アウターの下に1枚着込むことで、保温性がアップする「インナーダウン」。最近は薄くて軽いモデルが豊富にラインナップされており、着膨れしないことを意識することがコーディネートのコツです。

そこで今回はインナーダウンのおすすめモデルをピックアップ。袖なしのベストタイプと袖ありのジャケットタイプに分けてご紹介するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

インナーダウンとは?

By: rakuten.co.jp

インナーダウンとは、アウターの下に着用することを前提として作られたダウンウェアのことです。アウターとして着用するダウンジャケットに比べて軽く、薄いアイテムが多いのが特徴。春や秋にはアウターとして着用しても十分暖かく、ロングシーズン着回しができるのもポイントです。

保温性を高めるのはもちろん、最近ではおしゃれに着こなせるアイテムも数多くリリースされているので、デザインの異なるアイテムを複数持っていると、コーディネートの幅が広がるので便利です。

インナーダウンの選び方

形状で選ぶ

インナーダウンの種類は大きく分けて2種類。気軽に温度調節が可能なベストタイプと、保温性に優れたジャケットタイプがあります。実際に着用するシーンを想定して、自分の使いやすい形状のアイテムをセレクトしましょう。

動きやすさを重視するなら「袖なしベストタイプ」

By: amazon.co.jp

ベストタイプのインナーダウンは、アウターの下に着込んでも腕周りに窮屈感がなく、動きやすいのがメリット。比較的アウターにも合わせやすく、汎用性が高いのがポイントです。少し肌寒さを感じる季節では手軽に温度調節ができるので、1枚あるだけでも重宝します。

保温性を求めるなら「袖ありジャケットタイプ」

By: amazon.co.jp

袖ありインナーダウンは、冬場の防寒におすすめのアイテム。春秋ではライトなアウターとしても気軽に羽織ることができるので便利です。普段使いはもちろん、ビジネスシーンでの防寒対策にも重宝するので、ぜひチェックしておきましょう。

軽さと暖かさを左右する「フィルパワー」をチェック

By: rakuten.co.jp

ダウンの品質を見極めるうえで重要なのが、「フィルパワー」。高い数値のモノほど、軽く暖かいダウンウェアと言えます。良質なダウンの目安となるのが、フィルパワー600以上であること。特にフィルパワー800を超えるモノは品質が高く、薄いダウンウェアでも保温性が充実しています。

襟の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

着こなし、防寒の両面で確認しておきたいのが、襟の有無。襟付きタイプは首周りの冷気をシャットアウトでき、防寒性を高められるのがメリットです。ただし、形によってはアウターとの相性が悪いモノもあるため、着こなしのバランスを考えるのが重要です。

一方、襟なしタイプは、防寒面では襟付きタイプに劣るものの、コーデにおける汎用性が広いのがポイント。シャツやパーカーなど、インナーのデザインも活かしつつコーディネートできます。Vネック、ラウンドネックなどインナーダウンの襟なしタイプでもいくつか種類があるため、全体のコーデを意識したアイテム選びをしましょう。

アウターから袖や丈がはみ出ないサイズを選ぶ

By: rakuten.co.jp

あえて個性的な着こなしをする場合を除き、インナーダウンは袖や裾がアウターから見えないほうがスマートです。ロングコートであればあまり気にする必要はありませんが、ショート丈のアウターを合わせたい場合などは丈感に注意しましょう。

インナーダウンのおすすめブランド

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

国内アウトドアブランドの定番と言える「モンベル」。製品のデザインは総じてシンプルで、幅広い年代の方が使いやすいアイテムが揃っています。ダウンウェアにも定評があり、ラインナップも豊富。アウトドアからタウンユースまで、用途に合ったモノが見つかりやすいブランドです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)

By: amazon.co.jp

「ザ・ノース・フェイス」は、1966年にアメリカで誕生したアウトドアブランド。機能性とデザイン性を兼ね備えたウェアやバックパックは、今やアウトドアシーンのみならず、タウンユースアイテムとしても人気です。アイテムごとのカラーラインナップが豊富なのも、同ブランドの魅力。インナーダウンは、実用性に優れた製品を取り揃えています。

ダントン(DANTON)

By: rakuten.co.jp

「ダントン」は、1935年に設立されたワークウェアブランドです。おしゃれに着こなせる都会的なデザインが融合した魅力的なアイテムが揃います。ユニセックスのアイテムを多く取り扱っているのも特徴で、カジュアルな着こなしを好む女性にもおすすめのブランドです。

