ウィールが縦一列に配置されている「インラインスケート」。子供から大人まで楽しめるスポーツアイテムのひとつです。最近では娯楽としてだけではなく、体幹トレーニングに用いる方も見受けられます。多くのメーカーからさまざまなモデルが展開されているため、どれを選べばよいか迷いがちです。

そこで本記事では、おすすめのインラインスケートをピックアップ。選び方やメーカーもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

インラインスケートとは?

By: amazon.co.jp

「インラインスケート」とは、靴底に3~5個のウィールが搭載されているスケート靴のことです。ローラースケートと異なり、ウィールが縦一列に配置されているのが特徴。ローラーブレード社が開発したことから「ローラーブレード」と呼ばれることもあります。

また、インラインスケートはローラースケートと比較してスピードを出しやすいのがポイント。風を切る感覚や疾走感を覚えながら走行したい方におすすめです。アイススケートのような感覚で滑れます。

インラインスケートには、フィットネス・アグレッシブ・フリーライド・スピード・トイスケートの5種類が存在。種類によってレベルや特徴が異なるので、自分に合ったモデルを選んでみてください。

インラインスケートの選び方

レベルに合った種類をチェック

フィットネス

By: rakuten.co.jp

「フィットネス」は、インラインスケートのなかでもスタンダードなモデルです。ウィールが大きく安定性があり、長距離の走行に適しているので、運動不足解消のために有酸素運動をしたい方にぴったりです。

また、かかとにブレーキを搭載しているモデルが多く、より安全に減速可能。初めてインラインスケートを購入する方にもおすすめです。子供向けのモデルも多く展開されています。

なお、上達するとブレーキなしでも止まれるため、継続して使い続けたい場合はブレーキが取り外せるモデルかあらかじめチェックしておきましょう。

アグレッシブ

By: rakuten.co.jp

「アグレッシブ」は、直径の小さなウィールを採用しているのが特徴のインラインスケート。フィットネスモデルと比較してやや安定性に欠けるものの、エアーなどアクロバティックなトリックや、二輪目と三輪目の間の「スポット」で手すりや縁石を滑るグラインドが楽しめます。

また、ジャンプ時の着地をはじめ、衝撃に強い耐久性が備わっているのもポイント。フィットネスモデルと異なりブレーキを搭載していないモデルが多いため、中~上級者の方におすすめです。

フリーライド

By: amazon.co.jp

「フリーライド」は、アグレッシブモデルと同様に優れた耐久性を有しているのが特徴です。スラロームやトリックを楽しみたい方におすすめ。また、アグレッシブモデルよりもウィールが大きく、安定性があります。

さらに、かかと部にブレーキを搭載しているモデルが多いのもポイント。慣れていない方でも、より安全に減速できます。初心者から中・上級者まで、幅広い方におすすめのモデルです。

スピード

By: rakuten.co.jp

「スピード」は、トラックでタイムを競うために作られた、競技用のインラインスケートです。速度が出しやすいよう、直径の大きなウィールを採用しているのが特徴。疾走感あふれるスケーティングが楽しめます。

また、少し荒れた路面でも滑れるように、優れた安定性を有しているのもポイント。上級者やレースに参加する方におすすめです。スピードスケートの練習用として購入したい方にも適しています。

トイスケート

By: amazon.co.jp

「トイスケート」とは、子供向けに作られたインラインスケート。ほかの4種類は競技用・フィットネス用ですが、トイスケートはおもちゃとして位置付けられています。

子供が興味を持ちやすいように、ボディにカラフルな塗装が施されていたり、ウィールが光る仕様を採用したりと、デザイン性に優れたアイテムが多いのも特徴。また、比較的安価で、買い求めやすいのも魅力です。

