快適なアウトドアライフをサポートしてくれる「コット」。ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアのひとつです。おしゃれなデザインのモノも多く、インテリアとして部屋に設置して楽しむ方も増えています。

そこで今回は、おすすめのコットをピックアップ。それぞれの特徴や魅力について詳しくご紹介します。

コットとは?

By: amazon.co.jp

コットとは、主にキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドのこと。地面の凹凸や、冷気、熱気などの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力です。

キャンプ時の必需品ではないので、馴染みのない方も多いかもしれませんが、アウトドアファンの間では一度使用すると手放せなくなるといわれているほど人気の高いアイテムです。

コットを使うメリット

By: amazon.co.jp

コットの使用には多くのメリットがあります。テント内ではマットを敷いて就寝する場合でも、厚さによっては凹凸を感じるもの。コットを使用すれば、凹凸はまったく気にする必要がなくなります。

また、地面からの距離をとれるため、地面から伝わる冷気や熱気の影響を受けにくいのも大きなメリットです。夏場の湿気や熱気、冬場の冷気による底冷えは想像以上のもの。コットで就寝すれば熱気や冷気の影響を受けず、夏は涼しく冬は暖かく快適に眠れます。

くわえて、自分用のベッドとして寝相の悪い家族に邪魔されずに眠れるのもメリットです。さらに、コットは就寝時のベッド以外に使えるのもポイント。日中はテントの外に出して、ベンチや設営・撤収時の荷持置き場として活躍するほか、コット下のスペースを荷物置き場としても活用できます。

コットの選び方

高さで選ぶ

安定感のあるローコット

By: amazon.co.jp

ローコットとは、地面から約20~30cm程度の高さがあるタイプのコットです。比較的コンパクトでかさばらないため、簡単に設営できるほか、重心が低く安定感があります。寝返りをうっても倒れにくいので、子どもでも安心して使用可能です。

しかし、地面からの距離が近いぶんテント外で使用すると、掛け布団が地面について汚れてしまったり、地面から立ち昇る冷気の影響を受けやすかったりするのがデメリット。就寝時の安定感を求めている方におすすめのタイプです。

ベンチのように使えるハイコット

By: amazon.co.jp

ハイコットとは、地面から約40cm程度の高さがあるタイプのコットです。腰を掛けやすく、ベンチとしても快適に使用できます。また、座面下に十分な収納スペースがあるので、大きな荷物を置いておくなどスペースを有効活用できるのもポイント。

さらに、地面から立ち昇る冷気の影響を受けにくいのも魅力です。その一方で、ローコットに比べると重量があり、かさばりがちなのがデメリット。なお、天井高が低いテント内で使用すると圧迫感を感じてしまうので、ハイコット購入時にはテントのサイズや高さを事前にチェックしておきましょう。

軽量性で選ぶ

By: dod.camp

キャンプ時の就寝グッズとして活躍するコットですが、同じ用途をもつ寝袋よりも重いモノがほとんど。そのため、荷物をなるべく軽くしたいソロキャンプやツーリングなどで使用する場合は、軽量化されたモデルがおすすめです。ただし、軽量化されたコットは通常のモノより価格が高めに設定されているので注意しましょう。

設営方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

収束式

収束式とは脚を折りたたむようにして中央に収束させているタイプ。設営の際は脚を引っ張って広げていくだけでコットを立ち上げられるため、あまり力を必要とせず、子供でも楽に設営可能です。

収束式コットの難点は、やや強度が弱いこと。2人用ベンチや荷物置き場として活用したい場合には、耐荷重の数値をしっかりと確認した上で購入しましょう。ワンタッチで設置・撤収が簡単におこなえる、扱いやすいコットを探している方におすすめです。

組み立て式

組み立て式とは文字通り座面部や脚などのパーツが一体化していないタイプです。フレームを組み立てたり、サイドバーを取り付けたりなど、ある程度の力が必要なため、人によっては設営が難しい場合もあります。

組み立て式のメリットは、コンパクトに収納できること。パーツごとに分かれているため、付属の収納バッグにすっきりと収納できるのがポイント。携行性に優れているので、なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプやバイクツーリングなどで活躍します。

また、安定性に優れているのも組み立て式の特徴。安定感があるため、大きな男性用のベッドとしてや、ベンチや荷物置き場として活用したい方におすすめです。

耐荷重をチェック

By: dod.camp

安全にコットを使用するためには、耐荷重も要チェックです。基本的には、コットの耐荷重は80~100kg程度。ベッドのみならずベンチとしても活用する場合、2人以上で座ることで耐荷重を超えてしまわないように気を付けましょう。