インナーダウンのおすすめメンズモデル|ベストタイプ

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックベスト

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックベスト

フィルパワー800と高品質なEXダウンを使用したベストタイプのインナーダウン。モンベルのなかでも高品質の「EXダウン」を使用しており、軽量でありながら非常に高い保温性を発揮します。

ベストタイプですが、フィルパワー800という高品質のダウンを使用しているため、十分な温かさを確保することが可能。また、非常に薄くすっきりとしたシルエットなので、インナーとして着用してもかさばらないことも魅力のひとつです。

コンパクトに収納できるスタッフバッグが付属しているため、旅先やアウトドアシーンで気軽に持ち運べます。カラーはブラックとカーキの2色展開です。

モンベル(mont-bell) スペリオダウンVネックベスト

モンベル(mont-bell) スペリオダウンVネックベスト

フィルパワー800の品質の高さと、よりすっきりとした印象を与える首元のVネックが特徴のインナーダウン。ダウンのなかでも高品質なフィルパワー800のダウンを使用しており、アウトドアブランドのモンベルならではの保温性の高さが最大の魅力です。

首元はクルーネックよりさらにすっきりした印象のVネックを採用。スーツやジャケットのインナーとして着用してもダウンがしっかり隠れてくれるので、通勤や通学の際に適しています。くわえて、デザインは胸元のロゴのみとシンプルに仕上がっているため、コーディネートを邪魔しないのも魅力です。

ダントン(DANTON) クルーネック インナーダウンベスト

ダントン(DANTON) クルーネック インナーダウンベスト

カジュアルシーンのインナーダウンのなかでも非常に人気が高く、愛用者も多いダントンのインナーダウンベスト。首元はクルーネックタイプなのでクセがなく、アウターとして着用してもおしゃれに着こなすことが可能です。ヨーロッパでの使用実績が高い、ナイロンの高密度織物を使用しており、軽量でありながら保温性も優れています。

また、カラー展開が豊富なのもポイント。着回しやすいブラックをはじめ、オレンジやベージュなど、コーディネートに変化を取り入れられるカラーを取り揃えています。光沢感を程よく抑えたすっきりとしたシルエットのダウンなので、手軽に着まわせるのも魅力です。

ダントン(DANTON) Vネック インナーダウンベスト

ダントン(DANTON) Vネック インナーダウンベスト

ジャケットのインナーとして使いやすいVネックタイプのダウンベスト。保温性はもちろん、カジュアルなデザイン性を備えているので、インナーとしてだけでなくアウターとしての着用もおすすめです。

Vネックタイプの首元はジャケット着用時にしっかり隠れてくれることが嬉しいポイント。デザインは胸元のロゴのみとシンプルなのでやカジュアルシーンだけでなく、軽めのビジネスシーンでも着用できます。

カラー展開の豊富さも魅力。また、裾にあるドローコードでサイズ感の調節も可能です。

ナンガ(NANGA) インナーダウン

ナンガ(NANGA) インナーダウン

高品質なダウン製品を取り扱っているアウトドアブランド「ナンガ」のインナーダウンベスト。フィルパワー760のヨーロピアンダックダウンを使用した保温性の高さと、カジュアルなデザイン性が魅力です。

非常に優れた保温性を発揮するフィルパワー760のダウンは、アウトドアシーンでも活躍してくれる優れもの。また、超撥水加工を施した羽毛を使用しているため、撥水性に優れていることも大きな特徴です。そのほか、胸ポケットと腰ポケットが用意されているので、収納力が高いのもポイント。カジュアルな見た目以上に機能性の高いおすすめのダウンベストです。

タイオン(TAION) クルーネックボタンインナーダウンベスト

タイオン(TAION) クルーネックボタンインナーダウンベスト

日本のインナーダウンウェアブランド「タイオン」のインナーダウンベスト。タイオンは、価格の安さとクオリティの高さを兼ね備えており、高い人気を獲得し始めているブランドです。本製品も、650フィルパワー以上のダウンを使用していながら低価格という、コストパフォーマンスの高さが支持されています。

デザインは非常にシンプルで、ロゴなど一切無駄を省いたデザインに仕上がっているのも魅力のひとつ。カラーバリエーションが豊富なので、好みのスタイルや使用するシーンに合わせてカラーを選択できます。そのほか、超撥水高密度ナイロンを使用しているため、撥水性の高さはもちろん汚れが付きにくく、アウトドアシーンにもおすすめです。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain FeatherBed) シックスマンスベスト インナーダウン

