快適なアウトドアライフをサポートする「コット」。ベッドとして使えるのはもちろん、ベンチや荷物置きとしても利用できるアウトドアギアのひとつです。おしゃれなデザインのモノも多く、インテリアとして部屋に設置して楽しむ方も増えています。

そこで今回は、おすすめのコットをピックアップ。おすすめメーカーについても併せて解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コットとは?

By: amazon.co.jp

コットとは、主にキャンプなどのアウトドアシーンで活躍する折りたたみ式ベッドのことです。地面の凹凸や、冷気、熱気などの影響を受けにくいため、野外でも快適に過ごせるのが最大の魅力。

キャンプ時の必需品ではないので馴染みのない方も多いかもしれませんが、アウトドアファンの間では一度使用すると手放せなくなるといわれているほど、人気の高いアイテムです。

コットの種類

ローコット

By: amazon.co.jp

ローコットは20~30cmほどの高さがある製品です。テント内で設置したときにも、圧迫感なく使用可能。また、軽量なモノが多く、携帯性を重視したい方にもおすすめです。

地面との距離が近いので、地面からの熱気や冷気を感じやすいのが特徴。雑草が生い茂っているような場所に設置すると、快適性が損なわれる点は留意しておきましょう。

ハイコット

By: amazon.co.jp

ハイコットは高さ40cm前後の高さがある製品です。荷物をコットの下に置けるので、省スペース化に役立ちます。また、ベンチ代わりとしても使え、強度の高いモノなら複数人で座れます。足場が多少悪くても、快適に使用できる点がメリット。

ただし、狭いテントだと天井との距離が近くなる分、圧迫感があるのがデメリットです。部品点数も多くなる分、ローコットよりも重量が重くなったり、収納サイズが大きくなってしまったりすることがあります。

キャンプ用コットの選び方

設営方法で選ぶ

収束式

By: rakuten.co.jp

収束式とは、脚を折りたたむようにして中央に収束させているタイプ。設営の際は脚を引っ張って広げていくだけでコットを立ち上げられるため、あまり力を必要とせず、子供でも楽に設営可能です。

収束式コットの難点は、やや強度が弱いこと。2人用ベンチや荷物置き場として活用したい場合には、耐荷重の数値をしっかりと確認したうえで購入しましょう。ワンタッチで設置・撤収が簡単に行える、扱いやすいコットを探している方におすすめです。

組み立て式

By: amazon.co.jp

組み立て式とは、文字通り座面部や脚などのパーツが一体化していないタイプです。フレームを組み立てたり、サイドバーを取り付けたりと、ある程度の力が必要なので、人によっては設営が難しい場合もあります。

組み立て式のメリットは、コンパクトに収納できること。パーツごとに分かれているため、付属の収納バッグにすっきりと収納できるのがポイント。携行性に優れているので、なるべく荷物を少なくしたいソロキャンプやバイクツーリングなどで活躍します。

また、安定性に優れているのも組み立て式の特徴。安定感があるため、大きな男性用のベッドとしてや、ベンチや荷物置き場として活用したい方におすすめです。

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

安全にコットを使用するには、耐荷重も要チェックです。基本的には、コットの耐荷重は80~100kg程度。ベッドだけでなくベンチとしても活用する場合は、2人以上で座ることで耐荷重を超えてしまわないように気を付けましょう。

なお、一般的にはハイコットに比べるとローコットの方が耐荷重に優れています。そのため、耐荷重を重視したい方は、ローコットを中心にチェックしてみるのがおすすめです。

キャンプ用コットのおすすめメーカー

スノーピーク(snow peak)

By: amazon.co.jp

新潟県三条市に拠点を構えるアウトドア総合メーカー。厳しい環境下で繰り返しテストされたオリジナルギアは、デザイン性と機能性を両立させており、日本のみならず世界中のキャンパーや登山家などから支持されているのが特徴です。

コットも高い評価を受けており、特に「ハイテンションコット」は、サイズ感や寝心地、組み立てやすさ、収納性などに優れています。

ユニフレーム(UNIFLAME)

By: amazon.co

金物の町として知られている、新潟県燕三条のアウトドア・キャンプ総合メーカーです。1985年の創設以来、モノ作りにこだわってアウトドアギアを開発してきました。バーベキュー用品やテントなどのキャンプ用品に力を入れており、製品のほとんどを自社工場で製造しているのが特徴です。

また、国産アウトドアブランドならではの、日本のキャンプスタイルにマッチしたアウトドアアイテムを揃えているのも魅力。信頼性の高いモデルを探す際には外せないブランドのひとつです。コットにおいては、「リラックスコット」が耐久性に優れたモデルとして多くの支持を集めています。

