ユニクロの「ウルトラライトダウン」が普及したことにより、数多くのファストファッションブランドからリリースされているライトダウンジャケット。特に薄さや軽さ、保温性の高さに優れている製品は、いわゆる「インナーダウン」としてコートやスーツの下に着ているユーザーも多く、より品質の高いアウトドアブランドやワークウエアブランドにも注目が集まっています。

そこで今回はインナーダウンの魅力とおすすめのブランドをピックアップ。なお、コーデについてもご紹介するので、取り入れたい方はぜひ参考にしてみてください。

インナーダウンって?

By: rakuten.co.jp

インナーダウンは、文字通りインナーとしても着用できる薄手のダウンジャケットを指します。ダウンと言えばモコモコした分厚い印象がありますが、インナーダウンは通常のダウンジャケットと比較して薄手ですっきりとしたシルエットです。

コートの下に着ても気苦しい感じがなく、寒い冬をより快適に過ごすことが可能です。また、近年では冬のお洒落に欠かせないアイテムとして注目されています。

インナーダウンの選び方

By: rakuten.co.jp

インナーとしての動きやすさを決める、ダウンの厚み

インナーダウンはコートなどのアウターのインナーとして着用することがメインの使い方となります。特に合わせたいウールコートは肉厚なモノが多く硬さがあります。そんなウールコートの下に厚みがあるインナーを着ると、動きにくくインナーダウンの軽量な快適性が損なわれてしまいます。

なのでアウターと重ねた時の着心地で選ぶ場合は、触ってみて厚みが少なく軽いモノを選びましょう。あるいは、高品質で高密度なダウンであれば保温性も高く軽量なのでおすすめです。

薄手のダウンベストはインナーダウン?

袖部分が無い、薄手のダウンベストもインナーダウンとして使用することができます。袖があるジャケットタイプと違い、肩回りが動かしやすく、腕周りの嫌なもたつきもありません。

もちろんジャケットタイプの方がアウターとして使用した際に温かいのですが、着こなしの違いなので自身の好みに合わせてジャケットかベストかを選ぶことをおすすめします。

首回りの仕様をチェック

インナーダウンには、フード付きのモノもラインナップされています。マフラーを着用する際に少々邪魔になってしまいますが、ポーティーに着こなしたい場合におすすめです。また、襟付きのインナーダウンであれば、単体でも首元をカバーしてくれるので機能性も向上します。

汎用性の高さでおすすめするならば、ノーカラータイプがおすすめ。重ね着するコートや、トップスの首回りのデザインに左右されにくく、コーデの幅も広がります。

色合いに気をつける

インナーダウンのカラーバリエーションはとにかく豊富で、特にアウトドアブランドのインナーダウンは定番のブラックやネイビーから、イエローやグリーン、レッドなど派手目な色まで多彩です。

インナーダウンはアウターとして着用するのもちろんですが、基本的にはジャケットやコートのインナーとして使用します。なので、合わせるアウターとの色合わせにも注意したいところです。

基本的にはブラックやグレー、ネイビーといったトーンの暗めな色味だと大人っぽさを出せるのでおすすめ。差し色感覚で選んでしまうと少々子供っぽくなってしまう場合があるので注意が必要です。選ぶ前に自身のワードローブを確認して選ぶと失敗を防げます。

ダウンの品質は「フィルパワー」を確認

インナーダウンに関わらず、ダウンのアウターにはよく「フィルパワー」という文字をよく見かけます。フィルパワーとは、羽毛のかさ高性を示す単位であり、1オンスあたりの羽毛の体積を数値化したものです。

このフィルパワーの数値が高ければ高いほど、軽量で保温性に優れたモノであると言われています。この数値を基にインナーダウンを選ぶことも一つの基準となります。

ダウンとフェザーの割合を確認

まず、ダウンは水鳥の胸毛の部分になります。ふわふわとした肌触りで、保温性に優れているのが特徴。一方フェザーは軸を持った羽根の部分で、通気性と弾力性があります。

インナーダウンには基本的にダウンとフェザーを混ぜて作られているモノが多く、ダウンの割合が高ければ高いほど、保温性と軽量感に優れています。ちなみに、一般的にはダウン70%~90%、フェザー10%~30%の割合のモノがよいとされています。

