快適なアウトドアライフをサポートする「コット」。ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアのひとつです。おしゃれなデザインのモノも多く、インテリアとして部屋に設置して楽しむ方も増えています。

そこで今回は、おすすめのコットをピックアップ。おすすめメーカーについても併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コットとは?

By: dod.camp

コットとは、主にキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドのことです。地面の凹凸や、暑さ・寒さなどの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力。

キャンプ時の必需品ではないので馴染みのない方も多いかもしれませんが、アウトドアファンの間では一度使用すると手放せなくなるといわれているほど、人気の高いアイテムです。

コットの種類

ローコット

By: amazon.co.jp

ローコットは地面から30cmほどの高さまでの製品を指します。テント内で設置したときにも、圧迫感なく使用可能。また、軽量なモノが多く、携帯性を重視したい方にもおすすめです。

地面との距離が近いので、地面からの熱気や冷気を感じやすいのが特徴。雑草が生い茂っているような場所に設置すると、快適性が損なわれる点は留意しておきましょう。

ハイコット

By: amazon.co.jp

ハイコットは高さ40cm前後の高さがある製品です。荷物をコットの下に置けるので、省スペース化に役立ちます。また、ベンチ代わりとしても使え、強度の高いモノなら複数人で座れます。足場が多少悪くても、快適に使用できる点がメリット。

ただし、狭いテントだと天井との距離が近くなる分、圧迫感があるのがデメリットです。部品点数も多くなる分、ローコットよりも重量が重くなったり、収納サイズが大きくなってしまったりすることがあります。

キャンプ用コットの選び方

設営方法で選ぶ

収束式

収束式とは、脚を折りたたむようにして中央に収束させているタイプ。設営の際は脚を引っ張って広げるだけでコットを立ち上げられるため、あまり力を必要とせず、子供でも楽に設営可能です。

収束式コットの難点は、やや強度が弱いこと。2人用ベンチや荷物置きとして活用したい場合には、耐荷重の数値をしっかりと確認したうえで購入しましょう。ワンタッチで設置・撤収が簡単に行える、扱いやすいコットを探している方におすすめです。

組み立て式

By: amazon.co.jp

組み立て式とは、文字通り座面部や脚などのパーツが一体化していないタイプです。フレームを組み立てたり、サイドバーを取り付けたりと、ある程度の力が必要なので、人によっては設営が難しい場合もあります。

組み立て式のメリットは、コンパクトに収納できること。パーツごとに分かれているため、付属の収納バッグにすっきりと収納できるのがポイント。携行性に優れているので、なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプやバイクツーリングなどで活躍します。

また、安定性に優れているのも組み立て式の特徴。安定感があるため、大きな男性用のベッドとしてや、ベンチや荷物置きとして活用したい方におすすめです。

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

安全にコットを使用するには、耐荷重も要チェックです。基本的に、コットの耐荷重は80~100kg程度。ベッドだけでなくベンチとしても活用する場合は、2人以上座ることで耐荷重を超えてしまわないように気を付けましょう。

なお、一般的にはハイコットに比べるとローコットの方が耐荷重に優れています。そのため、耐荷重を重視したい方は、ローコットを中心にチェックしてみるのがおすすめです。

キャンプ用コットのおすすめメーカー

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に拠点を構えるアウトドア総合メーカー。厳しい環境下で繰り返しテストされたオリジナルギアは、デザイン性と機能性を両立させており、日本のみならず世界中のキャンパーや登山家などから支持されているのが特徴です。

コットも高い評価を受けており、特に「ハイテンションコット」は、サイズ感や寝心地、組み立てやすさ、収納性などに優れています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co.jp

金物の町として知られている、新潟県燕三条のアウトドア・キャンプ総合メーカーです。1985年の創設以来、モノ作りにこだわってアウトドアギアを開発しています。バーベキュー用品やテントなどのキャンプ用品に力を入れており、製品のほとんどを自社工場で製造しているのが特徴です。

また、日本のキャンプスタイルにマッチしたアウトドアアイテムを揃えているのも魅力。信頼性の高いモデルを探す際には外せないブランドのひとつです。コットにおいては、「リラックスコット」が耐久性に優れたモデルとして多くの支持を集めています。

ハイランダー(Hilander)

アウトドア通販専門サイトを手がけている「ナチュラム」のオリジナルブランドです。テントやタープ、テーブル、コットなど、コスパに優れたモデルを数多く展開しています。

コットにおいては、軽量で設営しやすく比較的リーズナブルなモデルをラインナップ。アウトドア初心者からベテランキャンパーまで、幅広い方におすすめのメーカーです。

キャンプ用コットのおすすめ|ローコット

スノーピーク(snow peak) スノーピークコット ハイテンション BD-030

コット上に荷重がかかると、シートにテンションがかかるモデル。コットの安定性が増し、快適に寝転がれます。本体寸法は200×65×32cmで、身長の高い方でも安心。ローコットタイプで腰かけやすく、寝ている状態から靴を履くまでの動作もラクラクです。