なお、一般的にはハイコットに比べるとローコットの方が耐荷重に優れています。そのため、耐荷重を重視したい方は、ローコットを中心にチェックしてみるのがおすすめです。

キャンプ用コットのおすすめブランド

コールマン(Coleman)

By: amazon.co.jp

キャンプ用品全般を手がける「コールマン」。1900年頃にオクラホマ州で創業され、ガソリン式ランプの販売からスタートした長い歴史を持つアウトドアブランドです。

ソロキャンプからファミリーキャンプまで、幅広いシーンに対応できるバリエーション豊かな品揃えが魅力。おしゃれでリーズナブルなアイテムも多いため、アウトドア愛好家はもちろん、初心者からも人気を集めるブランドです。

ヘリノックス(Helinox)

By: amazon.co.jp

世界的に有名なアウトドア・ファニチャーブランド「ヘリノックス」。携帯性と快適性の両方を追求した「チェアワン」をはじめとしたアウトドアチェアに定評のあるブランドです。

ヘリノックスの製品は決して価格が高い傾向にあるにも関わらず、デザイン性や性能の高さからアウトドアファンを中心とした多くの方に支持されています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)

By: amazon.co.jp

アウトドア・レジャー用品を中心に手がける「キャプテンスタッグ」。使い勝手のよさや購入しやすい価格帯にこだわった製品が多く、アウトドア愛好家からビギナーまで幅広い方に愛されるブランドです。

アウトドアを広い意味で捉えた圧倒的な品揃えは、ほかのブランドにはない魅力。現在ではサイクル用品やカヌー用品、ガーデン用品などにも分野を拡大し日々進化を続けています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: rakuten.co.jp

金物の町として有名な新潟県燕市で1985年に創設されたアウトドアメーカー「ユニフレーム」。モノ作りにとことんこだわり、製品のほとんどを本社・工場のある燕市で作っています。

国産ブランドだけあって、日本のキャンプスタイルにマッチするアウトドアグッズが多いのも大きな魅力。高品質なアイテムを探している方におすすめのブランドです。

サーマレスト(THERMAREST)

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンに対応する睡眠グッズを扱うアメリカ・シアトル生まれのアウトドアブランド「サーマレスト」。登山やキャンプなど、さまざまなシーンに対応する製品が揃います。

なかでも人気なのが、キャンプマットやコットなどのアイテム。テント泊でも快適に眠りたいと思っている方におすすめのブランドです。

キャンプ用コットのおすすめ|ローコット

ヘリノックス(Helinox) コットワン コンバーチブル 1822170

ヘリノックス(Helinox) コットワン コンバーチブル 1822170

本製品は、軽量かつ丈夫な「アルミポール」を採用したローコットです。耐荷重は145kgと十分な強度を誇っているため、がっしり体型の方でも安心して使用できます。また、16×16×54cmと比較的コンパクトに収納できるので、持ち運びも簡単。

さらに、独自技術を採用することで、力を入れずに楽々と組み立てられるのも魅力。なお、別売りの「コットレッグ」を取り付ければハイコットとしても活用できます。優れた性能と寝心地で人気のアイテムです。

サーマレスト(THERMAREST) ラグジュアリーライト ウルトラライトコット 30535

サーマレスト(THERMAREST) ラグジュアリーライト ウルトラライトコット 30535

軽量コンパクトで簡単に持ち運べるローコットです。重量は11.95kgで、収納サイズは41×13cm。三日月型の脚を連結させた中にポールをまとめて収納できるので、収納ケースの中でパーツがバラバラになってしまうことがありません。そのため、設営の際に素早く組み立てられます。

また、通気性のよいメッシュコットを採用することで夏の寝苦しい夜でも心地よく眠れるほか、シートの裏面にはサーマレストの独自技術である「サーマキャプチャー」を施しているのもポイント。断熱性を高めており、地面からの冷気を防ぎながら体から出る熱を反射して暖かさを保ってくれるので、冬でも快適に活用できます。携帯性と寝心地を追求した、おすすめのコットです。

キングキャンプ(KingCamp) キャンプコット

キングキャンプ(KingCamp) キャンプコット

2017年に国際デザイン大賞を獲得した、高さ28cmのローコットです。アルミニウム合金のなかでも耐久性に優れた「7075航空アルミ」と、形状安定性能が高い420デニールの「カチオン生地」を採用しており、耐荷重140kgと抜群の強度を誇るのが特徴。8本の脚でしっかりと身体を支え、シートの傾きを防いで安全に使用できます。

