまりのある着こなしに

By: wear.jp

ロングアウターに頼ることが多くなる冬場。インナーダウンもロング丈のモノを選べば、まるでライナー付きアウターのようにバランスよくまとまります。また、室内でアウターを脱いだ時にも、お尻がすっぽり隠れる丈感を選んでいるのもポイントです。

ショートブルゾンとのバランスが新鮮

By: wear.jp

インナーダウンはアウターから裾が見えないよう着こなすことが多いですが、あえてショートアウターから裾を見せるのもアリ。ボトムスとインナーダウンのカラーを同系色にまとめているのもポイントです。小柄な方でも取り入れやすい着こなしなので、ぜひ参考にしてください。

差し色インナーダウンで一歩先行くコーデに

By: wear.jp

シックな色合いに襟付きタイプを合わせたコーデ。優しいピンクのインナーダウンで差し色を入れて、おしゃれにまとめています。ワンランク上のコーデを目指す方は使いやすい定番カラーとは別に艶やかなカラーのインナーダウンも持っておきましょう。