ハイランダー(Hilander)

By: rakuten.co.jp

アウトドア通販専門サイトを手掛けている「ナチュラム」のオリジナルブランドです。テントやタープ、テーブル、コットなど、コスパに優れたモデルを数多く展開しています。

コットにおいては、軽量で設営しやすく比較的リーズナブルなモデルをラインナップ。アウトドア初心者からベテランキャンパーまで、幅広い方におすすめのメーカーです。

キャンプ用コットのおすすめ|ローコット

スノーピーク(snow peak) スノーピークコット ハイテンション

スノーピーク(snow peak) スノーピークコット ハイテンション

荷重がかかることで、生地の張りが増すローコットです。脚パーツはX形状になっており、上から負荷がかかると、生地の横方向外側に力が加わる設計。脚が2本だけなので、コットの下に荷物を置きやすいのも特徴です。サイズは200×65×32cmと長めに作られているので、身長の高い人でも快適に過ごせます。

組み立ては簡単で、折りたたまれた脚を開き、サイドバーをスライドさせて生地にパイプを差し込むだけ。構造が分かりやすいので初めて使用する方でも安心して使えます。

別売りではありますが、脚パーツの底に取り付けられる“床面保護カバー”もラインナップ。テントや室内メインで使用したい方は、チェックしてみてください。

ヘリノックス(Helinox) コットワン コンバーチブル

ヘリノックス(Helinox) コットワン コンバーチブル

ヘリノックス独自の技術により、組み立てと分解が簡単なローコットです。サイドポールと脚パーツはそれぞれコード付きの一体型。脚パーツの取り付けは、レバーを押し込むだけなので、初心者の方でも容易に組み立てられます。

重量は2.19kgと比較的軽量で持ち運びやすいモデル。耐荷重は最大145kgまで対応しているため、体格のよい方でも安心です。別売りの“アウトドアコットレッグ”を使用すればハイコットとしても使える、汎用性が高い製品です。

ディーオーディー(DOD) バッグインベッド CB1-510

ディーオーディー(DOD) バッグインベッド CB1-510

コンパクトに収納でき、持ち運びやすいローコットです。専用のキャリーバッグに収納したときのサイズは幅51×奥行13×高さ16cmとコンパクト。ツーリングなど、収納スペースが限られる場合でのキャンプに重宝します。重量も約2.4kgと軽量のため、持ち運びの際に疲れにくいのも特徴。

フレームは頑丈なアルミニウム合金製で、耐荷重は120kgまで対応しています。フレームはショックコードが内蔵されているので、パーツがバラバラになることがありません。また、組み立てもその分簡単になっています。

本体とキャリーバッグにはディーオーディーのロゴマークがワンポイントになっており、おしゃれなデザイン。カラーはブラック・ベージュ・タン・カーキの4種類から選べるのも魅力です。

ShadoFax キャンプ コット

ShadoFax キャンプ コッ

空気式枕や小物入れポケットが付属した、コスパに優れたローコット。価格が安い製品ですが、重量は約2kgで耐荷重は150kgと優れた性能を有しています。収納ケースはショルダーストラップ付きで、負担なく持ち運びが可能。生地は600Dオックスフォードで通気性がよく、生活防水仕様になっているので快適に使えます。

組み立ても簡単で、フレームを生地に挿入してから脚パーツをはめ込むだけの作業で設営できます。値段が安いので手に入れやすく、初めてコットを使用したい方におすすめ。カラーはブラックとグレーの2種類から選べます。

Motomo 超軽量コット

Motomo 超軽量コット

高性能ながら値段が安い、コスパのよいローコットです。本体サイズは長さ190×幅70×高さ17cmと大きめで、体格のよい方でもくつろげる点が魅力です。フレームの材質はアルミニウム合金を採用。約1.9kgと軽量ながら、耐荷重は200kgまで耐えられます。

ポールは内部連結ロープで接続されており、部品がバラバラになることなく組み立てできるのもポイント。付属の携帯枕は、中に柔らかい布などを詰め込むことでより快適に使用できます。脚パーツの底は面積が広めで凹凸付きのため、グリップ力が増し安定性を向上。休息中に小物を保管するのに便利な小物ケースも完備しています。

サーマレスト(THERMAREST) ラグジュアリーライト ウルトラライトコット エクストララージ

サーマレスト(THERMAREST) ラグジュアリーライト ウルトラライトコット エクストララージ

メッシュ生地を採用しており、通気性に優れたコット。通気性がよいので、夏場のような暑い季節でも涼しく過ごせます。重量も約2kgと軽量なため、持ち運びにも苦労しません。本体面積は長さ196×幅76cmと大きく、幅方向に対しても広く使えるのが特徴です。耐荷重は約158kgと高強度なので、体格のよい方におすすめです。