また、シート表面にはUVカット、防水防湿加工を施しているためきれいな状態で長く愛用できるほか、シートを取り外して丸洗いできるのも魅力。さらに、13×36cmと片手で持てるサイズに収納できる組み立て式なので、簡単に持ち運びできます。付属の枕ケースの中に収納袋などを詰めれば快適な枕も作れる、おすすめのアイテムです。

Moon Lence キャンプコット

Moon Lence キャンプコット

ツール不要でスピーディに組み立てられる、高さ17cmのローコットです。38×16cmのコンパクトサイズに収納できるのに加え、軽量設計を採用しているため楽々と持ち運びできます。また、シートには420デニールのポリエステル素材を用いているので、防水性と通気性に優れているのもポイント。

さらに、コットを支える脚は5本と安定感があり、耐荷重160kgなので体格のよい方でも安心して使用できます。コットの脇にポケットが付いているため、携帯電話やメガネなどの小物を収納できるのも魅力。長さ190×幅70cmでゆったりと寝転んで寝返りを打てるおすすめのコットです。

DESERT WALKER 折りたたみ式ベッド

DESERT WALKER 折りたたみ式ベッド

耐荷重200kgと高い強度を誇るローコットです。アルミニウムのなかでも特に耐久力に優れた「7001特殊航空アルミニウム」を採用しています。また、重量は1.3kg、収納サイズは49×10cmと軽量コンパクト仕様の組み立て式なので、ツーリングやソロキャンプに楽々持ち運べるのも魅力。

さらに、丈夫なオックスフォード生地を採用したシートは取り外して丸洗いができるため、衛生的に使用できます。そのほか、ツール不要でスピーディに設営できるのもポイント。優れた耐久性と携帯性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

ディーオーディー(DOD) バッグインベッド CB1-510

ディーオーディー(DOD) バッグインベッド CB1-510

本製品は、バッグの中に入れて持ち運べるローコットです。付属の専用キャリーバッグの中にすっきりと収納できるので、バックパックと一緒に背負ったりバイクの荷台に括り付けたりして快適に携帯できます。

また、フレームには「ショックコード」を採用しているため、ポールを差し込むだけで簡単に組み立てられるのもポイント。耐荷重は、120kgと十分な強度を備えているので、体格のよい方でも安心して使用できます。ブラックとベージュの2色から好みに合わせて選べる、デザイン性と携帯性に優れたおすすめのコットです。

ハイランダー(Hilander) 軽量アルミローコット HCA0195

ハイランダー(Hilander) 軽量アルミローコット HCA0195

コスパの高いアウトドアアイテムが揃うハイランダーのローコット。本製品は、ポール部分に軽量アルミを採用しているため、高い耐久性を有しています。収納サイズは直径約14×長さ約55cm、重量は約2kgと軽量かつコンパクトなので、ツーリングなどにも気軽に携帯できるのが特徴。

また、生地の両端にフレームポールを通して3つの脚部ポールを取り付けるだけで簡単に組み立てられます。リーズナブルな価格で気軽に購入できるのも魅力。持ち運びやすくてスピーディに設営できるおすすめのローコットです。

フィールドア(FIELDOOR) アウトドア アルミコンパクトコット

フィールドア(FIELDOOR) アウトドアアルミコンパクトコット

アルミ合金のなかでも特に強度の高い「超々ジェラルミンA7075」をフレーム部分に採用することで、約150kgの荷重に耐えられる頑丈なローコットです。重量は約2.7kg、収納時のサイズは長さ50×高さ20cmほどと軽量コンパクト設計なので、簡単に持ち運べます。

また、中材にチップウレタンを採用した柔らかい「インフレータブルピロー」が付属しているのも魅力。バルブを回すことで空気の注入量を調節しながら、好みの硬さの枕を楽しめます。さらに、グリーン・ブルー・ダークブラウン・カモフラージュサンドの4種類からシートの色を選べるのもポイント。安い価格帯と優れた実用性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

スノーピーク(snow peak) コットハイテンション BD030

スノーピーク(snow peak) コットハイテンション BD030

高いクッション性によって快適な寝心地を体感できるロータイプのコットです。コットを支えているX脚は外側に傾斜させて本体のフレームと結合させており、抜群の耐久性と安定性を実現させています。地上高は32cmでベンチとして使用するのに最適な高さ。サイズは幅65×長さ200cmと、大きな男性のベッドとしても適しています。