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain FeatherBed) シックスマンスベスト インナーダウン

1960年代後半にアメリカで創業されたカウボーイ向けの防寒ウェアブランド「ロッキーマウンテンフェザーベッド」のインナーダウン。860フィルパワーと非常に高品質なダウンを使用していることと、おしゃれなデザインが特徴です。

860フィルパワーのダウンによる保温性の高さだけでなく、表地と裏地の両方に30デニールの高密度ナイロンを使用した頑丈さも魅力のひとつ。価格は高いですが、機能性に優れたおすすめの1着です。

また、縦方向に縫われたキルティングも特徴的で、アウターとしても着用できるデザイン性の高さが人気を集めています。

タトラス(TATRAS) インナーダウンジレ

タトラス(TATRAS) インナーダウンジレ

世界的な知名度を誇るイタリア・ミラノを拠点とするファッションブランド「タトラス」のインナーダウン。縫製の切り返しやジップタイプのポケットなど、イタリアブランドらしく細かいデザインにまでこだわりが見えます。薄手で軽量なので、ゴツめのアウターを着込むことも可能。品を感じさせるツヤ消し仕様の表地が印象的なアイテムです。

前面後面はキルティングデザインですが、サイドは縦にステッチを入れているため、膨らみを抑えたシャープなシルエットを保てます。また、脇周りに余裕を持たせているので、動きを制限されないのも魅力です。

ヘルノ(HERNO) ナイロン フルボタン ダウンジレ

ヘルノ(HERNO) ナイロン フルボタン ダウンジレ

1949年に創業したイタリアのファッションブランド「ヘルノ」を代表するアイテムとして人気のインナーダウン。ショルダー部分を細身にしていることが特徴で、シャープな印象に仕上がっています。

ベストではなくダウンジレとしてデザインされており、背中のボタンもよいアクセントです。また、ダウンとして保温性に優れている点や、内ポケットが2つ搭載される点など、利便性の高さも兼ね備えています。一般的なインナーダウンとは異なる洗練されたデザインのため、スーツやジャケットスタイルでもおしゃれに着こなすことが可能です。

バブアー(Barbour) インターナショナル ダウンベスト

バブアー(Barbour) インターナショナル ダウンベスト

イタリアを代表する老舗ブランド「バブアー」のインナーダウン。どちらかというとアウターとして使用することをメインとしたダウンベストですが、コートのインナーとしての着用にもおすすめです。

襟があるタイプなので、インナーとして着用すればしっかりと存在感を出せます。あえてジャケットから襟やダウンを出すことで、コーディネートにアクセントや個性を加えることも可能です。

また、「ファイバーダウン」素材を中綿に採用しており、保温性に優れていることも特徴。ボリューム感をできるだけ抑えているため、すっきりとしたシルエットにおさまっているのも魅力です。

インナーダウンのおすすめメンズモデル|ジャケットタイプ

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックジャケット

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックジャケット

圧倒的な保温性が魅力的な800フィルパワーのダウンを使用した、ジャケットタイプのインナーダウン。アウターのデザインを邪魔しないノーカラーのクルーネックタイプで、どんなジャケットやコートにも合わせられます。

無駄のないシンプルなデザインと豊富なカラー展開も魅力で、アウトドアスタイルをおしゃれにコーディネートすることが可能。光沢を抑えた生地の見た目も落ち着いた雰囲気を演出しています。

また、超耐久撥水加工を施した素材を使用していることも特徴。高い保温性と撥水性を兼ね備えた、登山などのアウトドアシーンにもぴったりな1着です。

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックT

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックT

すっきりしたシルエットと、保温性の高さが魅力的な半袖タイプのインナーダウン。長袖タイプとは違い、インナーとして着用した際のすっきり感が人気を集めています。

ダウンはモンベルのなかでも高品質の800フィルパワー・EXダウンを使用。寒い冬でも問題なく過ごせる保温性の高さで、1着あれば安心して冬を越すことが可能です。

表地と裏地をつぶし縫いで縫製していることも特徴のひとつで、ダウンの片寄りを防ぎ、常に均一な保温性を保ってくれます。また、軽量でコンパクトなため、付属のスタッフバッグで持ち運べることも人気のポイントです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) サンダーラウンドネックジャケット

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) サンダーラウンドネックジャケット

中材としてダウンと化繊綿を混合しているのが特徴のインナーダウン。ダウンと身体が発する遠赤外線のエネルギーを利用して保温効果を発揮すると謳っている光電子と撥水ポリエステルファイバーをブレンドすることで、高い保温性を発揮します。