収納は収束式を採用。収納時のサイズは125×28×20cmまでコンパクトになります。組み立てもX状の脚を開き、4本のパイプをセットするだけなので簡単。また、オプション品として脚部エンドの「床面保護カバー」も取り扱っています。脚の汚れやキズが気になる方はぜひチェックしてみてください。

ハイランダー(Hilander) 軽量アルミローコット HCA0195

収納サイズが小さく、持ち運びに便利なローコットです。展開時のサイズは188×68×16cmと大きく、使いやすいのが特徴。収納時は55×14cmまで小さくなり、楽に持ち運べます。フレームはアルミニウム製を採用。重量も約2kgと軽量です。

組み立ても簡単で、生地にフレームポールを通してから、3つの脚部ポールを取り付けるだけ。脚部ポールはレバー操作での固定できるため、初心者でも簡単に扱えます。本体にはカラビナループも搭載しており、荷物をかけておくのに便利。値段も手頃なので、初めてローコットを購入する方におすすめです。

ディーオーディー(DOD) バッグインベッド CB1-510

持ち運びに便利な、コンパクトサイズのローコットです。重量も2.3kgで持ち運びやすいモデル。耐荷重は120kg、本体サイズは183×72×15.5cmで広々と使えます。収納時のサイズは51×13×16cmと小さく、さまざまなシーンで活躍します。

脚パーツにはショックコードが内蔵されているため、組み立てと片付けが簡単。パーツの紛失も防げます。カラーバリエーションは4種をラインナップ。安価なのもおすすめのポイントです。

サーマレスト(THERMAREST) メッシュコット

メッシュシートを採用し、通気性に優れたローコット。暑い時期におすすめの製品です。フレームはショックコードが内蔵されているので、組み立てや撤収の時間短縮も可能。脚パーツは弓のように曲がるので、軽い力で組み立てられます。

本体寸法は196×76cm。エクストララージサイズで、身長が高い方や寝返りをうつ方に適しています。専用ケースに収納したときのサイズは46×18cmと、非常にコンパクト。円形状の脚は、フレームにセットしたまま収納できるのもおすすめのポイントです。

サーマレスト(THERMAREST) ウルトラライトコット

非常に軽量で、持ち運びに特化したローコット。製品重量が1.3kgほどと軽いため、携帯していても負担になりません。収納時のサイズも41×13cmと小さく、リュックに入れて持ち運べます。三日月状の脚は、収納時に連結が可能。専用ケースへの収納も簡単です。

軽量ながら、強度に優れているのも嬉しいポイントです。また、生地の裏面には、地面からの冷気を防ぐ「サーマキャプチャー」をラミネート。寒い時期でも体温を保持しやすいため、冬場での使用に適しています。

ヘリノックス(Helinox) HN.ライトコット 1822163

高品質で機能性に優れた製品を開発している「ヘリノックス」のローコットです。収納時は13×13×53cmと非常に小さくなるうえに、重量も約1.2kgと携帯性に優れています。専用のケースも付属し、収納すれば片手で持ち運べるほどコンパクトに。

使用時のサイズは185×60×13cm、耐荷重は120kgに対応。強度があるので、横になるだけでなく、安心して腰かけられます。荷物を極力小さく、軽くしたい方におすすめの製品です。

Moon Lence アウトドアベッド

コスパがよく、機能性に優れたローコット。生地は420Dのポリエステルを採用し、防水性と通気性に優れています。付属のピローケースにタオルや服などを入れれば、枕として使用可能。コットの側面にはポケットも付属しており便利です。

展開時のサイズは190×70×17cm。充分な大きさを備えており、大人の男性でも広々と使えます。収納時のサイズは38×16cmとコンパクト。組み立てには工具を必要とせず、脚パーツの取り付けもレバー式なので、スムーズに組み立てが可能です。

耐荷重は160kgに対応しており、複数人で腰かけられます。脚は5箇所あるので、寝転んだ際の安定感も良好のおすすめアイテムです。

キャンプ用コットのおすすめ|ハイコット

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームコット HCA0190

フレームにブナの木を採用したハイコット。天然木を使用しているので、あたたかみのある雰囲気が特徴です。本体サイズは197×68×46cmと大きく、快適に寝転べます。耐荷重も約160kgに対応。強度が高く、腰かけるのにもぴったりの製品です。