インナーダウンのおすすめブランド

By: rakuten.co.jp

モンベル(mont-bell)

モンベルは、登山用品などを扱う日本のアウトドアブランドです。「機能美」と「軽量・迅速」をコンセプトに、リーズナブルな価格で高品質なアウトドアアイテムを多く展開しています。

高品質でコストパフォーマンスに優れたアイテムが豊富に取り揃えられており、アウトドアだけでなく、ファッションシーンでも人気のブランドです。インナーダウンに関しては、人気の火付け役として有名。タウンユースにもぴったりなアイテムとして定評があります。

ナンガ(NANGA)

滋賀県にあるシュラフメーカーである「ナンガ」。人気製品のひとつであるダウンを採用したウエア類は、ヨーロピアンダックなどの高品質な羽毛を採用し、熟練の職人による丁寧な縫製が魅力です。

インナーダウンはスリムな仕様なので、重ね着した時にも着膨れしにくく、且つ保温性もしっかりと持ち合わせているのが特長。国内で精製された羽毛なので、キレイで安全に着用できます。万一破れてしまった際にも、永久保証サービスでしっかりとアフターケアしてもらえるので安心です。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE)

アウトドアブランド人気ブランドのひとつである「ザ・ノースフェイス」。ネーミング、品質共に安定的なブランドであり、とにかく間違いのないものを選びたいという方におすすめのブランドです。

ノースフェイスのインナーダウンは、着膨れを軽減させるために体のラインに程よく馴染むようなシルエットになっています。保温性と撥水性にも優れており、機能面も抜群。ファッショナブルなデザインなのでタウンユースとしてもおしゃれに着こなせます。また、直営店も多くあるため、手に入れやすいといった点も魅力的です。

バックナンバー(BACK NUMBER)

日本のジーンズセレクトショップである「ライトオン」が展開するブランド「バックナンバー」。インナーダウンでは、老舗の羽毛布団屋である「株式会社丸八プロダクト」と共同開発しています。

厳選した羽毛を、日本の工場で最高の状態にパワーアップ加工された「丸八ダウン」は、選択肢の一つとして加えてほしい逸品。高品質でありながらリーズナブルな価格という点も抑えておきたいポイントです。

ダントン(DANTON)

ダントンは、1935年にフランスで創業した老舗のワークウエアアブランドです。主に作業着としてのブルゾンやパンツ、エプロンなどのキッチウエアを製造していました。

丈夫なつくりと、機能性を持ち合わせたシンプルなデザインで人気を博しています。普段のコーデに取り入れやすく、特にカジュアルな着こなしを好む方におすすめです。胸元にあしらわれたおしゃれなエンブレムが目印です。

インナーダウンのおすすめ人気モデル

モンベル(mont-bell) スペリオダウンラウンドネックベスト

袖が無いベストタイプのため、腕周りのごわつきによるストレスがないアイテムです。ジャケットのインナーとして重宝します。フロントにはスナップボタンを採用しており、胸周りのごわつきも軽減できます。

襟が付いていないノーカラータイプなので、普段着として着用する際にも多様なトップスと合わせることができます。また、超耐久撥水加工になっているので、雨などにも強くアウトドアシーンでも活用することが可能です。

モンベル(mont-bell) スペリオダウン ラウンドネックT

高品質な800フィルパワーのダウンを採用しており、保温性抜群。光沢感を軽減させた、落ち着きのあるデザインに仕上がっています。半袖タイプのインナーダウンは、着膨れの心配がなく腕が動かしやすくなるのもうれしいポイントです。