表地には撥水性加工を施し、さらに、パーテックスカンタムと呼ばれる柔らかい肌触りと強度の高さを兼ね備えた生地を使用。ノースフェイスならではの高い技術が詰まった1着です。

デザインはシンプルですが、程よい存在感が得られます。インナーとしてもちろん、アウターとしてもおしゃれに着こなせるインナーダウンです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベントリック ゼファーカーディガン インナーダウン

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) ベントリック ゼファーカーディガン インナーダウン

シンプルなデザインやソリッドな生地感など、よい意味であっさりした見た目が魅力的なインナーダウン。ジャケットというより、カーディガンのような感覚で羽織れる手軽さが特徴です。

カラー展開はブラックとグレーの2色。どちらもどんなコーディネートにも合わせられる万能カラーなので、年代やスタイルを問わずおすすめです。

また、中綿をメッシュ状に形成にすることで、ストレッチ性と高い通気性を実現しています。ダウンジャケットのゴワツキを省いたすっきりしたインナーダウンです。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レッドポイントベリーライトティー

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) レッドポイントベリーライトティー

半袖によるすっきりした着用感と、高い保温性を兼ね備えたインナーダウン。半袖タイプは、冷ましたくない体幹をしっかり保温できつつ、袖がゴワつかないことが魅力のため、登山や過酷なアウトドアシーンでも十分に活躍します。

表生地はリップストップナイロンという強度・薄さ・軽量性を兼ね備えた生地を使用。撥水加工も施されているため、雨の日でも安心です。

収納力を高めてくれる胸元のポケットが配置されているほか、本体を小さく収納できるバッグが付属しているなど、機能性の高さも魅力。また、デザインは細かいキルティングのインパクトが強く、個性的な見た目に仕上がっています。

ダントン(DANTON) クルーネック 軽量 インナーダウンジャケット

ダントン(DANTON) クルーネック 軽量 インナーダウンジャケット

カジュアルなデザインや豊富なカラー展開、軽量性、保温性など、あらゆる特徴をバランスよく兼ね備えたインナーダウンジャケット。アウターとしても着こなせるデザインは、年代を問わず人気を集めています。

軽く羽織れる薄手の生地でありながら保温性が高いことも大きな魅力。1着持っていれば、コートやジャケットのインナーとして重宝します。

カラーは定番のブラック・ネイビー・グレイ、個性を出せるレッドやグリーン、秋っぽいエンジ・カーキ・ベージュなど、好みのスタイルに合わせて自由に選べるのもポイント。色違いを2着揃えて着回すのもおすすめです。

ナンガ(NANGA) ホワイトレーベル ムーンロイド エクスクルーシブエディション ダウンカーディガン

ナンガ ホワイトレーベル(NANGA WHITE LABEL) ムーンロイド エクスクルーシブエディション ダウンカーディガン

ダウンシュラフなど高品質なダウン製品を販売することで知られる日本のブランド「ナンガ」のなかでも、高品質のライン「ナンガホワイトレーベル」のインナーダウン。

940フィルパワーという、圧倒的な保温性の高さが魅力のハンガリー産シルバーグースダウンを使用していることが最大の特徴です。また、高ランクの撥水加工を施すなど、非常に優れた機能性を兼ね備えています。

水を通さず、雨や雪を弾き、湿気を逃がしてくれることが特徴の「AUROLA-TEX LIGHT」という素材を使用。アウターとしてもおしゃれに着こなせるカジュアルなデザイン、豊富なカラーなど、あらゆる魅力を兼ね備えた1着です。

シップスジェットブルー(SHIPS JET BLUE) タイオン EXTRA:JKT

シップスジェットブルー × タイオン(SHIPS JET BLUE × TAION) EXTRA:JKT

コストパフォーマンスの高いインナーダウンを販売する日本のインナーダウンウェアブランド「タイオン」と、「シップスジェットブルー」がコラボしたインナーダウン。

長袖・半袖・ベストの3種類から袖丈を変更できるため、季節や気分に合わせて変えられます。さらに、胸元の電源温度調節スイッチで温度を調節できるヒーティングシステムを搭載。気温や使用するシーンに合わせて温度を調節することが可能です。

全体的にシンプルなデザインですが、正方形のキルティングが程よいアクセントになっています。カラーはブラックとネイビーの2色展開です。

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain FeatherBed) TD DOWN LINER