本製品はサイズがエクストララージ以外に、ラージとレギュラーの合計3種をラインナップ。エクストララージよりも小ぶりなサイズを求める方は、別サイズの製品も検討してみてください。

FIELDOOR アルミコンパクトコット

アルミ合金のなかでも高強度の超々ジュラルミンフレームを採用したモデル。アルミ合金なので重量は2.7kgと軽量で、収納バッグ付きで持ち運びもラクラク。耐荷重は150kgまで対応しています。

ノーマルタイプとワイドタイプの2種類がラインナップ。ノーマルタイプは幅60cmに対してワイドタイプは幅78cmと広くなっており、ゆったりと寝たい方にはワイドタイプが便利。ノーマルタイプは折り畳み時にコンパクトにまとめられるので、持ち運びやすさや省スペース性を重視したい方に重宝します。

組み立て方法はいずれもサイドフレームを生地に差し込み、ベースフレームを取り付けるだけなので簡単。ロータイプのコットのため、室内で天井高くゆったりと過ごしたい方におすすめです。

KingCamp コット

KingCamp コット

7075航空アルミ合金を採用した、耐荷重200kg対応のコットです。本体重量も3.2kgと軽量で持ち運びが簡単。本体生地は420Dカチオンオックスフォード布で耐久性に優れており、防水防湿性と通気性も良好です。本体を設営したあとも、側面にかけて傾斜がなく、脚も8本付きで安定性に優れています。

組み立ては工具要らずで、脚パーツはノブを回せばワンタッチで取り外し可能。本製品には小物入れが付いており、中に柔らかいモノを収納すれば枕としても使えます。高さは28cm確保しており、地面からの冷気や熱気を軽減できるほか、虫を避けたい方にも最適の製品です。

デザートウォーカー(DESERT WALKER) 軽量コット

デザートウォーカー(DESERT WALKER) 軽量コット

軽量かつ高強度ながら、お手頃価格が特徴のコットです。フレームに7001航空アルミニウムを採用しているため、本体重量が1.3kgと軽量で耐荷重は最大200kgに対応。生地の素材は600Dオックスフォードとポリエステルを使用しており、高強度で裏面には防水加工が施されています。

収納ケースに入れればコンパクトになるので、携帯性に優れています。収納ケースにポケットが完備されているので、小物を一緒に入れておくことも可能です。約長さ190×幅66×高さ16cmのサイズで、体が大きな方でも広々と使えます。

カラーバリエーションは、ブラック・ブルー・グリーン・グレーと豊富なので、好みに合わせて選びましょう。値段も同製品のなかでは比較的安いため、エントリーモデルやサブ用として購入したい方におすすめです。

キャンプ用コットのおすすめ|ハイコット

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームコット

ハイランダー(Hilander) ウッドフレームコット

フレームにブナ材を採用した収束式のハイコットで、設営と撤収が簡単なモデルです。組み立ては本体を広げてからエンドバー2本を差し込むだけ。しかし、フレームは木材のため、11kgと重めな点には注意が必要です。

重量こそありますが、専用の収納ケースで肩から担げば持ち運びは可能。本体サイズは長さ197×幅68×高さ46cmと大きめで、背の高い男性でも広々とくつろげます。耐荷重は約160kgと高強度なので、ベンチとしても活用可能。

ウッドフレーム特有のナチュラルな質感のため、室内で使用するのもおしゃれ。重量のある製品なので、持ち運びの少ないオートキャンプにも適した製品です。

ユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット

ユニフレーム(UNIFLAME) リラックスコット

広げるだけのワンタッチ操作で設営できるハイコット。設営や撤収に時間をかけたくない方におすすめの製品です。収束式のワンタッチ設営のため、生地は組み立て式よりもゆったりとした張りになります。耐荷重は約80kgなので、体格のよい方は注意しましょう。

本体サイズは長さ193×幅69×高さ45cmと大きく、ゆったりとした使い心地。折りたたみ時はコンパクトになり、収納ケースに入れれば持ち運びや管理も簡単です。

コールマン(Coleman) パックアウェイコット

コールマン(Coleman) パックアウェイコット

折りたたみ式で、瞬時に設営が可能な製品です。組み立て要らずで、本体を展開するだけで設営できるのが魅力。フレームはアルミニウム製で、重量は約4.6kgと軽量なのも特徴です。ただし、耐荷重は約80kgなので、使う人を選ぶ点には留意しておきましょう。