サイズをチェック

インラインスケートを選ぶ際は、自分の足のサイズにぴったりのアイテムを選ぶのがおすすめです。余裕を持たせて大きめのサイズを選んでしまうと、滑っている最中に靴の中で足が動いてしまうことがあります。靴の中で足が動くと、力が逃げてしまうだけでなく、転倒のリスクも高くなってしまうので注意が必要です。

また、子供向け用のモデルやトイスケートのなかには、成長に合わせてサイズの調節が可能なモデルもあるのでチェックしてみてください。

ウィールの耐久性をチェック

ウィールの耐久性も事前にチェックしておきましょう。耐久性に優れたポリウレタン製ウィールを採用したモデルがおすすめです。

また、ウィールの硬度には「A」という単位が用いられており、数字が大きいほど硬度が高いことを表しています。硬度が高いウィールほど表面が削れにくく、長く愛用できるのもポイントです。

ベアリング値をチェック

インラインスケートは、ベアリング値もあわせてチェックしましょう。ベアリング値とは、ボールベアリングの許容範囲を示すための基準値であり、1・3・5・7・9の5つに分けられた「ABECレーティングシステム」で表されます。

レーティングが高いモデルほど誤差が少なく、より精密なのがポイント。加えて、より速いスピードに対応できる可能性があります。疾走感あふれるスケーティングを楽しみたい方は、ベアリング値にも着目してみてください。

クッション性をチェック

By: amazon.co.jp

インナーのクッション性も同時にチェックしておくのがおすすめです。インナーのクッション性が高いモデルは足に馴染みやすいので、高いフィット感を覚えながらスケーティングが楽しめます。

加えて、インナーのクッション性が高いモデルは、着地時などの衝撃を緩和するのもポイント。逆にクッション性がないモデルを選ぶと、滑りにくさや違和感を覚えることがあるため注意しましょう。

メッシュ素材なら通気性が良く蒸れにくい

By: rakuten.co.jp

長時間快適にスケーティングを楽しみたい方は、インラインスケートに用いられている素材にも注目するのがおすすめです。インラインスケートは足首まで固定するため、スニーカーよりも蒸れる傾向があります。

ただし、高い通気性を有しているメッシュが素材として用いられているモデルであれば、長時間着用しても蒸れる心配が少ないのでチェックしてみてください。汗をかきやすい夏場にスケーティングを楽しみたい方にもおすすめです。

初心者や子供には「補助輪付き」を

By: amazon.co.jp

初めてインラインスケートを購入する方や子供向けにインラインスケートを購入する方は、補助輪が付いているモデルを選ぶのがおすすめです。インラインスケートは習得が難しく、慣れるまでに何度も転倒してしまうことがあります。

後輪に補助輪が付いているモノは、バランスが取りやすく転倒しにくいので、初心者の方や子供におすすめです。また、補助輪は取り外せるモノもあるため、慣れたら補助輪なしで滑れます。

プロテクターなど必要なモノがセットになった場合も

By: rakuten.co.jp

インラインスケートをこれから始める場合、インラインスケート本体のほかに肘あてや膝あて、ヘルメットなどのプロテクターを用意する必要があります。初めてインラインスケートを購入する場合は、必要なモノがセットになった製品を選んでみてください。

また、セットの製品はカラーやデザインが統一されている場合が多いので、バラバラで購入するよりもコーディネートしやすいのが魅力です。

インラインスケートのおすすめメーカー

ローラーブレード(Rollerblade)

By: amazon.co.jp

「ローラーブレード」は、元ホッケープレーヤーのオルソン兄弟が立ち上げたアメリカのインラインスケートメーカー。アメリカ国内に留まらず、ヨーロッパやアジアなど、世界各国で多くのユーザーから愛用されています。

ローラーブレードのインラインスケートは、スピード・フィットネス・キッズなど、さまざまな種類を取り扱っています。スケート業界においてトップクラスのブランド地位におり、高スペック・低価格のモデルを豊富にラインナップしているのも魅力です。

ケーツー(K2)