コートのインナーとしても着られますが、春・秋のシーズンにはロンTや襟付きのシャツと合わせてアウターとして着用してもおしゃれです。

ダントン(DANTON) インナーダウンベスト

コートのインナーとしてサラッと着用できるよう滑りのよい生地を採用し、ダウンの量も抑えています。裾にはドローコードが付いており、ヒモを引っ張って絞ることで、シルエットを変えて楽しむことが可能。また、アウターとして着用する際に便利なファスナー付きのポケットを2つ備えています。

中綿には、ダウン90%・フェザー10%のモノを採用。軽量且つ保温性にも充分優れています。ユニセックスで着られるので、リンクコーデのアイテムにするのもおすすめ。冬本番の時期にはインナーとして、春や秋にはアウターとして着用できる汎用性の高いインナーダウンです。

ナンガ(NANGA) 日本製 インナーダウンベスト DOWN VEST (DOWN-VEST-NANGA)

超撥水羽毛を採用し、表の生地には撥水加工を施した「シレナイロン」素材を採用しています。水に強く、アウトドアシーンにおいてもタウンユースでも活躍してくれるアイテムです。

胸ポケットはアクセントとして、腰ポケットはハンドウォーマーとしての役割を果たしてくれます。ノーカラーのダウンベストタイプで、カットソーや薄手のニットなどさまざまなトップスに気軽に合わせることが可能。また、スーツの下に着用するのもおすすめです。

ザ・ノースフェイス(THE NORTH FACE) Thunder Roundneck Jacket サンダーラウンドネックジャケット

人体からの遠赤外線エネルギーを利用した保温効果と、撥水性の高い「プリマロフト」と呼ばれる素材で、濡れた際もしっかりと暖かさをキープできるのが特長です。

軽くて心地よい肌触りの生地を採用。強度もしっかりとあるので、少々ハードな行動をする際に着用しても安心。コンパクトに収納できる「ポケッタブル」仕様なのもうれしいポイントです。

バックナンバー(BACK NUMBER) マルハチプルオーバーインナーダウン

高品質なダウンをプルオーバータイプに作り上げたアイテムです。スウェットやセーターを着る感覚でインナーダウンをコーディネートに取り入れることができます。少しスポーツテイストなルックになり、最近のトレンドのアスレジャースタイルに取り入れたいインナーダウンです。

インナーダウンのメンズコーデ

アウターと同系色で合わせる

By: wear.jp

アウターとインナーダウンのカラーをベージュカラーで統一したコーデ。同系色で合わせることで、主張感が無くナチュラルにまとめることができます。裾が短めのアウターを着用する際は、インナーダウンが出てしまうと野暮ったく見えてしまうので注意が必要です。

ジャケットスタイルにも合います

By: wear.jp

ビジネススタイルにもインナーダウンは大活躍してくれます。合わせる際には、ネクタイの存在感を出すためにVネックのインナーダウンを選ぶのがおすすめ。外回りの仕事が多い方はぜひ取り入れてみてください。

インナーダウンはタートルネックとの相性も抜群

By: wear.jp

デニムジャケットのインナーにインナーダウンを忍ばせたコーディネート。ノーカラーは首元がスッキリ見えるので、タートルネックとの相性抜群。

あくまでさり気なく、主張しないように着込むのが子供っぽいくならないためのポイントです。また、袖の無いダウンベスト仕様であれば春先や秋口にはアウターとしても使えるので重宝します。

半袖タイプのインナーダウンをシャツと合わせる

By: wear.jp

合わせるのが難しそうな半袖タイプ。派手目のカラーは避けてダークカラーやアースカラーを選ぶようにするのがおすすめ。

襟付きシャツやロンTと合わせて、素朴感を出すと大人っぽくまとめることができます。帽子でアクセントをつけるとこなれ感が出て、おしゃれにキマります。

セットアップのインナーに

By: wear.jp

少し肌寒いけれど、セットアップのデザインを生かしたいという時は、ジャケットの下にインナーダウンを着込めばOK。寒さ対策と同時に、コーデに奥行き感も出すことができます。アースカラーにはブラウン系のインナージャケットを選ぶと失敗が少ないのでおすすめ。