組み立て方法は収束式を採用。生地と脚部はあらかじめ固定されているので、組み立ての時間を最小限に抑えます。端部のフレームと生地は面ファスナーで固定するだけで簡単。重量のある製品のため、オートキャンプや自宅での使用におすすめです。

ユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット 680254

ワンタッチ動作で設営が可能なハイコットです。収納方法は収束式を採用。本体を広げるだけで設営できるため、初心者でも安心して使えます。展開時のサイズも約193×69×45cmと大きく、使用感も良好です。

折りたたみ時は約77×32×18cmまでコンパクトに。専用の収納ケースに入れれば持ち運びも簡単です。重量は約7.5kgと軽量なのも嬉しいポイント。耐荷重は80kgのため、1人用や子供の腰かけとしておすすめです。

コールマン(Coleman) パックアウェイコット 2000031296

ベンチや荷物置きとしても機能するハイコットです。脚は3列のため、コットの下に荷物を置きやすいモデル。サイドポケットも付いており、小物を収納できます。コットとしての使用時は耐荷重約80kgに対応。ベンチとして使用する際は、約70kg×2の耐荷重を備えています。

脚パーツはアルミニウム製を採用。本体重量は約4.6kgと軽量化を実現しています。専用の収納ケースも付属しているので、持ち運びも簡単。収束式のタイプで、簡単に設営や片付けができるのもおすすめのポイントです。

展開時のサイズは約190×64×38cmで、脚を伸ばすのに充分な大きさ。収納時は約94×17×22cmまでコンパクトになります。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンピングベッド CSブラックラベル UB-2004

幅広いアウトドア用品を扱う人気ブランド「キャプテンスタッグ」の製品。安定感に優れたフレーム構造のハイコットです。寝心地がよく、安心して体を預けられます。サイドポケットも搭載しており、スマホなどの小物だけでなく、ペットボトルも収納可能です。

使用時のサイズは183×67×51cmで、身長の高い方でも安心。高さがあるため、冷気や湿気の影響を受けにくいのも魅力です。耐荷重は80kgに対応しています。

組み立ては収束式で、設営と片付けが簡単。収納時は17×22×106cmまで小さくなります。付属のキャリーバッグにはショルダーベルトが付いており、持ち運びも簡単です。キャリーバッグは横入れのタイプで、収納しやすいのもおすすめのポイントです。

オガワ(ogawa) GIベッド ワイド 1983000080

ワイドタイプで広々と使えるハイコット。本体サイズは205×75×49cmと大きいのが特徴です。幅方向に広さがあるので、寝返りも打ちやすいモデル。フレームはおしゃれなマットブラックカラーを採用しています。

収納の際は折りたたみが可能。サイズは104×20×12cmまで小さくなります。収納袋は肩かけ用のヒモが付いており、持ち運びやすいおすすめの製品です。

フィールドア(FIELDOOR) アウトドアコット

カラーバリエーションが多彩なハイコット。コットの生地は張りがあり、補強もされていて安心。耐荷重は180kgに対応しています。本体サイズは約190×69×40cmとゆったり寝転べるうえに、重量は約5.1kgと軽量で携帯性も良好です。

コット下にはスペースがあり、荷物を置くにも便利。高さがあるので、地面からの冷気や熱気も抑えられます。収納バッグも付属しており、持ち運びや管理もしやすいおすすめの製品です。

KingCamp コット

背もたれや足元の角度を調節できるハイコットです。デッキチェアのような形状にも変形でき、快適に使用可能。生地は高い弾力を持つゴムで固定されており、ハンモックのような揺れを楽しめます。本体横には小物入れ付きで、スマホなどを預けるのに便利です。

本体サイズは190×59×37cm、耐荷重は120kgに対応。生地は撥水性があるうえに、メッシュ素材で通気性に優れているのも特徴です。本製品は収束式で76×60×15cmまでコンパクトになります。

キャンプ場だけでなく、庭で読書やお茶を楽しむのにもおすすめの製品です。

Naturehikeアウトドアベッド

ハイコットとローコット、どちらにも対応したモデル。本製品は状況に応じて高さを38cm、もしくは17cmに調節できます。地面からの冷気や熱気を避けたい場合はハイコット、テント内で圧迫感を避けたい場合はローコットといった使い分けが可能です。

フレームには強度に優れたアルミ合金を採用。寝返り時のきしみ音を軽減し、快適さを向上しています。オックスフォードの生地は撥水性があるうえに、破れにくいのも特徴です。

サイズは190×65cm、耐荷重も150kgに対応し、充分な強度を備えています。収納時は52×19cmまでコンパクトになり、携帯するのにも便利。本体重量は2.3kgと軽量なのも嬉しいポイントです。