By: amazon.co.jp

「ケーツー」は、1962年にカーシュナー兄弟によって立ち上げられたアメリカのスポーツメーカーです。スキーやスノーボードといったウインタースポーツをはじめ、インラインスケートなどのアグレッシブなスポーツ用品を展開しています。

ケーツーでは、フィットネスモデルのインラインスケートが多くラインナップされています。また、カラフルな見た目のモノやカジュアルシューズのような見た目のモノなど、デザイン性に優れたモデルが多いのも特徴です。

インラインスケートのおすすめモデル|大人向け

ローラーブレード(Rollerblade) TWISTER EDGE X

硬度が85Aの80mmウィールを4つ搭載しているフリーライドタイプのインラインスケート。表面が摩耗しにくく、耐久性に優れているので、より長く愛用できます。加えて、耐摩耗性に優れたベアリングを組み合わせているのも特徴です。

シューレースクロージャーシステム採用で、フィット感を自分好みに細かく調節できるのもポイント。バックル付きで、優れたホールド性も備えています。さらに、アルミプレート内蔵でねじれに強く、剛性があるのも魅力です。

通気性の高いVカットライナーを採用しているので、長時間蒸れにくく着用し続けられます。加えて、かかと部にはクッション性と耐衝撃性のあるパッドを搭載。フィットネスやレクリエーションなど、さまざまなシーンにおすすめのアイテムです。

ローラーブレード(Rollerblade) MACROBLADE 100 3WD

ウィール部にSG9ベアリングを搭載したフィットネスタイプのインラインスケート。摩擦や摩耗が少なく、優れた性能とグリップ性を有しています。また、ウィールには硬度85Aのモノを採用しており、耐久性の高さも特徴です。

アッパーにはエンジニアードメッシュアッパーを採用。高い通気性が備わっているため、蒸れにくく長時間快適にスケーティングが楽しめます。加えて、タン部分にも通気性の高いパッドを用いているのが魅力です。

ストラップクロージャーシステムとバックルの両方を備えることで、高いホールド性を実現しているのもポイント。フィット性を細かく調節できます。スピードが出しやすく、中~上級者におすすめのアイテムです。

ローラーブレード(Rollerblade) ZETRABLADE ELITE

足首の中腹まで覆うほどの高さがある履き口を採用したフィットネスタイプのインラインスケート。優れた保護性とサポート性を備えています。加えて、耐久性のあるシェル付きで、外部からの衝撃を軽減するのも特徴です。

パフォーマンスライナーと通気性のあるアッパーが備わっているので、シューズ内部が蒸れにくいのも魅力。長時間快適に着用し続けられます。さらに、クロージャーシステム採用で、フィット感を自由に調節可能です。

低重心のモノコックフレームを標準装備しているため、安定したスケーティングが楽しめます。また、硬度が82AのウィールとSG5ベアリング採用で、耐久性や耐摩耗性も良好。初心者や中級者におすすめのアイテムです。

ケーツー(K2) KINETIC 80

硬度が80Aの80mmウィールを4つ搭載したインラインスケート。表面が削れにくく、優れた耐久性を有しているので、より長く愛用できます。また、高い衝撃吸収が備わったフレームを採用しているのも特徴です。

シューレースクロージャーシステムとベルトの組み合わせで、フィット感を自由に調節できるのもポイント。ホールド性に優れたカフも採用しています。初めてインラインスケートを購入する方におすすめのエントリーモデルです。

ケーツー(K2) VO2 S 100 BOA

ケーツー独自の片側フレーム構造が用いられているフィットネスタイプのインラインスケートです。優れた加速性とレスポンス性を同時に実現しているほか、安定性や振動吸収性も備えています。

空気の流れを作り、インナー内をドライに保つ「VORTECH ベンチレーションシステム」を採用しているのも特徴。高い通気性を有しているのでシューズ内が蒸れにくく、長時間快適にスケーティングを楽しめます。