設営は、2本の脚を開き4隅のパイプをスライドさせてシートに挿入するだけなので、撤収がしやすいのもポイントです。付属の専用収納袋にスリムに収納できるため、持ち運びも簡単。テントでのベッドとしてはもちろん、ベランダやデッキ、公園などさまざまなシーンで使用できるコットを探している方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) ウルトラクールキャンピングベッド CB1-139-

ディーオーディー(DOD) ウルトラクールキャンピングベッド CB1-139-KH

オールメッシュのローコットで、夏の蒸し暑いなかでのキャンプにおすすめのモデルです。背中越しにメッシュから心地よい風が吹き抜けるため、不快な湿気を防いで快適な寝心地が得られます。幅は77cmと幅広タイプなのでゆったりとしたスペースを確保できるのもポイント。大柄な方でも余裕をもって過ごせます。

設営は組み立て式で、撤収時は脚部とメインフレームを分解する仕様です。専用収納バッグに各パーツをコンパクトに収納すれば、持ち運びも簡単。耐荷重は100kgで、ベッドとして使用する場合には十分なスペックです。ただ、2人用のベンチとして使用することは難しいので、注意しましょう。

キャンプ用コットのおすすめ|ハイコット

コールマン(Coleman)トレイルヘッドコット 2000031295

コールマン(Coleman)トレイルヘッドコット 2000031295

2人用のベンチとしても活用できるハイコットです。軽量かつ丈夫な「高密度スチール」を採用しており、コットの耐荷重は約80kg、ベンチとして使用する際の耐荷重は約140kgと十分な強度を備えているため、大人2人でも安心して腰掛けられます。

また、使用時のサイズは長さ190×幅87×高さ40cmほどのワイド設計なので、ゆったりと寝返りを打ちながら快適な寝心地を楽しめるのもポイント。さらに、バー付きのフレームを採用することで手間なく組み立てられます。コットの脇に小物を収納できるサイドポケットが付いているのも魅力。コスパ良好なおすすめのコットです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル UB-2004

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル UB-2004

本製品は、実用性に優れたハイコットです。折りたたまれた脚をサッと広げるだけでスピーディに設営できるほか、脚を閉じて専用キャリーバッグの中に横入れするだけで簡単に収納できます。また、キャリーバッグには2本のショルダーベルトが付いているため、担いで持ち運びやすいのもポイント。

さらに、幅67×長さ183×高さ51cmのワイド設計なのでゆったりと寝ころべるほか、シートはポリエステル製で弾力があるため、体をすっぽりと包み込むような心地よい寝心地を実現しています。そのほか、コットの脇に携帯電話やペットボトルなどを収納できるサイドポケットが付いているのも魅力。余計な手間をかけずにコットを活用できるおすすめのアイテムです。

ユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット

ユニフレーム(UNIFLAME)  リラックスコット

折りたたまれているコットの脚を広げるだけで簡単に組み立てられる、収束式のハイコットです。力や手間をかけず、スピーディに設営したい方にぴったり。また、本体の高さは約45cmあるので、座面下に十分な収納スペースを確保できます。

さらに、シートの生地を斜めにカットする「バイアスカット」を採用しているため、シート面全体が均一に伸びるのもポイント。体全体が包み込まれているような、快適な寝心地を味わえます。隣り合う脚までの長さである「1スパン」あたりの耐荷重は約80kgと耐久性も良好。なお、重量は約7.5kgとやや重みがあるアイテムなので、その点には留意しておきましょう。 

ティトンスポーツ(Teton Sports) アウトフィッター コット

ティトンスポーツ(Teton Sports) アウトフィッター コット

アメリカに本拠を構えるブランド「ティトンスポーツ」。本製品は、就寝部分のサイズが約210×100cmとシングルベッド並みの広さを備えるハイコットです。座面下には50cmほどのスペースがあるので、大きな荷物でもしっかりと収納できるうえ、スペースを有効活用できます。

また、脚には頑丈なスチールを、フレームには軽量なアルミを採用しており耐久性も抜群。さらに、脚を広げて2本のフレームを取り付けるだけでスピーディに設置できるのもポイントです。厚めの生地でやや沈み込みがあるため、体を包み込むような寝心地が好きな方にぴったり。収納時のサイズは約30×18×110cm、重さは約11.7kgとかさばりますが、広々とした寝心地を楽しみたい方におすすめのコットです。