ロッキーマウンテンフェザーベッド(Rocky Mountain FeatherBed) TD DOWN LINER

アメリカの老舗防寒ウェアブランドブランド「ロッキーマウンテンフェザーベッド」のロング丈のインナーダウンです。コートのインナーとして最適なロング丈が特徴で、真冬でも安心の防寒性を有しています。大きめの腰ポケットやシルエットを調節できるウエストのコードなどが用意されており、機能性が高いのも魅力です。

ミリタリーテイストなキルティングが特徴的なデザインは、アウターとしてもカジュアルに着こなせます。カラーは、男らしい印象のブラックとミリタリーテイストがより強いオリーブの2色展開です。

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) ヒートサーキュレーションストラクチャーロングスリーブダウンシャツ

デサントオルテライン(DESCENTE ALLTERRAIN) ヒートサーキュレーションストラクチャーロングスリーブダウンシャツ

日本の老舗スポーツブランド「デサント」が2012年にスタートしたブランド「デサントオルテライン」のインナーダウン。シンプルなデザインと、品質の高さが魅力的な1着に仕上がっています。

寝袋の構造をヒントにしており、軽量性と保温性、着心地のよさを実現しているのがポイント。さらに、デサントが独自開発した発熱保温素材「HEAT NAVI」を裏地に使用しており、高い保温性を有しています。

表地には品のある光沢感が特徴のマットナイロンを使用。細かなリップストップ構造によって、キズや引き裂きに強くなっています。また、アウターのデザインを邪魔しないシンプルさも魅力のひとつです。

タトラス(TATRAS) ポリニャーノ ライトダウン

タトラス(TATRAS) ポリニャーノ ライトダウン

世界のセレブやファッション好きたちから愛されている、イタリア・ミラノを拠点とするファッションブランド「タトラス」のインナーダウン。おおぶりのキルティングとステッチが印象的なアイテムです。

また、インナーダウンでありながら、左肩のブランドロゴをはじめ、ボタンやジップなど、細かいところにまでブランドロゴがあしらわれているのも嬉しいポイント。デザイン性が高いため、アウターとしても利用できます。防寒性もしっかり確保されているので、秋から冬、春にかけて着回せるのも魅力です。

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ディフェンダー ライナー

アルファインダストリーズ(ALPHA INDUSTRIES) ディフェンダー ライナー

米軍の軍用ジャケットを生産するなど、ミリタリーアイテムを手がけるブランドとして世界中で知られる「アルファインダストリーズ」のインナーダウン。本物のミリタリーアイテムを製造しているブランドが作っているため、ミリタリーテイストあふれるデザインに仕上がっています。

大きめのキルティングと黒の迷彩柄が魅力的で、ほかのブランドにはない雰囲気を楽しむことが可能です。また、ミリタリーアイテムのため、防寒性や防風性などの機能性も高いことも魅力のひとつ。コートやジャケットの中からチラッと見えたときに程よい存在感を与えてくれる1着です。

インナーダウンのおすすめメンズコーデ

きれいめの着こなしには襟なしタイプをチョイス

By: wear.jp

定番アウターのステンカラーコートの中にインナーダウンを着込めば、スマートさをキープしつつ、より暖かいコーデが完成。襟なしタイプのインナーダウンなので、シャツの襟元もキレイに見えます。きれいめスタイルやビジネススタイルに合わせるなら、ブラック、ネイビーなど落ち着いた色がおすすめです。

カジュアルダウンのワンクッションに

By: wear.jp

かっちりしたジャケットを、スポーティなジョガーパンツでカジュアルダウンさせたおしゃれコーディネートです。きれいめスタイルにジョガーパンツを合わせると違和感が出てしまうこともありますが、ほどよいカジュアルさを持つインナーダウンをチョイスすることで、トータルバランスを考慮しています。

タートルネック×インナーダウンで大人度アップ

By: wear.jp

インナーダウンを用いたコーデが難しいと感じている方におすすめなのが、タートルネックとの組み合わせ。バランスが取りやすく、かつ大人顔のコーデに仕上がります。チェスターコートを重ねれば、より落ち着いた印象にまとまるのもポイント。ぜひ参考にしてみてください。

ダウンパーカーでほどよいカジュアルさを演出

By: wear.jp

普段カジュアルな着こなしが多い方なら、フード付きのインナーダウンを取り入れるのもおすすめ。定番のチェスターコートにカモフラ柄のインナーダウン、ベレー帽、ミリタリーブーツとインパクト強めのアイテムをチョイスしています。派手になりすぎないよう色味をおさえているのがポイント。大人らしく仕上げたコーデです。