ダイヤルを回すだけで簡単に締め付けの調節が行えるボアクロージャーシステムを採用しているのもポイント。ワンタッチで簡単に着脱できます。クロストレーニングなどにおすすめのハイエンドモデルです。

ケーツー(K2) EXO 6.0

プラスチック素材のコンポジットフレームを採用したインラインスケート。優れた軽量性と衝撃吸収性を同時に実現しています。

人体工学的に設計された「Stability Plus カフ」を搭載しており、優れたバランス性を有しているのもポイント。安定したスケーティングが楽しめます。また、ホールド力も高く、心地よいフィット感を実現しているのも魅力です。

硬度80Aの80mmウィールとABEC5のベアリングを採用。右足には着脱可能なブレーキを標準装備しているので、より安全に減速できます。初めてインラインスケートを購入する方やブランクのある方におすすめのアイテムです。

フィラスケート(FILASKATES) HOUDINI

取り回しがよく、扱いやすい80mmのウィールを標準装備しているフリーライドタイプのインラインスケート。フレームにウィールの取り付け穴が5つ設けられており、最大84mmの四輪仕様と最大90mmの三輪仕様にも対応可能です。

右足にのみブレーキを備えており、より安全に減速できるのも特徴。慣れてきたら取り外しも可能です。また、加速もしやすく、優れた衝撃吸収性を有するショックアブソーバーがかかと部に備わっているのもポイントです。

フレームには、軽量で耐久力に優れたアルミニウムを採用しています。運動不足の解消からスキーのオフトレーニングまで、幅広い用途におすすめのアイテムです。

セバ(SEBA) HIGH

インナーに足型を記憶する素材を採用しているインラインスケート。着用するほど馴染みやすく、自分だけの一足に仕上げられます。高いホールド力を実現しているのが特徴です。

バックル・スパイダーバックル・ベルクロと3つのロックシステムを搭載しているので、足をしっかりと固定できるのが魅力。スケーティング中にシューズ内で足がずれにくい設計です。

ロッカリング仕様で、フロントスネークやバックスネーク、ワンフットなどのスラロームが楽しめます。また、剛性が強く、スライド競技に適しているのもポイント。さまざまなトリックにおすすめのアイテムです。

ロチェス(ROCES) インラインスケート 101183

統一規格のフレームである、ユニバーサルフレームシステムを搭載したアグレッシブタイプのインラインスケートです。同規格であれば、別のブランドであってもフレームの共有が可能。汎用性の高さが魅力です。

ボディにはハードボディやメタルバックルを採用。優れた耐久性が備わっているので、激しいライディングにも対応できます。加えて、中央に搭載された2輪が回らない仕様で、レールやコーピングなどでスムーズなグラインドを実現できるのもポイントです。

アナーキー(ANARCHY) インラインスケート REVOLUTION-2

57mmのウィールを4つ搭載した、アグレッシブタイプのインラインスケートです。ベアリングにはABEC7のモデルを採用。100kgまでの耐荷重があり、優れた制度と耐久性を兼ね備えています。

ソールの面積が広いハードブーツを採用しており、グラインドトリックに向いているのも特徴。高い耐久性があるので、激しいライディングにもおすすめです。また、ユニバーサルフレームシステム搭載で、汎用性にも優れます。

インラインスケートのおすすめモデル|子供向け

ローラーブレード(Rollerblade) PHOENIX FLASH

回転すると光るLED付きの72mmウィールを搭載した子供向けのインラインスケート。視覚的にも楽しめるのが魅力です。また、ABEC3ベアリングとの組み合わせで優れた耐摩耗性を有しているため、より長く愛用できます。

ボタンを押すだけで、4段階にサイズを変更できるのも特徴。足の成長に合わせて調節できます。加えて、クッション性のあるインナーとタンにより、足を優しく包み込むのもポイントです。