Proleisure キャンピングベッド

Proleisure キャンピングベッド

本製品は、首元から頭にかけてゆるい角度がついており、体を楽に預けられるハイコットです。取り外しのできるコットンマットレスが付属しているため、寒い冬でも暖かく柔らかな寝心地を楽しめます。

また、折りたたまれた脚をサッと広げるだけで組み立てられる収束式なので、工具不要で簡単に設営できるのも魅力。さらに、優れた耐久性を備えるスチール製のフレームを採用しているのに加え、10本の脚と「マルチ三角形構造」がコットをしっかりと支えてくれるため、約200kgまでの荷重に耐えられます。コスパ良好なおすすめアイテムです。

FlyCreat キャンピングベッド シングル

FlyCreat キャンピングベッド シングル

180kgまでの荷重に耐えられるハイコットです。脚には滑り止め設計を採用した「高強度パイプ」を使用しているほか、10本の脚で全体をしっかりと支えながら、傾きを防いで安定した使用感を実現しています。脚を広げるだけで素早く設営できるのも魅力です。

また、シートには1200デニールのオックスフォード生地を採用することで、高い耐久性と優れた弾力性、通気性を兼ね備えています。さらに、人体工学に基づく設計で頚部と背骨を守りながら、快適な寝心地を楽しめるのも魅力。アウトドアシーンはもちろんのこと、自宅でのお昼寝などにも活用できるおすすめのコットです。

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームコット2 HCA0190

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームコット(WOOD FRAME COT)2 HCA0190

本製品は、フレームに天然木を採用したハイコットです。ブナ材を使用しているため、耐荷重約160kgと良好な安定感があることに加え、天然木が醸し出す温かみのある風合いを楽しめます。

また、本体サイズは長さ197×幅68×高さ46cmと十分な広さがあるので、ゆったり寝転べるのも魅力。生地素材には通気性の高いポリエステルを採用しています。さらに、コットの脇には携帯電話などの小物がすっぽりと入るサイドポケットが付いているのもポイント。優れた強度と機能性を兼ね備えた、おすすめのアイテムです。

Kingstar 折りたたみベッド

Kingstar 折りたたみベッド

600デニールの丈夫で弾力性のあるオックスフォード生地のハイコットです。取り外し可能な「冬用クッション」が付属しているので、冬にはふかふかのクッションが叶える暖かい寝心地を、夏にはクッションを取り外すことで通気性のよい快適な寝心地を楽しめます。

また、折りたたんだ脚を広げるだけで組み立てられる収束式なので、時間や手間をかけずに設営できるのもポイントです。優れた耐久性を備えるスチール製のフレームを採用しているのに加え、10本の脚でしっかりと全体を支えられるので、安定感は良好。さらに、シート部分を「折り返し縫製」することで強度を高めており、200kgまでの荷重に耐えられます。季節を問わずに愛用できるおすすめのコットです。

ディーオーディー(DOD) ハンペンインザスカイ CB1-633

ディーオーディー(DOD) ハンペンインザスカイ CB1-633-TN タン

エアマットを内蔵したハイコット。ふわふわとして浮遊感のある快適な寝心地を実現したモデルです、高さをハイとローに切り替えられるのも特徴。耐荷重180kgと耐久性に優れており、ベッドとしてもちろん、3人掛けのベンチとしても利用できます。

さらに、フレームを外せばエアマットとしても使用可能。天井高を確保して、ゆったりとしたテントスペースで快適に過ごせます。エアマットはハンドポンプを内蔵しており、エアポンプを使用せずとも、手を使うだけで空気を注入できるのもポイント。

良好な寝心地を求めている方や、2~3人用ベンチとしても使いたいファミリーキャンプ用におすすめです。

フィールドア(FIELDOOR) アウトドアコット アルミ

フィールドア(FIELDOOR) アウトドアコット アルミ

座面高さ40cmの組み立て式ハイコットです。耐荷重は180kgと耐久性が高いことに加えて、日本国内で耐荷重試験を実施しているため、安定性にも優れています。ベッドとして使用するほか、ベンチや荷持置き場として活用したい方にも安心して使用できるのが魅力です。

コットの生地はあらかじめ小さめに設計されているため、組み立ての際は注意しましょう。使用初期は生地がある程度伸びる「初期伸び」があるので、少し力が必要です。