ベンチとして使用する場合は、約70kg×2の耐久性があり、大人2人で使用可能。本製品の使用時サイズは約長さ190×幅64×高さ38cmで、折りたたみ後はコンパクトにまとまります。サイドポケット付きで、小物を近くに置いておきたい場合にも便利です。

ロゴス(LOGOS) グランベーシック Bed Style BIGコット

ロゴス(LOGOS) グランベーシック Bed Style BIGコット

本体サイズが非常に大きく、快適に使える大型のコット。本製品のサイズは長さ217×幅111×高さ51cmで、寝返りもうてるほどの大きさです。フレームはスチール製で強度に優れ、耐荷重は約120kgまで対応。その分、本体重量は14.5kgと重いので、オートキャンプや室内での使用がおすすめです。

設営は折りたたみ式なので簡単。テンションをかける部分はアシストバーを差し、押し込むことで初心者の方でも容易にセッティングできます。同社の“グランベーシック Bed Styleシリーズ”の製品と組み合わせることで、本格的なベッドのように使えます。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル キャンピングベッド UB-2004

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CSブラックラベル キャンピングベッド UB-2004

心地よい弾力性が快適かつ、頭の位置が高めで枕要らずのハイコット。収束式のコットなので広げるだけで即設営できるのも魅力の製品。本体サイズは長さ183×幅67×高さ51cmと使いやすい大きさです。

ただし、脚パーツの骨組みによりコットの下に荷物が置けないこと、耐荷重も約80kgまでと強度があまり確保されていないことについては留意しておきましょう。

本体重量は約6.5kgで、収納ケースを利用すればショルダーベルトで担げるので持ち運びも簡単。本製品はメッシュ素材のサイドポケット付きで、小物以外にもペットボトルを常備しておくのに便利です。

小川キャンパル (OGAWA CAMPAL) アルミGIベッド

小川キャンパル (OGAWA CAMPAL)  アルミGIベッド

収束式で簡単に設置できるハイコット。フレームはアルミニウム合金製で錆びにくく、収束式ながら重量が約6.4kgと比較的軽量なモデル。

マットブラックに塗装されたフレームに、ブラウンの生地を組み合わせたデザインは、おしゃれで使う場所を選びません。折りたためばコンパクトになるうえ、収納袋も付属しており持ち運びやすいのがポイント。

本体サイズは長さ193×幅66×高さ40cmと大きめですが、より広々とくつろぎたい方は、長さ205×幅75×高さ49cmのワイドタイプもあるので、好みに合わせて選びましょう。

FIELDOOR アウトドアコット

FIELDOOR アウトドアコット

本製品はコットンとポリエステル生地の組み合わせにより、耐久性に優れたモデルです。燃えにくい素材のため、キャンプでの焚き火時にも使えます。撥水加工も施されているので、急な悪天候でも安心。生地は小さめに作られている分、張りのある設計になっています。

組み立てはコットとフレームが一体になった本体を広げ、サイドバー2本を取り付けるだけなので簡単。パーツ構成が少ないことから、組み立てが分かりやすく、モノの紛失もしにくい設計です。国内での耐荷重試験にて180kgに対応した実績もあるので、使用中の安全面も確保されています。

カラーバリエーションが豊富な製品なので、ほかのキャンプ用品と合わせたカラーを選ぶのがおすすめです。

Naturehike 屋外折りたたみアルミキャンプテントベッド Model A

Naturehike 屋外折りたたみアルミキャンプテントベッド Model A

通気性に優れたメッシュ生地により、夏場でも快適に使えるコットです。ハイコットのため、地面の熱や虫を避けやすく、ベンチとしても使えます。フレームは超々ジュラルミンの材質を採用しており、耐荷重は150kgまで対応。

本体重量は3.1kgと軽量ながら、使用サイズは長さ190×幅65×高さ38cmと大人の男性でも足を伸ばしてくつろげます。パーツ構成が少ない点も魅力で、組み立ても簡単です。

Teton Sportsアウトフィッター コット

Teton Sportsアウトフィッター コット

シングルベッド並の大きさで快適にくつろげるハイコット。本体面積は長さ210×幅100cmとコットのなかでも広めで、寝返りをうっても落ちることなく使えます。その分、重量は約11.7kgと重いので、持ち運ぶ距離の少ない自宅の室内や庭、オートキャンプでの使用に最適です。

本体底から地面の間は高さ50cmほどのスペースが空いており、収納スペースとしても機能します。脚パーツはスチール、フレームはアルミニウムをそれぞれ採用。生地は厚手で充分な張りがあり、寝心地も良好です。組み立ても、脚を広げて2本のフレームを取り付けるだけなので、難しい操作を必要としません。