シューレースクロージャーシステムとバックルの組み合わせで、高いフィット感が実現します。また、後輪部にブレーキを標準装備しているので、より安全な減速や停止が可能。多機能かつ調節可能なモデルを探している方におすすめのアイテムです。

ローラーブレード(Rollerblade) POWERBLADE JUNIOR

硬度が85Aのウィールを採用したスピードタイプのインラインスケート。スケーティング時の振動が少なく、優れた耐摩耗性と耐久性を兼ね備えています。

熱成形可能なカーボンシェル採用により、優れたフィット感を実現しているのも魅力。また、アルミニウム製のフレームを標準装備しており、効率よくウィールに力を伝達します。疾走感を楽しみたい方や、レースに参加したい上級者の方にもおすすめのアイテムです。

ケーツー(K2) Raider Splash

カラーペンが付属しており、ボディを好きなデザインに色塗りできる子供向けのインラインスケート。自分だけの一足を手に入れられるのが魅力です。加えて、ポップなウィールを搭載しているので、ボディに色を塗らなくても視覚的に楽しめます。

通気性に優れたナイロンブーツとトゥキャップを採用。シューズ内に湿気がこもりにくく、長時間快適に着用し続けられます。また、インラインのサイズは3.5cm間隔で5段階に変更が可能。足の成長に合わせて調節できます。

レース・ベルクロ・ラチェットバックルと3つのクロージャーシステムを搭載しており、紐を引っ張るだけで締付けられるのもポイント。紐が結べなくても簡単に着脱できます。これからインラインスケートを始める子供におすすめのアイテムです。

ケーツー(K2) CADENCE JR BOY

サイズを変更できる子供向けのインラインスケート。インラインのサイドに搭載したボタンを押しながらブーツ先端をスライドさせることで、3.5cm間で調節できます。買い替えることなく、より長く愛用できるのも魅力です。

インラインには通気性に優れたモノとトゥキャップを採用。長時間着用し続けても蒸れにくく、快適なスケーティングが楽しめます。また、フレームには軽量性と耐久性を同時に実現したコンポジットフレームを採用しているのも特徴です。

右足の後輪部にブレーキパーツを標準装備しているのもポイント。ブレーキパーツは取り外し可能なので、レベルに応じて使い分けられます。これからインラインを始める子供へのプレゼントとしておすすめのアイテムです。

東方興産(TOHO) インラインスケート コンボセット CA-475 F

本体・ヘルメット・プロテクターがセットの子供向けインラインスケート。右足のかかと部にブレーキを標準装備しているので、初心者の方でも安心してスケーティングを楽しめます。ウィールは、耐久性に優れたポリウレタン製です。

工具を使うことなく、指で押すだけで簡単にサイズ変更できるのもポイント。成長に合わせてサイズ調節できるため、より長く使い続けることが可能です。

足首と関節を固定するバックルを搭載しているので、滑っている途中で足がずれにくいのも魅力。ワンタッチ式のため、紐が結べなくても簡単に着脱できます。入門用としておすすめのアイテムです。

東方興産(TOHO) サイズアジャスタブル・インラインスケート IS-60522

20~23cmの間で4段階にサイズ変更できる子供向けのインラインスケート。指でボタンを押しながら簡単に調節が行えます。工具を必要としないのがメリットです。

ブレーキは取り付け式で、利き足のかかと部に装着可能。より安全に減速できるので、初心者の子供でも安心して滑れます。バックルが足首や関節を固定するためホールド性が高く、これからインラインスケートを始める子供におすすめのアイテムです。

マルカ(Maruka) イージーインラインII 186603

補助輪・ヘルメット・プロテクターが付属したオールインワンのトイスケートです。補助輪は取り外しが可能。上達したら通常のインラインスケートに切り替えられます。

バックルによるロックシステムを採用しており、着脱が簡単に行えるのもポイント。サイズの調節もワンタッチで行えます。初めてインラインスケートで遊ぶ子供におすすめのアイテムです。

インラインスケートのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

インラインスケートのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。